【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

こんにちは。
大学で情報系の学部に通う者です。

将来の職業についてお尋ねしたいことがあります。
IT業界のキャリアプランとして、
「システム保守運用から開発に携わり、管理職へ…」のような
キャリアアッププランを目にすることが多いのですが、
私は、キャリアアップにそれほど興味がなく、保守運用側でずっと働きたい、と考えています。
具体的には、http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090 …
こちらのURLの、「運用/保守」のような職業をしていきたいと考えています。


そこで質問なのですが、

1.システム保守運用は、一生涯、勉強することがなくならないような職業でしょうか。

2.システム保守運用を生涯の職として極める、というのは現実的に可能でしょうか。
それとも、経験を積むと開発の方に回ることになるのでしょうか。

3.もし現実的であれば、学生のうちに勉強しておくべきことは、
コンピュータの仕組み、プログラミング言語などの技術知識のほかに、
何があるでしょうか。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結論から言いますと、難しいと思います。


何らかの形で、雇用されて働くことになるでしょうから、自分がやりたい(好きな)仕事と、会社が要求する仕事は異なる、
しかも、面倒なのは上に立っている人の独断と偏見(好き嫌いも含め)で、サラリーマン生活は大きく左右されるのです。
(嫌だったら、独立して一人で、或いは創業することです)

1.システム保守運用は、一生涯、勉強することがなくならないような職業でしょうか。
  そうです。今後とも言語をはじめネトワーク技術、ひいてはコンピュータの仕組みも根底から異なるシステムが出てきます。
  そして、大半はブラックボックス化され、誰もが見て触れるような状況(今でもそうですが)ではなくなります。

2.システム保守運用を生涯の職として極める、というのは現実的に可能でしょうか。
それとも、経験を積むと開発の方に回ることになるのでしょうか。
  前述のとおり、難しいでしょう。貴方の考えも、今はそうであっても、将来、変わります。
  しかるべき教育を受けて入社してきた新人の会話に、50歳過ぎても同等のスキルをもって入れますか?
  指導者であるべき立場(ポスト・年齢)になった貴方が、彼らの話す内容が殆ど分からなくなるのは、目に見えています。
  そのような状況下で、「システム保守運用」が可能でしょうか?

3.もし現実的であれば、学生のうちに勉強しておくべきことは、
コンピュータの仕組み、プログラミング言語などの技術知識のほかに、
何があるでしょうか。
  否定的なことばかり書きましたが、いずれも重要な知識です。他の人から一目置かれるぐらい、がんばって見てください。
  おのずから、自分が進むべき道も見えてくるかと思います。
  健闘を祈ります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答を読ませていただいて、
働くということを理想化し過ぎていたかもしれないと感じました。
他の方の回答も読んで、私の想像していた仕事とは
ちょっと違う仕事だと感じる部分が多かったので、
もう少し考えてみることにします。

何にしても、コンピュータの勉強は楽しいしやはり将来のためになるようなので
頑張っていきたいと思います!
その中で、おっしゃられる通り進むべき道が見えてくることを信じています。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/14 20:51

元SEです。


私が見聞してきた経験から回答します。

1.は、勉強はずうっと、必要です。
 保守運用しているシステムの更改が、小さなものから全面更改まで、頻繁にありますから、その都度、保守運用も変わるので、新しくなったシステムの勉強が必要になります。

2.は、本人の意思だけでは、難しいですけど、そういう気持ちで働き続ければ、あるいは可能かもしれません。
 ただ、薄給ですから、生活のために、キャリアアップを目指さざる得なくなるかもしれません。

3.は、私が見てきたシステムの保守運用は、さほど高い技術力を要求されません。
 運用エンジニアだと、マニュアル通りに、業務を正確に処理するだけです。
 たまに、異常が発生しますが、これもマニュアルに対処方法が書かれていますから、それに従って行うだけです。
 忍耐と体力がないと続けられない仕事だと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

システム保守というのは、とりあえず体力勝負なんですね。
スキルはほとんど必要ないということですが、
他の方では、スキルが必要だとおっしゃる方もおられたので、
システム保守の中にも、高度な保守とそうでもない保守があるのかな、と思いました。

もう少し、いろいろ考えてみることにします。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/14 21:01

私はインフラ系のシステムエンジニアをやっています。

(設計~運用保守まで全般)

質問に回答しますね。

>1.システム保守運用は、一生涯、勉強することがなくならないような職業でしょうか。
 →その職に就いている限り、毎日勉強の連続です。
  この業界は日進月歩で新しい技術がどんどん生まれていきます。
  それに追いついていかないと、保守等出来ません。

>2.システム保守運用を生涯の職として極める、というのは現実的に可能でしょうか。
 →これは私の所感になってしまいますが、
  「運用保守」という仕事は、
  そのシステムを「設計」した人がいて、
  その設計に従って「システム構築」した人がいて、
  その後(一番最後)に現れるフェーズとなります。
  例えばですが、「運用保守中に何らかの異常が発生した」とします。
  「運用保守」を行う人は、その前段階にある設計・構築の内容を把握しておく必要があります。
  なぜなら、それらを知らないと、異常が起きても、何処でどのような異常が起きていて、どう対処すれば分からないからです。
  最悪の場合、「設計した人もしくは設計書」「構築した人、もしくは構築仕様書」が無い場合もあります。
  そういった場合に対応できるだけのスキルを身につける事は容易ではありません。
  そうなるとトラブルが長期化し、そのシステムを使用している人たちの仕事が止まってしまう事は容易に想像できますよね。

  また、例えばそれが、大手企業の基幹システムだったりすると・・・。
  最悪、損害賠償を求められるような裁判沙汰になります。(実際になった上司を知っています)
  それに耐える、打ち勝つ事が出来る自信があれば、可能だと思います。

>3.もし現実的であれば、学生のうちに勉強しておくべきことは、コンピュータの仕組み、プログラミング言語などの技術知識のほかに、何があるでしょうか。

  →まずコンピュータ業界に入る訳ですから、コンピュータの仕組みは絶対です。
   「運用保守」というくくりで見た場合、プログラミング言語の知識は無くても出来ますが、
   経験上、何らかの言語は勉強しておくべきだと思います。
   その他ですが、これらの業界の動向、新技術等は、常日頃からチェックし、勉強し、理解しておく事が大事かと思います。(これは運用保守の類に限らず、コンピュータ業界全般に言える事です)

あとは、追加として、他の回答者さんも書かれていますが、体力勝負です。
今時は、24時間365日システムが稼働しているのは当たり前の事であって、少しでも止まることが許さません。
となると、当然、保守する側も24時間365日、気が抜けませんよね。
そういった状態に耐えられる精神を鍛えておいたほうが良いかも知れません。

最後に、いろいろ脅かすような事を回答して申し訳ありませんが、全て事実です。
心身ともに非常にきつく、責任感が無ければ絶対出来ない仕事ですが、逆にそれが「生きがい」だと思えるようになる時が来ます。

長文になってしまいましたが、私自身の経験が参考になれば・・・。
以上です。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

システム保守を甘く見ていたなあ、と感じました…
思っていたよりもずっと大変そうです。
その分、やりがいもあるでしょうし、
勉強することもたくさんあるのでしょうが…
もう少し考えてみることにしようと思っています。

詳しく書いていただき、とても参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/14 20:57

元職業プログラマです。

保守は未経験なので私の話は参考程度に聞いてください。

>1.システム保守運用は、一生涯、勉強することがなくならないような職業でしょうか。
はい。

>2.システム保守運用を生涯の職として極める、というのは現実的に可能でしょうか。
「極める」って概念はないです。「必要になったら(必要になりそうになったら)、必要なことを学ぶ」って感じ。それがずっと続きます。

>それとも、経験を積むと開発の方に回ることになるのでしょうか。
組織によってはそうなのかもしれませんが、私の周りでは逆が多いです。開発やれなくなった人が保守に回ることが多かったです。

>3.もし現実的であれば、学生のうちに勉強しておくべきことは、
>コンピュータの仕組み、プログラミング言語などの技術知識のほかに、
>何があるでしょうか。
「コンピュータの仕組み(学問的な理論)」は基本的には不要。しいて必要なのをあげるなら、仮想記憶(メモリのデータをHDDにスワップする部分とか)あたりは知っていればそれに越したことはないってぐらい。
すでにご存知かもしれませんがSQL、DB(正規化含む)もしってた方がいいです。

リンク先見ました。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090 …
HPで公開されているのは理想です。現実とはかなり違います(もしかしたら理想に違い現場もあるのかもしれませんが、、、)。現実は「開発やれなくなっちゃったSEを仕方なく保守にまわす」です。私の周りでは「保守=開発やれない人の吹き溜まり」でした。保守要員はただSEの指示に従うだけって人だらけでしたよ(※あくまでも私の周りではそうだったって話です。HPに書かれているような理想にちがい現場もあるのかもしれません)。というわけなので、質問者さんが想像してるのと現実はかなり違うところが多いと思います。

保守の悪い部分を書いちゃいましたが、コンピュータが好きな人にとっては悪くない仕事だと思います。「開発の仕事は開発だけ」ですが、保守はコンピュータに関して広く学ぶ必要がありますので、そういうのがすきな人なら悪くない仕事だと思います。

以上、元職業プログラマからのアドバイスでした。参考までに。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

コンピュータに関して広く学べる仕事、というのは魅力的だと思えましたが、
開発がやれなくなった人、と思われるのはちょっと嫌ですね…

もう少し考えてみることにします。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/14 20:45

1.新しい機器が登場し、新しいサービスが登場し続ける限り勉強は続きます。


手を抜くと置いて行かれて時代遅れになります。

2.現場仕事と言うのは給料が安いし、24時間365日ノンストップで運用するような現場だと体力的にも厳しくなっていくでしょう。
また、現場でしっかり経験を積んだ人こそ、設計など上流工程でいいシステムを造れる人になっていくので会社としては上流工程へ異動して欲しいと思うでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現場仕事は思った以上にハードなのですね…
まだ就職まで時間はあるので、もっといろいろ考えてみることにします。

お礼日時:2012/10/14 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシステム運用。この考え方は駄目?転職すべき?

客先常駐メインのIT企業に勤めています
11年度卒の専門学生(20歳)で8月から早期出社をしています。

開発職希望で入社したら運用系で採用されました。
職種はシステム運用のオペレーター
勤務時間は2交代勤務で1日12時間勤務。夜勤明けの休日を入れると月の半分は休みです。
仕事内容は障害が発生したらアラート音が鳴るので鳴れば手順書を見て作業をするか、運用SEに連絡。
定期的にバックアップを取ったり、機器の点検をしたり・・。
linuxでpingで応答確認程度。

上司も同じ仕事内容です。
リーダーだけシフト作成+SEへ渡す報告書等の作成をしています。
上司も仰ってるのですが正直な所、スキルは一切つかない仕事内容です。
運用SEは1次受け企業のため2次受けである今の会社にいるとステップアップは不可。
上司の話を聞いてると30歳になると異動で運用とは全く関係ない仕事をさせられるそうです。
それでも40になるまでにほとんどの人がクビになるか自分で退社するようです。
開発職に異動のチャンスは?と思ったのですが過去のケースからしてなさそうです。
やはりスキルが身につかない、交替制ということで出入りが多い職場です。
年功序列のためリーダーになる頃には28、29歳。
リーダーになっても30過ぎれば上記に記載されてる通り関係職種に異動。

個人的に運用SEとステップアップできるのであれば働き続けたいのですが、スキルが身につかないオペレーターで30を迎え、関係ない職へ飛ばされ解雇と思うと憂鬱になります。

最近考えてるのは3年間働いたら転職しようかなと思ってます。
運用SEは大変な仕事だとオペレータの仕事をしてわかってるのですが、SEの仕事がやってみたい気持ちがあります。

転職資格は無意味と聞いたのですが・・
とりあえず、月半分休みで時間があるため3年間で基本情報取得してから応用情報取得。
ping、TELNETコマンドしか使わないのですがlinuxに触ってるのでLPICのレベル1辺りを勉強して取得しようかなと思ってます。

人生の先輩である皆さんに聞きたいのですが

1:皆さんが私の立場だったら転職しますか?
2:3年で転職という考え方は辞めるべきですか?転職した方がいいですか?
3:その他アドバイス的なことがありましたら宜しくお願いします

客先常駐メインのIT企業に勤めています
11年度卒の専門学生(20歳)で8月から早期出社をしています。

開発職希望で入社したら運用系で採用されました。
職種はシステム運用のオペレーター
勤務時間は2交代勤務で1日12時間勤務。夜勤明けの休日を入れると月の半分は休みです。
仕事内容は障害が発生したらアラート音が鳴るので鳴れば手順書を見て作業をするか、運用SEに連絡。
定期的にバックアップを取ったり、機器の点検をしたり・・。
linuxでpingで応答確認程度。

上司も同じ仕事内容です。
リ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

2007年からIT業界でSEをしている者です。

1:転職します。
2:3年と言わず1年ぐらいで(もっと早くても)転職してもOKだと思います。
3:以下記載。

□はじめに
あなたの経済状況がわからないので、ご自身の経済状況を考慮のうえ検討していただきたいのですが、
一般論としてそういう会社で、SEとしてやっていくのは難しいと思いますし
やりがいも無いかと思います。

まず、考えるべきなのは、将来(5年後、10年後ぐらい)に何をやっていたいか、を考えることです。
記述を見ていますと、開発系か、運用系かで悩んでいらっしゃるようなので
どちらかに決めましょう。

□転職先があると思う理由
その上で、ある程度やりたい仕事が未経験でも、受け入れてくれる会社はIT業界にはあると思います。
なぜかというと、
・年齢が若い
・情報系の専門学校を卒業していること
の2点があるからです。

IT業界の現状として、情報系の教育を受けていない人間を採用して
(教育せずに)仕事をさせている現場が多いのが現状です。

その現状から、きちんと教育を受けていて、かつ、自学自習の意思のある人間は
採用される可能性が高いです。

また、賃金の関係から、年齢が若いというだけで、採用の幅は広がります。

□資格について
資格は、未経験かつ年齢が若いあなたのケースですと、少しは意味があるかと思います。
また、資格を取得するための勉強をすることによって、
自分がその分野に向いているか、いないか、を自分で判断する材料にもなるかと思います。


□転職先について
これだけでも、かなり長くなってしまうので簡単に。
身近な先輩等に相談して、ちゃんと給料がでて、経験を積むことができる会社を選んでください。

こんにちは

2007年からIT業界でSEをしている者です。

1:転職します。
2:3年と言わず1年ぐらいで(もっと早くても)転職してもOKだと思います。
3:以下記載。

□はじめに
あなたの経済状況がわからないので、ご自身の経済状況を考慮のうえ検討していただきたいのですが、
一般論としてそういう会社で、SEとしてやっていくのは難しいと思いますし
やりがいも無いかと思います。

まず、考えるべきなのは、将来(5年後、10年後ぐらい)に何をやっていたいか、を考えることです。
記述を見ていますと、開発系か、...続きを読む

Q「システムの運用・保守」という仕事から得るもの?

「システムの運用・保守」という仕事から得るものは何でしょうか?
一概に言えないと思うので、一般論でかまいません。
また、システムといっても色々なので、技術に特化してモノというよりは
その他でお願いします。

Aベストアンサー

以前にシステム運用保守をやっていた者です。
システム障害はよく起こりました。その対応をしているうちに次のことがだんだんうまくなりました。

(1)障害の原因追求
  この部分までは正常、と切り分けていって原因を探ります。
(2)対応策の考案
  障害が起こると再発防止策を提示しなければいけません。「暫定策として、毎日○○を目視でチェックする、恒久策としてプログラムをこういうふうに修正し、さらにハードウェアを増強する」といったように、再発しない作戦を考えます。これがうまくなりました。
(3)状況説明資料の作成
  説明を口で言っても頭の悪い(失礼!)上司の上司が理解してくれません。図を入れてバカでもわかる(失礼!)分かりやすい説明資料を
作る必要があります。Wordに図を入れたり、正常例と異常例を比較して書いたりと、最初は時間がかかりましたが、経験を積むにつれてかなり早く作れるようになりました。

私は今は開発系の仕事をしていますが、客先へ説明するときなどにこの経験が役立っています。

Qシステム運用ってどんなお仕事ですか?

システム運用エンジニア

顧客のコンピュータルームに常駐し、システム監視や運用オペレーション業務

システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、要求される知識の幅は広く、OSやデータベース、ネットワークなどのIT知識だけでなく、お客様の業界、商品、関連法規などの知識も必要です。

とあるのですが、、ピン来ません。

Aベストアンサー

これまでシステム開発という立場から、様々な運用さんに関わってきましたので、その経験から。忌憚無き、実際の現場をお答えしたいと思います。

まず、
「システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。」
→運用さんが、設計や開発、導入を行っている等というのは聞いた事も見た事もありません。

「運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、」
→これは本当です。開発側からすれば運用という仕事は何の面白みもない仕事という印象で、『運用はやりたくない』という声がよく聞かれます。

「要求される知識の幅は広く、OSやデータベース、ネットワークなどのIT知識だけでなく、お客様の業界、商品、関連法規などの知識も必要です。」
→出来る運用さんの中にはこれらの知識を持つ方もいるでしょうが、実際は『運用監視ソフト』と呼ばれるソフトウェアの使い方、アプリケーションログを見て、『エラー』が出ているかどうかを見分けられれば大丈夫、という程度のものです。


○どんな場所で働くのか
サーバが何十台と置かれた『コンピュータルーム』『サーバルーム』『電算棟』などと呼ばれる場所に一日中篭る(窓が無く、厳重なセキュリティがかけられ許された場所以外は触っていけないという、息の詰まる場所が多い)

○どんな仕事をするのか
企業が抱えるシステム(例えば銀行ならATMに関わるシステムや、ネットショップならポータルサイトに関わるシステム等)が、正常に動いてるかどうかを、『運用監視ソフト』を使って監視します。

1.いつも青いアイコンが、赤くなったらエラーなので、すぐに情報部に連絡を入れる…とかのジョブ監視。

2.決められた時間に、システムのバックアップを取る。

3.開発部が必要とするデータを、本番機からコピーして開発部に渡す

等など。

ほとんど全ての業務がマニュアル化されていて、コマンド一つ打つにも複数人のチェックが入ったりと、ミスの許されない仕事です。

これまでシステム開発という立場から、様々な運用さんに関わってきましたので、その経験から。忌憚無き、実際の現場をお答えしたいと思います。

まず、
「システム運用に関する設計、開発、導入、保守、管理などを行います。」
→運用さんが、設計や開発、導入を行っている等というのは聞いた事も見た事もありません。

「運用というと開発に比べて軽く見られがちですが、」
→これは本当です。開発側からすれば運用という仕事は何の面白みもない仕事という印象で、『運用はやりたくない』という声がよく聞...続きを読む

Q運用オペレータです。将来について考えています。

初めて質問させて頂きます。
36歳 未婚のオープン系運用オペレータです。

とても小さい会社に入社していたのですが、その会社より運用オペレータはいらないといわれ
今の会社に引き取られ客先常駐でオペレータの仕事をしています。

今の会社が小さく取引先も少ない為、面談の際も「今は不況だから現在の現場にずっといてもらう」と言われ、はずかしながら私自身も甘えてしまい碌な資格も取得していません(初級システムアドミニストレータ、普通免許程度)。最近、客先で仕事がどんどん減っていきその関係もあり
人員削減を行う可能性が高く今の会社では次の仕事がもらえそうにありません。

今の現場は年齢的に若い方ばかりで私自身上から数えて方が早い年齢となってしまい焦ってしまっています。又、よく噂される35歳限界説というのもあり年齢を超えてしまった為不安を感じ今月から転職活動の一環として転職サイトに登録した所です。

そこで質問なのですが、
(1)転職サイトよりオファーとして「サーバ運用エンジニア」「インフラ(サーバ・ネットワーク)エンジニア」
  などのオファーが来たのですが、この歳でまだIT業界に居座って将来はあるのでしょうか?

(2)もし難しいなら未経験者として以下の業種へ転職しようと思っているのですが、無謀でしょうか?

警備員
バス運転手
トラック運転手
介護業界
設備工事スタッフ
清掃
電気工事士
営業
ビルメンテナンス

つたない文章で申し訳ありませんが、皆様のご意見をお聞かせ願いますでしょうか?

初めて質問させて頂きます。
36歳 未婚のオープン系運用オペレータです。

とても小さい会社に入社していたのですが、その会社より運用オペレータはいらないといわれ
今の会社に引き取られ客先常駐でオペレータの仕事をしています。

今の会社が小さく取引先も少ない為、面談の際も「今は不況だから現在の現場にずっといてもらう」と言われ、はずかしながら私自身も甘えてしまい碌な資格も取得していません(初級システムアドミニストレータ、普通免許程度)。最近、客先で仕事がどんどん減っていきその関係もあり
...続きを読む

Aベストアンサー

たとえばですね.

外国の人が
「日本語はわかりません。
 日本の資格も結局とらないできてしまいました。
 日本で働ける場所あるでしょうか」
という意味のことを相談してきたと考えてください。
何が言えますか。何を言いたいですか。
何か指摘したいことがありますね。

立場を変えて自分を見て見るのが必要だというのはここです。
せめて日本語の習得ぐらいしてくれよ、ですね。日本で働くなら。

ご自分の質問をもう一度見返してみてください。
ちょっと反省のない、しかも人生計画のない質問だと思いますよ。

なお、ちょっとだけいいますけど、MCPを取って食いあぶれている人は見たことがありません。
ただしMCPは特定サーバOSの特定版数に関する資格です。
そのOSがなくなったら無意味になります。
またバージョンアップされたら勉強し直して新版の資格試験を受けなければいけません。
当たり前です。
一度とったら50年何もしないでいい資格なんてありません。普免だって更新が必要です。

大学の先生だって、同じことを何十年も教えているように見えるかもしれないけど、常に研究成果を学会に発表し続けています。それをしなければクビです。

医師は新病の情報を調べ、新治療法を研究し、資金繰りして新治療装置を買いそれに慣れるのに時間を使っています。

考えること努力することを辞めたらそこで臨終です、と私は他の質問でもすでに書いています。
努力なしで食える仕事があるだろうかとふらふら見まわすのは、その仕事についている方々に失礼です。

とりわけ介護の仕事をなめないでください。
人がたりないと言われている業界が、努力が足りない人の居られる場所であるわけがないでしょう。

たとえばですね.

外国の人が
「日本語はわかりません。
 日本の資格も結局とらないできてしまいました。
 日本で働ける場所あるでしょうか」
という意味のことを相談してきたと考えてください。
何が言えますか。何を言いたいですか。
何か指摘したいことがありますね。

立場を変えて自分を見て見るのが必要だというのはここです。
せめて日本語の習得ぐらいしてくれよ、ですね。日本で働くなら。

ご自分の質問をもう一度見返してみてください。
ちょっと反省のない、しかも人生計画のない質問だと思いますよ...続きを読む

Qシステム運用管理保守系統の資格について

現在一部上場大手物流サービス会社の子会社でExcel(MOS2010取得)などを使用した経理処理を行なっている26歳の派遣社員をしている男です。将来的に顧客用(個人法人)のWebサービス・管理システム,社内インフラ情報システムの運用管理保守の責任者を任される可能性が出てきました。日本全国に営業所・自動倉庫(主に東京都品川区大井埠頭、川崎横浜沿岸部、名古屋港、大阪港、博多港が主要地域)があり、又扱っている製品がHAC,CREATE等で販売されている個人向け医薬品や大学病院やそれらの施設に付随している薬局などの法人向け医薬品、また顧客が地方自治体、独立行政法人の業務用デジタル文書の管理廃棄サービスといったレコードマネジメント系列の業務など多岐に渡っているため、SIなどでサーバー・業務用ソフト等の開発・運用・管理・保守の実務に関わった経験が皆無である自身としては、ITシステム運用管理保守系列の資格を取ったりして対策を立てようと思っています。しかし、国家・ベンダー・非ベンダー含めてかなりの数があるので何に重点を当てて良いかが分かりません。ITシステムの運用管理保守の即戦力となるような資格に関して解説をしていただける方、差し支えなければ、助言していただいてもよろしいでしょうか。

現在一部上場大手物流サービス会社の子会社でExcel(MOS2010取得)などを使用した経理処理を行なっている26歳の派遣社員をしている男です。将来的に顧客用(個人法人)のWebサービス・管理システム,社内インフラ情報システムの運用管理保守の責任者を任される可能性が出てきました。日本全国に営業所・自動倉庫(主に東京都品川区大井埠頭、川崎横浜沿岸部、名古屋港、大阪港、博多港が主要地域)があり、又扱っている製品がHAC,CREATE等で販売されている個人向け医薬品や大学病院やそれらの施設に付随している薬局など...続きを読む

Aベストアンサー

仰るとおり、IT系の資格は多種多様ですので、
いくつかの系統に分類する必要性を感じます。

1.ベンダー認定資格(マイクロソフトのMCPやオラクルのOracleマスター、シスコのCCNAなど)
 その製品を構築・運用・保守する上での知識を習得したことを証明するための資格です。
 あくまで、製品に特化した形での試験となりますので、
 その製品を利用していないシステムにおいては、全く意味をなしません。

2.情報処理 国家資格(基本情報技術者や応用情報技術者、ITサービスマネージャなど)
 IT業界で仕事をするにあたっての知識を証明するための資格です。
 分野は多岐にわたり、コンピュータの基本的な知識から、アプリケーション開発の知識、
 ネットワーク、データベース、セキュリティ、ITサービスの提供、等様々です。
 製品に特化した内容ではないため、汎用的な知識が得られます。

3.公的な協会が認定する資格(PMPやITILなど)
 国家資格と似て、汎用的な知識を得るための資格です。
 海外発祥のものが多く、蓄積された経験に基づいて系統立てしたものが多いです。
 経験に基づいているため、実践的なものが多いですが、
 あくまでもベストプラクティス集の形を取っているため、
 そのまま適用すると痛い目に遭うこともあります。

さて、質問者様の業務に沿ったIT系の資格についてですが、
中心となる業務によって大きく異なります。

■システム運用系
 初歩的なものとして比較的安易に取得できる知識としては、
 ITIL Foundation が挙げられるでしょう。
 これは、3.に挙げた公的な協会が認定する資格で、
 数あるITIL系の資格の中で入門的な役割の資格です。
 システムを運用するにあたってのプロセスを系統立てて説明しています。
 上位の資格もありますが、IT業者としてのシステム提供を主に行うための資格になりますし、
 結構な金額の研修も必要です。
 2.の国家資格のITサービスマネージャも同様で、システムを提供するための資格です。

 また、社内システムのメンテナンス等で自身がシステムを触る必要があるのでしたら、
 1.のベンダー認定資格を取得されてもいいかもしれません。
 メンテナンスをするにあたっての知識が無いと、何の判断もできないと思いますので、
 システムを構成する重要なコンポーネント(ハードウエア,OS,ミドルウエア,NW等)から
 優先的に知識を得た方がいいでしょう。
 (私の経験上、知識を得るに最も有効な手段は、「障害対応を行うこと」でしたが(笑))

■業務知識
 レコードマネジメント系列の業務知識は、一般的な資格の勉強では役に立ちません。
 若干国家資格のデータベーススペシャリストが役に立つ可能性がありますが、
 データベースのデータ構造を理解したところで、業務を行うにあたっての知識を得るというよりも、
 どういうデータ構造でシステムが成り立っているのかを知ることができるに過ぎません。
 そのため、業務知識については、実際の経験や引き継ぎを受けて学習をすることになると思います。
 現場によって操作が異なるため、手順書が用意されていることもあります。
 その場合は、手順書に沿って操作を行う事で、業務を完遂する事ができると思われます。
 が、手順書が無い場合は、前任者等から引き継ぎ、それを率先して手順書化することで
 重用されるエンジニアになれるでしょう(笑)

■人を使う立場として
 自身の配下に人を付けて管理を行う立場でしたら、
 3.公的な協会が認定する資格のPMPや2.国家資格のプロジェクトマネージャがあります。
 これらは、自身の配下に人を配置してプロジェクトをマネジメントするための資格ですが、
 様々なことに応用が利きます。モチベーション管理や家計管理等にも応用させることができます。
 (ある人は自分が結婚に至るまでのプロセスをマネジメントしてました(笑))
 他には、コーチングといった、部下が何をどうしたいのかを掘り下げて導くための研修もあります。

あとは立場の違いによって必要な知識が異なりますが、質問者様は26歳ということですので、
下っ端から中堅的な役どころだと仮定すると、
・日常の業務を行う事で業務知識を得つつ、
・ITIL Foundation でシステムを運用するためのベストプラクティスを覚え、(必要により日常業務に応用し)
・システムインフラを維持するためのベンダー資格の勉強をする
という形になるでしょうか。

個人的には、これにプラスして
・コーチング研修 と
・PMP の勉強をすればいいのでは?と思います。

コーチング研修は部下だけの指導に限らず、自身が聞かれている事の意味を知る事ができます。
「あの人は口うるさく細かく聞いてくるし、面倒な人だ。」と思い事がありますが、
実はコーチングの手法を誤って使ってるだけだった。とか、そういう事があります。
(「傾聴」していないコーチングは、そう感じます)

PMPは、個人的に一番役に立っている資格です。
PMPはIT業界に限った資格ではなく、おおよそプロジェクトと名の付くものに適用できます。
(そもそもそういう目的で作成されたものなのですが、日本での取得者はIT業界が主でしょう)
また、モチベーションコントロールの仕方やコストコントロール、リスクマネジメント等も学ぶことができますので、
幅広い範囲で応用を利かせることができます。

長々と書きすぎて、どう纏めていいのかわかりませんが(笑)
即戦力として仕事ができる様にというプレッシャーを感じるよりも、
新しい仕事に挑戦し、多くの知識を得られることに喜び、日々楽しく仕事をされた方が
得られるものは多いと思います。

IT屋の仕事は忙しく頭も酷使しますが、楽しんでください!

仰るとおり、IT系の資格は多種多様ですので、
いくつかの系統に分類する必要性を感じます。

1.ベンダー認定資格(マイクロソフトのMCPやオラクルのOracleマスター、シスコのCCNAなど)
 その製品を構築・運用・保守する上での知識を習得したことを証明するための資格です。
 あくまで、製品に特化した形での試験となりますので、
 その製品を利用していないシステムにおいては、全く意味をなしません。

2.情報処理 国家資格(基本情報技術者や応用情報技術者、ITサービスマネージャなど)
 IT業界で仕...続きを読む

Q30歳SE,技術がありません・・・

30歳になった8年目のSEです。独身女です。
技術がありません。
これからの仕事についてどうしたらいいかわからず、途方に暮れています。

私の会社は二次請けの仕事がほとんどです。
文系大学卒業後入社して以来、長期間のプロジェクトに関わる事が多くずっと客先にいたのですが、最近自社に戻りました。
主に現行仕様調査、詳細設計~結合テストの経験しかなく、ほとんどがバッチでプログラミングスキルは新人に毛がはえたレベルだと思います。(PL/SQL,COBOL,少しJava)
仕様を固める為にユーザ企業のシステム課の方と打ち合わせをしたような経験はありますが、リーダー経験もありません。
マスタ管理のようなチームがほとんどだった為、業界のどの企業でも通用するような業務知識もありません。
資格は情報処理試験(基本情報、ソフトウェア開発技術者)だけです
SEというと激務な方が多いですが、私はぬるい環境で仕事をしてきました(残業は多くても月70hくらい)


自社に戻り、上司は新たな職場に派遣しようとしていますが、
年をとり、おまけに主任になった為単価が高く、技術がない私はなかなか仕事が決まりません。
会社で他部署の手伝いなどをしています。

社外にいる間は一次請けベンダーのリーダーさんを目標としていたのですが、
自分の会社では無理な事をいまさら思い知りました。
昔から自分の技術がしょぼい事を感じつつ、現状に甘えてきた結果です。
努力しなければいけない事がたくさんありすぎて、まず何から始めたらいいかわからなくなってしまっています。
年齢が年齢なので、あせるばかりです。

自分ではこんな事を考えているのですが・・・

(1)プログラミング言語の勉強をし、たくさん資格でもとるか?
 今の会社ではこれを求められている気がしますが、実務経験がなく資格だけとって、役に立つのかは不明です。
 ベンダー系資格は受験料が高いので、それに見合う効果があるのかも・・・

(2)管理するポジションを目指す為、転職するか?
 今の技術力まま転職活動をしても望みが薄い気もしますが、勉強してから・・・というのでは年ばかりとってしまいそうで怖いです。
 反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも頂いたのですが、面接でアピールできる事が思いつかず、応募を躊躇してしまいます。

(3)他業界をめざすか?
 絶対SEがいいという希望はありませんが、この年齢で他業種で通用するのか?
 ぬるま湯育ちの私が通用するのか?

一番の目標は、ユーザ企業にしばられない業務知識を持ち、管理できる人間になることなのですが、夢のまた夢のまた夢のような気がして・・・

学生時代は定年まで仕事人間でいたいと思っていたのに、今の自分が情けないです。
これからの人生、食べていけるのかも不安になってきました。


あいまいな質問で申し訳ないのですが、私はまずどんな努力をすべきでしょうか・・・
お恥ずかしながら給料が安く、貯金も少ない為お金がかかる事は不可能です。

30歳になった8年目のSEです。独身女です。
技術がありません。
これからの仕事についてどうしたらいいかわからず、途方に暮れています。

私の会社は二次請けの仕事がほとんどです。
文系大学卒業後入社して以来、長期間のプロジェクトに関わる事が多くずっと客先にいたのですが、最近自社に戻りました。
主に現行仕様調査、詳細設計~結合テストの経験しかなく、ほとんどがバッチでプログラミングスキルは新人に毛がはえたレベルだと思います。(PL/SQL,COBOL,少しJava)
仕様を固める為にユーザ企業のシステ...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、人生において正解の行動というのは無いわけですが、私だったら転職を志しますね。実際、携帯電話のSEから別業種に転職したことがあります。その後もう1回転職していますが、少しづつ他業種にチャレンジしていたら、今ではSEとは全く違う職種(アプリケーションエンジニア)で生きるようになってしまいました。

色々言いたい事はありますが、とりあえず3つだけ。

>反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも
>頂いたのですが、

できれば転職エージェントが対応してくれるサービスを利用した方が良いと思います。紹介される企業の質がそもそも違いますからね。亜リクルートNEXTだけでなく、ありとあらゆる転職サービスに応募するんです。時には門前払いを食う事も有るでしょうが、そんな事を恐れていたら前には進めません。

>面接でアピールできる事が思いつかず

アピール出来る事が無いなんて甘いですよ。それは死ぬ程考えて捻り出す者です。とりあえず、いままであなたがやってきた仕事/期間/使用ツール/開発人数を細かい所まで全部書き出してみましょう。職務経歴書を書いたかもしれませんが、それをもっと細かく書く様なイメージです。その中で、少しでも他者よりも誇れそうな者を抜き出し、10倍程度膨らましてアピール出来る様に文章を作ってみましょう。まずはそれからです。

>絶対SEがいいという希望はありませんが、この年齢で他業種で通用するのか?

通用するのか? じゃなくて通用する様に死ぬ程努力するんです。転職は、そのくらいの気合いが無いと絶対に成功しませんよ。

情けないと思う暇があったら、まずは出来る限りの行動をするべきです。それでも効果がなかったらそのとき初めて嘆きましょう。やるべきことをやっていたら、嘆く暇なんてないはずですよ。

まあ、人生において正解の行動というのは無いわけですが、私だったら転職を志しますね。実際、携帯電話のSEから別業種に転職したことがあります。その後もう1回転職していますが、少しづつ他業種にチャレンジしていたら、今ではSEとは全く違う職種(アプリケーションエンジニア)で生きるようになってしまいました。

色々言いたい事はありますが、とりあえず3つだけ。

>反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも
>頂いたのですが、

できれば転職エージェントが対応してくれるサービ...続きを読む

Qメーカー系、ユーザー系、独立系のメリットデメリット

誰かメーカー系、ユーザー系、独立系の会社のメリットデメリットを教えてくれませんか?
わかるかたいらっしゃったらお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系
システムのユーザー企業のソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業。
親会社が勝ち組であればあるほど、ノウハウ・実績が高く、システムの得意分野がはっきり定まっている場合が多い。
基本は親会社グループのシステム支援業務。 
 Ex. 住商情報システム株式会社、新日鉄ソリューションズ株式会社、伊勢丹データーセンター
 長所:親会社やそのグループ企業での、ノウハウ・実績を利用できる。
 短所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに弱い。
    グループ外企業に対しては独自の営業力が必要。
■独立系
親会社を持たず、独自に設立し経営している企業。ソフトウェア業界の過半数を占める。
独自の技術力を蓄積している場合がある。 
 Ex. CSK、インテック富士ソフトABC
 長所:親会社に縛られないことから、どこのメーカーのハードでも調達できる。
 短所:経営基盤が弱い。親頼みの受注は一切ないため、独自の営業力が必要。
■コンサル系
経営コンサルティングを行い、その方法論としてIT化を支援する企業。 
 Ex. 野村総合研究所、日本総合研究所、アクセンチュア
 長所:経営コンサルからシステム開発・メンテナンスに至るまでの一社での完全なソリューション提供の実現。
    パイオニア的な方法論の実現が可能。
 短所:システム開発面での実績の弱さ(予算・納期・品質)。
    業務のIT化に実験的な部分が含まれる可能性があり、全体的にコストが高い。

こんにちは
某所からのテンプレートですが、、、
-------------
■メーカー系
ハードウェアメーカーのソフトウェア開発部門が子会社として独立した企業やその傘下にある企業。
親会社のハードウェア販売支援業務に近い。 
 Ex. NECソフト、富士通ビジネスシステム、日立情報システムズ
 長所:遠隔医療のようなハードウェアに依存するようなシステムに強い。
    メーカーの営業を経由して、仕事が入ってくる。
 短所:原則として、親会社のメーカー製のハードウェアを使う。
■ユーザー系...続きを読む

QSEを目指した動機についてお聞きしたいのですが。

現在、大学3年のものですが、正直、SEになるか迷っています。
志望業界は、絞られてきました。IT業界です。
そこで、社会人の方に質問したいことがあるのですが、
就職活動の際、
「自分の会社選びの基準」、「なぜこの業界?」「なぜSE?」などを絡めて
お聞きした事があります。
後は、SEになる為の入門書は、あるのでしょうか?
私は、正直、悩んでいます。
自分の一生を決めるのにほぼ近いのですから。
もし、質問をしてくださる奇特な方、心からお待ちしています。

Aベストアンサー

現在外資系のコンピューター・メーカーでSEをやっております。実は昨年に転職したばかりで、それまでは従業員300人程度のSI企業におりました。
ちなみに大学は法学部でした。(平成3年卒)

<なぜSEを選んだか?>
学生時代、アルバイトで設計事務所で図面を引かせてもらっていたのですが、それがきっかけで、「何かモノを作る仕事がしたいな」と思ったのが大きな理由です。
しかし私は文系出身なので、「モノを作る仕事」で「文系でもOK」で、という観点で探し当てたのがSEです。SEといっても一日中マシンに向かっているわけではなく(新人さんはそうかもしれませんが)、ある程度になってくると、ほとんど仕様書作成やレビュー、お客様や他部門との調整に追われます。それでも提案から始まって要件定義、設計~テスト、そして本番(そしてたまにトラブル・・・)と、1つ1つをチームで乗り越えて達成していく感覚は私には合っていたように思います。

<なぜこの業界?>
上述とかぶる点もありますが、特にこの業界、と思っていたわけではなく、自分がやりたい仕事のスタイルを探したら、たまたまこれだったということです。

<会社選びの基準>
新人教育を本気でやってくれるところです。私が新卒で入社したところは、半年は仕事しないで、ずっと研修。その後の半年がOJT。文系出身でパソコンを触ったこともないところから入りましたので、大変ありがたかったです。
これはsupercannonさんにも是非お伝えしたいことですが、入社してちょっと研修やって、すぐ現場に放り込むような会社は避けたほうがよいです。例えコンピューター経験があってもです。「プログラマー」で終わってしまいますから。プログラマーは寿命は短いと思ってよいです。長くこの職業でやっていくつもりなら、最初はプログラマーをやりながらでも、必ず「SEの視点」を持ち続けてください。
それから自分がどういうSEになりたいかを明確にすること。SIをやりたいのか、ユーザー部門のSEになりたいのか、メーカーのSEになりたいのか、などによって全く会社選びが違ってきます。見方を変えれば、会社によって、求められるSEのスタイルが違う、ということです。現在の私のように、メーカーのSEになればハードからソフトまで、まずは自社製品を選定してしまいますが、独立系のSI企業なら自由に選べます。またユーザー部門のSEであれば、SIというより運用面のスキルに比重が大きくなります。

正直SEというのはあまり割りの良い仕事ではありません。退職する人も結構います。ただ、いろいろなお客様や、いろいろなトラブル・・・刺激が多くてルーティン・ワークでは味わえない充実感があると思いますよ。

現在外資系のコンピューター・メーカーでSEをやっております。実は昨年に転職したばかりで、それまでは従業員300人程度のSI企業におりました。
ちなみに大学は法学部でした。(平成3年卒)

<なぜSEを選んだか?>
学生時代、アルバイトで設計事務所で図面を引かせてもらっていたのですが、それがきっかけで、「何かモノを作る仕事がしたいな」と思ったのが大きな理由です。
しかし私は文系出身なので、「モノを作る仕事」で「文系でもOK」で、という観点で探し当てたのがSEです。SEといっても一日中マシン...続きを読む

Q組み込み系と制御系の違いは?

SE/PGの求人で、組み込み系、制御系を見ますが、
組み込みとは、家電製品などに組み込み、使用者が家電製品を使うときに操作したとおりに動くようにプログラムをつくるエンジニアのことでしょうか?

制御系はどういたことなんでしょうか?
制御とついているので制御するのだと思うのですが、使われる箇所としてはどういった所に使われるのでしょうか?

さっきの組み込み系でも、家電製品に”組み込ん”でも、”制御”もされているのではないでしょうか?
例えば、電子ジャーに”組み込ん”でも、温度調節なども”制御”しているのではないでしょうか?

組み込みと制御は同じような事なのでしょうか?

Aベストアンサー

○○系という言葉自体が広い概念ですので、たしかに重複する意味もありますが。
元々、系列化するものに対して○○系として区別していました。
対象が同じものであっても言い方で混乱しますね。
結論を簡単に言えば、表現の方法の違いなのですが、
1)主機能面から言えば、○○制御系
  (背景には、複雑・多様化、ネットワーク化、ユビキタス、インフラなどの課題が多い)
2)機器内部にコンピュータシステムを組み込むための技術力、対応力を強調させる場合は、組み込み系。(背景には、小型化、省電力、高速化などの課題が多い)

で、SE/PG求人ということなので、「ソフトウェア開発」に絞られます。
一般には、制御系システムの方が範囲が広く、以下のように使われるケースがあります。
「...制御系のシステム(計測・制御用ソフト、組み込み用ソフト、FA用ソフト)の開発経験者を求む....」

一般的には、
組み込み系システムとは、
 昨今の家電・電子機器・自動車(etc.)には、機器を制御するためのマイコン用ソフト・ハードが組み込まれて内蔵されている。その機器内部のコンピュータシステムを指す。組み込み系ソフトとは、機器内部のコンピュータシステムを稼動させるソフトウェアで、組み込み系システム用に開発されたソフトウェアのこと。組み込み系に対しては、PC系・UNIX系と言ったりする。機器の外部にコンピュータを接続する形式が「非組み込み系」と考えてよい。システムの構築の際、形態・方法を指す言葉。したがって、電子ジャーは、組み込み系システムであるとは言えます。

一方、制御系システムとは、広義には、機器を「制御する」システムを対象とする。狭義には、特に制御が主機能になっているものを指す。ここでの「制御系」の概念は、「組み込み系」であっても「非組み込み系」であっても構わない。すなわち、システム構築の目的や用途(機能)を強く意識した言葉。したがって、電子ジャー(炊飯)などの特定の狭い用途で主機能ではない場合には、使いません。自動車のカーナビ(位置特定)なども。敢えて「制御」を使うならば、電子ジャーの温度制御ソフトのように使われる。


制御系の実例的には
主な制御系         具体的システム例       ソフトの対象例
監視・制御系        中央監視盤、照明制御システム 制御端末用ソフト
FA系           製造ライン監視制御システム  PLC用ソフト
プロセス制御系       製鉄プラントシステム
通信・制御系        移動体通信制御システム    携帯電話、基地局
計測・制御系        排ガス濃度監視装置      濃度計測、ロギング
組み込み・制御系      DVDプレーヤシステム     モーター回転数制御
「DVDプレーヤ」では、単に「制御系」とは普通言わない。
「組み込み・制御系」もしくは単に「組み込み系」。

納得がいかないなら、「制御系」などで検索し、
ターゲットの実例を調べてください。

参考にされば、幸いです。

○○系という言葉自体が広い概念ですので、たしかに重複する意味もありますが。
元々、系列化するものに対して○○系として区別していました。
対象が同じものであっても言い方で混乱しますね。
結論を簡単に言えば、表現の方法の違いなのですが、
1)主機能面から言えば、○○制御系
  (背景には、複雑・多様化、ネットワーク化、ユビキタス、インフラなどの課題が多い)
2)機器内部にコンピュータシステムを組み込むための技術力、対応力を強調させる場合は、組み込み系。(背景には、小型化、省電力、高...続きを読む

Qシステム運用エンジニアの仕事内容

システム運用エンジニアという職種の仕事内容に
「お客様のデータをデータセンターでお預かりし、安心・安全なシステム稼動をサポートする、システムエンジニアです。またお客様のニーズにあわせたシステム構成、ネットワーク構築も担当します。」
という風に書いてあったのですがいまいちどのような内容の仕事なのかイメージがつかめません。
システム稼動のサポートってどのようなことですか?システム構成、ネットワーク構築って詳しく言うとどのようなことをするのでしょうか?
この職種は自社でメンテナンスをするのであって他社にメンテナンスや修理に出向くわけではないのでしょうか?


また、他の職種に
「プロジェクトマネジメント、商談インフラ支援、インフラ構築技術、アプリケーション開発技術などIT最新技術の開発、推進を行うシステムエンジニア」
と書いてあったのですが商談インフラ支援、インフラ構築技術とは何ですか??

質問が多くなってしまいすいません。分かる方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

企業によって呼び方が変わりますので、当てはまるのか分かりませんが、システム運用エンジニアとは、アウトソーシングの事だと思います。

お客様が持つシステムにもよりますが、サーバやストレージ、ネットワーク機器などの主要なハードウェアや、ミドルウェアやユーザプログラムなどの主体はセンター内にあり、お客様側には業務を遂行するためのクライアント端末だけを設置するものです。
当然、お客様のデータは全てセンター側で管理する事になり、システム全体の運用・保守や、業務の稼動監視、セキュリティ対策などもセンター側の要員で行なう事になります。
お客様の都合によっては、データベースサーバのみをセンター側に委託し、Webサーバはお客様側で管理と言う構成もありえますし、その辺りの柔軟な対応を含めて「お客様のニーズにあわせた・・・」と言うセールストークだと思います。
この場合、日々の稼動監視やデータを外部媒体にバックアップする作業などのハンドリング作業、トラブル発生時の調査やリカバリー作業を行なう事になります。
また、日次、月次、四半期、半期、年次などで、お客様の業務都合などによって自動化が困難な処理を手動で実行したり、大量印刷物の出力やお客様への発送をしたり、CDへの記録など様々な作業を社内の人間で分担してやる事になります。

「商談インフラ支援」も企業によって呼び方は様々だと思いますが、システムを稼動させるためには、ハードウェア・ミドルウェア・ネットワーク・ユーザプログラムが必要となります。
この4つについて、お客様のニーズにあった構成を提案し、商談に結びつける作業が商談インフラ支援の作業になると思います。
お客様の業務を分析して、既成のパッケージを主体としたシステム構成を提案したり、性能改善や作業ロスの軽減に向けて、既存システムの改善点などを指摘し、お客様に提案する作業になります。
この場合、商談成立後に具現化な作業を行なうのは、担当者SEと言う事になります。
プロジェクトマネジメント(プロマネ)同様、SEとしての知識や経験はもとより、ある程度の業種・業務ノウハウが必要な仕事になりますので、上級SEが担当するような職種になります。

インフラ構築技術とは、上記4つの中でも、ハード・ミドルウェア・ネットワークの3つに限定的に使われます。
お客様が扱うデータ量によって、ストレージの必要量が変わります。
信頼性を高めるための冗長化構成などの知識も必要となります。
求める性能を考慮して、CPUの個数やメモリーの必要量、ネットワークの太さや負荷分散などの知識も必要となります。
データベースは勿論、業務監視用のミドルウェアであったり、自動運転やリカバリ用のミドルウェアなどの適応性も判断しなければいけません。
これら、インフラ要素を的確に構成するノウハウと、実機へのインストールやセットアップを行い、システムとして稼動させる技術がインフラ構築技術となります。
場合によっては、ユーザアプリケーションの領域に入って、バックアップ設計やリカバリー設計などに関与したりする事もあります。

企業によって呼び方が変わりますので、当てはまるのか分かりませんが、システム運用エンジニアとは、アウトソーシングの事だと思います。

お客様が持つシステムにもよりますが、サーバやストレージ、ネットワーク機器などの主要なハードウェアや、ミドルウェアやユーザプログラムなどの主体はセンター内にあり、お客様側には業務を遂行するためのクライアント端末だけを設置するものです。
当然、お客様のデータは全てセンター側で管理する事になり、システム全体の運用・保守や、業務の稼動監視、セキュリテ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング