痔になりやすい生活習慣とは?

空蝉は古来より貞淑で慎ましいと言われ、自分もその通りだと思います。まず一応簡単なあらましです。空蝉は名門の貴族の娘でしたが、両親の死後は家が没落したので身分の低い受領の伊予介の後妻になりました。伊予介と空蝉は父娘と言っていいぐらいの年の差で、伊予介には成人した息子(紀伊守)と娘(軒端の荻)がいました。伊予介は空蝉を大事にしましたが空蝉は夫を愛していませんでした。けれど没落した名門貴族が男女問わず豊かな受領と結婚するのはよくある事だったろうし貴族の本当に正式な結婚は恋愛結婚なんて稀でした。ある日光源氏が紀伊守邸に泊まるんですね。伊予介は留守でした。その頃、中流の女に興味を持っていた光源氏は夜空蝉の部屋に忍び込み強引に関係しました。とんでもないですよね。けれど空蝉は図らずも源氏に心惹かれたらしく私が人妻でなかったらとすら思ったそうです。さて、紫式部は光源氏の一方的な暴挙にする事で空蝉の罪を軽減させたかったのでしょうか?深窓の姫君が普通積極的に恋愛しないだろうが前提でしょうが。空蝉はその後光源氏がまた言い寄ってきても拒み通したそうです。確かに空蝉は貞淑なんだと思います。しかし、ここが本題です。(長くてすみません。)空蝉は伊予介を愛していません。けれど光源氏を選んだら数多くの女の一人にされたり人妻なんだから恥を晒してしまいます。結局自分の立場を守る為に自分一人を守ってくれる夫について行ったと言うのが空蝉の誰にも言えない本音ではなかったでしょうか?女ならではの哀しい計算ですよね。自分はどんな女でもその気になればこれぐらいしたたかになれるだろうと思うようになりました。空蝉は少なくとも夫が気づいていようといまいと一生夫を騙し抜く賢さはあったと言う事になりませんか?勿論、一番悪いのは余計な事をした光源氏だと思います。光源氏の介入がなければ空蝉は名実共に夫しか知らない貞淑な妻だと思いますし、表面上でも疚しくない気持ちで夫に尽くせたと思います。紫式部は空蝉に自分を投影したと言われてますが、どうなんでしょう?空蝉は決して美人ではなかったそうです。彼女を恋愛のヒロインにした作者はやはりすごいと思いました。紫式部も女性だから男性に求められたい気持ちがあって美人でなくても男性に言い寄られる空蝉に自分を重ねたのか、飽くまでも貞淑さに自身を重ねたのかどうなんでしょう?長くなってすみませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ANo.2です。


お礼、ありがとうございましたm(__)m

オススメの本の紹介もありがとうございますm(__)m
時間があれば読んでみますo(^-^)o

他の方の解釈も聞くと興味深い回答が得られるかもしれませんね。
もし時間があるなら、一度回答受付を締め切り、適度に改行&文章の簡略化をした後に、そのような趣旨の質問をもう一度投稿してみてはいかがでしょうか?
大量の文字が隙間なく書いてあることで、質問文を読むのを諦めた方もいるかもしれませんので。

余計なお節介、失礼しましたm(__)m

さらにお節介ですが、参考までに今回の質問文を読んで、私が゛ここから改行した方が読みやすい"と感じた部分を列挙します。
下に書いた文を段落の起点にすれば、少しは読みやすくなると思います。

第一段落:空蝉は古来より~

第二段落:まず一応簡単な~

第三段落:ある日光源氏は~

第四段落:さて、紫式部は~

第五段落:しかし、ここが本題~

第六段落:空蝉は伊予介を愛して~

第七段落:空蝉は少なくとも夫が~

第八段落:勿論、一番悪いのは~

第九段落:紫式部は空蝉に自分を投影~

第十段落:長くなってすみません~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。本当に親切なアドバイス嬉しいです。確かに読みずらかったですよね。いったん締めてまた改行を試みて質問してみます。(^O^)
訳文について紹介させて頂きましたが、お節介だと思ったけど、喜んで貰えてよかったです。(^w^)
本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/12/04 12:26

ANo.1です。


お礼、ありがとうございますm(__)m

私自身の考えですか…
私は、空蝉が光源氏を拒み続けたのは、夫の気持ちを考えてのことだったのだと思います。
夫が自分を愛しているのを分かっているがため、自分が光源氏と不倫をしているのを夫が知れば、ショックで生きていけないだろう(少し大袈裟ですかね?)等と考えたのではないでしょうか。
空蝉は、自分の気持ちを押さえてまで伊予助の妻でありつづけられる程、強い心を持ち他人のことを第一に考える人物だったのだと思います。

源氏物語には、不倫の関係にある登場人物も描かれていますよね?
薫も光源氏の実子ではないのに、光源氏の息子として物語の後半に主人公として描かれています。
さらに、幾人もの女性が光源氏の恋人になっています。
その中で空蝉は関係を持つのを拒み続けているということは、読者に強い印象を与えるのではないでしょうか。
なので、紫式部が空蝉を登場させた理由の一つとして、人物関係に奥行きを持たせて単調な物語にならないようにとの配慮したことが挙げられる思います。
(すみませんが、紫式部が空蝉に自分を重ねた云々のところまでは考えが及びませんでした)

実は自分自身源氏物語をじっくりと読んだことがありません。
また、文章に書かれていない登場人物の考え等を読み取るのが大変苦手ですので、私の力では上に書いた薄っぺらい解釈が限界です。そこのところはどうかご了承ください。
ご期待に添えるような回答ができず、本当にすみませんm(__)m
質問者さんが、読む価値もないと判断されたならば無視していただいても構いません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。あなたはとても優しい方ですね。自分は嘘が好きではないので、不貞の事実を隠すなんてと思ってしまいました。(但し無理やりだったけど)自分は伊予介が本当に幸せだったかわかりません。けれどあなたの言うように空蝉は夫の気持ちをわかっていたのでしょうね。そして、空蝉の存在が物語に深みを与えていると自分も思いました。薄っぺらくありませんよ。とても貴重な回答をありがとうございます。もし、興味あったら最近の翻訳で林望さんの謹訳源氏物語がオススメです。和綴じ風の本で見易くとてもいい訳だと思います。和歌を原文と訳文同時に載せてくれるのがいいです。8巻まで出ています。

お礼日時:2012/12/03 23:21

どうなんでしょう?と言われましても、紫式部は既にこの世にいませんので、どう解釈するのが正しいのかは誰にも分かりません。


つまり解釈のしようは、いくらでもあるということです。

なので質問者さんがそのように考えておられるなら、その考察も空蝉についての解釈の一つ(恐らく他の解釈も多数あります)に加えても構わないと思います。
もちろん反対意見も出るかもしれませんが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。紫式部は千年前の人なので難しいと思いました。だいぶ個人の考えになりました。いろんな解釈意見(反対意見)も全然ありです。ありがとうございます。よろしくかったらあなたの空蝉についての考えもお聞かせ願えればと思います。

お礼日時:2012/12/03 17:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源氏物語 夕顔について

夕顔の巻について調べています。
源氏が夕顔から和歌を送られて、そのあと自分の手記であるとわからないように
返事を返しますが、源氏はどうしてそれが自分の手記だとわからないように
和歌を書いたのでしょうか・・。
あさって発表があるのです・・。どうか教えてください。

Aベストアンサー

あわてて以前読んでいた漫画の「あさきゆめみし」を取り出して読んでみました。
私にはこっちの方が理解しやすいんで、ついつい・・・・

源氏が六条に行く前に、惟光の母親の面会に行きます。
そこは京の中でも庶民的な場所で、その中で源氏は初めて白い花=夕顔を見ます。
このときに夕顔を一枝貰うわけですが、なよなよした花だから扇子に乗せて源氏に渡されます。
そこに「心あてに それかとぞみる白露の 光そへたる 夕顔の花」(うわさに高い光る君のようなお殿さま あなたに手折られてしあわせな夕顔の花でございますこと)と扇子に書かれていました。
そこでこういう風流な渡し方をされ、しかも女性の方からこんなこしゃくなものを貰って黙ってはいられない、と源氏は返歌します。
という内容でした。
その後源氏は自分の身分を夕顔には明かさないままでいますが、夕顔には彼が誰であるかは薄々分かっていたのかもしれません。
また源氏はその頃、叶わぬ恋である藤壺の宮、心打ち解けてもらえない正室の葵の上、そして年配でもあり身分の高い六条の御息所、という女性に対して本当に心安らぐ場所がなかった背景があると思います。
夕顔にはそういう身分もプライドもないので、源氏はだから敢えて身分や名前を明かすこともなく、ただの男と女としての付き合いをしたかっただけなのかな?とか思いました。
あくまでも私の想像です。
しかも私は学生時代は古文は赤点ばっかり取っていたんで、自信はないです。

あわてて以前読んでいた漫画の「あさきゆめみし」を取り出して読んでみました。
私にはこっちの方が理解しやすいんで、ついつい・・・・

源氏が六条に行く前に、惟光の母親の面会に行きます。
そこは京の中でも庶民的な場所で、その中で源氏は初めて白い花=夕顔を見ます。
このときに夕顔を一枝貰うわけですが、なよなよした花だから扇子に乗せて源氏に渡されます。
そこに「心あてに それかとぞみる白露の 光そへたる 夕顔の花」(うわさに高い光る君のようなお殿さま あなたに手折られてしあわせな...続きを読む


人気Q&Aランキング