クロロフィルaの測定法(SCOR/UNESCO法)についての質問です。
大学で閉鎖性水域の水質に関する研究をしているものです。
参考書によると、
「試料水500mlをよく振り混ぜ、吸引ろ過する。その後、懸濁物質とともにろ紙を細かく刻んで乳鉢に入れ、アセトン溶液(90v/v%)を加えながら丹念にすりつぶす。乳鉢の内容物はアセトン溶液を用いて遠心管に洗いこみ、全量を10mlとする。」
となっています。

しかしながらある時、試料水500mlを吸引ろ過した時にろ紙が詰まってしまい、ろ紙一枚ではろ過しきれずに
何枚ものろ紙を使わざるを得ない状況に陥りました。
この場合、何枚ものろ紙を細かく刻んで乳鉢に入れ、上記の参考書の方法に従い、全量を10mlとしてクロロフィルを測定していく方法で構わないのでしょうか?
またはろ紙が詰まった時点での試料水のろ過量を測定し、ろ紙一枚を細かく刻んで上記の参考書の方法に従って行うのでしょうか?
もしくはろ紙の孔径が小さいがゆえに発生したことなのでしょうか?

ろ紙は、孔径1.0μMガラス繊維ろ紙(ADVANTEC GA100)を使っています。

このような質問ですが、どなたかご教授して下さいますようお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

吸光度計の上限下限値によりけりですので、その範囲に来るように資料は調整します。

従って無理に500mlのサンプルを使う必要はありません。水かきれいな場合は5リットルをろ過することもあります。計算式にはろ過した試料の量とアセトンの量が含まれますので500と10は試料によって合わせてください。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
試料により、濾過量とアセトンの量を変えることは分かりました。
重ねて質問で申し訳ありませんが、吸光度計の上限下限値とは、検出限界のことでよろしかったでしょうか?

島津の紫外可視分光光度計を使っております。

補足日時:2012/12/08 16:11
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後入先出法と先入後出法は同じ意味ですか?

先入後出法なんて聞いたことはありませんが
後入先出法と先入後出法は
意味としては同じでしょうか?

Aベストアンサー

会計用語としては使っていなさそうですが、技術分野では使いますよ。
そして同義であることが普通です。
キューとかスタック、FILO/LIFOの用語を検索すると出てくるはずです。
ここが会計のカテゴリなので、参考までに。

ところで、会計上の後入先出法は期別なのか都度なのか、あるいはもっと
別の期間区切りかで、その求める値が変わってきますから、これはしっか
り区別しないといけません。

Q粘度測定以外の分子量測定法(それぞれの理論と長所、短所)

分子量測定の実験で、
粘度測定(PMMAの粘度測定を行い、粘度平均分子量(Mv)を決定する。「試薬:トルエン、アセトン、ポリメタクリル酸メチル」)
という実験したんですけど、他の分子量測定法を二つ以上あるみたいなんです。
その2つ以上の分子量測定法を教えてくれませんか??
{1)それらの理論と、2)それぞれの長所、短所}
を中心にお願いしたいのですが・・・

また、どこかいいサイトがあったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

多少Web検索してみたのですが、
どうも光散乱法とサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)の2つが主流のようですね。
参考URLの記事を引用すると(理論はさておき)、以下の通りです。

(1)光散乱法
 「SI単位にトレーサブルであり、低分子量から高分子量まで幅広く適応可能であるなどの長所をもっている。レーザー光源の出現により測定が幾分簡単になった。」
(2)サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)
 「操作が簡単、分子量分布についての情報も得られるなどの理由で光散乱に比べ汎用されている。多くの場合絶対的な分子量を得ることができないのが最大の欠点である。」
 よく耳にするGPC(ゲル浸透クロマトグラフィー:Gel Permeation Chromatography)は、SECの一つとのことです。

参考URLでは、新しい測定方法として、マトリックス支援レーザー脱離・イオン化飛行時間型質量分析法(MALDI-TOFMS)法について、以下のように記載しています。
 「近年マトリックス支援レーザー脱離・イオン化飛行時間型質量分析法(MALDI-TOFMS)法が直接絶対分子量を測定できる方法として注目され、装置もかなり普及して来ているが、定量性に欠ける、事実上高分子量領域まで測定できないなど、精密な分子量計測法としての問題がある。」

その他にも以下の測定法がありました。(それぞれPMMAなどのポリマーの分子量測定に有効かどうかはわかりません)
・IAMS(イオン付着質量分析法)
 分子量1000程度までの高分子化合物
・電気泳動法
・浸透圧法(低分子用?)
・凝固点降下法(低分子用?)
・マススペクトル

ご希望のような理論、長所、短所をまとめたようなサイトは私には見つけられませんでしたので、光散乱法やSECなどを個別に調べ、まとめられたほうが良いかも知れませんね。

※参考URLは、”分子量測定”で検索してみてください。

#1さんが紹介されているサイトに良い回答が返ってくるといいですね。

参考URL:http://mandala.t.u-tokyo.ac.jp/~project/DB/reports/tatepj/keisoku/H13/H13kei1.pdf

こんばんは

多少Web検索してみたのですが、
どうも光散乱法とサイズ排除クロマトグラフィー(SEC)の2つが主流のようですね。
参考URLの記事を引用すると(理論はさておき)、以下の通りです。

(1)光散乱法
 「SI単位にトレーサブルであり、低分子量から高分子量まで幅広く適応可能であるなどの長所をもっている。レーザー光源の出現により測定が幾分簡単になった。」
(2)サイズ排除クロマトグラフィー(SEC)
 「操作が簡単、分子量分布についての情報も得られるなどの理由で光散乱に比べ汎用されて...続きを読む

Q中国語の「擠吹法」などの意味

中国語の次の意味を教えてください。

「擠吹法」――「injection」という意味でしょうか?

もしそうだとすると
「擠拉吹法」はどういう意味でしょうか?

また、これに多少関連すると思われますが、
「供擠膜」はどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

「擠吹法」は『押出成形方法』ではないでしょうか?
補足されてるキーワードで日本語・中国語双方のサイトで検索し、両方のサイトを見比べてそう思いました。

各々の漢字の意味は以下の通りです。
ESMEさんがご存知の日本語の専門用語で、何か思いつくものはありますか?
「擠」→押し出す
「拉」→引く、引っ張る
「供」→供給する、提供する
「膜」→フィルム、膜、皮

私はプラスチック加工はおろか技術文書に関する知識は全くありません。
的外れでしたらすみません。

Q式ln(a/(a-x))=ktの左辺の名称

ln(a/(a-x))=ktという積分型の反応速度式の左辺の名称(どのように表現したらよいか)がわかりません誰か教えてください。
また、無次元でしょうか単位は存在しますか?
a:反応物の初濃度
x:時間tの時の生成物濃度(反応物の減少量)
k:反応速度係数
t:反応時間

Aベストアンサー

ln をとってるので左辺は無次元 (従って単位は「ない」というか「1」というか....), よって右辺も当然次元を持たない.

Q生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第1

生活保護法第29条の2(行政手続法の適用除外)の意味がよくわかりません。またカッコ内の第12及び第14を除くというのはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があります。
本来なら、行政手続法のルールが適用され、聴聞の手続をしなければなりません。

しかし、生活保護の停止をする前に、役所は調査や指導を通じて受給者とコミュニケーションをとって意見も十分聞いている『はず』なので、今更あらためて聴聞をやらなくてもいいよ、という趣旨で

『生活保護法4章に規定されている行政処分については、行政手続法第3章の一般ルールは適用しませんよ。
 ただし、12条、14条は聴聞と関係ないルールなので適用しますよ』

と決めているのが生活保護法29条の2です。
(もちろん、十分な調査や指導抜きでいきなり生活保護の停止・廃止をすれば、違法不当な行政処分とされることがあります)

行政手続法第3章には、行政処分をするには処分基準を定めなさい(12条)、不利益な行政処分をするときは理由を示しなさい(14条)のほかに、
不利益な行政処分をする前に本人の意見を聞く「聴聞」という手続をしなさい、と規定されています。

行政手続法は、行政の一般ルールなので、個別の法律にもとづいて役所が行う様々な行政処分にこのルールが適用されます。

さて、生活保護法4章に規定されている行政処分には、たとえば生活保護の停止・廃止(26条)のように受給者にとって不利益な処分があ...続きを読む

Q電導度測定法(4探針法)について疑問です。

電導度測定法の中で4探針法について勉強しております。
薄膜シートのを4探針法で測定する場合、R=(ρ/2πt)×ln2という式にR=V/2Iを代入することで,薄膜シートの抵抗率ρ=(πt/ln2)×(V/I)が求められます。しかし,実際にデジタルマルチメーターなどで抵抗を測定し,抵抗率を求めようとするときは,ρ=(πt/ln2)×(V/I)のV/Iを測定した抵抗値Rと考え代入します。つまりρ=(πt/ln2)×(V/I)=(πt/ln2)×Rと式を立てました。
そこで疑問なのですが,R=V/2Iは電圧プローブ間の抵抗となっているのですが,これはデジタルマルチメーターで表示されている抵抗値とは違う抵抗を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

質問の主旨が変わっていますが.
最初の質問は要するに4端子法と2端子法の違いを聞いているようにしか思えません.4探針法でも,電流を流すための探針と電位測定のための探針を分けているのはまったく同じ原理です.

π/ln2 の導出はめんどうなんで説明する気力がわきません.とどのつまり,試料中の電位分布がどうなるかを計算することになり,Poisson 方程式を解くことになるのですが.薄膜なので厚み方向の電位変化を無視し,薄膜試料が探針間隔に比べて十分に大きいという仮定を入れればいいはずですが.この部分は電磁気学の問題です.

Q少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

少年法など、意味がない、という意見に納得のいく反論をしてください。

Aベストアンサー

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生んでその子供を殺した、とか、そういうケースも含まれます。しかし、こういうものはあまり報道されません。
結果、年間に数件、起こるかどうかわからない動機等がよくわからない、はたまた、身勝手な動機の凶悪犯罪ばかりがクローズアップされてしまいます。しかし、このような例外中の例外中の例外としか言いようのない事例で議論をすること自体がナンセンスと言えます。
ちなみに、少年犯罪のピークは1960年代前半で、年間300件以上あったのが現在は先に書いたとおり、年間50件前後。人口比でも激減しているのですが、統計1つ見ないで激増している、などとバカなことを言っている人が多い、と言う問題もあります。


犯罪をした人が、更生するために最も必要なもの。
それは、就職する、ということです。

警察に逮捕される。この時点で、学生であれば学校を退学になります。さらに、少年院などに入れば、経歴に不自然な空白期間が出来ます。
学歴もなければ職歴もない。しかも、経歴医不自然な空白がある。
この時点で、普通の人と比べて就職などの可能性が低くなります。そして、就職が出来ない、ということが、今度は「食べるために事件を起こす」などの動機へと繋がっていきます。
犯罪者は、刑務所に入ればそれで事件が終わり、ではありません。死刑にでもなれば別として、そうでない99%の犯罪者はやがて出所するのです。そして、その際には就職などが出来なければ新たな犯罪の芽となります。その観点で言うと、厳罰化などで刑務所に入れる期間が長くなればなるほど、そのリスクを高めるといえます。

少年法は、未熟な子供がやったことだから、というのが一人の理由になっていますが、それ以外にも理由があります。
それは、若い人ほど就職などがしやすいので、あえて保護する形にして、将来の犯罪の芽を摘もう、というものです。
就職雑誌などを見てもわかるでしょう。
「年齢は20代くらいまで」とか、「35歳以下募集」とか、そういうものが多い、ということに。
仮に18歳で事件を起こし、10年間、少年院にいてもまだ「20代を募集」で採用される可能性があります。しかし、20年にしたら、38歳ですから、募集そのものがなくなります。すると、就職できずに、となります。

まして、報道規制などをなくし、ちょっと調べればいくらでも名前も顔もわかるようにしてしまったら、ますます、その可能性は下がります。


犯罪を犯して刑務所に入っても、それで人生は終わりではありません。
やがて、社会へと復帰せざるを得ません。そのとき、社会で暮らしていける場がなければ、再びの犯罪へと向かわせます。
その観点で言うと、少年法を廃止する、というのは、犯罪者の社会復帰を妨げ、かつ、我々の税金を無駄遣いするだけの無意味極まりない行為と言えます。

まず、単純なところから指摘しましょう。

犯罪者として逮捕され、裁判によって裁かれる人というのの99%は軽微な犯罪です。
2014年の一般刑法犯の認知件数は121万件。そのうち、殺人事件は、1054件(予備・未遂を含む) つまり、殺人事件というのは日本で起きる犯罪の0.01%にも満たない例外的な事象である、ということです。そして、2014年の未成年者による殺人事件は52件(未遂・予備を含む)に過ぎません。
そして、その中で、親子喧嘩の末に親を殺した、とか、未成年者が子供を生ん...続きを読む

Q分子量の測定(デュマ法?) についてご回答ください(修正)

1. 乾いたフラスコ・アルミ箔・輪ゴムの質量合計<W1>を秤量する。2. 1リットルビーカーの中の水を沸騰させる。3. 四塩化炭素(約3ml)をフラスコに入れ、アルミ箔でフラスコの口を覆って輪ゴムで留め、アルミ箔の中央に針で穴を開ける。4. フラスコを沸騰した湯の中に入れ、フラスコ内の四塩化炭素が完全に気化してから3分そのまま加熱し続けてから取り出して放冷する。フラスコ外部の水滴を取った後、アルミ箔と輪ゴムをつけたまま質量<W2>を秤量する。5. フラスコから輪ゴム・アルミ箔・四塩化炭素を取り除き、フラスコに水を満たして、その水の体積を測定して、フラスコ内の体積<V>を測定する。 これから状態方程式M=(W2-W1)×R×(273+t)÷(P×V)を使って四塩化炭素の分子量を測定するという実験内容で、以下の四つの内容について調べてくるよう言われたのですがわからないのでご回答ください。 a) この実験ではじめに入れた四塩化炭素約3mlの質量を秤量しなくていいのは何故ですか? b) フラスコ内の四塩化炭素が気化した後、三分加熱を続けたのは何故ですか? c) この方法によって分子量を求めるためには、液体の沸点や気体密度についてどんな制限がありますか? d) 四塩化炭素の分子量(154)が既知であるとして、実験で求めた分子量Mを以下の式に代入して、その数値が何を意味すると考えられますか? (154-M)÷154×100(%) e) 絶対温度は、室温の温度を代入すべきですか、それとも四塩化炭素が気化したときの湯の温度を代入すべきですか?

1. 乾いたフラスコ・アルミ箔・輪ゴムの質量合計<W1>を秤量する。2. 1リットルビーカーの中の水を沸騰させる。3. 四塩化炭素(約3ml)をフラスコに入れ、アルミ箔でフラスコの口を覆って輪ゴムで留め、アルミ箔の中央に針で穴を開ける。4. フラスコを沸騰した湯の中に入れ、フラスコ内の四塩化炭素が完全に気化してから3分そのまま加熱し続けてから取り出して放冷する。フラスコ外部の水滴を取った後、アルミ箔と輪ゴムをつけたまま質量<W2>を秤量する。5. フラスコから輪ゴム・アルミ箔・四塩化炭素を取り除き...続きを読む

Aベストアンサー

状態方程式はその名のとおり、あるひとつの状態についての方程式です。
つまり、どの時点での状態(温度・体積・圧力)かを統一しなければなりません。
この実験では、4.で四塩化炭素が完全に気化して十分に安定な状態になった状態に注目しています。
安定な状態とは、アルミ箔の穴からの気体の出入りが見かけ上なくなった状態です。
なぜこの状態を用いるかといえば、気体状態の四塩化炭素の体積と圧力が一目瞭然で、面倒な測定の必要がなくなるからです。
つまり、体積はフラスコの体積そのものであり、圧力は実験室内の気圧に一致しているからです。
もちろん温度は沸騰水の100℃に一致しているはずです。

以上のことを踏まえればわかりますね。
a)3mlを正確に測ったところで4.の状態では気化して一部フラスコ外に出ていっていますからフラスコ内に四塩化炭素がどれだけあるかわかりませんね。
b)気化してすぐではフラスコ内の圧力が高くなっていて、室内の気圧を利用できませんね。
c)測定する物質の沸点が100℃以上だったら沸騰水を利用して「完全に気化」はできませんね。
W1は実は(乾いたフラスコ+アルミ箔+輪ゴム+『フラスコ内の空気』)の質量です。
そしてW2を測定したのは放冷した後ですから、温度が下がった分だけフラスコ内の気圧が下がり、フラスコ外の空気がフラスコ内に入ってきます。
だから、W2は(乾いたフラスコ+アルミ箔+輪ゴム+『再び液化した四塩化炭素』+『まだ気体状態の四塩化炭素』+『入ってきた空気』)の質量です。
だから本来(W2-W1)は実際の四塩化炭素の重さよりも、「気体状態の四塩化炭素」の体積に相当する空気の質量の分だけ軽くなっています。(ここを理解するのが難しいかもしれない)
だから一般的には放冷後の室温における四塩化炭素の蒸気圧と空気の密度を用いて質量を補正します。
しかし、気体密度が四塩化炭素と空気とでそれほど変わらないのであれば、上のことは無視できます。
d)その式であらわされたものを相対誤差と呼びます。参考URL参照。
e)すでに述べたとおりです。

以上をまとめればよろしいかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=401254

状態方程式はその名のとおり、あるひとつの状態についての方程式です。
つまり、どの時点での状態(温度・体積・圧力)かを統一しなければなりません。
この実験では、4.で四塩化炭素が完全に気化して十分に安定な状態になった状態に注目しています。
安定な状態とは、アルミ箔の穴からの気体の出入りが見かけ上なくなった状態です。
なぜこの状態を用いるかといえば、気体状態の四塩化炭素の体積と圧力が一目瞭然で、面倒な測定の必要がなくなるからです。
つまり、体積はフラスコの体積そのものであり、圧...続きを読む

Q法の支配の意味

憲法を学んで気になったのですが、法の支配は誰が唱えたのですか?調べるといろんな人物の名が上げられていてわからないのですが。また誰が唱えたかを踏まえて、法の支配の意味を教えてください。

Aベストアンサー

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の原型ができあがったという
見解では、ほぼ一致しているようです。

その見解と日本国憲法の条文を考えてみると、質問に対する回答としては、
やはり「法の支配」の原理を打ち立てたイギリスのアルバート・ヴェン・ダイシ-
だと思いますよ。

尚、その時に、ダイシーは法の支配の原理は1.政府の専断的権力の否定、
2.法の前の平等、3.憲法規範は通常法の結果 という3つの原則を唱えています。

つまり行政を規律するほ法と一般市民を規律する法との区別を否定して、
法的平等の概念に立って国民の権利と利益の救済を図ったと考えればよいでしょう。
                          

法の支配とは、強い立場の国が、その強い権力でもって独断的に国を支配することを排斥し、
国家権力を法律で拘束することによって、国民の権利と自由を守ることを目的とする原理
のことです。

これは英米法で長年にわたって培われてきた基本原理です。

その由来はというと、古代ギリシャの哲学思想(プラトンやアリストテレス)から
発展したローマ法・ヘレニズム法にであるという説もあれば、中世のゲルマン法である
という説もあって定説はありません。
しかし中世のイギリスにおいて、はじめて「法の支配」の...続きを読む

Q一価の弱酸HAの1.0mol/L水溶液(溶液A)に0.25mol/L水

一価の弱酸HAの1.0mol/L水溶液(溶液A)に0.25mol/L水酸化ナトリウム水溶液(溶液B)を加えた。
(1)溶液AのpHを求めよ。ただし、Ka=1.0×10^-5mol/L、α<<1とする。
(2)水溶液Aの10mlに溶液B16mlを加えて溶液Cとした。溶液Cの[H+]を求めよ。ただし、α<<1とする。
(3)溶液Cにさらに溶液Bを加えて中和点に達した溶液Dを得た。溶液D中では、生じた塩の加水分解により、A-+H2O→←HA+OH-の平衡が成り立っている。この反応の平衡定数Kh=[HA][OH-]/[A-]の値を求めよ。
(4)溶液Dにさらに溶液Bを加えてpH12の溶液Eをつくった。この時最初の溶液Aに加えた溶液Bの総量を求めよ。

です。答えと解き方(基本から分からないので、出来るだけ詳しくお願いします)を教えてください。

Aベストアンサー

高校化学でしょうか。




(1) [H^+]≒[A^-] と見做すと、1‐α≒1 と近似して構わない訳だから、1.0‐[H^+]≒1.0 と出来ます。

[H^+][A^-]/[HA]=Ka ‥(*)

[H^+]^2/(1.0‐[H^+])≒[H^+]^2=Ka

[H^+]≒√Ka

∴ pH≒-(1/2)・log(Ka)=2.5



(2) 各初濃度は、

[HA]=1.0・10/(10+16)=5/13
[NaOH]=[OH^-]=0.25・16/26=2/13


HA + OH^- → A^- + H2O

これも条件から、上の「中和反応直後」の各濃度を、

「平衡状態」の濃度と見做してよいと解釈出来ます。すると、

[HA]=(5‐2)/13=3/13
[A^-]=2/13

(*)から、(2/3)・[H^+]≒Ka

∴ [H^+]≒(3/2)・Ka=(3/2)・10^(-5)



(3) [H^+][OH^-]=Kw を (*) で割ると、

Kh=[OH^-][HA]/[A^-]=Kw/Ka



(4) どちらも1価だから中和迄に要する B は、

1.0・10=0.25・v より v=40 ml です。

また pH=12 では [OH^-]=0.01 であり、

この条件では A^- の加水分解により生じる [OH^-] は十分に無視出来ると考えられるので、

溶液の[OH^-]≒(NaOHから生じた[OH^-]) と見做せます。

すると、中和後に加えた B を v とすれば、

[OH^-]=0.01≒0.25・v/(10+40+v)

v=25/12 ml

従って加えたBの総量は、40+v=505/12 ml

高校化学でしょうか。




(1) [H^+]≒[A^-] と見做すと、1‐α≒1 と近似して構わない訳だから、1.0‐[H^+]≒1.0 と出来ます。

[H^+][A^-]/[HA]=Ka ‥(*)

[H^+]^2/(1.0‐[H^+])≒[H^+]^2=Ka

[H^+]≒√Ka

∴ pH≒-(1/2)・log(Ka)=2.5



(2) 各初濃度は、

[HA]=1.0・10/(10+16)=5/13
[NaOH]=[OH^-]=0.25・16/26=2/13


HA + OH^- → A^- + H2O

これも条件から、上の「中和反応直後」の各濃度を、

「平衡状態」の濃度と見做してよいと解釈出来ます。すると、

[HA]=(5‐2)/13=3/13...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報