出産前後の痔にはご注意!

理科の実験として、ミョウバンの再結晶を行おうと思っています。
しかし、そもそもミョウバンが溶けてくれません。

・大洋製薬さんの焼ミョウバン100gを使用
・水は水道水
・200mlの水に10gすら溶けない
・10分弱沸騰させても溶けない(鉄製鍋で)

問題になりそうなのは上ぐらいだと思いますが、焼ミョウバンや水道水だからと言ってこれほど溶けないのはおかしい気がします。
沸騰時間が短いとも思えなくて・・・・。

何か根本的にやり方が違うのかもしれませんが、ネットで検索しても溶かす事について解説はありませんでした。
原因を教えていただきたいです、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

単に、焼ミョウバンと水が馴染んでないだけでは?


水に入れてるうちに、水となじんで溶けていくんじゃないですか。

この回答への補足

馴染むとはどういうことなのでしょうか?
ちなみに、粉末なので水とはしっかり混ざっていましたが、白濁するだけで溶けることはなかったです。

単純に沸騰させて溶かそうとする時間が短かったということでしょうか?

補足日時:2012/12/12 01:56
    • good
    • 4

何故でしょうかね・・・。

100gを一度に入れたから??? 塊が溶けにくい・・・
このサイトにやり方があるのでもう一度挑戦してみたらいかがでしょう。
http://www9.plala.or.jp/teduri/myouban/index.htm

この回答への補足

回答ありがとうございます。
残念ながらそのサイトは確認済みです(笑)

あと、100gもミョウバンいれていないです。

補足日時:2012/12/11 06:13
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミョウバンの結晶作りについて

今、文化祭の展示物としてミョウバンの結晶を作っているのですが、どうもうまくいきません
ミョウバンの結晶が正八面体にならずに、平べったい六角形のような形になってしまうのです

今やっている方法は
(1)室温でのミョウバンの飽和溶液を作る
(2)それに溶液100mlあたり10g程度のミョウバンを入れ、バーナーで熱しながら完全に溶かす
(3)その溶液を500mlビーカーに50mlだけ入れる
(4)小さな結晶(一応八面体に見えるもの)をいくつか入れて、発泡スチロールの箱に入れて冷ます
というようにしています

結晶が一応できることはできるのですが、平べったい六角形のような形になってしまいます
綺麗な正八面体の結晶を作るにはどうすればよいのでしょうか?
それと、できればついでに結晶が六角形になってしまう理由も教えて下さい

Aベストアンサー

飽和溶液は今どばっとでているもののろ液です。
そのろ液をとり少し加熱して水をとばし過飽和にしてやりましょう。

種結晶は1mmもあればミシン糸などで結べるはず
です。一生懸命やらされました。
あとは結晶の形で売っているミョウバンを買うか。
会社によって結晶だったりパウダーだったり
違うそうです。まあこれは時間がないですかね。

いろいろインターネットでも乗っています。
本を調べる間も惜しいのであればサーチしてみては?
「結晶 ミョウバン 作り方」 でサーチ
http://www2r.biglobe.ne.jp/~comet-i/kon2/jik3-5.htm
http://www4.synapse.ne.jp/eiichi-h/myoubanr.htm
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4764/52/520609.htm

参考URL:http://isweb29.infoseek.co.jp/school/asaitou/kesshou/k-menu.html

Q生のミョウバンはどこで買えますか

理科の自由研究で生のミョウバンが必要なのですが、どこで買えますか?薬局では焼きミョウバンしか売ってくれませんでした。

Aベストアンサー

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対して水をコップ1杯入れ、鍋でコンロにかけ、透明になるまで良く溶かす。これを耐熱性の容器に入れ、1昼夜そのまま置くと結晶ができます。上の液は飽和溶液として使えます・」

この理由は次のようになります。
ミョウバン水から、再結晶させてミョウバンを取り出します。
よく乾燥させても、このミョウバンには、一定の割合で水が含まれていて、これが生ミョウバンでしょう。

含まれている水は、加熱(=焼く)しないと、抜けません。
加熱して完全に水を抜いたものが、焼きミョウバンでしょうね。

ちなみに、焼きミョウバンを水に溶かすと、熱が出てかなりあつくなります。気をつけてくださいね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=mozclient&ie=utf-8&oe=utf-8&q=%E7%94%9F%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%8

焼きミョウバンから作ることができると思い、検索してみました。(薬局で取り寄せてくれるみたいですし、卸問屋でも売ってくれるだろうし、試薬を扱うお店ではまずおいてあるだろうし、東急ハンズにもあるんじゃないかと思いますけど)

やはり思った通りで、参考URLに検索結果を示しましたが、例えば一番上のサイト(http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rika000.html)には、次のように書いてあります。

引用
「---焼きミョウバンから生ミョウバンを作る --- ・焼きミョウバン100gに対し...続きを読む

Qミョウバンの結晶作りについて

 小学校の実験で、ミョウバンの結晶作りをします。

 大きい結晶の方は良い方法を見つけられたので大丈夫なのですが、モールに小さい結晶をびっしりつけられる失敗のない方法を探しています。

 とあるHPに載っていたミョウバン120gを200mlの水に加えて加熱、60度を超えて溶解したところに成形したモールを一度浸して数分間取り出し(種結晶をつける作業でしょうか)、再度その液につけて放置すれば完成、という方法を参考にしたのですが、モール全体に付いてくれるときと、モールの一部分に出来た結晶に集中して大きな塊になってしまい、他の部分はモールそのまま…という結果になるときとがあり、結果がばらつきます。

 単元のまとめのお楽しみ要素を含んだ実験なので、失敗する児童がいないようにしたいと思っています。より成功率の高い方法をご存じの方、詳しいミョウバンの分量、手順を教えてください。

Aベストアンサー

モール素材が撥水性のものだとだめですよ。綿のモールが一番よいです。
タバコショップに行って、パイプ用のモールを買ってくれば、もち手もあって扱いやすいです。
 いったん液につけた後、軽く絞って乾かして種結晶をたくさん作る。
 濃厚溶液は、厳密に飽和ないし過飽和でないと、これを入れたとき、せっかく作った種結晶が、皆溶けてしまって、何もしないモールを入れたときと同じですよ。
 大菜種結晶から、大きな結晶をつくるのが楽なのは、多少飽和でなくても種結晶が溶け切ることがないからです。

Qミョウバンの結晶の作り方(再結晶)

こんにちは.
ちょっと良い方法をお聞きしたいのですが,
今,私は理科の非常勤講師をやっていまして,
今度,中学1年生の夏休みの宿題に
”ミョウバンの結晶作り”を出そうと思います.
そこで,久しぶりに文献&ホームページ等で調べ
事前に結晶を作ってみましたが,形が悪く,大きさもいまいちでした.
(我ながら恥ずかしいです…)
どうか,良い結晶作りを教えてください.
できれば,中学1年生ができる簡単な方法をお願いします.
(なぜ,上手くいかないのか理論的(室温,水温等の調節)には分かるのですが…)


(材料)ミョウバン50g お湯(ポット)200ml,割り箸,木綿の糸
(方法)1,ミョウバンをコップにいれ,お湯で全て溶かす.
    2,割り箸に木綿の糸をくっつけ,コップにたらす.
    3,しばらくして,糸についた結晶のうち,形の良いものを選び,
     種結晶とする.その他は指で潰す.
    4,そこにたまった結晶はスプーンなどで取り除く.
    5,常に,母液はきれいな常態にしておく.
    6,3~5を繰り返す.

一応,こんな感じで結晶作りをしています.

こんにちは.
ちょっと良い方法をお聞きしたいのですが,
今,私は理科の非常勤講師をやっていまして,
今度,中学1年生の夏休みの宿題に
”ミョウバンの結晶作り”を出そうと思います.
そこで,久しぶりに文献&ホームページ等で調べ
事前に結晶を作ってみましたが,形が悪く,大きさもいまいちでした.
(我ながら恥ずかしいです…)
どうか,良い結晶作りを教えてください.
できれば,中学1年生ができる簡単な方法をお願いします.
(なぜ,上手くいかないのか理論的(室温,水温等の調節)には分かるのですが…)


...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、

> 3,しばらくして,糸についた結晶のうち,形の良いものを選び,種結晶とする.その他は指で潰す.

これは、指でつぶしても、少しは残ってしまうので、そこから成長してしまう
のでしょう。

私がやった方法を。

先ず、「種」を取る為に、糸を垂らさずに再結晶させます。底に沈んでいる or
縁についているやつの中で形の良いのを選ぶ。

その「種」を、細い銅線 or テグスの先に瞬間接着剤で固定する。接着剤は
ちょっとだけ、ね。

で、過飽和状態の「母液」が入っている容器は、発泡スチロールをくり貫いて
その中に埋めてしまう。なるべく、ふたもつける。

後は、じっくり待つだけです。

種を取った後の再結晶化を何度も繰返すのであれば、成長途中の結晶には
なるべく触らないようにしましょう。


# なつかしい :-)

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q結晶の出来る仕組み

小学5年生の夏休みの自由研究で食塩の結晶を作りました。
そこで

1)結晶がなぜ出来たか?
2)結晶になる前の食塩と結晶になった食塩の違い

を教えたいのですが、ウソは教えられませんし(私の考えでは大変怪しい^^;)、小学5年生にもわかるような説明を教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

小学5年生に説明するつもりで書いてみますが、その前に、保護者の方向けに・・・食塩の水に対する溶解度の温度変化は小さいので、ミョウバンなどのように、溶解度の温度変化を利用した再結晶というのはあまり行われないようです。したがって、飽和食塩水から水を蒸発させて、結晶を取り出すという実験を想定して書いてみます。

1)食塩は水に溶けますが、いくらでも溶けるというわけではありません。食塩を出来るだけ多く溶かして作った飽和食塩水を、浅い皿などに入れ放置すると、次第に水が蒸発します。食塩は蒸発しません。したがって、蒸発によって水が減ってくると、その、減った水に溶けていた分の食塩が溶けきれなくなって、固体として出てきます。
最初は、食塩の非常に小さい粒ができてくるのですが、あとから固体になる食塩は、何もないところよりも、先にできている小さい結晶のまわりで固体になりやすい性質があります。
その結果、固体は、その物質に固有の形(結晶型)になりながら、しだいに大きくなっていきます。

2)結晶の大きさは、結晶の作り方によって変化します。ゆっくりと時間をかけて、結晶を成長させた場合には、大きい結晶を作ることができます。本来は、大きさにかかわらず、結晶の形は同じになるはずです。しかし、浅い皿などで食塩の結晶を作った場合には、平たい形の結晶ができやすいと思います。それは、食塩水の深さや容器の形、あるいは結晶が底に沈んでいて、下方向へは結晶が成長できないことが原因だと考えられます。
結晶を糸などで吊して結晶を成長させると、立方体に近いものができるかも知れませんが、食塩ではちょっと難しいと思います。

小学5年生に説明するつもりで書いてみますが、その前に、保護者の方向けに・・・食塩の水に対する溶解度の温度変化は小さいので、ミョウバンなどのように、溶解度の温度変化を利用した再結晶というのはあまり行われないようです。したがって、飽和食塩水から水を蒸発させて、結晶を取り出すという実験を想定して書いてみます。

1)食塩は水に溶けますが、いくらでも溶けるというわけではありません。食塩を出来るだけ多く溶かして作った飽和食塩水を、浅い皿などに入れ放置すると、次第に水が蒸発します。食塩...続きを読む

Qミョウバン原液は何日で腐りますか?

手作り化粧水を使っています。ミョウバン水も気に入っていて常備しているのですが、新しく薄めて使おうとしたら、その原液の方が何だか臭いような・・・。冷蔵庫に入れて1ヶ月くらい経ちます。どういう臭いが腐っているのか分からないので、捨てるか躊躇しています。

冷蔵庫に入れていても、原液は1ヶ月程で腐るものなんでしょうか?
もう捨てた方がいいですか?
教えて下さい。お願いします(_)。。

Aベストアンサー

ウイスキーやブランデーを飲んで、体を壊された事が
ありますか?
茶褐色の成分は、ウイスキーを貯蔵する時に使うオーク材
から出るポリフェノールです。
ご心配ならここをみてください。

 http://www.suntory.co.jp/whisky/museum/factory/index.html

緑茶化粧水は作り方を変えればいいと思います。
気になるのは、エタノールを感覚で投入したとこでしょうか。
アルコール分が35度になるようにすれば長持ちすると思います。

私がもし、緑茶化粧水を作るとすると、
密閉容器に御茶の葉を入れ、そこにアルコールを入れて
1週間程エキスを抽出します。
毎日容器を振って中身を撹拌する事が重要です。

次に、清潔なガーゼを漏斗に敷いて茶葉を濾過します。
あとは、水道水で薄めて、アルコール度が30度程にしてから
グリセリンや尿素を入れれば出来上がり。

この方法はお湯を使わないので、茶葉のビタミンC
を有効に取り出せるのです。
もちろんその他の成分もですよ。

薬草からのエキスを抽出する場合、
煮出す方法とアルコールで抽出する方法があります。
薬草によって方法が異なるのですが、
有効成分を壊さないということでは
アルコール抽出の方が勝っていると思います。

それにしてもmamonokamoさんは面白い方ですね。

ウイスキーやブランデーを飲んで、体を壊された事が
ありますか?
茶褐色の成分は、ウイスキーを貯蔵する時に使うオーク材
から出るポリフェノールです。
ご心配ならここをみてください。

 http://www.suntory.co.jp/whisky/museum/factory/index.html

緑茶化粧水は作り方を変えればいいと思います。
気になるのは、エタノールを感覚で投入したとこでしょうか。
アルコール分が35度になるようにすれば長持ちすると思います。

私がもし、緑茶化粧水を作るとすると、
密閉容器に御茶の葉を入れ、そ...続きを読む

Qみょうばん水+エタノールは危険ですか?

ペット用の消臭剤を自作できないかと考えています。
用途としては、犬のトイレ掃除や小屋掃除に使用しようと思ってます。
他の方の書き込みで、アンモニア臭にはみょうばんがよいというのを見て、みょうばん水がいいなと思ったのですが、それに消毒用エタノールを入れたら殺菌効果もあっていいんじゃないか?と思いました。
この組み合わせはおかしな化学反応を起こしてしまうでしょうか?
大丈夫な場合、何対何の割合で混ぜたら効果的でしょう?

以上、ご存知の方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。まぁ正直言うとこの手のデータシートは
かなり大げさに書いてあるんですけどね。

「全く問題ありません。無害です」なんて言っておいて
何かあったら困るので少しでも可能性のあるものは記載してあるんです。

簡単な手術とかでも、最悪の場合を想定した同意書を書かせたり、
メーカーが実際よりもかなり短めに賞味期限を表示したりする様なもんです。

食塩だって摂り過ぎたら寿命縮めるし。

Q結晶について。

こんにちは。私は、今自由研究で結晶についての実験をしているんです。
どれが一番結晶になりやすいのか、何に結晶がつきやすいのかなどです。
それで、一番大切な、「結晶とは?」というところで立ち止まってしまいました。
いろんなところで調べてみても、難しかったり、ちょっと外れていたりと、なかなか答えがみつかりません。
結晶について詳しい方、簡単にでもいいんで、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

mayuko215さんのご質問の内容は「結晶の作り方」でなく、「結晶とはなにか」ですよね。

結晶に限らず、世の中の物質はすべて原子・分子からできています。mayuko215さんが中学生以上でしたら原子や分子については既に学習されているかとも思いますが、もしまだ学ばれていないようでしたらとりあえず、「物質を構成している、目に見えないとても小さな粒」と理解しておいてください。

世の中の固体は原子や分子から成り立っているわけですが、原子や分子の並び方には大別して2種類があります。一つは原子や分子の位置が不規則なもの、もう一つは原子や分子が規則的*1に並んでいるものです。少し難しい言葉ですが前者を「アモルファス」「非晶質」などと呼びます*2。これに対し後者を「結晶」と呼ぶのです。(PAMdさんのご回答の通りです)

塩(塩化ナトリウム)の結晶を例に考えてみましょう。塩は塩素(Cl)とナトリウム(Na)からできています。
塩の結晶をどんどん細かくしていくと*3ついには図のように、塩素(Cl)とナトリウム(Na)が、頂点に交互に配置された立方体にいきつきます。
この立方体の1辺の長さはだいたい1cmの35000000分の1です。

  ○--●
 /  /|
●--○ |
|  | ○
|  |/
○--●

○Na
●Cl

塩の結晶はこの小さな立方体が、下の図のように何億の何億の何億倍個も積み重なってできています。ですから結晶は大きなかたまりになった時に規則正しい形を示すのです。

     |/ |/ |/
    -●--○--●-
   |/ |/ |/|
  -○--●--○-|/
 |/ |/ |/| ○-
-●--○--●-|/|
/| /| /| ●-|/
 |  |  |/| ●-
-○--●--○-|/
/| /| /| ○-
 |  |  |/
-●--○--●-
/  /  /

別の物質では、この一番小さな単位の形が異なることもあります。例えば縦、横、高さの長さが同じでなかったり、角度が直角でなくてゆがんでいたり、頂点に来る物質の並びが交互でなかったり、あるいは単位の形の内部にも原子があったり、といった具合です。結晶(かたまり)が立方体以外の形になることもあり得ます。

でもどんな結晶でも、必ず最小の基本的な構造があって、その積み重ねで大きな結晶(かたまり)ができ上がっているのです。(最小の基本的な構造をもたないものは結晶でなく、冒頭で述べた「アモルファス」に分類されます)
現時点では結晶のことは「原子や分子が規則正しく並んでできた物質」と理解しておけば十分です。

--------
*1 この場合の「規則的」を、専門的な言葉では「(空間的)並進対称性がある」といいます。もちろんその中身を無理に理解する必要はありません。
*2 「アモルファス」のもっとも身近な例としてはガラスが挙げられます。
*3 実際には塩の結晶をどんどん切り刻んでそこまで小さくすることは不可能です。ただし塩の結晶のもっとも小さな単位が図の立方体であることは、別の方法から確かめることができるのです。

mayuko215さんのご質問の内容は「結晶の作り方」でなく、「結晶とはなにか」ですよね。

結晶に限らず、世の中の物質はすべて原子・分子からできています。mayuko215さんが中学生以上でしたら原子や分子については既に学習されているかとも思いますが、もしまだ学ばれていないようでしたらとりあえず、「物質を構成している、目に見えないとても小さな粒」と理解しておいてください。

世の中の固体は原子や分子から成り立っているわけですが、原子や分子の並び方には大別して2種類があります。一つは原子や分...続きを読む

Q何で食塩だけ溶ける量が増えないのですか?

こんにちは。
アルバイトで小学生を教えています。
先日、「シュウ酸やミョウバンは温度を上げると溶ける量がぐっと増えるけど、食塩はあまり溶けないでグラフが横ばいになるよね」という話をしたのですが、そういえば何故食塩だけああいう性質を示すのでしょう?
周りの人に聞いても「分からない」「昔やったけど忘れた」という感じでわかりませんし、どういった本で調べればいいのかもぴんときません。大学の図書館で水和で調べればでてくるんじゃないか、という意見を聞いたのですが・・・色々な本があって途方にくれてしまいました。
もしこの理由が分かる方、理由を覚えていなくてもこんな本に載ってたような・・・という記憶がある方、いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

溶解するときに発熱する物質(ΔH<0)→温度が高いほど溶解度が小さい
溶解するときに吸熱する物質(ΔH>0)→温度が高いほど溶解度が大きい

というように単純にいかない理由について説明してあるページがありました。水酸化ナトリウムは水に溶かすと発熱するのに、なぜ温度が高いほど溶解度が大きいのか、という理由です。
http://members.aol.com/youchanx/lechatelier.files/naoh.htm

では、塩化ナトリウムの場合も同じようなことが起きるのか、ということで探してみると
http://www.phasediagram.dk/binary/sodium_chloride.htm
溶解度曲線としてみる場合は、横軸と縦軸をひっくり返してください。これによると、0.1℃以下では飽和水溶液が二水和物NaCl・2H2Oの結晶と平衡にあるが、0.1℃以上では無水物の結晶と平衡しているそうです。
NaCl・2H2Oは温度が上がると溶解度が増加しますが、NaClは温度が上がっても溶解度があまり変わりませんので、0.1℃で溶解度曲線が折れ曲がることになります。

そこで、0.1℃以上の場合は、結晶に水和水が無いため、「塩化ナトリウムの溶解熱は小さいので、温度によって溶解度があまり変わらない」という説明が正しいことになります。

他の例では、無水塩化アルミニウムは水に溶かすと激しく発熱しますが、飽和水溶液中で平衡にある結晶は六水和物なので、溶解度は温度によってあまり変わりません。「無水物→六水和物」の変化は大きな発熱だが、「六水和物→溶液」の溶解熱は小さいのでしょう。

硫酸ナトリウムは32.4℃以下で十水和物(温度が高いほど溶解度が大きい)、32.4℃以上で無水物(温度が高いほど溶解度が小さい)になり、32.4℃で溶解度曲線が折れ曲がります。

溶解するときに発熱する物質(ΔH<0)→温度が高いほど溶解度が小さい
溶解するときに吸熱する物質(ΔH>0)→温度が高いほど溶解度が大きい

というように単純にいかない理由について説明してあるページがありました。水酸化ナトリウムは水に溶かすと発熱するのに、なぜ温度が高いほど溶解度が大きいのか、という理由です。
http://members.aol.com/youchanx/lechatelier.files/naoh.htm

では、塩化ナトリウムの場合も同じようなことが起きるのか、ということで探してみると
http://www.phasediagram.dk/binary/s...続きを読む