【猫好き必見】ゆるゆる、ふにふに猫映画6選

前期売上計上漏れについての質問です。

当期売上計上分が前期の売上計上漏れの指摘をうけ仕訳作業をしているのですが、
当期計上時には
  売掛金 73500   売上高    70000
              仮受消費税 3500
としていたものを、修正申告時に売掛金は当期計上されており、売上は前期分となるので
当期分の売上高を消し込む為に
  売上高  70000  前期損益修正益 70000
としても大丈夫でしょうか?

仕訳と元帳を連動するにはどうしたらよいのでしょうか?
となたか詳しい方 ご回答をお願いいたします。



  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

どうやら会計ソフトではなく手書きの簿記を採用しておられるようですから、それを前提として回答を全面的に書き直します。


前期において売上計上漏れがあったのを発見して修正申告をするのですから、


1.先ず、当期において前期の売上を計上されましたが、この仕訳を取り消すために反対仕訳伝票を起します。仕訳の日付は修正申告の日付。

〔借方〕売 上 高70,000/〔貸方〕売掛金73,500
〔借方〕仮受消費税 3,500/

そして、これを総勘定元帳に転記します。


あるいは、前期の売上を計上したときの仕訳伝票

  売掛金 73500   売上高    70000
           仮受消費税 3500

を破棄してしまっても良い。その場合は、この仕訳を転記した総勘定元帳も削除する。


2.次に、改めて修正申告に伴う修正仕訳伝票を起します。仕訳の日付は修正申告の日付。

〔借方〕売掛金73,500/〔貸方〕前期損益修正益70,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 3,500

そして、これを総勘定元帳に転記します。

以上で、仕訳と元帳は連動しますね。


なお今期の確定申告では、別表4で所得の減算を行います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hinode11  様

ご回答ありがとうございました。
言葉足らずのところご推察して下さった上のご説明で、私のような初心者でも
やっと分かりました。
そうですよね。今では会計ソフトを導入されているのが普通なんですよね。
理屈が分からないのにいきなりやっても・・・と思い
とりあえず簿記というものを理解しようと手書きから始めたのですが
だんだん苦しくなってきました。

今回ご回答下さった全員の方をベストアンサーに選びたいのですが、1人しか
選べないので、元帳転記について書いて下さった hinode11様を
ベストアンサーにさせて頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/21 18:40

>単に計上漏れだった場合(過年度にも当期にも計上が無い場合)は



この場合はその売上げ漏れの相手勘定が何だったかが問題です。
売上がある場合は必ず相手勘定が発生します。
例えば
 売掛金  999/売上高   999
 現預金  999/売上高   999
などです。売上を修正するのは簡単ですが相手勘定も間違いがあるはずです。こうなると前期末BSも違っていたことになりますね。
それは調査が済んだとして、例えば売掛金に計上不足があるのならば

売掛金  999/前記損益修正益  999
という仕訳を起こします。
前期の決算は既に締め切り済みなのでもう修正は出来ません。
あくまで当期において前期のデータを修正するということをします。

なお、最初の答えで社内処理は不要と申し上げましたが、当期の売上と前記のそれを区別したいのであれば、

売上高  999/前記損益修正益  999
という仕訳で修正するのは任意です。
でも期末のPL上の利益は同じです。ただ経常利益と当期利益の関係が変わるだけです(前記損益修正益は特別利益ですから、経常利益には含みませんが、税引き前当期利益には入ります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yosifuji20様

最初からのご回答 ありがとうございました。

>期末のPL上の利益は同じです。ただ経常利益と当期利益の関係が変わるだけです
(前記損益修正益は特別利益ですから、経常利益には含みませんが、税引き前当期利益には入ります)

申告時 上記内容に注意して作成します。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/21 18:51

前期の売上計上漏れの指摘をうけて前記の仕訳の誤りが分かったのですから、




1.先ず、前期の売上を当期に計上しましたが、この仕訳を取り消します。仕訳の日付は修正申告の日付。

〔借方〕売 上 高70,000/〔貸方〕売掛金73,500
〔借方〕仮受消費税 3,500/


あるいは、


  売掛金 73500   売上高    70000
           仮受消費税 3500

この仕訳を削除してしまってもいいです。


2.次に、改めて修正申告に伴う修正仕訳を起します。仕訳の日付は修正申告の日付。

〔借方〕売掛金73,500/〔貸方〕前期損益修正益70,000
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 3,500


なお、今期の確定申告では、別表4で所得の減算を行います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hinode11様

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/21 19:12

これは申告と経理は分けて考えるべきです。


修正申告をしても非上場企業の場合は必ずしもも元の仕訳まで修正する必要はありません。
実務上はその売上も普通の正常な売上と全く同じ処理をして、前記に係る税金の修正申告上でだけ加算修正と言う処理をすれば良いのです。その加算分は当期に申告上で同じ金額が減算という処理がされ、結果的に当期末では税金と決算が同じ数字になります。
したがって経理的には何もする必要はないということです。(勿論修正申告にかかわる税金の計上は必要です)
これが一番簡単です。

上場企業では金額によっては決算の修正が必要ですが、この質問ではそういう例ではないですよね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。
では、売上漏れでも当期に計上しているので経理上は何もしなくてよいのですね。
今期決算申告時に別表4と5での処理だけになるのですね。分かりました。

もう一つ質問してもよろしいでしょうか?
先程のは当期に計上していた場合ですが、単に計上漏れだった場合(過年度にも当期にも計上が無い場合)は
どうなるのでしょうか?
これはやはり
  売掛金 *****/前期損益修正益 *****
               仮受消費税   *****
の仕訳と元帳への転記は必要ですよね。
修正申告は初めてなので何が正しい処理方法なのか迷っています。
どうか、ご回答をお願い致します。

補足日時:2012/12/21 13:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上計上漏れ。帳簿はどうするべきですか?

2月決算の会社です。
前期2月に100万円の売上げがあったのですが、代金が振込まれるのが翌月(当期3月)ということでうっかり2月に仕訳を入れるのを忘れてしまいました。(本来であれば2月に売掛金で計上しなければなりませんが、3月に計上してしまいました。)
結局、売上が漏れたまま決算申告をしてしまいました。

その後9月に税務調査が入り、この売上100万円の計上漏れを指摘されました。修正申告をし、納税もすませました。

そこで質問です。

修正申告&納税をした時点で下記の仕訳を計上しました。

売掛金 1,000,000 前期損益修正益 1,000,000
法人税 400,000 普通預金 400,000
消費税  50,000 普通預金 50,000
(※上記税額は仮の額です)

質問1) 上記の仕訳で合っていますか?

質問2) 当期3月に売掛金100万円が振り込まれました。ただ帳簿上では前期に売掛金計上していないため、どのように計上するべきかわかりません。漏れに気づくまでは3月にそのまま売上高で計上していたのですが、このままだと当期の売上高に前期の売上高100万円が含まれてしまいます。かといって3月に売上高計上をしないと通帳残高と帳簿の残高が合わないですし。。

とはいえ、漏れ分売上高100万円は9月に前期損益修正益として計上しているので、3月に売上高で計上する必要はないんだと思うのですが、9月までは通帳残高と帳簿の残高が一致しないので、これでいいのかが不安です。

ふつう、どのように仕訳をするものなのでしょうか?

わたしが今考えているのは、、
前期計上漏れ100万円は当期9月に修正益で計上しているので帳簿はこれでOK。決算申告時はこの収益益は売上高から除外する(納税済なので)。通帳残高と帳簿の残高は9月の修正益を計上するまでは100万円分一致しないが、そのままで良い。

というのではダメでしょうか?

2月決算の会社です。
前期2月に100万円の売上げがあったのですが、代金が振込まれるのが翌月(当期3月)ということでうっかり2月に仕訳を入れるのを忘れてしまいました。(本来であれば2月に売掛金で計上しなければなりませんが、3月に計上してしまいました。)
結局、売上が漏れたまま決算申告をしてしまいました。

その後9月に税務調査が入り、この売上100万円の計上漏れを指摘されました。修正申告をし、納税もすませました。

そこで質問です。

修正申告&納税をした時点で下記の仕訳...続きを読む

Aベストアンサー

>質問1) 

修正申告と納税が同じ日であっても、

〔借方〕売掛金1,050,000/〔貸方〕前期損益修正益1,000,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕未払消費税50,000
〔借方〕法人税等400,000/〔貸方〕未払法人税等400,000

〔借方〕未払法人税等400,000/〔貸方〕普通預金400,000
〔借方〕未払消費税50,000/〔貸方〕普通預金50,000

と、二段階に仕訳するのが分かり易いです。

>ふつう、どのように仕訳をするものなのでしょうか?

3月の入金日に、
〔借方〕普通預金1,050,000/〔貸方〕売掛金1,050,000

この段階で売掛金の残高が正常値よりも1,050,000円少ないがこれでOK。修正申告の日に正常値に戻ります。

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。

Q法人税の修正申告をした次年度の申告書の書き方

7月決算の小さな有限会社です。税理士は、頼んでいません。
前期の売上に役100万円の記入もれがあり、3月に修正申告をして法人税等役20万円をおさめました。
今期に売掛金/売上金として100万円を計上し、追徴した法人税等20万円を租税公課/現金として計上しました。
もうすぐ、今期の法人税の申告をしなければなりませんが、この100万円と20万円をどこに記入すればいいか、さっぱりわかりません。
申告書のどこにあげればいいのでしょうか。毎年、なんとか申告をしてきましたが、このような事例は、初めてで、困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前期の修正申告書は正しく書けていますか?正しく書ける知識があれば当期の確定申告書も書けると思うのですが・・・
書けているとして、
当期の確定申告書において、

別表4の減算留保欄に前期売上漏れ100万を記入
別表5-1の当期減欄に前期の修正申告で計上されている売掛金100万を記入(翌期繰越額はゼロに)
別表4の加算留保「損金経理をした法人税」欄に納付した法人税額を記入
別表5-1の「未納法人税」の当期減欄に納付した法人税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表4の加算留保「損金経理をした道府県民税及び市町村民税」欄に納付した県民税および市民税を記入
別表5-1の「未納道府県民税」の当期減欄に納付した県民税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表5-1の「未納市町村民税」の当期減欄に納付した市民税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表5-2に法人税、県民税、市民税、事業税の納付状況を記入(詳細は省略させていただきます)

といったようなところです。

税務署で見てもらうか、お近くの税理士会の無料相談所で見てもらうかするとよいと思います。

前期の修正申告書は正しく書けていますか?正しく書ける知識があれば当期の確定申告書も書けると思うのですが・・・
書けているとして、
当期の確定申告書において、

別表4の減算留保欄に前期売上漏れ100万を記入
別表5-1の当期減欄に前期の修正申告で計上されている売掛金100万を記入(翌期繰越額はゼロに)
別表4の加算留保「損金経理をした法人税」欄に納付した法人税額を記入
別表5-1の「未納法人税」の当期減欄に納付した法人税額を記入(当初申告分との合計額を記入)
別表4の加算留保「損...続きを読む

Q期をまたがった売掛金を取り消したい時

前年度から繰り越していた売掛金が、
実際はなかったものだと気付きました。
今年度のものならばその分の仕訳を削除すれば
いいのですが、
前年度のものなのでいじれません。
これを取り消すためには、
どのように記帳すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、商業高校の教師をしております。
 前期分は、締め切っておりますので、触れません。
 帳簿には、期首に前期繰越×××(借方)
が記載されていると思います。
 前期に仕訳したもの
 売掛金/売上

 今回は、売上/売掛金
に反対仕訳をして打ち消す方法をしたらどうですか。

Q前期経費の計上し忘れの場合の仕訳方法

当社は3月決算の会社です。
3月にクレジットカードで購入した経費があるのですが、本来は購入時に未払金で計上し、翌月に口座から振替で支払います。
(3月未払金で計上→決算→翌期4月に口座振替)

ところが、3月購入時に計上が漏れてしまいました。
そのまま決算を迎え、翌期4月に口座から引き落とされたのですが、
3月に未払金計上していないので4月ではどのように仕訳をするべきなのでしょうか?


方法としては、、

1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当期4月はその未払金を相殺する仕訳をする。

2)当期4月に口座引落があった時、ふつうに
   経費 XXXXXXXXXX 普通預金 XXXXXXXXXX

3)当期4月に口座引落があっても、当期の経費ではないのでなにも
計上しない→預金額が通帳と合わなくなる?



というように仕訳をする。
ただし、この経費は前期の分なので当期の決算時に経費に含めない。

などといった方法が考えられますが、、
どのような方法がいいのでしょうか?

宜しくお願いします

当社は3月決算の会社です。
3月にクレジットカードで購入した経費があるのですが、本来は購入時に未払金で計上し、翌月に口座から振替で支払います。
(3月未払金で計上→決算→翌期4月に口座振替)

ところが、3月購入時に計上が漏れてしまいました。
そのまま決算を迎え、翌期4月に口座から引き落とされたのですが、
3月に未払金計上していないので4月ではどのように仕訳をするべきなのでしょうか?


方法としては、、

1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当...続きを読む

Aベストアンサー

前期の経費計上もれの場合
<1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当期4月はその未払金を相殺する仕訳をする。

経費の計上する場合は、修正申告ではなく「更正の請求」になります。
修正申告とは、税金を追加して支払う場合をいいます。経費を計上すると利益が減少するので、還付を受けなくてはならなくなります。(前期赤字なら税金は戻りませんが、いずれにせよ「更正の請求」に該当)
更正の請求をすると高い確率で「税務調査が入ります」のであまりお勧めしません。

私なら、前期損益修正損/未払金 ○○○○円で日付は、4/1から引落しの前日までの日付で仕訳します。この科目で処理するメリットは、損益計算書の「特別損失」に表示するので、当期の営業利益に影響しない点です。
ただ、そういった計上もれを表にだしたくない時は、ご質問にある(2)の方法で経費処理する方がよいでしょう。
売上のもれではなく経費のもれなので、あまり心配しなくてもいいでしょう。参考になれば幸いです。

Q過年度売上計上漏れの進行期処理について

進行期売上していた分が過年度の売上計上漏れとなり修正申告をしました。

修正時に
売掛金 ****/過年度収益修正益 *****
          仮受消費税      *****
この仕訳をする事で過年度の売掛金を益した事になりますよね。
そこで教えて頂きたいのですが、

(1)進行期に計上していた分を逆仕訳でゼロにしてしまっても良いのでしょうか?
そうすると当期申告上、別表4で修正損をあげなくてもよいと思います。

(2)進行期には含んだままで、損益を確定させる前に重複している分を
仕訳けて除外するのでしょうか?

(3)進行期には含んだままで損益を確定させ、申告時に重複している分を
修正損で別表4などに反映させるのでしょうか?

私としては(1)の処理が一番簡単なのですが、ネット等で色々調べると
(3)の方法が圧倒的に多いので、やはり間違っている様にも思います。

(1)の方法では駄目なのでしょうか?
また、正しい処理はどのような方法でしょうか?

詳しい方、ご回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>(1)進行期に計上していた分を逆仕訳でゼロにしてしまっても良いのでしょうか?

間違っています。逆仕訳を起こすのは、企業会計原則の「総額表示の原則」に反します。

>(2)進行期には含んだままで、損益を確定させる前に重複している分を
仕訳けて除外するのでしょうか?

やはり「総額表示の原則」に反します。

(3)が正解です。

決算では、損益計算書に「過年度損益修正益」を表示させ、申告で、別表4で所得の減算を行います。

Q過去の売掛金の記載ミスを修正するには

個人事業で毎年青色申告を行っている者です。前期と前々期の売掛金の記載内容にミスがあり困っております。

まず、前々期に売掛金10,000円の回収を行った際に、銀行口座に10,500円が振り込まれていました。この500円は売掛金とは別の報酬として合算されて振り込まれていたのですが、それに気づかず「普通預金10,500/売掛金10,500」と処理をしてしまいました。そのため売掛金の残高が500円分少なくなっています。また、前期も同様に2,000円多く振り込まれていたことがあり、売掛金の残高が合計で2,500円少ない状態です。

過去2年間で2,500円分の売上を申告していないことにもなると思うので、修正申告しようと思い調べてみたのですが、少額であれば修正申告ではなく、当期の売上として計上すればよいという意見がありました。

そこで質問なのですが、対処法としては2014年度分の確定申告を行う際に年末調整で修正を行い、この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?どうしたらよいのかわからず困っております。ご回答いただけると助かります。

個人事業で毎年青色申告を行っている者です。前期と前々期の売掛金の記載内容にミスがあり困っております。

まず、前々期に売掛金10,000円の回収を行った際に、銀行口座に10,500円が振り込まれていました。この500円は売掛金とは別の報酬として合算されて振り込まれていたのですが、それに気づかず「普通預金10,500/売掛金10,500」と処理をしてしまいました。そのため売掛金の残高が500円分少なくなっています。また、前期も同様に2,000円多く振り込まれていたことがあり、売掛金の残高が合計で2,500円少ない状...続きを読む

Aベストアンサー

計上漏れになった所得については、税法に厳密に従うならば、平成24年の25年について、それぞれ修正申告を行って所得税を追加納付することになりますが、計上漏れの額が小さいですから、平成26年の所得に含めて確定申告すればOKです。

その際の仕訳ですが、

>・・この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?

違います。売掛金元帳の残高が実際よりも少ないのですから、

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 500/〔貸方〕雑収入 500
【摘要欄】平成24年分売上計上漏れ

平成26年1月1日または平成26年12月31日の日付で、
〔借方〕売掛金 2,000/〔貸方〕雑収入 2,000
【摘要欄】平成25年分売上計上漏れ

と仕訳して下さい。

《注》金額が多ければ前期損益修正益としますが、少ないですから雑収入で充分です。

計上漏れになった所得については、税法に厳密に従うならば、平成24年の25年について、それぞれ修正申告を行って所得税を追加納付することになりますが、計上漏れの額が小さいですから、平成26年の所得に含めて確定申告すればOKです。

その際の仕訳ですが、

>・・この分の売上を計上するという方法でも問題ないのでしょうか?その際は「売掛金500/普通預金500」と逆仕訳をした後で「普通預金500/売上高500」と行えばよいという認識でいるのですが、果たしてこれでよいのでしょうか?

違います。売掛金...続きを読む

Q前期損益修正益の消費税について

ご回答宜しくお願い致します。
早速ですが、前期に計上した経費が重複していたことに申告後、気が付いたので今期に前期損益修正益を使って処理しました。
が、このとき消費税はどうしたらよいのでしょうか?

 前期計上時 業務委託費 1,000,000 / 未払金 1,050,000
        仮払消費税  50,000

 今期修正  未払金 1,050,000 / 前期損益修正益 1,000,000
                      (       )  50,000

現在取り合えず、全額、前期損益修正益になっております。
以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税抜経理の法人を前提として回答。
今期修正仕訳
未払金 1,050,000 / 前期損益修正益 1,050,000

前期消費税申告を修正申告し、追加納付額を確定。(100円未満で仮消費税と差が生じる場合あり)
以下追加納付消費税50,000円として記載。

前期法人税申告を修正申告。
別表4加算で過大業務委託費 1,050,000(留保)
別表4減算で未払消費税  50,000(留保)
別表5当期の増で未払金 1,050,000 
別表5当期の増で未払金 △50,000

当期の申告で上記の逆仕訳を行い、留保(5表残を消す)
これが正当な処理です。
 

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q消費税修正申告した翌年度の申告書の書き方について

9月決算の小さな有限会社です。税理士は、頼んでいません。(前の質問の時決算月を誤って7月と記入していました)

前期の売上に約100万円の記入もれがあり、3月に修正申告をして法人税等約20万円をおさめました。その際消費税も修正申告をして、約5万円納めました。法人税の書き方は、以前質問をして、回答いただき、申告書を準備しています。

今度は、消費税の申告書を作成する準備をしていてわからないことが出てきてしまい、再度お尋ねします。
消費税の申告書ですでに支払った5万円の消費税(または、売上100万円)は、どこに記入して行けば良いのでしょうか。
付表2の売上額欄に始めから、今年の売上-100万円として記入していいのでしょうか。
ご教示をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO1です。質問文を全く読み違いしておりました。
1の回答を全面的に取り消します。
お聞きになってるのは、修正申告によって納付した消費税の処理ですね。
法人税の修正時に、修正申告分の消費税を損金にする処理をされてたら、未払い消費税の支払いで処理します。
法人税の修正時に、修正申告分の消費税を「無視」して処理されてたら、進行期において租税公課として処理し、そのうち延滞税と過少申告加算税は別表4にて損金不算入処理します。

修正申告書を提出した後の仕訳はケースバイケースです。税務署に聞けば教えてくれます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報