【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

儚げでとても美しい女性が出てくる小説を探しています
悲しくて暗い感じの話が良いのですが、とくに恋愛ものでなくてもかまいません
何かおすすめの小説があれば教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

桜庭一樹の「少女七竈と七人の可愛そうな大人」がいいと思います。



お探しの条件にぴったりだと思いますよ。


こちらは漫画ですが「観用少女 プランツドール」もお勧めです。

持ち主の愛が十分でないと枯れてしまう人形のお話なので儚さは十分です。
短編集なので幸せな話や、切ない話、不思議な話といろいろ楽しめます。
    • good
    • 0

小説に出てくるヒロインは、例外なく美人です。

ブスのヒロインはいません。
夏目漱石の「三四郎」に出てくるヒロイン、美耶子などいかがですか。儚げで美しいが、棘がある。ナイーブな三四郎青年をちくちくいたぶる。いかにもヒロインらしい。可哀想に三四郎はきりきり舞い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに小説に出てくる女性は綺麗な人が多いですね
三四郎読んでみようと思います
回答ありがとうございました

お礼日時:2013/02/14 22:00

司馬遼太郎 『項羽と劉邦』


項羽に愛された虞美人が,何とも可愛くその短い人生が可憐。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいい男・いい女が出てくる小説

「いい男・いい女」の定義は人それぞれだと思いますが、
魅力的(頭が切れる、カッコイイ、美人、セクシー等)な登場人物が出てくる小説を教えてください。

最近、なよ系の男性が主人公の小説を続けて読む機会があり、
どうも話にのめり込めない(途中でイライラしてくるんで(^^;)

男気溢れる、美女、または影のあるような人物が登場する小説が
ありましたら教えてください。

ちなみに過去にのめり込んで読んだ小説は、
高村薫さんの本です。
あとは白川道さんの本も一気に読みました。

ジャンルはミステリー・サスペンスが好きですが、
特に何でもOKです。

オススメがありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は伊坂幸太郎の「陽気なギャングが地球を回す」をオススメします。
四人の一般人がそれぞれ何かに秀でていて、銀行強盗をしたり色々しているというお話です。
この四人が格好いいですよ^^
容姿について美しいとでかでか書かれていたりはしないんですけど、頭が切れたりという点で。

良かったら見てみて下さい。
映画になったり、続き物ではないですが本の2も出ています。

Q妖艶で魅力的な女性が描かれている文学小説

こんにちは。
以前 趣味>読書 のカテで同様な質問をしたのですがあまり参考になる御解答を頂けなかったので(文学という条件に沿っていませんでした)、こちらのカテで質問しようと思い立ったものでございます。

(以下、質問)
登場人物としての女性を豊かな語彙、表現力で以って妖艶に、魅力的に(いやらしく、でも良いですね。)描いてある文学小説をお教え下さい。
妖艶と申しましても、外見的な、肉体的な物でもよし、精神など内面的なものでもよし、著者が狙ったもの、もしくは偶発的に表現してしまったもの(少し表現がおかしいですが…)でもよし、です。

外国の本でもよいのですが、できれば日本の本がいいですね。
新旧も問わず、です。


このような本、お教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>登場人物としての女性を豊かな語彙、表現力で以って妖艶に、魅力的に(いやらしく、でも良いですね。)描いてある文学小説をお教え下さい。

◆比較的古い名作
○泉鏡花「眉かくしの霊」:語彙・表現力・妖艶・魅力の諸条件を高い次元でクリアしています。やや筋運びには難がありますが、それも鏡花のシュールな魅力です。とにかく、一押しの古典的名作。
○泉鏡花「高野聖」:言わずとしれた名作で、妖艶な女主人公の誘惑に堪えられなかった男たちは次々と彼女の魔力によって異類に変えられてしまうという怖いお話。男はバカだから、たとえ畜生の身に変わり果てようとも彼女の犠牲にされたがるものです。
○夏目漱石「草枕」:那美という美しい出戻りの女性と彼女の妖しい魅力に翻弄される画家とのやり取りを描いた作品。漱石先生、意外にも目鼻立ちの整った、聡明で妖艶、かつ男をタジタジとさせる女性がお好みだったみたい。他には「三四郎」の美禰子も妖艶で男誑しの魅力を備えています。

◆比較的新しい名作
○谷崎潤一郎「痴人の愛」:ナオミという少女が男の教育によって、徐々に魔性の女へと成長していくのですが、女性に潜在するS女的ないやらしさ、怖さがややコミカルに描かれているところが面白い。
○三島由紀夫「春の雪」:高貴な年上の女性とプライドが高いが優柔不断な年下の青年との禁断の恋物語。女主人公は優雅さと淫蕩さとを高いレベルで兼備している。

◆外国の名作
○アベ・プレボー「マノン・レスコー」:美少女のマノンはやはり魔性の魅力を湛え、彼女に魅了された男たちはつぎつぎと堕落と破滅に導かれていかざるをえない。
○ケッセル「昼顔」:パリの高級アパルトマンで暮らす平凡な人妻セヴリーヌはふとしたことで、夫には内緒で昼間だけ娼婦となり、下卑た男たちによって夫には望みえない快楽の虜になっていく。

いずれも名作ばかりですので、質問者さんをガッカリさせることはないはずです。

>登場人物としての女性を豊かな語彙、表現力で以って妖艶に、魅力的に(いやらしく、でも良いですね。)描いてある文学小説をお教え下さい。

◆比較的古い名作
○泉鏡花「眉かくしの霊」:語彙・表現力・妖艶・魅力の諸条件を高い次元でクリアしています。やや筋運びには難がありますが、それも鏡花のシュールな魅力です。とにかく、一押しの古典的名作。
○泉鏡花「高野聖」:言わずとしれた名作で、妖艶な女主人公の誘惑に堪えられなかった男たちは次々と彼女の魔力によって異類に変えられてしまうという怖いお...続きを読む

Q「妖精みたい」というのは褒め言葉なのでしょうか?

こんばんは。4月から社会人になりました23歳の者です。

ほとんど話したことのなかった職場の先輩(20代半ばの既婚男性)に、
「ふわふわしてるよね。妖精みたい。フェアリーって感じ」
「ちっちゃくてちょこちょこしてる」
「天然な雰囲気だよね」
といきなり言われたのですが・・・。おまけに、童顔で高校生に見えるとまで・・・。


これは、“浮いている”という意味なのでしょうか?
まだ仕事を覚えきれていない上に、振る舞いも社会人らしい大人のものには到底及びません。
その上『早く仕事を覚えなきゃ!』という想いが空回りして、いつもドタバタふわふわしています。
自分でも反省しているのですがなかなか直らず、私って浮いてるのかなぁという不安があります。


老若男女問わず「面白い」「からかいがいがある」と言われてしまうので、からかっているだけなのかもしれませんが、ネガティブ思考の私はついつい後ろ向きに考えてしまいます。
ですが、先輩は自然に仲良くしようとして下さいますし、褒め言葉として受け取ってもよいのでしょうか?私が勝手に後ろ向きに考えているだけでしょうか。


また、「妖精みたい・フェアリーみたい」というのはどんな女の子・女性に使う言葉なのでしょうか。
イメージで良いのでお答えいただけたら助かります。

くだらない質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

こんばんは。4月から社会人になりました23歳の者です。

ほとんど話したことのなかった職場の先輩(20代半ばの既婚男性)に、
「ふわふわしてるよね。妖精みたい。フェアリーって感じ」
「ちっちゃくてちょこちょこしてる」
「天然な雰囲気だよね」
といきなり言われたのですが・・・。おまけに、童顔で高校生に見えるとまで・・・。


これは、“浮いている”という意味なのでしょうか?
まだ仕事を覚えきれていない上に、振る舞いも社会人らしい大人のものには到底及びません。
その上『早く仕事を覚えなきゃ!』...続きを読む

Aベストアンサー

若くて可愛い、初々しいって意味ですよ。
見ていて和む癒しの存在なのでしょう。
社会人として頼りがいがある!という意味の褒め言葉ではないですが、新社会人ですからそれでいいんです。
まずは周りに気に入られることが大切。
可愛がってもらえる存在なのですから、分からないことは何でも聞いて、仕事も頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング