親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

なんとな~く謙譲語だと思っていました。

「出版する」ということを「人々に私の本を読んでいただく」のように捕らえ、
その気持ちを表すために「上梓」と言うのだと・・・

しかしふと気づけば、第三者の出版行為にも使われるのですよね。
それで謙譲語だとおかしいですよね。

辞書で調べてみたら、やはり謙譲の意味はありません。

教えて系のサイト(ヤフー知恵袋だったかな?)で
「上」という文字が謙譲を連想させ、そのように使われるようになったのでは、
のようなことが書かれていました。

では逆にお伺いしたいのですが、上梓の「上」はなんの意味なんでしょう?
「梓」の説明は辞書にもありますが、なぜ「上」がその上についたのか。
その説明は、検索では見つかりませんでした。

また、結局「上梓」という言葉は、シチュエーションは限定しないのでしょうか?
「出版」という言葉は、すべて上梓に置き換え可能でしょうか?
「上」という字が使われているため上品なイメージがついた、との説明もありましたが、
本来の意味としては、どのような文章でも「出版」の意味であれば
使っていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

上梓は、書き下し文にすると「梓ニ上(のぼ)ス」です。


上す(または「上せる」)には、書き記すという意味があります。
(上木という言葉もあります。)
大辞林の「のぼせる」にはそのまま、「[3] (「梓(し)にのぼせる」の形で)
印刷して出版する。」とでていました。

原義からみれば、シチュエーションや文章の内容(?)には関わらないので、
使ってよいと思います。
文章語の堅い感じはあるので、あまりにもくだらないものに使うとギャップが
あるかもしれませんが。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&stype=1 …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>上す(または「上せる」)には、書き記すという意味があります。

>大辞林の「のぼせる」にはそのまま、「[3] (「梓(し)にのぼせる」の形で)
印刷して出版する。」とでていました。

そうですか・・・なんかしっくりきます。
はるか昔は、執筆・出版すること自体に恭しいイメージがあったのではないでしょうか。
だって識字率だって数パーセントの時代があったわけですし。
じゃなきゃ、やっぱ「上」の字は使わないと思うのですよ。

とにかくあまりくだらないものには使わない方向でいきます。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/10 09:06

1.謙譲語ではありません。


2.「上」という文字が謙譲を連想させ。
  「上」という字が使われているため上品なイメージがついた、
       などは情緒的解釈で根拠不明。
           そのように考えた人も居るということ?
3.上梓の「上」はNo1,2両氏の解説にあり。
  但し、上場の場合は市場に出す、市場に上げる。
            木片に載せるの用法とは異なります。
       “上”のおおもとの字義に戻れば同じことですが。
4.「出版」という言葉は、すべて上梓に置き換え可能ではない。
           質問者氏の出版に対する概念が不明です。
  出版は上梓の意味を含むが更に幅が広い。
    発刊・発行・刊行・上梓 など全般的かつ曖昧-後述。

*個人的理解:
・複製物も出版の対照ですが上梓とは言わないでしょうネ。
・出版は社会に直結するが、上梓は控えめな?
・文語の範疇ゆえに、
   著作物の性格や内容、文体に馴染まない場合がありそう。
・以上のことを無視して/弁えずに使っても意味は通じる。

語原です。
上梓:文字を木版に刻して印刷(転写)すること。付梓とも。《辞海》。
     ・・・著作物を印刷冊子にすること。
          此の範囲では出版の範疇。

出版:19世紀末日本で生まれた語。現在は中国語でも常用。
   意味は日本語と同じ(と理解される)。
   CDやネットなど電子媒体も含む。
      中国語辞書には日本からの外来語として記載。《漢語詞典》。

念のため出来る範囲で確認したところ、
 上梓 は中国周代の古文献(冬官考工)に登場しますが、
 出版 は清朝文献まで登場しません。末期に日本から流入したもの。

参考:類語は他にもありますが、
確認の手間を省くならば、例えばこんな風に整理している方も。
 http://royamawiki.tumblr.com/post/25560592308
 「出版」=印刷物を冊子にして広めること。新聞には使用しない。
 「発行」=本に限らず、有価値なものを印刷し、交付すること。
            お札の発行、切手の発行。新聞の発行。
 「発刊」=継続して出版されるものを出すこと。雑誌を発刊する。
 「刊行」=本にして広めること。
 「上梓」=本にして出すことの、古臭くはあるが、教養のある言い方。
                 「私は先月、小説集を上梓した」。
 *ご自分で辞書に当たってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!

>情緒的解釈で根拠不明。

いや、根拠とかじゃなくて(笑)その回答者は「ではないか?」と自分の推測を書いてくれているわけです。単なる個人の感想です。
それは私の文章を読めば分かりますよね?

>4.「出版」という言葉は、すべて上梓に置き換え可能ではない。

そうなんですね。ありがとうございます。
でもどうして置き換え不可なのか、そしてどういう場合が不可なのかが知りたいのですが、
>以上のことを無視して/弁えずに使っても意味は通じる。
となると「え?じゃあ置き換え可能でしょ?」となってしまいます。

> *ご自分で辞書に当たってください。

あたりました(笑)あたった上でニュアンスの問題なのか、一般的な感覚なのか、社会的ルールなのか、とにかく使い分けされている理由、そのポイントを知りたかったのです。

なんとなく、全体ずれている回答のような気がします。
ただ、雑学としてはとても楽しかったです。
いろいろ調べてくださり助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/03/10 09:00

> 上梓の「上」はなんの意味なんでしょう?


⇒“昔は「梓(あずさ)」の版木に刻んで図書を印刷したからという”
と国語辞典(岩波)に説明されています。つまり、この場合の「上」は
「梓の上にのせる」ということではないでしょうか。
「株などを上場する」などと言うときの、「上」と同じような使い方では
ないかと思います。

> 本来の意味としては、どのような文章でも「出版」の意味であれば
使っていいのでしょうか?
⇒おそらくほとんどの場合可能と思いますが、ただ「上梓」には古語
的という感じがあるかも知れませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!!

> 「梓の上にのせる」ということではないでしょうか。
> 「株などを上場する」などと言うときの、「上」と同じような使い方では
ないかと思います。

そうなんですね。
読んでいただく的な謙譲の意味はやはりそもそもないということでしょうか。

> ただ「上梓」には古語的という感じがあるかも知れませんね。

そうなんですよね。
だから現代人にはなんとなく、上品というか丁寧、改まった感じに聞こえるのでしょうか。

お礼日時:2013/03/10 09:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q著作本を贈られたときのお祝いの文例

取引先の方が書籍(専門書)を出版され、その著作本が会社に贈られてきました。御礼とともに、お祝いの言葉を記すのではないかと思いますが、どのように書いたらよいのか、見当がつきません。何か良い文例などがあれば、教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

こんにちは。その本が会社宛に送られてきたとなると、業務関係の御本で宜しいのでしょうか?
手紙ですと以下のような感じでよろしいかと…。

――――――――――――
○○様


拝啓 春光うららかな今日この頃、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

この度の■■(タイトルやジャンル的な呼び名)ご出版、誠におめでとうございます。
当社へとお送り頂きました御本、拝読させて頂きました。
非常に興味深い内容とその文面の面白さにつられてとうとう読み上げてしまいました。
このような素晴らしい書物に触れる機会を与えてくださったこと、大変感謝いたしております。

以前より○○様には並々ならぬ知識とご教養の深さを会話の端々からも窺い知ることがあり、その素晴らしいお力がこうして一冊の形となったことに敬意を表すると共に改めましてお喜び申し上げます。

まだまだ未熟な私ではありますが、この書物に書かれた内容を常に心に留め日々読み返し、己を高めるための手引きとして愛読させて頂きたいと存じます。

どうぞ、今後も一層ご精励下さいまして、さらに至高の目標を目指されますようお祈りいたします。ますます御健康でご活躍のほど、陰ながらお祈りいたします。

まずは上、書中をもって出版のお祝いを申上げます。


敬具

――――――――――――

以上、サイト様の文章を参考に作成してみました。
少しでもご参考になれば幸いです。参考URLも是非ご覧になってくださいね。

参考URL:http://web.teglet.co.jp/naoko2/

こんにちは。その本が会社宛に送られてきたとなると、業務関係の御本で宜しいのでしょうか?
手紙ですと以下のような感じでよろしいかと…。

――――――――――――
○○様


拝啓 春光うららかな今日この頃、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

この度の■■(タイトルやジャンル的な呼び名)ご出版、誠におめでとうございます。
当社へとお送り頂きました御本、拝読させて頂きました。
非常に興味深い内容とその文面の面白さにつられてとうとう読み上げてしまいました。
このような素晴らしい書物に触...続きを読む

Q「著書」の敬語

「○○先生の著書」というときに、「著書」を丁寧な言葉にしたいです。何になるのでしょーか?それとも、「著書」の丁寧な言い方は存在しないでしょーか?

Aベストアンサー

一般的には「御著書」です。
文章語としての敬称には、「貴著」、「高著」という言葉があります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2625552.html

Q自分が書いた本の謙譲語は?

自分が執筆した本のことをへりくだった言い方にした
謙譲語は何ですか?
度忘れして思い出せないのです。

Aベストアンサー

拙著、でいかがでしょうか。

Q出版した書籍を関係者に送るときの送付状ってどうすればいいの

今度会社の上司が初めて本を出すことになりました。
それでお世話になった人に送りたいということで
なにか文章を考えろと言われたのですがなかなか思い浮かばず困ってます。
いろいろ探したのですがなかなかいいのが見つかりません。
何か参考になるサイトや書籍はないでしょうか。

Aベストアンサー

直接該当するものがあるかどうか分かりませんが、文書見本のサイトを下に紹介しておきます。

文章の構成としては
(1)定型の挨拶
(2)書籍を出版したことおよび出版に至った経緯
(3)書籍の内容の中でのポイント(特に訴えたかったこと)
(4)「出版を記念して謹呈させていただきたく、よろしくご笑納ください」・・・とか何とか結んでください。
いずれにせよ、あなた自身がその本を読んでみるか、ポイントを上司にヒアリングすることが必要でしょうね。

参考URL:http://www.aimcom.co.jp/newstool/bunrei_1.html#15

Q制作に協力いただいた方に完成物を送るときの送付状の文面

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

----------------------------
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てをいただき、厚くお礼申し上げます。

***「冊子名」がこの度、ようやく完成し無事発行にいたりました。
制作にあたり、多大なるご協力を賜り誠にありがとうございます。
深く御礼申し上げます。

***早速送付申し上げますので、なにとぞご高覧賜りますよう
お願い申し上げます。

敬具
----------------------------

よろしくお願いします。

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

--------------------...続きを読む

Aベストアンサー

謹啓  貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社小冊子「***」が無事完成致致しましたので、送付させていただきます。
制作にあたり、皆様より多大なるご協力をいただきましたことを改めて感謝申し上げます。
何卒、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
今後とも、お引き立てを賜りますよう重ねてお願い申し上げます。                         敬具

Q本(book)の敬称は?

大学の恩師から本を冊子小包で送っていただきました。
先生の書いた「本」のことは、敬語ではどのように表現するのよいでしょうか?
「○○をちょうだいしました」みたいなことを書きたいです。

Aベストアンサー

「貴著」「高著」はいかがでしょうか。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B5%AE%C3%F8&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「観点」と「視点」の使い分け

「観点」と「視点」は、どう使い分けたらいいでしょうか。用例なども含めて、教えてください。

Aベストアンサー

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります。

一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。

したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。
 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。

視点と観点とは、totanさんが挙げた:
視る→まっすぐ目を向けてみる、一点を集中して見る。
観る→多くを並べてみくらべる、広く見渡す。
という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。

以上、私の語感でした。

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q第一章→第一節・・・その次は?

よく目次で
第一章○○○
 第一節△△△
 第二節□□□
第二章◇◇◇~
とありますよね?その第一節をさらに分けたい場合、第一何となるのでしょうか。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たまたま手元に「公用文作成の手引き」という冊子があります。
役所で使用する文書規定の本です。

これによると、章、節、項までは皆さんのおっしゃる通り。

さらに、「項目を細別する見出し符号は以下による。」とあります。

第一章 第二章・・・
 第一節 第二節・・・
  第一項 第二項・・・
   第1 第2
    1 2 3
     (1) (2) (3)
      ア イ ウ
       (ア) (イ) (ウ)
        A B C
         (A) (B) (C)
          a b c
          (a) (b) (c)

注1:「第1」を省略して「1」からはじめても良い。
注2:「イ」「ロ」「ハ」「ニ」は用いない。


以上のように書いてありました。
しかし、何にせよ法律で決まっているわけでもないし、通常は
自分の好みで選択して、問題ないと思います。


人気Q&Aランキング