痔になりやすい生活習慣とは?

調べてみても「間柱」と「縦胴縁」の違いがよくわかりませんでした。
詳しい方いらっしゃったら、教えていただけませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 運命・縁、を信じますか?

A 回答 (5件)

外壁に使用する間柱として回答をさせていただきます。


間柱は「外装材(サイディング等)や外装下地材(合板等)」と「内装下地材(せっこうボード等)」を取り付けるための材料で、柱と同一ラインに取り付けます。
壁の両面に仕上げをする必要がありますので、間柱の見込み寸法は柱と同寸法になります。
(105mm角の柱を使用していれば、間柱の見込みも105mm)
また、間柱にはせっこうボード等を固定する必要がありますので、見つけ寸法は30~45mmが必要となります。

一方、胴縁はサイディング等を取り付けるための下地として、柱・間柱等に「横方向に取り付けられる材料」が本来の意味です。
そのため、横方向ではなく縦方向に取り付ける「縦胴縁」でも、「間柱の上に追加する」形で取り付けられます。
外装材として一般的な窯業系サイディングの場合、サイディングの裏面に空気層(通気層)をとることが一般的です。
その空気層をとるために、縦胴縁として厚さ10mm~25mm程度の木材(幅は30~90mm程度でしょうか)を使用します。(「横」胴縁はもう少し厚くなります)
外壁の構成を室内側から記載いたしますと(一般的な木造住宅の場合です)
 せっこうボード→柱・間柱→→合板(無い場合もあります)
 →防水紙→縦胴縁→サイディング
となっています。

整理しますと
 間柱 →柱と同一ラインにある。105×30mm程度以上の寸法。
 縦胴縁→柱より外部(一般的には屋外側)にある。厚さ10~25mm程度。
となると思います。

文章での説明では、理解いただくことが難しいと思います。
「木造住宅工事仕様書(住宅金融支援機構)」等を見ていただけましたら図がございます。
少し大きな書店まで足を運んでいただけますようお願いします。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

詳しいご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/02/23 12:15

間柱は柱と柱の中間に設置される材(27×105)です。

縦胴縁はサイディングの下地に使用される(16×40)ものです。
    • good
    • 1

専門家紹介

山田哲雄

職業:住宅アドバイザー

一人で工務店を営み、25年になります。
現在はリフォームを中心に活動しています。

良心的価格と誠実さがモットーです。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0790-63-0860

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

間柱は構造材です。

柱の間隔が広くて梁がたわむ可能性のある場合などに
中間に設ける柱が間柱です。
胴縁は仕上げ剤です。仕上げ材を止める下地の骨になる部材です。
部位によっては間柱が胴縁と兼用になっている場合もあります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/02/23 12:14

真柱とは,正1寸角の長材の名称です。


正角材なので柱の名が付いていますが,使用方法・場所に,特段の制限はありません。
胴縁は幅一寸程度,厚さ三分程度の板状の長材で,主として柱間を横方向に渡して固定し,その上から板その他の壁材を打ち付ける目的で使用されます。使用場所も特定されては居ません。
いずれも,材形から付けられた名称と考えて差し支えありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/02/23 12:14

間柱は、柱と同じ表から裏までの厚み (奥行き) がある。


縦胴縁は、壁を貼るための釘の長さ分の厚みしかない。

ではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/02/23 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

」に関するQ&A: 兄弟の縁のきりかた

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間柱のサイズの規定についてご存知ないでしょうか。

構造用合板の継ぎ手部分ではなく、 構造用合板の中央縦(中心線)の固定に位置する間柱になります。壁の倍率を見込む条件として間柱のサイズの規定はあるのでしょうか。

(通常柱が105ミリ×105ミリならば間柱は105ミリ×30ミリ、又は105ミリ×27ミリを使用されているのはよく目にします。その他105mmや90mmより細い材料を使用されているのを調べました限りでは、現実の強度は別として、特に規定が無くどんなサイズでも良いようですが、間違いないでしょうか)

最小でも45mmx40mmを平で使用を推奨されている記載や、45mmx30mm使用も割りにあるようですが、こういった条件でも壁倍率を見込むことができるということで間違いないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直しを命じます。

>ちなみに柱と柱の中央455mm位置の既存間柱はありません。
新たに間柱取付する必要があります。
間柱の主要な役割は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持が主要な役割です。
建物の沿直荷重等の負担は無いですからね。
要は、地震時における応力伝達と、風圧時の壁耐力の保持に必要な断面寸法で有れば良いだけですから。
構造用ボード継ぎ目に用いる間柱寸法の推奨値としては、36×105ですね。
その他の間柱にあっては、27×105、30×105が推奨断面です。

補足について
>柱と柱の中央455mm位置の間柱は、最小で45mmx40mmを平で使用や、45mmx30mm使用でもOKということでしょうか。
地震時における壁体内に生ずる応力伝達を考慮すると好ましくありませんね。
壁の片側が剛で反対側が弱い場合、応力分布に斑が生じて壁体内偏心を生じ、ひび割れなどが生じてきます。
ボード継ぎ目が離れると言う事が起こる。
壁体内偏心を生じさせない為には、管柱(階主柱)と同じ材巾の部材が望ましいです。
私が工事監理するなら、その施工法はさせませんよ。
施工業者には、やり直し...続きを読む

Q木造住宅の間柱ピッチって??

木造住宅の壁
石膏ボードの下地になる間柱って
どんな寸法の形状ですか??
取り付けピッチって何ミリ??

Aベストアンサー

在来軸組工法の場合、間柱間隔は、455mmが標準です。
間柱材寸法は、30mm*105mmが普通です。
予算によって材厚さが27mm~36mmを用いる場合もあります。
以上

Q「見付け」と「見込み」

初歩的な質問ですいません。窓廻りの「見付け」と「見込み」の違いについてわかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

「見付け」は「見付け部分」ともいい、
取り付けた際に外から見える部分のことです。
「見込み」というのは
サッシの奥行きのことで、壁の収まりの際に重要な寸法になります。
内部などに使う木製などの枠のあるのは「枠見込み」という表現になります。

Q鉄骨造の胴縁について

鉄骨造に使う胴縁(C-100x50など)の中間材について教えてください。

スパンが長くなると鉛直による荷重を考慮して中間に支持材を入れるみたいなのですが、この材料に鉄筋(サグロッドという名前??)を使用することがあると聞きました。

それでその鉄筋なのですが、どのようにして取り付けるのでしょうか?
教えて頂きたいのは、

(1)Cチャンの真ん中に穴を開けて通すのか、内部側に添わせるようにして通すのか。
(2)支持材の端部はどうなるのか(上端は梁の下端に溶接?? では下端は??)
(3)サグロッドと鉄筋は同じものなのか。

という点です。
わかる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No4です。
言葉不足で説明がうまくできていないかもしれませんので簡単な絵をかきました。

Qコンパネt12mmと構造用合板t12mmどっちが強度がありますか

 日曜大工で物置を作っています。コンパネは白くてきれいですが、構造用合板

 のほうが安いんです。このカテゴリー 金属関係と屋根関係については、

 回答者になれるんですが、木工は良く解らないので、ご指導よろしくおねがいします。

 

Aベストアンサー

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上(特類)の耐水性能を有しています。
これは主に接着剤の分類から来る特性です。
詳しくは検索サイトから情報収集してください。

ただし、建築対象が『物置』ならばどちらでも大差はありません。
板表面のきれいさを取るなら「コンパネ」、コストと強度を取るなら「構造用合板」と考えてください。
ちなみに、私が営業で物置を作る場合の材料の選択要素は「安い方」です。
オマケですが、両者は微妙に大きさが違うことはご存知ですね。
コンパネは1800×900、構造用合板は1820×910です。

構造用合板には強度の区分がありますが、コンパネは表面の粗さの規定しかありません。
よって強度は構造用合板の方が安定していると申し上げられます。
参考までに、
構造用合板1級では、曲げ、圧縮強度、曲げヤング係数が規定されています。
針葉樹が多い2級では曲げヤング係数だけが規定されています。
枠組み壁工法では壁倍率によって使い分けられています。

コンパネは完全耐水合板とも呼ばれるように湿潤状態に強く出来ています。
しかし構造用合板はコンパネと同等(1類)もしくはワンランク上...続きを読む

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Qクロス壁の下地を全てベニヤ板にできないか?

約25m2程度の部屋を1階に増築予定です。

一般的に壁のクロスの下地として、12ミリ厚の石膏ボードを使用するようですが、
将来、クロス壁に薄型テレビ等を取り付る場合、石膏ボードだとアンカーを
使う必要がありますが、重量物は強度的に心配です。私は素人なので、
下地がボードかベニヤ板かを、拳で叩いた音で判断するのは難しいので
(安い判別センサーも考えてますが)いっその事、壁の全てをベニヤ板に
できないかと思い質問です。
また、具体的に薄型テレビ(複数)をどこに取り付けるかも決まってないので
迷ってます。他に棚板やスピーカー(天井もしくは壁)の取り付けも考えてます。

【質問】
(1)壁の下地を全てベニヤ板にした場合、石膏ボードよりどの程度、割高になりますか?
(2)消防法上、壁面積100%をベニヤ板にできない法律はありますか?
(3)石膏ボードとベニヤ板、どちらがクロス張りの作業性及び密着力が良いでしょう?
※(3)は質問の趣旨からそれるので、回答なしでもかまいません、

Aベストアンサー

#2です。

私の積算資料では、
 石膏ボード12.5mm:600円/m2
 12mm構造用合板 :900~1000円/m2
程度で考えます。
設計屋の単価ですから、少し高いかもしれません。

ただ、25m2程度でしたら、100m2位の壁面積でしょうか?
そうすると、4万円程度の値段の差でしょうかね。

以上です。

Q★緊急★ 大工さん、設計士さん、教えてください!!

現在建築中です。
現場を見に行ってビックリ☆
図面上で910モジュールに4寸柱は確認していましたが、
オール胴縁施工をするというではありませんか!
部屋はともかく、入り口や廊下幅の狭いこと!!
今かなり焦っています!!!

これから中の工事に取り掛かるようですが、
部分的に…せめて廊下の壁だけでも胴縁なしの施工は可能なのでしょうか?
詳しくはわかりませんが、建具枠のチリとやらを削れば見た目問題ありませんか?
構造計算とか確認申請とかに支障はありますか?
それ以外にどんな問題が生じるのでしょうか?

ちなみに柱は杉です。
最近はPB直張りが多いと聞きますが、杉には胴縁必須ですか?
大体にして、胴縁施工で何かいいことはあるのでしょうか?
プランは完璧と思いきや、施工が進むとすでに失敗点だらけで…

Aベストアンサー

補足について
>4寸柱で16mmの胴縁なので733mmの幅ということですね。
はい!有効巾は733mmとなります。

>設計者はどうしてそんな施工方法を選んだのでしょうか?
壁線の出入りジクザクの凹凸をきらった為でしょう。
一般的な管柱角の製材精度は、完全な90度ではないので壁線が人の目には判らないジクザクになります。
壁クロスを張ると光の光線加減で凹凸が目につくようになります。
それを嫌ったのでしょうね。

>ちなみに内胴縁施工というのは、PBのジョイントのこととはまた違うのですか?300ピッチで入れるのですか?
違います。
内胴縁施工というのは、柱角の面に合わせて胴縁を納める施工方法です。
デメリットとしては、上の説明のとおりです。
胴縁間隔は、胴縁の断面寸法により変わります。
住宅金融公庫特記仕様書によると厚さ18mm以下は、通常使いません。
厚さ21mm以上なら胴縁間隔は450mmです。
厚さ21mm未満は、胴縁間隔は300mmです。

補足によるとふかし胴縁の厚さが16mmとのことで、胴縁間隔は300mmでは、耐力的にギリギリのところでしょう。
胴縁間隔が300mm以上あったならクレームをつけた方が良いでしょうね。
ふかし胴縁仕様は、ボードのジョイント位置と窓や開口部の周囲に縦胴縁が必要となります。
また、窓枠や出入口の額縁も大きな材料となり思った以上に材料がいきます。
胴縁厚さを16mmを使っているのは、材料を軽減する為でしょうね。

将来、親が同居するから廊下等の有効巾をバリアフリー基準の750mm以上確保してくれと施工者に言ってみては如何ですか?
ご参考まで

補足について
>4寸柱で16mmの胴縁なので733mmの幅ということですね。
はい!有効巾は733mmとなります。

>設計者はどうしてそんな施工方法を選んだのでしょうか?
壁線の出入りジクザクの凹凸をきらった為でしょう。
一般的な管柱角の製材精度は、完全な90度ではないので壁線が人の目には判らないジクザクになります。
壁クロスを張ると光の光線加減で凹凸が目につくようになります。
それを嫌ったのでしょうね。

>ちなみに内胴縁施工というのは、PBのジョイントのこととはまた...続きを読む

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q開口部における枠と額縁の違い

建築学科に在籍している学生です。
建具表に記載してある「枠」と「額縁」の違いが今ひとつ区別できずに悩んでいます。

いわゆる、ドア周りは「枠」で窓周りは「額縁」ととらえていたのですが、どうやらこの考え方は間違っているとのこと。。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合は、額縁に当たるものを付けても、意匠的に枠の延長として見せていると、「付け枠」とか「ケーシング枠」などと言って、枠という言葉が用いられるようです。
それなので、目的や見え方から呼称がつく場合もあるみたい。(←このあたりはいい加減ですが)

開き扉を例にすれば、通常は枠に丁番やアームストッパー、ラッチ受けなどを取り付けているので、枠と障子は機能的に一対になっていると言えます。
額縁はこれに付属して付いているので、扉本来の機能とは切り離して考えられる部材とでもいう感じでしょうか。
とはいうものの、枠なしの扉や窓などもたまに作りますので、この言い方も絶対というわけでもなさそうですけれど。

正確な「定義」は知りませんが…

「枠」はサッシュや扉の可動部(=障子:Fixも含む)のフレームとなっている部分を指して言う言葉。
額縁は開口部(扉、窓)と壁(や天井)との取り合いに用いられる部材で、回り縁や幅木と似たような性格の納まり上の部材と認識しています。

それなので、納め方によっては額縁なしでも可能。(一番単純なのはドン付けとか)
室内の扉などでは、枠を壁との納まりまで考慮して大枠にしていたりすることもあり、この場合は額縁は用いないのが一般的です。
もっとも、扉の場合...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング