共同経営という形で開店しましたが、折り合いが上手くいかず4ヶ月で退店しました。何度か改善のため話を持ち掛けましたが応じず、結局辞めてくれということを言われました。リースもあり名義は私の名前、保証人は私の父になっています。出資金の返済を請求していますが、まったく支払う気がありません。全額とは言いませんが、ある程度返済して欲しいと思っています。相手側の言い分は、何年か後には今の店を閉めて違う場所に移転するから支払いたくない、とのことです。
返済してもらういい方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

共同出資で失敗した典型的パターンに遭遇してしまった様ですね。



貸した金でなく、出資である以上、帰ってくる見込みは無いと諦めましょう!!

あなたの論理だと、株式会社に出資した人全員に株を買い戻せと言っている様なものです。
出資と言う事であれば、基本的に難しいでしょう。
但し、出資した金額を相手の誠意によっては、返ってくる可能性は残っています。

法的に訴えても出資した場合は、難しいので賢く誠意で返済して頂ける様にし向けた方が良いでしょう

リース名義に関してですが、両方ともこの事業を辞めてしまっているのであれば問題ですが、相手がまだ事業をやっているのであれば、名義変更すれば良いでしょう

名義変更にも応じない相手の場合は、道理が通らない相手でしょうから難しくなります。
その場合は、弁護士に相談するか(お金が時給1万円相談時や、区市役所などの無料弁護士相談などを活用すれば良いでしょう)、名義変更の依頼を法務省管轄の所轄裁判所にあるポストから投函すれば、少しはビビって応じるかも知れません。郵便局の消印が”XX裁判所内xxx”などになるからです。(@ ̄w ̄@)ぷ

私も時々企業防衛やロビー活動を行う時に、法的に請求する雛形を使って知り合いの弁護士と一緒に戦うケースもあります。

しかし、経験則からすると、相手を本気に叩く前で決着を着けるベキです。

勉強した学費だと思って、前向きに考えた方が良いかと思います。

※弁護士によっては戦う方が収益があるので、奨める弁護士もおりますが、凄腕の弁護士になる程、戦わずして勝つカードを色々知っているものです。なぜなら、”戦うと依頼主が失う時間・手間がとてもある”と言う事を熟知しているからです。

出資金、リース料金等の金額が判ればまだアドバイスできますが、費用対効果を考えて打つ手を考えてみてはいかがでしょうか?

※ちなみに、弁護士を出すと相手のイメージは”訴えるぞ!!”と脅しに感じて逆上する場合なども考えられます。
先ずは、自分から誠意を出さねば、相手も誠意で答えてくれないと思うのですが、どうでしょうか?
相手の言い分もあるでしょうから・・・

検討をお祈りします

この回答への補足

出資金は350万 リース代は170万です。

補足日時:2001/05/25 12:39
    • good
    • 0

事業の出資金は債権と違い、簡単に回収は出来ません。



誰か、別に出資をしてもよいという人が居て、その人に譲渡しない限りは、減資したり、会社を清算しない限り出資金の返還は有りません。

会社を清算した場合でも、会社に残余財産がなければ、返還の望みがありません。
残余財産の範囲内での返還となります。

リースの名義とお父さんの補償だけは、交渉してなんとしてでも、変更してもらうことです。
本来なら、あなたが辞める時点で変更すべきでしたね。

法的には、どうも立場が弱くて難しいです。
穏便な話し合いで解決するしか有りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。リースの件だけでも早急に解決したいと思います。

お礼日時:2001/05/25 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払い金額と買掛残高について 9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うこと

支払い金額と買掛残高について

9月末で小売店が一店舗閉店したので、全仕入先に買掛残を全額支払うことになりました。
毎月社長が仕入先に対して何円支払うか決める為に、請求額(20日締)と月末残高を表にした紙を提出しています。
仕入先から届いた請求書とうちの会社の支払一覧表は全仕入先で金額が合っていました。しかし、月末残高を買掛残高一覧表で見ると、一つの仕入先で支払い一覧表の金額より千円少なくなっています。なので、支払いをしたら、支払一覧表は0円になりますが、買掛残高一覧表はマイナス千円になってしまいます。
仕入先とうちとでは請求額が同じだった為、うちの会社内だけでいつからか月末残高が千円ほど少なくなっているのだと思うのですが何をどう調べたらいいか分からなく困っています。
出来るならシステム管理会社の人に千円ほど月末残高を多くしてもらって、支払いが終わった後支払一覧表も買掛残高一覧表を綺麗さっぱり0円にしたいぐらいです...。

Aベストアンサー

雑損失で処理すれば済むと存じます。

Qリース契約の終了で再リースを希望しない場合どうなる?

以前に運営していた店舗(賃貸)でリースにてエアコンを導入しました。
結局、リース終了を待たずに撤退したのですが、
・元々付いていたエアコンが故障して入れ替えた
・大家さんには何かとお世話になっていた
事から、残りの期間の残金も払い続けていました。
現在は他の店舗が入居しています。

去年再リースを行い、また今年も再リースの案内が来ました。
大家さんに迷惑をかけたくないので、おとなしく払おうかと考えてはいるのですが、ここでリース終了を通知するとどうなるのでしょうか?

耐久年数を超えたエアコンを「返せ」と言われるとは思えないので、案外そのままなのでは?と思い質問してみました。

このような場合、通常どのような処理がされるのでしょうか?

Aベストアンサー

取りに来ます。壊れて捨てたと言っても会社により
それでOKにしてくれるところと、ほかのものでも
良いから身代わりのものを持って帰る会社が
あります。
基本的に何回か再リースした後に買取を希望すると
できないところもありますが、1年間のリース料
ぐらいを支払い買取できるところもあります。

Q中退共、建退共、特退共、小規模事業共済について質問です。

中退共、建退共、特退共、小規模事業共済について質問です。


個人事業主、零細企業(法人)の経営者、従業員全てが加入できるのでしょうか?

また、支払った掛金は、会社の経費になるのでしょうか?個人事業主の場合には経費にはならず、税額控除になるのでしょうけれども、法人の場合にはどうなるのでしょうか?

零細企業(法人)の経営者が、自分の為に加入し拠出した金額、又、従業員の為に加入し拠出した金額は経費になるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

建退共について回答します。

建退共には法人の経営者(役員報酬を受けている人)、本社の事務専用社員は加入できないことになっています。個人事業主(一人親方)は任意組合で加入できるようです。

また、建退共の掛け金は損金、必要経費の対象となります。

参考URL:http://www.kentaikyo.taisyokukin.go.jp/seido/index.html

Q支払手形と営業外支払手形の違いは?

厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。

3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。
「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」

TACや大原簿記などの模範解答では

 完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500
 仮払消費税3,500 /

となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。

Q支払日より早く支払うのはダメ?

末締め翌末払いだとします。

自社に振り込まれる時は末日にちゃんと振り込まれます。
こちらが振り込む場合は末日ジャストじゃないとダメなのでしょうか?

25日や末日はATMが混むので早めに空いている日に振り込みたいのですが、
早く支払う会社は見たことがないので、自分も当日に振り込むべきか悩みます。


もし、ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願い致します。

Aベストアンサー

早く支払うのはダメということはありません。

ただ、1回早く払ってしまうと、資金繰りが苦しい取引先は、早く払ってくれる相手をアテにして、

「約束は月末なのですが、今回また早く払っていただけませんか」などと依頼されることがあります。

毎回それに応じられればいいのですが、応じられない場合そのたびに断ったりするのが面倒です。そういうことを防ぐために、資金に余裕があっても一応、期日どおりに支払う、という事情もあります。

一方、現金でなく裏書手形などであれば、相手がそれを割引に出す(そういう枠を持っていればの話ですが)時間を加味したりして、約束より早めに譲渡する、ことはしています。

また、ATMではなく、パソコンやファクスによる振込みであれば数日後振込みの予約も可能ですし、窓口や機械の前に並ぶ手間も省けます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報