仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

今、エンジニア派遣会社を経営しているのですが、今度新しくフリーランス(個人事業主)に業務委託を始めようかと考えています。その際、コンプライアンス上で注意しなければいけないリスクがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 一般論として、業務委託を事業とする場合のリスクは、大きく分けて業務委託そのものに伴うリスクと、派遣者が派遣先で発生するリスクになります。



 業務委託そのものに伴うリスクは、労働者派遣法、労働基準法、健康保険法、個人情報保護法など関連法規制の順守と社内の管理体制(資金ショートを含む)に関するリスクです。あらゆる法規制をよく調べて、法令違反がないようにしないといけません。

 派遣者が派遣先で発生するリスクにはさまざまなものが考えられ、場合によっては派遣者が派遣先で起こす不正(横領・機密情報の持ち出しなど)、不祥事、契約不履行(契約違反)、事故、いじめ・パワハラ・セクハラ、怠慢まであります(それらに伴う賠償・訴訟を含む)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

isoworldさま、ご回答有難うございます。

お礼日時:2013/06/12 08:51

法的な正解とリアルな対応てのは必ずしもイコールじゃないんだよ♪だから的を得た回答してやったのに、むかつく回答は無視?だとしたら経営

者向きじゃねえ!それは言い過ぎ(笑)

この回答への補足

osirinkooooさま、まずは私の稚拙な質問に回答してもらい有難うございます。厳密に申し上げますと、私は経営者ではないのですがそのサポートをしているアシスタントになります。あまりにも法律面の知識が疎く、このサイトで初めて聞かせていただいた次第になります。色々調べていく中で、

適正な委託体制の構築・維持
機密情報の取り扱い
個人情報保護
瑕疵担保の範囲

などの部分で体勢を整備し、統制をとる必要がありそうだということは感じているのですが、osirinkooooさまからもアドバイスもらえませんでしょうか?初心者の質問で申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いします。

補足日時:2013/06/10 15:13
    • good
    • 0

であれば派遣業務とは関わり無いので、通常の保守契約、守秘義務等で問題無いです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

sebleさま、ご回答有難うございます。

お礼日時:2013/06/10 13:02

業務委託とは何を委託するのでしょう?


派遣業法はきちんと把握されているのでしょうか?

この回答への補足

sebleさま、ご回答有難うございます。

■業務委託
こちらについては、システム開発案件、サイト構築などの業務がメインになるかと思います。

■派遣業法
 大変恐縮ながら、正直に申し上げまして、派遣法についての知識は十分ではありません。。

補足日時:2013/06/10 11:59
    • good
    • 0

No.1さんの回答にあるように、それなりの責任・義務が生まれたり、お金がからむ問題について包括的な質問を、ここで相談するのは間違いだと思いますよ。


まずは、同業者に相談するか、その分野に詳しい弁護士さんに相談すべきだと思います。

そうして相談してみて、それでも判断がよくわからないことを参考意見として得るために質問するのはありとは思いますが。

この回答への補足

lv4u さま、私の稚拙な質問に回答してもらい有難うございます。
同業者の知人や弁護士さんにも相談してみます。

補足日時:2013/06/10 15:14
    • good
    • 0

経営者のくせにこんなとこで経営課題を解決するつもりか?



今すぐ同業経営者に電話して、今晩飲みにでも誘って生の声を聞けよ。
全く知人いないなら、そういう団体あるだろ、そういうのに入会しろよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q情報セキュリティのためのリスク分析で対象とするのは、純粋リスクだけである理由について

いつもお世話になっております。
H21SCのAM2の問8に以下の問題があります。

-----------------------------------------------------------------------
 情報システムのリスク分析に関する記述のうち、もっとも適切なも
のはどれか。


 ア リスクには、投機的リスクと純粋リスクとがある。情報セキュ
  リティのためのリスク分析では対象とするのは、投機的リスクで
  ある。

 イ リスクの予想損失額は、損害予防のために投入されるコスト、
  損害の復元に要するコスト、及び他の手段で業務を継続するため
  の代替コストの合計で表される。

 ウ リスク分析とは、現実に発生すれば損失をもたらすリスクが、
  情報システムのどこに、どのように潜在しているかを識別し、そ
  の影響の大きさを測定することである。

 エ リスクを金額で測定するリスク評価額は、損害が現実のものに
  なった場合の1回当たりの予想損失額で表される。
-----------------------------------------------------------------------

答えがウであることは納得しているのですが、
アが不正解である理由を教えてもらいたいです。

問題集の解説を読むと、
「情報セキュリティのためのリスク分析で対象とするのは、純粋リスクだけである」
と書かれていました。
これはなぜでしょうか?
純粋リスクはどのように管理するのでしょうか?

もしよろしければ、教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。
H21SCのAM2の問8に以下の問題があります。

-----------------------------------------------------------------------
 情報システムのリスク分析に関する記述のうち、もっとも適切なも
のはどれか。


 ア リスクには、投機的リスクと純粋リスクとがある。情報セキュ
  リティのためのリスク分析では対象とするのは、投機的リスクで
  ある。

 イ リスクの予想損失額は、損害予防のために投入されるコスト、
  損害の復元に要するコスト、及び他の手...続きを読む

Aベストアンサー

キーワード「投機的リスク 純粋リスク」でgoogle検索したら、トップに出たページ

MSN エンカルタ 百科事典 ダイジェスト
http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1161537914/content.html

ここの2章を参照してみてください。

Q業務委託

月45万くらい(完全出来高)で、自費で2トンユニック車のトラック買って、ガソリン代、車検、国保、道具類の費用とか払って独立するぐらいなら、月20万の給料でも、工場勤務とかのほうがいいような気がしてきまして。
どうなんでしょう?
先輩から独立するように言われ、上記の話を聞かせれました。
完全出来高とは言ってますが、仕事がなければもっと下がります。
最低保証はありません。
結構あやふやな話ですみません。
アドバイス等が頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

あなた自身が決めることです。

金銭的なことと、メリット・デメリット・リスクなどを天秤にかけて決めるべきでしょう。

完全出来高ということですので、上手に費用をかけずに安く済ませて必要なものをそろえ、人よりも働くことで、数倍稼ぐことが可能かもしれません。

ただ、その会社があなたを切ることは簡単になります。雇用契約でなくなりますので、あなたも経営者になりますからね。契約が切られたりすることも簡単にあり得ます。会社があなたに発注しない自由もあります。

あなたに顧客がついていれば、会社は簡単に切ることはできないでしょう。営業などもできるぐらいでなければならないと思います。もしもの時には、自分で仕事を持ってこれるぐらいでなくてはならないでしょう。

後は将来性も重要でしょう。社保でなくなれば、国民年金となります。将来もらえる年金は厚生年金より極端に低くなります。将来のための貯蓄も必要となることでしょう。
だからと言って、工場勤務があっていしているとは限りません。会社が傾けば、リストラをされるかもしれません。会社からすれば、リストラ理由であれば1か月2か月前に解雇予告すれば、基本誰でも解雇できます。
会社員などでは、会社におんぶにだっこで仕事をもらっており、会社から切られると同じ仕事ができないものです。いきなり営業などができるわけではありません。

私の友人は、円満退職で元勤務先からの仕事で独立しました。それだけで給料は倍増しましたね。自分の顧客を持てるように営業した結果、3倍の収入となりました。個人事業から法人化し、社会保険にも加入しました。法人化により従業員も雇用し、仕事量をさらに増やす営業をした結果、収入はさらに増え続けています。
仕事がない時がないぐらいになっています。仕事が1割になっても十分な生活ができますからね。
ここまで行けるだけの自信があれば、独立すれば収入の上限はありません。会社に雇用されていれば、基本社長になることはできませんので、誰かに使われているだけになります。規則などにより査定されることで、収入も上限があることでしょう。

安易な独立はお勧めしませんが、安易な判断で決めるべきことではないでしょう。
先輩にもっといろいろ聞くことも必要です。同業他社の人の意見もいろいろ聞くべきでしょう。
そのうえであなたが判断するのです。
質問文だけで簡単にアドバイスすることはできませんし、したら無責任なアドバイスになります。
そんなアドバイスが役に立ちますかね?

頑張っていろいろな人のアドバイスを集めましょう。ただの簡単な質問だけで集めたアドバイスだけではだめですよ。

あなた自身が決めることです。

金銭的なことと、メリット・デメリット・リスクなどを天秤にかけて決めるべきでしょう。

完全出来高ということですので、上手に費用をかけずに安く済ませて必要なものをそろえ、人よりも働くことで、数倍稼ぐことが可能かもしれません。

ただ、その会社があなたを切ることは簡単になります。雇用契約でなくなりますので、あなたも経営者になりますからね。契約が切られたりすることも簡単にあり得ます。会社があなたに発注しない自由もあります。

あなたに顧客がついていれば、...続きを読む

Q自己破産のリスク

先日、テレビで見た竹内力主演の『ミナミの帝王』で「自己破産をしてもその後、結婚して相手の籍に入って苗字が変わったら、ローンを組めたり金銭の借り入れが出来る」と言っていました。苗字が変わる事でブラックリストに載っていても照会出来ないという事だと思うのですが。
実際そういうものなのでしょうか?

また、自己破産をすると金銭の借り入れ以外にもリスクはあると思うのですが具体的にはどんな事がありますでしょうか?
苗字が変わる事でそのリスクは無くす事は出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました(正確な認証元は「クレジット産業協会」ですが)。

> 「自己破産をしてもその後、結婚して相手の籍に入って苗字が変わったら、ローンを組めたり金銭の借り入れが出来る」と言っていました。> 苗字が変わる事でブラックリストに載っていても照会出来ないという事だと思うのですが。
> 実際そういうものなのでしょうか?
その程度で、「過去の個人信用情報が全く把握できない」というような審査担当者かせいましたら、「無能」と呼ばせていただきます。
まあ、実際には「無能」な方はあちこちにいらっしゃるようですが。

現在の経済情勢下において、一定年齢以上にも関わらず「クレジットカードの1枚も持っていない」というのは、不自然である…という意識が金融機関、信販会社、クレジット会社等にはあります。

結婚によって姓が変わったからといって、過去のクレジットヒストリーまで「真っ白」なのは不自然です。
クレジットカードを持っていたり、ローンや割賦販売契約を利用していれば、当然にそれらの契約元には、姓名の変更や住所の変更の届け出をしなければなりませんから。

ですから、実際には多数いらっしゃる「現金主義」の方は、新たにクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、「怪しまれ」ます。
比較的最近、こちらのサイトでもその旨のご質問をお見かけしました。
一定以上の年齢であるにもかかわらずクレジットヒストリーが「真っ白」な人=5~10年前に自己破産をしその情報が消えたばかりの人ではないか、と「怪しむ」んですよ。

> 自己破産をすると金銭の借り入れ以外にもリスクはあると思うのですが具体的にはどんな事がありますでしょうか?
それは、「リスク」ではなく「ペナルティ」だと思いますけれど…。

自己破産は『官報』に記載されますので、原則、不特定多数の人間に「○○さんが自己破産をした」という事実が把握される可能性が否定できません。

自己破産は『官報』に記載されますので、『個人信用情報機関』にその情報が5年~10年登録され、これによって、それを「業」としているものからお金を借りることおよびそれに準じること(クレジットカードを作る、割賦販売を利用するなど)が難しくなります(法律で規制されている訳ではないので、絶対にできない…ということはありません)。

原則、自己破産の時点で99万円以上の財産については処分の対象となります。
手元に残るのは99万円以下になります。

破産者名簿へ記載されます。
本籍地の市町村役場の「破産者名簿」に記載されます(「破産者名簿」は、一般の人が見ることはできません。)。

株式会社、有限会社の取締役や監査役が自己破産をしますと退任事由になります。

これ以外にも、「自己破産の申し立てから免責確定までの間」には、ろいろいな制限があります。

弁護士、 公認会計士、 税理士、弁理士、 公証人、 司法書士、 宅地建物取引業者、 証券会社外交員、 質屋、風俗営業者、 古物商、 生命保険募集員、 損害保険代理店、警備員、建設業者、後見人など、一定の仕事ができなくなります。

後見人、保証人、遺言執行者などになれません。

「自由」が制限されます。
裁判所の許可がなければ居住地を離れたり、転居したり、長期の旅行をすることができません。

かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました(正確な認証元は「クレジット産業協会」ですが)。

> 「自己破産をしてもその後、結婚して相手の籍に入って苗字が変わったら、ローンを組めたり金銭の借り入れが出来る」と言っていました。> 苗字が変わる事でブラックリストに載っていても照会出来ないという事だと思うのですが。
> 実際そういうものなのでしょうか?
その程度で、「過去の個人信用情報が全く把握できない」というような審査担当者かせい...続きを読む

Q業務委託にて仕事。

雇用形態が業務委託にて仕事しようと思いますが
いきなり素人がするのはどう思いますか?

Aベストアンサー

業務委託だと税金面や社会保険、交通費など自己負担になります。
たとえば半年で240万円(月当たり40万円)だとすると税金や社会保険と交通費で3分の1は持っていかれます。手取りは1ヶ月、20万円代の後半というところでしょうか。

月あたり40万円くらいならなんとかやっていけるでしょうけど、30万円程度の委託契約なら割に合わないと思います。また、時間外手当はどうなるのかも聞いておかないといけません。私の場合は時間外手当てはある一定の時間以上はつきましたが、通常、委託だとつかない場合が多いです。

それよりも、仕事面よりも税金や保険の手続きでいっぱいになります。それも契約する会社がやってくれるなら楽ですが、そこまではしてくれないことがほとんどでしょうね。

QEXCELで全てのシートを参照した一覧表の作成方法

色々な情報を入力したSheetが50枚あり、
あまり手間のかからない方法で、
この50枚の中で、ある特定のセルの情報だけを参照させて一覧にした表を作成したいと思っています。

具体的には、Sheet名が”一覧表”というシートを作成し、
この”一覧表”シートの B1 セルには Sheet1 の A1 セルの値を表示させ、
次いで、同”一覧表”シートの B2 セルには Sheet2 の A1 セルの値を、
次いで、同”一覧表”シートの B3 セルには Sheet3 の A1 セルの値を、
                      ・
                      ・
                      ・
最後に、同”一覧表”シートの B50 セルには Sheet50 の A1 セルの値を、
といった形で、一覧表を作成したいです。

ご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>この”一覧表”シートの B1 セルには Sheet1 の A1 セルの値を表示させ、
>次いで、同”一覧表”シートの B2 セルには Sheet2 の A1 セルの値を

一覧表シートのA1セルに
Sheet1
と言葉で記入し,A1セルを下向けにつるつるっとオートフィルドラッグ。
Sheet2,Sheet3…という言葉が並んだら,B1セルに
=INDIRECT(A1&"!A1")
と数式を記入します。



実はSheet1やSheet2はウソでホントはそういうシート名じゃなかったんですというときは,正しいシート名を代わりに記入して数式は一緒です。

Qレストランの業務委託について

現在、ある会社から業務委託という形でレストランを任せたいという話をいただいています。
会社は売上の30%を取り分とするそうなのですが、
最低保証金が50万円と規定されており、売上の30%が50万円に満たなかった場合でも、
その保証金を毎月払わなければいけません。

はたして、良い条件なのでしょうか。

店の規模、立地にもよると思いますが、今まで飲食業界で起業した方がいらっしゃいましたら、
ご意見をお聞かせください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

飲食店で起業したことはないですが、働いていたことはあります。
利益の30%でなくて売り上げの30%ですか?
一般的には材料原価+人件費で売り上げの60%、減価償却費が10%家賃10%水道光熱費10%で残りの10%が利益と考えるのがセオリーだったと思います。
家賃と減価償却費はかからないとして必ずしもおいしい話ではないと思いますよ。
もっとも、とりあえず自分の力で経営したいってことなら止めはしませんが。
少なくとも、会社側は損をしないシステムになっているでしょうね。

Q日本にとってのリスクも円買い?

日本にとってのリスクも円買い?

ロイターなどのニュースを見ていて、今回の参議院選で議席が目標の54を下回ると、リスク回避から株売り、円買いとありました。
世界的なリスクが懸念される場合は、キャリートレードの巻き戻しで円買いが起こるのは理解できます。しかし、今回は世界的リスクというよりは日本にとってのリスクだと思うので、株売り、円売りかと思うのですが、なぜ円が買われるという論理になるのでしょうか?
通常、他の国にリスクが発生するとその国の通貨は売られており、こちらは納得できるのですが。
果たして本当に、日本のリスクも、円買いになるのでしょうか?

どなたかしっくりくる理由を教えていただける方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
リスク回避・・・ココで言うリスクとは株の事です。
一方で回避先は債権など利益は少ないが損も少ない物のこと。
だから、リスク資産である株を売ってリスクの少ない債権に資金を移動する。
しかし、世界の中で安全かつ多量の資金を吸収できる債権はアメリカと日本にしかない。
 

Qリスクの無いビジネスなど存在しない?

金銭面でのリスクのないビジネス(商売)というのは、
全く存在しないのですか?
ビジネスには、
必ず金銭的なリスクを伴うのですか?
※尚、
アフィリエイトや、詐欺サイトの紹介は結構です

Aベストアンサー

一般的にはありませんが、コネや権力を使用できる立場にいればあります。いわゆる天下り先の会社や法人を作ってそこに役員として入ります。もしくは官民共同出資の会社を立ち上げて事業を始めます。給料は取り放題で、数年後大赤字を出して破綻しても、経済低的負担はありません。

Qリスクなし、データはそのままでPCを初期状態のように最適化する方法

はじめまして。
先ほどデフラグについてのニュースを見て、私のPCも最適化できないものかと思いこちらで質問させていただきました。

キャッシュの整理をすれば一番いいとは思うのですが、初心者なためキャッシュの整理にはリスクがつきまとうと言われ断念しています。

他に、システムデータやドキュメントなどをそのままにしてリスクなしにPCを最適化する方法はありますでしょうか?

できればリスクなしに、キャッシュの整理ができればいいのですが…
デフラグはしてみたのですがあんまり効果なしでした。。。

最近、メモリが異常に使われる気がするのでどうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>キャッシュの整理
システムメモリの整理のことですか?それなら市販、フリー共にたくさんありますよ。

おそらくレジストリ(システムやアプリの情報ファイル)の断片化が進んでいると思われます。
これを解消するツールはありますが安全ではありません。最悪起動しなくなり再インストールになります。
システムのバックアップをとって実行してください。

Q業務委託から完全独立開業、開業届は?

3年前から昨年まで業務委託で収入を得て、白色申告していました(昨年分は還付申告で、先月済ませました)。

当時は業務委託契約=個人事業主という意識がなく、開業届は出していません。

現在の状況ですが、昨年で業務委託先を辞め、今年3月に完全に独立開業をする予定です。

できれば青色申告を申請したいと思っていますが、開業届を出さないと申請出来ないと聞きました。

そこで開業届を出すつもりだったのですが、あるサイトには白色申告をすると同時に開業していることになるという情報もありました。

この場合は、改めて開業届を出さなくてはいけませんか?

出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
それとも完全に独立開業した日にするのか…

税務署は確定申告時期で中々詳しく聞きづらいので、もしわかる方いらっしゃったら回答頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

> 出す場合は、開業の日付は業務委託契約の期間に初めて確定申告をした日などにするのか…
> それとも完全に独立開業した日にするのか…

届け出はあくまでも事実の通知です。
なので、開業の日付は実際に営業を開始した日です。すなわち業務委託契約の締結日です。


人気Q&Aランキング