人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

èは英語のisの意味で、c'èは~がある、いるという意味だと参考書に書いてあるのですが、使い分け方がよく分かりません。La casa di Vittorio è in centro, ma non è grande(ヴィットーリオの家は、中心街にあるが、大きくない)この例題は何故èが使われているのでしょうか?
また、ci sonoとdove sonoの違いもよくわかりません。ci sonoは~がある、いるの複数形と書いてありましたが、dove sonoはどんな意味なのでしょうか?例題では Dove sono Roberta e Vittorio(ロベルタとヴィットーリオは、どこにいますか)となっているのですが、ここはci sonoではダメなのでしょうか?
まったくの初心者でして、基本的なことが分かっていなくて申し訳ありませんが、どなたか教えて頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

è…動詞「essere」の3人称単数形。

意味…(場所)<…に>ある、(状態)<…に>ある。

「essere」の活用形
3人称単数…è
3人称複数…sono

c'è…副詞の「Ci」(そこに、そこに、あそこに)+動詞「essere」の3人称単数「è」が結合した形。意味…そこに(Ci)ある(è)
(Ci の「i…母音」と è で母音が重なるので、イタリア語の場合前の単語Ciの「i」が取れて、è と結合して C'è になる)

主語が
3人称単数の場合…C'è (Ci è)「そこに、(これが)ある。」に
3人称複数の場合…Ci sono 「そこに、(これらが)ある。」になる。

-----------
「dove」は『どこに?』という意味の「疑問」をなげかかる副詞。(英語のWhere)

なので、
Dove sono~? 「どこに~あるの?」 と
Ci sono~.「そこに~ある。」は同じ意味では使えません。

---------------
La casa di Vittorio è in centro, ma non è grande(ヴィットーリオの家は、中心街にあるが、大きくない)

La casa di Vittorio …ヴィットーリオの家
è in centro, …それは中心街にある
ma …でも
non è grande…それは大きくない


Dove sono Roberta e Vittorio(ロベルタとヴィットーリオは、どこにいますか)

Dove sono…どこにいるの?
Roberta e Vittorio…ロベルタとヴィットーリオ

と文章を分解して意味を理解すると、分かりやすいと思います。
    • good
    • 0

これらの場合、英語と比較するとわりと違いがはっきりすると思いますがいかがでしょう。



c'è, ci sono = there is, there are

ci は「そこ」とか「ここ」というのが原義で、essere (=be) とともに使うと、文字通りは「ここ・そこにある」ですが英語と同じように存在そのものを表すようになったものです。

c'e una casa = there is a house (通常はこれだけでは漠然としすぎるので場所の語句を付け加えます)「家がある」

この構文では、名詞は不定冠詞のついた(定冠詞のつかない)「不定なもの」であるのが普通です。和訳が「~がある」という点にも注意してください。

定冠詞の付いたものや、固有名詞など「特定されたもの」の存在は essere, be 動詞を使います。

La casa di Vittorio è in centro. = Victor's house is in the centre.(和訳が「~は…にある」であることに注意)


不定なものは新しい情報で、文頭に置くよりも文末に置いた方が自然なためこういう構文が多くの言語で発達しました。


dove は where で、Roberta e Vittorio は特定されたもの(人)ですが英語でも Where are Roberta and Victor? と言うように、ci の入る余地はありません。

たとえ主語が不定なものであっても「どこ」と「(本来は)そこ」が同居するのは具合が悪く、ci sono? / are there? といったものはそもそも「あるかないか」が問題になっているのであって、「ある・いる」ことを前提として「どこにある・いる」と聞いているわけですから、動詞 essere/be だけで充分です。

いずれにせよ「どこにあるか」は dove è/sono (where is/are)? です。
    • good
    • 0

こんにちは。



「C'è ~」 は英語でいうところの「There is ~」に当たります。

「La casa di Vittorio è in centro, ma non è grande」
は、This is a penと同じ使い方のisで、上記を英語で言えば、
「The house of Vittorio is in town center, but (it) is not big」
となります。

doveは疑問詞で英語のwhereです。sonoはareですから、
「Dove sono ~?」
は英語の
「Where are ~?」
に相当します。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリア語の eについて

次のダイヤローグをお読みください。

Ne ho abbastanza di aspettare questo autobus!
Eccolo que arriva!
E incredibile, ha quindici minuti di ritardo!
Ed e pianissimo!
Basta, non ne posso piu!
Io vado a piedi.
Ma si, hai ragione, andiamo!

そこで質問です。

(1)“Ed e pianissimo!”の部分ですが、接続詞のeは次に母音で始まる単語が来ると必ず edにしなければならないのでしょうか?
(2)Bastaの品詞って何になるんでしょうか?

Aベストアンサー

ed/od をcongiunzione eufonica といいます。(eufonico=bel suono 反対語cacofonico=brutto suono).....edだけでなくodもあります。
目的は音をスムーズに流すため。

una ragazza bella e elegante/ una ragazza bella ed elegante

何度かくり返して両方を口に出してみて下さい。
最初の方はeの繰り返し部分でつまずく感じがしませんか。
接続詞によって繋がっている一つのグループが途中で区切られてしまうのは、耳障りです。その為、同じ音e/oがくり返される時にはdを足します。
その他の母音の前では、音がつまずくように感じるなら、入れますし、そうでないならそのままです。使いすぎはかえって耳障り、という人も多いです。各人の美的感覚に左右されるみたいです。
学問としての文法ではそこまで厳密な規定はないようです。

BASTA
動詞bastareの非人称形で、投間詞と同様に使います。


Italiano. Grammatica, sintassi, dubbi
http://www.internetbookshop.it/ser/serdsp.asp?isbn=8811504880
これを手元に置いておくと便利ですよ。

ed/od をcongiunzione eufonica といいます。(eufonico=bel suono 反対語cacofonico=brutto suono).....edだけでなくodもあります。
目的は音をスムーズに流すため。

una ragazza bella e elegante/ una ragazza bella ed elegante

何度かくり返して両方を口に出してみて下さい。
最初の方はeの繰り返し部分でつまずく感じがしませんか。
接続詞によって繋がっている一つのグループが途中で区切られてしまうのは、耳障りです。その為、同じ音e/oがくり返される時にはdを足します。
その他の母音の前で...続きを読む

Qイタリア語のHoについて。

初めまして!
数週間前から独学でイタリア語を始めました。
0からの勉強でわからないことだらけですが、単語や文章を丸暗記してる状態です。

そこで、疑問に思ったのですが、『Ho』という単語がよくでてきますが、これはいったい何なんでしょうか??
本の隅から隅まで見ましたが、『Ho』の説明がありません。

日本語と英語ではどんな意味または、使いかたなのでしょうか??
凄く初歩的なことだと思いますが、教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんの仰る通りですが、若干補足させて頂きます。

(伊)Ho una sorella. : (英)I have a sister.

このように、イタリア語のavereは英語のhaveにほぼ相当すると考えていいです。ただし、英語よりも活用が複雑で、avereは不定形なので英語と違ってそのまま使うことが出来ず、人称によって ho,hai,ha,abbiamo,avete,hanno というように変化します。

それから、#1さんの文で“Ho capito.”というのは、avereの直接法現在1人称単数形+capireの過去分詞で、これは近過去と呼ばれ 構造的には英語の現在完了に似ていますが、英語の過去形に対応する場合が多いです。しかし、この場合は英語でも“ I have understood.”と現在完了を使うのが普通ですが。

“Ho fame”は英語の直訳すれば have hungerですが、英語ではbe hungryと表現されます。このように、英語で「be+形容詞」で表わされるものがイタリア語では「avere+無冠詞名詞」になる表現もあるので注意が必要です。

#1さんの仰る通りですが、若干補足させて頂きます。

(伊)Ho una sorella. : (英)I have a sister.

このように、イタリア語のavereは英語のhaveにほぼ相当すると考えていいです。ただし、英語よりも活用が複雑で、avereは不定形なので英語と違ってそのまま使うことが出来ず、人称によって ho,hai,ha,abbiamo,avete,hanno というように変化します。

それから、#1さんの文で“Ho capito.”というのは、avereの直接法現在1人称単数形+capireの過去分詞で、これは近過去と呼ばれ 構造的には英語の現在完了...続きを読む

Qイタリア語の「perche」

イタリア語の「perche」に関する質問です。

接続詞として、「perche」と「percio」の違い、使い分けを教えてください。

また副詞、疑問詞としての「perche」と同じ働きをする語があれば、違い、使い分けを含めて教えてください。

どうぞ回答を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

接続詞としてのperche'について
1)基本的には理由・原因を表します。この場合は直説法を使います。
2)目的を表す事もあります。この場合は接続法になります。
(例)
1: studio l'italiano perche' voglio leggere dei libri italiani nell' originale.イタリアの本を原文で読みたいからイタリア語の勉強をする
2: studio l'italiano perche' io legga dei libri italiani nell' originale.イタリアの本を原文で読むためにイタリア語を勉強する。

2のperche'はper+不定詞でも代用可能な場合が多々あります。

「perche'」と「percio'」の違いについて
1: stasera vado a letto presto perche' ho mal di testa.
2: ho mal di testa percio' stasera vado a letto presto.
このふたつはまったく同じ意味ですが語順が違います。
perche'は「何故かと言うと」を表し
percio'は「だから」を表します。

接続詞としてのperche'について
1)基本的には理由・原因を表します。この場合は直説法を使います。
2)目的を表す事もあります。この場合は接続法になります。
(例)
1: studio l'italiano perche' voglio leggere dei libri italiani nell' originale.イタリアの本を原文で読みたいからイタリア語の勉強をする
2: studio l'italiano perche' io legga dei libri italiani nell' originale.イタリアの本を原文で読むためにイタリア語を勉強する。

2のperche'はper+不定詞でも代用可能な場合が多々あ...続きを読む

Qイタリア語: molto と tanto の違い

どのように使い分けしたらいいですか?

Ci sono molti fiori.
C'e tanta gente.

Aベストアンサー

moltoもtantoも数や量の多いことを示す不定形容詞です。性数変化します。意味と用法はほとんど同じですが、tantoは量的な意味によく使われます。まったく同じ使われ方もする(出来る)ので慣用句として覚えざるを得ないかと思います。強いて言えばtantoは単に多い少ないではなく、気持ちの上で「そんなに」と漠然と何かと比較するところがあるように見えます。(ニュアンスの差です)

molto (対語 poco)
E un uomo di molta pazenzia.
彼はとても辛抱強い人だ。
Faceva molto freddo.
とても寒かった。
Con molto piacere
大喜びで(喜んで)

tanto
In questo mondo c'e tanta ingiustizia.
この世には多くの不正がある。
E uomo che possiede tanto denaro.
彼は金をうんと持っている男だ。
A che ti servano tanti libri?
こんなにたくさんの本を何に使うの?

Ho molta fame= ho tanta fame.
とてもお腹が空いた。

両方とも副詞として動詞を修飾することが出来ます。

moltoもtantoも数や量の多いことを示す不定形容詞です。性数変化します。意味と用法はほとんど同じですが、tantoは量的な意味によく使われます。まったく同じ使われ方もする(出来る)ので慣用句として覚えざるを得ないかと思います。強いて言えばtantoは単に多い少ないではなく、気持ちの上で「そんなに」と漠然と何かと比較するところがあるように見えます。(ニュアンスの差です)

molto (対語 poco)
E un uomo di molta pazenzia.
彼はとても辛抱強い人だ。
Faceva molto freddo.
とても寒かった。...続きを読む

Qイタリア語での年月日表記について…

イタリア語での年月日表記について…
はじめまして。
早速ですが、イタリア語で「2010年7月25日」を表記するとどうなるのでしょうか?英語などでは並びが日本と違ったり、月が数字ではなくアルファベットの省略形になったりするのでイタリア語での一般的な表記を知りたいです。
ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!

Aベストアンサー

かなり形式的な(格式張った)表し方では、
il 25 luglio dell'anno 2010
普通に形式的なのは、
il 25 luglio 2010
日の前の定冠詞は、日(数)の表記が母音から始まるときは、"l'"になります。例えば8は"otto"ですから、8日は"l'8"、11日は"l'11"と書きます。

手紙などでは、
25 luglio 2010
もっとくだけると(絵葉書など)、
25/7/2010

月名の省略形は、順に、
gen-feb-mar-apr-mag-giu-lug-ago-set-ott-nov-dic
ですが、省略形を表す"."は、付けても付けなくてもいいのです。カレンダーなどによく用いられています。

Qイタリア語の男性名詞と女性名詞の見分け方について教えてください。

イタリア語の男性名詞と女性名詞の見分け方について教えてください。

例外がいくつかありますが

語尾がoで終わると大体は男性名詞
複数だとo→iに変化

語尾がaで終わると大体は女性名詞
複数だとa→e

というのは分かりました。


困っているのはここからで、語尾がeで終わっている単語の男性と女性の区別が分かりません。
単語の前に定冠詞や不定冠詞がついていたりすると、予想はつくのですが何もついていない場合はどうやって見分ければ良いのですか?

辞書で調べて暗記するしかないのかなと思っていて困っています。
もし、法則や効率の良い覚え方があれば教えていただけるととても嬉しいです。
お願いします。



たとえば・・・

estate   affare   bicchiere    carne   stazione    esame   impermeabile
carattere    cuore   cane   stagione    pesce

などの単語です。

Aベストアンサー

No.2です。
辞書をお引きになって調べられたのですね。
辞書を引いたら、例えば、
fiore→花
で終わってしまうのではなく、
fiore→花→il fiore
と、定冠詞を付けて繰り返すのです。そうすると、そのうちに、
花→il fiore
と出てくるようになります。(なるように頑張ってください・笑)

「孫」の性ですが、例えば、公園で小さい赤ちゃんを連れたお爺さんに出会ったとします。
主さんが、「Ciao! Suo nipote?」と聞いたとしましょう。お爺さんは、
「Si`, ma・・・mia nipote.」と答えるかもしれません。お分かりでしょうか?
男の子ならil nipote、 女の子ならla nipoteです。

法則通りのものも多いのですが、例外もまた多いです。例外は一つ一つ覚えるしかありません。
例えば、~aで終わる男性名詞は結構ありますし、単数と複数で性転換してしまう名詞もあります。
「木」は男性名詞、「果実」は女性名詞、「山・海・川・湖」は男性名詞、「月と曜日」は男性名詞、「都市・島」は女性名詞・・・など、もちろん例外もあるのですが、一応覚えておくと良いと思います。
また、特定の語尾を付けて男性名詞を女性名詞にすることもあります。
(pittore→ pittorice, dottore→ dottoressa など。いずれ学習されることと思いますので、この辺で。)

No.2です。
辞書をお引きになって調べられたのですね。
辞書を引いたら、例えば、
fiore→花
で終わってしまうのではなく、
fiore→花→il fiore
と、定冠詞を付けて繰り返すのです。そうすると、そのうちに、
花→il fiore
と出てくるようになります。(なるように頑張ってください・笑)

「孫」の性ですが、例えば、公園で小さい赤ちゃんを連れたお爺さんに出会ったとします。
主さんが、「Ciao! Suo nipote?」と聞いたとしましょう。お爺さんは、
「Si`, ma・・・mia nipote.」と答えるかもしれません。お分かりで...続きを読む

Qイタリア語:E の上にアッチェントでの入力は?

お世話になります。

Windowsでのイタリア語での
Eの上にアッチェントでのキーボード入力は?
忘れてしまいました。

至急教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。

最初の回答にミスがありました。

「'」(すなわち「Ctrl」+「7」)ではなく

「'」(すなわち「Ctrl」+「Shift」+「7」)と入力したあと、続けて、「Shift」+「e」です。

なお、私はイタリア語に精通しているわけではありません。ご質問のアッチェント、それに補足のアンチェントというのは、母音の上の「`」の逆向きと判断しました。日本語で言うアクセント付加記号のことでいいのですネ。

もし「`」(アッチェント・グラーベ)ならば、「Ctrl」+「Shift」+「@」)です。

上記は、イタリア語をインストールしていない場合です(私はそれをインストールしていないので確認できません)。普通の使い方で直接入力(IMEオフ状態)で、WORDで入力可能です。WORD以外では、この方法は使えないようです。

イタリア語をインストールすると、「@」「;」「:」などのキーがアクセント付加記号付きの文字に割り振られるのではないかと思います(ドイツ語などではそうなります)。「スクリーンキーボード」を起動して確認してください。

#1です。

最初の回答にミスがありました。

「'」(すなわち「Ctrl」+「7」)ではなく

「'」(すなわち「Ctrl」+「Shift」+「7」)と入力したあと、続けて、「Shift」+「e」です。

なお、私はイタリア語に精通しているわけではありません。ご質問のアッチェント、それに補足のアンチェントというのは、母音の上の「`」の逆向きと判断しました。日本語で言うアクセント付加記号のことでいいのですネ。

もし「`」(アッチェント・グラーベ)ならば、「Ctrl」+「Shift」+「@」)です。

上記は、イタ...続きを読む

Qイタリア語のアクセント記号の入力について

皆様のおかげでイタリア語の変換方法はわかったのですが、大文字のアクセント記号の入力方法がわかりません。教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

WORD限定です。大文字、小文字に限らず、イタリア語入力の設定は全く必要ありません。

当然ながら、直接入力でこれを行います。

「`」はそのまま、「´」は(WORDでは)「'」が見立てられています。ついでながらフランス語やドイツ語のセディーユ(セディラ)は「,」、ウムラウトは「:」が見立てられています。これを頭に入れておけば、あとは簡単です。

「Ctrl」+「'」(すなわち、「Ctrl」+「Shift」+「7」)とキーを押したあとで、「a」。これで「a」の上に´が付きます。イタリア語のアッチェント・グラーベだったら、「Ctrl」+「`」(すなわち、「Ctrl」+「Shift」+「@」)とキーを押したあとで、「a」。これで「a+`」です。

大文字の場合は、普通の入力と同じです。「Ctrl」+「`」のあと「Shift」+「a」です。

便利ですよ。試してみてください。

Qイタリア語の冠詞の要・不要について

andare/venire + 前置詞 + 場所 の文章で、場所の前に冠詞がつく場合とつかない場合が有るのはどのような説明がなされるのでしょうか。
同じandareの後でもついたりつかなかったり、国名の前でもついたりつかなかったり。
vado in macelleria
va al bar
vado in Flancia
vengono dal Giappone (全て今週のNHKラジオ講座の例文)

やはり文法書を購入した方がいいでしょうか。お勧めのものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ANo.1 さんの回答に、ちょっとだけ補足。

4.移動手段をあらわす場合、、、conを使う時は定冠詞が付きます。

andare in aereo/in treno/in macchina...
andare con l'aereo/ con il treno/con la macchina...

冠詞に限らず、規則があるのか・ないのかという説明は文法書にありますので、もっと知りたい!と思われる方なら、購入を考えて良いと思います。

とりあえず、お勧めか分かりませんが、私が使っている文法書を紹介します。
現代イタリア文法 著者 坂本鉄男 (頂き物でカバーを無くしてますので値段は分かりません)
辞書 小学館 伊和中辞典第2版 6600円
       和伊中辞典第1版 7000円
辞書は伊和の方がよく使いますね。簡単な文法説明も伊和中辞典の文中・巻末にありますので、まずはこれからでもいいかも知れません。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報