ポパイの計算では
1+2=0
6ー5=1
だそうですが、どういう計算でしょうか?ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

%の計算」に関するQ&A: %の計算

A 回答 (2件)

8×6=2ですね。



数字を図形として見たときに、「○」になってるところや「△」になってる
ところの数で計算します。

8だったら「○」が2つあるので2。
6は「○」が1つあるから1で、4は「△」が1つあるので1。
という感じです。

というわけで、例えば
4×1だったら0
9+8だったら3
になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

閉じた空間とは、そういう意味だったのですね。やっとわかりました。
ありがとうございます。

8×6=3

というのは、

8+6=3

の間違いでした。8×6なら2ですね。

深夜にもかかわらず、shigatsuさん、hero1000さん、素早い回答を
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/27 01:28

もしかして


8+9=3 とか
10+1=1 なんて感じかな?
100+1=2
100+10=3
そろそろ見えてきません?
100+100=4

ポパイの計算って言うのかどうか知りませんが、質問の計算からは「閉じた領域の数」じゃないかと・・・
違ってたらオリーブの計算ってことで逆に出題してみたら?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『閉じた領域の数』って何ですか?
この計算方法で、

8×6=3

になりますでしょうか?
もう少し具体的に教えていただけないでしょうか?

お礼日時:2001/05/27 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレバーのポパイ煮という料理の名前を見ましたが、その「ポパイ」の意味は何

レバーのポパイ煮という料理の名前を見ましたが、その「ポパイ」の意味は何ですか?
教えていただけませんか?
ありがとうございます。1?

Aベストアンサー

元気がでると言う意味でしょう、ポパイはピンチの時にほうれん草を食べると元気、パーワーを得ます、その事からポパイ=ほうれん草、ほうれん草=ポパイ。
なのでポパイはほうれん草の事でしょう。

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。

Qあんた ポパイ だろ !。

あんた ポパイ だろ !。
だって 何々だから!。


ポパイ と 何々 の部分を変えご回答下さい☆

Aベストアンサー

こんばんは

あんたパイポだろ
だって節煙だから

禁煙・出来ない・・・

Q(a+1)(a+2)の計算方法は、 (a+1)(a+2)=a+a+1+2 =2a+3 であっています

(a+1)(a+2)の計算方法は、

(a+1)(a+2)=a+a+1+2
     =2a+3

であっていますか?

Aベストアンサー

式が(a+1)+(a+2)なら、
=a+a+1+2=2a+3で合ってるが、

(a+1)(a+2)なら、(a+1)×(a+2)です。従って
=a*a+1a+2a+1*2
=a二乗+3a+2となります。

Q雑誌ポパイの創刊号はいくらするのでしょうか?

雑誌ポパイの創刊号はいくらするのでしょうか?

昔ポパイと言うアメリカ文化主にカルフォルニアあたりの大学の流行を日本で初めて紹介した
雑誌ポパイが創刊されました。

その当時私の兄が創刊記念号を保存していまいた。


今ではいくらくらいの価格でうれるのでしょうか?

Aベストアンサー

古書店のサイトで3000~4000円で売られていますので、買値は200円~500円程度でしょう。
良くても1000円には届かないと思います。

Q数学の(+12)+(ー8) =+(12ー8) =+4 とあるんですが2段目の式の+(12ー8)は、な

数学の(+12)+(ー8)
=+(12ー8)
=+4
とあるんですが2段目の式の+(12ー8)は、なんで12と8の間にーが来るんですか?
教えてください

Aベストアンサー

これで分かるかな

Q京急空港線・京急蒲田駅~糀谷駅間について

京急空港線・京急蒲田駅~糀谷駅間について

糀谷駅の上り線が高架となりましたが、上り線は京急蒲田駅方面はそのまま直進すると、京急蒲田駅の3階下りホーム(予定)に入り、渡り線を使って右側に転線すると京急蒲田駅2階上りホームに入りますが、普通これって逆じゃないんですか?

つまり、上り線を直進すれば京急蒲田駅2階上りホーム、下り線を直進すれば京急蒲田駅3階下りホームに繋がるのが普通だと思うのですが。

Aベストアンサー

おはようございます。
電車運転士をしております。

空港線が高架化完了すると、
上り電車:2階
下り:3階
……の関係になるので、
確かに、糀谷⇔品川方面を結ぶ列車は逆線走行しなければなりません。


しかし、これには理由があり、
■どうやっても逆線走行は無くならない。
■横浜⇔羽田空港系統の場合、京急蒲田駅で進行方向が変わるため、品川系統と比べるとどうしても停車時間が長くなってしまいます。
その為、蒲田⇔糀谷の駅間の運転時分が短くなる方を横浜系統にした。

これが線路配置の理由になります。

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Q京急蒲田とJR蒲田

3連休に羽田空港から千鳥町まで行く予定です。そこで一番の最短での道を調べているのですが、羽田から京急蒲田に行って、そこからJR蒲田まで徒歩で、千鳥町へと向かおうと思っています。時間短縮の為、京急蒲田からタクシーに乗ってJR蒲田まで行こうと思うのですが、道路って混雑していて動かなかったりしますか?ちなみに午前中の移動です。ネットで検索したらこのあたりは交通渋滞が多いってありましたので。もし混雑するようであれば、京急蒲田からJR蒲田まで徒歩で向かう予定です。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

京急蒲田で乗るタクシーの場所によって凄く違うでしょう。

第一京浜国道沿いで乗ると、京急の線路を越えなければならないので、徒歩よりタクシーの方が時間がかかってしまうかもしれません。

JR寄りでタクシーに乗れば線路を越えないですむので、感覚的に一瞬で到着しちゃうでしょう。

車はたしかにいつでも多いですが、とにかくくせ者は京急の踏み切りです。

蒲田は20年以上なじみの町ですが、京急蒲田-JR蒲田をタクシーで移動したことは一度もないです。

荷物が多くなければはじめから徒歩移動で予定をたててもいいのでは?
と思います。

Q(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、 a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1 =a^2

(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、

a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1
=a^2+b^2−1

であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

順番通りに機械的に計算するのがコツです。

左の a と 右の a, -b, +1 をかける。
左の b と 右の a, -b, +1 をかける。
左の -1 と 右の a, -b, +1 をかける。

これを 「a・aがあって、b・bがあって...」と考えながらやると、抜けが出てしまいます。

あとは、既に出ていますが X=a+b とすると、よく知られた公式だけで解くことができて簡単になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報