世界中で猫が大好きな人は居られると思いますが
フランスでも同じく、とても猫が好きな人が沢山いると聞きます。

日本では猫好きの事を猫バカとか色々言われるようですが
フランスでは大の猫好き、猫バカさんの表現はあるのでしょうか。

猫が大好きで大好きで仕方ない人の事を何んと呼ばれているのか知りたくて
質問させて頂きました。

できればフランス語の綴りなどもお教え頂けると幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 On est fou des chatsと言えば、猫大好き!という意味になる(口語的)。

またYoutubeにはchat fouという動画が沢山あるけれども、これは気の狂った猫という意味ではなく、愛くるしい猫ちゃんという意味なのだろう。やつは猫バカだよと言いたければ、Il est fou des chats。ある程度フランス語がおできの方のようだから、言うまでもなかったか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなり申し訳ございません。

ご親切な説明を頂きありがとうございます。

やはりそのような言い回しがあるんですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/01 13:11

Amateur de chats アマター ドゥ シャ



あるいは

Ami de chats アミ ドゥ シャ

学名的には

Félinophile フェリノフィル
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなり申し訳ございません。

学名的にもあるんですね。
猫の支持者となるんでしょうか。

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/08/01 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語 好き/大好き/愛してる・・・ の表現方法

フランス語を勉強し始めたばかりの者です。

「~大好き!」といった表現なのですが、翻訳サイトには限界があるのと、英語で言う Love と Like = フランス語のニュアンスの違いがよく解らないもので、ご指導いただけたらと思い質問いたします。

翻訳サイトで、例えば“I love music”“I like music”を訳すと、共に“J'aime la musique”と出てきます。
日本語で言う“音楽大好き”/または英語で言う“I love music!”は、love/like(very much/ a lot)共にフランス語に置き換えると、“J'aime~”を使うのでしょうか?
“J'aime”は、フランス語初心者の私には少しヘビーな愛の色があるのですが・・・。

また、英語では、例えば好きなコメディアンなどに対して“Oh, he's amazing! I just love him!”といった感じで気軽に love を使い、これをlikeにすると、“彼、いいよね=He's okay/good.”といったニュアンスの違いが出るように思うのですが、フランス語の場合、これはどのように使い分けるのでしょうか?

どうぞアドバイスを頂けましたら幸いです。

フランス語を勉強し始めたばかりの者です。

「~大好き!」といった表現なのですが、翻訳サイトには限界があるのと、英語で言う Love と Like = フランス語のニュアンスの違いがよく解らないもので、ご指導いただけたらと思い質問いたします。

翻訳サイトで、例えば“I love music”“I like music”を訳すと、共に“J'aime la musique”と出てきます。
日本語で言う“音楽大好き”/または英語で言う“I love music!”は、love/like(very much/ a lot)共にフランス語に置き換えると、“J'aime~”を使うのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

●物に対する言い方
普通に「音楽が好き」と言う時は、"J'aime la musique." ですね。
それが「ものすごく好き」「大好き」になると、"J'adore la musique." となります。(動詞"adorer"は「熱愛する、大好き」という意味で、これが一番「大好き!」というのが伝わります。)
その他、"J'aime beaucoup la musique."も言えますが、"J'adore..."に比べると冷めた感じがします。


●人に対する言い方
人に対して「好き」という場合ですが、
"Je t'aime." と言えば「愛してる」ですよね。
で、相手に対してそういう感情を抜きにして人間として「好き」と言いたい時は、
"Je t'aime beaucoup." とか "Je t'aime bien." とか言います。

"Je t'aime."は恋愛感情あるいは真の愛情の入った相手(恋人や家族)にのみ使える、いわば最上級の愛の表現です。
それに対して、"Je t'adore."は、同性、異性の友達にも「大好きだよ!」っていう感じで使える言葉ですね。(これもやはり"Je t'aime beaucoup/bien."というよりも好き度は大きくなります。)


ということで、質問者様の挙げられた例をとると、
I just love him! = Je l'adore!
これをlikeにすると、
Je l'aime bien.
という感じになります。

●物に対する言い方
普通に「音楽が好き」と言う時は、"J'aime la musique." ですね。
それが「ものすごく好き」「大好き」になると、"J'adore la musique." となります。(動詞"adorer"は「熱愛する、大好き」という意味で、これが一番「大好き!」というのが伝わります。)
その他、"J'aime beaucoup la musique."も言えますが、"J'adore..."に比べると冷めた感じがします。


●人に対する言い方
人に対して「好き」という場合ですが、
"Je t'aime." と言えば「愛してる」ですよね。
で、相手に対してそ...続きを読む

Qフランス語Vraiment moiの綴りと発音について

こんにちは。

ある質問者の方の、締め切りになってしまったお礼コメントに回答できないため、代わりに綴りと発音の確認をお願い致します。

1.Vraiment moiの綴りは、タイプミスで誤ってVraiementと書いてしまいましたが、これで合っていますか?Vraiとmentの間に「e」は必要ありませんね。

2.発音は「ヴレモン・モワ」でよろしいですか。

ご確認のみで結構ですので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この前は英語の仮定法の質問にお答えいただき、ありがとうございました。

>Vraiとmentの間に「e」は必要ありませんね。
私もつい間違えそうですが、vraiのように母音で終わる形容詞を副詞にする時はeは不要ですね。他には joliもそうです。

>発音は「ヴレモン・モワ」でよろしいですか。
フランス語の発音をカナで書くことに無理がありますね。モワは、mwaと発音します。

Je me demande quel est l'intention de cette question...

Qフランス語、手書きの綴りの推測と訳を教えてください。

民宿を経営しています。先日フランス人のお客様から当宿の印象についてコメントを書いていただいたので、それをそのままウェブに掲載したいのですが、私はフランス語が読み書きできない上、手書きのため正しい綴りを読み取ることができないでおります。ここに推測する綴りで全文を転載しますので、どなたか正しいスペルを推測して清書していただけないでしょうか。意味については翻訳ツールを使用して解析するつもりでおりますが、お手数でなければ併せて教えていただけると幸いです。ちなみに、<>内が辞書ツールでも検索できない、明らかに綴りが間違っていると思われる箇所です。アクサンについてはここでは正しく表示されないようですので、省略しています。よろしくお願いいたします。

Une maison d'hote tres <accueillante> et <chaleureuse> oui il fait bon de vivre (au rythme Japonais). Une base de repli (ou un Q.G.) <indispensabld> pour des vacanciers qui souhaitent profiter de la region.

民宿を経営しています。先日フランス人のお客様から当宿の印象についてコメントを書いていただいたので、それをそのままウェブに掲載したいのですが、私はフランス語が読み書きできない上、手書きのため正しい綴りを読み取ることができないでおります。ここに推測する綴りで全文を転載しますので、どなたか正しいスペルを推測して清書していただけないでしょうか。意味については翻訳ツールを使用して解析するつもりでおりますが、お手数でなければ併せて教えていただけると幸いです。ちなみに、<>内が辞書ツール...続きを読む

Aベストアンサー

辞書ツールで探せなかった原因のひとつは名詞の「性」によるものだと思われます。
フランス語での名詞は男性と女性で分けられ、それにかかる形容詞も語尾(?)が変わります。
Maison(名詞:家)は女性なので、それにかかる形容詞も女性となります。
辞書には男性が載っているから探せなかったのでしょう。
accueillant(男)= accueillante(女):愛想のいい・歓迎してくれる
chaleurex(男)= chaleureuse(女):暖かい・心のこもった

後<indispensabld>は、indispensableです(おしい!)。意味は「必要不可欠」。
それ以外はアクサンを加えて頂ければ大丈夫です。

Une maison d'hote tres <accueillante> et <chaleureuse> oui il fait bon de vivre (au rythme Japonais).
直訳:とても歓迎的で暖かい民宿 生きてるって素晴らしい(日本のリズムで)
⇒とても暖かく、歓迎的な民宿でした。本場(日本)の慣わしに従って、楽しく日々を過ごすことが出来ました。

Une base de repli (ou un Q.G.) <indispensable> pour des vacanciers qui souhaitent profiter de la region.
直訳:地方・地域(region)を有効に使う・楽しい時間を過ごす(profiter)ことを望む(souhaitent)バカンスを過ごす人達には必要不可欠な退却基地(あるいは本部:Q.G.= quartier general)である。
⇒ここ(この地方)で楽しい休暇を過ごしたい(楽しい旅をしたい)人(観光客)には必要不可欠な休み所です。

といったところでしょうか。
そのフランス人の方がどういう方なのか分からないので、ニュアンスの方はoakenshawさんにお任せします。
直訳と全体の雰囲気に合わせて訳した文章を、ご自分なりに混ぜたりするのもありです。

ではでは!

辞書ツールで探せなかった原因のひとつは名詞の「性」によるものだと思われます。
フランス語での名詞は男性と女性で分けられ、それにかかる形容詞も語尾(?)が変わります。
Maison(名詞:家)は女性なので、それにかかる形容詞も女性となります。
辞書には男性が載っているから探せなかったのでしょう。
accueillant(男)= accueillante(女):愛想のいい・歓迎してくれる
chaleurex(男)= chaleureuse(女):暖かい・心のこもった

後<indispensabld>は、indispensableです(おしい!)。意味は「...続きを読む

Qフランス語の「ジビエ」の綴り

フランス語では野鳥狩猟のことを
ジビエと言いますが、どう綴るのでしょうか?
是非、教えて下さい。

Aベストアンサー

こういうこと?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%93%E3%82%A8

Qたぶんフランス語です。綴りもわからなくて調べようがありません・・・・

今BSで放送している「名探偵ポアロ」を楽しんで見ています。
ベルギー人の彼はよく会話の中にフランス語を混ぜます。
例えばメルシー、ボンジュール、ムッシューなどなど。
とまぁ、ここまでは私もわかるのですが
彼がよく口にする言葉で意味のわからないものがあるんです。
それは「ボン」、「モナミ」そして「モンデュー」です。(いまのところは)
綴りがわからないので調べようもなくて・・・・。
「ボン」は会話の流れからして「よろしい」とかっていう意味かな?
もしかしたらボンジュールのボン、つまりgoodかな?と予想しています。
「モンデュー」は悪い状況になった時に使われているように見受けられます。
「モナミ」はそんな予想さえ出来ません。
すごく気になって気になって・・・・
どなたかスッキリさせてくださいませんか?お願いします!

Aベストアンサー

ボン、灰色の脳細胞を持つ私ポワロめが説明いたしましょう。

●Mon dieu! (英語の“my God!”)
「なんと!」「おやまあ!」など、驚いた時に使いますぞ。
●mon ami (英語のmy friend)
「友よ」という親しい呼びかけですな。おお、モナミ、ヘイスティングス!
●bon (英語のwell)
「よろしい」という意味もありますが、「さてと」「じゃあ」「では」なんて時にも使いますぞ。

すっきりしていただけましたかな?ミス・レモン?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報