AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

浄土宗の或る寺(都会)に墓を持つ者です。檀家に準じた扱いを受けており、庫裏の立て替えにあたり、いくらか負担しています。実は、前住職が数年前に亡くなり、歳の離れた奥様と石材業者で実質運営してきました。前住職に子供は居ません。最近やっと新しい住職が決まったとのことで、継承の挨拶状が来ました。浄土宗では住職は総本山の知恩院さんから「派遣」されるようです。内容は通り一遍のものでしたが、その末尾は新住職と「内室○○」と前住職の奥さんの連名でした。苗字は異なりました。この場合
1)前住職の奥さんと新住職が結婚し、前住職の奥さんが居座った。
2)新住職が「通い」で、前住職の奥さんが居座っている。
3)結婚した旨の記載はないので、前住職の奥さんは出て行く。
のどちらと受け取ればよいのでしょうか?
そもそも浄土宗では死亡した前住職の妻(家族)は無制限に居座ることができるのでしょうか?
前住職の奥様が相当変った人なので、1)2)であれば、しばらく行くのは止めたいのですが。
変な話で恐縮です。宜しくご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

連名で、「内室(苗字は前住職)○○」なら、「新住職が派遣されてきたけど前住職夫人もまだいるよー」ということじゃないですか?



1)前住職の奥さんと新住職が結婚し、前住職の奥さんが居座った。

仮にこれだとしたら大したものですね。まずないとは思いますが。


2)新住職が「通い」で、前住職の奥さんが居座っている。

仮に「通い」であるとしたら、近隣寺院のお弟子さんか、兼任でしょう。または、引き継ぎ期間ではあるが前住職夫人と生活を共にするわけにはいかないので、短期的に住居を借りて通っているか。


3)結婚した旨の記載はないので、前住職の奥さんは出て行く。

この可能性が最も妥当でしょうが、身寄りがなければ基本的に出て行って生活するのも難しいですからね。居住スペースが許せばしばらく居座るのかも知れません。


いずれにしても、住職新任の入山式や挨拶があるでしょうから、その折にハッキリします。それまでは用事以外控え様子見でもよろしいのでは?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお坊さんが亡くなったときの弔慰金

もともとは母方の祖父母(母から見ると父母)が檀家としてお世話になっていたお寺の住職がこの度お亡くなりになられました。

去年・今年と相次いで祖父母が亡くなったため、現在はその子供(母その他兄弟?)が檀家となっているようです。

この場合、母はお寺に弔慰金は幾らくらい包めばいいのでしょうか?

お寺の規模やお世話の度合によっても金額が違ってくるとは思いますが、常識としての金額の検討がつかないため質問させていただきました。

ちなみにそのお寺は関東近郊にあり、名前も有名ではないごくごく一般的なお寺です。

弔慰金を納付する以外にも「これはしておいた方がいい」ということがありましたら併せてご回答いただけると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

坊さんです。
状況によって、ご質問では不明な点が多いのでご返事が難しいのですが、通常、住職が亡くなったときには、檀家による寺院葬があります。
その案内は、檀家の寺役員が協議し詳細を決定し、檀家総代から全檀家に通知があります。
その際に、予定される支出から逆算した各檀家への負担金という形で、香典や弔慰金の金額が指定されています。
つまり檀家全体で行うこととして、その行事一切の支出額が先に確定してから、その分担金としての負担依頼が役員からあるはずです。
檀家としての地位を承継した方(通常はお母様ではなく、墓所の使用権を承継する等、檀家の地位を承継した男子の場合が多いです。)に通知がありますので、その金額を兄弟姉妹で分担すればよいのではないでしょうか?
通常、住職の葬儀は密葬後に本葬となり、密葬時には檀家総代、世話人等の寺役員程度で、一般の檀家さんの会葬は檀家で行う寺院葬としての本葬時になると思います。
日にちに余裕があるはずですので、総代・世話人等の寺役員さんに今後の予定を確認されてから弔慰金等のことは考えればよいはずです。
なお、金額がお寺の規模やお世話の度合によって異なるということよりも、その宗派での習慣、組内寺院の数、その寺院の檀家数で異なるという要因の方が大で、これで数倍異なることになります。

坊さんです。
状況によって、ご質問では不明な点が多いのでご返事が難しいのですが、通常、住職が亡くなったときには、檀家による寺院葬があります。
その案内は、檀家の寺役員が協議し詳細を決定し、檀家総代から全檀家に通知があります。
その際に、予定される支出から逆算した各檀家への負担金という形で、香典や弔慰金の金額が指定されています。
つまり檀家全体で行うこととして、その行事一切の支出額が先に確定してから、その分担金としての負担依頼が役員からあるはずです。
檀家としての地位を承継...続きを読む

Qお寺の住職の奥さんを「大黒さん」と呼んでいるようですが、

お寺の住職の奥さんを「大黒さん」と呼んでいるようですが、
住職の母親の場合の、特別な呼び方はあるのでしょうか。
ご存知の方、いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

伝統的には、住職の父親は「老院様」、住職の息子は「若院様」と呼ばれております。それに対して、住職の妻や母親は何と呼ばれているかと申しますと、「住職」という制度上の呼称の対語としては、妻は「坊守」(ボウモリ)、母親は「前坊守」(ゼンボウモリ)と言いますが、日常的には、こういう呼び方はあまりいたしません。
地方によって様々のようです。一昔前までは甚だ大時代的な呼称が生きておりまして、妻は「御新様」(ゴシンサマ)(もしくは「若奥様」)、母親は「奥様」(もしくは「大奥様」)と呼ばれていたようです。母親(姑)が亡くなると、妻が「奥様」に格上げとなったわけです。その他、宗派や格式の違いによって、様々な呼称がございます
出典:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/shiunji/post/qa2000.html


人気Q&Aランキング