プロが教えるわが家の防犯対策術!

LEDや光の強さに詳しくないので教えて下さい。

例えば、太陽光と同じ光の強さ(カンデラ? ルーメン?)を持つLEDパネルを作ろうと思ったとき、どういったLED球をどのくらい組み合わせれば代替品ができますか?

受光部はパネルから30cm程度離れていて、1m2とします。



■ 太陽光と同じ強さが無理なら、どの程度が実用的に作成可能でしょうか?

ちなみに費用は1m2あたり3000円程度かなぁ・・・無理して5000円くらい?・・・・・



またその時の消費電力とそれをまかなう為の、太陽光発電パネルはどのようなものになるでしょうか?

詳しい方からの簡潔で且つ合理的な回答をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

光の強度に関しては、御存知のとおりルクス、ルーメン、カンデラがあります。


太陽光の強さは、1太陽光度は、3.8 × 10²⁶ Wというとてつもない大きさ・・
   380,000,000,000,000,000,000,000,000ワット
100万キロワットの原子力発電所が、38京、38000兆基も必要になります。

 よって太陽ではなく太陽光が照らす強度となると・・
ルクスが一番最適でしょう。
 昼間のグランドが10万ルクスと言われていますから、1メートル離した場所から照らすとして、1平方メートル当たり10万ルーメン必要ですから、100ルーメンの発光ダイオードで150円~300円として
 ⇒LED(発光ダイオード)/パワーLED 秋月電子通商 電子部品 ネット通販( http://akizukidenshi.com/catalog/c/cpwrled/ )
 一万個必要になりますから、それだけで100万円~300万円ですね。

 LEDは効率からすると蛍光灯と変わりません。蛍光灯にしたら???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

かなりの出費で、実現不可能になりそうです。

お礼日時:2013/08/28 21:16

> 費用は1m2あたり3000円程度かなぁ・・・無理して5000円くらい


1ケタ間違ってませんか?

LEDの出す光の波長は狭いので、LED光源で太陽光と「ほぼ同じ」スペクトル分布の光を作るのだって現実的には不可能なんですが、その話は置いておいて今は明るさに絞って検討してみましょうか。


受光部での明るさを問題にするなら、「ルクス」から見るべきですね。
1ルーメンは「1m2範囲を1ルクスで照らせる」って光束の強さを表した単位です。

真夏の日中の太陽 約100,000ルクス
冬の日中の太陽 50,000ルクス

ちなみにオフィスの照度は製図など細かい作業が想定される場合の手元で750ルクス以上、一般事務所では同じく500ルクス程度ってところです。

LEDは点光源ですから、距離の二乗に反比例して照度が低下するはず(縦横に拡散するから)。
一般的な事務所では天井の照明から机まで2mってところですか。
2mから30cmまで近づけば単純計算で照度は約45倍。ってことは、机上で500ルクスの事務所と同じ照明を使えば22,500ルクス程度が期待できそうです。お、冬のうす曇り程度の照度は確保できそうですね。1m長の蛍光灯1本で30cmの距離から十分に照らせるのは30cm幅ってところでしょうから、1m幅を照らすには最低4本ほど必要でしょう。つまり、1m2あたりLED蛍光灯を6~8本ほどの割合で並べていけば、30cm距離で春先~夏の太陽光並みの照度が確保できそうです。

消費電力は25w×8本=200ワット。ソーラーパネルなら最低限1.2m2分が必要ですね(その程度の面積なら最大出力が200Wに届く)。一日分の電力を確保するなら、太陽追尾型としても最低その4倍以上の面積と充・給電設備が必要でしょう(一日の内8時間発電できるとして、温度上昇による発電効率の低下や充給電時の損失も踏まえた、かなり楽観的な数値)。
一年間連続使用を考えるなら、さらにその5倍以上が必要かな(曇天や光量変化を考慮した、同じく楽観的な数値)。
…まぁLED蛍光灯6本って段階で既に5,000円/平方mごときの投資じゃ無理無理なんで、これぐらいにしますけど(^^;


ちなみに光源を自作するとしても、個人調達では1WクラスのパワーLEDは単価が100円超えるし、単価5円程度のチップLED1000個で配線を頑張るとしても、10平方センチに1個って割合では目的の照度には到底届かない。他にも変圧器や放熱器など費用がかかるので、5,000円/平方mごときの投資じゃ、やはり到底実現できないように思います。
2~3年程度の使用なら、電気代考えても普通に蛍光灯を使った方が断然安いでしょう(^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

簡単に考えていましたが、やはり太陽光って凄いですね。

再検討してみます。

お礼日時:2013/08/28 21:10

それほど詳しいわけではありませんが。



その目的を書いた方が的確な答えが得られると思います。

人の見た目で、明るさや色が同じくらいならいいのか?
各種測定器で測定しても、太陽光と同等の性質が必要なのか?

通常の白色LEDは、光の波長成分が一定ではなく、特定の波長にピークがあります。ほぼ満遍なく分布する日光とは違います。
また、紫外線/赤外線も日光に比べると少ないです。もし、これらの波長が必要なら、紫外線/赤外線LEDを追加する必要があります。

明るさ等は、LEDのデータシートで確認してください。
使用するLEDの種類と数が決まれば、消費電力の見積りができますので、それに対応する太陽光発電パネルもわかります。



通常、太陽光をシミュレートした実験等には、それ用に調整された光源を使います。
例えば
http://www.cion-net.com/func0/item13/i3055.htm
等。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

出費が大きいので、今回は見送ることにします。

お礼日時:2013/08/28 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自然の光に近いLEDダウンライトの選び方

自然な色合いに近く見えるダウンライト LED を探しています。
演色性(Ra)が100に近いほど自然に見るといいますが、昼白色タイプ 電球色タイプ 昼光色タイプ
温白色タイプ 白色タイプ と、色合いがあり、光の色が違えば自然色とは違ってきてしまうと思います。

自然の光にできるだけ近いLEDダウンライトをと思うと、どの色タイプが一番おススメですか?

また、6畳の部屋を一般的なシーリングライトと近い明るさで部屋を照らそうと思ったとき、ダウンライトはいくつ必要になるでしょうか。
ダウンライトも明るさの性能がいろいろあるようなので、この場合はいくつ。と書いていただけますと助かります。

他にも自然に近く見えるものを探す際、他にも気をつけておきたい性能数値がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、
>演色性(Ra)が100に近いほど自然に見える
ということですが、自然光に近いという意味ではRa85以上がお勧めです。

他の方も回答していますが、自然光といっても色温度といって朝夕のオレンジ(色温度3000K)~昼間の白っぽい色(6500K)まで幅があります。
昼間のイメージならば、「昼光色」を選んでください。色温度は6500K程度でしょう。

「シーリングライト」といわゆる「ダウンライト」は、そもそも設計上の考え方が違います。
シーリングは、部屋全体を照らすように、配光角が広くなっていますが、ダウンライトは廊下やテーブルなどスポット的に明るくするようになっています。

6畳用の蛍光灯シーリングライトで器具光束が大体8000lm(約80W消費)として、60w電球相当のLED電球(口金E26 消費8.5w)の光束が850lmとすると、約10個分です!(器具光束だけの計算ですが)

蛍光灯は、新品状態から数ヶ月で1-2割程度は暗くなってしまうことを考えても、60wタイプのLED電球が8個は要りますね。(消費電力で8×8.5W=約70W)

こうやって見てみると、蛍光灯シーリングライトを同じ明るさを維持してダウンライトに置換するのは、結構大変そうです。(配置も大変ですし、配光角を左右する器具の選定も悩むところです)
ただし、天井や壁の色や、反射の具合、家具の配置によって実際の明るさ(lmでなくlx)は大きく変わります。

ご参考までに。

まず、
>演色性(Ra)が100に近いほど自然に見える
ということですが、自然光に近いという意味ではRa85以上がお勧めです。

他の方も回答していますが、自然光といっても色温度といって朝夕のオレンジ(色温度3000K)~昼間の白っぽい色(6500K)まで幅があります。
昼間のイメージならば、「昼光色」を選んでください。色温度は6500K程度でしょう。

「シーリングライト」といわゆる「ダウンライト」は、そもそも設計上の考え方が違います。
シーリングは、部屋全体を照らすように、配光角が広くなっていますが、...続きを読む

Qワットをルーメンに換算すると?

お願いします。

ワットをルーメンに換算?すると何ルーメン必要なのか教えてください。

40Wだと、何ルーメン必要なのか?60Wだと?80W、100Wだと?

詳しい換算表などのサイトを探したのですが、見つかりませんでした。

お詳しい方、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

20W-170lm 30W-325lm 40W-485lm 60W-810lm 100W-1520lm 日本電球工業会の資料より。数値はE26口金一般電球の場合。
ずいぶん前の新聞の記事にありました。
お役に立つかどうか。

日本電球工業会のHPに同様な記載があります。
http://www.jelma.or.jp/05tisiki/pdf/shoumeiYougo_tan-i.pdf

Qカンデラ、ルクス、、ルーメン、ケルビン。明るさの基準になる数値はどれ?

カンデラ、ルクス、ルーメン、ケルビン等
光に関する単位(?)は沢山ありますが
明るさの基準になる数値はどれですか。
ウィキペディアに載ってるような難しい言葉ではなく
イメージしやすい簡単な言葉で教えてください。

Aベストアンサー

「ルクス」「ルーメン」「カンデラ」は測り方が違いますが、どれも明るさの単位です。

「カンデラ」と「ルーメン」はどちらも光源の「明るさ」の尺度ですが、

「カンデラ」は光源が放つ光「全体」の量を示す「明るさ」です。

「ルーメン」は、「照射範囲」を考えた「明るさ」です。
カンデラが同じ光でも、
裸電球のように四方八方に光が出て行く場合は「ルーメン」は小さく、
懐中電灯のように絞り込んで光の出る範囲を集中することで、ルーメンが大きくなります。

光源そのものの「明るい暗い」は、「ルーメン」の方を基準にする場合が多いと思います。

「ルクス」は、どれだけ照らされているかを示す「明るさ」です。照らされる面にどれだけ光がとどいているかを表しています。
ルーメンが同じ光に照らされた場合でも、光源から近いと明るい(ルクスが大きい)ですし、遠くなると暗く(ルクスが小さく)なります。

「ケルビン」だけは明るさの単位ではありません。ケルビンは温度の単位ですが、光についてケルビンを使うときは「色温度」といって、光の色を表します。
炎をイメージするとわかりやすいと思いますが、炎は温度が低いと赤く、温度が高いと青くなります。
この「温度」で光の色を表現するのが「色温度」で、6500ケルビン付近が白色で、それより低いと赤く、高いと青くなります。

あくまで「色」を表す尺度ですので、色温度が高いからといって「熱い」とか「明るい」という意味はありません。

「ルクス」「ルーメン」「カンデラ」は測り方が違いますが、どれも明るさの単位です。

「カンデラ」と「ルーメン」はどちらも光源の「明るさ」の尺度ですが、

「カンデラ」は光源が放つ光「全体」の量を示す「明るさ」です。

「ルーメン」は、「照射範囲」を考えた「明るさ」です。
カンデラが同じ光でも、
裸電球のように四方八方に光が出て行く場合は「ルーメン」は小さく、
懐中電灯のように絞り込んで光の出る範囲を集中することで、ルーメンが大きくなります。

光源そのものの「明るい暗い」...続きを読む

Q照度の単位変換

照度の単位[LUX]を[W]または[W/m2]に変換する式を教えて頂きたいです。

以前のご質問にもでてたように
1[m2]のとき1[LUX]×0.147=0.147[W]なのでしょうか?


誠に勝手ながら早急に回答を頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

照度は、光のエネルギーではなく、人間の目によって知覚される光の供給を測定するものである。したがって、変換係数は、光の波長の構成あるいは色温度に応じて変わる。可視光スペクトルの中間の波長555nmでは、1ルクスは1.46mW/m2と等しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9

一般の物理量と違い、人間の感覚が入ってくるので、「光の波長の構成あるいは色温度に応じて変わる」ということです。

波長555nmでは
1[lx]=1.46[mW/m2]=0.00146[W/m2]
ということです。

Qルクスとその他の対応

物理ではなく、心理学で光療法の論文を読んでいるのですが、光の単位がそれぞれ違うものが出てきて困っています。

ルクスを基準に考えたいのですが、調べたところ1ルクス=1.46mW/m2とのことでした。
論文では単位がμW/cm2なので、単位を変えると1ルクス=0.146μW/cm2合ってますでしょうか?

あともう一つ調べてみてもさっぱりな単位がありまして、photons/cm2/sec×10の12乗というものなのです。
これの場合1ルクス=何photons/cm2/sec×10の12乗になるのでしょうか??
グラフと結果を読む限りでは1=1っぽい雰囲気ではあるのですがやはりわかりません・・・

分かる方ぜひぜひ教えてください!!

Aベストアンサー

 人の目には、比視感度Vλというものがあり、波長555nm(緑色)の光のとき1で、波長がそれより長くなっても短くなってもVλは小さくなります。
 ルーメン[lm]、ルクス[lx]、カンデラ[cd]などの光の単位系と、エネルギーであるワット[W]との換算は、Vλ=1のとき
 1 [W] = 683 [lm]
であり、1 [lx] = 1 [lm / m^2] なので、
1 [lx] = 1.464 [mW / m^2]
   = 0.1464 [μW / cm^2]
で合っていると思います。
ただ、これは波長 555nm の単色光における値であり、例えばVλ=0.5位になる波長 510nm の光では、
1 [lx] = 2.9 [mW / m^2]
のように、大きくなります。
比視感度の詳細な値や、光のスペクトル分布から光束を求める積分式などについては、理科年表の「物理/化学」の「測光と測色」を参照して下さい。

 光子1個のエネルギー Ep は
Ep[J] = h[J・s] ・ν[1 / s]
   = h[J・s] ・c[m / s] / λ[m]
なので、波長 555nm の場合
Ep = 6.626×10^-34[J・s] ・ 2.998×10^8[m/s] / 555×10^-9[m]
  = 3.579×10^-19[J]
光子の個数を[photons]と呼ぶのであれば、
1[lx] = 0.1464×10^-6[W / cm^2] / 3.579×10^-19[J/photons]
   = 0.4091×10^12[photons / cm^2 / s]
になります。

 何度も繰り返すようですが、上記の換算値は波長 555nm の場合です。白色光のようにスペクトルが広がっている場合は値が大きくなるので、
1[lx] ≒ 10^12[photons / cm^2 / s]
と見なしても良いのかも知れません。厳密には、光源のスペクトル分布と比視感度分布を用いて積分計算すれば、もっとはっきりした値が求まると思います。

 人の目には、比視感度Vλというものがあり、波長555nm(緑色)の光のとき1で、波長がそれより長くなっても短くなってもVλは小さくなります。
 ルーメン[lm]、ルクス[lx]、カンデラ[cd]などの光の単位系と、エネルギーであるワット[W]との換算は、Vλ=1のとき
 1 [W] = 683 [lm]
であり、1 [lx] = 1 [lm / m^2] なので、
1 [lx] = 1.464 [mW / m^2]
   = 0.1464 [μW / cm^2]
で合っていると思います。
ただ、これは波長 555nm の単色光における値であり、例えばVλ=0.5位になる波長 510nm の光...続きを読む

Q蛍光灯と太陽の光の違いは?

物の色が見えるのは可視光線の為だとういことはわかりましたが。

でも、夜、蛍光灯でものが見えるのはなせなんですか?

太陽光と、蛍光灯の共通点、相違点を教えてください。

Aベストアンサー

まず「見える」とは,何かの光源から出た光が物体に当たって反射し,
その反射光が目に入る,その光量は目が感応するに必要な強度である,
と言うことです.

太陽光と蛍光灯の共通点は,どちらも,
「連続波長の光を出している」
ところです.連続波長ではなく,単一波長(近似的に)のものとしては,
レーザーとかLED(発光ダイオード)があります.
何にせよ,最初に書いたような物理によって「物が見える」ことには
変わりありません.しかし光源から出る光によって,異なった色に見える
ことがあります.

連続波長の場合,光(電磁波)は発光する物体の温度に応じた波長分布の
光を放出します(黒体輻射(放射),プランクの式).
太陽は,その表面温度6000℃によって決まる波長分布の光を出しています.
この分布は,光源の温度が異なれば,違って来ます.
なので,太陽光の下で見た場合と,蛍光灯の下で見た場合とでは,
若干色が異なります(色温度が異なる).

蛍光灯の仕組みは,放電管中にある薄い水銀蒸気の中で放電を行うことで,
水銀特有の単一波長の光(近紫外線~可視域)が出ます.このとき出す光は,
1万度以上の温度による連続波長が出ます.
(水銀蒸気の圧力は小さいので,1万度以上でも熱容量が小さいので,
 蛍光灯を触ってもそんなに熱くない.)
これを蛍光灯の管の内側に塗布された蛍光塗料が可視光線に変換します.
つまり蛍光灯の波長分布,色は,この蛍光塗料によって決まります.
これはプランクの式に従わないものなので,この点では太陽光とは
異なっています.

ちなみに白熱電球は黄色っぽい光を出しますが,これはフィラメントを
電流によって加熱することで,フィラメントの温度3000℃程度の
波長分布の光を出しています.
また,単一波長(に近い)の光で物を照らした場合,例えばリンゴに
赤い光を当てれば見えますが,青い光を当てると見えにくくなります.

まず「見える」とは,何かの光源から出た光が物体に当たって反射し,
その反射光が目に入る,その光量は目が感応するに必要な強度である,
と言うことです.

太陽光と蛍光灯の共通点は,どちらも,
「連続波長の光を出している」
ところです.連続波長ではなく,単一波長(近似的に)のものとしては,
レーザーとかLED(発光ダイオード)があります.
何にせよ,最初に書いたような物理によって「物が見える」ことには
変わりありません.しかし光源から出る光によって,異なった色に見える
ことが...続きを読む

Q太陽と同じ照明はできない?

カテがちょっと違うかもしれませんが・・・。

ドラマをよく見ていると、ロケ(太陽の下)で撮影したシーンと
スタジオ(照明器具の下)で撮影したシーンは明らかに画質(見え方)が違います。

ですからスタジオの中にあるセットでは、外のように見せかけても
実際には外ではないことがわかってしまいます。

これは太陽光と照明との何による違いによって起きるのでしょうか?
また、太陽光の下と同じように見える照明を作ることは不可能なのでしょうか?

ご回答・ご意見などお聞かせください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。楽しい疑問ですね。
 照明と光の専門家の方々と少々おつきあいがありました。次のような説明ではいかがでしょう。

 照明においては大きく分けて「光源の色」の問題と「光源の形・方向」の問題とがあります。

「色」は概ねイメージできますよね。蛍光灯は白っぽく、白熱電球は赤っぽく、水銀灯は青白い等と表現され、「色温度」とも呼ばれます。
 これは見た目にも大きな影響があるため専門家は「CIE色度図」という色の表も使用してこまかく調整するのですが、実はテレビでは、カメラにフィルタ(色修正用色ガラス)をつけたり、画面全体であればコンピュータを通じて色の調整ができるので、見た目の違和感はかなり修正することができます。
(人間の目は3色分の色の強さの比で色を感じているので、必ずしもスペクトル(細かい色成分)の分布を完全に一致させる必要はない)

 一方、屋外の「光源の形」等をスタジオで再現するのは結構難しいようです。次のような点が上げられるでしょう。
・光源が小さく、明るい。
 太陽は光源が小さい割に極めて明るいので、スタジオで「直射日光」を真似するには小さくて極めて強力なライトが必要です。
・光源が遠い
 太陽は何万Kmも離れています。理屈は少々難しいのですが、他の方の回答にもあるように、これにより「平行光」と呼ばれる状態の光になっているため、例えば影がボケにくく、また大きくなりにくいのです。
 直射日光で手のひらの影を作った場合、手から30cmの距離にあるテーブルの上にできた影に比べて、1.5mの距離にある床にできた影もほとんど大きさが変わらず、あまりボケてもいません。しかし、同じ影を頭上3mに置いたスポットライトで作ると、テーブルの上の手の影に比べて床での影は大きくなり、また輪郭も大きくぼけてしまいます。このような影のボケは「昼間の屋外」を設定した場合、スタジオでは最も大きな差が感じられる要素のようです。
・光の乱反射
 晴天の屋外では「太陽に照らされている」という意識が強いのですが、実は他の物からの乱反射した光(散乱光)で照らされている要素も大きいのです。散乱光で照らされた部分は色も複雑で、例えば頭上からの直射日光には当たらない「あごの下の影」の部分は、草原の緑、空の青、砂浜のベージュ等で照らされ、影ではあるものの、比較的明るく僅かに色づいています。これは太陽が強力な光源で遠くからでもすべてを強力に照らしているからできることで、スタジオでこれを再現するにはたくさんのライトを使っていろいろな角度から照らす必要があります。さらに、曇天では本来は上方全体の広い範囲をカバーする柔らかい(乱反射させる等の工夫をした)照明を使う必要があります。

ということで、照明にかけられるコストとの問題ともあいまってテレビスタジオで屋外光を再現するのは今でも大変なようですね。

 一方、コンピュータグラフィックスはこの問題を一挙に解決しています。動き回る実際の人物の光の状態をこまかく調整するのは相変わらず難しいですが、現代では未来の自動車など、コンピュータ内で形成した実在しない物体が照らされている様子は自由に設定できます。独特のノウハウも必要なので、不自然さが残る場合もありますが、今後はテレビでもこれを使う場面が増えてゆくでしょう。

さてさて、長くなってしまいましたがいかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。楽しい疑問ですね。
 照明と光の専門家の方々と少々おつきあいがありました。次のような説明ではいかがでしょう。

 照明においては大きく分けて「光源の色」の問題と「光源の形・方向」の問題とがあります。

「色」は概ねイメージできますよね。蛍光灯は白っぽく、白熱電球は赤っぽく、水銀灯は青白い等と表現され、「色温度」とも呼ばれます。
 これは見た目にも大きな影響があるため専門家は「CIE色度図」という色の表も使用してこまかく調整するのですが、実はテレビでは、カメラにフィ...続きを読む

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qテスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。

具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか?

実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。

上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、
乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、
乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか?

どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体...続きを読む

Aベストアンサー

テスターで、電池残量は測定できません。
起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。
使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。
>適当な抵抗器を直列に接続・・・。
残量というより、能力のチェックです。
可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。
>乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。
内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。
その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。
※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。


人気Q&Aランキング