ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

新築後に固定資産税の調査のために税務署の職員が家に来るかと思います。
その際に、新築時の図面には載っていないウッドデッキや物置などを追加で設置していると、家の価額が高く評価されてしまうということはあるのでしょうか。

もしある場合、一般的にはおいくら位プラスで評価されるものなのでしょうか。
調査終了後までウッドデッキや物置の設置を我慢した方がよいほどの価額差があるものなのでしょうか。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「基礎の無い建物(物置やウッドデッキもそうですね)、一般的な門やカーポートなどの外構には家屋の固定資産税は課税されません。



http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。外構は課税されないとのことで安心しました。ただ、タイルデッキはいかがなのでしょうか?基礎があるという扱いになるのでしょうか。

お礼日時:2013/08/28 22:56

#1です。


タイルデッキやポーチとて、課税対象外です。
家屋本体の基礎と一体になっているわけではないですよね。
    • good
    • 0

>新築後に固定資産税の調査のために税務署の職員が家に来るかと思います。


税務署の職員ではなく、市町村の役所の税務担当職員です。
固定資産税は国税ではなく市(町村)税です。

>新築時の図面には載っていないウッドデッキや物置などを追加で設置していると、家の価額が高く評価されてしまうということはあるのでしょうか。
いいえ。
ありません。
基礎のないものは、固定資産税上では建物としてみません。
なお、エアコンなどの設備も評価額に影響しません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築の固定資産税、ウッドデッキの作成について

これから建築の予定です。
1階、ベランダの下にウッドデッキを作ろうと考えております。
広さは3間×5尺です。

家を作ると、固定資産税を決めるため調査があると聞きました。
そのとき、ウッドデッキがあると、建築面積として、計算されますか?

固定資産税が増額されるなら、調査を待って、何ヶ月かしてから
取り付けをお願いした方が良いのかなと考えております。

ウッドデッキは、ベランダの下のスペースに作る、オープンなものです。

もし、ウッドデッキ作成によって、固定資産税が増額されるなら
どれくらい高くなるでしょうか。

分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

補足1

>「屋根及び周壁を3面以上囲っているもの」

そのとおり。
・外壁材を何を使用するか?
・外壁材の高さを1.5m以下にできるのか?
。ベランダの床を屋根に見立てるのか?
行政庁により判断が違います。

Q外構工事は、固定資産税の対象?

こちらのサイトではいつも大変お世話になっておりますm(_ _)m

今回は、外構工事について教えてくだい。

私達は、ハウスメーカーの下請け業者に外構をお願いし、住宅引き渡し時には外構も完成してる状態です。
その方が住宅減税も受けれるし、別の業者で別ローンを組むよりいいかな?と思ったのですが。。。。

でも、工程資産税って、、、、外構も関係あるんですか?
周りの人は、「外構だけあとから。。」と聞きます。
確かに、カーポートは後の方が固定資産の対象にはならないと聞きました。。

門柱とか、フェンスも後から設置した方がよいのでしょうか?

あと、入居後に市役所の人が固定資産の査定?に
来るらしいのですが、家具もそんなに揃えておかない方がよいのでしょうか?
インテリア関係も固定資産の対象にみられますか?
査定に少しでも影響があるなら、家具も査定後に
入れようと思うのですが。。。

乱文・質問ばかりで申し訳ありませんが
宜しくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1.外構については基本的には固定資産税の対象なのですが、一般住宅の場合は扉や庭などは対象としないのが普通です。

2.車庫や物置は固定資産税の対象になります。
  ただし壁のない屋根だけのカーポートの場合は建物と認めませんので固定資産税の対象外です。

3.建物に固定されていない据え置き型の家具などは対象外です。
  作り付けの家具などは対象となります。

では。

Qウッドデッキは固定資産税評価対象??

6月に新築し、9月にDIYでウッドデッキを
造りました。
今月になり、市役所から固定資産税の家屋調査が
入る事になりましたが、ウッドデッキは評価対象
になるものなのでしょうか?

デッキの大きさは、2×4m ポリカの屋根を
張っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高松市の場合ですが、
塀や門,植栽,庭石,ウッドデッキなども家屋の評価対象にはなりません。

Q11を確認してみてください。

参考URL:http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/3380.html

Q新築家屋の固定資産税を安く抑える方法

自宅の新築を考えていますが、使う住宅設備機器や構造部材、内装仕上げ材、間取りの特殊性によって固定資産税が高額になる場合がある、とききました。具体的にどういった仕様が高額評価の元になるのでしょうか?実は吹き抜けを作り、天井は梁現し(はりあらわし)にしたいと思っていますが、税金が高額になるのならあきらめようかとも思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税は市税です。税務署の管轄は国税です。ですので、固定資産税の調査は市役所職員が行います。
固定資産税は固定資産評価基準によって算出されます。(本屋さんで売ってます)算出方法は木造か非木造かで違います。木造の場合、評価対象は主体構造部(基礎、柱等)、仕上(外部、屋根、天井、床、内壁)、建築設備(キッチン、風呂、洗面、トイレ、空調等)です。基礎は見付高、柱は太さや真壁or大壁、建築設備は種類や大きさと設置面積等を見ます。質問にありました梁が見えているかは評価の対象外です。しかし、吹抜けは課税床面積に入りませんが、内壁仕上は評価の対象となります。(同じ家でも、吹抜けの有る無しで、吹抜け部分の仕上げ分税金が高くなる)
空調設備ですが、壁掛けタイプのエアコンであれば課税対象外です。壁or天井埋め込み形だと評価の対象になります。
調査員も人間です。丁寧な対応であればお茶など出さなくていいと思いますよ。

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q税務署からの調査員が来ないんですが

新築し、来月で丸1年経ちますが、固定資産を調査しに来る税務署の調査官が未だ来ないのです。
このまま放っておいていいのでしょうか?
不動産取得税は、昨年、税務署に納めに行きましたし、確定申告(住宅ローンに関する還付申告)も今月、税務署に出向く予定です。
必ず来るものだと聞いていたのですが、逆に来ないのが不思議です。

Aベストアンサー

固定資産税は地方税になりますので、税務署員ではなく、お住まいの自治体の職員が調査員として訪問します。
土地は、評価額が決まっていますので、調査の対象は家屋、つまり建物のみとなります。
家屋調査のタイミングは自治体により異なります。
建築中に来る場合もありますし、建築後来る場合もあります。
調査も設計図面と照らし合わせて立会いで行う場合もありますし、検査完了書類のみでチェックし、現物を確認しない場合もあります。
いずれにしても、昨年建築されたのであれば、概ね今年の4~5月頃、第1期の納税通知書が発送されてくるはずです。その中には通知書の他に課税明細書といって、土地、家屋それぞれの内訳も入っているはずです。
まず有り得ないとは思いますが、もしこの時期を過ぎても送られてこない、或いは送られてきたが明細に家屋の記載が無ければ、これは漏れている可能性がありますので、お住まいの自治体の税務課相当に連絡してください。
放って置くと事実が判明したときから遡って追徴課税されますので。

Qタイルテラスのメリット・デメリット

タイルテラスのメリット・デメリットを教えください。
併せて、ウッドデッキのメリット・デメリットも教えてください。
現在庭にウッドデッキかタイルテラスかで悩んでいます。
主人はウッドデッキにしたいと言っていますが、
周りのお宅がほとんどウッドデッキなので、
私としては、タイルテラスにしたいのですが、
主人を納得させる情報を探していたのですが、
カタログもあまりいいのがなくて。
お勧めのHPなどありましたら、参考にしたいので教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・メンテナンスの違いがあります。ウッドデッキでは3~5年ごとに塗り替えなどが必要になります。DIYでできますので、それが楽しみであれば問題なしです。樹脂製はメンテ不要ではあります。
・庇が深ければいいのですが、夏の照り返しはタイルの方が多少きついです。
・基礎周辺は埋め戻しなどで地面が安定しない場合があります。内部はつき固めてあるのですが、外部はそのまま犬走りやテラスを打ってしまうと沈下する場合がありますので注意が必要です。

いろいろ一長一短はありますが、建物との調和も考えるといいですね。

Q家を新築しました。住民票移転や登記について教えて下さい

家を新築し、もうすぐ完成予定です。 おそらく今月中には引渡しがあると思いますが、まだ引渡前なのに、業者から住民票を移転するように言われました。何か登記をする上で 住民票移転が必要だということを言われましたが、それって正しいのでしょうか? まだそこに住めないのに住民票を移転するのっておかしくないですか? 
それから登記に関してですが、法務局に登記をすると その時点で住んでいなくてもいろいろな税金(固定資産税とか都市計画税等)がかかるのでしょうか?
一応業者との契約では引渡日をもって所有者を区分し、租税公課等は日割り計算となっていますが、税金の納税通知は そういう契約を考慮してくれるのでしょうか? なんかはじめての経験で、よく法律等を知らないので業者に言われたまま行動していますが、ちょっと不安になり 質問させていただきました。 よろしくアドバイス願います。

Aベストアンサー

まず、家を建てると、(抵当権設定等についてはここでは書きません)所有権保存の登記をします。そうすると、不動産を取得したということで、不動産取得税(都道府県税)が課税されます。

本件での、「住民票を移転する」という部分ですが、これは所有権保存の登記をする際、所有者の氏名・住所が登記簿に記載される者が記載されます。その住所は、当然登記申請する際の住所になります。
理屈でいうなら、あなたが現在お住まいの住所で登記をして、その後、その物件に引っ越しをしてから、改めて所有者の表示を変えるという手順を踏むのが本来の方法です。
しかし、この方法だと、あなた自身に(手続等の)負担がかかるために、運用としてなされることが多いようです。特に、金融機関で融資を受ける際に、居住用物件であるかどうかを、この住所で判断することもあるからです。
いささか、法律的に望ましくないとは思っていますので、私がお勧めするという趣旨ではありません。また、市区町村の住民登録事務の窓口で、望ましくないという旨の説明を受けることもあるかもしれません。

また、税金についてですが、登記をすると、不動産の取得税が課税されます。都道府県から、納入通知書が送付されてきます。
それとは別に、1月1日現在の所有者に対して、固定資産税が課税されます。これについては、日割り計算をするのが慣例です。
課税されるのはあくまでも1月1日現在の所有者ですから、納入通知の際、(納付書には)1月1日現在の所有者にのみ請求されます。その固定資産税を、業者とあなたとで精算することになるわけです。日割額の支払時期や方法については、業者と打ち合わせてください。

末筆ながら、新築おめでとうございます。

まず、家を建てると、(抵当権設定等についてはここでは書きません)所有権保存の登記をします。そうすると、不動産を取得したということで、不動産取得税(都道府県税)が課税されます。

本件での、「住民票を移転する」という部分ですが、これは所有権保存の登記をする際、所有者の氏名・住所が登記簿に記載される者が記載されます。その住所は、当然登記申請する際の住所になります。
理屈でいうなら、あなたが現在お住まいの住所で登記をして、その後、その物件に引っ越しをしてから、改めて所有者の表示...続きを読む

Qウッドデッキと波板の屋根は固定資産税の対象ですか?

現在、一戸建てを新築中です。
工事も終盤に入りました。

作業として、ウッドデッキと波板の屋根が残っています。
ウッドデッキ(約0.75坪)は最初から付ける予定でしたが、
波板の屋根(写真のような感じ)は工事の終盤になった最近、
付けてもらうことになりました。

質問1.
ウッドデッキは固定資産税の対象でしょうか?
もし対象の場合、固定資産税の調査?の後に付けても問題ないでしょうか?
ウッドデッキは建築図面の中に書いてありますので完成時に付いてないと問題あるでしょうか?

質問2.
家の裏のエアコンの室外機やエコキュートのタンクの上に雨よけのために
写真のような波板の屋根を付けてもらうことになりました。
横3.5m、縦1.2mほどです。
工事の終盤で付けてもらうことにしたので建築図面の中には書いてありません。
もし固定資産税の対象になるなら、
固定資産税の調査?の後に付けてもらった方がいいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

質問1
屋根を付けて面積が発生していれば、課税対象と考えます。
確認申請の図面中に記載があれば、完了検査時に屋根が無いと検査員から指摘が入ります。
ご質問から、屋根は後で必ず付けるんですよね?
であれば、当初通り設置してから検査済証の交付を受け、全部工事が完了してから課税部局に確認させるべきです。

質問2
建築面積が発生しています。
計画変更の対象です。
施工業者を通して工事監理者に相談。

その他1
>固定資産税の調査?の後に付けてもらった方がいいでしょうか?
いい、の意味が不明です。
家屋税の「脱税」の意図と勘違いされますよ。


その他2
お住まいの地域は、法22条の指定地域でしょうか?
この波板では、おそらくアウト。
確認申請図中には、どのような屋根材料で記載がされていますか?

その他3
工事の変更を、直接工事業者だけに指示していませんか?
工事監理者へは通してありますか?

その4
完了検査って、工事監理者って、何?とは言わないでね。

Q固定資産税いくら??

友人が新築の家を建てたのですが、固定資産税を年間で7万程度といわれたらしいのですが(営業マンに)親からはけっこうするよとかいわれて、不安に思ってるみたいです。いったいどのくらいかおしえてください。ちなみに土地は60坪、約1000万 建物 約2000万したそうです。その他詳しいことはわかりませんが・・。大体で結構ですので、おしえてください。

Aベストアンサー

1.住宅用地は200平方メートル以下の部分を「小規模住宅用地」といい課税標準額が6分の1に軽減されます。60坪は約198平方メートル、固定資産評価は公示価格の7割を目途としていますので
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin27.html

1000万×0.7×1/6×1.4%=16,333円

2.新築の建物は120平方メートルまでの部分に対して一般の住宅は当初の3年間は固定資産税が2分の1になります。建物は固定資産評価基準に基づき、再建築価格を基準に評価します。仮に固定資産税評価を時価の6割程度とした場合、
http://www.niceliving.net/zeikin/zeikin28.html

2000万×0.6×1/2×1.4%=84,000

以上から土地・建物合計で10万程度になると思います。(以上に加えて市街地の場合には都市計画税が0.3%課税されます。)


人気Q&Aランキング