ネットが遅くてイライラしてない!?

病院(450床)の委員会組織見直し(整理)をすすめるにあたって
(1)法令上設置義務のある委員会
(2)診療報酬上必要な委員会
があると思うのですが、
(2)について医事課の協力のもとある程度はわかったのですが
もう少し掘り下げて調べたいと思っています。
お忙しい中、期日をきって再調査のお願いがしずらく、
自分で調べようと試みたのですが、
ネット検索をしても適当なサイトを見つけることができません。
診療報酬の厚い本から調べるしかないのでしょうか?
私自身は総務課所属で、前職の経験から町医者レベルの医事の
知識はありますが、二次病院レベルの知識は0です。
診療報酬と委員会設置の関連について
まとめてあるサイトもしくは書籍はないでしょうか。
ご存じの方がいらしたらお教えいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

施設基準上必要な委員会のことですよね。


とりあえず、そちらの病院で出している施設基準を全部出してみて、
委員会の設置が必要条件のものを抜粋して調べたらどうですか?
いくら大病院といえども、施設基準の数は数十個だろうし。
一つ一つ調べていけば?

1 厚生局のHPより自分の病院の出している施設基準を印刷する。
2 厚生局のHPより、基本・特掲別に届出用紙みてみて(様式うんぬんってやつ)
  委員会の用紙があるかどうか確認する。

診療報酬の本めくるより、早いと思うけど。
それよりも、施設基準の届出受理されたファイルとかないの?
それみれば早いと思うけど。
    • good
    • 1

委員会があれば可算できるというやつですね。



病院によって違うのかもしれませんが、○○可算が可能かどうかは通常医事課が判断していますので、○○委員会を作れば○○可算とれるんじゃないの、というのを医事課が提案し、総務課は下調べをした上で計画を執行部に上梓するというのが普通の流れのように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
一度は医事課の方にお願いしたのですが、
気になるところがあって、
自分で確かめられたら…と考えていました。
機会をみて、もう一度見直してもらえるよう
お願いしようと思っています。

お礼日時:2013/10/14 21:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q特別入院基本料ってなんですか?

どのようなときに算定できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

看護師も足りない、平均入院日数も満たせない…。
というとても病院としてはやってられないような最低ランクの点数です。そうなれば病棟廃止にする方が現実的ですね。

Q「在院患者延日数」とは、どうやって算出するのでしょうか? 

「在院患者延日数」とは、どうやって算出するのでしょうか? 

 
施設管理課から病院管理課に7月に異動になる予定です。
連休中に、病院管理の勉強をしています。
 
平均在院日数の計算を行う算定式で「直近3ヶ月の在院患者延日数」と言う項目があります。
「新入棟患者数」「新退棟患者数」は、毎日データが入力されていて「患者数」がわかるのですが、
「在院患者延日数」の「延日数」の算出式がわかりません。

病院管理関係者の方、医療事務関係者の方、どうぞ、ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

10名が一日入院したら延べ日数10日です

Q医療における休日加算・時間外加算について

最近は日曜日や平日も夜9時くらいまで診療している医療機関があります。
日曜日に通常に診療している(標榜)医療機関や
平日も18時以降(22時とか)の診療を標榜している医療機関にかかった場合
休日診療加算や時間外加算が算定できるのかどうかを教えて頂きたく投稿しました。

医療機関によって「算定する」「算定しない」がばらばらであるように思えます。
法的なしばりはあるのでしょうか?
それとも医療機関独自に決めることができるのでしょうか?
ご教示頂ければ幸いです。

例を挙げるととある医療機関では
「ウチが22時まで診療していると標榜しているので、それまでに診療した場合は時間外加算などは算定しません」とおっしゃいました。
しかし別の処では「19時迄の標榜」に対し、その時間内でも18時過ぎると時間外加算を算定しています。
しかし救急病院では多分、日祝や深夜など「いつでも」と標榜(といえるのか?)と解釈しても
その場合は加算が算定されているのではと思います。

浅薄な質問で失礼かと存じますが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

A000初診料
・・・
→時間外加算の取り扱い(注5)
ア ・・・ただし、・・・その表示する診療時間以外の時間を持って時間外として取り扱う。
イ アにより、時間外とされる場合においても、当該保険医療機関が常態として診療応需の体制を取り、診療時間内と同様の取り扱いでs人量を行っているときは、時間外の取り扱いとしない
(平24保医発0305・1)
・・・
→時間外加算の特例
当該特例の適用を受ける医療機関とは、・・・
(1)地域医療支援病院
(2)救急病院等を定める省令に基づき認定された救急病院、または救急診療所
・・・
(平24保医発0305・1)


なので、原則的には標榜時間内は時間外の対象となりませんが、救急病院等特例の対象となる医療機関は午後18時以降は時間外を算定してよいことになっています。

あと、小児科も特例があり標榜時間内でも算定できます。

Q病院における、院長と理事長の役割の違い

素人質問で恐縮ですが、病院における、院長と理事長の役割の違いとは何なのでしょうか。

病院の管理者と医療法人の経営者という違いや、院長は医師しかなれないというのは聞いた事があるのですが、では、院長にできて理事長にできないこと、
またその逆についても、よく分かりません。

また、理事長ということは、必ず、複数の理事が、組織にいなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

医療・治療に関する部分は院長が最高責任者です。
理事長は経営に関する最高責任者です。

ですから、いろいろオーバーラップする部分はありますので、両者の人間関係で変わってくる事も多いです。

例えば、人事などは、どちらが発言権が高いかは、組織によって違うと思われます。
一般的には、医療職(医師、看護師・・・など)の人事は院長に権限があって、事務職(受付、経理・・・など)は、理事長に権限があるところが多いと思います。常識的なセンですね。

新しい医療機器の導入などに関しては、
・院長の意見を聞いて、理事長が決定する場合
・理事長が予算だけ決めて、院長が使い方を考える場合
などが考えられます。

もちろん、具体的な治療行為に関する事は、院長にはできますが、理事長にはできません。

「自信なし」は、全ての施設でそうなのか、一般的にと書いたのが特殊な場合だったのかもしれない、という意味ですが、私の経験ではこんな感じでした。

Qエクセルの棒グラフの上に数字を入れる

こんにちは。タイトルにある通りなのですが、エクセルで棒グラフを作成してそれぞれの棒グラフの上に数字を表示したいのですが自動的に数字が入る方法はありますか?そして、その数字が例えば1293という場合四捨五入して1300と表示する方法はありますか?ボックスを挿入してひとつひとつ数字を表示はわかるのですが、自動的に入る方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、棒グラフを右クリックし、「データ系列の書式設定」→「データラベル」→「ラベル内容:値」にチェックを付ける。
これで、数字が自動的に入ります。

小数点以下の桁を変更することは簡単ですが、仰っていることは有効桁数を変更すると言うことですよね?
これは、かなり難しいと思います。
感覚的には、下記のようにすればできるとは思います・・・
上記で表示された数字をクリックし、さらに右クリックで、「データラベルの書式設定」→「表示形式」→「ユーザー定義」をいじる。

あとは数字を「ROUND関数」を使って、有効桁数を変えることはできますが、グラフの見た目も変わってしまいます。

以上です。

Q病室のベッド数は既定人数以上に入れてもいいんですか?

病室のベッド数は既定人数以上に入れてもいいんですか?
祖母は脳梗塞で入院した病院で、どう見ても2人部屋の中に3人目として入院させられたんです!
ベッドの間にほとんどスペースはなく、荷物を置くところもありません。
看護婦さんが「今はいっぱいなんで我慢してください」って言ってました。

法的には病床数以上の患者を入院させることに問題はないんですか?
看護師の人員数の基準は明らかにおかしくなってると思います。

Aベストアンサー

医療法施行規則第16条第3項
「病室の床面積は、次のとおりとすること。
イ 病院の病室及び診療所の療養病床に係る病室の床面積は、内法による測定で、患者一人につき六・四平方メートル以上とすること。
ロ イ以外の病室の床面積は、内法による測定で、患者一人を入院させるものにあつては六・三平方メートル以上、患者二人以上を入院させるものにあつては患者一人につき四・三平方メートル以上とすること。」
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23F03601000050.html#1000000000003000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

通常、病室はこの規則に則って面積確保されていますので、定員2人(と思われる)の病室に3人を収容した場合、患者一人あたりの床面積が上記規則を下回ることになり、明らかに違法です。

Q高額療養費の多数該当のカウント方法について

こんにちは。
高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。

1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。

1~3回目までは、80,100円+(医療費-267,000円)×1%
4回目~は、44,400円

仮に、
2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』
の負担に該当したとします。
そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目となり、44,400円の負担ということになると思うのですが、、、

(1)翌月の2013年1月も、5万円の医療費がかかった場合、どうなりますか?
直近12ヵ月と考えると、2012年2~3月の2回と、12月の1回なので、2013年1月は4回目ということになりますが、12月は『44,400円』の負担です。『44,400円』の負担も1回分としてカウントしていいのでしょうか?

(2)(1)の答えが、《『44,400円』も1回分としてカウントして良い》だとしたら、
『44,400円』ではなく、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』に戻るタイミングは、丸々12ヶ月この制度を使わなかった場合と考えてよろしいでしょうか?

質問が分かりにくくて、申し訳ありません。
60代の母が、外来で抗がん治療をしており、現在、多数該当で『44,400円』の負担なのですが、どのタイミングで、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』に戻るのかが分からないため、不安です。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
高額療養費の多数該当のカウント方法がよく分からないので、教えてください。

1年間に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が軽減されますが、そのカウント方法について、教えてください。

1~3回目までは、80,100円+(医療費-267,000円)×1%
4回目~は、44,400円

仮に、
2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり、『80,100円+(医療費-267,000円)×1%』
の負担に該当したとします。
そしてその後、2012年12月に5万円の医療費がかかった場合、4回目とな...続きを読む

Aベストアンサー

回答2・回答3を書かせていただいた者です。
たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。

さて。
公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。
したがって、まず、「仮に、2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり‥‥」とご質問に書かれている箇所は、正しくは「(高額療養費制度を用いないとすると)2012年1月、2月、3月に33万3334円の自己負担がかかり‥‥」となります(但し、以下の「注」のとおり、端数処理は無視)。
また、2012年12月などその他の月についても、正しくは同じ書き方です。
なぜなら、計算式を考えてみても、「医療費」と書いたときは、どう考えても26万7000円を超えていなければならないためです。

まず、2012年12月について(★)。
当月である2012年12月を含めて、2012年1月から2012年12月までの直近12か月を見てゆきます。
ご質問の例では、「高額療養費に該当する月」の自己負担上限額は、以下のようになります。
(注:実際には端数処理などがありますが、無視して、計算式どおりに算出しています。)

◯ 2012年1月
 1回目 80,100円 +(333,334円 - 267,000円)×1% ≒ 80,763円
 高額療養費 = 333,334円 - 80,763円 = 252,571円
◯ 2012年2月
 2回目 同上
◯ 2012年3月
 3回目 同上
◯ 2012年12月(★)
 4回目 ここで多数該当 = 80,763円 ⇒ 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

以降、直近12か月(当月を含む。以下同じ。)を、その月その月ごとに追ってゆきます(◆)。

ご質問の(1)は「2013年1月にも33万3334円の自己負担がかかった」という仮定です。
当月である2013年1月を含めて、2011年2月から2013年1月までの直近12か月を見てゆきます。
★のことを踏まえていただき、次のようになります。

◯ 2012年2月
 1回目 80,100円 +(333,334円 - 267,000円)×1% ≒ 80,763円
 高額療養費 = 333,334円 - 80,763円 = 252,571円
◯ 2012年3月
 2回目 同上
◯ 2012年12月(★)
 3回目 44,400円
◯ 2013年1月(★)
 4回目 ここで多数該当 = 80,763円 ⇒ 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

つまり、ご質問の(2)の前段については「YES」です。
2012年12月については自己負担上限額の軽減(44,400円に)を受けてはいるものの「高額療養費に該当する月」であったことには間違いないので、直近12か月を見るときの1回にカウントするわけですね。
したがって、4回目の「高額療養費に該当する月」である2013年1月については、多数該当ということになります。

それでは、さらに、2013年3月が「高額療養費に該当する月」だったら?
2012年2月は該当しなかった、としてみましょう。
すると、当月である2013年3月を含めて、2012年4月から2013年3月までの12か月を直近12か月として見るので、次のようになります。
◆で言わんとしていることは、そういうことです。
(ここが、一見とてもわかりにくいのですよね‥‥。)

◯ 2012年12月(★)
 1回目 44,400円
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円
◯ 2013年1月(★)
 2回目 同上
◯ 2013年3月【特に注意が必要!】
 3回目 ⇒ ここがミソ!
 ここでは、多数該当にならない(直近12か月の「高額療養費に該当する月」としてはまだ3回目だから)
 高額療養費 = 333,334円 - 44,400円 = 288,934円

要は、「自己負担上限額が軽減された月」であっても、その軽減には関係なく、「高額療養費に該当する月」だったのかどうかだけを問題にしてカウントして下さい。
その上で、直近12か月を見てゆき、その12か月の中に4回目となる月があったとしたら、そこが「多数該当」として「自己負担上限額が軽減された月」になるというわけです。

言い替えれば、まずは直近12か月を見たときに『80,100円 +(医療費 - 267,000円)× 1%』が3回ないといけない」という認識でOKです。
なぜなら、そういった月が「高額療養費に該当する月」だからです。
但し、わかりにくくなってしまうので、この12か月の中に実際に「自己負担上限が軽減された月」があるのかどうかは、いったん無視して考えて下さい。
その上で、4回目の月が12か月以内に出てきたら、その月は「多数該当」になります。
ここで初めて、「その月(4回目とする多数該当の月)は自己負担上限額が軽減されるんだなー!」とわかります。

と、ここまで書くと、さすがに【特に注意が必要!】と書いた理由もおわかりいただけると思います。
それにしても、毎月毎月見るわけですから、なんともややこしいですね‥‥。
 

参考URL:http://araki-sr.com/announce_3258.html

回答2・回答3を書かせていただいた者です。
たいへん参考になるサイト(参考URL)が見つかりましたので、そちらを参考にしながら、もう1度丁寧に見てゆきたいと思います。

さて。
公的医療保険の医療費の自己負担は、通常、3割ですね。
したがって、まず、「仮に、2012年1月、2月、3月に10万円の医療費がかかり‥‥」とご質問に書かれている箇所は、正しくは「(高額療養費制度を用いないとすると)2012年1月、2月、3月に33万3334円の自己負担がかかり‥‥」となります(但し、以下の「...続きを読む

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q病院事務長の仕事内容

 病院の事務長というのは、どのような仕事をされてるのでしょうか。
 私の知っている範囲は、医療行為以外の一切、会社で言えば、総務・人事・営業の分野、管理責任もあり、経営の要である、というところです。
 もっと具体的なことを知りたいのです。例えば、会計の知識はどのくらい必要か、職場の雰囲気など。そこそこで違うとは思いますが、現場の方や詳しい方からの情報を希望します。どんな些細なことでも結構です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 事務長は、病院の医療現場以外の全ての統括責任者です。医療機関としての対外的なこと、内部のことの全ての責任者として専門性も求められますが、各分野への幅広い知識と経験が求められます。

 対外的な部分では、自治体、消防署、警察署、保健所、都道府県庁、医師会、などとの対応があり院長が出席できない場合には、代理で出席をしたりします。保健所や都道府県の関係課に対しては、毎月の医療報告を提出していますし、定期的な実地監査にも対応をします。事務長の下には、各部門の担当者が責任を持って事務処理をしますが、資金の借り入れ等の対外的な交渉が必要な場合には、事務長の登場となります。会計については、毎日の収支状況が日計表のようなかたちで上がってきますし、1か月分をまとめたものも上がってきますので、それらの様式の見方くらいは当然熟知していなければならないでしょう。職場の雰囲気については、現場は婦長なり病棟責任者に任せますが、院内の定期的な会議での諸問題については、事務長が先頭になって問題解決に当ります。又、病院の周囲の環境整備についても、配慮をしなければなりません。とは言っても、全てを事務長自身で対応するのではなくて、じっと腰をすえていて、部下に指示をするのが一般的でしょう。全てを見渡しながら、適切な指示を与えなければなりません。小規模の医療機関では、事務長自らが草取りをする場合もあると思います。

 事務長は、病院の医療現場以外の全ての統括責任者です。医療機関としての対外的なこと、内部のことの全ての責任者として専門性も求められますが、各分野への幅広い知識と経験が求められます。

 対外的な部分では、自治体、消防署、警察署、保健所、都道府県庁、医師会、などとの対応があり院長が出席できない場合には、代理で出席をしたりします。保健所や都道府県の関係課に対しては、毎月の医療報告を提出していますし、定期的な実地監査にも対応をします。事務長の下には、各部門の担当者が責任を持って...続きを読む


人気Q&Aランキング