構造内に植物由来のセルロース・リグニンを含む物質(泥炭)のセルロース・リグニンの含有率を調べる方法があれば教えてください。
工業分析法JIS‐P8008以外であれば、おねがいします。

A 回答 (2件)

>やはりパルプと私が分析した物質では成分が多少違うようで、うまく行きませんでした。



一連の質問から「泥炭」の分析と推測しますが、「リグニン」含量等の実験の経験(?)では、おそらく「泥炭」にそれら以外の成分(直鎖アルキル?等)がいろいろあり、その前処理法に問題があるのではと推測しますが、如何でしょうか?

文献等に前処理法があり、確立されているのでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

わたくしが調べた範囲では、泥炭に関しての前処理法は確立されてはいないようです。泥炭とは炭化作用をあまり受けていない、年代的に若い石炭の一種です。
もし、工業分析法以外で分析法があれば、と思って質問しただけですので、まだ時間もかなりありますので自分で調べてみようと思います。回答ありがとうございます。

補足日時:2001/05/31 17:27
    • good
    • 0

何故「工業分析法JIS‐P8008以外」何でしょうか。

特別の事情があるのであれば,その点をお示しにならないと求める回答は得られないと思います。

他にされているいくつかの質問を拝見すると,卒業研究か何かのようですね。

でしたら,既にある方法(それも JIS にのっているという事はかなりスタンダ-ドな方法)を使うのが普通でしょう。

あなたの研究目的が新分析法の開発でない限り,使えるスタンダ-ドな方法は利用した方が良いです。そして,研究本来の目的に勢力をつぎ込むべきです。

あるいは,新分析法の開発が目的なら,ご質問の回答を探すのも研究のうちです。

この回答への補足

すでにJISの方法では分析を行ったのですが、やはりパルプと私が分析した物質では成分が多少違うようで、うまく行きませんでした。
もし、ほかに分析方法があれば・・・と思っただけですので。回答ありがとうございました。

補足日時:2001/05/31 14:57
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生分解性プラスチック

でんぷんや乳酸などから、生分解性プラスチックを簡単に作る方法を教えてください。

また生分解性プラスチックについてのホームページ等についても教えて頂けると嬉しいのですが。

Aベストアンサー

>生分解性プラスチックを簡単に作る方法を教えてください。
344729さんがどのレベルの方か分かりませんが、簡単には出来ないのではないでしょうか・・・?

以下の参考URLには関連質問がありますが、参考になりますでしょうか?
「生分解性プラスチック研究会」
●http://www.gtr.co.jp/cgi-bin/design/guest-c/guestbook.shtml
(生分解性プラスチック&環境掲示板)

・実用化進む生分解性プラスチック/白石信夫∥〔ほか〕編…/工業調査会/2000.5

文献調査をすれば「生分解性プラスチック」に関する総説等は沢山あります。

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.bpsweb.net/

Qアルミニウムを含むマンガンからマンガン含有率を求める実験について

まずアルミニウムとマンガンの混合物1gを水酸化ナトリウム10mlで溶かしました。

これにより水酸化アルミニウムと水酸化マンガンとNa+になったと思います。

そこに硫酸15mlを加えると、おそらくNa+と化合して中和され、硫化ナトリウムができると思います。

この溶液に過硫酸アンモニウム3gを加える理由がいまいちわかりません。
おそらくマンガンを酸化させるために加えると思うのですが、その後に3%の硝酸銀3mlを加える必要性もわかりません。

実験としては、過マンガン酸イオンに酸化させて、スペクトロニック20により吸光分析を行い、どれぐらいのマンガンが含まれているかを測定するものなのですが、過硫酸アンモニウムと硝酸銀を加えるとどのような化学反応式になるかご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

方法としては、マンガンを過マンガン酸とし、525nmでの吸光度で定量する標準的な方法だと思います。↓
http://ir.iwate-u.ac.jp/dspace/bitstream/10140/1488/1/erar-v49n1p63-67.pdf
過硫酸アンモニウムを加えるのはマンガンイオンを全て過マンガン酸イオンに変えるためです。
硝酸銀は↑でも加えているので、遮蔽イオンを除くためであることは確かなのですが、経験が無いので不明です。(恥;
なお、
>硫化ナトリウムができる
のではなく、硫酸ナトリウムが出来るのです(いずれにせよイオン溶液なので取り出すことは出来ない)

Q生分解性

最近よく生分解性プラスチックと言う言葉を耳にするのですが、このプラスチックのどこがどうなって生分解されるのでしょうか?なにか特別な官能基がついてるとか、結合が直鎖であるとか、そのような理由なのでしょうか?

Aベストアンサー

生分解性プラスチックの基本は、全て天然物から作ることです。すなわち天然物であれば、分解されやすい・・そんな単純な発想ですね(^^;

 近年主に研究されているものは、ポリ乳酸や、ケナフなどの天然物、或いはセルロース系などです。結合としてはエステル結合、エーテル結合類ではありますが、単純にこれらの結合形式が分解されやすいという話ではなく、ユニットの骨格を含め、分解されやすいというのが大きな理由です。ですのでただ単純に結合形式や官能基があれば分解できるっていうものではないんですよ。
 もちろん脂肪族系と芳香族系で比べたら、前者のほうが圧倒的に生分解性に優れますが、だからといって脂肪族系のポリエステルが必ずしも生分解性というわけではありません。

 一般に生分解性プラは機械特性が悪く、そのままでは使えないので変性化されるんですが、変性化すると必ず生分解性が落ちてしまいます。ですので、いかに天然物の骨格を保持しつつ導入するか、そこに生分解性のポイントがあるのかもしれませんね(^^;

Q工業高校教師を目指す工業高校工業化学科2年生です。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学べるので、大学で1から電気などを学んで、電気や機械を専門として先生になるというのも考えてます。
〇日本大学工学部(学科は未定だが、行くなら生命応用化学科) 〇東北工業大学(学科は未定だが、環境エネルギー学科や知能エレクトロ二クス希望)

〇その他宮城県にある私立工業大学又は工学部のある私立大学

評判とか、就職とか、学生の雰囲気、授業のレベル等を総合的に見て、一番お勧めはどの大学になりますか?

教員免許は取るつもりです(教職課程のある大学に行きたい)。工業の教員は空きが少ないので、教員になれなければどこかの企業に就職して、空きを待つとします。

というか、大学から電気とか機械学んでも、先生になれますか?正直遅すぎる感じがするのですが....。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学...続きを読む

Aベストアンサー

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありません.ないから勉強しにきているともいえますし,そもそも工業高校や高専と違って,専門科目自体が普通科の高校にはないのですから,ある意味当然です.
また,入学はしたものの,そもそもその分野に強い興味なり意欲なりを持っていない人も相当数いるのが現実です.
なので,そういう人がちゃんとある程度のことを身につけられるように,カリキュラムというのは作られています.

もうひとつ事前に調べておかなくてはいけないのは,どういう教員免許状がその学科で取れるか,です.
これはあなたがどういう科目の先生になりたいか,にもよります.これはよく調べてください.

工業高校からの大学進学は,国公立に進もうとすると著しく不利なのは間違いありません.自分で相当の勉強をしないとだめなことは間違いありません.基本の数学,物理,化学,英語,国語の時間を減らして,専門科目を入れているカリキュラムなのに,そういうことに配慮した入試枠のある国公立は極めてまれですから当然のことです.
私立大学の工学部には,工業高校からの受験に配慮した入試科目等を設定しているところはかなりあります.その辺の情報も,高校の先生は押さえていると思います.

高校の先生にもよくよく相談した方がいいですよ.

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありませ...続きを読む

Q生分解性プラスチックのこと

今、学校で習っているのですが、なぜ生分解性プラスチックはグリーウプラスチックとも呼ばれるのでしょうか?

そして、生分解性プラスチックを販売・製造しているのはどこなんでしょう?

このことについてなんでもいいですから情報を下さい。お願いします。

ちょっとしたことでいいですッ^^

Aベストアンサー

#1さんの最後の行
「植物からつくられる」からグリーンプラスチック。

そして、おそらく
生分解性プラスチックを販売・製造しているところは
生分解性ではないプラスチックを販売・製造しているところ。
その理由は、プラスチックを作るための設備投資が既にされており、
販売ルートも確立しているから。
だと思われます。

国内だと、東レとか帝人とかでしょうか。
海外だとデュポン(この会社は石油関連施設を他社に売り払って
バイオマス関連会社に衣替えしました)です。

Qスルホン酸基+水酸基含有物質

 タイトルの通りなんですが、スルホン酸塩と水酸基を両方含有している物質を知りませんか?できれば、どこかのメーカーで市販されていると有難いのですが・・・。
或いは合成法でも構いません。よろしくお願いします。

例えば→ HO-(CH2)n-SO3Na のような構造のものです。

Aベストアンサー

知っている試薬メーカーの検索を利用した結果です。
お望みのものかどうかはわかりませんが、いくつか挙げておきます。

・複素環の側鎖が複数にあって、一方にスルホン酸、他方にヒドロキシがついているもの
http://www2.kanto.co.jp/catalog/Detail/200339.htm
http://www2.kanto.co.jp/catalog/Detail/200373.htm

・ナフトールスルホン酸の類
http://www.nacalai.co.jp/seihin/srch/srchdetl.cfm?&catalog=&syohin=0221212

・硫酸とヒドロキシルアミンのアミド(これも一応ヒドロキシルとスルホン酸は含んでますよ。)
https://www.siyaku.com/cgi-bin/gx.cgi/AppLogic+ufg280disp_pr.ufg280disp_Main?now=1055549819580

各ページとも各社のホームページにリンクしているので他に何があるか知りたかったら検索かけてみて下さい。
中途半端な回答ですみませんが、お役に立てたなら幸いです。

知っている試薬メーカーの検索を利用した結果です。
お望みのものかどうかはわかりませんが、いくつか挙げておきます。

・複素環の側鎖が複数にあって、一方にスルホン酸、他方にヒドロキシがついているもの
http://www2.kanto.co.jp/catalog/Detail/200339.htm
http://www2.kanto.co.jp/catalog/Detail/200373.htm

・ナフトールスルホン酸の類
http://www.nacalai.co.jp/seihin/srch/srchdetl.cfm?&catalog=&syohin=0221212

・硫酸とヒドロキシルアミンのアミド(これも一応ヒドロキシルとスルホン...続きを読む

Q生分解性プラスチックについて

生分解性プラスチックがなぜ土に分解されるのか教えてください!!



出来るだけ簡単に分かりやすく教えて欲しいです!!

Aベストアンサー

完全生分解性プラスチックに限定してお答えしますと、主成分はデンプンが多く、デンプンは土壌中の微生物によって分解されて、水と二酸化炭素になります。

よって、生分解性プラスチックが土になる訳ではありません。

土壌に埋没したとしても、完全に分解されるまでには1~2年を要します。

また、これらの点から通常のプラスチックと違って耐久性や強度が不足しますので、使用用途に限りがあります。

また価格面も通常のプラスチックの2~3倍しているので、未だに使用されている率としては10%未満です。

Q岩石の含有金属分析結果が理解できません

ある岩石に含まれるパラジウム、金、白金の含有量が知りたかったため、
カナダのラボに分析の依頼をしましたが、結果として送られてきた表の項目に
よくわからないところがあるので、詳しい方、力を貸してくだいさい。

添付の写真の「QC」の表の

「CDN-PGMS-24 Meas」
「CDN-PGMS-24 Cert」
とは何を示していますか?

また「149193Dup」の「Dup」の意味も教えていただきたいです。

素人が海外にこの様な分析を依頼して、結果が理解できないのは
お恥ずかしいですが、辞書やネットで調べてもわかりませんでしたので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あくまでも、いただいた情報とネット上で得られる情報からの推測です。厳密には、分析機関にご確認ください。

おそらく、サンプルとして、「149191」から「149195」までの5サンプルを分析いただいていると思います。

その分析に際して、事前にパラジウム(Pd)、白金(Pt)、金(Au)の含有量がわかっている校正用サンプル 「CDN-PGMS-24」と「CDN-PGMS-25」で、測定に問題ないことを確認している、という情報と思われます。

CDN Resource Laboratories
http://www.cdnlabs.com/PGMstandards.htm

REFERENCE MATERIAL: CDN-PGMS-24 (PDF形式)
http://www.cdnlabs.com/Certificates/PGMS-24%20Certificate.pdf

REFERENCE MATERIAL: CDN-PGMS-25 (PDF形式)
http://www.cdnlabs.com/Certificates/PGMS-25%20Certificate.pdf

それぞれ、事前に測定して得られている保証値が Cert (Certfied) で上記の PDF形式のファイルに書かれている含有量、改めて今回の測定に機器などの問題ないか測り直したものが Meas (Measured) と思われます。ほぼ同じ含有量が検知できているので、実際にサンプルを測定した、という説明をかねているのでしょう。

そして、「149193」については、プラチナが最初は検出限界以下 (<1ppb) だったのが、再測定 Dup (Duplication) では 5ppb と出たこともあったが、再現性がなくて結果 Result では検出限界以下(<1ppb)で報告しているのだと思います。

あくまでも、いただいた情報とネット上で得られる情報からの推測です。厳密には、分析機関にご確認ください。

おそらく、サンプルとして、「149191」から「149195」までの5サンプルを分析いただいていると思います。

その分析に際して、事前にパラジウム(Pd)、白金(Pt)、金(Au)の含有量がわかっている校正用サンプル 「CDN-PGMS-24」と「CDN-PGMS-25」で、測定に問題ないことを確認している、という情報と思われます。

CDN Resource Laboratories
http://www.cdnlabs.com/PGMstandards.htm

REFERENCE MATERIA...続きを読む

Q生分解性プラスチックについての質問

ポリ乳酸をはじめとする生分解性プラスチックは、熱可塑性ですか?

Aベストアンサー

その通りです。
生分解性プラスチックは熱可塑性になります。
熱を加えて流動状態にし、金型に射出して冷却して固めますので、立派な熱可塑性になります。

それに対して熱硬化性は、金型内で更に熱を加える事によって硬化する樹脂です。

生分解性プラスチックは、環境に優しいエコプラスチックですが、概観基準が満たしにくい事や、強度不足の問題があり、開発メーカーの売り上げ目標値には中々達成できていませんね。

Q化審法での安全含有量を教えてください(2物質)

PCP(ペンタクロロフェノール)とTeCP(テトラクロロフェノール)です。どこで調べるのかでも結構です。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1) PCP も TCP も 塩素含有ベンゼン化合物で安全含有量の判断はできかねます。
2) ゴーグル で カタカナ で ペンタクロロフェノール に入るとWikipedia デ その安全性 ガアリ 下の方に国際化学物質安全性カード なども見られます。
3) Google > pentachlorophenol > 東京化成 > CAS No. 87-86-5, 化審法 No. 3-2850
4) Google > tetrachlorophenol > 東京化成 > CAS No. 58-90-2, 化審法 No. 3-969
5) 上記のようにGoogle から化学名に入るとウィキペヂアのインフォメーションがあり 左横に英語にヨルUSなどのインフォメーションも見られる
6)Google > 化審法 検索 > CAS No をいれるとこごの物質のフ安全性が見つかるかも
7) 劇物で、毒性もきついもので、昔、農薬ナドに使用されていましたが、。。。。。。。。。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報