4年に一度のスポーツの祭典 全競技速報中

水酸化鉄は水に溶けずらいそうですね。また逆にクエン酸鉄は水に溶けやすいそうですね。
どうして溶けずらいのかまたどうして溶けやすいのかやさしくメカニズムを教えてください。
よろしくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

>水に溶ける鉄 溶けない鉄


つまり、この考え方があまりにも安易すぎる。
鉄と水酸化鉄は、もはや別物。
    • good
    • 7

>水酸化鉄は水に溶けずらいそうですね。

また逆にクエン酸鉄は水に溶けやすいそうです

なぜそうお考えになるのでしょう。
教えて頂けませんか。
化合物の名称は必ずしもその化合物の実際の構造や存在状態を表してはいません。

例えば二酸化珪素と二酸化炭素の比較について、以前この欄でお答えしたことがあります。
二酸化珪素は「高分子」。二酸化炭素は気体。
それが我々が目にする最も頻度の高い形態です。
そのため名前はよく似ており、周期表の同じ族に並んでいても全く異なる物性(あるいは行動)を示します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング