プロが教えるわが家の防犯対策術!

長く使ってきたフライパンや鍋の塗装がやれてきました。
少しすると剥がれそうなので美観も兼ねて塗装をしたいのですが、直接火にあたる部分なだけに耐熱のものを探しています。
焼き付け塗装と言うのでしょうか?
元の塗装と同じ種類のものであればいいと思うのですが、如何でしょうか?
焼き付けはチーズたっぷりのピザの代わりに塗料を塗ったフライパンを電子オーブンに入れてしたいと思います。
そのような用途の塗料がありましたら教えてください。

A 回答 (6件)

http://www.okitsumo.co.jp/01_products/09.php

こんな感じかな。
フライパンなら300度の耐熱は必要です。
サラダ油の燃える温度が360度からです。

焼き付け時には有害物質が出てくるらしいので、屋外の広いところでやってください。
キッチンでやると死にますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらの製品を是非使ってみたいです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/30 18:32

愛着のあるフライパンなら、業者に再生を依頼するのも手です。

テフロン性なら費用もそれほどかかりません。テフロン 再生とかフッ素加工 再加工などがキーワードです。日曜大工感覚で試してみたいなら、自分でもできなくはないですが、焼き付け温度がかなり厳しいんじゃないかと思います。自分用ならありでしょうか。

業者は厨房などではアルファ技研さんとかが実績ありますね。
www.alfa-giken.net
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内側を再生する場合には参考にさせて頂きます。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/31 20:21

今の製品はホーローと違いますか?


食品のなべなどに塗装することはまず考えない方が無難です。
体に決して良くない物質がかならず含まれています。
熱を加えることで発生するガスなどもその一つです。
耐熱塗料が有っても 恐らく個人で使用できるような代物は無いとお考えください。
危険すぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホーローではないようです。
使用する際は可能な限り気を付けたいと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/30 18:36

スプレーの耐熱塗料もありますが


ホームセンターにはないと思います。
それと黒一色しかないでしょう。
ボイラーなど扱っているところにあるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ボイラー店に問い合わせてみようと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/30 18:33

そのフライパンは単なる塗装ではなく、テフロン加工の物と思われます。


残念ながら、設備のない一般の人が扱えるものではありません。
また、一般に売られている耐熱塗装と言われるものも、フライパンなどのように高温なるところには使えません。
現在のテフロン部分をすべてそぎ落とすのも有りですが、焦げ付けが激しくなります。
新しいフライパンを購入するのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フライパンは仰られるとおりテフロン加工となっております。
削ぎ落とすのは勿体なくて、とてもできそうにありません><;

お礼日時:2013/12/30 18:39

自家製品はどうかな?



フライパン製造会社に尋ねられたら如何でしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり製造元に問い合わせた方が早そうですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/12/30 18:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシリコン樹脂塗装の鉄鍋は最初の空焼きは不要でしょうか?

表面加工がシリコン樹脂塗装の鉄鍋は最初の空焼きは不要でしょうか?

サイズの違う鉄のフライパンは2枚持ってまして、それぞれ最初の空焼き等の手入れを十分に行い、日々の手入れもしっかりやっているので5年以上経った今もこびりつくことなく気持ちよく使えています。手放せないです。

最近、表面加工がシリコン樹脂塗装の22cm径の鉄鍋を購入しました。
カレーライスの具を炒めてそのまま煮込んだり揚げ物に使ったりしようかと思っているのですが、送料込みで1,500円を切る安さだったせいか、取扱い説明書が付いておらず手入れのことなどが分かりません。
フライパンの時は、クリアラッカー塗装だったので空焼きをしてから使い出したのですが、表面加工がシリコン樹脂塗装の鉄鍋の場合は、最初の空焼きはやらずに普通に使い始めていいのでしょうか?
また、空焼きはやってはいけないのでしょうか?
あるいは、フライパンの時と同じように最初の空焼きをやってから使い始めたほうがいいのでしょうか?

ご指南よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

だめです。シリコン樹脂塗装と言えども高熱には耐えられませんし、そもそもその必要がない。
 大きな誤解--鉄のフライパンで空焼きが必要なのは、表面の防錆塗料を焼ききるためです。そして、油を引いて炒めたりするのは表面に黒錆(Fe3O4–酸化鉄(II,III))の皮膜を作るためです。そのいずれからも、シリコン樹脂塗装の場合は必要ありません。

>フライパンの材質は勿論すべて鉄ですので空焼き大丈夫ですよ。
 表面が塗装してあるので空焼きは不可です。

>シリコン樹脂はいつか自然に剥がれるときがくるのでしょうか?
>その時は、鍋を普通に空焼き処理して使えば長持ちするのでしょうか?
 シリコン樹脂塗料に期待してあるだけに鉄の素材は薄く、かつ材質も悪いので使い物にならないでしょう。

本職用のベストセラー・・
キング 鉄 フライパン 24cm - Google 検索( https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0+%E9%89%84+%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3+22cm&safe=off&hl=ja&biw=1024&bih=604&site=imghp&tbm=shop&source=lnms&sa=X&ved=0CAcQ_AUoAWoVChMI-6Ot17vFxwIVzJ-UCh378Q0N&dpr=1#safe=off&hl=ja&tbm=shop&q=%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0+%E9%89%84+%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%B3+24cm )
鉄製のフライパン、定期的なメンテナンスが必用なんでしょうか? - 食器・キッチン用品 | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4371785.html#an13092586 )

だめです。シリコン樹脂塗装と言えども高熱には耐えられませんし、そもそもその必要がない。
 大きな誤解--鉄のフライパンで空焼きが必要なのは、表面の防錆塗料を焼ききるためです。そして、油を引いて炒めたりするのは表面に黒錆(Fe3O4–酸化鉄(II,III))の皮膜を作るためです。そのいずれからも、シリコン樹脂塗装の場合は必要ありません。

>フライパンの材質は勿論すべて鉄ですので空焼き大丈夫ですよ。
 表面が塗装してあるので空焼きは不可です。

>シリコン樹脂はいつか自然に剥がれるときがくるのでし...続きを読む

Q焼付け塗装のやり方を教えてください。

カメラ部品をはずして、サンドペーパーで地肌が出るまで磨いて、スプレー式塗装を、3度ほど重ね塗りしましたが、どうしても、力強くこすると剥がれてしまいます。焼付け塗装でなければ無理なのかと思われますが、小さな金属の、焼付け塗装の簡単な方法と塗料の種類を教えてください。または、他の塗装の仕方があれば教えてください。

Aベストアンサー

焼き付け塗料には、アミノアルキド樹脂、アクリル酸樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂などのものがあります。
塗料としては、加熱硬化(焼き付け)用と自然硬化(乾燥)用とあり、前者でないと使用できません。
一般のスプレー塗料や筆塗り用のエナメルなどは、焼き付けに適しません。
焼き付け用は、塗料専門店でないと入手できないと思われます。焼き付け温度や使用法は、塗料によりますから、購入時点で知ることが出来ると思います。

カメラ部品とのことなので、必ずしも焼き付けの必要は無いものと思います。
塗膜の剥がれは、下地処理や塗料の選定などに起因して塗料と塗面の食いつきが弱いのでしょう。
地肌とは、材質は何でしょうか。
また外装ですか。動きのある機構部品ですか。
塗料が付き難いのは、先ず硬い金属(ニッケル、クロム)、アルミ、黄銅(真鍮)、鉄の順です。
また、ぴかぴかに磨いてしまうと付かなくなります。
#200,300くらいのサンドペーパーが良いと思います。
鉄は、錆び止め、アルミは、それ用のサフェーサーの下塗りが必要です。
油脂は、大敵ですから完全脱脂が必要です。面に手を触れるのも厳禁です。
現在入手しやすいスプレーで塗膜が強いのは、自動車用のアクリルストレートと思います。
もっと強力な塗料にエポキシあるいはウレタンの塗料で2液式、1液式の常温硬化のものも有ります。
筆塗りで、綺麗に塗るのが難しいですが、カシュー塗料も強力です。

焼き付け塗料には、アミノアルキド樹脂、アクリル酸樹脂、エポキシ樹脂、ポリウレタン樹脂などのものがあります。
塗料としては、加熱硬化(焼き付け)用と自然硬化(乾燥)用とあり、前者でないと使用できません。
一般のスプレー塗料や筆塗り用のエナメルなどは、焼き付けに適しません。
焼き付け用は、塗料専門店でないと入手できないと思われます。焼き付け温度や使用法は、塗料によりますから、購入時点で知ることが出来ると思います。

カメラ部品とのことなので、必ずしも焼き付けの必要は無いものと...続きを読む


人気Q&Aランキング