ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

耐久性はUSB端子が上、USB3.0でHDDの速度的な問題はないはずです。
内蔵HDDやマザーボードの内部端子がUSB3.0でなく、SATAを採用する理由は何でしょうか。
USB3.0に何か欠点はありますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

HDDやSSDなど、高速性が必要とされるデバイスのバスが


他の機器に割り込まれるのを避けたいんではないかと思います。

USBはバスなので、一つのバス上で同時に通信できる機器は基本的に1つです。
実際は、1つのマザーボード上に複数のホストICが載ってるので
(例えばフロントパネルとリアパネルや、USB2.0とUSB3.0など)
完全に1つだけというわけではないのですが、
極端な話、マウスを動かしてる間はHDDにアクセスできなくなる、
ということが起こりえます。
逆を言えば、HDDアクセスが激しい間はマウスがカクカクになる、と。
こういう事態を避けるためにも、あえて統一していないんじゃないかと思います。

あとは、HDDやSSD側でこれまで培った技術をそのまま使いたい、
というのもあるかもしれません。
USB3.0へ変更するコストに見合うメリットが無いと、HDDメーカーも踏み切れないでしょう。

まぁ実際のところは他の方が回答してるように、
これまでの伝統(内部バスと外部バスの住み分け)をそのまま引き継いでいるだけな気もしますけど。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/12 22:22

欠点もなにも、目的がまったく違うじゃないですか?



無理やりに、欠点という文脈で表現するなら
USB3.0というHDDインターフェイスが存在しないことでしょ。

でも、それ目的が違うのだから、欠点では無いんですけどね。

USB規格にはMSDというストレージデバイス向けの規格が含まれているだけで
MSDにネイティブに対応するHDDを作ることはできません。


HDDには、ESDI,SASIとかの過去のものを抜きにしても
IDE(ATA),SCSI,SAS,SATAと、何種類もののHDD用のインターフェイス規格があります。
それぞれ、その時代時代の技術的問題とコストと需要などから、最良を模索してきた技術です。

そして、それぞれにインターフェイスに合わせた、専用のHDDが作られてきました。これ重要。


今売られているHDDのほとんどはSATAで、これをSCSIに変換して使う人は少なく
IDEに変換して使う人も、SATAの無い古いPCのユーザーに限られます。
SATAがあるPCなら、SATA,eSATAで繋ぐのが基本です。


変換みたいな、リスクを増やす手法が使われるようになったのは
IDEの普及が遅れた日本で、高価な(世界的にはサーバー用であった)SCSI HDDの代わりに
安価なIDEのHDDを、SCSIに変換して使おうというトンデモ製品で、これが1990年代の話。

特定企業が提案したPC/ATの仕様に支配された世界で
NEC PC-9801とMacのユーザーは、SCSIより安価なIDEのHDDを、恥を忍んで導入したのです。
USB-HDDが成立したのは、もう少し時代が進んだ先の話です。
PC-9801は滅び、MacはIDEを取り入れ、最終的にPC/ATの仕様を取り入れSATAも導入しています。


ハードディスクの歴史は1950年代に遡りますが、変換して繋ぐような時代は
歴史の半分にも来ていないということになります。


ですから、今のSATA-USB変換という異常な接続方法から
いつかは"変換して繋ぐのが普通"という時代になる可能性もあるといえばあります。

ですが、現在までの流れとしては
HDD用インターフェイスの発展とHDDの発展は両輪として回ってきていて
変換して接続するという手法は、安全性や確実性といった面から、必ず後に回るものにすぎません。


変換によるロスは、微妙なもので、計測しなければわからないものです。
ですが、安全性や確実性を論じる上では、それは可能性において忌避されるものです。

簡単に言えば、変換回路が入るということは、そこに追加のコストが存在します。
必然的に、変換回路は低コスト化を強いられます。
量産効果はあてにできても、本質的にはeSATAより低コスト化はできません。

そして、部品点数が増えることは、同時に故障要因が増えることを意味します。


誰もサーバー向け高品質USB-HDDなんか作っていません。
そんな信頼性を下げつつ高価な装置を買おうとは思わないからです。

結果的に、USB-HDDは並から下までの製品しかありません。


また、USBが汎用バスであることも大きな要因です。
汎用バスであれば、それだけいろんな用途で使われますし
そのために、多様なデバイスドライバーがそれをアクセスすることになります。

USBは手軽な周辺機器接続手段としてヒットしましたが
反面、安易に作られた、粗悪なUSB機器も多々生み出してきました。

それが、USBというバス自体のトラブル要因を生みます。


そういうリスクを避けた使い方をすることはできるでしょう。

ですが、運用でカバーすることを前提に
高品質USB-HDDを企画するというベンダーがありません。
これでは、高品質でリーズナブルという夢を見てもはじまらないのです。
高品質製品企画に、量産効果が期待出来なくなってしまうのです。


このサイトにも「USB-HDDが認識できなくなった」
「フォーマットを求められる=データを抹消しなければ使えない」
といった状態に陥った相談が多々あります。

その問題の本質がどこにあるのかは、何年かかっても特定されず
「こうすれば起きない」という決め手はありません。
「~をやったからそうなったのだ」と断定できるだけの調査結果がありません。


SATA-USB変換回路の問題、USB-HDDに関するソフトウェアの問題などが考えられますが
それらが解決されること無く、ついに記念すべき2013年には、Windows8,8.1で、さらに新しく
高速スタートアップとUSB-HDDのつなぎ変えによるファイル消失事故が実現されました。

まさに人類の夢を託されているかのようです。

これでは、USB3.0であろうとUSB4.0になろうと、SATAに取って代わるわけがありません。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/12 22:22

Q/ 内蔵HDDやマザーボードの内部端子がUSB3.0でなく、SATAを採用する理由は何でしょうか。



A/USB3.0は汎用インターフェースです。その昔で言えばRS-232Cなどの各種D-sub系の端子を一つのインターフェースに置き換えたと考えれば良いでしょう。

このインターフェースにはいくつかの制限がありません。1つは、最大速度はコントローラー1つに対して、定められていますが、コントローラーに1つに対して搭載できる周辺機器の最大数はルートハブを含めて、確か129個まで対応します。

それがどういう意味を持つかというと、複数の危機をコントローラーに繋ぐと速度を落ちたり、認識不良が起きることがあります。ハードディスクなどのマスストレージクラス専用のインターフェースに比べて、安定性は低いと言えます。

次に、上記故に一部のスピードクラスではDMA転送をサポートしていなかったり、ATAコードセットの一部を正常に処理できない場合があります。元々USBは多くの周辺機器を繋ぐためのものであり、何でも繋ぐことが出来るが、何でも規格を取り込んでいるものではなく、汎用性故に緩い部分も多いのです。結果的に、ATAコマンドセットの対応は周辺機器がどれをサポートするか自由であり、任意となります。

3つ目に、USBからの起動は周辺機器が多いと、EFI BIOSからロードすることが出来なくなることがあります。解りやすく言えば、USB3.0は周辺機器のために作られているため、電源を入れればキーボードなどの周辺機器はいつでも使えるようになっていますが、マスストレージクラスについては、基本優先度が落ちています。

何故か・・・。
例えばUSB3.0で100台ハードディスクを繋いだとして、どのハードディスクをプライマリー(優先度最大)として起動するか、どう決めるかというルールがありません。そうなると、起動するまでにBOOT POSTを100台確認しなければなりません。数十分も待たされるか、数十時間も待つことになるかもしれません。下手をすれば、数時間待っても起動できないかもしれません。だからといって、専用のUSBポートを作れば、素人が間違って使うこともあるでしょうし、逆にそれを規格策定するのにコストと労力が掛かるでしょう。

そういうことになります。

SATAでもIDEでもそうですが、基本的に搭載するディスクポートに順番を割り振っています。
IDEではディスク側にもジャンパピンで設定ができますが、SATAではそれがありませんから、起動用は原則として一番優先度の高い0番ポートに接続するのが望ましくなります。
また、ATAコマンドコードセットは自動で通信時にやりとりされます。USB接続のように他の汎用データ(例えばキーボードの押下データが流れている間にマスストレージのデータ情報が一緒に流れる)が一緒に通信されることはなく、任意で情報のやりとりをすることもありません。

DMA転送は通常は対応したドライブを繋げば自動で有効となります。
SATAはeSATAを除けば、ホットプラグに対応しません。動作中のドライブを取り外すことはできません。

これらの制約があってこそ、信頼性の高いディスク接続インターフェースとなります。

一般に使い回しが容易だから規格がそれに統一すれば便利とは限りません。

汎用インターフェースとは違い、補助記憶の中核となる内蔵ハードディスクやSSDは勝手に取り外されたり、データの伝送ロスト、帯域の急減による影響を受けると、取り返しが付かなくなるほど不安定な要因となる場合がありますので、内包できるからやるのではなく、内包しなくても良い機能が徒となる可能性があるため、やらないと言えるのです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/12 22:22

1.USBはHDDや工学ドライブに限定されたデバイスではないのでそのための変換によるデータのオーバーヘッドがある


2.USBの速度はポートごとの合計値なので1つのポートに2つつなげば速度が分散される
3.SASではすでに12Gが出ておりSATAも次の規格(SATA3 6G以上)が策定される可能性がある
4.RAIDの構成がUSBでは不可能
5.SATA3は6GでUSB3.0は5Gと速度で1Gの差がある
6.ほかのUSB機器とのデータのやり取りが入ると処理待ち(割り込み)が発生するとHDDのアクセス速度が落ちる
7.CPUとのアクセスにおいて単独で専用のバスで繋がっているほうが速度・制御・割り込み関係で早い

USBは万能だけど専用に特化したものには敵わない場合や敵わない部分もあるということですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/12 22:22

>内蔵HDDやマザーボードの内部端子がUSB3.0でなく、SATAを採用する理由は何でしょうか。



そもそもの歴史があり、生まれが違うのです。主にHDD用のSATAは、元々はパラレル通信のIDEが発展してきたが、高速になると各信号の同期が取りにくくなってきたので、シリアル通信になったのです。
USBは、外部の一般機器用。もともとは、マウス・キーボードなどの通信速度を必要としないものから発展してきたもの。そのために、初期はSATAとの伝送速度は桁違いに遅かった。


今となっては・・・・・・・・・難しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/04/12 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QなぜeSATAはUSB3.0のように普及しなかった

USB2.0だと最大でも34MB/s、HDDでもふつうは23MB/s程度しか出なかったところが、USB3.0だとHDDの速度そのままの100~170MB/s。ハブを経由したりひとつのノートに2台の外付けディスクを接続して外付けから外付けにファイルコピー、などしても2.0の時のような速度低下はまったくありません。格安PCへのUSB3.0が標準搭載されるようになってからPCがぐっと快適になりました。
で疑問なのですがeSATA規格自体は大昔から存在していて速度は100MB/s以上、挙動も安定していたのに、搭載ノートはごく一部で、eSATA端子がある機種でも差し込むところが一か所しかなかったりしました。アップルのような会社の高価な独自規格が普及しないのはわかります。が、
なぜeSATAはHDDで使う限りはUSB3.0と同じ速度、を持っていて、かつ広く使われているSATA規格の一部なのにまったく普及しなかったんでしょうか?
また、搭載ノートでも端子が一つしか用意されない場合がほとんどだった理由はどういうものでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

eSATA自体は給電コネクターでなく、ファイル装置側の自立駆動が必要で
+5V500mAなSSDを挿すにしても給電コネクター規格の相手か、
USBから二股(デバイス認識しないと電力切るホストだったり
BIOSで常時給電設定させたりもあるし)取れるか、
解りずらいのが第一。
またハブやコネクターなどパーツコストでUSBに負け。
第三、もしパワーeSATAが安価で統一されたとしても
引き回し限界長さが厳しいから地デジ直結録画用途は難有りかと。

自分も触った経験なく、本家リンク多数な参照先一つだけ。
http://2e.blog102.fc2.com/blog-entry-1140.html

Q2.5インチと3.5インチHDDの性能の違い

2.5インチと3.5インチHDDの性能の違いってあるんでしょうか?
もちろんメーカーやディスクの性能はそれぞれ違うと思いますが、
大きさや価格以外の大雑把な違いってありますか?
データの保存に3.5インチHDDを何台も保存している会社がありますが、
2.5インチのほうがかさ張らなくていいと思うのですが、
3,5インチのほうがいいメリットがあるんでしょうか?
データが消えにくいとか?

Aベストアンサー

データが消えにくい等の違いは全くありません。2.5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。

しかし3.5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2.5インチだと2つ要るけど、3.5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^


そして構造を考えても、大容量を確保するなら3.5インチの方がいい気もします。HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。3枚、4枚入っているものもあります。というか、大容量HDDはたいてい数枚入っています。

では、次を比較してみましょう。
(1)円盤1枚で容量500GBのHDD2つ
(2)円盤2枚で容量1TBのHDD1つ
どちらが場所をとらないかというと・・・もちろん(2)です。つまり、大容量のHDDの方がかさ張らないんです。

そして、円盤が多いのは3.5インチの方です。

ただ、故障には弱いです。故障しやすいという意味ではなく、ダメージが大きいという意味です。(1)なら片方が壊れても500GBは残りますが、(2)だと一気に1TBが消えます。なので、用途に応じて使い分けるのが賢い選び方でしょう。


そしてNo.2の方がおっしゃっていた速度ですが、これも構造によるものです。物理的な話なんですが、同じ回転数でも、外側に行けば行くほどスピードは速くなりますよね?「スピードが速い=円盤の目的地まで早くたどり着ける」という事なので、外側になればなる程アクセスも速くなります。

なので、3.5インチの方が「全体的に速い」というワケではないですが、「速い場所が多い」ということです。

データが消えにくい等の違いは全くありません。2.5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。

しかし3.5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2.5インチだと2つ要るけど、3.5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^


そして構造を考えても、大容量を確保するなら3.5インチの方がいい気もします。HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。3...続きを読む

Q【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか? ランク的にはど

【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか?

ランク的にはどの程度の立ち位置ですか?

IPS ADSパネルとAH-IPSパネルならどちらの方がランクは上ですか?

AH-IPSパネルのAHってなんですか?

一般的にIPSパネルを使用している液晶とはどのパネルを使っているのでしょうか?

2つとも次世代液晶パネルですか?旧型の廉価版ですか?

Aベストアンサー

・AH-IPS(Advanced High performance IPS):
LG Display社製のIPS液晶パネル

・ADS(Advanced super Dimension switch):
中国BOE社製のIPS液晶パネル

IPSというのはジャパンディスプレイ社及びLG Display社の商標なので、
その他の液晶パネルメーカーが生産するIPS方式の液晶パネルはIPSという表記で
販売することができません。
本当に細かい事を言わなければ、AH-IPSもADSも同じ構造と駆動方式であるため
どちらも同じ広視野角特性を持っていると言えるでしょう。

QSATA電源ケーブル線は4本と5本がありますが?

昨日PCパーツ屋でSATA電源ケーブルを見てました。
ほとんどの電源ケーブルの線が5本のに対して、昔のIDEで使われていた電源コネクタからSATAの電源コネクタに変換するものは線が4本でした。色ではオレンジ色がないようです。

この線が4本の電源ケーブルを使ってSATAのHDDの電源に繋いでも大丈夫なものなのでしょうか?

接続しようとしているものは2.5インチのSSDとHDDです。
SSDには5V、1A
HDDには5V、800mA
と書いてあります。

Aベストアンサー

ええ大丈夫ですよ

IDE電源ケーブル側は 12V(通常黄色)・アース2本(通常黒色)・5V(通常赤色)の4本から構成されています

S-ATA電源ケーブルは規格的にはこれに3.3V(これがオレンジ色)が入るので5本のケーブルが使われます

変換ケーブルはIDEの電源をS-ATAのコネクタに変換させているだけなので、供給されていない3.3V用のケーブルは最初から付けなくても同じなので4本線になっています
(つまり変換ケーブルでは3.3Vを供給していない状態で使用します)

DVDドライブや3.5インチHDDならば3.3V電源使わないので使用に支障はありません

一部の2.5インチHDDが3.3Vで動作するので、こういった場合は変換ケーブル使用では動作しません

まぁ変換ケーブル使うって事はノートPCでは無いでしょうから、実質4本しか線が無い電源ケーブルをS-ataコネクタに変換させてやれば、機器は問題なく動作します

>SSDには5V、1A
>HDDには5V、800mA

共に5Vですよね
変換ケーブル使えばS-ATAコネクタの7~9番pinに5V供給するようになるので大丈夫です

ええ大丈夫ですよ

IDE電源ケーブル側は 12V(通常黄色)・アース2本(通常黒色)・5V(通常赤色)の4本から構成されています

S-ATA電源ケーブルは規格的にはこれに3.3V(これがオレンジ色)が入るので5本のケーブルが使われます

変換ケーブルはIDEの電源をS-ATAのコネクタに変換させているだけなので、供給されていない3.3V用のケーブルは最初から付けなくても同じなので4本線になっています
(つまり変換ケーブルでは3.3Vを供給していない状態で使用します)

DVDドライブや3.5インチHDDならば3.3V電源使わな...続きを読む

QHDDを内部増設すると消費電力はどのくらいですか?

HDDの増設を考えています。目的は大切なデータ保存です。現在、外付けのHDDを一台所有しておりますがバックアップがとれておりません。そこで、DVD-Rへの保存を検討しましたが、手間とコストが意外にかかるということで、増設を検討しています。
外付けHDDはまだ高価な上に邪魔にもなります。
しかし、内蔵ということになると、電源が入りっぱなしになり電気代等は如何なものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

一例をあげてみると・・
HDD=SeagateST3250823A(250GB)/+5V:0.48A/+12V:0.58A
で、"W"換算では+5V=2.4W,+12V=6.96Wとなります。
ちなみに、電力の目安はご使用の電源を調べてください。
例えば、私の場合、電源容量(Max500W)=+5V/50A,+12V/30Aです。

HDD増設でも、たいして電気は消費しません。
(料金的にはちょっと"??"で、ごめんね。)
注意して欲しいのは、電源容量ですね。
上記のようにPCの場合、"A"の容量で計算します。容量定格ギリギリ??での使用ですと、いろいろと"わけ"のわからないトラブルが、発生する"場合"が・・あっ、これ経験してますが・・可能性としてあります。
私の場合ですと、HDD=03台に増設後に発生、電源容量UP目的で交換したことが、あります。
以上、参考になれればよいのですが。

Q4PINファンと3PINファンについて

こんにちは。
待ちに待ったPCパーツが全て揃ったので自作で組みたいと思うのですが、一つわからない事があります。

僕が今回使うPCケースはZ11Plusなのですが、付属のファンは3PINでした。
ですが、マザボ側は4PINです。
4PINソケット?に3PINのファンが接続出来るとは聞いたのですが、どう接続すればいいのかわかりません。

マザボ側が4PINでファン側が3PINなのですが、接続すると1ピン余ると思います。
その際どちら側(一番右のピンを余らすのか一番左のピンを余らすのか)のピンを余らせて接続すればいいのかがわかりません。

深く考えずに接続しても構わないのでしょうか?
発火したりの心配はないでしょうか?

説明が下手で申し訳ございません。

1、マザボ側4PIN ファン側3PINの場合1つピンが余ると思うのですが、右のピンを余らすのでしょうか?それとも左のピンを余らすのでしょうか?
2、深く考えずに接続しても構わないんでしょうか?
3、発火の危険性等はないでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

intelのwebにそのものずばり!の回答が記載されています。下記webをご参照ください。
http://support.intel.co.jp/jp/support/motherboards/desktop/sb/CS-012074.htm
これはintelの基板の例ですが、コネクタのピン配置自体は規格で決まっています。なので、ご質問者様がインテル以外のマザーボードをお使いの場合でも上記記載内容はそのまま適用できます。

1.のご質問について
前述のとおり、ファンコネクタは規格でピン配置が決まっていますから、マザーボード側のコネクタストッパー(端子とは別に出ているプラスチックのガイド部品)を上にした状態で、左側のピンを余らせます。

2.のご質問について
上記の接続ルールを守れば問題ありません。

3.のご質問について
4番目の端子はPWM端子(パルスでファンの回転数を動的に制御する端子)ですから、余らせて問題ありません。
また、ここを余らせたからといって発火の原因にはなりません。

以上、ご参考まで。

QPCに繋ぐ端子はHDMIとDVIのどちらがベスト?

HDMIとDVI端子を備えているマザーボードとモニターがあるの
ですが、通常どちらでつなぐものなのでしょうか。

私は今HDMIで繋いでいるのですが、HDMIではなくDVIで
繋ぐメリットがあれば教えていただきたいです。

液晶モニタ:EW2430V
マザーボード:H67DE3

今までずっとD-Subだったので、モニター単体で電源を切って
入れ直した時にウィンドウのサイズ等がおかしくなる現象には
まだ慣れていないところですが、こちらに関しても何か工夫が
あれば教えてくださいませ。

すみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして♪

HDMI接続は、基本的にAV機器に適した物で、PCとモニターの場合でもケーブル1本で映像と音声も接続出来るというメリットは有ります。

他にもAVアンプ経由として、5.1chや7.1chの環境も行えますね。

パソコンの場合も、オーディオとビジュアルが有るので,AV機器としての活用も可能ですが、テレビとは違ってパソコンの場合は日本では存在しないテレビ放送規格の表示も行える為、本来はAV規格とは違う接続の方が従来からのPC環境を継承していると言えます。

まぁ、通常の利用では、おおむねどちらでも大丈夫のはずです。

なお、モニターの電源と画面サイズの関係は、おそらくモニターが電源投入時に一旦表示させるサイズ設定等が今までと違うだけでしょうから、そう言う物だと思った方が良いでしょう。

最近は、電源オフではなくて、バックライト消灯や表示駆動回路の停止などでエコモードとか省電力モードなどで機能設定を保持する機器も多く成っていますね。

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む

QSATAは二分岐できるか?

hpのdc7600usを使用していますが、SATAのDVDドライブを接続したいと思います。
が、電源、ケーブルともに一本しかなく、これを二分岐するケーブルを探しても該当品が見つかりません。
UrTRA ATAのときは、簡単にできたのですが、拡張性のある構造でないと無理なのでしょうか??

Aベストアンサー

SATAの電源は分岐させることも可能です。ですが、データ転送用のケーブルの分岐はもともと不可能です。別途、通常のSATAケーブルを購入してマザーボード上のSATAポートに接続してください。普通はメーカー製のパソコンでも空きのSATAポートが1つはありますから。もし、SATAポートに空きがなければPCIのSATAインターフェイスボードを増設してそこに接続してください。

QHDDのキャッシュは数字が大きければ速い?

HDDの性能詳細によくキャッシュと書いてありますが、8MBと16MBとでは、どちらの方が速いのでしょうか?
というかキャッシュは何に対して速くなる要素なのでしょうか?

Aベストアンサー

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的には速くなっているとも言えますが
本来、キャッシュメモリは規格上(理論上)のPC性能に近づけるためのしくみです。

厳密に言えば、多いほうが性能が向上する見込みはあります。
しかし、Quantum LP240Sがもてはやされた時代に比べれば
HDDのキャッシュメモリ容量が、決定的な性能差を生むことは無いと思います。
当時はOSのキャッシュ機構が拡張バス上の遅いメモリー使ったりしてたけど
今は、数GBのメインメモリーがディスクキャッシュに活用されたりするしね。

あと、キャッシュの多いメモリーのほうが機械的動作の負担が少なく
耐久性が上がるという説もあるけど、まゆつば。

理屈としてはキャッシュメモリーというものは
速くするものではありません。
遅くならないようにするものです :-D

HDDの機械的な動作に対して、電気的なメモリーやバスの動作は
瞬間的に理想値を出したり、機械的な動作を待って止まったりします。
読み込みにしろ書き込みにしろ…

そこで、その遅延可能性を、キャッシュメモリを使うことで減らすわけです。

現在では"データの先読み処理"や"順番を入れ換えた読み出し"が
HDD内で行なわれ、バス側との停滞を減らすようにもなっています。

結果的に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報