出産前後の痔にはご注意!

私は陸上部の運動会実行委員で、共通リレーでは一応都大会まで行きました。テイクオーバーゾーンの活用や、バトンパスは大体分かっているのですが、5月末にある 運動会での全員リレーの走順についてはまだ全然分かりません。

スターター~3走までは速い子で固め、4走~遅い子と速い子(普通の子)交互、しかもだんだん速い人後方にする作戦でいます。

この作戦へのアドバイスや意見を聞きたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私が中学生時代、クラス全員リレーをやった時の作戦です。



走順は質問者様の通り、原則遅い子と速い子を交互にします。
スタート直後にも、なるべく速い子を置き、混戦になるのを防ぎます。
(先行逃げ切りがベスト)

ここからがポイントです。

速い子は遅い子からバトンを受ける時、テイクオーバーゾーンのなるべく
後ろでバトンを受け取ります。
そして遅い子が速い子からバトンを受ける時は、テイクオーバーゾーンの
なるべく前でバトンを受け取ります。

つまり、速い子が走る距離をなるべく長くし、遅い子が走る距離をなるべく
短くします。

全員リレーでもテイクオーバーゾーンは20メートルくらいあると思います
ので、速い子と遅い子で40メートルも走る距離が違います。

質問者様は陸上部ですし、バトンパスは上手だと思いますが、クラス全員
リレーで本気のバトンパスを練習する時間はないでしょう。

ですので、バトンパスでタイムロスをしても、遅い子の分を速い子がカバー
できる上記の作戦が有効になります。




私がやった時の結果ですか?

もちろん1着でしたよ。
    • good
    • 14

運動会なら、セパレートコースではなく、オープンレーンですよね。

たぶん。

要するに、コース分けがされているのではないからごちゃごちゃになりやすい。
そうなると、スムーズにバトンパスができるとは限りません。
また、おそらく1週(200mくらい?)もしくは半周(100m?)で、コースの大半がカーブだと思います。
よほど走力の違いがない限り、カーブで抜かれることはなく、バトンパスの前後の直線が勝負なのではないか、と。


質問者さんの作戦は、おそらくほとんどのクラス(?)でも行ってくる方法だと思います。
なので、それだと差があまりつかないですね。おそらく、4走~6走あたりで混戦になってしまう気がします。
しかし前述のように、オープンレーンで、しかもカーブがあると、混戦を抜け出すのは難しい。
混戦を抜け出すには、よほど走力のある子が途中にいない限りは難しいです。


陸上経験者からしたら異端的かもしれませんが、質問者さんの作戦にもやや近いものの、以下のような作戦はどうでしょう。



仮に、出場する選手が12人とします。


1>2>3>4>5> … 10>11<12

12≒2


この作戦は、先攻逃げ切り。1走目から速い順に並べます。走順=足の速い順、ということです。
だんだん走力の「遅い子」になっていくが、しかし、アンカーだけは1、2走目と同じくらい速い子にする。
序盤に大きくリードを広げ、最悪、アンカーまでに追いつかれてしまうことも計算し、最後のアンカー勝負に持ち込む、という感じ。


普通のチームでしたら、3走以降などの中盤に、「最も遅い子」を配置してくると思います。
その段階で、自チームではそこそこ速い子たちであれば、リードを保てるでしょう。
何より、先攻してリードを保てると、バトンパスの時に混雑せずに渡しやすいですから、スピードのロスも少ないです。
また、後半の「遅い子」たちも、カーブでうまく他チームをブロックできれば抜かれないかもしれません。

ただ、どんなに上手くいって大量リードがあったとしても、どんどんと詰められてしまう状況的になると思うので、後半の「遅い子」には、相当なプレッシャーがかかります。
ですから、アンカーに「お前が抜かされても、俺が抜き返してやるから安心しろ」と言ってくれるようなタイプの、リーダー的存在で、足の速い子を置きます。
(そう意味では、アンカーは質問者さんがつとめるのが一番いいのかもしれません)


「遅い子」たちのプレッシャーを緩和しつつ、序盤のエースたちのリードを、みんなで守り抜く、という感じですね。


まあ、もし、結果として1位になれなかったとしても、チームとしてはレース全体を通して上位に食い込むことはできると思うので、「みんなで頑張った」というような達成感を得られる、とも思います。
「遅い子」たちが自分たちのせいで負けた、と思わないように、アンカーがしっかりと責任を引き受けるようするのもポイントですがね。
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全員リレーの成功のコツ

私は中3♀なのですが、もうすぐ体育祭があります。
それで全員リレーでどうしても勝ちたいのでコツを教えてください(>_<)
どうしたら速く走れるか、というより順番をどのように組んだらいいのか分かりません。足が速い人は後半にもってきた方のが良いのでしょうか?…回答お願いします!

Aベストアンサー

走る距離にもより、全員がグランド半周づつ、といった条件なら、最初の何人かは速い人を持ってきた方がいいですよ。あまり後ろの順位になってからバトンを受けると、本来は速い人の中にも実力を出し切れない人がいるからです。
そうかと言って、最後の方が遅い人ばかり、というわけにもいきませんから、クラスの中で比較的速い人が10人いれば、最初のほうに6人、最後のほうに4人ぐらいにして、それ以外の人をその間で走らせるのがいいと思います。
ただし、グランドが広かったりして、走る順番によって、カーブの多いところを走る人と直線の多いところを走る人に分かれる場合、#2さんの書いている方法が有効です。例えば、偶数番目の奏者はカーブの多いところを走るのでしたら、そこに遅めの人を置くのです。
それと#4さんの書いているバトンゾーンの使い方。
上手に使うと、例えば、速い人は120m、遅い人は80m走る(この場合、速い人と遅い人を交互に配置する)ことになります。全員リレーの場合、バトンパスの回数も多いのでこの差は馬鹿になりませんよ。

Q陸上リレー走者の順番の決め方

陸上競技400mリレーの走者4人の順番の決め方について
教えてください。

1.バトンの受け渡し技術に差のない場合
タイムの早いものから どのように配置したらよい という
常識?通説?はあるのでしょうか。
知り合いは(タイムの早い順に1234とした場合)
3142の順だと教えてくれました。
正しいですか。 また、その根拠は。

2.バトン技術に差がある場合
やはり「渡すのが下手な者を最後に」とか
「受け取るのが苦手なので最初に」とか はありですか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

100m x 4リレーでは、走る順番によって、次のような条件の差があります。

第一走者:唯一スタートがある。
⇔第二・三・四走者は、バトンを受け取る前に助走が取れる。
トップスピードに乗るまでに時間がかかるランナー(後半追い込み型)は、第一走者以外にする。

第二・四走者:ほぼ直線を走る。
第三走者:コーナー(カーブ)を走る。
カーブでスピードに乗れる選手を第三走者にする。

上記のような選手の得意・不得意を考慮に入れて走る順番を決めるのがよろしいかと思います。

バトン渡しは、走る順番を固定して、受け渡しをする二人の間で何回も練習して下さい。
どのタイミングで次走者がスタートするのか、どこでバトンを渡すのか等、二人の間の決め事に依存する部分が大きいです。

Qクラス全員リレーの走順決めに困ってます!

全員リレーの順番を皆様にも考えてほしいのです。
暇な方など、是非とも強力な布陣の作成に協力をお願いします!

クラスメンバーの50メートルのタイム(本番リレーは100M)
6.5 6.7 6.8二名 6.9二名 7二名 7.2 7.3 7.4 7.5二名 7.6 7.7
7.8二名 7.9二名 8.2二名 8.3二名 8.7 8.9 9四名 9.2二名 9.5
+35人調整のため残り3枠は本番に番号が複数言い渡されその番号にあたった3人が、足りない3枠を走る。

現段階での作戦は、バトンゾーンを活用し、奇数が長い距離を。偶数は短い距離を走る作戦ですが、他に良い案があれば、変えても結構です。
また、現段階は7秒の人が1番で30以降から早い人が連続で、アンカーは一番早い人が走る設定です。

Aベストアンサー

バトンゾーンを活用して~の作戦でいいと思います。
また、最初の4人くらいまでは早い人とそれなりの人の組み合わせで
混戦になっているところを抜けたほうがいいです。
競り合っている状態でのバトンパスは落とす可能性もありますので
なるべく自分の組が一人で走っている状態を作るようにします。
リレーで一番大事なのはバトンパスです。
50mのタイムが良くても100mのタイムが悪い人がいると思いますのでそこもご注意を。

Q運動会のリレーの順番

一般的には
一番早い人間をアンカーに持って行きますね。

ちゃんとした陸上競技会ならコースが決まっていますが
運動会レベルではコースはなく、コーナーその他で一列になってしまい
抜かすのは困難ですよね?

で思ったのですが
他の組に比べて圧倒的に早い人間がいます。
その人を第一走者にして、まずは先頭に出る。(間違いなく一番で帰ってこれる力あり。)
その後の走力が均衡していても(少し遅くても)抜かされにくい。
こういった戦術はいかがでしょう?

Aベストアンサー

陸上競技の4×100mリレーはスタートからゴールまでセパレートコースですが
4×400mリレーは1走のみセパレートで2走からオープンコースになります
この場合は2走で前に出るために4人の中で一番タイムのいい選手を1走にすることがあります

そのコースがどのようなものかで違ってくると思いますよ
1周100~150m位のコースだったら直線も短いしコーナーのカーブもきついし有効な作戦だと思いますけど
1周200m以上あるようなコースではどうかな?わずかな走力差でも直線部が50mあればそこで抜かされてコーナー入り口で前に出られる可能性はありますよね

Qリレーで他のクラスに勝つ方法

うちの学校では、全員リレーという種目があり、クラスを2つのチーム(同じ力)を編成し、クラス対抗で勝負を争います。

実は、1度試しで行ったら、6チーム中、4位と6位でした。うちのクラスは、腕力派(体格のいい子)が多く、走力派のメンバーではないのです。

でも、少しでもいい結果を出せるよう、走る順番、ワープ(短い距離を走る)の子をだれにするか等を考えています。

今のところ1,2番を走る子とアンカーは、俊足の子にしています。

1チーム18人です。

Aベストアンサー

バトンを受け取る時に受ける方(次の走者)が手渡されるまでじっと立ってないで、受ける数メートル前から走り出して、走りながら受けるのよ。渡す方(前の走者)が「ハイ!」とか「ゴー!」とか自分が追いつける範囲と判断したギリギリの時点で声をかけて受ける方はその声だけを頼りに走り出しちゃうのよ、もちろん前だけ見て。
「バトンの受け渡しの為の区間」ってある程度の範囲があると思うのでこの範囲で確実に受け渡しが出来るようにNO1の方がおっしゃっているように「何度も練習」する。

ちなみに同じ俊足でも1~2番の子は勝気な性格の子、アンカーはとにかく一番早い子、っていうのがセオリーです。そこそこ早い腕力派の子にスタート時、周りを押しのける作戦とかもありでは?

私が小学生だった頃、クラスで一番俊足の子がたまたまおっとりした性格の子でした。
あるリレーの時、先生は、「先行逃げ切り」作戦のつもりでその子を一番走者にしたら、スタート時におとなしい性格が災いして周りの子に進路をゆずってしまい、失敗した事あります。
そんな訳で各自の性格もちょっとは関係ありますよ。

バトンを受け取る時に受ける方(次の走者)が手渡されるまでじっと立ってないで、受ける数メートル前から走り出して、走りながら受けるのよ。渡す方(前の走者)が「ハイ!」とか「ゴー!」とか自分が追いつける範囲と判断したギリギリの時点で声をかけて受ける方はその声だけを頼りに走り出しちゃうのよ、もちろん前だけ見て。
「バトンの受け渡しの為の区間」ってある程度の範囲があると思うのでこの範囲で確実に受け渡しが出来るようにNO1の方がおっしゃっているように「何度も練習」する。

ちなみに同...続きを読む

Qクラス対抗リレーの順番を変えると順位が変わるのはなぜですか!?

リレーの順番を変えても個人個人の走る速さは変わりませんよね。
しかし、私の経験では一チーム十人の四つのチームを作り結果が二位になったり四位になったりしていました。
どうしてこういう風な結果になってしまうのでしょうか。
バトンを渡すタイミングや走り出すタイミングが良くなったりしただけなのでしょうか。
うまく言えているかどうかわかりませんが、私が言いたいことを理解してくださる方がいれば回答をお願いします。

Aベストアンサー

私の娘の小学校のリレーでも 走る順番が変わると勝敗も変わります。
そこでうちの子と 色々話してみた結果・・・。

 1)バトンタッチの相性がある。

 2) 逃げ足の速い子と、追いかけるのが早い子がいる。

 3)一緒に走る子に対しての負けん気など、メンタル面


1は お互いリズムがどんピシャと合うとスムーズなバトンタッチができ、
ロスするタイムが少なくなる。

2について、勝っている時に逃げ切るのが得意な子、負けている時に追いかける方が実力を発揮できる子に分かれる。

3は 一緒に走る子に対してライバル視していれば早く走れる。
反対に明らかに自分よりも早い子と走る場合、最初から諦めてしまう子もいる。


これが私達親子の意見です。
参考になればいいなぁ。

Qむかで競争必勝法っっ!!!

私は中3生です!もうすぐ中学校生活サイゴの体育祭があり、めっちゃ燃えてます♪(笑) うちの学校は学年種目が『むかで競争』なんです!!どう~おしても勝ちたいのですが、なにか裏ワザ知っている方お願いします☆★☆

Aベストアンサー

自称ムカデ競争のプロです(大嘘です)

プロじゃありませんが、かなり自信あります
運動会で長年(数十年)つちかってきた技を伝授しましょう。
(いや、、それほど大げさではないですが)

1 足紐
間隔をあけすぎず、かといって広げすぎず。
できれば、長いロープと個々の足をしばるロープ(できればサラシの様な物がベター)を別にした方がベター
*当然足を縛る物はずれない様に長いロープに固定

(効果)個々の間隔が変わらないため練習の感覚で本番に臨める
セッティングが早い。

2 持ち位置
よく、前の人の肩に手をかけるのをみますがこれはダメ!
前の人の腰のあたりをムンズ!とつかみます
*ただし肉をつかむと痛いので要注意!
このつかまる手に力をいれてしまうと前の人が非常に走りづらくなります。
あくまでもつかまる程度でけして力を横にも縦にもかけないことが大事。


3 姿勢
とかく一番前の人が恐がってしまい、後へのけぞるような姿勢で走るのをみかけますがこれはダメ!絶対ダメ
こんな人が前だったら即別の方に交代です
とにかく一番前の人は普通に走ること。
一番前の人次第で全体のスピードが決定します。

4 スタートダッシュ
一番前の人が掛け声をかけると後ろの人が聞こえません
スタート時は一番後ろの人が「せーのっ!」と、とにかくでかい声で

とにかくスタートダッシュガ肝心
スタート前の練習では最初の一歩のタイミングをとことん練習しましょう。
とにかく、追い越しはかなり難しいですから最初に前に出てしまう事。

5掛け声
どのくらいの距離を走るのかはわかりませんが
たぶん100mは走りますよね?
「いちっ!に!」でも「ワッセ・・」でも良いですが
全員で最後まで言いつづけていたら息を吐いてばかりで絶対に途中で息が上がってしまいます。
スタート直後は全員で掛け声、10m過ぎたあたりで2人、2人、(予備1名)ぐらいで交互に掛け声をかけるように上手に切り替えます。
それと、スタート時は回りの掛け声に惑わされない様に
ですから、後ろ人が大きな声を出すように。

6 その他コツ
その他といいながら実は一番肝心なのですが
とにかく多少足のあがる位置は普段より高めになりますが
基本的にはいかに普通の状態で走るか、、というのが肝心です
練習では最初、ロープを使わずに走ってみてください
次に片足だけロープ、、慣れたら両足ロープです。

並ぶ順番ですが、これはいろいろ説があるようです
小さい順の方がベター、大きい順の方がベター、、etc
あくまでも経験上ですが転んだときのことを考えて、前の方は度胸のある体格のいい奴を選んだ方が無難かもしれません。また、極端に背の高さが違うと走りずらいです。


リレーの場合
とにかく一番早いグループを最初に出しましょう!


もう一度ポイントを
(1)スタートダッシュ
(2)持ち位置
(3)掛け声
(4)普通に走る(前傾姿勢)
以上!!!!!!


がんばって優勝めざしちゃってください!!
(尚、優勝できなくとも当局は一切関知しない)

あ、、それとバンソウコウとベンテリンを御忘れなく。

自称ムカデ競争のプロです(大嘘です)

プロじゃありませんが、かなり自信あります
運動会で長年(数十年)つちかってきた技を伝授しましょう。
(いや、、それほど大げさではないですが)

1 足紐
間隔をあけすぎず、かといって広げすぎず。
できれば、長いロープと個々の足をしばるロープ(できればサラシの様な物がベター)を別にした方がベター
*当然足を縛る物はずれない様に長いロープに固定

(効果)個々の間隔が変わらないため練習の感覚で本番に臨める
セッティングが早い。

2 持ち位...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q自分だけ伸びていない・・・・

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年生全員に負けてしまいました。
その記録はベストよりほど遠かったです。
自分の組だけ向かい風が強かったのもあるんですが負けは負けだと思いました。
このことが今何週間か頭に残っていて今練習する気力がほとんどありません。
何故僕は負けてしまったのでしょうか?
自分が負けたのは努力が足りないからと何回も思い努力を繰り返してきました。
それでもいつまでたっても状況は変わりません。
あと1回大会があるんですけど100mは出ずに中学のときに入賞してた高跳びに出ようと思っています。
次に100mに出ればリベンジするチャンスがあります。
でもここでまた負けてしまうのが本当に怖いです。
この負けの連鎖から抜け出したいです。
勝ってみんなを見返したいです。
これから僕はどうすればいいですか?

今高校1年生です。
陸上は短距離をやっていて中学生からやっています。
1年生は5人いて経験者が僕を含めて3人いて入学当時は僕が1番速くて中学の実績も良かったです。
しかし夏くらいになって他の経験者に100mで負けてしまいました。
そこでとても悔しかったので毎日の練習を本気で取り組むようになりました。
それからは練習では夏に負けた人には全く負けず少し力を抜いてても勝ってるくらいでした。
だからその人にも試合で勝つ自信はあったし、自己ベストを出す自信がありました。
しかし大会本番は1年...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝つ自信は実に根拠のないものです。せいぜい「調子が戻った」くらいのものだと思います。

夏になって負けてから「悔しくて」練習を始めた。
夏が終わって同級生に負けたので何週間も練習に身が入らない、ということは
実際に真剣に練習に取り組んだのは1か月くらいでしょうか。
それで努力を「繰り返した」と思っている。

同級生は、春の入部のときからずっと同じ努力をしているはずです。
あなたは、上記のように考えると、夏休みの間くらいしか努力していないはずですが(まだ今は10月ですから)

全中チャンピオンだって、高校に入ればランキングに入るには大変です。走り高跳びだって中学のベストを跳べるようになるにはさらに長い練習期間と努力が必要です。
試合で勝てないのは経験不足だからです。練習を「力を抜いて」やっている人間が、本番でそれ以上の力が出せるはずがありません。練習で120%できて、試合で100%の力を出せるのが陸上という種目です。

負けてしまうのが怖いということは、「負ける」と自分でわかっているからです。
ならば、負ける原因にも自分で心あたりがあるのではないでしょうか。

スタートラインに立ったら、過去の実績など関係ありません。
吐くまで走りこんだ、足がちぎれるほど走りこんだ、自分を支えるのは毎日の厳しい練習だけです。中学の頃よりも、今の方が走りこんでいると言えますか?中学の頃よりも走りこんでいないのに、今の方が速く走れるとなぜ言えますか?

陸上の世界で勝ちたいのなら、誰よりも一生懸命練習することです。それでも素質のある人間には勝てないのが陸上です。人一倍練習してようやく素質のある奴と同じスタートラインです。やるだけのことはやりました。俺に勝った相手はもっと努力してました。あいつはすごい奴です。

そう言えるくらいまで練習して下さい。それでも結果がついてくるのは冬の走りこみのあと、来年のインターハイ予選に間に合えばラッキーだと思います。陸上経験者なら、半年走り込みをしたかしないかでどれだけの差がつくのかくらいはわかるはずです。今年の前半を取り返すには、この冬、努力している人の倍、努力しなければならない、ということです。

質問者さんはもう気が付いているはずです。気がつくというのはとても大切なことです。早く気がつけば、それだけ早く取り返すことができます。悔しい気持ちを持てることも大切なことです。それを自分にぶつけて下さい。
どうか頑張って下さい。

こんばんは。
勝てない原因は、自分に向き合っていないからだと思います。

例えば、塚原さんだとか高平さんだとか、一流のアスリートの場合を想像してみて下さい。
彼らはいつも、自分の走り方だとか、軸や重心の位置だとか体のバランスなど、自分の体をどのように動かせばどのように走れるのかをいつも考えています。

質問者さんは、問いの内容を見ると、タイムがよくなれば練習では「力を抜いて」走り、
同級生に勝っているから「試合でも勝つ自信」がある、と言います。

練習で力を抜いていて、勝...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報