エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム(EDTA)の構造式を教えて下さい。

A 回答 (9件)

構造式は分かりましたかね?



なぜ試薬が二ナトリウム塩なのかというと、一番水に溶けやすいからです。
実際にキレート配位するときにはEDTA(4-)の形で配位します。
たいていの第一遷移金属イオンは六配位八面体をとる傾向を示します。

そこでEDTA(4-)から配位原子を六つ考えてみてください。
電気的に陰性で、不対電子をもつ原子です。

その原子を中心金属からみて前後左右上下に配置すると・・

(↓)は答えです。せっかくですのでなるべくご自分で
考えてみてください。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …
    • good
    • 0

冗談のつもりだったのですが・・・・(はずかしい。

ポッ)
せっかくですので。

とりあえず、[Co(EDTA)](-)錯体について。
もう構造式はおわかりになったと思いますが、
その構造は一通りに決まりましたか? 
別な言い方をすれば、異性体はいくつ存在しますか?

鏡像体を考えてみてください。二つは互いに重なりませんよね。
この錯体には光学異性体が存在します。
六配位八面体錯体の光学異性体は、有機化学の絶対配置RS表示ではなく、
らせん構造に基づいたΔΛを用います。
ほかにも、Co-N-C-C-N-Co部分の五員環は、完全な平面構造をとれないため、
二つのCがN-Co-N平面からずれてしまいます。このずれ方は二通り考えられ、
右巻きらせんと左巻きらせんになります。これはδλで表します。(絶対配座)
これだけで四つの異性体、すなわち二組の光学活性体の対が存在することに
なります。しかし、溶液状態では存在できても、固体(結晶)状態では
一番安定なもののみが存在します。

そしてなんと言っても!錯体の魅力はその色です。
単純な理由です。実験してて楽しいんです。薄い黄色の配位子溶液に薄い緑の
金属イオン溶液を加えると、真っ赤になったり。一般に錯形成反応は広い意味
での酸塩基反応の一部と考えられ、反応が短時間で完結します。混ぜた直後に
赤色だったものが次第に褐色がかってきて、橙色の沈殿が生じたり。
ろ過してびっくり!な時もあります。溶液の色と沈殿の色がまったく違って
いたりすると。

ほかにも、MiJunさんが少し書かれているとおり、生化学の分野などでも
意外なところに錯体が関与しています。というより、生体内に存在する金属は
全て何かしらの錯体になっていると考えた方が妥当です。

そろそろ下書き用のA4に収まりきらなくなってきましたので。
お粗末でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。
前半部は難しいですがおもしろそうです。参考になりました。

お礼日時:2001/06/08 11:26

#No.4のお礼欄への回答です。



金属除去とは、このあと沈殿剤を加えてとりのぞくということでしょうか? 
もしくは、溶存した状態で他の成分を定量する、いわゆるマスキングでしょうか? いずれにせよ、錯体の構造はこれ以外にはありません。

#No.5MiJunさん。
おっしゃるとおりです。頭のてっぺんから足のつま先までとっぷり
ハマッテます。何しろ、私の所属は錯体研究室ですから。
せっかくですので、ここで錯体の魅力について
たっぷりとお話を・・・・・(失礼しました。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>金属除去とは、このあと沈殿剤を加えてとりのぞくということでしょうか? 
重金属イオンと反応して塩になり溶解することです。

>せっかくですので、ここで錯体の魅力について たっぷりとお話を・・・・・(失礼しました。)
私自身も非常にためになるのでぜひお願いします。

お礼日時:2001/06/07 14:23

rei00 です。



inorganicchemist さんの回答で解決したかと思いますが,お礼を拝見しましたので一言。

「実際におこなってみましたが、示性式しか出てきませんでした。」とありますが,御覧になった所には次の様に出ていると思います。

 分子式/示性式  (HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)2

ここで示性式と書かれているので勘違いされたのだと思いますが,この式は構造式です。

エチレンジアミン四酢酸は分子ですので分子式と示性式は同じものです。つまり,O_O さんが inorganicchemist さんの回答 ANo.#1 の補足に書かれている C10H14O8N2Na2(今の場合は C10H16O8N2)が分子式であり,示性式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やり方をミスったようです。しつれいしました。

お礼日時:2001/06/07 14:08

EDTAはエチレンジアミン四酢酸であり、ご筆問はEDTAのナトリウム塩(キレート滴定等に使用している試薬のことと思います。

EDTAの構造式を書いておきます。
EDTAは (HOOC)2NCH2CH2N(COOH)2 であり、ナトリウム塩は (NaOOC)2NCH2CH2N(COONa)2 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/06 14:23

inorganicchemistさんの回答で答えは出てますが、EDTAに関しては、「無機化学」「分析化学」「錯体化学」等の成書には必ず記載されてます!!



蛇足ですが、錯体化学あるいは有機金属錯体は酵素の活性中心にもあり、面白い分野ですよ?
inorganicchemistさんもハマッテいる一人ではと勝手に創造してますが・・・???
(外しましたら、失礼!!)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ぜひ、参考させて頂きます。

お礼日時:2001/06/05 17:29

先ほどの参考URLの図中で「CO2」と書いてあるところ(三カ所)は


すべて「CO」ですね。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ところで、金属を除去する場合、どの部分で金属を取り込むのでしょうか。
今、現在、自分のほうではこの試薬を金属除去として用いていますので。

お礼日時:2001/06/05 17:26

おそらく inorganicchemist さんがおっしゃっている様な質問だと思いますが,試薬の構造式であればカタログを見るのは常識です。



参考 URL に「東京化成」のペ-ジをあげておきますので,このペ-ジの「オンラインカタログ」を選び,「キ-ワ-ドで探す」で「エチレンジアミン四酢酸」を検索して下さい。構造式が出てきます。

後は,inorganicchemist さんの回答で分かるかと思います。なお,何故そうなるかというと,2つのアニオンが出来るだけ離れた方が安定だからです。

いかがでしょうか。

参考URL:http://www.tokyokasei.co.jp/index_j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際におこなってみましたが、示性式しか出てきませんでした。

お礼日時:2001/06/05 17:14

確認したいのですが。



エチレンジアミン四酢酸(H4EDTA)そのものの構造は理解した上で
プロトンが二つ脱離した(H2EDTA)2-の構造、つまり
どこのプロトンが脱離したかを知りたい。

という質問ととらせていただきます。

一つのカルボキシル基とエチレン鎖を隔てて反対側の
もう一つのカルボキシル基にプロトンが残っています。

この回答への補足

すみません、説明不足でした。
EDTA(エチレンジアミン四酢酸ニ水素ナトリウム)を用いて金属封子をする場合、その構造式からどのような反応が考えられるかを知りたいです。また、化学式は、
わかるのですが、(ちなみにC10H14O8N2Na2)構造式にした際、どのような形になるのかわかりません。

よろしくお願いします。

補足日時:2001/06/05 16:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエチレンジアミン四酢酸の錯体について

エチレンジアミン四酢酸と金属の配位結合が起きたとき、エチレンジアミンの錯体は何面体の構造をとるか?答えよという問題がありました。

答えは八面体六配位と書いてあったんですが実際に金属イオンがこのエチレンジアミン四酢酸に配位結合で結合したときの図など簡単なものでいいのでどんなふうになるか知りたいのですが画像もしくはURLでも構いませんのでお教えください。

それともう一つ。この問題そのものはなんという科目で学ぶものなのでしょうか。高校の化学ではエチレンジアミン四酢酸が記憶だとキレート剤として用いられる。としか書いてなかったような気がします。
そして今手元にある自学自習用として、
『基礎有機化学の参考書で単位が取れる有機化学ノート』を買ったのですが、
ここにはエチレンジアミン四酢酸のことすら記載されていません。

ご指導だけでなく、よろしければしかるべき教科書名もお教えください。

Aベストアンサー

http://www.benbest.com/nutrceut/EDTA.html
エチレンジアミン四酢酸の略称である"EDTA"("EthyleneDiamineTetraacetic Acid"の略です)でグーグルで画像検索すると出てきますよ。

EDTAは有名なキレート剤で、配位結合に関する分野として「錯体化学」に該当すると思います。
(配位結合した分子を錯体と呼ぶ。キレートとは多座配位できる物資の金属イオンへの結合のこと。)
※EDTAは確かに有機化合物ですが、有機化学より、「分析化学」で最初にふれることが多い物質です。

教科書については当該分野を専攻・履修していないので回答できません。
図書館などので上の分野の本についてあたってみるとよいかと思います。

以上、参考まで。

Qエチレンジアミン四酢酸について

エチレンジアミン四酢酸が石鹸よシャンプーの添加剤として利用されてるのはなぜですか??

Aベストアンサー

エチレンジアミン四酢酸、専門家の間ではEDTA、添加剤としてはエデト酸塩、金属のキレート剤として滴定(金属イオン量の測定)に使われます。
水の中のイオン、もっぱらカルシウム、は石けんの泡立ちを悪くし、また固形物質の析出を起こすため、石けんよりも金属イオンとの結合性の高いEDTAを加えます。ただし、生体にとっては大切な微量金属を奪われるので飲食するのは危険です。
安全性については:
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0886c.html
石けんの添加物については:
http://www.live-science.com/bekkan/intro/builder2.html
など、多くのサイトに載っています。
<(_ _)>

Q酢酸と酢酸ナトリウム

 同じ質問をしたのですが、文字化けしてうまく読めなかったので、もう一度質問させていただきます。
 1mol/lの酢酸4mlと1mol/lの酢酸ナトリウム16mlを混合したものと1mol/lの酢酸16mlと1mol/lの酢酸ナトリウム4mlを混合したものを比較すると、濃度は同じになるのでしょうか?またpHで比較した場合同じになるのでしょうか?
 私が考えるには濃度は同じになり、pHは異なると思うのですがどうでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

>前者の混合液と後者の混合液のそれぞれの濃度はいくらになるのでしょうか?計算方法も教えていただけるとありがたいです。

書いた通り、
前者:酢酸ナトリウム0.8mol/l、酢酸0.2mol/l
後者:酢酸ナトリウム0.2mol/l、酢酸0.8mol/l
ですよ。

例えば、前者:
液量は16ml+4ml = 20ml
酢酸ナトリウム1mol/lが16ml入っているので、1 X 16 / 20 = 0.8 mol/l
酢酸は、1mol/lが4ml入っているので、1 X 4 / 20 = 0.2 mol/l
です。
(いちいち、使用した溶液に入っている溶質の量を計算して、それを全液量で割ってもいいですが、結果は同じです。)

CH3COOの部分に注目すれば、いずれも合計1mol/lなので、「酢酸緩衝液」としてなら、いずれも1mol/l酢酸緩衝液と呼ぶかもしれませんが、前者と後者ではNaの濃度が違いますね。
(酢酸イオン、ナトリウムイオンといいたいところですが、この濃度では、酢酸はほとんど解離してませんから…。)

Q塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸

塩化アセチルと酢酸ナトリウムから無水酢酸を作る反応原理を教えて下さい

Aベストアンサー

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH3COONa → (CH3COO-) + (Na+)

この4個のイオンが再び組み合わさって無水酢酸になるので、
反応式は次のようになります。
CH3COCl + CH3COONa → (CH3CO)2O + NaCl


このように、それぞれの物質の示性式・構造式を書く→どのようなイオンに分かれるのか書く→組み合わせを考えて反応式を書く、とすると反応式が書けます。
構造式を使って反応式を書くと分かれる場所やまとまり(官能基)がわかりやすいので、ぜひ自分で書いてみてください。
カラーペンなどで分かれる場所などを書き込んでみるといいと思います。

「反応原理」が指すところがよくわからないのですが、求めている回答と違っていたらすみません。


塩化アセチルの示性式はCH3COCl、酢酸ナトリウムはCH3COONa、無水酢酸は(CH3CO)2O です。
構造式は教科書や資料集に載っていると思うのでそちらで確認してください。
(ない場合:塩化アセチルhttp://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/A0082/)

まずそれぞれの物質は次のように分かれイオンになります。
(電荷と式の+が紛らわしいのでイオンをカッコでくくりました)
CH3COCl → (CH3CO+) + (Cl-)
CH...続きを読む

Q酢酸と酢酸ナトリウムの混合溶液の液性

参考書には、酢酸は CH3CHOOH⇔CH3CHOO(-)+H(+)
という電離平衡を形成し、酢酸ナトリウムは
CH3CHOONa→CH3CHOO(-)+Na(+)
となって完全に電離する。
この混合溶液の液性は酸性である、と書いてあったのですが、
酢酸ナトリウムから電離したCH3CHOO(-)の加水分解(CH3CHOO(-)+H2O⇔CH3CHOOH+OH(-))
などは考慮しなくていいんでしょうか。

どなたか教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

混合の割合が問題になります。
でも普通に混ぜるという場合であれば極端に片方が多いというのはは考えていませんね。
CH3COOH⇔CH3COO^-+H^+
という「電離平衡」状態を考えれば加水分解など考える必要はありません。
酢酸だけしかなければ上の式から酸性であることが分かります。
ここに酢酸ナトリウムを加えれば右辺のCH3COO^-が増えます。
平衡は左に移動します。少し酸性が弱くなります。
(この時に上の平衡の反応式で左に動いたと考えるのと
CH3COO^-+H2O→CH3COOH+OH^- という式で考えるのとは同じことです。区別することはできません。酸性溶液の中であれば[H^+]が少し小さくなったという結果しか分かりません。)

極端に酢酸ナトリウムが多い場合も考えたいというのであれば
酢酸ナトリウムだけの場合に近くなります。その時、溶液は弱いアルカリ性になっています。

境界になっている中性の場合を考えてみます。
平衡定数の式に[H^+]=10^(-7)mol/Lを入れると
[CH3COO^-]/[CH3COOH]=Ka/[H^+]≒175 (Ka=1.75×10^(-5)mol/L)ですから 100倍以上の違いがあります。
この比は混合した酢酸と酢酸ナトリウムの比に近いです。こういう濃度の比が実現するよりも酢酸ナトリウムの量が少なければ溶液は酸性です。

CH3COOH、CH3COO^-、H^+の3つが平衡状態にあります。
HOH、H^+、OH^-の3つが平衡状態にあります。
これですべてです。
[H^+]は両方に出てきますから連動しています。

平衡の式と加水分解の式とが別々にあるのではありません。

(塩の「加水分解」というのは平衡の考え方がまだいきわたっていない時の古い考え方です。化合物をすべて分子であると考えていた時の名残りです。アレニウスの電離説以前に使われていた考えです。エステルの加水分解のようなはっきりとした意味を持っていませんのでもういい加減に使うのをやめるのがいい考えだと思っています。「NaClは分子式である」という表現を使えば「おかしい」という指摘がすぐに出てきます。でも「NaClは加水分解しない」という表現は「NaClは分子である」と考えられていたことを根拠にしているのです。イオン性物質が水に溶けるということは物質を構成していたイオンがばらばらになって溶液中に分散していくことであるという事がまだ十分に認識されていなかった時の話です。)

混合の割合が問題になります。
でも普通に混ぜるという場合であれば極端に片方が多いというのはは考えていませんね。
CH3COOH⇔CH3COO^-+H^+
という「電離平衡」状態を考えれば加水分解など考える必要はありません。
酢酸だけしかなければ上の式から酸性であることが分かります。
ここに酢酸ナトリウムを加えれば右辺のCH3COO^-が増えます。
平衡は左に移動します。少し酸性が弱くなります。
(この時に上の平衡の反応式で左に動いたと考えるのと
CH3COO^-+H2O→CH3COOH+O...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報