最新閲覧日:

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム(EDTA)の構造式を教えて下さい。

A 回答 (9件)

冗談のつもりだったのですが・・・・(はずかしい。

ポッ)
せっかくですので。

とりあえず、[Co(EDTA)](-)錯体について。
もう構造式はおわかりになったと思いますが、
その構造は一通りに決まりましたか? 
別な言い方をすれば、異性体はいくつ存在しますか?

鏡像体を考えてみてください。二つは互いに重なりませんよね。
この錯体には光学異性体が存在します。
六配位八面体錯体の光学異性体は、有機化学の絶対配置RS表示ではなく、
らせん構造に基づいたΔΛを用います。
ほかにも、Co-N-C-C-N-Co部分の五員環は、完全な平面構造をとれないため、
二つのCがN-Co-N平面からずれてしまいます。このずれ方は二通り考えられ、
右巻きらせんと左巻きらせんになります。これはδλで表します。(絶対配座)
これだけで四つの異性体、すなわち二組の光学活性体の対が存在することに
なります。しかし、溶液状態では存在できても、固体(結晶)状態では
一番安定なもののみが存在します。

そしてなんと言っても!錯体の魅力はその色です。
単純な理由です。実験してて楽しいんです。薄い黄色の配位子溶液に薄い緑の
金属イオン溶液を加えると、真っ赤になったり。一般に錯形成反応は広い意味
での酸塩基反応の一部と考えられ、反応が短時間で完結します。混ぜた直後に
赤色だったものが次第に褐色がかってきて、橙色の沈殿が生じたり。
ろ過してびっくり!な時もあります。溶液の色と沈殿の色がまったく違って
いたりすると。

ほかにも、MiJunさんが少し書かれているとおり、生化学の分野などでも
意外なところに錯体が関与しています。というより、生体内に存在する金属は
全て何かしらの錯体になっていると考えた方が妥当です。

そろそろ下書き用のA4に収まりきらなくなってきましたので。
お粗末でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。
前半部は難しいですがおもしろそうです。参考になりました。

お礼日時:2001/06/08 11:26

#No.4のお礼欄への回答です。



金属除去とは、このあと沈殿剤を加えてとりのぞくということでしょうか? 
もしくは、溶存した状態で他の成分を定量する、いわゆるマスキングでしょうか? いずれにせよ、錯体の構造はこれ以外にはありません。

#No.5MiJunさん。
おっしゃるとおりです。頭のてっぺんから足のつま先までとっぷり
ハマッテます。何しろ、私の所属は錯体研究室ですから。
せっかくですので、ここで錯体の魅力について
たっぷりとお話を・・・・・(失礼しました。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>金属除去とは、このあと沈殿剤を加えてとりのぞくということでしょうか? 
重金属イオンと反応して塩になり溶解することです。

>せっかくですので、ここで錯体の魅力について たっぷりとお話を・・・・・(失礼しました。)
私自身も非常にためになるのでぜひお願いします。

お礼日時:2001/06/07 14:23

rei00 です。



inorganicchemist さんの回答で解決したかと思いますが,お礼を拝見しましたので一言。

「実際におこなってみましたが、示性式しか出てきませんでした。」とありますが,御覧になった所には次の様に出ていると思います。

 分子式/示性式  (HOOCCH2)2NCH2CH2N(CH2COOH)2

ここで示性式と書かれているので勘違いされたのだと思いますが,この式は構造式です。

エチレンジアミン四酢酸は分子ですので分子式と示性式は同じものです。つまり,O_O さんが inorganicchemist さんの回答 ANo.#1 の補足に書かれている C10H14O8N2Na2(今の場合は C10H16O8N2)が分子式であり,示性式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やり方をミスったようです。しつれいしました。

お礼日時:2001/06/07 14:08

EDTAはエチレンジアミン四酢酸であり、ご筆問はEDTAのナトリウム塩(キレート滴定等に使用している試薬のことと思います。

EDTAの構造式を書いておきます。
EDTAは (HOOC)2NCH2CH2N(COOH)2 であり、ナトリウム塩は (NaOOC)2NCH2CH2N(COONa)2 です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/06 14:23

inorganicchemistさんの回答で答えは出てますが、EDTAに関しては、「無機化学」「分析化学」「錯体化学」等の成書には必ず記載されてます!!



蛇足ですが、錯体化学あるいは有機金属錯体は酵素の活性中心にもあり、面白い分野ですよ?
inorganicchemistさんもハマッテいる一人ではと勝手に創造してますが・・・???
(外しましたら、失礼!!)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ぜひ、参考させて頂きます。

お礼日時:2001/06/05 17:29

先ほどの参考URLの図中で「CO2」と書いてあるところ(三カ所)は


すべて「CO」ですね。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ところで、金属を除去する場合、どの部分で金属を取り込むのでしょうか。
今、現在、自分のほうではこの試薬を金属除去として用いていますので。

お礼日時:2001/06/05 17:26

構造式は分かりましたかね?



なぜ試薬が二ナトリウム塩なのかというと、一番水に溶けやすいからです。
実際にキレート配位するときにはEDTA(4-)の形で配位します。
たいていの第一遷移金属イオンは六配位八面体をとる傾向を示します。

そこでEDTA(4-)から配位原子を六つ考えてみてください。
電気的に陰性で、不対電子をもつ原子です。

その原子を中心金属からみて前後左右上下に配置すると・・

(↓)は答えです。せっかくですのでなるべくご自分で
考えてみてください。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …
    • good
    • 0

おそらく inorganicchemist さんがおっしゃっている様な質問だと思いますが,試薬の構造式であればカタログを見るのは常識です。



参考 URL に「東京化成」のペ-ジをあげておきますので,このペ-ジの「オンラインカタログ」を選び,「キ-ワ-ドで探す」で「エチレンジアミン四酢酸」を検索して下さい。構造式が出てきます。

後は,inorganicchemist さんの回答で分かるかと思います。なお,何故そうなるかというと,2つのアニオンが出来るだけ離れた方が安定だからです。

いかがでしょうか。

参考URL:http://www.tokyokasei.co.jp/index_j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際におこなってみましたが、示性式しか出てきませんでした。

お礼日時:2001/06/05 17:14

確認したいのですが。



エチレンジアミン四酢酸(H4EDTA)そのものの構造は理解した上で
プロトンが二つ脱離した(H2EDTA)2-の構造、つまり
どこのプロトンが脱離したかを知りたい。

という質問ととらせていただきます。

一つのカルボキシル基とエチレン鎖を隔てて反対側の
もう一つのカルボキシル基にプロトンが残っています。

この回答への補足

すみません、説明不足でした。
EDTA(エチレンジアミン四酢酸ニ水素ナトリウム)を用いて金属封子をする場合、その構造式からどのような反応が考えられるかを知りたいです。また、化学式は、
わかるのですが、(ちなみにC10H14O8N2Na2)構造式にした際、どのような形になるのかわかりません。

よろしくお願いします。

補足日時:2001/06/05 16:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ