ご覧いただき有難うございます。


利息の計算についてわからなくなりご質問致します。


借入金:2000万円(元利均等法式利率) 利率 2.7% 返済期間5年


上記の場合、総額の利息の計算方法を教えていただけないでしょうか・・・。


毎月は、前月の借入残高×2.7%÷365日×日数だと思うのですが、
総額計算式がわからず困っています・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



計算方法・計算式は、
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Lo …
5返済方法の計算式 をご覧ください。(1)のア→イと進めば求める金額が出せます。

ただ、アの部分の計算は結構面倒ですし、間違いも発生しがちです。この部分の計算は、
http://www.benricho.org/loan_calc/
こういったところで計算してもらって、
返済総額-借入額
で利息総額を求めることが出来ます。

お書きになった条件(毎月返済ですよね)で計算すると、
毎月の返済額は、356,714円となり、

利息総額は、
356,714×60(ヶ月)-20,000,000=1,402,823円
となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりすみません。

みなさんの回答をみながら、考えてたらお返事するのが遅くなりました。

詳しく説明していただいたMajor123 さんをベストアンサーに致しました。

お礼日時:2014/05/20 14:34

元利均等返済の毎回の返済額はちょっと複雑ですが、次のような式で求められます。



毎回の返済額 = 2000万円 × (2.7%÷12ヶ月) × (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) ÷ { (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) - 1 } = 356,713.7円

円未満の端数を切り捨てると356,713円となります。
この場合、5年(返済60回)経過時に45円だけ元金が残ってしまいます。
最終回にそれを調整するとしたら356,713円+45円=356,758円の返済となります。

返済総額 = 356,713円×59回 + 356,758円 = 21,402,825円
利息総額 = 21,402,825円 - 2000万 = 1,402,825円


もし円未満の端数を四捨五入したら、毎回の返済額は356,714円になります。
その場合、残高端数を最終回で調整すると、最終回の返済額は356,698円になります。

返済総額 = 356,714円×59回 + 356,698円 = 21,402,824円
利息総額 = 21,402,824円 - 2000万 = 1,402,824円

Excelが使えるなら、毎回の返済額はPMT関数を使えば簡単に計算できます。
ただExcelにしても、インターネット上のシミュレーションできるサイトにしても端数の処理まで考えると面倒ですね。
でも1円単位まで正確に計算しないと、個人間の貸し借りならまだしも、企業相手なら問題になります。

上記計算は、借入日から最初の返済日まで1ヶ月間としています。
そこが大きく異なるならその日にちも調整する必要があります。
    • good
    • 3

こちらが詳しいですね。


http://www.rate-zagu.net/post_16.html
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

計算 方法」に関するQ&A: 割引の計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞納賃料の利息計算

滞納賃料の利息計算

たびたびの質問で恐縮です。
滞納料の利息の計算ですが、念書では期日を指定し合計金額を提示しました。
年14.6%とのことで計算しますが・・・
指定した期日からの利息の計算になりますか?
それとも、滞納のあった月からの計算でしょうか?
滞納賃料は8ヶ月におよびます。
たとえば昨年の8月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・
9月の賃料は10月1日から6ヶ月・・・
とだんだん利息の計算の額が変わってきます。

よろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

滞納のあった月からの計算で良いと思いますが・・・

実際には8月分の家賃は7月中に入れる、というのがほとんどの契約だと思います。
ですので
8月の賃料は、8月1日から8ヶ月
9月の賃料は、9月1日から7ヶ月・・・と、なると思います。

Q長期借入金利息の決算仕訳について

よろしくお願いします。
法人、第一期決算です。
知人に何度かに分けて、借入金をしています。
その都度金銭消費貸借契約書を取り決めています。
その内の一つを例にして質問です。
100万の借入に対して
第2条(返済期)元金を三年後に第3条で支払い済み以外の残債金額を送金する。
第3条(利息)年3%とし、1年後に以後毎年元金25万円と経過利息を同時に支払う。とあります。
この場合利息は毎年未払利息として計上するのでしょうか、科目は未払費用でよいのでしょうか?
25万円に関しては払えなかった場合どのように処理すればよいのでしょうか?
よろしくお願いします
すいません。文章がわかりづらくて申し訳ないです。

Aベストアンサー

未払い利息として計上しない方法で毎年行えばそれでOKです。毎年変える方法は許されません。どちらかで継続してください。

Q25年以降の利息の税金計算方法

H25年1月1日以降の、普通預金利息の国税、地方税の求め方について教えて下さい。

25年1月1日以降に受け取る利息から計算方法が変わるという事ですか?
預け入れ期間に関わらず?

入金額÷79.685%=利息
利息×15.315%=国税
利息×5%=地方税

この計算で合っていますか?

Aベストアンサー

あってますよ。
復興特別税がかかるので、受取利息の割戻し計算はそうなります。
利子に対しての源泉徴収は支払日で判断しますので、預け入れ期間は無関係です。

http://www.mizuhobank.co.jp/oshirase/hukkouzouzei.html

なお個人の場合は源泉分離課税ですので、受取の際には事業主借勘定を使うため計算の必要がありません。
平成28年1月からは、法人のもつ預金への利子割りが廃止されますので、割戻しの計算をする必要がなくなります。

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q定期預金の利息計算方法

こんにちは。海外在住です。
実は定期預金の利息の計算方法を教えてほしいのです。口座を作ったのですが、どうも私の想像していた利息と、銀行側の言う利息が違うのです。私の計算が間違っているのだろうとは思うのですが・・・。
1ヶ月の利息が17.5%の場合、150ドル(例えばですが)次の月に受け取る利息はいくらになるのでしょうか。計算方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

1ヶ月で17.5%増えると思っていませんか?それは間違っています。
17.5%は年率です。1か月分は12分の1です。

150×0.175=26.25→1年分の利息
150×0.175÷12=2.1875→1か月分の利息

これは簡単に計算しているので、正確なのは銀行がやります。
預金金利は、満期の期間にかかわらず年率で表示することになっています。また、利息から源泉徴収税20%が引かれます。

例えば、よくあるパンフレットは、
「只今、外貨預金おためしキャンペーン、ニュージーランドドル17.5%」と大きく書いてあり
(期間1ヶ月、経過後は通常の利率を適用します。)、、、。と小さな字で書いてある。

こうのに釣られたらいけないのですよね、、、。

Q借入金の利息計算について

利息計算で理解できない問題がありましたので、
ご教示おねがいいたします。

会計期間x2年4/1~x3年3/31。
前T/Bに支払利息2,500が計上されています。
(支払利息は全て借入金に関するもの)

決算整理で前T/Bの借入金65,000について利息を計上します。
条件は年利率4%、利払日9月末、3月末の年2回です。


利払日が年2回で決算日と同じになっていることから、
前T/Bの支払利息2,500は既に2回分の支払利息だと思ったのですが、
65,000x4%=2,600となり、100円ずれてしまいます。

回答を見ると、
支払利息100 未払金100

と仕訳されており、解答には「決算日と利払日が一致しているため未払金となります」
と注意書きがありました。

なぜ、決算日と利払日が一致していたら未払金となるのでしょうか?
前T/Bに2,600と載っていない理由が理解できておりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会計とか簿記の問題集か何かですよね。

その問題の趣旨は

前T/Bの支払利息2,600円を払うべきところを、何らかの理由があって、2,500円しか払わなかったとする。

差額の100円は、どう仕分けすべきか?

なのです。

>前T/Bに2,600と載っていない理由が理解できておりません。

この問題に「どうして2,600円じゃなく、2,500円なのか?」ってのは関係ありません。

この問題は「差額の100円をどうすべきか問う問題」なので、問うべき差額の100円が出なくなったら、問題が成り立たなくなります。

それに、世の中、実際に会計をやったり帳簿をやったりしてると「なんで2,600円じゃなく2,500円なんだ?残り100円をどうして払わなかったんだ?」って事が良くありますよ。

なんでそんな事が起きるかは「単位を万円にしてみれば判る」と思います。

実社会では「なんで2,600万円じゃなく2,500万円なんだ?残り100万円をどうして払わなかったんだ?」って聞いたら「資金繰りが付かなくて、どうしても100万円が都合出来なかった」って言われてオシマイですもん。

会計とか簿記の問題集か何かですよね。

その問題の趣旨は

前T/Bの支払利息2,600円を払うべきところを、何らかの理由があって、2,500円しか払わなかったとする。

差額の100円は、どう仕分けすべきか?

なのです。

>前T/Bに2,600と載っていない理由が理解できておりません。

この問題に「どうして2,600円じゃなく、2,500円なのか?」ってのは関係ありません。

この問題は「差額の100円をどうすべきか問う問題」なので、問うべき差額の100円が出なくなったら、問題が成り立たなくなります。

それに、世の中...続きを読む

Q利息再計算時の遅延利率

過払い請求する為に利息を再計算しています。
返済期日が遅れた為、遅延利息が発生した場合、利息再計算する場合はどのようにして計算すれば良いのでしょうか?

また、利息制限法に基づいて、遅延利息も計算する場合、遅延利率は何%になるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅延損害金は無視して、遅延した部分も、通常の法定利率で計算してかまいません。

元金がマイナスになる前であっても、契約に比べて過剰な返済をしているのですから、違法な利率に基づいて計算された返済額・返済期日に遅れたからといって、直ちに遅延とみなせるか疑問があります。

そういったことを考慮すると非常に面倒なことになるので、貸金業者も通常、遅延損害金の主張はしません。

Q借入金の利息の計算方法

利息の計算についてご質問致します。

・借入金1000万円 元利金等方式利率
・利率 1%

返済方法は、毎月30000円を166回(13年11ヶ月)
他に年1回100万円を返済開始から5年間予定しています。

また借入から9ヶ月後に支払いを開始する予定です。

上記の場合、総額の利息の計算方法を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

毎月3万円を166回、繰上げ返済のようにして100万円を5回返済したって、
総額998万円にしかなりません。
166回というのがどこから出てきた数字か分かりませんが、すでにこの時点でおかしいですよね。
正しく元利均等で月々3万円+最初の5年間は1年に1回100万円を5回で1,000万円を
返済しようとすると、以下のようになります。

最初に1,000万円を借ります。
9か月間返済を行わないので、毎月1/12%の金利がかかってきます。
1ヶ月後には1,000万円×1%/12=8,333円が加算され、負債は10,008,333円となります。
2ヶ月後には10,008,333×1%/12=8,340円が加算され、負債は10,016,674円となります。
同じように9ヶ月目まで放置するので、返済を開始する9ヶ月後には、負債は10,066,861円になっています。

ここから毎月、3万円ずつ返済し、その残金に1/12%をかけた利息が加わり、
1年に一度(返済開始を1月として9月に)100万円の返済を5回行う
という計算をコツコツ繰り返していくと、残金がゼロになるのは188ヶ月後(15年8か月)です。

3万円を187回、100万円を5回、最後の月の支払額が15,508円なので、
支払総額は、1,062万5,508円となります。

ちなみに、166回で支払いを終わらせようとするなら、月々の支払額は33,594円となり、
支払総額は33,594×166+500万=1,057万6,604円となります。

毎月3万円を166回、繰上げ返済のようにして100万円を5回返済したって、
総額998万円にしかなりません。
166回というのがどこから出てきた数字か分かりませんが、すでにこの時点でおかしいですよね。
正しく元利均等で月々3万円+最初の5年間は1年に1回100万円を5回で1,000万円を
返済しようとすると、以下のようになります。

最初に1,000万円を借ります。
9か月間返済を行わないので、毎月1/12%の金利がかかってきます。
1ヶ月後には1,000万円×1%/12=8,333円が加算され、負債は10,008,333円となります。
2ヶ月後...続きを読む

Q預金の利息の計算方法について

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたびに税金を引いた額を元金に組み入れて計算して、最終的に得られる利息は
(A)+(B)+・・・・(○)というように計算するのか、

あるいは、
半年後につく利息は
100万×0.045×182/365=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}+0.045×183/365=(B)

というように、計算して、
(A)+(B)+・・・・(○)の合計に対して国税15%と地方税5%を引くのでしょうか。

おそらく前者だと思うのですが、実際はどうなのでしょうか。


分かる方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。

定期預金の利息の計算方法について分からないことがあります。

「スーパー定期 預入期間3年 利率0.45% 6ヵ月複利で計算 」
という商品に100万円預け入れたら、3年後の満期日に受け取る利息はいくらになるか??ということを実際に計算してみようとしたのですが、
半年後につく利息は、
100万×0.0045×182/365-(国税15%)-(地方税5%)=(A)

一年後につく利息は
{100万+(A)}×0.0045×183/365-(国税15%)-(地方税5%)=(B)

・・・・というようにして利息が半年ごとにつくたび...続きを読む

Aベストアンサー

定期預金の利息にかかる税金は、満期または中途解約の時にしか取られません。
したがって、後者です。

なお、銀行によっては「付利単位」というものが定められています。
利息を計算する場合に、元本の 100円未満、あるいは 1,000円未満は切り捨てられてしまいますので、お書きの計算式どおりでは不十分といえます。

100万×0.045×182/365= 2,243 円ですが、
一年後につく利息は
{100万+2,243}+0.045×183/365=
ではなく、
{100万+2,200}+0.045×183/365 + 43=
または
{100万+2,000}+0.045×183/365 + 243=
となります。
100円で足切りか 1,000円で足切りかは、銀行によって違います。

Q外資系子会社における親会社からの借入金利息の処理について

お世話になります。

外資系子会社における親会社からの借入金利息の処理について
質問があります。

借り入れた金銭は子会社役員の社宅購入費用にあてます。
この場合にはりそくのしはらいにつき源泉税がかかりまおす
でしょうか?

ご指導下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

親会社というのが外国法人で、外資系子会社というのが国内で業務を行う法人で、かつ「子会社役員の社宅購入費用」が国内でのことなら、その借入金利息は外国法人の国内源泉所得になりますから、外国法人に支払う際に原則20%の源泉徴収が必要になるでしょう。

参考URL:http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/zaimu/rensai/zeikin.cfm?i=20051215kin27z5


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報