ご覧いただき有難うございます。


利息の計算についてわからなくなりご質問致します。


借入金:2000万円(元利均等法式利率) 利率 2.7% 返済期間5年


上記の場合、総額の利息の計算方法を教えていただけないでしょうか・・・。


毎月は、前月の借入残高×2.7%÷365日×日数だと思うのですが、
総額計算式がわからず困っています・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



計算方法・計算式は、
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Keisanki/JTSL/Lo …
5返済方法の計算式 をご覧ください。(1)のア→イと進めば求める金額が出せます。

ただ、アの部分の計算は結構面倒ですし、間違いも発生しがちです。この部分の計算は、
http://www.benricho.org/loan_calc/
こういったところで計算してもらって、
返済総額-借入額
で利息総額を求めることが出来ます。

お書きになった条件(毎月返済ですよね)で計算すると、
毎月の返済額は、356,714円となり、

利息総額は、
356,714×60(ヶ月)-20,000,000=1,402,823円
となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなりすみません。

みなさんの回答をみながら、考えてたらお返事するのが遅くなりました。

詳しく説明していただいたMajor123 さんをベストアンサーに致しました。

お礼日時:2014/05/20 14:34

元利均等返済の毎回の返済額はちょっと複雑ですが、次のような式で求められます。



毎回の返済額 = 2000万円 × (2.7%÷12ヶ月) × (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) ÷ { (1+2.7%÷12ヶ月)^(12ヶ月×5年) - 1 } = 356,713.7円

円未満の端数を切り捨てると356,713円となります。
この場合、5年(返済60回)経過時に45円だけ元金が残ってしまいます。
最終回にそれを調整するとしたら356,713円+45円=356,758円の返済となります。

返済総額 = 356,713円×59回 + 356,758円 = 21,402,825円
利息総額 = 21,402,825円 - 2000万 = 1,402,825円


もし円未満の端数を四捨五入したら、毎回の返済額は356,714円になります。
その場合、残高端数を最終回で調整すると、最終回の返済額は356,698円になります。

返済総額 = 356,714円×59回 + 356,698円 = 21,402,824円
利息総額 = 21,402,824円 - 2000万 = 1,402,824円

Excelが使えるなら、毎回の返済額はPMT関数を使えば簡単に計算できます。
ただExcelにしても、インターネット上のシミュレーションできるサイトにしても端数の処理まで考えると面倒ですね。
でも1円単位まで正確に計算しないと、個人間の貸し借りならまだしも、企業相手なら問題になります。

上記計算は、借入日から最初の返済日まで1ヶ月間としています。
そこが大きく異なるならその日にちも調整する必要があります。
    • good
    • 2

こちらが詳しいですね。


http://www.rate-zagu.net/post_16.html
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

計算 方法」に関するQ&A: 割引の計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつ

普通預金利息と貸越利息どっちが高いか悩んでいます。今月普通預金利息がつく銀行が多いと思いますが貸越利息(自分の定期預金から借りて普通預金がマイナスになっている)を取られるより他の銀行の普通預金を崩して貸越へ埋める方がお得でしょうか?調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。ご伝授頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してしまいました。

つまり、担保扱いになっている定期預金の利率と借り越し利率のイメージは
 定期の利率0.4% ⇒借り越し利率は0.65%
 定期の利率1.0% ⇒借り越し利率は1.25%
このような感じになります。

定期預金の利率が普通預金の利率より低いなんて事は、通常はありえません。
一時的な借り越しであっても、他の口座に借り越しを解消できるだけの普通預金残高があるのであれば、直ぐに資金移動してください。

尚、普通預金の利息計算は、省略した書き方をすると、毎日、次の計算を行なった結果の総計となります。
 本日の残高×その日適用されている普通預金の利率÷365

> 調べてもどっちの利息が高いかよくわからないままでした。
 借り越しをするためには担保が必要であり、借り越し可能額は担保額の○○%と取引約款に書いてあります[預金通帳の裏面とかに概要が書いてある]。更に、○○預金が担保となっていれば、○○預金の利率+0.25%程度が借り越し利率と書いてあると思います。
そうではなく、「カードローン貸し」みたいになっていたら、住宅ローンの金利より高く設定されていますから、1日の借入利息は幾らになる事やら。とおもったら、定期預金担保でしたね。脱線してし...続きを読む

Q借入利率及び借入額の増加に伴う支払利息の増加についての報告の書き方は?

こんにちは、みなさん!!

Q.金融会社で働いていますが、下記の理由により支払利息が
増加しました。これを簡潔に方向するにはどのような書き方
が良いでしょうか?

支払利息増加要因

・貸付金増加により、有利子負債(借入金)の増加。
・金利上昇による支払利息の増加

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

相談者の勤務先の金融会社では
顧客への貸付金について、銀行などの借入金で資金を調達していると思われます。

したがって、報告書としては、次のようなものはいかがでしょう。

前期 貸付金100  借入金100 支払金利 年5% ⇒ 支払金利 5

今期 貸付金150  借入金100 支払金利 年5% ⇒ 支払金利 5
               50 支払金利 年6% ⇒ 支払金利 3 

今期は 貸出金50%増加に伴い、借入金も50%増加、また金利が1%上昇した為
支払印利は 3増加した。


貸付金増加に伴う収益増加を考慮すれば、支払金利の増加は業績向上に伴う経費として
十分に採算に見合うものと思量します。

Q利息制限法を超える利率

現在21%の金利を設定されている金銭消費貸借契約を結んだあと2年ほどその条件で返済してますが、あまりの金利の高さに返済に窮しています。利息制限法という規律があるそうですが、その制限法の利率を超える返済は有効なのでしょうか?また、過去の返済はやむをえないとしても今後返済条件を変更することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

jilsさん、こんにちは。
お尋ねの件ですが、金銭消費貸借契約の金額によって、その利息制限法
の利率が変わってきます。
ご質問中の利率21%がどの程度の金額に対するものか不明な為、下記に
利息制限法の抜粋を行っておきます。

利息制限法
第1条(利息の最高限)
金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が左の利率により計算した金額をこえるときは、その超過部分につき無効とする。
元本が10万円未満の場合 年2割
元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
元本が100万円以上の場合 年1割5分

これらを超える部分については、それらを無効にし、かつ返還あるいは元本に
繰り入れる事が可能です。

しかしながら、悪質な業者ですと、この法の以下の条文を逆手にとり、高利子を
とる場合もあるので要注意です。
お手元の契約書の中身をよくご覧になり、確認された方がよろしいかと思います。
もし、その内容につき、疑義があるようであれば、お近くの消費者生活相談
センターや各都道府県において定期的に開催されている法律無料相談等にて
ご相談をされた方が賢明であろうと思います。
(悪質な業者の場合、それらの背後によからぬ方達が存在する場合があります)

1条2
 2 債務者は、前項の超過部分を任意に支払つたときは、同項の規定にかかわらず、その返還を請求することができない。

これを逆手にとり、支払者が任意で払っているとの詭弁をろうする業者が
存在します。
(現在この項について、多くの論議を呼んでおりますが、この項についての法は
 いまだ有効です、残念ながら‥)

よくお確かめになり、一人で立ち向かうという事でなしに、上記相談等を
ご利用になる事を強くお勧めします。

jilsさん、こんにちは。
お尋ねの件ですが、金銭消費貸借契約の金額によって、その利息制限法
の利率が変わってきます。
ご質問中の利率21%がどの程度の金額に対するものか不明な為、下記に
利息制限法の抜粋を行っておきます。

利息制限法
第1条(利息の最高限)
金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が左の利率により計算した金額をこえるときは、その超過部分につき無効とする。
元本が10万円未満の場合 年2割
元本が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
元本が100万円以...続きを読む

Q金利、利息、利子、利率って?

金利は利息、利子又は利率の事を指します。と参考書にありましたが、この4つの言葉の意味は全く同じものなのでしょうか。
違うのであれば、わかりやすく何がどう違ってそれぞれはどういうものか教えてもらいたいのですが。

また、利息の計算方法は
貸付金額(元金)×年利率×日数÷365日=利息金額
になるみたいですが、これを見る限りでは利率と利息は違う意味のように思えるんですが。
また、なぜ利息金額がこういう計算式になるのかも教えてください。
特に、なぜ365日で割る必要があるのかがわかりません…。

Aベストアンサー

長い回答になってしまいましたが、ご容赦下さい。

まず、4つの言葉はまったく同じではありません。

■利子とは、
貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価です。
■利息とは、
利子と通常同じ意味で使われますが、借りた場合に支払うものを利子、
貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがあります。
■利率とは、
元本に対する1年間の利子の割合を指します。

利率は割合で利子や利息は金額なので、
質問者様のおっしゃる通り、利率と利息は異なります。

でも、実は「金利」は、金額と割合のどちらも指す用語なんです。
その結果が、ご質問の最初にあるような
「金利は利息、利子又は利率の事」という表現につながります。
つまり、まとめると、
利息と利子はほぼ同じで、金額。利率は別物で、割合。
でも、金利という言葉はそれらの両方を指せる。こんなかんじ。

次に利息の計算法に関してですが、
利息金額=(貸付金額×年利率÷365日)×日数
と書き換えた方がわかりやすいかもしれませんね。

貸付金額×年利率 は
「1年間貸したらこれだけの利息になりますよ」という金額です。
それを365で割った 貸付金額×年利率÷365日 は
「1日間貸したらこれだけの利息になりますよ」という金額です。
なので、
それに日数をかけた (貸付金額×年利率÷365日)×日数
によって、借りた日数に応じた利息金額が求められるわけです。

365日で割る意味をあえて言うとすれば、
利率が一日の利率ではなく一年の利率で与えられているからですね。

長い回答になってしまいましたが、ご容赦下さい。

まず、4つの言葉はまったく同じではありません。

■利子とは、
貸借した金銭などに対して、ある一定利率で支払われる対価です。
■利息とは、
利子と通常同じ意味で使われますが、借りた場合に支払うものを利子、
貸した場合に受け取るものを利息と使い分けることがあります。
■利率とは、
元本に対する1年間の利子の割合を指します。

利率は割合で利子や利息は金額なので、
質問者様のおっしゃる通り、利率と利息は異なります。

でも、実は「...続きを読む

Q市民税と所得税を滞納した場合の役所へ支払う延滞金利息の利率

毎月の給与の市民税を滞納した場合の延滞利息の利率教えてください。

また、退職金受取時に支払う市県民税を滞納した場合の延滞利息の利率も同様の利率でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらが参考になりませんか。



利子税も延滞税も、利率は前年の11月末日の公定歩合+4%と年7.3%のいずれか少ないほうとなります(平成14年度、平成15年度については、4.1%です)。

また、納付が遅れた場合、申告期限から2ヶ月以降の延滞税は年14.6%になります。

利子税と延滞税の違いは法人税上、損金となるか否かという点です。利子税は損金となります(手続きを経て延納)が、延滞税は損金となりません(滞納によるペナルティ)。

参考URL:http://www.abezeimu.jp/kj200302.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報