A 回答 (5件)

目が黄色くないなら黄疸ではないと思います。


みかんが多いですが海苔とかカロチンの多いものを極端にとり続けると柑皮症になるそうです。
ダイエットとかで海苔・海藻類をたくさん食べると食品の摂取量に対してカロチンの比率が高くなるので発症しやすいとか聞いた事があります。
何か好きでたくさん食べ続けているものがあればそれが原因ではないか疑ってみてください。もし心当たりがあったら栄養の偏りがなくなるようにした方がいいですよ。偏ってると健康によくないから。
後は皮膚が厚い人は比較的黄色っぽく見えるようです。私は裸足で歩き回っていたら足の皮が厚くなって弟に「足が黄色い」と言われました。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

ありがとうございました。あんまり心配しなくても平気そうですね!

お礼日時:2001/06/08 16:38

1.ミカンの食べ過ぎで手のひらだけ黄色くなりますね.カボチャの食べ過ぎもあるでしょうけれど,ミカン好きな人が多いでしょう


2.体質性黄疸--生れながらの黄疸
3.病的黄疸--肝臓の悪化--肝硬変、肝炎などこのときはからだ全体が黄色くなります.ビリルビン値を血液検査で測ってもらえれば,肝機能がいいのか悪いのかわかります.それだけではないのですが,
    • good
    • 16
この回答へのお礼

へえー。いろいろあるんですね。ちょっと怖いです。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 16:41

私もchisato12さん同様、手のひらはおろか足の裏まで黄色いです。


心配で一度、内科を受診したことがあります。
一応検査はしましたが、やはり眼球を見て黄色くない、とのことで「みかんの食べ過ぎだろう」と笑われました、が、経験談をあてにせず、一度受診されることをお奨めします。

私の場合は笑い話で済みましたが、検査をする事によって何か問題が見つかる事もあります。
受診してみて何事もなければそれに越した事はありませんからね。
    • good
    • 13

みかん食べ過ぎると手が黄色くなるよって言われますよね。


「みかん黄疸」なら病気ではないので、かぼちゃやみかんを控えればすぐに治るそうです。

以前どこかの掲示板でみたのですが、
手をしばらく力をいれて握ってみて、開いたあとも、本来の手のひらの色に戻らず黄色い色が残っていたら 肝炎の可能性があるそうです。

とはいえ、黄疸があるかどうかの判断は、通常、白目をみて行うそうです。皮膚をみて黄疸があるかどうかを判定することは、日本人のような黄色人種では難しいとか。

参考URLに黄疸についての説明がありますが、もともとの体質あるいはみかんの食べすぎでなければ、一度専門医の親切を受けたほうが、精神的に安心ですね。

参考URL:http://www.jsge.or.jp/citizen/senmon/oudan.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。このごろみかんは食べてないんですけどね。医者いったほうがいいのかなー?
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2001/06/08 16:44

目の色はどうですか!?。


夜だと、蛍光灯でわからないと思いますので、日中見てもらえませんか?。
それと、だるいとか、身体は何か変化ありますか?。
ちなみに、専門家じゃないんですが、経験上で聞いています・・・。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

目の色は普通です。日中見てもやっぱり黄色かったです。
体の変化はあまりなかったですねー。

お礼日時:2001/06/08 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報