中小企業の働き方改革をサポート>>

容積1,000m³の熱気球にバーナーで暖めた空気を送り込んで空中に浮上させた。外気温を0℃、圧力を
1013hPa、外気の密度を1.28kg/m³、重力加速度を9.8m/s²とする。

(1)気球にはたらく浮力の大きさを求めよ。
(2)熱気球の総重量を150kgとして、熱気球が浮上するためには、空気の温度は何℃以上にすればよいか。

質問は(2)です。まずこう考えました。

浮力 > 熱気球の重さ + 熱気球内にある気体の重さ になればよい。

浮力 = 12544 [N] (1)から。(これは確かな値です。)

熱気球の重さ = 150×9.8 = 1470[N](確か)

熱気球内にある気体の重さ = ρ×1000×9.8
(暖めると気体の体積が大きくなって気体の密度は小さくなるからこのときの密度をρとした。)

これを解いて ρ<1.13 という関係が出ます。

つまり、外気の密度1.28kg/m³ が 1.13kg/m³より小さくなれば、浮力が勝って浮上する。

1m³の体積がx倍されて密度が1.13kg/m³になったから、

1.28/x = 1.13 で x = 1.28/1.13 倍に体積は増えたということです。ここまでわかります。問題は次です。

問題文から温度は変化するなーと思ったので、温度一定ではないからボイルの法則は使えないと思いました。
よって、消去法的な感覚と、圧力が一定になりそうな感じ(気球が膨らんだりするから??)からシャルルの法則を使いました。
そこでシャルルの法則のグラフを描いてこれで解けるだろうなと思っていたのですが、図のように
なっておかしいと思いました。

◆この熱気球の容積は1000m³です。なのに暖めたら、これ以上になります。実際電卓で計算したら1000m³より大きくなりました(穴がなかったら破裂する状態ですよね)。膨張したとして、差分が穴から出ていくと考えるのでしょうか?
でもそんなことしたら結局容積は1000m³だから体積は1000m³のまま変わらないのではないのでしょうか?

まとめると、

・なぜシャルルの法則が使えるのか(消去法じゃなくて)
・◆以下の説明

この2つをわかりやすく教えていただけないでしょうか。物理に自信のある方、分かる方、
どうかよろしくお願いします。

「熱。熱気球の問題で質問。」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ご質問にお答えしましょう。



>・なぜシャルルの法則が使えるのか(消去法じゃなくて)

 熱気球とは、下記リンクの図を見ればわかりますが、密閉された風船ではなく、底に穴のあいた「袋」です。従って、温めても中の空気の気圧は大気圧のままです。
http://www12.plala.or.jp/jsr/sub6.htm

 圧力が一定ですので、「シャルルの法則」を使います。


>◆この熱気球の容積は1000m³です。なのに暖めたら、これ以上になります。実際電卓で計算したら1000m³より大きくなりました(穴がなかったら破裂する状態ですよね)。膨張したとして、差分が穴から出ていくと考えるのでしょうか?
でもそんなことしたら結局容積は1000m³だから体積は1000m³のまま変わらないのではないのでしょうか?

 そうです。温めても、体積は1000m^3のまま変わらないのです。膨張した空気のうち、1000m^3を越える分は、開口部から外に出て行ってしまいます。

 シャルルの法則では、0℃のときのT0(度K)のときの体積V0は、バーナーで温めて温度Ta(度K)になったときの体積Vaは

    V0 / T0 = Va / Ta    (A)

と書けますので、

    Va = V0・(Ta / T0)   (B)
    Va / V0 = Ta / T0    (C)

となります。

 ここで、問題を解く上では、(B)式を使って「V0=1000(m^3)としてVaの体積を求める」ということが目的ではありません。

 ご質問文にあるように、温度Taのときの空気の密度ρを知りたいのです。
 空気の密度ρは、温度T0のときの密度をρ0として、

    ρ=ρ0・(V0 / Va )

で求まります。V0がVaに膨張したら漏れて行ってしまう、と心配する必要はありません。(C)の関係を使えば、Vaを使わなくとも、

    ρ=ρ0・(T0 / Ta )    (D)

と書けますから。

 そして、(D)式を使って、「浮力が勝って浮上する密度ρ=1.13kg/m^3」になるTaが、問題(2)の答になるわけです。
 温度は絶対温度を使う、ということを間違えなければ、答は簡単な計算で求まると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(D)の式で解答と同じ温度が求まりました。
この回答をベストアンサーにしました。
丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 22:55

 #4, 1です。



 ようやく自分の勘違いに気が付きましたorz。すみません。

>(1)気球にはたらく浮力の大きさを求めよ。

 ここは空気中にある1,000m³の物体に外気が及ぼす力という意味の浮力だったんですね。ずっと、実際に浮き上がろうとする力と思い込んでいて、

>(2)熱気球の総重量を150kgとして、熱気球が浮上するためには、空気の温度は何℃以上にすればよいか。

と、ここで150kgが出て来るのがおかしいと思い込んでいました。なので「(1)の時点で不足してるじゃん」とあらぬ非難を設問者や質問者様に向けてしまっていました。

 不足していたのは私の理解力でした。私以外の誰も、少しも間違いはありません。私だけがおかしかったです。ご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありません。m(_ _)m

 なお、熱気球内の空気の温度の計算やシャルルの法則の適用については、は#1の通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気にしないでください。

お礼日時:2014/05/14 22:55

 補足、承りました。

#1です。

>設問は間違っていません。しかも気球にはたらく浮力はρVgで求まります。僕は(1)は解けたので省略しただけです。

 熱気球の気球内部の空気を除いた重量が150kgということが設問に示されていれば、設問は間違いではありません。それは、

再引用>熱気球の重さ = 150×9.8 = 1470[N](確か)

の「150」という数値のことです。この150がどこから来たかですね。

 150kgが熱気球の重量として設問に示されていればOKで、この質問に示された数値から、気球内部の気体温度が#1で計算したように求まります。

 逆に模範解答だけに出て来るなら、設問としては不適切で、解けない設問となります。
    • good
    • 0

念のため(1)から・・(2)は(1)を正しく理解していたら解けるはずです。


(1) 浮力はもっぱら大気の(密度)×(容積)×(重力加速度)ですから、ρVg
  中に何が入っていてもこれだけの浮力を受けます。

(2) 熱気球の総重量を150kgとして、熱気球が浮上するためには、空気の温度は何℃以上にすればよいか。
>消去法的な感覚と、圧力が一定になりそうな感じからシャルルの法則を使いました。
 熱気球は下方が解放されています( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E7%86%B1% … )から、体積は考えなくて良いです。
 単純に(1)と同じように密度と体積と重力加速度をかければよい。
 気体の密度は、(絶対)温度に反比例します。
  気体の状態方程式 PV = nRT
  シャルルの法則だと、V = kT  k=(nR/P)
  密度 = (質量)/(体積) ですから、(密度) ∝ (質量) 体積は一定なので・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 22:57

浮力は、この気球によって排除される(つまり気球と同じ体積)0℃、1013hPaの


空気に働く重力と同じ大きさなので、問題で与えられた条件のみで計算すること
ができます。

普通によく見る熱気球は袋が密閉されているのではなく外気とツーツーになって
いると思うのですが、私が「普通に見る」ものが本当に普通かは判らず、その点
問題分も説明不足かとも思いますが、まあ「容積1000m3」と言っているので、
空気が膨張して1000m3を超える部分は外気に逃げていくということではないか
と思います。

考え方としては圧力は一定で0℃の空気を加熱したら
V/T=V’/T’
にしたがって体積が増え(密度が下がり)るが、1000m3を超える部分は逃げて
行ってしまうので、気球内にある熱い空気の質量はあくまで1000m3分で
考えるということではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 22:57

 問題自体がおかしいか、もしくは、問題文を読み間違えていますよ。



>(1)気球にはたらく浮力の大きさを求めよ。

 設問に熱気球内の空気の温度があれば求められます。でも温度が示されず、

>浮力 = 12544 [N] (1)から。(これは確かな値です。)

となっています。示されたデータでは浮力は出ません。

 しかし、外気の密度×1,000m³÷重力加速度=12544[N]です。浮力が同じだけあるということは、気球内に空気がないということになります。これ、気球内の空気が外気と同じのときに気球が下向きに向かう力ならわかります。

>熱気球の重さ = 150×9.8 = 1470[N](確か)

 おそらく気球内の空気の重量を除いたものが150kgなのでしょうね。それが設問で与えられていなければ解けません。気球内の気体を熱した結果、気球の重量分の浮力が生じたら気球は浮くことができる、ということです。

 気球は150kgですから、気球内の空気1,000m³の重量が、同じ体積の外気の重量1280kgより、150kg軽くなれば気球は浮きます。ここから気球の重量をキャンセルできるようになる気球内の気温を求めてみます。

 273×{1280/(1280-150)}≒309[K]=36[℃] (※0[K]=273[℃]とした)

 この計算には空気を理想気体としてシャルルの法則を適用しています。単に最もシンプルな解として、こうしてみましたが、実際の大気の特性を考慮して計算しようと思えば、できるでしょう。

P.S.

>◆この熱気球の容積は1000m³です。なのに暖めたら、これ以上になります。

 熱気球は下に穴が開いており、そこをガスバーナーなどで熱します。熱せられた空気は膨張し、増えた分は穴から出て行きます。ですので、体積一定と考えてよいです。

 もし熱気球が密閉になっており、内部を外気と同じ1気圧に保ったまま膨張させるなら、増えた体積で考えることになります。計算は今はしませんが、もっと低い温度で熱気球は浮きます(熱する効率を考えなければ、普通の熱気球より有利といえる)。

 もし熱気球が密閉になっており、容積を一定に保つなら、熱しても気球内部の気圧が高まるだけで、浮力は一切生じません。気圧が高まって気体の密度が大きくなる効果と、温度が高まって気体の密度が小さくなる効果がキャンセルするためです。

この回答への補足

設問は間違っていません。しかも気球にはたらく浮力はρVgで求まります。僕は(1)は解けたので省略しただけです。

補足日時:2014/05/13 18:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/14 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱気球はなぜ浮かぶか~よくある質問の確認

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
----------------------------------------------------------------------------------
というような解答が得られます。で、これを踏まえての質問なのですが、熱気球が容易に膨張しやすい素材でできているのであれば、 '密閉した' 熱気球の中の空気を熱してやれば '気球が膨張' するので '空気も膨張' し、熱気球内の空気の密度が小さくなって浮くというのはよくわかります。
 しかし、ネット上の熱気球の写真を見る限りでは熱気球は密閉されてはいないようですし、その素材も風船のように膨張しやすい素材でできているとは思えません。それでも熱気球が浮かぶのは、熱せられた熱気球内の空気の分子運動が激しくなり、気球の外に飛び出した結果、熱気球内の空気の質量が軽くなり熱気球は浮かぶのではないのですか?

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
-------------------...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より密度の小さい空気で満たされるので、上方への浮力を生じ、上昇します。水を満たしたビンをさかさまにして水中に沈め、口から空気を吹き込むと浮かぶのと同様です。
上昇した後、中の空気が冷えて密度が上がれば、空気の体積は減るが、気球自体の体積は変わらないので、廻りの空気が気球内に入り、下降します。ここでバーナーを点火すれば、高温空気によって気球内の空気が置換されて気球は浮くのです。
この気球は、気球内の空気が膨張して気球自体の体積が膨らんで浮力を生じるのではありません。気球内に入っている空気の質量が、温度によって変わることになります。気球内の空気が膨張するという説明だけでは、気球内の空気の質量は変わらないということになりますが、気球の体積がほぼ一定で、開口部がある気球ではそれはありません。
ところで、
熱気球として、黒いごみ袋を何枚かつないで大きな袋を作り、中に空気を入れ、太陽光で温めて中の空気を加熱して浮き上がらせるという「遊び」があります。この場合は、低温空気と高温空気の置換ではありません。中の空気が暖められて膨張し、密度が小さくなって浮力を生じます。はじめの空気は、ほぼ袋を満たしていますが、このときの体積より、暖められた後の体積が大きくなって、袋がほぼパンパンになるのです。気球内に入っている空気の質量は変わりません。

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より...続きを読む

Q熱気球でρ=(T./T)ρ.の求め方について

気球の下の部分には穴があって、気球内の空気圧は常に外気と等しい圧力に保つようになっている
気球の内部にはヒーターがあり、気球内の温度を調節することができる
今地表での外気の温度をT.、圧力をP.、そのときの空気の密度をρ.とする。気球の球体部分の容積は常にVとなる、また空気は理想気体とする。

いま、気球を地面に止めておいて、気球内の空気の温度をT.からTに上昇させる。この時の密度ρをもとめよ

解答は
一般に質量m、体積Vの空気の密度ρはρ=m/VとなるのでV=m/ρと表される
質量mの気体についてのボイルシャルルの法則P.V./T.=PV/Tに
V.=m/ρ.、V=m/ρを代入すると

P./ρ.T.=P/ρTとなる
空気の温度を変化させても、気球内の圧力はP.のままなので
P./ρ.T.=P./ρTより
ρ=(T./T)ρ.

となると在るのですがV.=m/ρ.、V=m/ρとして解いておりますが
気球の球体部分の容積は常にVとなるからVは変化しないし、また質量mも温度が上がっても圧力が上がっても変化しないのでρ=ρ.となるとおもったんですが

V.=m/ρ.、V=m/ρとして解いてよい理由を教えてください、できれば詳しくおねがいします

気球の下の部分には穴があって、気球内の空気圧は常に外気と等しい圧力に保つようになっている
気球の内部にはヒーターがあり、気球内の温度を調節することができる
今地表での外気の温度をT.、圧力をP.、そのときの空気の密度をρ.とする。気球の球体部分の容積は常にVとなる、また空気は理想気体とする。

いま、気球を地面に止めておいて、気球内の空気の温度をT.からTに上昇させる。この時の密度ρをもとめよ

解答は
一般に質量m、体積Vの空気の密度ρはρ=m/VとなるのでV=m/ρと表される
質量mの...続きを読む

Aベストアンサー

V - V. の部分は,気球からはみだして外に出ていくと考えるわけです。
熱膨張により当然密度は減少します(V > V.だからρ<ρ.)。それによる気球全体の質量減少が気球を浮力によって浮かす要因となります。

Q元素分析の整数比について。

有機化学で、元素分析の整数比の求め方がわかりません。
問題集で、
C:H:O=53.8/12:5.1/1:41.1/16≒7:8:4 
となっているのですが、なぜこのように近似できるのかサッパリです。
過去の質問に、「一番小さい数で割る」という方法があり、試してみたのですが、うまくいきません。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

53.8/12:5.1/1:41.1/16 とりあえずがんばってわり算します。

4.48 :5.1: 2.57 

ですか。

ここで、3つともながめていてはパニックになりますので、どれか2つをくらべます。

5.1:2.57=2:1

が見えますね。

4.48:5.1を1:1にみるのは少し無理がありますね。ですからこれは無視。

次は4.48を2.57で割ればいいです。(これがあなたが書いておられる一番小さな数で割るという作業です)

4.48/2.57=1.74 ぐらい

つまり、もとの3つの数の比は

1.74:2:1 です

ここで、

1.74の0.74に注目 →0.75とみると、これは3/4

したがって1.74=7/4 だから3数の比は

7/4:2:1  これは4倍すると

7:8:4

です。

全てに適応した、いい方法があるわけではないですが

A 3つではなく2つの数の比を求める。
 (一番小さな数でなくても良い。見た目で簡単な比になるものを選ぶ)
B 残りの1つは小数であらわす。その小数部分に注目。で、下の数をみたらピンとくるように覚える!

この顔にピンときたら110番 交番に指名手配のポスターがありますね。あれと同じです、

その数は

0.125 0.2 0.25 0.3 0.66 0.75 0.8 等です。0.11もかな

これらを下の分数に結びつける。

0.3 → 1/3 、 0.66 →2/3

0.75 →3/4

0.25 →1/4  、0.125 →1/8

ついでに0.11=1/9 0.22=2/9、0.33=3/9・・・

小数部分をみるときは「ぼーっと」見てください。

0.66は2/3だけど0.68は2/3と違うなどと堅苦しいことはいわない、 みんな2/3に結びつけてください。

0.3も0.31も 0.32も・・・全部1/3です!!

ところで、このような整数比を求める問題では、小数部分が必ず上の数字に近くなるはずです。そうでないと整数比に表せという問題そのものが成りたたないもんね! ということです。ですから自信を持って頑張ってみてください。

自分で実験して得られた数字の場合は、うまくいくとは限りませんよ。あくまで、テストの問題として出された場合の話です。

53.8/12:5.1/1:41.1/16 とりあえずがんばってわり算します。

4.48 :5.1: 2.57 

ですか。

ここで、3つともながめていてはパニックになりますので、どれか2つをくらべます。

5.1:2.57=2:1

が見えますね。

4.48:5.1を1:1にみるのは少し無理がありますね。ですからこれは無視。

次は4.48を2.57で割ればいいです。(これがあなたが書いておられる一番小さな数で割るという作業です)

4.48/2.57=1.74 ぐらい

つまり、も...続きを読む

Q摩擦と速度の関係について

摩擦力について質問です。
ある物体に摩擦力Nを加えて移動させたとき摩擦係数をμとするとF=μNとなり、物体の移動速さは問題となりません。しかし、僕には同じ摩擦力でも速く移動させたほうが大きな摩擦力がかかる気がしてなりません。
本当に摩擦力に速さの項は関係しないのでしょうか?

わかる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>本当に摩擦力に速さの項は関係しないのでしょうか?
どういう次元の話をされているのかによります。
理論的なモデルにおいて理論的な話であれば速度は関係しません。
厳密に言えば静摩擦と動摩擦では静摩擦>動摩擦の関係となりますから、速度0とそれ以外は同列に扱えませんが。

現実の物体で試験したときにどうなるのかというと話は変わってきます。
日常的に感じることのできる摩擦係数の速度依存では、速度が大きい方が摩擦抵抗は小さくケースが多いと思われます。
たとえば非常に重たいものを滑らせて移動させる場合、勢いよく速度をつけて移動する方がやりやすく、低速で移動する方が力が必要になります。

これは単純に言うと、摩擦は要するに2つの面の凹凸のかみ合いが作り出していると考えれば、速度が速くなっていくと、いちいち凹凸がかみ合わずに凸部分のみがあたるようになっていきます(つまり若干浮き気味になる)。
そうすると摩擦抵抗が小さくなるわけです。

ただこれはその面に非常に強い力が加わるし、そのエネルギーは熱になりますので、あまりやりすぎると面が損傷してきます。そうするとある速度以上では急激に摩擦抵抗が大きくなります。これを限界PVといいます。

ちなみに摩擦についていうとこのほか液体の摩擦などもあり、この場合には速度が速いほど摩擦が大きくなるというものもあるので、必ずしも速度と摩擦係数の関係は一般的にはいえません。

>本当に摩擦力に速さの項は関係しないのでしょうか?
どういう次元の話をされているのかによります。
理論的なモデルにおいて理論的な話であれば速度は関係しません。
厳密に言えば静摩擦と動摩擦では静摩擦>動摩擦の関係となりますから、速度0とそれ以外は同列に扱えませんが。

現実の物体で試験したときにどうなるのかというと話は変わってきます。
日常的に感じることのできる摩擦係数の速度依存では、速度が大きい方が摩擦抵抗は小さくケースが多いと思われます。
たとえば非常に重たいものを滑らせ...続きを読む

Q数件出版の数学問題集クリアー1A2B受験編とメジアン受験編についてです

数件出版の数学問題集クリアー1A2B受験編とメジアン受験編についてです。


この二冊の問題集のレベルについて教えてください。


また、私は神戸大学文系志望なのですが、その場合どちらが適しているかについても教えてください。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クリアー受験編:教科書章末問題のレベル~入試応用レベル
ただし、問題数や収録パターンが少なく、いまいち頼りない印象。

メジアン:クリアーよりも全体的にレベルは高い
入試基礎~入試発展レベルの問題を収録している
教科書や学校では扱わないが、入試でよく使うテクニックなどについても収録されていて
けっこう、学校と入試の間のギャップを埋めるのには重宝する。

難しさは
教科書章末<入試基礎<入試応用<入試発展 という感じです。

3つほど、注意点があります。
1)いずれにしても、学校経由で購入するものですね?
数件出版の問題集は、学校経由での購入でないと基本的に解説がついてきません。
問題集本体には略解しかないので、別冊解答がない状態でははっきりいって使い物になりません。

2)今の数学偏差値はだいたいいくらぐらいでしょうか
個人的には内容の充実度合いからして(2つのうちなら)メジアンをすすめます。
しかし、進研模試(記述)で偏差値60、全統模試で偏差値54をきっている場合には難しすぎると思うので、もう少し基礎的な問題集を選ぶべきです。

3)そもそも、神戸大対策に上記2つの問題集はむかない。
神戸大はオーソドックスな、古典的な問題を好みますから
メジアンのようないかにも難問!というのがぽつぽつ混じるのはあまり役に立ちませんし、かといってクリアーでは心許ないし…。

ということで
・上記2冊にこだわらないのであれば、「文系数学の良問プラチカ(河合出版)」 もしくは 「文系数学入試の核心(Z会)」をすすめます。
・上記2冊の中から選ぶ必要があるのなら、メジアンをすすめます。
・現在の偏差値が低い場合は、白チャート等の章末をやっていくのがいいです。

クリアー受験編:教科書章末問題のレベル~入試応用レベル
ただし、問題数や収録パターンが少なく、いまいち頼りない印象。

メジアン:クリアーよりも全体的にレベルは高い
入試基礎~入試発展レベルの問題を収録している
教科書や学校では扱わないが、入試でよく使うテクニックなどについても収録されていて
けっこう、学校と入試の間のギャップを埋めるのには重宝する。

難しさは
教科書章末<入試基礎<入試応用<入試発展 という感じです。

3つほど、注意点があります。
1)いずれにしても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報