病気や怪我で救急車を呼ぶ場合
火事でなくてももれなく消防車も必ず付いてくるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

ウチの父親がひっくり返ったときは消防車がやってきました。

ックショー、ちゃんと「救急です」っていったのになんで赤いのが来てるんだよ、バカなの?って思って窓から大声で「消防じゃなくて救急なんですがア!」と叫んだら、スモックを着た隊員さんから「救急で来ましたァ!」と返されました。
なんでも、救急車が出動中などで間に合わない場合、まず消防車に救急隊員を乗せて現場に向かわせて応急処置を行うのだそうです。
父親の場合、先行して現場に着いた隊員から救急車手配の連絡が行き、やがて救急車がやってきて運ばれました。家の前には消防車はいる、救急車は来る、で近所が騒然となったのはいうまでもありません。

よく聞く話ですが、救急車をタクシー代わりに使う輩が絶えないので、そういう場合は消防車で来た隊員が対応をしてそのまま救急車を手配しないこともあるのだそうです。他にもっと優先順位が高いところに救急車は行くべきですからね。

とはいえ、「キャンペーン期間につき、もれなくサービスで付いてくる」ということはないようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

 付いてきました。



 救急車での人員は限られていますので助っ人としてレスキュー車などで駆けつけます。私の場合は小型の消防車で来たこともあります。

 団地などで運び出す際に人数が居ると言うことで応援として呼ばれて居ます。そうではない場合は救急車の隊員だけで出来ます。ストレッチャーが入らない場合もありますからね。

 それと、消防車だけでなくパトカーが来る場合もあります。周辺道路の交通整理などもあるようです。これは救急隊員からおっしゃっていました。連携をとってということだそうです。救急救命の講義の時に聞いています。

 火事以外は鐘を鳴らさずに来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

救急の依頼が多く、救急車は不足ぎみだそうです。


救急車の到着まえに準備をするために消防車が来るようです。例えばエレベータなしの4階、5階です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

レスキュー車を、消防車と見間違える人もいるらしいですね。


外観的には、も間違えても当然です。

レスキュー車の外観(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%8 …

消防車の外観(画像)
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B6%88%E9%9 …

-------------------

それから,先の回答に「PA連係」があったので検索してみました。
https://www.google.co.jp/#q=PA%E9%80%A3%E6%90%BA

これを読むと、救急要請なのに、救急車が出払っていて、救急車の待機が無い場合や、人手が足りない時など、消防車に救急隊員を乗せて消防車が来る事が有り得ますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

>火事でなくてももれなく消防車も必ず付いてくるのでしょうか?



いいえ。

火事が無い時だけです。

火事が在るときは消防車はそちらに行っているので、救急車だけで来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

母が痙攣発作を起こしたときに救急を呼んだら、消防車もついてきたことがありました。


脳梗塞など命にかかわる状態で殊更に緊急性が高いような(判断がされた)場合に消防車の支援がついてくるのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

「火事ですか?救急ですか?」


って尋ねられます。

病気や怪我で「救急です」って答えれば、消防車は来ません。

東京消防庁<安心・安全><トピックス><119番通報のしくみ>
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/119/


119番したっきり応答できない状態になって、火事だか救急だか判断できない場合には、オペレータの判断って事になるのかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

いやあ、漏れなく付いて来ません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

救命講習で教わりましたが、PA連携といって、状況によって消防車がくるケースがあるそうです。



「PA連携」で検索してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

いいえ、付いてきません。


火事の時だけ消防車と救急車が来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/05/31 13:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q救急車に乗りましたが・・・歩けると呼んではいけないのでしょうか?

 こんにちは。先日、生まれて初めて救急車を呼びました。自宅で、突然意識を失い、翌日気が付くと(目が覚めると?)1日間の記憶喪失、ひどい頭痛と、めまい、何かにつかまっておかないと立てなくて歩けない状況でした。一人暮らしなので、病院にいくこともできず、生まれて初めて救急車を呼びました。水を飲んでしばらく安静にしていると、救急車が来て安静にしていたせいか、自分でふらつきながらも歩き、救急車へ乗りました。救急隊員の方は、親切に接してくれました。
 病院につき、MRI検査をしても異常なし。しかも何かにつかまりながらですが、自分で歩けるまで回復していたので、病院の医師・看護婦達は、とてもそっけない態度で、「救急車を呼んだのに、もう歩けるの?入院します?今はこれ以上の検査ができないから、入院するなら検査できますけど。1週間くらいかかるかもしれないけどね。入院しないなら、こちらが勧めても自分の意志で入院しないということなので念書をかいてください、帰宅して容体が急変しても責任は持ちませんけど」の一言。ペットのこともあるし、近々旅行に行く予定だったので旅行のキャンセルやペットの預けるところ探す為、一時帰宅を希望して、再度、来ることを告げたら、「今帰ったら外来になりますので、救急とは違い、脳検査も救急とは違う検査になります」と言われました。「身辺整理をしてから、またくるということでは、救急と同じ検査はできないんですか?」と聞くと「無理ですね」とのことでした。私としては「もう歩けるの?」という言葉がショックでした。

 こんにちは。先日、生まれて初めて救急車を呼びました。自宅で、突然意識を失い、翌日気が付くと(目が覚めると?)1日間の記憶喪失、ひどい頭痛と、めまい、何かにつかまっておかないと立てなくて歩けない状況でした。一人暮らしなので、病院にいくこともできず、生まれて初めて救急車を呼びました。水を飲んでしばらく安静にしていると、救急車が来て安静にしていたせいか、自分でふらつきながらも歩き、救急車へ乗りました。救急隊員の方は、親切に接してくれました。
 病院につき、MRI検査をしても異常な...続きを読む

Aベストアンサー

救急車を呼ぶ目安として「意識を失った状態、自力で立てない状態」が含まれますから、今回の状態で呼んでいけなかったということは無いと思いますよ。
一人暮らしなら、まず自宅までタクシーを呼んで病院に行く、無理そうなら救急車、ということになるのは仕方ないでしょう。

医師や看護師がそっけなかったというのは不親切に思いますが、ちょっと弁護しますと世の中には本当に救急車を「無料タクシー」として使う人が多いんです。
医療者側としてはやはり事故や意識不明等の重症患者を差し置いて、世間話ができるくらいのレベルの方が堂々と救急車で来て、帰りも「うちは○○町で消防署から近いからついでに送ってくれ」とか言われるとムッとくるわけです。
そんな人めったにいないだろうとお思いかも知れませんが、結構いるんですよこれが。。。

今回は、質問者さんが運悪く(?)回復が早く元気そうに見えたので、そういう常識の無い方たちと同じように見られてしまったのでしょう。
何も間違ったことはしていませんから、早く忘れて、身辺整理をしてから改めて別の病院で精密検査を受けてください。
お大事に。

救急車を呼ぶ目安として「意識を失った状態、自力で立てない状態」が含まれますから、今回の状態で呼んでいけなかったということは無いと思いますよ。
一人暮らしなら、まず自宅までタクシーを呼んで病院に行く、無理そうなら救急車、ということになるのは仕方ないでしょう。

医師や看護師がそっけなかったというのは不親切に思いますが、ちょっと弁護しますと世の中には本当に救急車を「無料タクシー」として使う人が多いんです。
医療者側としてはやはり事故や意識不明等の重症患者を差し置いて、世間話が...続きを読む

Q救急車を呼ぶ度合い

タイトルのとおり、普通、救急車を呼ぶ深刻さの度合いとはどの程度なんでしょうか?
もちろんケースバイケースなのは承知していますが、例えば意識を失っている人を見かけたらたいていの人は呼ぶでしょうし、
逆に風邪で救急車を呼ぶ人は稀でしょう。

先日、友達と旅行に行ったのですがそこで料理をしているとき、友達が
包丁で人差し指をざっくり切ってしまいました。深さ的に指の半分くらい。
出血は結構多かったと思います。
このときは別の先輩が車で病院まで運んだのですが、自分的には救急車を呼ぶべきか?と一瞬思いました。
救急車を呼ぶのは大げさだったんでしょうか。
ご意見いただけたらと思います。

Aベストアンサー

救急車を呼ばないとダメだと判断したら呼べば良いんです。

問題になっているのは「順番待ちがイヤ」「タクシー代わり」等の必要性が全くない場合に救急車を呼ぶことです。

軽傷か重傷かの判断は素人には出来ません。

自家用車で運んで大丈夫だと思ったら自家用車かタクシーで行った方が早くつく場合もあります。
特に田舎の郊外はその場合が多いです。

ケースバイケースで考えた方がよいでしょう。
動かしたらまずそう、出血が多い、危険な場所に怪我をした なら救急車を呼んだ方がよいでしょうね。

Q救急車を呼ぶと費用はいくら掛かりますか?

命に関わるときなら、くだらない質問です。ゴメンナサイ。

119番で救急車を呼んだ時、やっぱり高い費用があとから請求されるのでしょうか?相当な値段がするなら、タクシー呼んで救急病院なんかに行った方が安くつくのでしょうか?
一度、救急車に乗られた方がいらっしゃれば、教えて欲しいです。

Aベストアンサー

2回ほど付き添いで乗ったことがあります。
もちろん、無料です。

タクシーで行って、受け入れてくれる病院が見つから
なかったらまずいですよ。救急車の最大の利点は、
病院と連絡を取り合って受け入れ先を決めてくれる、
というところにあります。

Q救急救命士になるには、消防士がやるようなきつい訓練をしなければならないんでしょうか

救急救命士になるには、消防士がやるようなきつい訓練をしなければならないんでしょうか

将来救急救命士になりたいのですが、体力は自信がありません。

体育の成績は3です1度2も取ったことがります。

こんな自分でも、救急救命士になれるのでしょうか。

Aベストアンサー

救急隊の救命救急士にはなれませんね。
というかならない方が良いと思います

それ以前に被救助者の元にたどり着けません。
だから体力第一なのです。

たとえば5階建て(法律上エレベータの設置義務がない)の5階で救助者がいた場合
あなたは「体力がありません」って救助者に言うんでしょうか?
何でもかんでも機械等には頼れません、最後は自分の体力勝負の様です。

なお、大抵の消防署は救助隊と消防隊を人事異動で行ったり来たりするようですね。
(実際救助隊の方が遙かに激務)

Q救急車利用にかかる必要

 急患の搬送のために救急車を利用する際、
記憶が正しければ一部(歯?)を除いて利用料はかかりません。
理念としては、
救急車の利用者に高額の費用負担が求められると、利用を控えて救える命も救われないため、
ということかと思いますが、
費用の負担者はどうなっているのか疑問です。
(1) 救急車を出動させると病院に点数が加算され、国から保険料が支払われる?
(2) 救急車で搬送された患者に対する医療行為や、他の医療行為にかかる患者負担及び国からの保険料収入で、搬送費用を吸収する?

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に言われる救急車は消防局に所属するものです。病院やあるいは一部のテーマパークなどが持っていたりすることもありますが、あくまでも転送用で、出動するのは消防局のものです。ですので病院側には負担はありません。当然病院側にはそれで直接的なメリットもありません。負担は消防局が持つので、つまりは行政単位、自治体が負担します。費用コストとしては1回あたり5万ぐらいが相場のようです。

間接的には例えば交通事故等の場合は、事故を起こした側の負担になるのが原則なので保険利用ができないことが多く、その場合は自由診療になることがあります。診療の費用は保険点数を基準として2-3倍で計算されるので多少旨みがないこともないですが、そもそもそれだけの余裕の人員や設備を最初からそろえておかなければならないのでその分を計算すると赤字です。つまり病院側の持ち出し。ただし現実的には特に夜間の人件費が実際には支払われていないのでその分は医師のサービス残業になります。またそれ以外には救急対応を謳う病院には自治体の方から援助もありますが、全く足りていないのが実情です。

ですので、救急システムの費用負担は国民の税金と足りない大部分が医療スタッフ側のボランティアで成立しています。
最近の所謂「たらい回し」と呼ばれる救急体制の崩壊は、まず自治体側がこれ以上の費用負担ができないとねをあげているのと、ボランティア提供側がこれ以上やってられるかと逃げ出したというのが原因です。

一般に言われる救急車は消防局に所属するものです。病院やあるいは一部のテーマパークなどが持っていたりすることもありますが、あくまでも転送用で、出動するのは消防局のものです。ですので病院側には負担はありません。当然病院側にはそれで直接的なメリットもありません。負担は消防局が持つので、つまりは行政単位、自治体が負担します。費用コストとしては1回あたり5万ぐらいが相場のようです。

間接的には例えば交通事故等の場合は、事故を起こした側の負担になるのが原則なので保険利用ができないこと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報