うつ状態の母(53歳)の看病の為、仕事を辞め家事手伝いをしています。自殺願望やパニックになるという状態から入院もしましたが驚くほどの早さで(主治医談)回復し、現在自宅療養中です。
その母の毎日のように続く悲観的な考えにだんだん優しい言葉が母にかけられなくなっていて困っています。もちろん穏やかな口調でと努めているのですが、お説教のようになってしまうこともしばしば・・・というか最近はそっちの方が多くなってきている様に思います。そのせいか、最近は私よりも父や祖母(母にとっては姑)にこぼす事が多くなりました。母の心配は今考えてもどうにもならないことばかりで(例えば父の定年後はお金がなくなるから暮らして行けない、税金が払えない、家を売るとしてもどうしていいのかわからない等)、大きな事から小さな事まで、それに対する解決策もなく同道巡りしていて1日終えます。
今はこれも病状のうちと考え、ひたすら「大丈夫、心配しなくていいよ」と言い続けた方がいいのでしょうか?その言葉も母には届かないらしく、どうすればいいのか困惑しています。
元々心配性でガンコなところがありましたが、それがより一層強くなったような気がします。カウンセリングを受けていても「あの先生の言う事は私には当てはまらない」と言って全然身に入って行かない様です。私と父も一緒に受けるのですが
私達からしてみると、全く先生の言う通りだったりするのですが・・・。
なんだか具体的に書けなくてわかりずらいかもしれませんが、アドバイス頂けたらと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大変なこととお察しします。



うつ病患者への接し方ですが、まづ、「がんばれ」「しっかりしろ」などの激励の言葉は絶対に禁物です。ああしろ、こうしろ、などの指示のし過ぎもかえって逆効果です。
周囲の人も大変でしょうが、本人が一番苦しんでいます。
暖かい心で接して上げて、好きなようにさせて、話を聞いて、否定はしないで、「うん、そうだね」と肯定して上げてください。
詳細は参考URLをご覧ください。

この病気は、医師との信頼関係がとても大切です。
この関係がよいと、回復も早いのです。
今の状況だと、時間がかかりそうですね。
一度、各都道府県にある「 精神保健福祉センター」に相談されたらいかがでしょうか。
患者に合った医療機関の紹介もしてもらえます。
http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/4.01.htm

所在地は、次のページから分かります。
http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/7.9901.htm

このページもご覧ください。
http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/7.4.htm


お大事に。

参考URL:http://www.seri.sakura.ne.jp/~lisa/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ページの方、拝見致しました。参考図書等もいろいろ載っていてとても参考になりました。ありがとうございます。今までパソコンでも様々なページを見てきて「してはいけない事」というのを知っていたつもりでしたが、改めて再確認致しました(自分の気持ちの上でも)。これから本なども読みながら母にとって1番良い環境を考えたいと思ってます。
病院も前の病院の主治医を母が嫌って、というか恐怖というか、診察に行くとすごい緊張状態になるので母の友人の紹介で現在の病院に変えました。しかしそこの先生に対しても不信感を持っていて素直に聞き入れない様です。
やはり家族の考えだけでは限界もありますので、専門機関に相談に行こうと思います。自分も少々アガリ症なところがあり、相談に行くのも結構勇気がいって行こうかどうしようか迷っていたのですが、背中を押してもらったみたいで決意できました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 09:44

そうですよ、鬱病の方って頑固なんです。

気質的になりやすい方ってあって真面目で頑固で几帳面です。かける言葉はやっぱり「大丈夫よ」くらいですね。お母様は鬱の症状の貧困妄想が出ていらっしゃいます。もう、思い込んだらそのことばっかり考えられるだろうから、聞いても知らん振りして聞き流すといいですよ。お母様の耳には「大丈夫」という言葉より「危ないかも」という言葉の方が信憑性を持っているので、堂堂巡りの愚痴には「そうね、そうね」と相槌くらいでいいんではないでしょうか。でも、鬱は悪い時より回復期が一番死の危険性が高いです。貧困妄想に悩まされているくらいの方が具合がよいともいえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今まで私は結構母の心配事に関して具体的な解決策を考え、「これで心配ないよ」と言ってきましたが、うつ状態の時はそれもあまり効果がないことを知りました。そうですね、こういったときはヘタに「ああすれば、こうすれば」と言われるより、聞き流すくらいのが本人にとっては良いのかもしれません。また私自身にとってもそうでなくては正直大変ですね。自殺については最近はそんなに心配はなくなりましたが、やはり回復期が危険だと聞きますので、あまり油断はせず見守って行こうと思います。お返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 11:08

大変ですね。

ごくろうさまです。お母様の年齢から、更年期的な部分も入っているので余計な大変なんだろうと思います。うつ病は本人よりも介護している人がスゴク大変なんですよね。でもその大変さを本人にはわかれないんです。そのもどかしさから、ついイライラしてしまったり、あなたもブルーになったりしますよね。
家での介護にも限度というのもあると思います、例えお母様の状態が入院の程度でなくとしても、主治医の先生に、家族の方の辛さを訴えてみては?そしたら、なんらかの処置をしてくれるはずです。(再入院とか、どこかの施設とか)snow-wideさん本人もお体に気をつけて、がんばって・・と言いたいけど、適当にお休みしながら介護してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そう言って頂けるととても心強くなれます。母は退院してまだ4ヶ月しかたっておらず、他の方と比較すると早く良くなっているほうだと先生からは言われました。心の病気は目には見えない分、「どのくらい治っているのか、どのくらいで治るのか」というがわからず、つい焦ってしまいますね。イライラがいっぱいにならないうちに自分自身の気分転換も必要だな、と思いました。イライラって伝わってしまいますもんね。こちらで相談してお返事を頂けて、ものすごく心が満たされたようなきがします。

お礼日時:2001/06/08 10:53

私は40代半ばの男性ですが、うつ病の悪化、回復を繰り返して既に9年になります。

昨年の8月にうつ病の悪化が基で退職し、現在自宅療養中です。今まで好きでやってきた趣味のほとんどができない状態です。もちろんまだ就職もできません。ただ今まで趣味でもなかったパソコンや前から続けていた英会話だけが私の楽しみになっています。ですから、パソコンが壊れたときは半狂乱になってパニックを起こしてしまいました。でも、なにか自分にできることで楽しいことがあると、没頭できますし、嫌なことも忘れてしまいます。お母様の場合もなにか無理をしないでできることで好きなことを見つけたら良いと思います。好きなときに好きなだけできて、疲れたり飽きたらすぐに自分の意思でやめられるようなことです。
また、カウンセラーも第三者が納得していても本人が信頼していなければ、カウンセリングはお金の無駄になるだけです。私も何人かのカウンセラーに相談したことがありますが、やっぱり相性のいいカウンセラーだとカウンセリングの後に気分良く帰宅できます。
ですから、相性の悪いカウンセラーだったら変えてしまった方がいいと思います。同じことを言ったとしても相性が合えば、カウンセリングの効果が出やすいと思います。
私の場合、何度も心療内科に通い、何度もカウンセリングを受けてきたことで、自己分析ができるようになり、病気のトラウマになっているものが子供の頃の劣等感にあることがわかってきました。そうなってくると自分からこの病気を治そうという意志が生まれてきますので、カウンセリングを受けても効果が大きいのです。
つまり、本人がこれは必ず治る病気であることをしっかり認識し、治すことに積極的になり、普段は自分の好きなことだけを考え、カウンセリングを受けることが楽しくなれば、回復は早いと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カウンセリングを受ける事で、その原因を自分自身で認識できれば自分から病気を治そうという気持ちがでてくる・・・、すごく説得力あります。そうですよね、その為のカウンセリングでないと意味無いですよね。
1度病院を変えている事もあり、本人もこれ以上変えるのは気がひけるようです。家族もどうすればいいのか困惑中なので、保健所のケースワーカーさんに相談にいこうと思ってます。
今母は1日の大半を布団で横になって過ごしています。ずっと家の中で過ごすのは良くないと思い、1週間に2日くらいは買い物でもなんでもなるべく外に(近場ですが)出かけています。以前趣味だったガーデニングはまだできないみたいですが、一緒に庭の花の話をしたりしていて以前よりは会話も続くようになってきました。焦らず焦らせず、本人のペースで回復できるようにしていきたいです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 10:30

53歳でうつ状態ということは、もしかして更年期によるものでしょうか?


私の周りでも、お母さんがそのような状態になって、大変だったという人が結構います。
そういう精神的な病気というのは、すぐに治るものではなく、少しずつ良くなっていくものなので、あせらず根気よく治療していくのが大切です。

うつ状態の方は、本当にささいなことに心配します。
周りから見たら、「そんなことどうでもいいじゃない。」と思うようなことでも、本人にとっては、重大なことなのです。
ですから、病気だからしかたないと、優しい態度で、「だいじょうぶだよ。」「心配いらないよ。」と根気よく何回も声をかけてあげてください。
病気のお母さまにとっては、家族だけが頼りなのです。

そして、心配なのは、snow-wideさんのことです。
ずっと家で、お母さまの世話で、精神的にかなり、まいっているのではないですか?
本人も大変ですが、周りの家族もとても大変だと思います。
ずっと、ガマンばかりしていては、ストレスが溜まる一方で、いつか爆発してしまう可能性があります。
できれば、他の家族の方と交代で、たまには外に遊びにいくなど、ストレスを解消する方法をみつけてください。

根気よく待てば、きっと、お母さまも治ると思います。
がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温かい励まし、ありがとうございます。自分では周囲の方からご心配頂くほどストレスを感じてないと思っていたのですが、やはりそれなりに感じているんですね。家族だと照れくさくて「辛い」とか言えなくて。また家族からもねぎらいの言葉っていうのが「口で言わなくても」のようなところがあって・・。面と向かって言われると「そんな事ないよー」とか言ってしまうのですが、やっぱり誰かにそういう言葉を掛けて欲しかったのかもしれません。またこれでがんばれそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母も姉も私も父もアダルトチルドレンだと思う。

母も姉も私も父もアダルトチルドレンだと思う。

母も姉も気がついていませんが、私を含めアダルトチルドレンだと思います。
父もたぶんそうです。
母も父も60代、姉は40歳、私は30代です。
気がついたのは、私の生きづらさと、私が自分を犠牲にしてまで世話焼きなところなどいろいろです。
母や姉がそうだと分かったのは、激しく怒り狂うところがあるところなどいろいろです。母も世話焼きです。
母や姉は、怒り出すと、インナーチャイルドhttp://dagaz.jp/innar2.htmのようです。
気づきましたが、そっとしておくのがいいのでしょうか?
それとも、家族で話し合った方がよいのでしょうか?
父親は部屋に引きこもりもうぼけています。
私が生まれてから、働いておりません。
母は、父親をいやいや養い結婚生活をいやいや続けて今にいたります。
毎日、父親をののしっています。まあ、当然ですが。
姉は、結婚し子どもが2人います。
私は結婚していません。
家族みな生きにくさを感じているのは間違いありません。
どうしたらよいでしょうか。

Aベストアンサー

結婚する前、恋人を作る前に自分自身のACを治さないと子供に転移しますので、今のあなたがしなければいけない第一です。

しかしACは病気ではないので治療薬もなく、お医者さんにかかって治るものではありません。

治す方法は自分の心を大人に成長させるしかありません。

それにはこころを育成させる心理学セミナーに通うのが一番でしょう。

Q考える事をやめる、考えない、忘れると言う事。

不幸になる考え、自分が苦しくなる考えから抜け出せません。自分の心の中で愛しい人に対する嫉妬、悔しさ、刹那さ悲しさ、そんなネガティブな考えを止めることが出来ません。以前夫婦生活に書き込んだのですが、妻の過去についての事です。凄い過去とかと言う訳ではないのですが、自分の中で妻の過去の出来事を妄想する事を止めることが出来ません、自分が過去の恋人にして来た事、自分の経験と重ね合わせて妻は過去にこうやって愛されてきたのか、こうやって愛してきたのか、そんな意味も無い思考が止まりません、テレビ等を見ていても恋愛に関係する番組は苦しくて見る事は出来ませんし、街を歩いているカップルや女性を見ただけで色々な妻の過去に対する妄想が止まらなくなって涙が流れてきます。少しの切欠でそんな思考が止まらなくなってしまいます。違うことを考える事も、楽しい事を考える事も出来ません。妻と離れることが凄く辛くなってしまい仕事にも集中できません、妻の事は凄く愛しています、これから先も愛する気持ち、大切に思う気持ちは変わりません、妻もそれに答えてくれます。この思考を止めることが出来れば妻の負担も減るし自分の心も楽になれる、もっと幸せな生活が出来ると思うのですが、止めることがなかなか出来ません。一体どうしたら良いのでしょうか。どのカテゴリーに書き込んだら良いのかわからなかったのでここに書き込ませていただきました。

不幸になる考え、自分が苦しくなる考えから抜け出せません。自分の心の中で愛しい人に対する嫉妬、悔しさ、刹那さ悲しさ、そんなネガティブな考えを止めることが出来ません。以前夫婦生活に書き込んだのですが、妻の過去についての事です。凄い過去とかと言う訳ではないのですが、自分の中で妻の過去の出来事を妄想する事を止めることが出来ません、自分が過去の恋人にして来た事、自分の経験と重ね合わせて妻は過去にこうやって愛されてきたのか、こうやって愛してきたのか、そんな意味も無い思考が止まりません...続きを読む

Aベストアンサー

奥様のことを、とても大切に愛していらしている。
でもその一方で、奥様の過去やご自分の妄想が止まらない。。。
と、いうことなのですね。。

奥様が今現在、浮気されているとか、昔の方をひきずっていらっしゃる
と、いうことがなく、単なるごご自分の妄想だとすると
その世界を創造されているのは、まぎれもなく
質問者様の頭の中だけでの出来事ということになると思うんです。

だとすると、簡単です。
そんなご自分を認めてしまえば良いのです。
「あぁ、これは自分の脳の中の何ちゃらかんちゃらという物質が誤作動を起こしていて。。」なんて思ってるほうが、ずっとラクです。

実際、そうだと思います。
脳内物質の誤作動だと思いますので、
大切なのは、ご自分がその「光景」を=「妄想」と
思っていらっしゃるかどうかだと思います。

もし、それを認識されていたらお勧めの瞑想があります。
「今、自分が思っていること、身体に感じていること」を
査定せずに、観察していく。。というものです。

査定はしないので、自責も理屈もナシです。

ただ、淡々と、「今嫉妬してしまった、妄想した」=と思った。
「俺って変?だよな」=と思った。
大切なのは=以下の客観的な冷めた自分です。

そのときに、できればご自分の身体意識も感じられると
すごくいいんですが。。。

きっと、のぼせてしまった感の頭がスーッと冷めていきますよ。

参考URL:http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html

奥様のことを、とても大切に愛していらしている。
でもその一方で、奥様の過去やご自分の妄想が止まらない。。。
と、いうことなのですね。。

奥様が今現在、浮気されているとか、昔の方をひきずっていらっしゃる
と、いうことがなく、単なるごご自分の妄想だとすると
その世界を創造されているのは、まぎれもなく
質問者様の頭の中だけでの出来事ということになると思うんです。

だとすると、簡単です。
そんなご自分を認めてしまえば良いのです。
「あぁ、これは自分の脳の中の何ちゃらかんちゃら...続きを読む

Q父を亡くしたあとも冷静な主人を心配しています

こんにちは。よろしくお願いします。

2ヶ月前に主人の父が亡くなりました。
15年前に脳梗塞になってから足や言語が多少不自由になっていて、普段の行動からもうそう長くは生きられないだろうとは思ってはいましたが、思いがけない死で知らせを受けたときは夫婦で大変驚きました。

主人の実家は家族みんながとてもいい人たちで、とても仲がいいです。
主人も両親思いで、帰省するととても尽くしています。

私たちと主人の実家は遠距離で、帰省は年に3回一週間ほど帰ってきます。
以前主人は毎回帰省するたびに、「これで会えるのは最後かもと思いながら帰っている」と私に話したことがありました。

義父の葬儀では泣いてはいましたが、それ以外はまったく普段の主人でした。
家に帰ってきた後もまったく変らず、私たち家族に接してくれるし、あちこち遊びに連れて行ってくれます。

もともと感情を表に出す人ではなく、とても物事を冷静に対処する人です。
ですが自分の親の死を前にしてもまったく変らない主人に少し心配しています。

私の両親はまだ健在なのでまだその気持ちを性格に理解してあげることができません。
あまりにも冷静な主人を見ていると、これから大丈夫だろうか、あとで何か起こったりしないだろうかと心配してしまいます。

私は普段と変らない態度をとるようにしています。
もしよろしければ経験のある方のお話を聞けたらうれしく思います。
主人は40代前半です。

こんにちは。よろしくお願いします。

2ヶ月前に主人の父が亡くなりました。
15年前に脳梗塞になってから足や言語が多少不自由になっていて、普段の行動からもうそう長くは生きられないだろうとは思ってはいましたが、思いがけない死で知らせを受けたときは夫婦で大変驚きました。

主人の実家は家族みんながとてもいい人たちで、とても仲がいいです。
主人も両親思いで、帰省するととても尽くしています。

私たちと主人の実家は遠距離で、帰省は年に3回一週間ほど帰ってきます。
以前主人は毎回帰...続きを読む

Aベストアンサー

大変器の大きいご主人だと思います。
男ですから、一家の大黒柱としての仕事があるわけで、辛い思いをしてもしっかり揺らぐことなく過ごされているのですから、それはたいしたもんでしょう。

僕はまだ、親を亡くした事はありませんが、祖母や弟を亡くしました。
予め「そろそろ危ないな」っていう事がわかっていると、その時点で覚悟は出来ました。さすがに、若い頃はしばらく落ち込んでいましたが、大人になってからは、「人生、これからもこういった辛い思いは数多くある」と思い、気持ちの切り替えができるようになりました。
質問の内容を見ていると、ずいぶんと前から覚悟はされていたようですので、そのような態度が出来るのだと思います。
決して、冷たい人とか無感情な人だとは思いません。

子が親より先に亡くなるとか、不慮の事故で亡くなるなどといった場合は、さすがのご主人も感情を抑えきれないでしょうが、前もって覚悟が出来ていて、ある程度の時間があったので、親の死をきちんと冷静に受け止める事が出来たのでしょうね。

冷静な人ほど感情が豊かな場合もあります。
過去に色んな経験をし、いろんな感情をコントロールして来たからこそ出来る冷静さがあると思います。
少なくとも、パニックに陥ったり、塞ぎ込んでしまうような人よりもずっとずっといいと思いますよ。

「葬儀のときに泣いていた」これが全てを物語っていると思います。
良いご主人にめぐり合えて幸せですよ^^

大変器の大きいご主人だと思います。
男ですから、一家の大黒柱としての仕事があるわけで、辛い思いをしてもしっかり揺らぐことなく過ごされているのですから、それはたいしたもんでしょう。

僕はまだ、親を亡くした事はありませんが、祖母や弟を亡くしました。
予め「そろそろ危ないな」っていう事がわかっていると、その時点で覚悟は出来ました。さすがに、若い頃はしばらく落ち込んでいましたが、大人になってからは、「人生、これからもこういった辛い思いは数多くある」と思い、気持ちの切り替えができ...続きを読む

Q私は心配性です。 一般的な心配性は、小さなことでも心配してしまうことが多いと思うのですが、私の場合、

私は心配性です。
一般的な心配性は、小さなことでも心配してしまうことが多いと思うのですが、私の場合、大したことでなくても、普通なら気にならないことなどが心配になってしまいます。
ネットで調べたところ、強迫障害というものが出てきました。それは私にとても当てはまっています。
精神病院に行ったわけではないです。
一時期は、死についての恐怖が止まらなくなったりしました。
親にも言いました。
それは、去年の10月あたりにわかったことです。
ですが、これといってそれが解消されるわけでもありません。
こんなこと言ったら笑われてしまうかもしれませんが、私の体験している強迫障害のようなことを言います。
私の場合は、潔癖ではなく、強迫行為が凄いです。
まず、強迫行為がやめられません。
普通なら必要のない、無駄な行為などです。
シャンプーの出し方や、物事の決まった回数、行動に関して、ここに触れたらまた始めから。
など、どうでもいいことでもやめられません。
そして、スマートフォンで文字を打つときも、何か言葉を打つと、これを打ってツイートしたら悪いことが起きる。という考えが浮かんできて、言いたいことがツイートできません。
テレビや歌で、死についての言葉があると、それを見れなくなったりします。
筆箱を閉める際も、決まったようにしないと気が済みません。
というか、止めようとして、その行為をやめると恐怖が出てきて、不安になります。
やめたいのにやめられらない、こんなことしても変わらない、なのにやめられません。
詳しい方、同じ方、教えてください。

私は心配性です。
一般的な心配性は、小さなことでも心配してしまうことが多いと思うのですが、私の場合、大したことでなくても、普通なら気にならないことなどが心配になってしまいます。
ネットで調べたところ、強迫障害というものが出てきました。それは私にとても当てはまっています。
精神病院に行ったわけではないです。
一時期は、死についての恐怖が止まらなくなったりしました。
親にも言いました。
それは、去年の10月あたりにわかったことです。
ですが、これといってそれが解消されるわけでもありませ...続きを読む

Aベストアンサー

まずは専門家に相談なさって下さい。
いきなり病院なら抵抗感もおありでしょうから
下記の事を試されては如何でしょうか?

私が心療内科に通院するきっかけについてお話ししておきますので ご参考に!

お住まいの市区町村で 「無料心の相談」がないか調べてみて下さい。

役所に電話すれば 解ると思います。 まずはそこで相談してはどうですか?

予約制が多いので 少し待たなければならないですが 無料ですし 1時間程ゆっくり相談できます。

気軽に相談できますから 良いですよ。個人情報も守られますし アドバイスも貰えますよ。

相談相手は 精神科医か診療内科医です。もし 心的要因なら

相談したDRの印象が良ければ そのままそこを受診されても良いと思いますよ。

Q精神病の母を抱える父について

まずは背景をお話します。
わたしの母は去年の夏に急に精神に異常を来たし、入院しました。
精神の病には一概に病名を当てはめるのも難しいものがあると思いますが、母の場合は数ヶ月間まるで人形のように床にごろんと寝て、周りへの反応を殆ど示さないといった状況が続いていました。
投薬での治療をずっと行っていたのですが、まるで効果も示さないため担当医と話し合った結果電気ショック治療を行いました。(これについては賛否両論あるのは理解していますが、投薬では全く歯が立たないため、やむを得ず行った次第です)
6回行った結果、ようやく動きが出てきました。
話をしたり、自分で食事が(覚束ないながらも)できたり・・
要するにようやく人間らしい反応が出てきたというわけです。
けれど、やはりまだまだ誰かが常にそばにいないと安心できません。
記憶力もかなり悪いままです。
しかも電気ショック療法での効果は短い期間でうすれていく、という話しを聞いたことがあったのですが、何だか最近また反応が悪くなってきたような気もするのです。
ここからわたしの悩みなのですが、今はわたしと父の2人で母の面倒をみています。父は会社員ですので、普段はわたしが家事一切と病院通いをしています。
ところがわたしは今年の夏には結婚して海外に嫁ぐ予定なので、父が一手にしないといけなくなります。
父は簡単な掃除や洗濯くらいはできますが、料理が全くできません。
もしいつか母が退院できたとして、60過ぎた父がどうやって生活していくのか心配です。(母は恐らくもう治ったとしても、誰かに面倒を見てもらわないと生きていけないと思います)
特に食事は人間の基本的な要素だと思いますし・・・
みなさんの中で、そしてみなさんのご存知の方の中で、そういった状況の中でも「自分はこんな風にして乗り越えたよ」というお話しがあれはぜひお聞かせ下さい。

まずは背景をお話します。
わたしの母は去年の夏に急に精神に異常を来たし、入院しました。
精神の病には一概に病名を当てはめるのも難しいものがあると思いますが、母の場合は数ヶ月間まるで人形のように床にごろんと寝て、周りへの反応を殆ど示さないといった状況が続いていました。
投薬での治療をずっと行っていたのですが、まるで効果も示さないため担当医と話し合った結果電気ショック治療を行いました。(これについては賛否両論あるのは理解していますが、投薬では全く歯が立たないため、やむを得ず行...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

私もyokoppeさんと同じく精神病の母がいます。

母が精神的に病んだのは17年前です。当時私は小学校の低学年でした。
私の母も数ヶ月もの間、人形のように寝て過ごしていました。
その直前には自殺未遂も起こしています。

病院に通い、投薬や入院したりしていました。

今、yokoppeさんの周りに頼りになる人はいますか?

私達家族は本当に様々な人にお世話になりました。

「絶対抱え込まないで下さい!」

受けられる公的援助や個人援助は必ず受けるようにして下さい。
そうすればお父様一人でもお母様の面倒を見ることが出来ます。
 
私の父も簡単な掃除や洗濯くらいはできますが、料理が全くできませんし、
当時の私は何も出来ず、唯泣くばかりでした。

それでも今、母は病院には月1回通っていますが、家事も出来るようになり日常生活には支障はありません。

長期戦ですが、一進一退もしますが、必ず良くなると思います。
もう少ししたらお母様の精神的疲労の原因もわかってくると思いますし、そうすれば対策も練れますから。

「人に頼っても良いんだ。」
「いつか良くなる。」と思ってください。

その当時の私と父との合言葉は「いつかええことある。神さんも見たはる。」でした。

yokoppeさんの結婚、心からお祝い申し上げます。
yokoppeさんが安心できるよう、頼れる人を探してください。

こんばんは。

私もyokoppeさんと同じく精神病の母がいます。

母が精神的に病んだのは17年前です。当時私は小学校の低学年でした。
私の母も数ヶ月もの間、人形のように寝て過ごしていました。
その直前には自殺未遂も起こしています。

病院に通い、投薬や入院したりしていました。

今、yokoppeさんの周りに頼りになる人はいますか?

私達家族は本当に様々な人にお世話になりました。

「絶対抱え込まないで下さい!」

受けられる公的援助や個人援助は必ず受けるようにして下さい。
そうす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報