H26年4月よりCAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)が小臼歯(4番5番)に保険適応になった、
とのことですが・・
出来る歯科の方が少ないのだろうと思います。

ダイレクトクラウンというのも気になっています。

CAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)を使ってもらいたければ
出来る歯科を探してお願いするしかありませんよね。

詳しい方がいらっしゃいましたら最近の歯科事情を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

CAD/CAM冠に関しては、それを作成する歯科技工所の数の問題があります。


CAD/CAMの装置一式を有していなければいけないので、
どこの歯科技工所でも、対応できるわけではありません。

歯科医院側はこれまでに「ジャケット冠」というものを
健康保険でも自費でも作成したことがある歯科医院であれば、
形成(削ること)・印象(型を取ること)は可能です。
ただし厚生局という所に届出が必要になってきます。
なので、届出が済んでいて、対応可能な歯科医院はそこそこあるとは思います。

問題となる技工所側ですが、
歯科医院で取った印象をデジタルデータに変換して
コンピュータ上で冠を作成します。
この行程が「CAD」(Computer-Aided-Design)で、
その後ハイブリッドレジンを削りだす行程が「CAM」
(Computer-Aided Manufactureing)と呼ばれます。

こういった一連のシステムを合わせて「CAD/CAM」と呼ばれ、
下世話な話ですが、このシステム一式では
うん百万円はゆうに越えます。
こういった金額ですから、どこの歯科技工所でもおいそれと
手を出すわけにはいかないのが、現状です。

私が一番気になる点としては、次があります。
「CAD/CAM冠」はご存じの通り、ハイブリッドレジンのブロックを削りだして作成します。
つまり確かに歯冠色はしていますが、どこの部分をとっても同じ色です。
人間の歯は、均一な色ではなく、本来は先の方がより白く、
根元の方がやや黄色みを帯びています。
なのでCAD/CAM冠ではこれの再現が不可能なので、
なにか「単に白いだけ」という印象が残ってしまいます。

「ダイレクトクラウン」に関してはこの頃に出てきたシステムです。
即日にできるというメリットがありますが、
それ以外のメリットは私には感じられません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。

>厚生局という所に届出が必要になってきます。

とてもよく背景がわかり勉強になりました。

多大な設備投資がかかるのに、これを保険適用にしようとする厚生省の意図がわかりかねますが
金属の使用を減らして医療費削減?

悪くない材料であれば、患者の側にとっては保険で白い歯は朗報なのですが
教えて頂いた事情など伺うと
普及しないのかな、、という心配?もあります。

ダイレクトクラウンについてもありがとうございます。
即日、というのは超多忙な方にはいいのかもしれませんね。

お礼日時:2014/06/30 09:46

初めまして ,吉本歯科医院 吉本彰夫です.


医科では、普通の治療はほぼ保険で適応されます。
しかし、残念ながら歯科では、「普通の治療」ではなくあくまでも「最低限の治療」というレベルです。
http://www.8181118.com/director/2014/07/post-85. …

CAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)とダイレクトクラウンについてですが、所詮レジン。つまりプラスチックです。奥歯では女性でも100キロ、男性だと200キロもの咬む力がかかると報告されています。例えばほとんどの歯が健全な歯であって1本の歯だけ治療した場合、おそらく何の材料のものであっても大きな問題はおきにくいと考えられます。
タイヤが何十本もあるトラックのタイヤが1本だけスペアタイヤである場合のイメージをしてみてください。おそらく無理な運転をしない限り大丈夫と考えられます。
しかし、ほとんどの歯をプラスチックの被せで治療した場合には何が起こると想像できますか?タイヤが何十本もあるトラックのタイヤほとんどがスペアタイヤのイメージをしてみてください。おそらく次々にパンクして半数もパンクすれば一気に崩れるのが容易にイメージできるのではないでしょうか? 治療を受けられる患者さんご自身の残っている歯の状況であったり年齢や咬む力であったり好きな食べ物というのも材質を決める場合に考慮が必要かもしれません。
http://www.8181118.com/director/2009/12/post-19. …


吉本歯科医院
吉本 彰夫
〒761-0113 香川県 高松市 屋島西町1968-9 パワーシティ屋島西側
http://www.8181118.com/
    • good
    • 0

専門家紹介

香川県高松市にある歯科医院。四国ではかみ合わせ専門歯科医院の先駆け。インプラント治療に関しては世界3大メーカーのノーベルバイオケア社、スリーアイ社より、功績、実績をたたえトロフィーを授与。高度な医療を患者さんに提供するよう努めます。http://profile.ne.jp/pf/yoshimoto/

詳しくはこちら

専門家

#1、#3です。


「お礼」に対しての回答(解説)します。

> >小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

あまりやられていないのは事実です。
実は次のような(裏)事情があります。
技工所に技工料として例えばクラウン1本いくらと契約してあります。
この中で健康保険適用のものは数もでるであろうと考えのもと、
ディスカウント(技工所間の金額での争い)の結果、
安くなっています(数の理論です)。
その分自費の分の技工料は上乗せしていあります。
歯科医院側から見れば、健康保険は金額が決まっていますが、
自費については自由に設定が可能なので、
技工所の高い料金でもその分上乗せ可能なので、
技工所との関連もあり、技工代をのんでいます。

ところが、硬質レジン冠に関してはもともとあまり出ないこともあり、
技工所側は健康保険対応のものでも、自費と同等の請求をされます。
実質的には、歯科医院側の持ち出しに近い金額になります。
(私のところの実態です。)
技工所が悪いというわけではありませんが、
これも数の理論になってしまいます。

> 多大な設備投資がかかるのに、これを保険適用にしようとする厚生省の意図がわかりかねますが
> 金属の使用を減らして医療費削減?

噂は色々とあります。
ただし当然噂のイキですので、詳しくは書けません。
「金属の使用を減らして医療費削減」これはありえません。
健康保険対応のCAD/CAM冠は金属製クラウンよりも
金属を使用しなくても保険点数は高いです。
なので、医療費削減にはなりません。

> ダイレクトクラウンについてもありがとうございます。
> 即日、というのは超多忙な方にはいいのかもしれませんね。

実は、 CAD/CAM冠のシステムを以前から有している歯科医院があります。
数は多くはありませんが。
そこでは印象(型取り)をレーザースキャナで行い、
すぐにミリングを開始します。
なので、ほぼ30分でCAD/CAM冠ができます。
もちろん健康保険対応ではありません。
(ただし健康保険対応の材料とは違うものを元々使用していました)。
ただCAD/CAM冠のシステム全体で、金額を考えれば、
ほとんどの歯科医院では手を出せません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ここで質問させていただいてつくづくよかったと思う毎日です。
いろいろ質問サイトはありますが、
こちらでの回答が一番勉強になります。
本当にありがとうございます。

> >小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

>あまりやられていないのは事実です。

えええ~やっぱりやってないのですね?!という感じです。
HJKが「保険であることも」「あまりやられていないことも」最近知ったことですが、
背景を伺ってびっくりです。

>実質的には、歯科医院側の持ち出しに近い金額になります。

これを知ってしまうと、患者としても無理が言い難いですね。
保険はシステム上も、コスト的にもルールはひとつ、だと思っていたのですが
どうやらいろいろな事情があるようですね。
ただ、患者としては、保険診療であれば統一でお願いしたいところではあります。

たいていの患者さんはかかりつけの歯科で用意のある材料の範囲で選ばれると思いますが
保険の材料ではどうしてできないのか説明を求められても難しいものがありますね。
先生のご苦労も少しわかったような気がします・・。

お礼日時:2014/07/02 16:24

#1です。


#2さんの回答を見まして一部追加を。

CAD/CAM冠の作成可能な歯科技工所の数ですが。
エリアにより差があるのかもしれません。
私の所は、本年の3月中にお付き合いしている歯科技工所さんが
CAD/CAMについて、対応可能なので、
という話があり、さっそく届出は済ましてあります。
それ以外にもダイレクトメールで2軒の歯科技工所からの案内も届きました。

都内であればそこそこ実施しているような気はしますが、
(ちなみに私は都内ではありません。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地域性、、はもちろんあるような気がします。
都会は何でも先に展開されますよね。
(ちなみに私も都内ではなくむしろ田舎の方です)

>さっそく届出は済ましてあります。

ということは、これから使っていかれるご予定なのですね。
保険ですので、診療の対価としては厳しいものがあるかと思いますが
柔軟に対応下さる先生の歯科が羨ましいです。

>ダイレクトメールで2軒の歯科技工所からの案内も

これにはびっくりしました。
積極的に使おうと思っている先生であれば、宣伝にもなるということですね。

このサイトではいろいろと詳しい情報を伺えて勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/30 10:28

歯科の治療物は歯科医が治療し、カタを取って、技工所が作成します。


つまり実施する歯医者が居るかどうか?
やりたい歯医者が居てもやってくれる技工所がなければ出来ないわけです。
一部技工所で始めたという情報はあります。だから探せばやってくれる歯医者も居るかもしれません。
うちの技工所は手を出せないというのでうちはやらないことにしました。出す技工所がないので出来ないといいます。

キャドカムは装置が高価で点数や安すぎる。しかも使用する材料が限られすぎていて、販売会社の一人勝ち。だから採算に合わないということで手を出さない技工所が多いわけです。
そんな事考えるならもっと収入がある自費の削り出しジルコニアクラウンがあるということです。しかも強度が全く違う。
技工所がないのだから歯医者も出来ないと言うのが現状。それにジルコニアの魅力は歯医者も同じですから。

小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。
うちでも安価で入れられるので、従来の保険冠で十分だと思いますよ。
壊れやすい欠点はありますけど、カバー出来るのは歯医者の腕というところですね。絶対ではありませんが。

ダイレクトクラウンは多分3Mの奴の事でしょうね。2-3万で即日入れられることを謳っています。
デモね、今の若い歯医者ってほとんど実習していないんですよ。少なくとも60歳以上でないと。
自分でろくに作ったこともない人間が一度や二度の研修で作れると思いますか?
はっきり言って無理です。私が参加して研修でもいい加減でした。
なので従来どおり型を取り、次回セットのやり方でやる医院をお勧めします。
また自院に技工士を雇っているところではその日のうちに出来ますが、技工士が直接患者の口の中で治療する行為は禁止されています。つまり技工士がいても直接やるのは実に違法性が高い。やはり型を取るべきでしょうね。
せめて半日が限度だと思います。

60歳以上で自分で出来る歯医者も少ないですがいる事はいます。そういうヒト、或いはめったイイない若い歯医者でできる人を探すしかないですね。
でも上手いか下手かは判りません。虫歯になりやすいかどうかですから、何ヶ月か経たなければ判別できないんです。
なかなか難しいところですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>やりたい歯医者が居てもやってくれる技工所がなければ出来ないわけです。

先生にとっても信頼のおける技工所さんでなければ仕事を出されないのだと思いますので
その両輪が合う必要があるわけですね。

ジルコニアは本当に使ってみたいですが今のところ手が出ません。
歯は一生ものなので思い切りたいのですが・・。

>小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

実はこのことについて最近はじめて知りました。
以前のかかりつけで 5番の治療で
『銀歯(保険)or 白い歯が良いなら硬質レジン前装冠(自費)』
という2択しかなかったので、そんなものかと思っていました。

その先生の方針ではなかったのでしょうね。

今回いろいろ勉強させていただいたので、壊れやすい点などもわかった上で
レジン冠なども含めて相談したいと思います。

ダイレクトクラウンの詳細もありがとうございます。
なかなかこのような事情を伺えないので本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/30 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小臼歯の冠、お勧めと金額相場について

 上の歯の小臼歯(犬歯の2本奥)を削り神経を抜きました。
 土台と冠の素材選びで迷っています。
 すでに型をとっていて、後日電話でどの素材にするか回答して、その1週間以上後に次の予約を入れることになっています。
 
 健保適用内だと銀歯のみで1万円以内で済むと言われ、適用外の素材については見積書を頂きました。

●土台 
  白金加金コア(金) 15,000円
  ファイバーコア(白) 15,000円
  合金コア(銀)    6,000円
●冠
  セラミック(貴金属 多) 95,000円
  セラミック(貴金属 少) 80,000円

 銀歯にすると「い」の発音をした時や笑った時に見えてしまうのでできれば白い歯にしたいと考えているのですが、金額的に悩んでいます。

 ネットで調べていて健保適用内で臼歯の硬質レジン冠もあると知ったのですが、歯医者さんに電話したら「うちの提携技巧士さんの所は取り扱っていません。取り扱っている歯医者さん少ないと思います」とのこと。強度に問題があるからでしょうか?

 見積もり以外の素材でもっとお勧めのものがあったら教えて頂きたいです。
 希望としては、強度があってそれに見合った値段であること(なるべく安く抑えたいのも本音ですが)。 審美性についてはチラッと見える程度なので白い素材だったら何でもいいです。
 それとも、耐久性と金額を考慮すれば、見た目については妥協して銀歯を選択するべきなのでしょうか?

 東京都23区内ですが、上記の見積書の値段は相場と比べて、もしかしたら高いのではないかと思って、その点もご意見いただければなぁと思いまして投稿させていただきました。
 
 また、取り扱い素材以外を選びたい時、金額に納得いかない時は転院って可能なんでしょうか?
 型もとってしまっているので今さら転院したいというのは非常識でしょうか?

 ご意見頂きたくお願い申し上げます。

 上の歯の小臼歯(犬歯の2本奥)を削り神経を抜きました。
 土台と冠の素材選びで迷っています。
 すでに型をとっていて、後日電話でどの素材にするか回答して、その1週間以上後に次の予約を入れることになっています。
 
 健保適用内だと銀歯のみで1万円以内で済むと言われ、適用外の素材については見積書を頂きました。

●土台 
  白金加金コア(金) 15,000円
  ファイバーコア(白) 15,000円
  合金コア(銀)    6,000円
●冠
  セラミック(貴金属 多) 95,000円
  セ...続きを読む

Aベストアンサー

小臼歯に白い被せ物をする場合、具体的に次のような物があります。

○硬質レジンジャケット冠
唯一保険で出来る方法です。
全体が硬いプラスチックで出来ていますので自然に見えますが、強度は十分ではありません。
歯科医師が、噛み合せに耐えられると判断した場合のみ適応されます。
保険では2年間持つことが条件とされています。
積極的に取り扱う歯医者さんは少ないようです。

○メタルボンドポーセレン冠
金属のベースにセラミックを焼き付ける、最も一般的な方法です。
一部見えない部分に金属が出ることはありますが美しく自然な冠が出来ます。

○オールセラミッククラウン
全部が非常に強度の高いセラミックで出来たクラウンです。
優秀な術者が取り組めば、天然の歯と同様な最高に自然な冠ができます。

・セラミック素材は科学的にも安定で、変色も無い優れた材料ですが、やや硬すぎて対合する歯をすり減らしたり、脆くて欠けたりする事が有ります。

○ハイブリットレジン冠
プラスチックとセラミックの長所を生かすように新しく開発された材料です。
通常セラミックの物よりも安い値段が設定されています。

■コアの材料
・銀合金は変色の可能性や金属イオンの溶出の危険がないとはいえません。歯茎の色が黒ずんだりすることがあります。
・ファイバーコアは歯の根に似た弾力のある素材で、過大な力が加わったときにも破損する危険が少ないとされています。オールセラミックの時には特に適します。

■金額相場
すみません、都内のことは良く分かりませんが、安い方ではないと思います。
コアと込みで7万程度からでも有るようですが・・・


◎No.1様の言われることはきわめて重要です。
例えば治療内容や将来のメインテナンスの違いによって値段が違うのでしたら納得できるのですが、材料の違いだけで大きく値段が違うのは考え物です。
まるでブランド価値を売りつけられているような感じです。
自費の値段は、製作実費(材料費や歯科技工料)の差ではなく、付加価値の差によって決まってきます。。
その価値に十分納得していなければあまり価値のある買い物にはなりません。

色々な点で、今の歯科医院と折り合いがつかないのでしたら、転院も良いと思います。
今なら十分間に合います。

通常5万円程度からの値段が設定されているハイブリット冠等も選択肢に入れられてはいかがでしょうか?

長くなってごめんなさい。

小臼歯に白い被せ物をする場合、具体的に次のような物があります。

○硬質レジンジャケット冠
唯一保険で出来る方法です。
全体が硬いプラスチックで出来ていますので自然に見えますが、強度は十分ではありません。
歯科医師が、噛み合せに耐えられると判断した場合のみ適応されます。
保険では2年間持つことが条件とされています。
積極的に取り扱う歯医者さんは少ないようです。

○メタルボンドポーセレン冠
金属のベースにセラミックを焼き付ける、最も一般的な方法です。
一部見えない部分に金属...続きを読む

Q小臼歯の硬質レジン前装冠の料金について

質問があります。現在小臼歯に白い色の歯(というよりは外から見てどうにか白く見える歯)を入れる治療を考えております。しかし前歯にしか保険の適用がない事が調べて解ったので、セラミックなどで高額に至るよりは自費でも構わないのでやりたいと考えております。が、いろいろと調べていくうちに矛盾な点が出てきました。前歯に保険を適用して3割負担で治療を行った場合には約7,500円なのに、それを適用外の小臼歯に行った場合には5~6万になってしまうというのはどういう事なのでしょうか。3割負担を単に10割(全額)負担にしたら,25,000円になるという計算ではいけないのでしょうか。それとも「自費」になった時点で料金は歯科医が自由に設定するからなのでしょうか。
どなたか、小臼歯に自費で硬質レジン前装冠の治療を行った場合の料金の相場をご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 治療費の相場についての質問が多いですねえ…。お高い、とか疑問を感じる方がたくさんいるんですね、問題だなあ、これは。
 
 3割負担を10割にしたら…たしかのおっしゃる金額になりますよね。但し、それは前歯の保険点数ですので小臼歯に当てはめるのは不可能です。歯を削る時の形状もやや複雑になりますから技術料も上がりますし、金属の使用量も変わります。外注の技工士さんに作製してもらう場合、その技工料もあがりますので、若干割高になります。それでも差額がありすぎる、と思われるかも知れません。…そもそも硬質レジン前装冠が保険適用になったのは、平成4年からなのですが、そのときから料金設定が低めでした。(これは患者さんにとっては良い事ですね)それに加えて、12年たった今、お値段は上がるどころか、若干値下げに決められてしまいました。(医療費全体にいえる事です)という事でリーズナブルな価格で提供している前歯の前装冠を基準にされますと、ちょっとつらいです。ちなみに自費診療の金額は、各医院で自由に決めるようになっていますので、ご納得頂けない場合は医院を変えるのも有りだと思います。

 相場ですが、他の質問のときにも書いたのですが、都市部は高め、地方は低め、田舎はもっとお安いというのが一般的です。小臼歯の前装冠の場合、3~5万くらいが妥当でしょうか。でももっと高い医院もたくさんあります。それはそこの医院が「この値段に決めた」といって、患者さんが納得して成り立っているので、高いから悪い!ということではないんです。納得されるまで、希望の金額でやってくれる先生を捜してみては?電話で問い合わせて、普通に答えてくれる医院も多いと思いますよ。で、気に入った医院にいけば良いんですよ。つらいけど、患者さんが歯科医を選ぶ時代なんだから。

 ちなみに、私も歯科医師ですが、3万円です。地方ですので。決して品質は他の医院と比べても悪くない
と思いますが、このくらいじゃないと患者さんがやりたがらないんです。本数が多い場合、都内から新幹線でやってくる方もいます。それでも安いからって。
余談でした。

 

 治療費の相場についての質問が多いですねえ…。お高い、とか疑問を感じる方がたくさんいるんですね、問題だなあ、これは。
 
 3割負担を10割にしたら…たしかのおっしゃる金額になりますよね。但し、それは前歯の保険点数ですので小臼歯に当てはめるのは不可能です。歯を削る時の形状もやや複雑になりますから技術料も上がりますし、金属の使用量も変わります。外注の技工士さんに作製してもらう場合、その技工料もあがりますので、若干割高になります。それでも差額がありすぎる、と思われるかも知れませ...続きを読む

Q6才臼歯のその後・・・矯正歯科の治療について

7才の♂ですが6才臼歯(左下)が萌出ないことでかかりつけ歯科医より大きな病院で診察してもらうようすすめられました。
今日初診に行ってきました。

レントゲンをとってもらい、診察。
ドクターの話によると矯正歯科の内容になり、口腔外科の処置と矯正2本立ての治療になるとのこと。

金具のようなものをあつらえて、それを装着したのち15万(部分的な治療のため)、他に月々4000円と言われました。

放っておいても生えてくるかどうかわからないし、引っ張ってみてもきちんと出てくるかどうかはわからないです、とのこと。

このような歯が生えてこない場合も矯正歯科の内容として自費になるのでしょうか。

今日は治療をうけるべく、3箇所歯の隙間を作るためのゴムを挟んでもらい、次の予約を取ってきました。

矯正歯科の看板を掲げているもう少し近い病院を探して、電話で治療費のことなど聞いてみたいのですが、
電話では無理でしょうか。

同じような条件で矯正治療を続けておられる方の病院選び、今後注意した方がよいことなどアドバイスください。

Aベストアンサー

永久歯の先天性欠損が9本あり矯正治療中の小学生の母親です。
質問者さんとは少し違うと思いますが参考まで。

息子の場合はレントゲンを見て、永久歯の歯胚がない部分がありました。
歯胚がない部分には絶対に歯が生えてきません。

質問者さんのお子さんは歯杯は確認できたのでしょうか?
上の歯と下の歯の数が合わないと当然噛みあわせに影響が出ますから、多い方を抜いたり、歯を寄せたり・・・ということを矯正歯科ではやるはずです。

すでにゴムを入れたりしているということは治療を了承して始めているわけですよね。
自費の治療を説明なしで始めるとも思えませんので、もう一度確認をしてみてはいかがでしょう。

確か顎の骨をいじるほどの矯正だと保険適用の場合もあると聞いたことがあるような気がするのですが・・・
ごめんなさい。自信はないです。

ちなみに息子は残さなければならない乳歯とかろうじて生えた永久歯の歯の大きさが違うため
口の中が凸凹で、しかも失ってしまった乳歯もあるため隙間をなくす歯列矯正ををしています。もちろん自費です。
ちなみに家族全員診て貰っている近所の普通の歯科医院です。息子が普通歯科、お父さまが矯正専門医という医院で歩いて5分です。

診断のためのレントゲンに5万円。
治療費に40万円。
月々5千円。(ただし毎月あるとは限らない。順調な時は3,4ヶ月に一度ということもある)

矯正に関してはパノラマ?とかいう頭蓋骨ごと映るレントゲンを撮って診断するのですが、
これ自体保険が利かないみたいなので数万円かかります。
これを受けて初めて治療方針が決まり治療費もはっきり出ます。そしてこれを受けて「矯正をするか、しないか」を患者も決めます。
治療をしないことに決めても診断のための検査代はかかります。

息子の場合は歯の異常が9本と大きい問題だったので、治療はするつもりでしたが、やはり「どこが良いか」は悩んだので保健所に電話で相談しました。
たまたま保健所の当番の先生が歯科医で症例からベテランが良いという事で「有名な先生を紹介しようか?」とまで言ってくださったのですが
、一番通いやすいいつもの歯科医(ベテラン矯正専門医もいる)にそのままお願いしました。
矯正に関しては私も全く知識がなくおろおろしましたし
、先天性のものなので「どうにかならないのか?」と
泣きついた格好でしたが、保健所やネットの歯科医の相談掲示板でいろいろ話を聞いて冷静に判断でき私としては良かったと思います。

またセカンドオピニオンを利用するのも良い事だと保健所でも言われました。
最初の相談でいきなり自費なんてこともないと思うので、(詳しい診断は無理としても)今現在通われている病院での診断を話してみるのも手だと思います。

参考URLは矯正学会のものです。
認定医を調べられます。
http://www.jos.gr.jp/

↓歯の悩み掲示板
http://www.kenko119.com/

良い治療が受けられる病院が見つかると良いですね。

参考URL:http://www.jos.gr.jp/

永久歯の先天性欠損が9本あり矯正治療中の小学生の母親です。
質問者さんとは少し違うと思いますが参考まで。

息子の場合はレントゲンを見て、永久歯の歯胚がない部分がありました。
歯胚がない部分には絶対に歯が生えてきません。

質問者さんのお子さんは歯杯は確認できたのでしょうか?
上の歯と下の歯の数が合わないと当然噛みあわせに影響が出ますから、多い方を抜いたり、歯を寄せたり・・・ということを矯正歯科ではやるはずです。

すでにゴムを入れたりしているということは治療を了承して始...続きを読む

Qハイブリッドレジンは駄目 一般歯科は駄目?

本日歯のホワイトニングに審美歯科へ行き、色々と会話をしていて銀歯の事について話が及びました

そこで「○○さんは下の歯の奥歯に銀歯が3本ありますが、セラミックに変えた方が良いでしょう」

と言うので、「セラミックは高いんじゃないですか?普通の歯科で見てもらったらハイブリッドレジンでやるとセラミックの15分の1ぐらいで出来ますから、そちらの歯科でやってもらおうと思います」

というと「一般の歯科では駄目です、審美歯科は最先端の技術で、一般の歯科医でトラブルに合った方が多数居ますよ。セラミックの方が多少は高いですが、ハイブリッドレジンみたいに割れる可能性は限りなく低いですから、セラミックにした方が良いでしょう。それにハイブリッドレジンは少し見ただけで自然の歯じゃないとすぐにわかってしまいます」

とゆうような感じで、とにかく一般歯科は駄目でハイブリッドレジンは駄目と、言われ続けたのですが、親切で言ってくれたのか、単に自分の顧客にしたいのか、当方では判断がつきません。
ここのサイトの皆さんは色々とたくさん知っていますので、ハイブリッドレジンは駄目で一般歯科でそのような治療をやらない方が良いのでしょうか?
26万円もかかると言われて、かなり凹んでいます。。
教えて下さい、宜しくお願い致します。

本日歯のホワイトニングに審美歯科へ行き、色々と会話をしていて銀歯の事について話が及びました

そこで「○○さんは下の歯の奥歯に銀歯が3本ありますが、セラミックに変えた方が良いでしょう」

と言うので、「セラミックは高いんじゃないですか?普通の歯科で見てもらったらハイブリッドレジンでやるとセラミックの15分の1ぐらいで出来ますから、そちらの歯科でやってもらおうと思います」

というと「一般の歯科では駄目です、審美歯科は最先端の技術で、一般の歯科医でトラブルに合った方が多数居ま...続きを読む

Aベストアンサー

一般歯科と審美歯科(って勝手に思ってるところ)の
両方の歯を作ってる(た)者です。

私が担当してたのは一般歯科20件くらい、審美歯科3件くらいです。
作ってた物はオールセラミックと、金属のあるセラミックと、ついでに臼歯のハイブリッドインレーです。

技工士からみた感想を書きますね。

一般歯科も審美歯科もピンキリです。
先生によります。
審美歯科でもめちゃくちゃへたくそな先生もいるし、
一般歯科でもめちゃくちゃ上手い先生もいます。
「~歯科だから・・・」ということでランクはつけられません。
とある県で有名な先生とお仕事してますが、
今まで見てきた審美歯科の先生のお仕事なんて足元にも及ばないくらい すんごい上手い先生もいらっしゃいます。
某有名審美歯科の先生は数年ごとにころころ変わったり、
普通前歯の神経は歯の裏側から抜くのに
歯の前(めちゃくちゃ見えるところ)に大きな穴を空けて
神経を抜いたド素人もいました。
審美を名乗るだけあって それなりに上手い先生もいらっしゃいました。
トータル的にみたら、やはり一般の方が上手い先生が多くて 審美でトラブった人が大学病院に行くケースが多かったです。

最先端の技術といっても、歯の削り方を少々丁寧にするくらいで
治療内容は大差ありません。

臼歯のインレー(詰め物)の場合だったら、
ハイブリッドの方が割れにくいです。
見た目はセラミックの方がいい場合もあるかもしれませんが、予後を考えると殆どの専門家が金のインレー、ハイブリッドのインレーの順に勧めてくると思います。

クラウン(完全にかぶせてしまうもの)だったら、
ハイブリッドにするなら内側に金属を使用すれば
まず割れたりって事はないと思います。
クラウンに金属を使用しないでハイブリッドだけだったら、
やはりセラミックよりも割れる可能性は高くなるでしょうね。
臼歯なら、ぱっと見た感じ白ければ 天然の歯であるとか
ハイブリッドであるとかの区別はつきにくいと思います。

ということで、一般をお勧めしたいと思います。

一般歯科と審美歯科(って勝手に思ってるところ)の
両方の歯を作ってる(た)者です。

私が担当してたのは一般歯科20件くらい、審美歯科3件くらいです。
作ってた物はオールセラミックと、金属のあるセラミックと、ついでに臼歯のハイブリッドインレーです。

技工士からみた感想を書きますね。

一般歯科も審美歯科もピンキリです。
先生によります。
審美歯科でもめちゃくちゃへたくそな先生もいるし、
一般歯科でもめちゃくちゃ上手い先生もいます。
「~歯科だから・・・」ということでランクは...続きを読む

Q小臼歯のクラウンの素材で悩んでます・・

以前にもにたような質問が多数あったので、自分なりに読んで勉強しましたが、いざ自分が・・・となるとすごく悩んでいます。
まず、上の小臼歯(5番)の神経を取ってます。
そこに冠をかぶせるのですが、素材の選択肢がたくさんあります。
自分としては、
1,歯茎と歯の境目が黒っぽくなりたくない
2,長く大切にしたいので長い目で見て丈夫でよい素材、自然な白にしたい

このような希望があります。

歯科医師の話では、
○メタルボンドポーセレン冠
○ALLセラミック冠
○ハイブリッド冠(エステニアを使用。金属ベースとALLハイブリッドがある?)
この3つが妥当であり、あとは長所と短所がそれぞれあるとのこと。
丈夫なのはやはりMBであるということ、でした。。

丈夫ということでMBがいいなと思ったのですが、中が金属なので
歯茎の根元がのちに黒く変色することを恐れています。
自分としてはMBかハイブリッドセラミック冠で考えてますが、どちらが長い目で見ていいのでしょうか?
それとも思い切ってALLセラミックがいいのでしょうか・・???
また、MB・ハイブリッドの時のコアはGOLDとファイバーのどちらにするかも迷います。コア(土台ですか?)の素材というのはSETしても少し見えたりするのでしょうか?それとも冠との相性があるのでしょうか?

今度の予約はまだ先ですのでずっと歯の本とか読んで悩み続けています。
今後は、コアをSET→削る、冠の種類選び・型取り→一ヶ月くらい仮歯で歯茎を育てる→SET
こうなるそうです。
早く決めなくては・・と思い相談させていただきました。
よろしくお願いいたします。

以前にもにたような質問が多数あったので、自分なりに読んで勉強しましたが、いざ自分が・・・となるとすごく悩んでいます。
まず、上の小臼歯(5番)の神経を取ってます。
そこに冠をかぶせるのですが、素材の選択肢がたくさんあります。
自分としては、
1,歯茎と歯の境目が黒っぽくなりたくない
2,長く大切にしたいので長い目で見て丈夫でよい素材、自然な白にしたい

このような希望があります。

歯科医師の話では、
○メタルボンドポーセレン冠
○ALLセラミック冠
○ハイブリッド冠(エステ...続きを読む

Aベストアンサー

○歯茎との境目の黒っぽさ
この原因は主に2つあります。

・冠に由来する物

金属の裏装が有るメタルボンドの場合、冠の辺縁部に金属が僅かに露出する場合やセラミックが薄くて裏装金属の色が表面に反映してしまう場合があります。
辺縁部に金属を出さない技術(ポーセレンマージン)によって作られた物ならばその心配はありません。

ハイブリットには金属裏装がある場合と無い場合がありますが、それぞれにメタルボンドと同じことが言えます。

・コアに由来する物

金属のコアの場合その色が、歯茎部分に浮き出てしまうことがあります。
歯根を透過して見える場合や、オールセラミックやポーセレンマージンのメタルボンド冠の場合、セラミックを透過してしまう場合があり、この危険があります。

虫歯の状態や設計の不備があると将来歯茎が退縮した場合コアの一部が見えてしまうこともあります。
また、金属コアの場合、素材によっては金属イオンの流出などの影響で、歯肉そのものに着色してしまう場合があります。

歯根の弾力性と近似していて破損の危険も少ないとされる「ファイバーコア」の場合は色の心配は皆無です。

○素材の違い

メタルボンドとオールセラミックは同じセラミックでも少し違いがあります。オールセラミックのほうが丈夫なセラミックが使われます。
壊れやすさはほとんど同等ですが、歯に対する適合精度はメタルボンドが1歩優れています。

ハイブリットはプラスチックの非常に硬い添加剤を加えた様な素材で、プラスチックの柔軟性とセラミックの硬さを兼ね備えたような特徴があります。
自分の歯の固さにも比較的近く特にセラミックのように対合する歯をすり減らしてしまう危険は少ないです。
ただしあくまでベースはプラスチックですので、セラミックほどの安定性はありません。

○自然な白

セラミックは微妙な色や透明感、個性的な特徴などの再現が可能です。
ハイブリットは、微妙な色表現ではやや劣りますが、質感は本当に天然の歯そっくりです。

いずれの素材も変色はほとんどありません。自分の歯は微妙に色が変化していきますので、どれだけ上手く作っても将来、違った色に見えてしまうことはあります。

◎どの選択が良いか。

個人的な意見ですが・・・
ファイバーコア+オールセラミックが現在最も自然で長持ちする素材かと思います。
次にファイバーコア+メタルボンド(ポーセレンマージン)でしょうか。

いずれにしても優秀な術者(歯科医師や歯科技工士)が取り組まねば、結果は全く違ってきます。
本当に歯科の術者の技量の差は大きいです。
特に、高度な技術の場合その差は歴然です。

素材の選択よりも術者の選択のほうが結果の違いが大きい場合もあります。

○歯茎との境目の黒っぽさ
この原因は主に2つあります。

・冠に由来する物

金属の裏装が有るメタルボンドの場合、冠の辺縁部に金属が僅かに露出する場合やセラミックが薄くて裏装金属の色が表面に反映してしまう場合があります。
辺縁部に金属を出さない技術(ポーセレンマージン)によって作られた物ならばその心配はありません。

ハイブリットには金属裏装がある場合と無い場合がありますが、それぞれにメタルボンドと同じことが言えます。

・コアに由来する物

金属のコアの場合その色が、歯茎部...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報