アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

H26年4月よりCAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)が小臼歯(4番5番)に保険適応になった、
とのことですが・・
出来る歯科の方が少ないのだろうと思います。

ダイレクトクラウンというのも気になっています。

CAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)を使ってもらいたければ
出来る歯科を探してお願いするしかありませんよね。

詳しい方がいらっしゃいましたら最近の歯科事情を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

CAD/CAM冠に関しては、それを作成する歯科技工所の数の問題があります。


CAD/CAMの装置一式を有していなければいけないので、
どこの歯科技工所でも、対応できるわけではありません。

歯科医院側はこれまでに「ジャケット冠」というものを
健康保険でも自費でも作成したことがある歯科医院であれば、
形成(削ること)・印象(型を取ること)は可能です。
ただし厚生局という所に届出が必要になってきます。
なので、届出が済んでいて、対応可能な歯科医院はそこそこあるとは思います。

問題となる技工所側ですが、
歯科医院で取った印象をデジタルデータに変換して
コンピュータ上で冠を作成します。
この行程が「CAD」(Computer-Aided-Design)で、
その後ハイブリッドレジンを削りだす行程が「CAM」
(Computer-Aided Manufactureing)と呼ばれます。

こういった一連のシステムを合わせて「CAD/CAM」と呼ばれ、
下世話な話ですが、このシステム一式では
うん百万円はゆうに越えます。
こういった金額ですから、どこの歯科技工所でもおいそれと
手を出すわけにはいかないのが、現状です。

私が一番気になる点としては、次があります。
「CAD/CAM冠」はご存じの通り、ハイブリッドレジンのブロックを削りだして作成します。
つまり確かに歯冠色はしていますが、どこの部分をとっても同じ色です。
人間の歯は、均一な色ではなく、本来は先の方がより白く、
根元の方がやや黄色みを帯びています。
なのでCAD/CAM冠ではこれの再現が不可能なので、
なにか「単に白いだけ」という印象が残ってしまいます。

「ダイレクトクラウン」に関してはこの頃に出てきたシステムです。
即日にできるというメリットがありますが、
それ以外のメリットは私には感じられません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。

>厚生局という所に届出が必要になってきます。

とてもよく背景がわかり勉強になりました。

多大な設備投資がかかるのに、これを保険適用にしようとする厚生省の意図がわかりかねますが
金属の使用を減らして医療費削減?

悪くない材料であれば、患者の側にとっては保険で白い歯は朗報なのですが
教えて頂いた事情など伺うと
普及しないのかな、、という心配?もあります。

ダイレクトクラウンについてもありがとうございます。
即日、というのは超多忙な方にはいいのかもしれませんね。

お礼日時:2014/06/30 09:46

初めまして ,吉本歯科医院 吉本彰夫です.


医科では、普通の治療はほぼ保険で適応されます。
しかし、残念ながら歯科では、「普通の治療」ではなくあくまでも「最低限の治療」というレベルです。
http://www.8181118.com/director/2014/07/post-85. …

CAD/CAM冠(ハイブリッドレジン)とダイレクトクラウンについてですが、所詮レジン。つまりプラスチックです。奥歯では女性でも100キロ、男性だと200キロもの咬む力がかかると報告されています。例えばほとんどの歯が健全な歯であって1本の歯だけ治療した場合、おそらく何の材料のものであっても大きな問題はおきにくいと考えられます。
タイヤが何十本もあるトラックのタイヤが1本だけスペアタイヤである場合のイメージをしてみてください。おそらく無理な運転をしない限り大丈夫と考えられます。
しかし、ほとんどの歯をプラスチックの被せで治療した場合には何が起こると想像できますか?タイヤが何十本もあるトラックのタイヤほとんどがスペアタイヤのイメージをしてみてください。おそらく次々にパンクして半数もパンクすれば一気に崩れるのが容易にイメージできるのではないでしょうか? 治療を受けられる患者さんご自身の残っている歯の状況であったり年齢や咬む力であったり好きな食べ物というのも材質を決める場合に考慮が必要かもしれません。
http://www.8181118.com/director/2009/12/post-19. …


吉本歯科医院
吉本 彰夫
〒761-0113 香川県 高松市 屋島西町1968-9 パワーシティ屋島西側
http://www.8181118.com/
    • good
    • 0

専門家紹介

香川県高松市にある歯科医院。四国ではかみ合わせ専門歯科医院の先駆け。インプラント治療に関しては世界3大メーカーのノーベルバイオケア社、スリーアイ社より、功績、実績をたたえトロフィーを授与。高度な医療を患者さんに提供するよう努めます。http://profile.ne.jp/pf/yoshimoto/

詳しくはこちら

専門家

#1、#3です。


「お礼」に対しての回答(解説)します。

> >小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

あまりやられていないのは事実です。
実は次のような(裏)事情があります。
技工所に技工料として例えばクラウン1本いくらと契約してあります。
この中で健康保険適用のものは数もでるであろうと考えのもと、
ディスカウント(技工所間の金額での争い)の結果、
安くなっています(数の理論です)。
その分自費の分の技工料は上乗せしていあります。
歯科医院側から見れば、健康保険は金額が決まっていますが、
自費については自由に設定が可能なので、
技工所の高い料金でもその分上乗せ可能なので、
技工所との関連もあり、技工代をのんでいます。

ところが、硬質レジン冠に関してはもともとあまり出ないこともあり、
技工所側は健康保険対応のものでも、自費と同等の請求をされます。
実質的には、歯科医院側の持ち出しに近い金額になります。
(私のところの実態です。)
技工所が悪いというわけではありませんが、
これも数の理論になってしまいます。

> 多大な設備投資がかかるのに、これを保険適用にしようとする厚生省の意図がわかりかねますが
> 金属の使用を減らして医療費削減?

噂は色々とあります。
ただし当然噂のイキですので、詳しくは書けません。
「金属の使用を減らして医療費削減」これはありえません。
健康保険対応のCAD/CAM冠は金属製クラウンよりも
金属を使用しなくても保険点数は高いです。
なので、医療費削減にはなりません。

> ダイレクトクラウンについてもありがとうございます。
> 即日、というのは超多忙な方にはいいのかもしれませんね。

実は、 CAD/CAM冠のシステムを以前から有している歯科医院があります。
数は多くはありませんが。
そこでは印象(型取り)をレーザースキャナで行い、
すぐにミリングを開始します。
なので、ほぼ30分でCAD/CAM冠ができます。
もちろん健康保険対応ではありません。
(ただし健康保険対応の材料とは違うものを元々使用していました)。
ただCAD/CAM冠のシステム全体で、金額を考えれば、
ほとんどの歯科医院では手を出せません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ここで質問させていただいてつくづくよかったと思う毎日です。
いろいろ質問サイトはありますが、
こちらでの回答が一番勉強になります。
本当にありがとうございます。

> >小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

>あまりやられていないのは事実です。

えええ~やっぱりやってないのですね?!という感じです。
HJKが「保険であることも」「あまりやられていないことも」最近知ったことですが、
背景を伺ってびっくりです。

>実質的には、歯科医院側の持ち出しに近い金額になります。

これを知ってしまうと、患者としても無理が言い難いですね。
保険はシステム上も、コスト的にもルールはひとつ、だと思っていたのですが
どうやらいろいろな事情があるようですね。
ただ、患者としては、保険診療であれば統一でお願いしたいところではあります。

たいていの患者さんはかかりつけの歯科で用意のある材料の範囲で選ばれると思いますが
保険の材料ではどうしてできないのか説明を求められても難しいものがありますね。
先生のご苦労も少しわかったような気がします・・。

お礼日時:2014/07/02 16:24

#1です。


#2さんの回答を見まして一部追加を。

CAD/CAM冠の作成可能な歯科技工所の数ですが。
エリアにより差があるのかもしれません。
私の所は、本年の3月中にお付き合いしている歯科技工所さんが
CAD/CAMについて、対応可能なので、
という話があり、さっそく届出は済ましてあります。
それ以外にもダイレクトメールで2軒の歯科技工所からの案内も届きました。

都内であればそこそこ実施しているような気はしますが、
(ちなみに私は都内ではありません。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

地域性、、はもちろんあるような気がします。
都会は何でも先に展開されますよね。
(ちなみに私も都内ではなくむしろ田舎の方です)

>さっそく届出は済ましてあります。

ということは、これから使っていかれるご予定なのですね。
保険ですので、診療の対価としては厳しいものがあるかと思いますが
柔軟に対応下さる先生の歯科が羨ましいです。

>ダイレクトメールで2軒の歯科技工所からの案内も

これにはびっくりしました。
積極的に使おうと思っている先生であれば、宣伝にもなるということですね。

このサイトではいろいろと詳しい情報を伺えて勉強になります。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/30 10:28

歯科の治療物は歯科医が治療し、カタを取って、技工所が作成します。


つまり実施する歯医者が居るかどうか?
やりたい歯医者が居てもやってくれる技工所がなければ出来ないわけです。
一部技工所で始めたという情報はあります。だから探せばやってくれる歯医者も居るかもしれません。
うちの技工所は手を出せないというのでうちはやらないことにしました。出す技工所がないので出来ないといいます。

キャドカムは装置が高価で点数や安すぎる。しかも使用する材料が限られすぎていて、販売会社の一人勝ち。だから採算に合わないということで手を出さない技工所が多いわけです。
そんな事考えるならもっと収入がある自費の削り出しジルコニアクラウンがあるということです。しかも強度が全く違う。
技工所がないのだから歯医者も出来ないと言うのが現状。それにジルコニアの魅力は歯医者も同じですから。

小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。
うちでも安価で入れられるので、従来の保険冠で十分だと思いますよ。
壊れやすい欠点はありますけど、カバー出来るのは歯医者の腕というところですね。絶対ではありませんが。

ダイレクトクラウンは多分3Mの奴の事でしょうね。2-3万で即日入れられることを謳っています。
デモね、今の若い歯医者ってほとんど実習していないんですよ。少なくとも60歳以上でないと。
自分でろくに作ったこともない人間が一度や二度の研修で作れると思いますか?
はっきり言って無理です。私が参加して研修でもいい加減でした。
なので従来どおり型を取り、次回セットのやり方でやる医院をお勧めします。
また自院に技工士を雇っているところではその日のうちに出来ますが、技工士が直接患者の口の中で治療する行為は禁止されています。つまり技工士がいても直接やるのは実に違法性が高い。やはり型を取るべきでしょうね。
せめて半日が限度だと思います。

60歳以上で自分で出来る歯医者も少ないですがいる事はいます。そういうヒト、或いはめったイイない若い歯医者でできる人を探すしかないですね。
でも上手いか下手かは判りません。虫歯になりやすいかどうかですから、何ヶ月か経たなければ判別できないんです。
なかなか難しいところですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>やりたい歯医者が居てもやってくれる技工所がなければ出来ないわけです。

先生にとっても信頼のおける技工所さんでなければ仕事を出されないのだと思いますので
その両輪が合う必要があるわけですね。

ジルコニアは本当に使ってみたいですが今のところ手が出ません。
歯は一生ものなので思い切りたいのですが・・。

>小臼歯までなら現状でも保険で硬質レジン冠が入れられます。

実はこのことについて最近はじめて知りました。
以前のかかりつけで 5番の治療で
『銀歯(保険)or 白い歯が良いなら硬質レジン前装冠(自費)』
という2択しかなかったので、そんなものかと思っていました。

その先生の方針ではなかったのでしょうね。

今回いろいろ勉強させていただいたので、壊れやすい点などもわかった上で
レジン冠なども含めて相談したいと思います。

ダイレクトクラウンの詳細もありがとうございます。
なかなかこのような事情を伺えないので本当に勉強になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/06/30 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ジャケットクラウン<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

     ジャケットクラウンとは、ポーセレン(セラミックス)やレジン(プラスティック)によりつくられた、歯の色をした冠のことです。歯の色調や形態の再現性がよいのが特徴です。  ポーセレンジャケットクラウンの最大の利点は、天然歯に最も近い審美性があることです。金属をまったく使用しないため、自然な透明感を得ることができます。しかし素材的に衝撃に弱く、外力により金属よりも破損しやすいという欠点もあります。大き...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハイブリッドレジンは駄目 一般歯科は駄目?

本日歯のホワイトニングに審美歯科へ行き、色々と会話をしていて銀歯の事について話が及びました

そこで「○○さんは下の歯の奥歯に銀歯が3本ありますが、セラミックに変えた方が良いでしょう」

と言うので、「セラミックは高いんじゃないですか?普通の歯科で見てもらったらハイブリッドレジンでやるとセラミックの15分の1ぐらいで出来ますから、そちらの歯科でやってもらおうと思います」

というと「一般の歯科では駄目です、審美歯科は最先端の技術で、一般の歯科医でトラブルに合った方が多数居ますよ。セラミックの方が多少は高いですが、ハイブリッドレジンみたいに割れる可能性は限りなく低いですから、セラミックにした方が良いでしょう。それにハイブリッドレジンは少し見ただけで自然の歯じゃないとすぐにわかってしまいます」

とゆうような感じで、とにかく一般歯科は駄目でハイブリッドレジンは駄目と、言われ続けたのですが、親切で言ってくれたのか、単に自分の顧客にしたいのか、当方では判断がつきません。
ここのサイトの皆さんは色々とたくさん知っていますので、ハイブリッドレジンは駄目で一般歯科でそのような治療をやらない方が良いのでしょうか?
26万円もかかると言われて、かなり凹んでいます。。
教えて下さい、宜しくお願い致します。

本日歯のホワイトニングに審美歯科へ行き、色々と会話をしていて銀歯の事について話が及びました

そこで「○○さんは下の歯の奥歯に銀歯が3本ありますが、セラミックに変えた方が良いでしょう」

と言うので、「セラミックは高いんじゃないですか?普通の歯科で見てもらったらハイブリッドレジンでやるとセラミックの15分の1ぐらいで出来ますから、そちらの歯科でやってもらおうと思います」

というと「一般の歯科では駄目です、審美歯科は最先端の技術で、一般の歯科医でトラブルに合った方が多数居ま...続きを読む

Aベストアンサー

一般歯科と審美歯科(って勝手に思ってるところ)の
両方の歯を作ってる(た)者です。

私が担当してたのは一般歯科20件くらい、審美歯科3件くらいです。
作ってた物はオールセラミックと、金属のあるセラミックと、ついでに臼歯のハイブリッドインレーです。

技工士からみた感想を書きますね。

一般歯科も審美歯科もピンキリです。
先生によります。
審美歯科でもめちゃくちゃへたくそな先生もいるし、
一般歯科でもめちゃくちゃ上手い先生もいます。
「~歯科だから・・・」ということでランクはつけられません。
とある県で有名な先生とお仕事してますが、
今まで見てきた審美歯科の先生のお仕事なんて足元にも及ばないくらい すんごい上手い先生もいらっしゃいます。
某有名審美歯科の先生は数年ごとにころころ変わったり、
普通前歯の神経は歯の裏側から抜くのに
歯の前(めちゃくちゃ見えるところ)に大きな穴を空けて
神経を抜いたド素人もいました。
審美を名乗るだけあって それなりに上手い先生もいらっしゃいました。
トータル的にみたら、やはり一般の方が上手い先生が多くて 審美でトラブった人が大学病院に行くケースが多かったです。

最先端の技術といっても、歯の削り方を少々丁寧にするくらいで
治療内容は大差ありません。

臼歯のインレー(詰め物)の場合だったら、
ハイブリッドの方が割れにくいです。
見た目はセラミックの方がいい場合もあるかもしれませんが、予後を考えると殆どの専門家が金のインレー、ハイブリッドのインレーの順に勧めてくると思います。

クラウン(完全にかぶせてしまうもの)だったら、
ハイブリッドにするなら内側に金属を使用すれば
まず割れたりって事はないと思います。
クラウンに金属を使用しないでハイブリッドだけだったら、
やはりセラミックよりも割れる可能性は高くなるでしょうね。
臼歯なら、ぱっと見た感じ白ければ 天然の歯であるとか
ハイブリッドであるとかの区別はつきにくいと思います。

ということで、一般をお勧めしたいと思います。

一般歯科と審美歯科(って勝手に思ってるところ)の
両方の歯を作ってる(た)者です。

私が担当してたのは一般歯科20件くらい、審美歯科3件くらいです。
作ってた物はオールセラミックと、金属のあるセラミックと、ついでに臼歯のハイブリッドインレーです。

技工士からみた感想を書きますね。

一般歯科も審美歯科もピンキリです。
先生によります。
審美歯科でもめちゃくちゃへたくそな先生もいるし、
一般歯科でもめちゃくちゃ上手い先生もいます。
「~歯科だから・・・」ということでランクは...続きを読む

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Qハイブリットセラミックにするべき?

虫歯になりハイブリットセラミックのかぶせ物を進められました。
1本31500円~で3か4本治療します。
余りに高額なので迷っています。
本当にハイブリットセラミックが最良ならそれにしようかと思いますが、他に代用がきいたり、他にいいものがあったりするのでしょうか。
初めてで困っています。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.2.5です。

詰め物でしたら、削った大きさによっては保険でも治療が可能です。
削った範囲が大きな場合は、強度の問題で、最悪の場合自分の歯諸共壊れてしまう事もあり、その判断が難しいところです。
何れにしても、もう一度先生に「どうしても保険で白い物を詰めてもらう事が出来ないのか」を良く相談された方が良いと思います。

歯科の自費の治療費は、実際に掛かる経費等による物ではなく、むしろ付加価値に対する支払いの様な物です。
ブランド品や化粧品のそれにも似ています。
その治療を選択する価値を十分に納得していないと、大変高い支払いを強要される事になります。

削り方ですが、厳密には詰め物の場合も違います。
彫り込んだ部分と歯との境目の形が違います。
面取りが有るか無いかの違い(ハイブリットやセラミックの場合面取りが無い)ですが、経験の無い人が見て判断するのは少し難しいと思います。
ハイブリット用の削り方で金属を入れる事は可能ですが、その逆は難しい場合があります。
尚、詰め物の場合、仮に自費の白い物を選ぶとすると、セラミックよりもハイブリットの方が良好な結果になる事が多い様です。
どうしてもセラミックは脆く割れるトラブルがあります。

値段はそれ程高い設定ではないと思います。

少しでも疑問や不安がおありでしたら、是非もう一度歯医者さんに相談して下さい。
今の段階でしたらまだ間に合うと思います。
十分に検討して下さい。

No.2.5です。

詰め物でしたら、削った大きさによっては保険でも治療が可能です。
削った範囲が大きな場合は、強度の問題で、最悪の場合自分の歯諸共壊れてしまう事もあり、その判断が難しいところです。
何れにしても、もう一度先生に「どうしても保険で白い物を詰めてもらう事が出来ないのか」を良く相談された方が良いと思います。

歯科の自費の治療費は、実際に掛かる経費等による物ではなく、むしろ付加価値に対する支払いの様な物です。
ブランド品や化粧品のそれにも似ています。
その治療を選択...続きを読む

Q銀歯を、保険適用の白い歯(レジン?)にすることは可能ですか?

現在虫歯の治療中です。奥歯の銀色の歯が、笑うと目立ち相手に見えてしまうのが前から気になっていたので、白い歯にしたいと考えていました。自費診療では数十万円かかり、高額すぎて白い歯にはしたいのですが、悩んでいました。

ここのサイトで同じ悩みを持つ人を探してみたところ、「レジン」というプラスティックの素材が保険適用で白い歯に仕上げられるという情報を得られたのですが、「保険適用で白い充填物(レジン?)を奥歯に詰める」というのは本当にできるのでしょうか??

もし何か知ってらっしゃる方いらっしゃったら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には犬歯の後ろの2本(小臼歯)までは白く出来るということになっています。
しかし、この二本は前歯とは異なり、レジン冠というプラスチック単体の冠です。
単体なので非常に割れ易い素材です。
数年前までは、地域によってはレジン冠が可能でした。
しかし現在では、点数票に乗っているだけで、実質は出来ません。
医療点数の請求には、国で決めた約束の他に、全国の支払い側(地方の基金や自治体など)が決めた「解釈」と言う約束があります。
壊れやすく耐久性の無いものであるという判断から、次第に制限されていき、現在では名目上の点数になっているのです。

従って、現在では、通常の状態で犬歯より後ろの臼歯(奥歯)では、保険で白い冠は出来ません。
(例え出来ても、条件は<噛み合わせに関係しない場合>など、およそ治療とは言えないケースだけです)

自費は各医院で設定します。相場や統一価格は独占禁止法に抵触するからです。とはいっても、競争に負けては潰れますから、自然に周囲の価格に合わせていくのが自然な流れでしょう。
実際に修復物を作る技工所の料金も同じで、材料の選択や保障などにも違いがあり、費用にはかなりの差があります。
あまりにも安価な医院では規定外の材料を使ったり、ワンランク下の材料を偽って入れたりしている所もあるので、安いから適性とか得とか言う考えは危険です。
できれば3~4軒に聞いて、その地域の大体の相場を見つけて判断しましょう。
医院の規模にもよりますが、同じ位の規模で、あまり安価なのはかえって危ないと思っていいです。(例えばスタッフが院長と奥さんだけみたいな小さな医院では、価格を下げるか、品質をあげる、保障を広げるといった事も可能ではあります。)

基本的には犬歯の後ろの2本(小臼歯)までは白く出来るということになっています。
しかし、この二本は前歯とは異なり、レジン冠というプラスチック単体の冠です。
単体なので非常に割れ易い素材です。
数年前までは、地域によってはレジン冠が可能でした。
しかし現在では、点数票に乗っているだけで、実質は出来ません。
医療点数の請求には、国で決めた約束の他に、全国の支払い側(地方の基金や自治体など)が決めた「解釈」と言う約束があります。
壊れやすく耐久性の無いものであるという判断から、...続きを読む

Q2年以内に治療した保険適用内の白い被せものについて

1年8ヶ月前に保険適用内のプラスチックのかぶせ物をしました。

先日、かぶせ物が壊れてしまったため、同じ歯医者に行ったところ
2年以内のため、前回と同様の保険適用内の白いプラスチックの被せ物はできないとのこと。
保険適用外の¥35000のセラミックの被せ物を薦められました。

悩んでいたところ、先生からは
とりあえず1週間考えることを勧められ、次の予約は一週間後です。

(1)他の歯医者であれば保険適用で白い被せ物はできますか?
(2)セラミックと保険適用内のプラスチックであれば、やはりセラミックの方がメリットが多いのでしょうか?
(3)もし断って他の歯医者へ行く場合、カドの立たない上手い断り方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

2年以内だから保険は出来ない・・は嘘です。そういう嘘をつく歯医者が多すぎて困ります。
2年間は医院の持ち出して作らねばならないというのが維持管理料の規則であり、保険でできないのではありません。
そういう嘘つきはドンドン通報しましょう。(というかこんないい加減な規則を受け入れた歯科医師会の気が知れません。どうせ「自費でやればいいよ」くらいに思っているんです。だから私は政連を辞めました。歯科医師会は積立金があるので思案中ですが辞めるかもしれません)

維持管理用は選択事項ですが、コレを選択しないと診療不能に陥るほど不利なのでほとんどが選択しているはずだし。2年経たないから保険は出来ないといっている以上は選択しているはずです。
そんな歯医者に正論を述べて保険で作らせたってまともなものは作らないでしょうから他の歯医者に行ったほうがいいです。

1)現在のところ冠(クラウン)やブリッジは他院であれば通常通り治療可能です。
  ちなみに義歯は半年間はどこに行っても保険の作り直しはできません)

2)基本的にはメリットもデメリットもあります。どちらがいいという事は難しいです。
色に関してはメーカーも当然儲けの多い自費用に力を入れているので色の種類が多いです。細かい再現性を考えると自費の方が有利でしょうが、平均的な歯であれば同じです。
強度に関しては自費は硬くもろい、保険用は柔らかく粘るというところ。実際問題自費だって保険だって割れる時に割れるだけです。
しかし多くの歯医者は自費に誘導したいので、保険ではいい加減なものを造ります。わざと差をつけて自費にさせる訳です。
やたらと自費を勧める歯医者や保険の欠点ばかりを言う歯医者は危ないと思ったほうがいい。実際に保険を入れている患者さんを見るのが一番でしょう。

3)嘘つき歯医者(はっきり言って犯罪者)に角を立てないという配慮が要るのかと思ってしまいますけど。だまって変わるのが一番ですよ。何言ったって面白くないはずですから。むしろ黙って変わる方が歯医者としては気楽です。、まぁ、せいぜい「風邪引いたので治ったら連絡します」くらいで十分でしょう。嘘も方便。

2年以内だから保険は出来ない・・は嘘です。そういう嘘をつく歯医者が多すぎて困ります。
2年間は医院の持ち出して作らねばならないというのが維持管理料の規則であり、保険でできないのではありません。
そういう嘘つきはドンドン通報しましょう。(というかこんないい加減な規則を受け入れた歯科医師会の気が知れません。どうせ「自費でやればいいよ」くらいに思っているんです。だから私は政連を辞めました。歯科医師会は積立金があるので思案中ですが辞めるかもしれません)

維持管理用は選択事項ですが、...続きを読む

Q前歯4本を差し歯にしたら保険は使えますか?また値段はいくらぐらいですか?

今日、歯医者さんで差し歯の説明をうけてきました。
初診のときに保険適用内と書いたはずなのに、セラミックの差し歯の説明しかされなくて困惑してます;_;
1本5万と8万です。前歯4本を差し歯にしなければいけず、学生の私にはとても払えません。
同時に何人も治療している歯医者さんなので治療後、質問する時間がありませんでした。保険適用内ではできないのでしょうか?できたとしたら1本いくらくらいでしょうか?
教えてください>_<

Aベストアンサー

前歯の保険でのクラウンは硬質レンジ前装冠というものがあります。
確か前歯1~3(4かも)番まで対応可能だったと思います。
これは保険の銀歯の表面にレンジ(樹脂)をコーティングしたものです。
価格は5000~7000円ぐらいです。

ただし色調整が出来ない、数年で変色し始める、歯茎が金属イオンの
溶け出しによって着色するなどなど欠点も多いのが現状です。

Q銀歯の下の虫歯ははずさないとわかりませんか?

最近、右下の歯が時々痛みます。

そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります)
銀が詰めてあります。

気になったので歯医者で見てもらいましたが
レントゲンでは異常なく、
「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と
言われました。
私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、
「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので
神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。

もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は
削らないといけないのでしょうか?
そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが
痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。

どなたか詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。

しかし、除去時にまったく歯に触れないでいいかといえば“絶対”とはいえませんし、その後、古いセメントの除去や形の修正で歯をまったく削らないでイイとは言い切れません。つまり「やってみないと判らない」のです。
それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。

もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。
逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。

でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。
虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。
もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。
そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない...続きを読む

Q保険がきく奥歯は銀歯しかないのでしょうか?

12年ぐらい前に上の前歯6本を差し歯にしました。
それから4・5年経過後、6本とも新しい差し歯に替えました。
費用は全部で3,4万程度だったような気がします。(同じ歯医者さん)
保険が適用になったのでかなり安いと思います。

そして、現在虫歯で治療をしていて差し歯を替える事にしました。(違う歯医者さん)
その費用なのですが、私はてっきり以前と同じ全部保険が適用になると思っていたのですが…
中心から左右に3本ずつが前歯で、そこから奥は奥歯になるので銀歯になると言うのです。
私の場合、前歯6本と言っても(私の解釈だったのですが)中心から左に2本+中心から右に4本なのです。
従って前歯は5本、奥歯が1本なんだそうです。
5本は保険適用で大丈夫なのですが、奥歯(と言ってもバッチリ見えるところ)1本が銀歯では格好が悪いので、
保険がきかない歯、大体3万円ぐらいなんだそうですが、そうせざるをえないのかなぁという風に思っています。

現在通院している歯医者さんの対応はとても良いです。
治療も時間はかかりますが、とても丁寧だと感じています。
ただ、以前のときには保険がきいて現在きかないという事はあるのでしょうか?
年数も経っていますから、法律のようなものが変わったのでしょうか?
歯医者さんがかわればこのような事もあるのでしょうか?

セラミックの歯にしたからと言って長くもつという訳でもないようですし…
詳しい方がいらっしゃったら是非、教えていただきたいです。

12年ぐらい前に上の前歯6本を差し歯にしました。
それから4・5年経過後、6本とも新しい差し歯に替えました。
費用は全部で3,4万程度だったような気がします。(同じ歯医者さん)
保険が適用になったのでかなり安いと思います。

そして、現在虫歯で治療をしていて差し歯を替える事にしました。(違う歯医者さん)
その費用なのですが、私はてっきり以前と同じ全部保険が適用になると思っていたのですが…
中心から左右に3本ずつが前歯で、そこから奥は奥歯になるので銀歯になると言うのです。
私の場合、前...続きを読む

Aベストアンサー

現行の保険では左右の犬歯(糸切り歯)までの左右6本は金属の裏打ちの白い歯に出来ます。
全面プラスチックの歯もありますが、壊れやすくお勧めできません。
犬歯の後ろが臼歯(きゅうし)と呼ばれる奥歯になります。
奥歯は通常4本、親不知を含めて5本です。手前の比較的小さな2本が小臼歯、奥の2本と親不知を大臼歯といいます。
保険上は犬歯の後ろの小臼歯まで白い歯が設定されていますが、実際上は多くの条件が付けられていて、白い材料で作る事を認めて貰えません。
(ごく一部の地域で認められているかもしれませんが、詳しくは県の保険課や歯科医師会に問い合わせてください)
従って奥歯は金属しか出来ないと理解した方が正しいでしょう。

セラミックなら壊れないとか保険はもたないなどと吹聴する歯医者が多い中、セラミックでも壊れると説明されるのは正直な歯医者だと思います。
治療した歯を長持ちさせるのは、あくまで患者さんの手入れと定期健診次第。金属やセラミック冠に寿命などありません。(プラスチックは劣化します。)
ただし、天然の歯でも折れたり磨り減ったりはしますから、そのような変化は仕方ない事です。
逆に硬すぎる材料では周囲の天然歯が削れてしまい、良くありません。

保険の条件は2年ごとに大きく見直され、そのほかにも毎月のように変更があります。
保険の範囲はどんどん縮小されており、歯科の医療費は全体の9%を切ろうとしています。
私も数年前までは「保険で充分な治療が出来る」とお答えしていましたが、現在ではとても言えません。
もはや保険では「噛めるだけマシ」な時代に入ってしまいました。
現状では「混合診療の禁止」によって保険か自費の二者択一しかありません。
自費で3万はかなり安価だと思います。

現行の保険では左右の犬歯(糸切り歯)までの左右6本は金属の裏打ちの白い歯に出来ます。
全面プラスチックの歯もありますが、壊れやすくお勧めできません。
犬歯の後ろが臼歯(きゅうし)と呼ばれる奥歯になります。
奥歯は通常4本、親不知を含めて5本です。手前の比較的小さな2本が小臼歯、奥の2本と親不知を大臼歯といいます。
保険上は犬歯の後ろの小臼歯まで白い歯が設定されていますが、実際上は多くの条件が付けられていて、白い材料で作る事を認めて貰えません。
(ごく一部の地域で認められて...続きを読む

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Q虫歯の治療の途中で違う歯医者へ行くこと

タイトルどおりです。
たくさんの虫歯がみつかり、それらの治療で通っている歯医者が、お世辞にも良い歯医者とはいえません。ほとんどの作業をギャルのような女の子の助手がおこなうし、(乱暴、茶髪で清潔感がない。ある人はタトゥーがしてあった。←偏見ではなく、歯医者という空間の中ではあまりにも患者に対する親身さが見つからないと言う意味です。)自由診療費はバカ高いし、、、。そこで、インターネットで調べて、患者さんが勧めるほかの歯医者に行ってみようと思うのです。
けれど、いまの歯の状態は、神経を抜いてこれからクラウンをかぶせるために型をとる予定で、ただ土台がはまっている段階なんです。この状態でべつの歯医者さんに行ったら、やっぱり困らせてしまうでしょうか?ひととおり治療をおわらせてから、別の虫歯を診てもらったほうが良いでしょうか?
どなたかアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

経験者です。

私は例え歯医者さんの手がにんにく臭かろうが
助手に「これでいいと思う?」と聞いていようが
治療中に「あ・・・やっちゃった・・・」と言う呟きが聞こえてこようが、ここにかかったんだから、と、半年余りの長きに渡り、「バカ高い」治療費を払い続け転院せずに我慢しました。

なぜ転院しなかったかというと、
またレントゲンと撮ったり、型をとったり、お金が倍、かかってしまうと思ったからです。

そして3年たって今、
当時かぶせた歯が取れたのをきっかけに
治療したはずの歯が痛み始め、別の歯医者さんに通いはじめました。
私の歯を見た、今のお医者さんは「同じ歯科医として恥ずかしい治療」「治療したところが皆 虫歯になってる」「神経抜いたところに薬が根っこまでつまってない」などなど・・・
そして、やっぱりレントゲンの撮り直し。
かぶせた歯もやりなおし、
何もかもやりなおし・・・
結局 お金は更に余計に・・・そう、倍の倍、かかったのでした。

こんなことなら おかしい、変だ、と思った3年前に、妙な義理立てをせずに、レントゲン代、初診料をけちらずにさっさと転院しとけば良かった。
当時さっさと見切りをつけて転院してたら、
この余分なお金は払わずに済んだのです。


乱暴、茶髪で清潔感がない助手さんをよしとしている歯科医、
私はごめんです。

経験者です。

私は例え歯医者さんの手がにんにく臭かろうが
助手に「これでいいと思う?」と聞いていようが
治療中に「あ・・・やっちゃった・・・」と言う呟きが聞こえてこようが、ここにかかったんだから、と、半年余りの長きに渡り、「バカ高い」治療費を払い続け転院せずに我慢しました。

なぜ転院しなかったかというと、
またレントゲンと撮ったり、型をとったり、お金が倍、かかってしまうと思ったからです。

そして3年たって今、
当時かぶせた歯が取れたのをきっかけに
治療したはずの歯が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報