旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

》 それから先はもう何十ぺんも聞かされた。
》 揺るがすことが出来ない神宣のようなものである。
は、1994年出版の林真理子の小説からの抜粋ですが、そこにある「神宣」の読みと意味を教えてください。

A 回答 (2件)

こんにちは。



「しんせん」と読みます。

神宣とは託宣ともいい、「人間が神様から聞かされる」というこ
とであり、いわゆる「神様からのお告げ」をいただく方法です。

質問者様の文章では少々短すぎて前後の意味から察することは難しいですが、
神宣の意味は、こうなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

》 神宣とは託宣ともいい…
そうでしたか。「神宣」は手元の辞書や幾つかのWeb辞書にも見当たらないので、質問した次第です。

》 (質問文に提示した)文章では少々短すぎて…
出典は、中央公論社刊「白蓮れんれん」(1994年発行)p108 です。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/27 12:55

 あまり使わない言葉ですが、神宣(読み:しんせん)で、託宣(たくせん)、神託(しんたく)と同じ意味、すなわち、神仏が人を介して言葉を述べたり、夢の中で(いわゆる、夢枕に立って)意志や予言を述べることです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

》 あまり使わない言葉ですが…
「御託を並べる」とか「御託宣」とかは聞きますが、「神宣」は初“御目文字”でした。
どういう類の人が使うのかに興味が沸いてきました。皇族とか華族とか?

コメント、ありがとうございました。

お礼日時:2014/07/27 13:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報