お酒好きのおしりトラブル対策とは

磁力線とは現実に存在するものではなく、磁場を図式化するための便宜的な方法ですよね。

では、磁石の上に紙と砂を載せて叩くと線が現れるのは何なんですか?

あの実験で「ほら、これが磁力線ですよ~」と説明されますが、「なんで現実に存在しないものが目の前に現れるの?」と疑問なのですが。

砂が線を作って、線と線の間に隙間ができますが、その隙間にもしっかり磁場はできていて、そこにごく小さなコンパスを置けば、近くの線にほぼ平行な向きを指すのですよね?

「磁力線について」の質問画像

A 回答 (2件)

砂、と言ってもこれは砂鉄ですね。

磁石にくっつくものじゃないとこうはなりません。

まず、磁石を下に置いた紙の上に砂鉄を振り掛けると、磁石によって作られた磁界により砂鉄が磁化します。つまり、微小な磁石がたくさんできます。
この磁石の向きは磁界の向きと同じ向きになります。
さて、隣り合う砂鉄の粒にどのような力がかかるか考えてみましょう。
砂鉄間に働く力は次の二通りに分けられます。

1.磁界の向きに沿って並んだ粒間に働く力
2.磁界に垂直な向きに並んだ粒間に働く力

1.の場合、二つの砂鉄は次のように磁化されます。
N-S N-S
このように並んでいるためこの二つの砂鉄は引っ張り合います。

2.の場合、二つの砂鉄は次のように磁化されます。
N-S
N-S
このようにNとN,SとSが近接するためこの二つの砂鉄は反発します。

この力はかなり弱いため砂鉄と紙の間の摩擦に勝てないことがあります。
そこで紙をとんとんとたたいて砂鉄を少し浮かせると磁界に沿った砂鉄はくっつくように動き、磁界に垂直に並んだ砂鉄は反発し離れるのです。
このような力の働きであのような模様を形成するのです。


もちろん、このときできる線と線の間にも磁界はちゃんとあります。
実際は砂鉄内の磁界のほうが強いのですが、砂鉄のないところにもちゃんとありますのでコンパスを持って来ればちゃんと磁界の向きを指します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2014/07/28 15:16

urlにある下記の説明で事足れりと思われます。



磁力線 【じりょくせん】

磁場の中に曲線を引き,各点における接線の方向をその場所の磁場の方向に一致させたもの。磁場に垂直な単位面積を通る磁力線の数は,そこの磁場の強さに比例させる。磁石の上に紙をのせ鉄粉をまきちらすと,鉄粉は磁力線に沿って並ぶ。

参考URL:http://kotobank.jp/word/%E7%A3%81%E5%8A%9B%E7%B7 …

この回答への補足

補足日時:2014/07/28 14:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2014/07/28 15:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磁力とはなんですか?

磁石に鉄を地が付けると付くのは判ります。電磁力などについても理解しているつもりです。でも、磁力の本質がわかりません。
物理学の本を見ても、あたりまえのように磁力・磁力線と言う用語が出てきます。
そこで質問です。磁力とはなんですか?

Aベストアンサー

磁力の本質というのは根元的な質問でどう答えるのか難しいですね。
現状では単磁極粒子(モノポール)は見つかっていないので、磁石は必ずNS極の対で存在します。
その基は電子のスピンと軌道によります。もちろん原子核も同様のスピン等による磁力を持っていますが、
一般的な現象はすべて電子による物と言えます。

つまり、電磁石と同じ、電荷の移動によって生じる力が磁力と言うことになります。

通常スピンは上向き下向きが揃うとエネルギーが低いために一般的な原子は、その電子のスピンなどが中和されて、磁力を外部に出さないため磁力に反応しない
鉄や希土類などの強磁性物質は、一部の電子のスピンが揃って(中和せずに)、磁性が生じているために磁石によく反応します。

理科年表などを確認していただくと磁化率をわずかでも持っていますので、全く反応しないわけではありません。
また、歳差運動により反磁性も存在します。強磁界に水を入れると反発します。
うまくすれば蛙などが浮く実験をやることが出来ます。

場の理論により、すべての力は粒子が介すると解釈できるのですが、その場合電磁力を介する粒子は光子です。
つまり磁力は光子と言うことも出来ます。

と言うのが現象的な説明になりますが、根本的に何者なのか、逆に電気力とは電荷とは何ですかと言う根本的な質問には答えられないですね。
これも当たり前の様に電気力、電気力線などと言う用語が出ます。
電磁波と言う波を作ることから、この世界の根本的な構成体のゆがみなのかもしれません。

磁力の本質というのは根元的な質問でどう答えるのか難しいですね。
現状では単磁極粒子(モノポール)は見つかっていないので、磁石は必ずNS極の対で存在します。
その基は電子のスピンと軌道によります。もちろん原子核も同様のスピン等による磁力を持っていますが、
一般的な現象はすべて電子による物と言えます。

つまり、電磁石と同じ、電荷の移動によって生じる力が磁力と言うことになります。

通常スピンは上向き下向きが揃うとエネルギーが低いために一般的な原子は、その電子のスピンなどが中和...続きを読む

Q磁石の作り方

電気の授業で電磁石の話の時にふと思ったのですが
磁石って何から出来ていてどうやって作られているんですか?
なんでN極とS極があるんですかねえ@
変な質問してしまってすみません。
もしとっても優しい方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

磁石は、フェライト、アルニコ、ネオジウム、サマコバ、希土類など
色々な磁性体(を混合して)を鋳造したり焼結して作られています。

しかし、不対電子の働きがわかって来たことから、プラスチックの
有機ポリマー磁石を作る事に海外の大学の研究チームが成功し
ています。(まだ、マイナス262℃でないと磁石にならないが)

磁力と保持力はトレードオフの関係にあるから、用途によって磁石
を使い分けたりします。

なぜN極とS極があるかですが、これがわかれば宇宙の生い立ちを
解き明かす鍵になると思います。
現在は、不対電子や電子スピンによって説明されていますがその
原理などは解明されていないと思います。


参考URLに磁石を製造している会社のHPを入れておきますので
参考にして下さい。

参考URL:http://www.26magnet.co.jp/qa/index.html

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報