プロが教えるわが家の防犯対策術!

溥儀は何故満州国の皇帝になったのでしょうか?
満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡皇帝を立てる必要も無かったと思うのですが

A 回答 (5件)

 azuki-7さんが最初に挙げていらっしゃる「満州は実質関東軍の支配下だったのでわざわざ傀儡を立てる必要もなかった」との見解は、日本側からの見解であって、溥儀が求めたのは清朝の再興でした。


 ラストエンペラーとして中国の歴代王朝に幕引きしたのですから、その手で新たな王朝を打ち立てるとの野心があっても不自然ではありません。
 そして溥儀は日本を利用したつもりであったかもしれませんが、実際には日本に利用され捨てられた形で人生の幕を閉じることとなりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました
最後に所望したのはチキンラーメンでした

お礼日時:2014/08/15 09:28

日本軍が満州を支配すると、パリ不戦条約に違反することになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/08/15 09:28

我々日本人は、防共のため、ロシア南下の防波堤をつくりたいのに、アメリカ人「権益の独占」だと、バカな事を言って、バカだからコミンテルンの脅威を理解しない。

アメリカ人はバカだから日本人のコミンテルンの脅威の話を聞かない。聞いていない。理解できない。だから、満洲民族の独立というカタチをアメリカ人にみせたが、今度はアメリカ人はシナ人の意味 、定義が理解できない。話を聞かない。話を聞いていない。だから大東亜戦争がはじまったのです。アメリカ人はバカだから、独日の防共を排除してしまう。戦後、北朝鮮、ベトナム、ドイツ、全ての防共をアメリカ人がするはめに。アメリカ人はいったいシナ事変、大東亜戦争で何をしたかったのか。アメリカ人は、マッカーシー旋風迄、世界の情勢に気がつかないバカ。満洲に我が国が愛新覚羅溥儀を据えたのは、話を聞けない聞かないアメリカ人を世界平和のために騙すためにです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/08/15 09:28

間違っていたらごめんなさい。


日本が中国を支配するにあたって,列強はおもしろくない。
非難の矛先をかわすために,溥儀を皇帝に仕立てた。
と歴史の授業で教わった気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/08/15 09:28

もともと溥儀は清朝を復活させたかったのです。



溥儀のホンネは日本に乗せられたフリをしてまずは満州国皇帝の地位を手に入れ、やがて傀儡から脱皮して親政を実現し、満州を足場に清朝を復興・・というあたりですが、満州族ですら支持者は多くなかったらしく、あまりにも考えが甘すぎますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/08/15 09:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング