はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

弁護士を目指して勉強いましたが、家裁調査官に転向したいと思っている者です。

弁護士にはない(できない)家裁調査官の魅力を教えていただけますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

家庭裁判所調査官の仕事は、千差万別です。



家庭裁判所で取り扱うこととなった事案の選定から、事件成立までを担う仕事です。

裁判所で扱う(ワ)(ニ)とかいう事件の種類はご存知でしょうか?

破産事件・担保権実行事件など民事でも家庭裁判所のおこなう行政の仕事はやまほどあります。

平成○年第(ニ)○号 事件として、各事件(裁判所取り扱い案件)に対して、専門的見地から調書を作り上げていく作業です。

執行官と違って、実際に事件の背景や結論にいたるまでのすべての処理を担当することになります。
暦年で管理されています。

調査官ですので、ありとあらゆる分野に精通していなければ、なかなか調書を作成することが出来ません。
この「調書」の作成は公務員が職権によって作成する行政文書です。
当然、通達というものがあり、定まられた要領で記載してゆかねばなりません。

認識される「言語」も統一されています。
作文がうまいからといってなんでも書き連ねていいという問題でもありません。

裁判所で行った審理・審査に間違いがなかったのかの検証も委ねられる場合があります。
差し戻し請求などがそれです。

弁護士は、請求事件や案件が事件ごとに処理されてしまうのに対して、家裁調査官のその調査範囲は膨大です。
職権で調査しますので、かなりの権限を持たせてあるのが特徴と言えます。

検察との協議事項なども事前打ち合わせがあります。
書類に残す事前の作業で、かなりの神経を使います。

弁護士と違ってよい点は、敗訴・勝訴に関係なく、調査官としての能力を最大限発揮できることです。

すべて「調書」作成能力と言えます。

将来は、別の回答者さんの論述したとおりです。
弁護士への道もあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
家裁では破産事件も担当するのですか?
知りませんでした。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/09/03 21:49

>弁護士にはない(できない)



そもそもが全く異なる職種です。
また、弁護士は資格であり、職業です。しかし、家裁調査官は、あくまでも裁判所職員の職名。役職となります。

ともに法律を扱う仕事ではありますが、立場が全く異なりますので、できるできないの問題ではありません。

>弁護士を目指して勉強

どのような段階なのでしょうか?
司法試験合格をし、司法修習生や司法修習生後の弁護士事務所での勉強なのでしょうか?

家裁調査官は、裁判所の採用試験に合格し、研修後になるものです。したがって、あなたが家裁調査官になりたいと思っても、配置が希望通りとならないこともあると思います。

また、司法試験合格後に開催調査官となれば、司法修習を行わずに弁護士となる資格を有することとなります。また司法試験合格等の知識などがあると、家裁調査官などでの職務に必要な知識を先に学ぶこととなる部分があり、他の家裁調査官より早く出世などができるかもしれませんね。

基本的に裁判所の職員ですので、公務員でしょう。弁護士にはない安定と身分の保障が魅力の一つだと思います。弁護士は直接依頼者の味方になりますが、家裁調査官は家裁の審判官の手足になったりするものだと思います。ですので、あなた自身の判断ではなく、審判官の判断などのために行動することでしょう。

家裁調査官を意識されるのであれば、弁護士の家事事件専門を目指したほうが魅力的なのではありませんかね。

家裁調査官などの裁判所職員の魅力としては、司法試験に合格する必要がないということから難易度が下がるという面があると思います。また、裁判所職員として一定の経験年数があれば、司法書士の試験が免除となる可能性があるということもありますね。ただ、弁護士は司法書士登録せずに司法書士業務を法律事件として扱えると思いますがね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
公務員の身分保障や試験の難易度といった私の立場に関する魅力ではなく、家裁調査官と弁護士では、仕事のやりがいではどのように違うのかということを教えていただきたいです。
実際の事件を担当したとき、弁護士と家裁調査官とでは、当事者に対する関わり方が違うと思います。それぞれの立場でのやりがいを知りたいです。

補足日時:2014/09/03 15:40
    • good
    • 1

家裁調査官の離婚率は高いそうですね。

激務がその原因とか。
    • good
    • 1

公務員だから収入が安定しているくらいですね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家裁調査官になるための大学選びで困ってます

高校2年生で、将来は家裁調査官になりたいと考えてます。

そこで、専門分野の範囲?を広げたほうがいいため、学部は社会学部にした方がいいという情報が一番多かったので、そうしようと考えています(´・ω・`)
私はきれば心理学中心に学びたいです。



そこで、このような条件で大学探しをしたのですがいまいちどの大学がいいのかわかりませんでした。

パンフレットを取寄せて考えればいいのですが、3年次のコース内選択(数1・数2・数Bの中から選ぶ)というものが間近に迫っており、入試に有利な教科を選ばなくてはいけないため、それをしていると間に合いません(>_<)



関東で、国公立(経済的な理由から)。

この条件でおすすめの大学を教えていただきたいです。


また、私は群馬に住んでいるので群馬大学も視野に入れていたのですがいかがなものでしょうか(´・ω・`)?


拙い文で申し訳ありません。
どうか宜しくお願い致します_(._.)_

Aベストアンサー

前回、別の質問板で回答されていたないようですね。

その方は常に的確な回答をされますので、その時は、私は他に何もかきこまなかったのですが、
どうもあなたの希望には沿えない回答だったのでしょう。


この方の回答の中に並べられていた関東の国立大学が適切だと思いましたよ。

質問者の方は実情をよく把握されていないようなので、別の視点から前回の回答者の方が
おっしゃりたい内容を再度書き込みますね。

どこの小学校の卒業アルバム、女の子たちの将来の夢として「将来は獣医さんになりたい」と
書き込む子は多いものです。
ところが現実は獣医さんになっている同級生はほとんどいません。

そこには大学入試時点で獣医になれる学部、学科が少なく、そのうえ私立大学が少なく
国立大学の学部が多いという現実があります。
なおかつどこの学部も入試の偏差値が高いので、大学入試時点で夢をあきらめてしまう
女の子が多いからです。

家裁の調査官も同じことなのです。
確かに選択科目によって、心理学部や社会学部の女子が受けやすい(と思わせる)という
事情もありますが。

ただ質問者様も含めて、大事なことを忘れているのです。
それは試験勉強のつらさなのです。

不景気になる前から、家裁の調査官は心理学を学ぶ女子大生には人気試験の一つだったのです。
いろんな大学からたくさんの大学生が受験した試験です。
前回の回答者の方が記載された関東の大学ばかりでなく、関西でも京都大学の教育学部、
大阪大学の人間科学部や神戸大の発達科学部といったレベルの大学からも結構な数が
受験していました。

試験であるから合格は平等、あくまで試験の出来次第です。
HPでは合格者の大学名までは発表していませんが、私のしるところ、やはり名だたる大学の名前が
連なっています。

結局、有名大学の合格者が多いのは、大学入試時点で個別試験での記述問題の対策等で
試験の解答力が出来上がっているからです。
赤本を見られたら分かると思いますが、一橋大学や東京大学、京都大学の現国や地歴の記述問題
の難易度は郡大に比べて格段に難しいです。
家裁の試験問題も、これくらいの記述力・論述力が求められるわけです。
ですから、おのずと有名大学からの合格者が多くなるわけです。

ただ誤解しないでくださいね。
群馬大学からでも合格できないということではありません。
しっかりと試験対策をしていけばいいわけです。
私の個人的な意見としては、群馬大学へ入学するならば、早めにWスクールの形態を
取ってください。

群馬大学が都会の有名大学に劣っているというわけではありません。
試験を受ける環境が問題なのです。
荒牧キャンパスの環境では、その環境が望めないという事です。

入学後でサークルにでも入れば、「家裁の調査官?郡大からは無理だよ」なんて平気で
話しかける先輩が多いと思います(地方国立大はどこも、そういう雰囲気が強いので)。
また飲み会にでも顔を出せば、つらい試験勉強など段々と嫌になってくるものです。

郡大では自分の周囲には、資格試験勉強をしている人はほとんどいません。

教員試験はありますが、国家資格試験や公務員試験とは、性質においても試験対策においても
まったく性格の異なったものとなります。

都会の有名大学ではWスクールの形態を取っている人は多いですが、
その他、学内サークルでも資格試験対策用のサークルが多いという有利な面があります。
しかし郡大にはそういったサークルはまず無いでしょう。

前橋という小さな県庁所在地の都市で、なおかつ駅から30分もする荒牧キャンパスの環境で
あなたが受験勉強を継続できるか? 
なかなかたいへんだと思いますよ。
私の知り合いは太田から伊勢崎線を使って、東京の資格試験学校まで週に何日かは通っていました。

長々と書き込みましたが、結論としては
・大学名は関係ないが、できるだけ偏差値の高い有名大学へいくこと。
・地方の大学ならば、できるだけ早くWスクールの形態をとること
 (ただし裁判所事務官や家裁調査官のコースないので、国家公務員コースの先生に
  相談すること)
・相当に難しい試験であることを早めに覚悟すること(しかし合格できない試験ではない)。
・試験勉強に自信がなかったら早めに諦めて、就職等別の道を選択すること
 (他の資格ですが、当初から合格は無理と思わせる人でも、合格の2文字にこだわって
  何百万円という授業料を資格試験学校に払っている人を多くみかけるので)

  社労士や行政書士クラスなら、一般の人は努力すれば合格できますが、司法試験や
  公認会計士試験は努力しても合格できない試験なので(その人の資質によるが)。
   
  受験勉強をしたことがない人間は、努力すれば必ず合格できるなんて簡単に言いますが
  家裁の調査官は、その分かれ目くらいの難易度の試験なので、くれぐれも覚悟をもって
  勉強してください。

 夢を掴むのは甘い事ではないのですよ。

 前回の回答者の方も、それが言いたかったはずなのですが。
 どこの大学へ行くかなんて関係ないのです。

 本人に学力と自信があって努力を重ねれば、県女だろうが健康福祉大学だろうが
 関東学園大学だろうが合格できるものです。
 国家試験の性質とはそういうものです。
 日本国民が平等に受験できるのが公務員試験なのですから。
 

前回、別の質問板で回答されていたないようですね。

その方は常に的確な回答をされますので、その時は、私は他に何もかきこまなかったのですが、
どうもあなたの希望には沿えない回答だったのでしょう。


この方の回答の中に並べられていた関東の国立大学が適切だと思いましたよ。

質問者の方は実情をよく把握されていないようなので、別の視点から前回の回答者の方が
おっしゃりたい内容を再度書き込みますね。

どこの小学校の卒業アルバム、女の子たちの将来の夢として「将来は獣医さんになりたい」と
書き...続きを読む

Q家庭裁判所調査官の方に質問です

家庭裁判所調査官について書かれているサイトやら色々見ましたが、生の声が見当たらなかったので、実際に働かれたことのある方、今も働かれている方、身内や近くに家庭裁判所調査官である人がいる方、実際のところどんな業務があり、やりがいはどこにあると感じているのか、残業や転勤はどの程度あるのか、給料はみあっているのか、などなんでもいいので詳細をお話していただけたら幸いです

また試験に向けて初心者が勉強して受かるものなのでしょうか
倍率や合格率に関しては知っていますが、実際の難易度は不明のため

以上2点について、片方でもいいのでお願いします

Aベストアンサー

> 生の声が見当たらなかった

それは、当たり前だと思います。

家庭裁判所調査官は国家公務員ですから、法律で定められた守秘義務が存在していますので、そのようなことをしたことが発覚した場合には、その人物は懲戒免職対象および最高1年の懲役又は最高50万円の罰金になります。

国家公務員法 第100条
第1項 「職員は、職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後といえども同様とする。」と定めている。違反者は最高1年の懲役又は最高50万円の罰金に処せられる。

Q【学部】家庭裁判所調査官になるには

現在高3の者です。
家庭裁判所調査官を目指しているのですが、心理学科がいいだの、法学部がいいだの、教育学部がいいだのと様々な情報がありすぎてどれを参考にするか迷っています。
試験科目のうち大学で最も学びたいのは心理学なのですが…。法学部の方がいいのでしょうか。
勿論、過去問などをみると試験科目が多岐に渡っており、独学かもしくはスクールに通わなければならないことは承知の上です。
それでも少しでも試験に役立ち、また家裁調査官という仕事に役立てられることが学びたいと思っております。
また、出来れば「〇〇学部なら〇〇大学がいい」と行った情報も教えて頂けると助かります。(心理学なら筑波でしょうか…?)

Aベストアンサー

家庭裁判所調査官は特に女性に人気がある資格で、この資格を勉強している人は多いですよ。一橋大学社会学部からも毎年受験していますし、早慶の法学部や早稲田の教育学部からも受験しています。

競争率も高く(30倍以上)、有名大学の出身者が合格者に名を連ねています。私の大学時代でも法学部だけでなく経済学部からでも受験していたように、受験者の学部も多岐にわたっていますが、やはり当然ですが心理学や法律専攻のほうが有利なようです。

高校時代(関西)の同級生などの話では、やはり関西では各大学の文学部からの受験者が多いと言っていました。
また文学部以外では大阪大学人間科学部や神戸大学発達科学部からの受験者が結構いるとのことでした。
理由は当然ですが勉強した心理学が活かせる最適な仕事だからだそうです。

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む

Q裁判所事務官 I 種・ II種/家庭裁判所調査官補 I 種について

現在4年制大学心理学部1回生のものです。
私は、裁判所事務官 I 種・ II種/家庭裁判所調査官補 I 種 に興味を持ち始めたのですが、これら3つの違いや、仕事内容がいまいちよく分かりません。
具体的には、裁判所でどんな仕事をするのでしょうか。
また私は1浪をした為に、三回生で21歳になっているのですが、3回生の時点で国家試験を受けるのは可能でしょうか。
何卒、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは(^^)
私は今年の裁判所事務官II種試験を受験しました。そしてもうすぐ二次の面接試験を控えています。

一応受験する身としていろいろ調べたのですが、裁判所事務官と家裁調査官の仕事内容はかなり違うと思います。
裁判所事務官は、裁判を円滑に進めるための各種の裁判事務を担当したり、
事務局部門に配属されると総務や人事などを行うことになります。
裁判部門では具体的には、起訴状の受付や記録の作成、法廷に立ち会っての事務などを行っているそうです。

裁判所事務官に採用されると、裁判所書記官になる道が開けています。
基本的に事務官I種とII種の仕事内容はほぼ変わらないようですが、
この書記官研修所への入所試験の際に、I種採用の方は一部試験が免除されるようです。
裁判所書記官は法廷立会、調書作成などの権限が与えられています。
裁判を傍聴に行ってみると、裁判官の方より一段下がった位置に法服を着た方がいらっしゃると思います。
それが裁判所書記官です。

家裁調査官は家事審判や家事調停を担当します。
家事事件というと、例えば離婚問題や少年事件などです。
その紛争原因や背景、生活環境などを調査し解決に導くのが仕事です。
かなり専門的な仕事なので、受験科目に心理学系の科目が入っていますよね。
心理学部卒の方も多いのではないかと思います。

ちなみに受験年度に年齢が満22歳になる人ならば、両試験とも受験できるはずです。
ただし、合格した場合は基本的に次の年の4月採用ですので、大学を辞めなければならないかと…。
そこのところはよく考えた方が良いと思いますが(^^;)

裁判所事務官・家裁調査官ともに、年に二回程度、さまざまな大学で説明会を行いますし、
また秋から冬にかけて、裁判所見学セミナーも開かれています。
私も参加させていただいたのですが、実際に働いていらっしゃる方々のお話が間近で聞けて、
質問なども受け付けていただけるので、とてもためになります。
受験をお考えなら、ぜひ参加してみられてはいかがでしょう?

長々と失礼いたしました。ご参考にしていただければ幸いです(^^)

こんにちは(^^)
私は今年の裁判所事務官II種試験を受験しました。そしてもうすぐ二次の面接試験を控えています。

一応受験する身としていろいろ調べたのですが、裁判所事務官と家裁調査官の仕事内容はかなり違うと思います。
裁判所事務官は、裁判を円滑に進めるための各種の裁判事務を担当したり、
事務局部門に配属されると総務や人事などを行うことになります。
裁判部門では具体的には、起訴状の受付や記録の作成、法廷に立ち会っての事務などを行っているそうです。

裁判所事務官に採用されると...続きを読む

Q刑務官と法務教官の違いについておしえてください。

今年、公務員試験を受ける予定でして

法務教官と刑務官を受ける予定にしております。

そこで刑務官の方が専門試験がない分簡単なようなのですが、

両者はどのように違うのでしょうか?

給料もたしかに法務教官の方が良いです.

ご存知の方よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

参考に

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1010816420

Q公務員のお給料で、生活できますか?

公務員のお給料で、生活できますか?



旦那さんが公務員(地方上級)の方にお聞きします。

公務員のお給料で、生活できていますか?また、一軒家を建てたり、子供を大学まで出してやってりできるのでしょうか?

Aベストアンサー

地方公務員の20代前半のものです。入庁2年目です。独身です。

政令市の職員をしております。今の大体の給料は

基本給 21万9000円
超 勤 平均1万5千円
残 業 月10時間弱

ですね。

ですので、大体月23万4000円くらいです。もし、結婚していて1馬力で頑張っていこうとするなら、扶養手当がプラスされますので25万くらいにはなります。賞与も減ってはいますが、でます。


どうですか??質問者さん。

まあ私も、銀行でバンバン残業して2年目にして支給総額30万目前みたいな大學の同級生には負けますが

まあ生活はできるんじゃないですか??贅沢はできないけれども人並みの生活は送ることができると思います。

Q地方上級 心理職

公務員になり、児童相談所など心理系で働けたらなぁと思っています。
児童相談所などで働く場合、公務員試験は地上心理職というものを
受けるのですか?普通の市などの職員ではないのですか?
まだ考え始めたばかりで、何もわかりません。
LECなどの予備校に通う場合、普通の地上の勉強とは違うのですか?
LECと東京アカデミーの資料をひとまずとりよせたのですが、
LECには福祉・心理職用のコースがあるようで、東京アカデミーのほうには
なさそうです。
今大学2年で、早めに始めたいと思いいろいろ調べていますが、
いまいちわかりません。公務員試験のことなど一から教えてください。

Aベストアンサー

児童相談所は、児童福祉法第15条以下による都道府県の必置機関です。
条文については参考URLをどうぞ。

児童相談所で何をしたいのかによっても変わります。
一般的に、実際に子どもと接したい(ケースワークをやりたい)のであれば都道府県上級の福祉職や心理職ですし、事務の仕事をしたいのであれば一般の行政職でしょう。
児童相談所を学校、ケースワーカーを教師、一般行政採用の事務員を学校の事務職員と置き換えれば関係は分かりやすいかもしれません。

募集については各自治体で異なりますので、実際に人事委員会などに問い合わせてみるとよいと思います。
それ以前に、実際の現場に触れる機会をできる限り作っておくというのも大事かもしれません。

地方上級の心理職・福祉職については、受験資格に制限がつくことがありますので、注意が必要です。
児童相談所職員要員ではありませんが、さいたま市の心理判定員の受験資格は、「大学で心理学を専攻したもの」とありますし、他の自治体の心理職・福祉職でも社会福祉主事等、受験資格を定めるところがあります。

試験は通常、1次は教養試験と専門試験に分かれ、いずれもマークシート方式です。
2次は面接、論文(東京都など一部では1次で出題)が基本で、適性検査(クレペリンなど)、集団討論を課すところもあります。どの自治体も人物重視の傾向が強まっています。
採用後に、意向聴取という形でもう1度面接があります。ただし、必ずしも意向が

なお、民間でできそうな仕事なら、社会福祉法人などへの就職も考えてみて下さい。その方が手っ取り早くやりたい仕事が見つかるかもしれません。何せ公務員の心理職・福祉職は募集が1桁(年度と場合によってはゼロ)の非常に狭き門ですし、「民間にできることは民間に任せる」というのが現在の行政改革のやり方ですから。
現職の事務官がいうことでもないのでしょうが……。

最後に、参考までに東京都人事委員会が公開した都庁I類の過去問(論述試験)を挙げておきます。毎年2問出題され、それぞれを1時間程度で答えるものです。東京都については必ずしも毎年募集があるわけではないので、ご参考までということで。
(他の県では、論文試験がないところもあると思います。都庁を受験されるのであればご参考までにということで)

福祉職:
(社会学概論)「集団と組織の関係について説明せよ。」
(社会福祉概論)「療育手帳制度について説明せよ。」
(児童心理学)「親の養育態度と子供の性格形成の関係について説明せよ。」
(社会福祉援助技術)「スーパービジョンの機能と役割について説明せよ。」

心理職:
(心理学概論)「情動に関するジェームズ=ランゲ説及びキャノン=バード説について説明せよ。」
「心理学の研究法の一つである内観法について説明せよ。」
(社会心理学)「セルフ・ディスクレパシー理論について説明せよ。」
「社会集団の影響にみられる社会的促進について説明せよ。」

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S22/164.HTM

児童相談所は、児童福祉法第15条以下による都道府県の必置機関です。
条文については参考URLをどうぞ。

児童相談所で何をしたいのかによっても変わります。
一般的に、実際に子どもと接したい(ケースワークをやりたい)のであれば都道府県上級の福祉職や心理職ですし、事務の仕事をしたいのであれば一般の行政職でしょう。
児童相談所を学校、ケースワーカーを教師、一般行政採用の事務員を学校の事務職員と置き換えれば関係は分かりやすいかもしれません。

募集については各自治体で異なりますので、実...続きを読む

Q裁判官の仕事は楽ですか?

弁護士の仕事はいろいろとやることがあって大変だと思います。
しかし裁判官は、裁くだけなので、仕事としてはとても楽という印象があります。
とんなに複雑な事件で、資料がたくさんあり、長期に渡る裁判でも、
その間、検察と弁護士のやりとりを聞いているだけでよく、
最後に判決を言い渡せばよいわけです。

司法試験を受かって、がんばってお金儲けがしたい人は弁護士、
楽したい人は裁判官になると考えるのは早計でしょうか?

裁判官はマスコミにほとんど登場せず、
どんな仕事をしているかもわかりません。
その仕事の実情はどのようなものでしょうか?
裁判資料などはきちんと読んでいるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 裁判官と言っても色々だと思いますが、とんでも裁判官がいるのも事実です、そうじゃなければいわゆる悪質商法が成り立つ訳がありませんからね。
 大分地裁のある判事は債権者が債務者に白紙委任状を要求するのは構わない、債務者がそれを拒否して債権者から裁判で訴えられたとしても、何の問題もないと言っています。
 大分簡裁のある判事は、法定金利を超える判決を乱発(日に10件とか)しています、普通に判決をだせば法定金利にしかならないので、その方が債務者には有利なのですが、調停員を使って和解した方が有利だよと債務者を騙して、債権者に有利になるように法定金利を超える和解判決を出しています。
 債権者以外に金返せと電話をかけたりして請求するのは違法ですが、債権者が違法な取立てをやったと法廷で認めても、それでも構わないと言っています。こういう状況なので、いわゆるサラ金地獄とか、闇金地獄が解消されない訳です。
 暇を見つけて裁判の傍聴に行かれたらわかると思いますが、とんでも裁判官は最初にどちらに勝たせるか決めておいて、勝たせたい方に不利な証拠や証言が出ても証拠として採用せず、とんでも判決を書くみたいです、だから田舎に飛ばされたのかもしれませんが。

 裁判官と言っても色々だと思いますが、とんでも裁判官がいるのも事実です、そうじゃなければいわゆる悪質商法が成り立つ訳がありませんからね。
 大分地裁のある判事は債権者が債務者に白紙委任状を要求するのは構わない、債務者がそれを拒否して債権者から裁判で訴えられたとしても、何の問題もないと言っています。
 大分簡裁のある判事は、法定金利を超える判決を乱発(日に10件とか)しています、普通に判決をだせば法定金利にしかならないので、その方が債務者には有利なのですが、調停員を使って和...続きを読む

Q家庭裁判所調査官補一種(公務員試験)の難易度

家庭裁判所調査官補一種を受験したいと考えています。
倍率は30倍近く、厳しいということは把握していますが、どの程度難しいのでしょうか?
ご指導願います。

Aベストアンサー

家庭裁判所調査官補の待遇は国家1種(いわゆるキャリア組)に準じます。
私の周りで調査官の試験に合格した人は、国家1種や地方上級にも合格してる人が多いですね。
なので国家1種レベルと思ってれば良いかと思います。
合格者の出身校を見てみると、旧帝大や有名私大など、難関校の方が多いです。

試験問題自体は基礎的な内容が出ます。
国家1種は応用的な問題ばかりなので、対照的ですね。
調査官の試験内容はとても簡単ではありますが、合格者は国家1種レベルの人ばかりなので、つまりはほとんどミスは許されないということです。
それはそれで大変でしょう。

倍率も高いし大変だと思いますが、がんばってくださいね。


人気Q&Aランキング