女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

妻が美容師をしております。
店舗兼住宅を購入して、美容室の開業を考えております。
当然ですが、妻は独立するため、今後の収入が見込めないとのことで、私の収入のみで申請することとなりました。

私は会社員で36歳、年収400万円です。
妻は美容師で32歳、年収300万円です。

以前、頭金300万円、ローン4200万円で申請しましたが、通りませんでした。
今回、頭金2000万円、ローン2500万円で申請を考えております。

質問です。
1度申請が通らなかった同じ銀行でも、頭金を増やせば通る可能性はございますでしょうか?
また、テナント部分は住宅ローンの対象外と聞きました。
頭金の1000万を店舗内装工事代金に回して、頭金1000万、住宅ローン3500万円とするのが
よいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

年収は夫婦合算で700万円は奥様の年収は半分の150万円として計算されたものと考えます。

基準年収から考えますと年収の7.6倍は借り入れ過多と判断されたものでしょう。
質問1
頭金を増額して借入金額を少なくすれば、個人信用情報に問題がなければ再度検討していただけるはずです。
質問2
店舗兼住宅のローンの制限は銀行のパンフレットに記載されています。通常、住宅部分が50%以上なければならないのが原則です。
    • good
    • 0

No.1さんの回答をご参考になさってください。



>妻は独立・・・

いえいえ、独立ではなく勤め先を辞めるだけであなたにたかる気満々でしょ。

以前の勤務先の客は連れてこれないのが業界のルール。

新規に客が集まるまであなたがすべてを出すんですよ。

初期費用でどれだけかかるか分かっているんですか?

ローンでつまづいている時点で考え直す必要を感じませんか?

奥さんの夢を叶える喰い物にされたいならどおぞ。
    • good
    • 0

計算してみまひょ。


完済を「60歳」と設定
60歳ー36歳=24年
2500万円÷24年=約104万円
104万円÷12ヶ月=約87,000円(元金のみ)
で、利息を踏まえて考えると「月10~12万円」の返済でっせ!大丈夫でっか?
あんさんがもっと若かったら良かったんでっけどな!
それにやのぉ~、ネットで調べたら
http://liebenhome.blog99.fc2.com/blog-entry-540. …
ここに「2,300万円」と書いてまっせ!
>今回、頭金2000万円、ローン2500万円で申請を考えております。
無理ちゃいまっか!
で、当然でっけど
>また、テナント部分は住宅ローンの対象外と聞きました。
1階部分は「住宅ローン使えんのじゃい!」になるんでっけど・・・
>頭金の1000万を店舗内装工事代金に回して、
内装工事代も足りまへんで!
まっ!判りやすく言えば「サラリー年収400万円では少ない」っちゅう事ですわ!
一度やのぉ~「日本政策金融公庫」に出向いて、独立開業の相談する方がえぇのとちゃう?
http://www.jfc.go.jp/
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q店舗兼住宅は得?

通常小さな飲食店を始める場合テナント契約でも
スケルトンから始めれば最低1500万円くらいは
掛かってしまいますよね。
しかも商売を続けている限り当然家賃も発生するわけで・・・。
それなら最初から店舗兼住宅という選択も捨てがたいのですが・・・。
仮に将来、商売を辞めるにしても
リフォームして居住スペースに戻すことも可能ですよね?
もちろん一概には言えないでしょうが店舗兼住宅の場合、
最低限見積もっておいた方がよい費用はどれくらいなのでしょうか?
またメリット、デメリットはどの様なことでしょうか?

Aベストアンサー

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗兼住宅だと、店舗用の内装を最初から用意することは汎用性が無くなるので、空間を作り出す、しかも間口を広くなどの仕切りが減る分、一階が軽量鉄骨になるなど建築費が余分にかかります。住宅部分が出来た後に内装ですので、貸し店舗の金額とそれほど変わらない内装費用がかかるのです。

また、電気、水道、ガスなども店舗部分と分離すると、その用意にかかる費用もかかるし、最終的に店舗部分を自宅の一部に改造するのにも結構費用がかかります。場合によっては、建て替えした方が維持費よりも安くなることもあるので、無駄が多いです。

住宅ローンも店舗部分には適用できないこともあり、事業用の短期、10年ローンなどを面積分、たとえば、半分は用意しますので、支払い終わるまでの負担は大変です。テナントなら毎月10万円なのが、店舗併用だと、店舗部分の支払い毎月20万円のローン、住居部分のホームローンが毎月8万円などになるのです。

10年程度で、自分のものであれば、メインテナンスの補修などをしますが、それも、200万円とか、400万円かかりますので、その分の積み立てもしていないと驚くことになります。忘れていけないのが、固定資産税です。住居部分よりも高く評価され、支払いをすることにもなります。

すでに資金を十分に持っているなら、その貯金で支払えば、トータルの支払いは最低限ですので、事業に失敗してもそのまま居抜きで売ることも出来るかもしれませんが、設計によっては更地に戻さないと売れないこともありますので、売るときの価値は店舗併用の方が価値が下がります。

>最低限見積もっておいた方がよい費用

最低限の住居専用の建物の倍の維持費と3倍程度の支払い能力を覚悟した方がいいでしょう。それと、2年間、収入が不足しても、支払い続けることができる担保です。自分の土地があれば、それを充当し、事業に失敗してもそれごと失う、それで終了します。

私は事業を開始して20年弱ですが、周囲の飲食店、ここ15年で9割程度が入れ替わりました。テナントが多いのですが、繁盛していたところも、狂牛病の影響で廃業したり、近所に大手のチェーン店が出店し、ほぼ同時に両方とも潰れたり、コンビニになったりするところ、駐車スペースがほとんどないので、違法駐車の取締りが厳しくなったらとたんに廃業したところなどです。

どこに引っ越したのかもわからない、すっかりと店も住人も変わったものばかりですので、生き残るのは20年も同じ看板で続けるのはいかに難しいかです。借金無し、それなりの見込みがあれば、生き残れるのでしょうが、寿司屋だって、回転寿司やコンビニ、スーパー、宅配に負けて老舗が閉店というのもありますので、銀行もなかなか店舗併用住宅は最初から貸し出ししないと思います。

いかに内装にお金をかけないか、最小限の投資ではじめ、売り上げが十分に伸びたら、無理しないでそれを維持すること、継続して顧客を獲得できる、それができれば、一等地でなくても店舗併用住宅が可能ですが、お客さんが来ないと終わり、競合店が隣にできても生き残れるか、そのときに、テナントなら引越しができても、併用住宅だと簡単には動けないのです。共倒れ状態、結構、よく見ますので、注意しましょう。

>最初から店舗兼住宅

商売が安定し、継続できるなら、有効でしょう。しかし、飲食業は、当たり外れが激しいので、半年も営業しないで潰れることもあります。その補償として、夜逃げされても充当できる分の保証金、敷金が要求されることが多いのではないでしょうか。

小規模であれば、家賃月10万円、保証金は100から200万円、敷金を3ヶ月分なら、内装を最低限で100万円程度、それと、調理機材やエアコン、消耗品で、400から500万円程度の状態でスタートできると思います。

それが、店舗...続きを読む

Q店舗併用住宅の住宅ローンについて

日本料理の調理師17年目になり、そろそろ独立を考えている者です。これから土地を購入して店舗併用住宅を建築したいと思っているのですが、その借り入れ方法について教えてください。予定では、開業資金、運転資金1200万えん、土地・建物・諸経費で4300万円(土地は検討中のものがあり、建物・諸経費も詳細な見積もりを出していただいています。建物=店舗部分約20坪、住宅部分約30坪)自己資金が2000万円あります。不足分3500万円を借り入れしたいと考えています。私の現在の年収が530万円(上場企業日本料理店に4年勤務、その前は個人料理店に13年)、住宅ローンで借りれるところだと3500万円位まで可能だといわれたので、出来れば住宅ローンで全額借りたいのですが、その場合、店舗併用住宅の申請だと住宅ローン扱いにならず審査がとおらないのでしょうか。住宅ローンで全額借り入れ出来る方法、確認申請の通し方、最適な金融機関などなんでもいいのでどなたかお教えください。尚、現在他借り入れは一切ありません。現在の住居は持ち家(抵当権設定などもありません)ですが、今後は賃貸にする予定です。よろしくお願いいたします。

日本料理の調理師17年目になり、そろそろ独立を考えている者です。これから土地を購入して店舗併用住宅を建築したいと思っているのですが、その借り入れ方法について教えてください。予定では、開業資金、運転資金1200万えん、土地・建物・諸経費で4300万円(土地は検討中のものがあり、建物・諸経費も詳細な見積もりを出していただいています。建物=店舗部分約20坪、住宅部分約30坪)自己資金が2000万円あります。不足分3500万円を借り入れしたいと考えています。私の現在の年収が530万円(上場企業日本料理店に...続きを読む

Aベストアンサー

どこの金融機関でも、店舗併用型住宅ローンというのを扱っていると思います。
店舗併用型住宅ローンは、その建物の床面積が、50%以上、店舗で占められているものを言うのが、
一般的です。
よって、お話にある、住居部分が30坪、店舗部分が20坪なので、
50%以上、住居部分で占められている以上、
一般の住宅ローンの対象になるはずです。
しかし、その場合も、住居部分しか融資は受けられないのが普通だと思います。
つまり、建物新築必要資金の5分の3だけ、住宅ローンで取扱が可能だと考えられます。
土地と建物合算で、4300万円ということですが、
土地いくら、建物いくらという分別が必要でしょう。
開業資金、運転資金というのは、住宅ローンとは全く別と判断されます。
つまり、それは事業性の資金ということで、住宅ローンの中に含めて借入は出来ません。
個人事業ということなので、勘定は同じという感覚かもしれませんが、
分別して考えるならば、
事業性として必要な金額はいくらなのか?
住居として必要な金額はいくらなのか?
住宅ローンを組むに当たって、自己資金は必要資金の20%くらいは用意できるのか?
事業性の資金としての運転資金等は、金融機関から借入は可能なのか?
現在の住居は、担保として金融機関に出しても構わないのか?

これらを整理して、最寄の銀行に相談に行かれるのが、良いかと思います。
相談に行かれる銀行は、
(1) 取引のある銀行
(2) 営業マンを知っている銀行
(3) 自分の知り合いで、銀行に顔が利く人が居て、
  その人に紹介してもらう銀行
(4) 地元の地方銀行、第二地方銀行、信用金庫
(5) 地元に農協等あるなら、そういう金融機関
(6) 都市銀行

ざっとですが、こういう優先順位で銀行を当たられたらいかがかと思いました。
あくまで、個人的見解もありますので、ご了承下さい。

どこの金融機関でも、店舗併用型住宅ローンというのを扱っていると思います。
店舗併用型住宅ローンは、その建物の床面積が、50%以上、店舗で占められているものを言うのが、
一般的です。
よって、お話にある、住居部分が30坪、店舗部分が20坪なので、
50%以上、住居部分で占められている以上、
一般の住宅ローンの対象になるはずです。
しかし、その場合も、住居部分しか融資は受けられないのが普通だと思います。
つまり、建物新築必要資金の5分の3だけ、住宅ローンで取扱が可能だと考えられます。
...続きを読む

Q店舗併用住宅

この度、店舗併用住宅を建てることになりました。そこで
いくつかの金融機関に行ってみたのですが、住居部分は
住宅ローンで借りれるが、店舗部分は無理、との回答でした。
当然の結果ではありますが、どこかに店舗部分と住居部分を
まとめて融資してくれる金融機関はないでしょうか?
また、店舗併用だと申告しないで(全部住居だと嘘をついて)
融資を受けるなんて事は可能ですか?
ちなみに自分は普通のサラリーマンで起業を考えているのは
妻です。

Aベストアンサー

再び失礼します。
店舗併用住宅の融資はみずほ銀行でも相談に乗っていただけたかと
思います。(うるおぼえですみません。)
たぶんどの銀行でもそのようなケースは沢山あると思います。
全てクリアにされた方が起業後の資金繰りとかでも
銀行さんにはお世話になると思いますので。
全てを考えて相談に乗られた方がよろしいと思います。
ローンの利率が高いですが、店舗部分の借入金の利子相当は
経費に入れられるので正直にして損は無いと思います。
よいお宅が建って奥様のお店が繁盛すると良いですね。

Q確認申請住宅→登記は居宅?店舗?

確認申請を「住宅」で行い、間もなく引渡しです。

今、表題登記を作成中なのですが、一部店舗として利用します。
この場合、種類の欄は、確認申請の書類は「住宅」でも「居宅・店舗」とするのでしょうか?それはOKなのでしょうか。

しかも完全に四方を囲まれたビルトインガレージなので「居宅・店舗・車庫」?になりそうなんですが。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

建物表題登記は実体を調査して申請しますので、建築確認には原則とらわれません。

また、種類の割合が3割以下(目安)であれば表示しなくても差し付かえないともされています。

実体上の店舗の割合が3割を超えるようであれば「居宅・店舗」。3割以下であれば「居宅」のみでも差し付かえないということです。

しかし、例え店舗の割合が極小であっても物件を特定するに当たって店舗の表示を加えた方がいい場合もあります。

車庫については、別棟でなく自己所有車のスペース程度であれば居宅の一部として「居宅」のみとするのが一般的であろうと思います。

机上での回答ですのでご参考まで

Q店舗付き住宅を建てたいのですが・・

こんばんわ。専門家の方々には、本当に馬鹿げたお笑い話ですが・・聞いて頂けますか?お願い申し上げます。奥行き4m×横20mの間口が広い建物を建てたいんですが・・?2階建てで一階が店舗(雑貨屋)です。(2階も入れて48坪)店舗の内装はシンプルで良いと思っています。費用をかけて内装をするより、自分の手作り感覚で変化させて行きたいと思っています。2階が住まいとなります。住まい部分の2階の部屋割りは、リビング・キッチンとお風呂と寝室(2室)です。それだけあれば、住めたら良いです。(身体に悪い。シックハウスなどは困りますが)実は非常に資金が乏しく・・銀行ローンも使えません。建物に使える資金が900万(風呂やキッチンなど設備含む)だけなんです。鉄骨のプレハブみたいな簡易な建物で飲食店やブティックを建てているお店を良く見かけます。友人には建築関係が多く。「お前の為なら」と言ってくれるんですが赤字や利益無しでは頼みたくないので頼めません。900万しか資金が無いのです。実際この価格では、ふつうはやっぱり頼めないでしょうか?やってやれない事は無いでしょうか?素人の願いばかりのビックリ質問ですが、教えて頂けませんか?

こんばんわ。専門家の方々には、本当に馬鹿げたお笑い話ですが・・聞いて頂けますか?お願い申し上げます。奥行き4m×横20mの間口が広い建物を建てたいんですが・・?2階建てで一階が店舗(雑貨屋)です。(2階も入れて48坪)店舗の内装はシンプルで良いと思っています。費用をかけて内装をするより、自分の手作り感覚で変化させて行きたいと思っています。2階が住まいとなります。住まい部分の2階の部屋割りは、リビング・キッチンとお風呂と寝室(2室)です。それだけあれば、住めたら良いです。(身...続きを読む

Aベストアンサー

延べ床面積が160平米と言うと結構広いですよね。
1階を店舗で2階が自宅と言うことですが、
2階部分は80平米=約24坪=約48帖分のスペースが確保出来ます。
家族構成が分からないので何とも言えませんが、リビングキッチンはおおよそ18帖、寝室が9帖が二つ、浴室が1.5帖、
脱衣所が1.5帖、収納の総面積が6帖、玄関+廊下の総面積が3帖程度で
合計48帖になります。
一番安い工法で建築してもこの部分だけで精一杯と言えるでしょう。
つまり900万円÷24坪=37.5万円となります。
よって「無理!」と言ってしまいたくはなりますが、
アイディア次第では何とかなるかもしれません。
まず知人、友人の手を借りることです。
しかしご本人が率先して動かなければなりません。
建築において一番費用が掛かるのが人件費です。
つまりご自分でも作業をすることになります。
また、建築関係の友人に頼んで、建築廃材を譲って頂ければ
もしかしたら900万円で店舗付き住宅は完成出来るかもしれませんよ。
建築廃材と言っても、本当に捨てるようなものでは無く、
例えば大型マンションの建設にはかなり端材が出ます。
タイルにしても一般住宅の浴室くらいなら仕上げてしまえるくらい
余ります。
また、建築資材で少しでもキズが付いたらそれらも処分される場合もあります。
これらの建築資材は一時工務店等の倉庫に保管されますが、
使い道が無い場合は全てと言ってよい程廃棄処分されてしまいます。
これらの資材を全て手配出来れば、材料費はあまりかかりません。
また、アウトレット品と言うものもあります。
これは展示してあったものや、モデルルームに一度だけ取り付けられたものや、
廃盤になったものなどです。
アウトレット品は通常価格より最高で80%程度安く購入出来るので、
これらのものを利用するのも一案でしょう。
上記の内容を実行してやっと900万円と言う予算で店舗付き住宅は
可能かもしれません。
しかしかなり大変ですし、建築材料を集めるだけでも少なくとも3ヶ月、
長ければ半年はみておいた方が良いでしょう。
勿論材料を運ぶのはご自分でしなくてはならないでしょう。
また「余り物」で造る家なので、デザイン上の選り好みはしていられないかも
しれません。
妥協が必要になることは間違いありません。
ただ、アイディア次第では面白い家が出来る可能性はあります。
確実な計画を立てれば良い家造りは出来ると思いますので、
計画期間は長めに取って下さい。
(その間に廃棄処分すると言われる建築材料を集めておけば良いでしょう)
それから工法はやはりプレカット工法の木造が一番安くあがると思います。
詳しいことは建築関係者が周りにおられるようなのでお尋ね下さい。

900万の予算ですがやはり多少オーバーすると思います。
最終的には1,000万円になる可能性が高いので、計画は念入りに行って下さい。
あと、断熱構造に関しては多少予算を多く取っておくことをお勧めします。

延べ床面積が160平米と言うと結構広いですよね。
1階を店舗で2階が自宅と言うことですが、
2階部分は80平米=約24坪=約48帖分のスペースが確保出来ます。
家族構成が分からないので何とも言えませんが、リビングキッチンはおおよそ18帖、寝室が9帖が二つ、浴室が1.5帖、
脱衣所が1.5帖、収納の総面積が6帖、玄関+廊下の総面積が3帖程度で
合計48帖になります。
一番安い工法で建築してもこの部分だけで精一杯と言えるでしょう。
つまり900万円÷24坪=37.5万円となります。
よって「無理!」と言ってしま...続きを読む

Q店舗併用住宅、経費になるのは?

飲食店を開業したばかりです。
会計、簿記はまだわからないことだらけですが、店を把握しきる意味でもなるべく全て自分でやりたいと思っています。
そこで質問です。個人合理的な方法で按分すれば、経費として認められるということで
・固定資産税→ 延べ床面積と事務室面積との比
・電気料金など水道光熱費→ 床面積や使用時間などの比・・・等は理解しています。
では、次のような場合はどうなるのでしょう?
店舗は鉄骨3階建の1階部分、2、3階が住宅。(土地・建物とも開業のためローンで昨年購入した自己所有物件です)先日の確定申告で住宅控除を住宅部分にかかる分だけうけています(謄本も住居部分とそれ以外部分に平米で分かれて記載されています。固定資産税・不動産取得税も別々に計算してあって合わせたものを納めました。)
その場合の・・・ローンは店舗部分だけ計上できるのですか?店舗の改装に1000万程かかったのですが、これは減価償却できると思うのですが、建物は減価償却できるのですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>開業届けは正に今から出すところです…

それでは「消費税課税事業者選択届」も出せますね。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6531.htm

>中古物件を買った際の消費税でしょうか…
>それとも改装工事費の消費税でしょうか…

両方です。もっとも、事業用の部分だけですが。
消費税には減価償却の概念がなく、すべて購入した年に一括して「課税仕入」となります。
このため、所得税の計算においては黒字であっても、消費税は赤字になることがあります。このとき赤字分の消費税は還付されるのです。

>中古物件費用が4500万円のうちの店舗部分約3分の1程度、工事費用1200万、厨房機器150万円、器等150万、水槽60万…
>事業計画通りにいけば月150万位の売り上げになると…

(4,500×1/3+1,200+150+150+60)-150×7月 = -2,010

ちょっと概算しただけでも 2,000万円の赤字になり、100万円は還付されそうです。
もちろん実際には、このほか日々の仕入れと経費にかかる消費税を加味しなければなりませんから、この数字どおりというわけではありません。

>2年間の免税事業者期間がなく開業当初から消費税を納めると…

そうですね。
初年度は上記のとおり還付、2年目は売上から仕入れと経費を引いた儲け分に対する消費税を納めることになります。
もし、今年が「150万×7月=1,050万」の目標に達せず 1,000万円以下で終われば、3年目は免税事業者に戻れます。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/shou307.htm

>開業届けは正に今から出すところです…

それでは「消費税課税事業者選択届」も出せますね。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6531.htm

>中古物件を買った際の消費税でしょうか…
>それとも改装工事費の消費税でしょうか…

両方です。もっとも、事業用の部分だけですが。
消費税には減価償却の概念がなく、すべて購入した年に一括して「課税仕入」となります。
このため、所得税の計算においては黒字であっても、消費税は赤字になることがあります。このとき赤字分の消費税は還付されるのです。

...続きを読む

Q自宅兼事務所で住宅ローンの一部を経費にできますか?

自営業で、自宅兼事務所ですが、
家賃の時は、50%を経費にできましたが、
家を購入した場合、毎月払う住宅ローン額を面積で按分した額
x%を経費にすることはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

ローンはあくまで借入金でありその返済は経費になりようがありません。
家のうち事業用部分を按分して減価償却を行うことになります。
名義は事業主であることが一番良いですが、絶対条件で無いと思います。
登記は法人などでない限り、個人名義となり、個人商店などの屋号では登記できませんので、特に問題になることはありません。
按分はあくまで自己判断です。
税務署は相談などではまず答えません。
一例をあげる程度でしょう。

税務署が調査する際に確認が入ってもいいように、明確な基準で按分計算をしましょう。

住宅ローンの減税を受けている場合、注意が必要です。
事業用部分はもちろん住宅ローンの特例は受けられません。

Q同年度内で住宅取得と店舗改装した時のローン控除申請

住宅ローン控除申請について教えて下さい。

今年3月に住宅ローンを利用して中古住宅を購入しました。
入居後、妻が自宅で店をしたいという事になり建物の一部(総床面積の15%程)を店舗改装して11月に開業しております。
登記の種類は、購入時から居宅のままです。
次の確定申告時に住宅ローン控除申請を行うのですが、そこで分からないことがあり困っております。
この場合、
(1)ローンを組んだ時は住宅なので控除額の按分は不必要
(2)居宅・店舗へ種類変更登記を行った上、控除額の按分が必要
のどちらになりますでしょうか?
また、どちらも間違っているでしょうか?
種類変更をしなければならないのは分かっているのですが、様々な申請が重なっている為、どのタイミングで種類変更すれば良いのか困っております。
また、種類変更した際にローンを組んだ銀行から何か言われたりするのでしょうか?

どなたか詳しい方に御回答頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)ローンを組んだ時は住宅なので控除額の按分は不必要…

考え方が違います。
確定申告とは、ローン控除に限らずどんなことでも、その年の大晦日の現況でまとめるものです。

>(2)居宅・店舗へ種類変更登記を行った上、控除額の按分が必要…

登記と税 (の申告) とは別物です。
事業用として使用している実態がある以上、ローン控除は住宅部分のみを按分して申告します。

その代わり、店舗部分にかかる
・固定資産税
・減価償却費
・月々のローン返済額のうち金利・手数料分のみ
・(事業に使用するなら) 水道光熱費
などが、妻の事業所得を申告する上での経費となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

それらを夫であるあなたが払っているとしても、妻の経費にすることに問題はありません。
青色申告をするなら
【△△費 100円/事業主借 100円】
と仕訳をします。

>種類変更した際にローンを組んだ銀行から何か言われたり…

登記については門外漢なのでコメントを控えますが、登記も変更するなら当然に銀行と協議することも必要になってくるでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>(1)ローンを組んだ時は住宅なので控除額の按分は不必要…

考え方が違います。
確定申告とは、ローン控除に限らずどんなことでも、その年の大晦日の現況でまとめるものです。

>(2)居宅・店舗へ種類変更登記を行った上、控除額の按分が必要…

登記と税 (の申告) とは別物です。
事業用として使用している実態がある以上、ローン控除は住宅部分のみを按分して申告します。

その代わり、店舗部分にかかる
・固定資産税
・減価償却費
・月々のローン返済額のうち金利・手数料分のみ
・(事業に使用するなら) 水道光...続きを読む

Q個人事業開業時の、持ち家の自宅兼事務所の経費等について

初めまして。
様々な本を読んだりして経理の勉強をしても
どうしても分からないのでどうか良きアドバイスをお願いいたします。

開業の準備は昨年1月からスタートし、
4月に小物の製作・販売をする個人事業として開業、
同時に青色申告の届出もいたしました。
現在はソリマチの「みんなの青色申告」を使用し複式簿記で記帳しております。

質問(1)
現在使用している自宅兼事務所の経費についてなのですが、
事務所使用割合は在庫の保管場所や作業部屋等を床面積で計算し、
30%としてあります。
建物の火災保険料、固定資産税も同様に30%としております。


あとは家屋の減価償却費についてなのですが、

家屋の購入が平成16年8月。
開業準備が平成18年1月。
開業が平成18年4月。

家屋の金額が3000万円。
銀行のローンが2500万円。
毎月の利息分4万円。
毎月の返済分4万円。
合計8万円が毎月個人の口座から引落とし。
とした場合、
家屋の減価償却費は、どのような計算で求めればよいのでしょうか?
また、毎月の記帳はどのようにすれば良いのでしょうか?

質問(2)
小物の製作に使用する機械もローンで購入しました。
こちらは購入日が平成18年1月。
付属機器等総額が200万円。
頭金100万円。
ローン100万円。
個人の口座より毎月2万円引落とし。

機械の耐用年数7年(税務署に貰った耐用年数表で調べました)
この場合減価償却費はどのように算出すれば良いのでしょうか?
また、毎月どのように記帳すれば良いのでしょうか?


本来なら今頃こんな事をしていては遅いのですが、
毎日慌しく、先延ばしにしていた結果この2点だけが残ってしまいました。
お恥ずかしい限りですが、皆様のお力をお借りできればと思います。
どちらかだけでも構いませんので、何卒よろしくお願いいたします。

初めまして。
様々な本を読んだりして経理の勉強をしても
どうしても分からないのでどうか良きアドバイスをお願いいたします。

開業の準備は昨年1月からスタートし、
4月に小物の製作・販売をする個人事業として開業、
同時に青色申告の届出もいたしました。
現在はソリマチの「みんなの青色申告」を使用し複式簿記で記帳しております。

質問(1)
現在使用している自宅兼事務所の経費についてなのですが、
事務所使用割合は在庫の保管場所や作業部屋等を床面積で計算し、
30%としてあります...続きを読む

Aベストアンサー

#2の者です。

>償却基礎価格の計算は
>土地代金を引いた家屋の金額のみで計算すれば良いのでしょうか?

仰るとおりです。土地は非減価償却資産ですから、開業日現在の評価額の計算は
家屋についてだけ行います。

家屋の場合、

・ 業務転用後の減価償却計算の計算要素となる「業務転用日現在の評価額」を
  算定しなければならない。
・ 青色申告決算書の3頁の「○ 減価償却費の計算」に記載される「未償却残高」と、
  4頁の貸借対照表の期末の残高とは一致している必要がある。

といったことから、家屋は非事業用部分を含めた全体を資産計上しますが、
土地については減価償却しませんから、強いて資産計上する必要はありません。
ただ、固定資産税は土地についても課されていますから、
その30%を租税公課に計上する根拠を明示するために資産計上しておく、
ということも考えられます。
土地を資産計上すれば、その分だけ開業日の元入金が増えることになります。

家屋の取得価額が2,000万円でしたら、#1の
(1) 1,800万円
(4) 1,800万円×0.031×2年=1,116,000円
(5) 2,000万円-1,116,000円=18,884,000円
となります。また、平成18年分の家屋の減価償却費等は
  1,800万円×0.046×9月/12=621,000円
  621,000円×30%=186,300円(必要経費)
  621,000円-186,300円=434,700円(事業主貸)
  18,884,000円-621,000円=18,263,000円(償却後の未償却残高)
となります。

#2の者です。

>償却基礎価格の計算は
>土地代金を引いた家屋の金額のみで計算すれば良いのでしょうか?

仰るとおりです。土地は非減価償却資産ですから、開業日現在の評価額の計算は
家屋についてだけ行います。

家屋の場合、

・ 業務転用後の減価償却計算の計算要素となる「業務転用日現在の評価額」を
  算定しなければならない。
・ 青色申告決算書の3頁の「○ 減価償却費の計算」に記載される「未償却残高」と、
  4頁の貸借対照表の期末の残高とは一致している必要がある。

とい...続きを読む

Q店舗付き住宅の固定資産税 について

相続後、店舗併用住宅の登記をしようと思っています。
店舗は、床面積の2分の1以上が居住用として使われています。

今までは未登記で、普通の住宅として課税されていました。
店舗付き住宅として登記した場合は、普通の住宅で課税されていた税金と、どのように税額が異なってくるのか、ご教示ください。
又検索で探しても、情報が得られないので、参考リンクなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

固定資産税はかわりません。
主体構造や屋根、内装の仕上げで評価されているので、すでにある家屋を併用住宅として登記しても評価額は変わらないからです。

土地についても、不変です。
家が建っている土地は軽減が受けられます。
併用住宅だと住居部分の面積の割合によって受けられる軽減の割合が違ってくるのですが、住宅部分が全床面積の1/2以上であれば専用住宅の時と同じだけ軽減を受けられます。

ここからは蛇足です。
未登記家屋は役所の把握漏れが起きやすいので、もしかすると課税されている床面積は実際の床面積より小さいかもしれません。
登記することによって法務局から役所に通知が行ったとき、役所のほうで課税床面積と登記の床面積の相違を発見したときは、役所が調査に来るかもしれません。

あと、相続なので不動産取得税はかかりません。

「固定資産税」という検索ワードで検索すればいろんな役所の解説ページが出てきますよ。


人気Q&Aランキング