人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

例によりまして、ふと、私の頭に浮かんだ素朴な疑問について質問いたします。

偶然って何ですか?
必然(性)とは何ですか?

Wikipediaを見たところ、必然性の欠如をもって偶然と呼ぶ、といったような記述がありました。

ネットにある辞書によりますと

─────────
偶然
[名・形動]何の因果関係もなく、予期しないことが起こること。また、そのさま。「―の一致」「―に見つける」⇔必然。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/60444/m0u/
─────────

─────────
ひつ‐ぜん 【必然】

[名・形動]必ずそうなること。それよりほかになりようのないこと。また、そのさま。「―の帰結」「なまけたのだから不合格は―だ」⇔蓋然(がいぜん)/偶然。

http://kotobank.jp/word/%E5%BF%85%E7%84%B6
─────────

─────────
がい‐ぜん 【蓋然】

たぶんそうであろうと考えられること。ある程度確実であること。⇔必然。

http://kotobank.jp/word/%E8%93%8B%E7%84%B6?dic=d …
─────────

とありました。

論理学的な必然(性)はひとまず置いておきまして、
どうやら、必然と偶然を分けるものは、
 1 因果関係の有る無し
 2 予測可能か、いなか
の2点にあるようです。

で、更に私の疑問は深まります。

この世に因果関係と無縁に存在するものはあるのだろうか?
ある現象が発生するための因果関係があまりに複雑で、また、同時に、我々の得られる情報があまりに少なく、その現象の発生を予見できないものを、
単に偶然と呼んでいるのに過ぎないのではないか?

もちろん、私たちは量子力学や不確定原理を知っていますので、ラプラスの悪魔が存在しないことは知っています。
ですが、我々の感覚器官は精度の悪い観測器のようなもので、量子レベルの不確定さは検出できません。
また、私たちが実際に生きている世界はマクロ系であり、この世界は古典物理学が支配する決定論的世界です。
 ───ここでいう決定論的は100%の精度の意味ではなく、99.9・・・%と、9が有限桁続く精度の予見可能性の世界、程度の意味。この精度は99.9%でも構わない───

この様に考えるならば、
人間が実際に五感で感じ、生きる世界の現象に偶然などありうるのだろうか?
ただ、我々の知識と情報の欠如のために、そして、計算能力の低さのために、偶然と感じるだけなのではないか?


皆さんのお考えを教えてください。


─────────
ラプラスの魔【Laplace's demon】

自然界のあらゆる力と宇宙全体のある時点における状態を完全に把握することができ,かつ,これらの素材を完璧に解析する能力をもった仮想的な知的存在.このような魔(demon)にとっては宇宙の中に何一つとして不確実なものはなく,未来のことを完璧な形で予見することが可能となる.

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%97%E3%8 …
─────────

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (50件中1~10件)

 回答が多すぎてすべて把握できていないのですが、自分の勝手な意見を述べます。



 まず第一に、我々は物事の「因果関係」を判断するうえで「時間軸」というのもを避け実測することが不可能という点があります。ただ、残念ながらこの時間というものの様々な解釈はされていますが、結局のこところ実態ははっきりとはわかっていません。あえて言うなら多次元ワールドだとか、重ね合わせで存在するとか色々な例がありますが、いずれにせよすべての条件を全く同じ状態である現象を再現することは不可能である以上、極論を言えばすべての現象に関するすべての要素の影響が皆無として必然性を示すことは不可能、ということになります。ゆえに必然といえる現象はすべて「偶然」であるとしか言えません。これが最も顕著な例を挙げれば人間の発生とか生命現象の基本原理の有無とかそういうものになるでしょう。だから、一般的には、還元的にAというものとBというものが起こればCが言える、というこが一定回数似たような条件下(すくなくとも”無視”できるとする条件下で)、それが統計学的な”偶然性”をも超えた意義があときにその因果関係が結ばれるわけです。と、当然それに対して常に観測さえればそれはAとBがある状態ではCがおこる”ハズ”となります。が、これはあくまで「思考上」の存在定義ですので、完全な直角とか、完全な球が存在するかしないかという議論と同程度の議論になるでしょう。

 因果関係を議論するうえで、必然を問うのに重要になるのは基本的な物理学的な原理、たとえばエネルギー保存則とあ、あるいは情報理論などの情報量の概念にもなると思います。どんなに複雑な変化であってもはじめとその後の変化が境界において満たされるはずというのは、”概念”ですが、それをさかのぼればこういう変化が「必然的に起こる」としてもよいといえるでしょう。同様にいえば、生物が受精卵から個体までを形成するのだって、明らかな異常が起きない限り多くの場合は体が自己組織化していく様子は今の地球の環境下では「必然」の変化と言っていいかもしれませんが、その構成要素のなにが必然なのかというのを定義するのは難しいですし、それまでには多くのノイズが含まれています。ただ、情報量の考え方をするならば個体が大人になるまでに「情報」というものが規定できるはずで、それを具体的には言わなくてもある一定の範囲の環境要因が満たされればその個体はある一定の範囲内での個体までを形成する「必然性」を持っているということが言えるでしょうし、偶然とは言い切れないでしょう。



>この世に因果関係と無縁に存在するものはあるのだろうか?
 ある現象が発生するための因果関係があまりに複雑で、また、同時に、我々の得られる情報があまりに少な く、その現象の発生を予見できないものを、
 単に偶然と呼んでいるのに過ぎないのではないか?

 世の中におこるすべてのものは因果関係があるはずということが真であるとして、偶然であっても予測可能かどうかを議論することはいわゆる「複雑系」という分野として一部取り上げられています。ただし、現実的にこれが何か大発見につながったのかどうかというと、まだ未発達な部分も多いので、結局限定された”何か”を一定の範囲内で示唆させるようなデータをとったに過ぎないような分野とも思います。が、コンピュータの技術が上昇すればより複雑なことができて、あらゆるノイジーな影響というものがひょうか可能かもしれませんね。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。


自然科学は因果律を前提として構成されていますので、宿命的にこの因果律から抜け出せない。
そういう理論構成ですから。



回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:44

ねこさん、ご返事ありがとうございます。



妖怪は、すべてが分かると生きているのがつまらなくなるのね。
人間は、すべてが分かったら、恐怖と絶望に満たされるんぢゃないかしら。



わたしが想像してみたのは、こんな図です。想像です。

何年前からだったか、国民に、番号がついています。
番号ぐらいならいいんだけど、顔登録制、なんてのが始まって、
目や鼻や口やパーツの配置から人物を特定することが可能になり、
誰がいつどこで何をしているか、カメラの映像から常に把握することができ、
あなたはその映像の監視係で、情報は誰にも話してはならない。

これだと、人間の関係が続くのはむづかしいんぢゃないかしら。
町内会みたいな小さな集合体でさえ頭がおかしくなりそう。

パソコンにも顔認証システムがついてるから、できなくもなさそうだけど。


_______________



この季節に、たんぽぽが狂い咲きしているのを見るとうれしくなるんですが、

遺伝子操作ができるからといって、
真夏に金木犀や桜が咲くようになったら、いやだなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。


☆妖怪は、すべてが分かると生きているのがつまらなくなるのね。
人間は、すべてが分かったら、恐怖と絶望に満たされるんぢゃないかしら。
◇でしょうね。
絶望のあまり死んでしまうのかもしれない。
人間、先が分からないから、面白おかしく生きてゆけるのかもしれませんね。
だから、希望を持つことができるんじゃないですかね。

分かりきった将来なんて、あまりに退屈すぎる。


遺伝子がらみの話をしますと、
アメリカでは、とある民間の健康保険に入るとき、加入希望者の遺伝子が調べられたりします。
ホニャララの病気の遺伝子を持っていて、あなたは将来○○病になる可能性が高いので、○○病は保険の適用外です、
とか、
あなたはこの保険に入ることができません、
なんて言われたりすることがようです。

さすがに、これはやりすぎだよな~。



回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 20:22

 神経回路のネットワークの強化退化は、環境からの刺激とタイアップして起こります。

その刺激となる対象は取り巻く環境中に、独立して同時に連続的にしかも対等に無数にあって、それらを処理する時点のネットワークの状態も無数に存在します。そうした成長の結果としてのネットワークの総体というのは、それ自体偶然のたまものとして理解していいような気がします。もちろん遺伝的な枠組みがある中でですが。
 つまり、環境中に対等にある無数の刺激の中から偶然に遭遇したものとタイアップして、複雑な相互作用をしながら暫定的に出来上がっていくという意味で、偶然の要素が捨てきれないと私は思います。
 ここの対等にある無数の刺激というところの無数。これに関して次のように考えます。たとえ、人間よりはるかに高度な情報処理能力からすれば因果関係のある有限としてとらえることが可能であったとしても、人間の五感程度の情報処理能力では対等な無数としか言えない。つまり神経回路の構築に偶然の要素が入る。そうやって構築された個性に応じた神経回路で人間は情報を処理する。そこで人間の情報処理は偶然の産物という結論に至るのではないかと思います。
 つまり決定論的世界ではないというスタンスです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、なるほど。

煎じ詰めると、人間の知性の限界ということになっちゃうんだよな~。

(マクロ的現象では)原理的に可能であるけれど、人間の知性ではそれに到達できないってことになってしまう。

「CTの断層写真を持ってこい。そうしたら、もっと精度のいい計算をしてやるわい」
みたいな話になってしまう(ポリポリ)。



回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:52

他の回答を見て、必然は偶然であるとも思いました。



逆もまた真なり、と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんに、この質問について色々な視点から考えていただけましたので、
質問者は、非常に満足しております。

常識を少し揺らすだけで十分!!



回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:37

こんばんは、ねこさん。




すべてを計算することができ、把握することができ、
すべてが必然になったとしても、


コントロールすることの奴隷にはなれない、
という能力を人間は持っていると思います。


矛盾を眺めることはできても、
神のような全能感には堪えられないという能力。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。


妖怪「さとり」で検索していて、面白い話を見つけたので、
ご紹介します。


http://www.asahi-net.or.jp/~ft1t-ocai/jgk/Jgk/Pu …


回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:33

NemurinekoNya様、こんばんは。




>「偶然って何ですか?
必然(性)とは何ですか?」

なるほどね。

世の中に「これは必然」てのがあるとして、
「それは偶然」というのも、あるのかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。



☆世の中に「これは必然」てのがあるとして、
「それは偶然」というのも、あるのかな。
◇「ある」と思います。
ただし、この時、not「必然」 = 「偶然」ではないのでしょうね。


回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:23

 No.30を承けます。




 ◇ 親鸞の「義なきを義とす」の本来の意味は、 / bragelonneさんの考えとは違うのではないですか?

 ▼ (ヰキダルマ:義なきを義とす) ~~~~~~~~~  http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%BE%A9%E …

 本願他力に対しては、行者のはからいをまじえないことを本義とするという意。
 前の「義」は、「宜」と同意で、行者が自分の考えでよろしきように判断する「はからい」のこと。後の「義」は本義のことである。

 また「行者のはからいをまじえないのが、そのまま如来のはからいである」「行者のはからいを捨てるのが、往生におけるよいはからいである」などと解する説もある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ここから《本来の意味》を わたしはみちびいています。

 この説明では まだ《ハカラヒ》について それがあるのかどうか 交えるのかどうか さっぱり分からないはずです。
 なぜなら 《行者のはからいをまじえないことを本義とする》というときの《行者のはからいをまじえないこと》は 行者のハカラヒになるからです。《まじえないようにする意志行為》が交ざって来ますから。

 親鸞は 《非知》に到達した。これは 潜在可能性としてでも言える。と考えます。







 この非知を 道教・老荘思想が言っているか?

 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『荘子』内篇 万物齋同に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「先生は万物に共通する普遍的真理をご存知ですね」
 「そんなものは知らぬ」
 「では、わからないということだけはご存知なのですね」
 「それもわからぬ」
 「すると、いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」

   岸陽子 『荘子』 徳間書店
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 とありますよ。

 bragelonneさんの《非知》の定義に一致しているのではないですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ どうでしょう?

 ▽ ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ 既知と未知とが 自分の自覚において実際には不確かなものだ。とは言っているのでしょうね。


 それとも:
 ▽ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・・・いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この問答の中に 非知は潜んでいましょうか どうでしょうか?


 不可知は あくまでも経験事象のことです。知り得ないと知ったものごとですから。

 《いっさいは不可知であると判断するのか》――《それも分からない》。
 この問答は何を語っているか?

 いっさいが不可知であるわけはありません。はっきりしています。自覚にマチガイがあるにしても 既知と未知とはありますから。ぢゃあ あとは 何か? 非知のことをほのめかしていましょうか どうでしょうか?


 もしほのめかしていたのなら 早くはっきり言いたまえ。と言ってやりたい。

 潜在可能性として・含みとして語っているか?




 好意的に受け留めるなら イエスと言いたいところですが でもそのあとに:
 ▽ だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ と つないでいるのですよね。非知のナゾについては この説明部分には欠けらもないと見ざるを得ないと思うのですが どうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。



☆☆ この問答の中に 非知は潜んでいましょうか どうでしょうか?
◇これは《道》、宗教的な表現を使うならば《神》について語っているのでしょう。
経験事象の背後に潜む(と措定される)何かですね。
そして、
これが何で分からないので、ひとまず《道》と呼ぶのが老荘の基本姿勢。
しかし、これはあくまで思弁、経験の範疇であるのもまた事実。
思弁の範疇を超えているのかと言われれば、「ハテナ?」です。

ですが、現象学的な意味での《エポケー》には到達しているのでしょうね。

正直、『荘子』は漠とし、しかも寓話を多用するので、荘子が何を語っているのかが分かりづらい。
『荘子』を高く評価する人もいれば、荒唐無稽な話ばかりをすると酷評をする人がいるのも実情。
ですが、禅などを通じて、荘子の思想が日本文化に与えた影響は非常に大きいのもまた事実。


回答、ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/12 15:19

 No.30を承けます。




 ◇ 親鸞の「義なきを義とす」の本来の意味は、 / bragelonneさんの考えとは違うのではないですか?

 ▼ (ヰキダルマ:義なきを義とす) ~~~~~~~~~  http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%BE%A9%E …

 本願他力に対しては、行者のはからいをまじえないことを本義とするという意。
 前の「義」は、「宜」と同意で、行者が自分の考えでよろしきように判断する「はからい」のこと。後の「義」は本義のことである。

 また「行者のはからいをまじえないのが、そのまま如来のはからいである」「行者のはからいを捨てるのが、往生におけるよいはからいである」などと解する説もある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ここから《本来の意味》を わたしはみちびいています。

 この説明では まだ《ハカラヒ》について それがあるのかどうか 交えるのかどうか さっぱり分からないはずです。
 なぜなら 《行者のはからいをまじえないことを本義とする》というときの《行者のはからいをまじえないこと》は 行者のハカラヒになるからです。《まじえないようにする意志行為》が交ざって来ますから。

 親鸞は 《非知》に到達した。これは 潜在可能性としてでも言える。と考えます。







 この非知を 道教・老荘思想が言っているか?

 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『荘子』内篇 万物齋同に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「先生は万物に共通する普遍的真理をご存知ですね」
 「そんなものは知らぬ」
 「では、わからないということだけはご存知なのですね」
 「それもわからぬ」
 「すると、いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」

   岸陽子 『荘子』 徳間書店
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 とありますよ。

 bragelonneさんの《非知》の定義に一致しているのではないですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ どうでしょう?

 ▽ ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ 既知と未知とが 自分の自覚において実際には不確かなものだ。とは言っているのでしょうね。


 それとも:
 ▽ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・・・いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この問答の中に 非知は潜んでいましょうか どうでしょうか?


 不可知は あくまでも経験事象のことです。知り得ないと知ったものごとですから。

 《いっさいは不可知であると判断するのか》――《それも分からない》。
 この問答は何を語っているか?

 いっさいが不可知であるわけはありません。はっきりしています。自覚にマチガイがあるにしても 既知と未知とはありますから。ぢゃあ あとは 何か? 非知のことをほのめかしていましょうか どうでしょうか?


 もしほのめかしていたのなら 早くはっきり言いたまえ。と言ってやりたい。

 潜在可能性として・含みとして語っているか?




 好意的に受け留めるなら イエスと言いたいところですが でもそのあとに:
 ▽ だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ と つないでいるのですよね。非知のナゾについては この説明部分には欠けらもないと見ざるを得ないと思うのですが どうでしょう。
    • good
    • 0

 No.30を承けます。




 ◇ 親鸞の「義なきを義とす」の本来の意味は、 / bragelonneさんの考えとは違うのではないですか?

 ▼ (ヰキダルマ:義なきを義とす) ~~~~~~~~~  http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%BE%A9%E …

 本願他力に対しては、行者のはからいをまじえないことを本義とするという意。
 前の「義」は、「宜」と同意で、行者が自分の考えでよろしきように判断する「はからい」のこと。後の「義」は本義のことである。

 また「行者のはからいをまじえないのが、そのまま如来のはからいである」「行者のはからいを捨てるのが、往生におけるよいはからいである」などと解する説もある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ここから《本来の意味》を わたしはみちびいています。

 この説明では まだ《ハカラヒ》について それがあるのかどうか 交えるのかどうか さっぱり分からないはずです。
 なぜなら 《行者のはからいをまじえないことを本義とする》というときの《行者のはからいをまじえないこと》は 行者のハカラヒになるからです。《まじえないようにする意志行為》が交ざって来ますから。

 親鸞は 《非知》に到達した。これは 潜在可能性としてでも言える。と考えます。







 この非知を 道教・老荘思想が言っているか?

 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『荘子』内篇 万物齋同に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「先生は万物に共通する普遍的真理をご存知ですね」
 「そんなものは知らぬ」
 「では、わからないということだけはご存知なのですね」
 「それもわからぬ」
 「すると、いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」

   岸陽子 『荘子』 徳間書店
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 とありますよ。

 bragelonneさんの《非知》の定義に一致しているのではないですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ どうでしょう?

 ▽ ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ 既知と未知とが 自分の自覚において実際には不確かなものだ。とは言っているのでしょうね。


 それとも:
 ▽ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・・・いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この問答の中に 非知は潜んでいましょうか どうでしょうか?


 不可知は あくまでも経験事象のことです。知り得ないと知ったものごとですから。

 《いっさいは不可知であると判断するのか》――《それも分からない》。
 この問答は何を語っているか?

 いっさいが不可知であるわけはありません。はっきりしています。自覚にマチガイがあるにしても 既知と未知とはありますから。ぢゃあ あとは 何か? 非知のことをほのめかしていましょうか どうでしょうか?


 もしほのめかしていたのなら 早くはっきり言いたまえ。と言ってやりたい。

 潜在可能性として・含みとして語っているか?




 好意的に受け留めるなら イエスと言いたいところですが でもそのあとに:
 ▽ だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ と つないでいるのですよね。非知のナゾについては この説明部分には欠けらもないと見ざるを得ないと思うのですが どうでしょう。
    • good
    • 0

 No.30を承けます。




 ◇ 親鸞の「義なきを義とす」の本来の意味は、 / bragelonneさんの考えとは違うのではないですか?

 ▼ (ヰキダルマ:義なきを義とす) ~~~~~~~~~  http://labo.wikidharma.org/index.php/%E7%BE%A9%E …

 本願他力に対しては、行者のはからいをまじえないことを本義とするという意。
 前の「義」は、「宜」と同意で、行者が自分の考えでよろしきように判断する「はからい」のこと。後の「義」は本義のことである。

 また「行者のはからいをまじえないのが、そのまま如来のはからいである」「行者のはからいを捨てるのが、往生におけるよいはからいである」などと解する説もある。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ ここから《本来の意味》を わたしはみちびいています。

 この説明では まだ《ハカラヒ》について それがあるのかどうか 交えるのかどうか さっぱり分からないはずです。
 なぜなら 《行者のはからいをまじえないことを本義とする》というときの《行者のはからいをまじえないこと》は 行者のハカラヒになるからです。《まじえないようにする意志行為》が交ざって来ますから。

 親鸞は 《非知》に到達した。これは 潜在可能性としてでも言える。と考えます。







 この非知を 道教・老荘思想が言っているか?

 ◇ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『荘子』内篇 万物齋同に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「先生は万物に共通する普遍的真理をご存知ですね」
 「そんなものは知らぬ」
 「では、わからないということだけはご存知なのですね」
 「それもわからぬ」
 「すると、いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」

   岸陽子 『荘子』 徳間書店
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 とありますよ。

 bragelonneさんの《非知》の定義に一致しているのではないですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ どうでしょう?

 ▽ ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ 既知と未知とが 自分の自覚において実際には不確かなものだ。とは言っているのでしょうね。


 それとも:
 ▽ ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ・・・いっさいは不可知であると判断なさるわけですか」
 「それもわからぬ。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ この問答の中に 非知は潜んでいましょうか どうでしょうか?


 不可知は あくまでも経験事象のことです。知り得ないと知ったものごとですから。

 《いっさいは不可知であると判断するのか》――《それも分からない》。
 この問答は何を語っているか?

 いっさいが不可知であるわけはありません。はっきりしています。自覚にマチガイがあるにしても 既知と未知とはありますから。ぢゃあ あとは 何か? 非知のことをほのめかしていましょうか どうでしょうか?


 もしほのめかしていたのなら 早くはっきり言いたまえ。と言ってやりたい。

 潜在可能性として・含みとして語っているか?




 好意的に受け留めるなら イエスと言いたいところですが でもそのあとに:
 ▽ だが、おまえはばかに判断にこだわっているようだから、ことばでは説明しかねるが、まあ、話してみよう。だいたい、人間の判断は、相対的なものだ。われわれが知っていると思いこんでいることが、実は知らないことであるかもしれず、知らないと決めていることが、実は知っていることであるかもしれぬ」
 ☆ と つないでいるのですよね。非知のナゾについては この説明部分には欠けらもないと見ざるを得ないと思うのですが どうでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偶然=必然=運命???

ずっと考えていた事なのですが、頭の中がぐるぐるしてきたので、質問させて頂きます。
まず、タイトルにある3つの言葉の意味(定義)は、以下の通りです。
・偶然・・・何の因果関係もなく予測していない事が起こること
・必然・・・必ずそうなると決まっている事
・運命・・・生まれた時から定まっている、人の運

個人として全く落ち度がないのに、巻き込まれて被害者になる事ってありますよね。例えば、天災・事故・戦争などです。最悪の場合、命を落とされる方も多いのですが、ここで質問です。

1:こういった場合あなたなら、(生死に関わらず)その原因は「偶然・必然・運命」のどれに当てはまると思われますか?お答え頂けるのであれば、なぜ、そう思われますか?
2:「世の中に偶然はない」という言葉を信じますか?
  具体的に、そう思った出来事などはありますか?

私は、「偶然・必然・運命」というのは、言葉やそれぞれの意味は違っても、もしかして同じ事なのかなぁと思い始めています。偶然が世の中になければ、全ての出来事は「必然的」に起こっている事になりますよね?その「必然的」に起こっている事柄の中にいつもいる私達は、それが「運命」なのでしょうか・・・。
この辺りで、頭がぐるぐる状態です(-_-;)

上手く伝えられないのですが、皆様の考えや意見をお教え下さい。私は哲学の専門家でも何でもありませんので、直感的な回答でも構いません。色々な意見を聞きたいです。

ずっと考えていた事なのですが、頭の中がぐるぐるしてきたので、質問させて頂きます。
まず、タイトルにある3つの言葉の意味(定義)は、以下の通りです。
・偶然・・・何の因果関係もなく予測していない事が起こること
・必然・・・必ずそうなると決まっている事
・運命・・・生まれた時から定まっている、人の運

個人として全く落ち度がないのに、巻き込まれて被害者になる事ってありますよね。例えば、天災・事故・戦争などです。最悪の場合、命を落とされる方も多いのですが、ここで質問です。

1:...続きを読む

Aベストアンサー

 
存在世界の事象・できごとの生起は、どういう法則によって決まっているのか、というのは、存在世界の側で規定されているのだとも言えるのですが、他方、哲学的には、主観がこの「法則」をどのように把握するか、把握のための「概念」の展開によって見え方・捉え方が違って来るのだとも言えます。

詳論できませんが、事象の生起の「法則」についての主観つまり人間の主体精神の側の「概念の発達」によって、世界の事象生起の見え方が違って来るということです。ここで、「偶然」「必然」「運命」というような、法則概念の前提に、「主体の自由意志」という概念が重要な意味を持つのです。

原始人や幼児がそうである、そうであったと考えられるのですが、初期には、主体の自由意志の発動というものは意識されていないのです。世界の事象の生起は、舞台の劇を見ているように勝手に流れているのであって、自分もその劇に登場していても、自分が何かをしようとして、話やできごとが進行するのではないのです。

こういう捉え方は、偶然でも必然でも運命でもないのです。そこに世界が自分も含めてあって、展開しているという状態です。原始偶然とも、原始必然とも、原始運命とも呼べるのです。

ところが、主体が主体的に、何かを希望し意志し、そのように世界の事象や自己に関係ある何かの状態を、希望の方向へ、形へと展開を望んだとき、展開を意志した時、ここから偶然とか必然という「概念」が成立するというか、主体精神に把握されてくるのです。

「必然」という概念は、比較的、後になって把握されてきます。「自由な志向意志」に対する「抵抗」として、「偶然」と「運命」が把握されるのです。

さいころを投げて、特定の目が出るように意志しても、自由に出る目を決めることができないのです。また、狩猟にでかけて今日は大きな獲物が欲しいと思っても、希望や意志の通りにことが運ぶとは限らないのです。有名大学に入学したいと希望しても、意志の思い通りにはなりません。

このような希望や意志の思い通りにならない世界の事象の生起の法則というか、ありようを体験すると、これを把握・解釈するのに、最初に「偶然」という観念ができるのだとも言えます。入試が成功するかしないかは偶然だと考えるのです。

しかし、意志に抵抗する偶然の事象生起について、そういうことが起こるという事実に意味を見出そうとすると、偶然であるが、それは「意味あることなのだ」とすると、これは「運命」なのだ、ということになります。戦争に勝つも負けるも時の「運」だという把握です。神が偶然のさいころを振って決めているのかも知れないが、それは我々には「運命」であるという把握です。

しかし、事象の起こり方を色々経験し観察もしていると、偶然だと思ったことが、実は、規則性があるということが分かります。例えば、温度や風の具合によって、獲物の収獲に違いが出てくることが分かると、獲物とする動物の行動に、ある規則性があることが分かります。熟練の狩猟者は、こういう規則性を利用して、自己の希望や意志を実現するのです。技術的応用とも言います。

また雨や晴れや暴風などは、偶然に、でたらめに起こったり止んだりすると最初は考えるのですが、そこにまた規則性が発見されます。世界はでたらめに生起しているのではない、という考えが出てきます。起源がよく分からないが、ある「必然」で動いているように思える、という把握をしたとき、「必然」の概念が生まれるのです。

必然は、意志や希望に抵抗することもあるのですが、必然の規則性を利用して、意志や希望を実現することもできるのです。ある季節のある時刻頃には、大風が吹くというのは、必然で、意志では、この風を止めたり、遅らせたりできないとしても、この風を利用して、狩りを有利に行い、獲物を獲得できるというようなことが可能になるのです。

大学の入試は、テストがあって、それである一定の点数を獲得しないと合格できないのです。これは意志に抵抗する必然条件だとも言えます。幾ら祈祷したり、神に祈ったり、「必勝祈願」だとか考えても、必然条件に合わないと、入試には落ちます。

しかし、逆に、試験問題を調べ、その種類の問題を解く練習を繰り返し行い、大学受験塾などで、入試試験問題に対し十分に準備すると、試験で一定の点数を取ることができ、合格できます。点数で合否が決まるという必然法則に対し、意志の技術的応用で、必然があるので、それに準拠して、成功の方法が分かるということになります。

しかし、入試は、合格最低点数があると共に、獲得点数の上位から200人とかを合格にしてゆくという必然システムもあり、ある年度の入試では、獲得点数で合格できたのが、同じ獲得点数の実力なのに、もっと点数を取る受験生がなぜか、入試に加わって、200人の外に押し出されて不合格ということも起こるのです。

入試システムの必然に応じて、可能な準備をして、入試に臨んでも、合格するかどうかは、ときの運、あるいはその年度の偶然によるという事態も生じるのです。

こうして、世界の事象の生起について、「自由意志」への抵抗として、「偶然」と「必然」があり、偶然と必然を技術的に利用して、意志の希望を実現しようとする人間の知恵の展望には、実は、「未来の成り行きの先取りヴィジョン」というものがあるのです。

システムの「必然性」は、未来のヴィジョンを築くのに有効なのです。こうすれば、こうなるという必然法則・因果法則があれば、未来がどうなるか予測できるのです。しかし、偶然という要素が、予測を不完全にします。偶然はさいころを投げるようなことで、結果がわからないのです。

ここで、未来のヴィジョンを前もって展開できるという人間の未来展望能力から、「未来と時間経過の結果」についての、「背後に隠れている構造」を構想した結果の「把握態度・構想態度」という精神の態度が出てくるのです。できごとの生起について、「楽観的」か「悲観的」かというような態度がありえるでしょう。

結局、あらゆる知力、知識を尽くして、未来を予測しようとして予測できないとき、未来に対し、「すでに定まっている」という把握態度を取るか、「定まっていない」という把握態度を取るかです。これは、知識を超越した次元での世界の隠れている構造要素・原理が問題となっているのです。

この把握態度と、「意志の能動性の態度位相」というものが交錯すると、未来展望に幾つかのヴァリエーションが出てくるのです。「既定+能動意志」の場合、能動意志を含めてすでに決まっている運命である(積極的運命従属)。「未定+能動意志」の場合は、決まっていない未来を、意志で切り開こう(積極的運命開拓)。「既定+消極意志」では、運命の前、なすすべもない(消極的運命従属)。「未定+消極意志」では、未来は分からないので、なるようになるしかない(意志放棄運命従属)。

>個人として全く落ち度がないのに、巻き込まれて被害者になる事ってありますよね。例えば、天災・事故・戦争などです。

1)「巻き込まれた」という限りは、「偶然に巻き込まれた」のであるが、巻き込まれた事実において、それは「必然」である。ただし、予見でき回避できた場合は、「必然」とは言えないでしょう。回避しようと思ったが、偶然巻き込まれたか、回避の努力も空しく巻き込まれた、という場合、「必然」ではないでしょう。巻き込まれざるを得なかった場合、必然です。

それを、「運命」とするかしないかは、或る意味、意味のない問いとも言え、未来が既定の場合も、未定の場合も,両方とも、そういう運命だという把握は可能なのです。「運命などない」というのは、意志によって運命を切り開けるというヴィジョンです。

従って、この問いの場合、それは「運命」であった、ということになります。人生のあらゆるできごとは、偶然も必然も含めて、運命だと言えるからです。

2)「世のなかに偶然はない」ということはありません。偶然が一杯あります。さいころの例になりますが、さいころを振って出てくる目が、何であるか、神か悪魔か天使が、一々決めているとは考えがたいので、偶然で決まっているとするのが自然でしょう。

ただし、人生のヴィジョンにおいて、人間の意志や知恵や策謀を超えた彼方で、何ものか人知を超えた法則で、人生の運命は決まっているという展望をした場合、「世のなかに偶然はない」ということになります。これは、そういう事実・事態が「ある」というより、人間の側の認識・把握の問題です。

「世のなかに偶然はない」ので、それゆえ、何を試みても無駄だという考えにもなれば、そうであるが故、運命を切り開いて、未来を切り開くのだ、という考えにもなるのです。

「偶然はない」ので、意志しても、定まった運命は変わらないとも感じられれば、「偶然はない」ので、意志すれば必ず道は開かれる、失敗した場合は、努力が足りなかったのだ、と両方出てくるのです。

人生について、偶然、必然、運命というようなことを考えると、先に述べたように、予測・予見できない次元でのありようが問題になってきて、それをどのように見積もり、意志的に展望するかで、偶然、必然、運命というのはぐるぐる回って行くのです。

一切は必然だと展望すると、そのように展望した世界の運命は、何ものかの気まぐれによる偶然に支配されているとも考えられ、更に、そのような何ものかの気まぐれも、また必然で、偶然ではないのだ、という風に、幾らでも、予見できない次元の決定項について、偶然と必然を入れることができるのです。

わたしは、「運命を切り開くことのできる人間」というヴィジョンが好きです。わたし個人は、力尽きて倒れようと、人類は、その運命を切り開き、星々の未来へと到達するであろうと、展望しています。逆に言えば、経験として、わたし自身について、自己の運命を切り開くのは難しいと痛感しているということです。

しかし、どこまでも希望と意志は持ち続けて行きたいと思っているのです。
 

 
存在世界の事象・できごとの生起は、どういう法則によって決まっているのか、というのは、存在世界の側で規定されているのだとも言えるのですが、他方、哲学的には、主観がこの「法則」をどのように把握するか、把握のための「概念」の展開によって見え方・捉え方が違って来るのだとも言えます。

詳論できませんが、事象の生起の「法則」についての主観つまり人間の主体精神の側の「概念の発達」によって、世界の事象生起の見え方が違って来るということです。ここで、「偶然」「必然」「運命」というよう...続きを読む

Q結婚の必然性

結婚の定義が判然しないのですが、

だいたいどの国にも「結婚」という文化が存在すると思います。

独立的に育ってきた数多くの国家が申しあわせたかのように
結婚という文化を持っていることが私には不思議で仕方ありません。

結婚の必然性、合理性についてご教授願えませんでしょうか。

Aベストアンサー

国家とか結婚の在り方を考えない動物は子孫によって肉体を保存する生殖活動(遺伝子を運ぶ船渡し)に留まる。

動物は子育てにふさわしい相手を吟味するのに、性交に至れない、至らない恋愛期間というものがない。恋に恋するとか。
欲情しない恋愛は不毛、欠陥品、異常です。自己顕示欲と性欲が密接であるのでそうなります。形のない理想や精神性の保存まで望んで異性と結びつくのじゃないのですね。

人間は思考も社会性も高度に発達したので肉体の保存と同様に精神性の保存(価値観)も願うので、その為文学や芸術が発達したのも精神性の保存目的だと思います。その為不毛な欠陥品の異常な恋愛は往々に存在します。魂は肉体よりも精神のことで、次の世代を育むのに世帯ごとで子育てする必然性があります。

結婚は自立が遅く、人間しか人間らしい人間を育てられないということで、人間にとって、最低限資質の異なる男女二人の親を得られる保証が為され生存確率を上げるために合理的となったのと思う。食料確保に有利、大事に育てられる。親という責任者を作っておくのが合理的となったのだろうと思う。

男女間で結婚後も恋愛が続いていても、すっかり冷め切ってるに関わらず義理と人情と根性と理性で離婚を我慢していても、経済的に男女も、大人と子供も(もし)平等に安全に暮らせるようになったら(そうは望みませんが)義理立てて戸籍を一まとめにして納税や相続する必要すらなくなるかもしれませんよ。

結婚も理想概念で、自然や国家が保証したり、種族保存本能(社会性、群れの本能)としての習性でも摂理でもなく、定義として国家が自立しうる男女と子孫を同一の戸籍にし、労働と納税の義務を負わすかわりに、世帯内での資産の分配を自由とする権利を与える?

その与えられた婚姻や世帯の権利も当然と信じていれるなら幸せですが、世帯を所有しつつも恩恵を感じてない人は多いんじゃないでしょうか。

国家とか結婚の在り方を考えない動物は子孫によって肉体を保存する生殖活動(遺伝子を運ぶ船渡し)に留まる。

動物は子育てにふさわしい相手を吟味するのに、性交に至れない、至らない恋愛期間というものがない。恋に恋するとか。
欲情しない恋愛は不毛、欠陥品、異常です。自己顕示欲と性欲が密接であるのでそうなります。形のない理想や精神性の保存まで望んで異性と結びつくのじゃないのですね。

人間は思考も社会性も高度に発達したので肉体の保存と同様に精神性の保存(価値観)も願うので、その為文...続きを読む


人気Q&Aランキング