ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

適応障害により会社を退職し、失業保険の手続きをしました。
職員の方に退職理由を聞かれた時、離職票には一身上の都合とだけ書かれていましたが実は体調不良(適応障害)のため退職したと伝えたところ就労可能証明書を渡され、医師に書いてもらうよう言われました。
退職までの間に病院には一度しか行っておらず、その時に適応障害と診断され、休職を要するという診断書は出せると言われましたが、適応障害の原因は現在の会社なのでできれば辞めたほうがいいと思うと言われました。
正社員ではなかったこともあり、私自身、休職しても復職は難しいと思い、退職したのですが、就労可能証明書には就労不可期間の有無や、傷害手当ての有無などを記入する項目があり、私の場合全てに当てはまるわけではありません。
就労可能証明書について少し調べましたが、就労不可期間は失業保険の手続き日前の日にちでないといけないという一文も見かけましたが、そもそも私の場合就労不可(医師には暗に退職を勧められましたが)とまでは言えないように思います。
(就労不可ではないが困難な状態だったとは思います。)
最終的にはハローワーク職員の方の判断だと思いますが、私の場合就労可能証明書を書いて頂いても無駄になる可能性が高いでしょうか。
適応障害により退職したのは事実で、早く再就職先も見つけたいのですが、3ヶ月後の受給ではその間金銭的に厳しい部分もあり困っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

健康保険の加入期間は離職当日で1年ありますか?1年あれば傷病手当金の離職後継続給付と雇用保険の受給期限延長を組み合わせる事で安心して病気を治し、治ってから就職戦線に復帰する事が可能です。


就労不能を理由に離職すると正当事由のある自己都合として支給停止無しになりますが、一方で就労可能になる迄失業給付金の申請は差し止めとなり、この期間が離職後30日以上になると受給期限延長手続きで受給期限を繰り下げる訳です。
就労不能を理由に離職したのだから就労可能になった診断書が必要になるのです。
離職前に医師から就労不能の診断書を受けて4日間以上有給休暇を取り、3日以上休んで(健保の待期を完成させて)有休明けに(欠勤届と共に)辞表を提出して離職当日を欠勤にするのです。離職当日を傷病手当金の支給対象日(連続休業4日以上且つ当日が無給である事)にする事で傷病手当金の離職後継続給付の対象になります。
    • good
    • 10

雇用保険の失業給付は


失業している人に給付されるものなので
病気やけがですぐに働けない人には給付されません。
働けるようになるまで延長手続きをして働けるようになってから
受給します。
貴方は自己都合で退職したということでしょうから
3ヶ月の受給制限があるので
受給延長手続きをして3ヶ月経ってから就労可能という医師の証明をうければ
延長解除と同時に受給できるようになります。
病気で働くことが困難で辞めたという理由で特定理由離職者となるとすれば
働けるからすぐに受給したいというのは理由が矛盾するでしょう。
そんなに都合よくはいきませんよ。
働けるということで受給制限がついても
ハローワークで求職の申込みをしてハローワークの斡旋で就職すれば
支給残の一部を再就職手当として一括で支給されるので
働けるのであれば次を探した方が先にお金はもらえます。
失業給付をもらわないで再就職手当を受ければ
支給残日数の60%の額を一時金でもらえます。
https://www.hellowork.go.jp/dbps_data/_material_ …
    • good
    • 8

あんさん、要らんこと言いましたな!


>実は体調不良(適応障害)のため退職したと伝えたところ
実際には「助言」の話を、デカデカと誇大に話してどうしまんねん。
自分で自分の首を締め付けてるのと同じでっせ!
>私の場合就労可能証明書を書いて頂いても無駄になる可能性が高いでしょうか。
無駄ではなく「書いて貰わんと失業保険が貰えん」のでっせ!
早々に病院行って「要らんこと言ってこれ貰った」と言って「就業可能」と書いて貰いや!
診察料と書類代の余分な銭は必要でっけど・・・

この回答への補足

本当のことは言わず、一身上の都合とだけで通したほうが良かったのでしょうか?
医師には既に渡し、記入待ちの状態です。

補足日時:2014/11/14 12:50
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就労可否証明書はすぐ書いてもらえる?

12月29日付で退職し、今日ハローワークに行ってきました。

辞めた原因はいろいろあるのですが、目のアレルギーが原因のひとつでもあり、お医者さんには「今の仕事辞めたほうがいいよ」と言われました。その話をハローワークの職員の方にしたところ、就労可否証明書というのをお医者さんに書いてもらうと、3ヶ月を待たずにすぐに失業保険がもらえる可能性があると言われました。

就労可否証明書というのは、お医者さんに持っていけばすぐに書いてもらえるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1です。証明書の金額について補足します。
私の場合証明を貰ったのが6年前で、よく覚えいない&領収書は医療費控除申請で税務署に提出してしまったので、はっきりとお答えできないのですが・・・。

証明書類は保険適用の範囲外なので、医師の自由裁量になると思います。私の場合は、いつもの診療代+薬代の1000円増しぐらいだったと思います。

お役所に提出する証明書は、そんなに多くはとらないと思います。

Qハローワークへ提出書類 就労可否証明書の書き方

傷病手当を受給していましたので、失業保険の受給延長を申請していました。
傷病手当の期間が終了するので失業保険を受給しようと思います。
そこで提出する書類で「就労可否証明書」の「証明日現在の就労可否の状況」の箇所でイ・ロによって受給に制限が加わるのですか?(イ、通常の労働に差し支えない ロ、通常の労働は不可であるが、軽労働であれば差し支えない)
この箇所の書き方で、金額や期間が変わるのですか?

Aベストアンサー

みんな、就労可否証明書やら、何やら、頻繁に記入した者など居ません。
分からない事にぶつかったら、ハローワークで、最寄りの職員を捕まえて聞きましょう。
奴らは、我々が納めた税金で食っているのだから。
因みに、失業保険の受給期限は、
健常者さんは、月2回の失業認定を受け、3ヶ月。
障害者は、それなりの診断書を添えて、認定が通れば、12ヶ月。
うろ覚えですが、金額は、直近で勤務の会社の給与から天引きされていた額に依ったと思います。
ご心配なら、取りあえず、最寄りのハローワークで確認されては?

Q病気で退職後の失業保険について

身体を壊してしまい、しばらく休職していたんですが、会社に迷惑をかけるので、退職しました。
この場合失業保険は待機期間なしでもらえるんでしょうか?
それとも医師にもうしばらくは働けないという診断書を書いてもらったほうがいいのでしょうか?診断書があれば直ぐに失業保険がもらえると聞いた事があるので…

病気の方はほぼ治りかけなので、医師に働けるか働けないか自分で伝える感じだと思います。
先週はそんな感じで聞かれたので。

全くわからないので、どうか皆様の知識をかしてください。
よろしお願いします。

Aベストアンサー

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしていることになります。

保険は、就職の意欲がある方に対して支給されますので、次の方には、資格があっても、受給できません。
(1)病気や怪我の為に、すぐには就職できない時。(労災保険の休業補償、健康保険の傷病手当金などの支給を受けている場合も含みます)
(2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない時
(3)定年などで退職して、しばらく休養しようと思っている時
(4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができない時
(5)自営をはじめた時。(準備を開始した段階を含む。収入の有無を問いません)
(6)新しい仕事に就いた時(アルバイト、パート、派遣、見習い・試用期間、研修期間を含み、収入の有無を問いません)
(7)会社・団体の役員に就任した時。また、現在役員に就任している場合(事業活動及び収入がない場合(名前貸とか)にはハローワーク窓口で相談)
(8)学業に専念する時
(9)就職することがほとんど困難な職業や労働条件(賃金・勤務時間など)にこだわり続ける時
(10)雇用保険の被保険者とならないような短時間就労のみを希望する時
(11)親族の看病などですぐには就職できない時
このように、再就職に向けて前向きな活動ができない場合には支給してもらえないようになっています。

うつ病などが理由で会社を退職した場合にはどうなるのかというと、やはり支給はありません。
ただし、受給期間の延長を申請することができるので、うつ病が克服できて働けるという状況になった場合には問題なく支給してもらえます。

貴方の場合は、働く意欲があると、判断されれば受給できますが、自己都合退職ですから、手続き終了後、約4か月後に受給開始となります。ハローワーク紹介の事業所に就職されたなら、条件を満たせば、就職祝い金が支給されます。

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしている...続きを読む

Q自己都合による退職 特定理由離職者になる為には?

約5年勤めた会社を今月退職します。
以下についてご教示いただければ幸いです。

Q1
数ヶ月間、耳の不調が続き日常生活にも支障をきたしたので、病院へ行ったところ、医者に「突発性難聴」と診断されました。ストレス・睡眠不足も原因になるということなので大事を取って、会社を退職することにしました。
診断書の附記欄には「・・・・約2週間の精査か療を要する」と記載されています。

この内容で、「特定理由離職者」のやむを得ない理由(聴力の減退)の範囲として判断してもらえるのでしょうか?


Q2
社員が「特定理由離職者」になった場合、会社側は「助成金」が受けられない?など会社側のマイナスとなることはあるのでしょうか?

小さな会社なので、会社側が離職票に「自己都合」と書かれた所に、こちらが「異議あり」とすることが、精神的に難しい状況です。。(何を言われるか・・・)
また、本人も自己都合で異議なしとした場合でも、ハローワークの窓口で、実は病気が原因でやむを得ない状況だったので退職しました。と言えばくつがえるのでしょうか?

分かり難い内容で恐縮ですが
どなたか助言をいただければ幸いです。

約5年勤めた会社を今月退職します。
以下についてご教示いただければ幸いです。

Q1
数ヶ月間、耳の不調が続き日常生活にも支障をきたしたので、病院へ行ったところ、医者に「突発性難聴」と診断されました。ストレス・睡眠不足も原因になるということなので大事を取って、会社を退職することにしました。
診断書の附記欄には「・・・・約2週間の精査か療を要する」と記載されています。

この内容で、「特定理由離職者」のやむを得ない理由(聴力の減退)の範囲として判断してもらえるのでしょうか?


Q2
社...続きを読む

Aベストアンサー

的を得ない回答ばかりが続いていますが、きちんとした判断基準があります。
それ(以下URLのPDF)を見ていただいたほうが早いと思います(PCからごらん下さい)。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/03.pdf

7ページ目をごらん下さい。

あなたの場合でしたら、「突発性難聴により勤務継続が困難であり、かつ、そのことを配慮した上の配置転換・業務内容変更をもってしてもなお勤務継続が困難である」との「2つの条件をともに満たす」ことが必要で、かつ、医師の診断書によって「勤務の継続は困難である」と客観的に証明してもらうことも必要です。

要するに、自分で勤務継続が困難だからやめた、というのでは、単なる自己都合退職に過ぎません。
辞める前に、まず、傷病や障害に配慮した配置転換や業務内容変更が行なわれることが前提で、それをもってしても傷病や障害が重いために退職せざるを得ない、としたときに、そこで初めて、特定理由離職者として認められる可能性が出てくるのです。
そして、なおかつ、そのこと(「配置転換や業務内容変更を行なってたとしても、傷病や障害ゆえに職務に耐えられない」ということ)を医師の診断書で証明しないとなりません。

あなたが書かれている内容を拝見するかぎり、これらのことを満たしてはいません。
であれば、特定理由離職者とはなり得ないと思います。
 

的を得ない回答ばかりが続いていますが、きちんとした判断基準があります。
それ(以下URLのPDF)を見ていただいたほうが早いと思います(PCからごらん下さい)。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken05/pdf/03.pdf

7ページ目をごらん下さい。

あなたの場合でしたら、「突発性難聴により勤務継続が困難であり、かつ、そのことを配慮した上の配置転換・業務内容変更をもってしてもなお勤務継続が困難である」との「2つの条件をともに満たす」ことが必要で、かつ、医師の診断書によって「勤...続きを読む

Q病気退職の場合の失業保険給付について

教えてください。約10年間、パートで働いてきましたが乳がん治療の為
10日程前に退職しました。病院通いの為に仕事を休むのも申し訳ないような忙しい職場でしたので治療に専念したいと退職させてもらいました。失業保険の給付を受けながら無理のない簡単な仕事を探そうと思うのですが、失業保険の給付は可能でしょうか?手術は終わりましたし、幸い超早期だったので働く事は可能です。職業安定所で正直に話してもいいものか悩んでいます。
それと病気などによるやむをえない理由があった場合は、3ヶ月の待機期間を待たずに失業保険を受けられる、と聞いた事があるのですが本当でしょうか?ご存知の方どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。失業手当の支給要件は大雑把にいうと、(1)原則1年以上、雇用保険料を納めたこと、(2)働く意思と能力があること(軽作業ならできるでも問題なし)、(3)離職票の提出など所定の手続きをし、求職の申込をすることの3点です。

 ご質問を拝読する限り、あとは手続きすれば大丈夫みたいですね。3か月待てるならば病歴についてあえて話す必要もないし、仮に話したとて、それが手当の支給や再就職に差し障ることもないです。

 その3か月ですが、待期期間ではなくて(漢字も待機ではない)、給付制限と言います。一身上の都合で辞めたひとは支給が3か月先延ばしになります(3か月分を削られるのではない)。

 私の場合は、離職票上の離職区分は一身上の都合だったのですが、会社が直前に病気休職をしたことを付記してくれたこと、また、その時の主治医の診断書を持参してハローワークで説明したことにより、やむを得ない自由による自己都合退職ということになって、3か月の給付制限はなくなり、1週間の待期だけで支給が始まりました。

 ある程度は病歴を伝えないと、こういうことにはならないと思います。プライバシーもありますので、ゆっくりお考えになってください。予後もどうぞお大事に。

 こんにちは。失業手当の支給要件は大雑把にいうと、(1)原則1年以上、雇用保険料を納めたこと、(2)働く意思と能力があること(軽作業ならできるでも問題なし)、(3)離職票の提出など所定の手続きをし、求職の申込をすることの3点です。

 ご質問を拝読する限り、あとは手続きすれば大丈夫みたいですね。3か月待てるならば病歴についてあえて話す必要もないし、仮に話したとて、それが手当の支給や再就職に差し障ることもないです。

 その3か月ですが、待期期間ではなくて(漢字も待機ではな...続きを読む

Q退職理由を自己都合から会社都合に変えた場合、会社に通知は行きますか?

先日、5年間働いた会社を退職しました。
会社には表向き「異業界へ転職したい」と言って辞めましたが、
本来の理由はあまりに残業が多いことによります。
しかし、円満に辞めたかったので(社風は好きでしたので…)、
自己都合ということで辞めました。

ただ、自己都合で辞めると3ヶ月間の給付制限が付き、
その間、再就職先も見つからないままだと、
貯蓄を切り崩さざるを得ず、生活が苦しくなってしまいます。
そのことを職安の係りの方に相談すると、
残業時間が退職直前の3ヶ月に45時間以上は軽く超えていたので、
会社都合に切り替えられる(特定受給資格者になれる)と言われました。
ただ、円満退職した以上、会社都合に変えることを会社に知られたくはありません。
特に総務課・人事課には仲の良い人たちもおり、
退職後も付き合いがあるので、そのことによってギクシャクしたくありません。

そこで質問ですが、退職理由を変えたことを会社に知られてしまうことはありますか?
もし知られてしまうようなら、このまま自己都合で我慢しようと思っています…。

Aベストアンサー

結論から言うと、職安の担当者に「因り」ます。

最初(離職時に会社にて)に自己退職としておき、いざ職安の窓口で色々と「申し立て」をし、会社都合「扱い」(干渉による解雇)にする場合が実は良くあります。

昨今良くあるケースなんで、その際に前の会社に「わざわざ」問い合わせるというのは、私の知る限り有りませんが、無いとも言い切れません。
ですから、前述の様な回答になります。
ちなみに「通知」というのはありません。しかし、新しい会社に就職するときに「会社都合」と言うのが判ります。

ズバリ、職安の担当者に「前の会社には言わないで下さい」と頼んでみましょう。

Q失業保険で就職困難者になるデメリット【うつ病】

宜しくお願いします。

先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。
ハローワークに医師の診断書(週20時間なら働ける旨)を
提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として
給付日数が30日増えるよと言われました。

ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、
聞き返しても早口だし説明が抽象的(?)で、結局よく分からずじまいです。

その人の話から かろうじて汲み取れたのは、
『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、
 ハーローワーク出張所等の障害者用窓口がない所だと窓口が使えない』的な事くらいです。
(求職や検索は、健常者と同じようにやっても良いとの事。)

デメリットは、本当にそれだけでしょうか?
まだ手続きを始めたばかりで、今後の求職活動で
それが どうデメリットに感じてくる事になるのか、いまいちピンと来ません。

うつ病などで就職困難者申請をした人で、
こういう点でデメリットを感じた、という具体例がありましたら是非お聞かせ下さい。

例えば、週あたりの労働日数や時間を限定されたせいでそれが足枷になり、
望む求人に応募できなくてorzな思いをしたとか?

例えば、障害者枠の求人を あっせんされて むげに断れなくて困ったとか?

そういう時は こういうふうに回避したよ、というお話も聞ければ大変助かります。

宜しくお願いします。

先月、うつ病で休職期間満了のため会社をクビになりました。
ハローワークに医師の診断書(週20時間なら働ける旨)を
提出したところ、医師の意見書を提出すれば就職困難者として
給付日数が30日増えるよと言われました。

ただし、デメリットがあるので良く考えて決めろと説明を受けたのですが、
聞き返しても早口だし説明が抽象的(?)で、結局よく分からずじまいです。

その人の話から かろうじて汲み取れたのは、
『相談窓口が、必ず〝障害者用窓口〟でなくてはいけなくなるので、
 ...続きを読む

Aベストアンサー

 私はうつ病ではありませんが。

 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。
 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。(もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。試してみる価値はあるとは言えると思います。)

 私も就職困難者に認定されたら、仕事探しは、企業に対して、障害者と説明しての就職活動しか出来ないと聞きました。ただし、それは、増加された失業保険受給期間中のみです。受給期間が切れたら、それをする義務はなくなります。(ハローワークによって違うのかも知れませんが)。増加された失業保険期間中に就職出来る自信がないのであれば、就職困難者として、失業保険を受給しても良いと思います。後、ハローワークを経由しない、就職情報誌等を通じての就職活動についてはこの制約は受けません。
 
 正直言って、「週20時間程度」の仕事を探すのは困難をきわまるので。就職困難者と認定された方が気分的には楽だと思います。「今の仕事がしんどいから、残業なしかほとんどないレベルの仕事に就きたい」ぐらいの人でないと、健常者としての失業保険を受ける利益はないと思います。

 後、精神障害者を雇いたいという企業はめったにないため「障害者枠の求人をあっせんされてむげに断れなくて困った」とかいう心配は、杞憂に近い心配です。むしろあっせんされた方は奇跡に近い幸福なのですが。
大体、精神障害者は仕事に受かる事は出来ても、仕事を続ける事が困難な障害とされているため、ハローワークはよほどの人でないと仕事をあっせんしてくれません。
 

 私はうつ病ではありませんが。

 法律上は、うつ病の人は、精神障害者福祉手帳を保持していないと就職困難者扱いにはなりません。
 診断書のみで就職困難者になるのは、統合失調症、躁鬱病、てんかんの人のみです。あなたが手帳を保持していないのであれば、ハローワークの人の勘違いではないかと思うのですが。(もっとも、勘違いをしているのがハローワークの人であれば、そのハローワークではそれで通用するのかも知れませんが。試してみる価値はあるとは言えると思います。)

 私も就職困難者に認定され...続きを読む

Qうつ病で退職の場合失業保険はすぐもらえる?

1月6日に職場の所長による毎日のいじめに耐えるのに限界を感じ、退職を申し出ました。それ以後は職場へ行っていません。先日離職表が送付され、1月下旬で自己都合退職です。失業保険の手続きをしますが、この場合失業保険の受給がすぐ受けられるのでしょうか?職場の所長のひどいいじめに対して、うらみをもっています。労働相談所へ相談すれば、失業保険の給付制限がなくなることは可能でしょうか?今は、うつ病と診断され心療内科に通っています。調べたところ、32条の申請をすると安くなるみたいで、それは今度病院で聞いて見ます。あと、疾病手当金はもう職場を退職して、今の会社の社会保険は返却し、国民健康保険に加入するのでもらえないのでしょうか?
1月31日には手続きを行いに行く予定ですので、お詳しい方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

私も鬱病で会社を退職しました。
その後、失業保険を貰うためハローワークに
相談したところ、病気で会社を退職した場合は医師の
診断書があれば直ぐに受給できると言われました。
ただし、診断書の内容についてハローワークの係り
の人から言われたとおりに医師に言ってその内容を
書いて貰いました。
診断名 鬱病
    平成○○年○月より上記症状が増要傾向に
    あり離職月より現在通院加療を要するが、
    軽作業等であれば就労可能を認める。
     
以上のような内容の診断書を貰えれば直ぐに受給
手続きをしてくれます。    

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q離職区分について!!

先程退職した職場から離職票が届きました。
早速離職票を見てみると離職区分が4Dになっておりました。

妊娠をして病院側から絶対安静指示、入院等の理由から周りに迷惑をかけられないので、辞めたくなかった職場を退職致しました。

急な事で経済的にも余裕がないため子どもが産まれたら直ぐにでも働きに出たいと思っていますが、子どもが3人にもなれば雇われるのにも相当な時間がかかると思われます…そこで質問なのですが、離職区分が4Dだと3ヶ月間給付まで待機期間がありますが、経済的理由に待機期間をなしにすることはできないのでしょうか!?

妊娠により辞めざる終えなかった場合、特別な理由にはならないのでしょうか!?

詳しい方回答お願い致します。

Aベストアンサー

No.2です。
蛇足かもしれませんが、下記が分かりやすいので参考にしてください。
http://members3.jcom.home.ne.jp/mu-isawo_rosha/koho13.html
引用もしておきます。

1.通常の離職者より多い給付日数の人

 1-1特定受給資格者
11(1A) 解雇(3年以上更新された雇止め)
12(1B) 事業の継続が不可能になったことによる解雇
21(2A) 雇止め(事業主側の事情による契約終了又は雇止め、3年以上更新)
22(2B) 雇止め(更新の確約があった雇止め、3年未満)
31(3A) 倒産・退職勧奨・法令違反の労働環境などの、正当な理由のある自己都合退職
32(3B) 事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職

 1-2特定理由離職者
23(2C) 事業主の事情による、有期契約の契約終了又は雇止め(3年未満)
 個別延長給付の候補になります。非自発的離職者として国民健康保険料軽減措置の対象です(11,12,21,22,23,31,32)。

2.給付日数は通常の離職者と同じ
33(3C) 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月以上)
34(3D) 正当な理由のある自己都合退職(被保険者期間12ヶ月未満)
※非自発的離職者として国民健康保険料軽減措置の対象です(33,34)。

●雇用保険を受けるとご主人の社会保険の扶養家族となれない可能性もあります。
 その場合国民健康保険に加入する必要が出てきます。
 上記離職理由コードであれば保険料が安くなります。

24(2D) 契約期間満了による離職(1A~2Cに該当する場合を除く)
25(2E) 定年退職、移籍出向

3.3ヶ月の給付制限を受けます
40(4D) 正当な理由のない自己都合退職 ●雇用者としてはそこまでしか判断できない
45(4D) 正当な理由のない自己都合退職  ということでしょう。
50(5E) 背任行為、懲戒事由に基づく被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇
55(5E) 背任行為、懲戒事由に基づく被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇
***************

・会社都合、自己都合といった2択ではないこと
・雇用者(会社)が判断できること
・国が判断できること(例えば受給期間の延長措置など)
・さらにそれを妥当かどうか判断、承諾する本人
といった複数の判断が入ります。

雇用保険で一番肝心なことは、就職求職活動のために
給付される手当であることをご理解ください。
失業したらもらえるものではないのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ですので今後、毎月1回就職活動をしているかをチェックする認定日が
設定され、月2回以上の求職活動した上で、その認定日で出向いて
報告しないと、雇用保険の基本手当は受給できません。

このあたりをよく理解していただきたいと思います。
お体のこともありますから、健康保険の手続きもお忘れなく。

余計だったかもしれませんが、お体を大切に。

No.2です。
蛇足かもしれませんが、下記が分かりやすいので参考にしてください。
http://members3.jcom.home.ne.jp/mu-isawo_rosha/koho13.html
引用もしておきます。

1.通常の離職者より多い給付日数の人

 1-1特定受給資格者
11(1A) 解雇(3年以上更新された雇止め)
12(1B) 事業の継続が不可能になったことによる解雇
21(2A) 雇止め(事業主側の事情による契約終了又は雇止め、3年以上更新)
22(2B) 雇止め(更新の確約があった雇止め、3年未満)
31(3A) 倒産・退職勧奨・法令違反の労働環境などの、正...続きを読む


人気Q&Aランキング