1.2ジオールの保護について教えていただきたいと思っています。2位の水酸基をトシル化させ、求核置換反応をしようと思っています。そのため、1位(末端)の水酸基を保護しようと思っているのですが、1位のみ選択的に保護できる方法についてご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。よろしくお願い致します。

A 回答 (5件)

BulkyなTr等で保護するのがいいのではないでしょうか?


subtrate(1eq)vsTrCl(1eq)として、低温でゆっくり反応させれば求核性の違いから完璧な選択性とは言えないかもしれませんが、それなりに選択的に進行すると思いますよ。
こういう場合、早く作るのであれば保護基は何でもいいのでとりあえず低温でやってうまくいかなかったことは私はありません。
    • good
    • 0

シリル系でbulkyな保護基はTBDPS (tert-ブチルジフェニルシリル)やTBDMS (tert-ブチルジメチルシリル)でしょうか。

脱保護はTBAF (「てぃーばふ」と呼んでました、Bu4N+F-,テトラブチルアンモニウムフルオライド)かPyr・HFでしょうね。(シリル系はフッ素で落とすのが普通ですが、落ちない時は保護基の再検討が必要ですね。)
1年間強、有機合成をやっていたのですが、実際に私がやったことがあるのは、一級水酸基の保護にTBDPSを使い、脱保護にはTBAFでやりました。他に水酸基がなかったのでわざわざTBDPSを使わなくてもよかったのですが、UVを吸収するようになるのでTLCが楽ということで使いました。

Pyr・HFは使ったことがないですが、TBAF(THF溶液として売っているはずです)は混ぜてぐるぐるするだけだったような記憶です。反応が終わったら、エバポでTHFをとばして、溶けるもの(塩化メチレン等)に溶かして、分液ロートで洗って、硫酸ナトリウムで乾燥させて、エバポでとばして、カラムや分取TLCにかけて、濃縮して終わり!

まぁ、全合成のペーパーを読んでいくと(最初はScheme・試薬を眺めるだけでもいいけど)だんだん憶えていきますよ。合成をやっていくなら「Protective Groups in Organic Synthesis」(John Wiley & Sons, Inc.) は買うべきだけど、あくまで八方塞の時利用するぐらいでしょうか。全合成のペーパーを読んでいったほうが力はつくと私は思います。

http://www.chem-station.com/yukitopics/protectin …
http://www01.u-page.so-net.ne.jp/db4/laurel/pers …
http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/~moik/index.html
http://www.rpi.edu/~wentmp/mophine-paper1-publis …
http://web.agr.ehime-u.ac.jp/kagaku/nouyaku/page …
http://133.3.40.20/member/TAKIMO/SHURON.html
http://www.tokyokasei.co.jp/newsletter/page/b190 …

こんな試薬もあるんですね。値段、高っ~!
http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/~moik/drthesis …
    • good
    • 0

rei00 です。



> 実験化学講座早速調べましたが、・・・・載っていませんでした。

 そうですか。何かその類の講座でみた様な気がしたんですが,「新実験化学講座」とか「続実験化学講座」等の別のものだったかも知れません。すみません。

> 何かいい文献等見たことあるということでございましたら、是非紹介してください。

 とりあえず「Protective Groups in Organic Synthesis」(John Wiley & Sons, Inc.) の TBDPS の項を紹介しておきます。

【Formation】
1. TBDPSCl, imidazole, DMF, rt. (ref.1)
2. TBDPSCl, DMAP, Pyr. (ref. 2)
3. TBDPSCl, poly(vinylpyridine), HMPT, CH2Cl2 (ref. 3)
4. TBDPSCl, DMAP, triethylamine, CH2Cl2 (ref. 4)
 この反応は,2級水酸基存在下でも1級水酸基に高選択的だそうです(第一候補?)。

【Cleavage】
1. Bu4N+F-, THF, 25℃, 1-5 h, >90% yield (ref. 1)
2. 3% methanolic HCl, 25℃, 3 h, 71% yield (ref. 1)
3. 5N NaOH, EtOH, 25℃, 7 h, 93% yield (ref. 1)
4. 10% KOH, CH3OH (ref. 5)
5. Pyr・HF, THF (ref. 6)
6. Amberlite 26 F- form (ref. 3)
7. HF, CH3CN (ref. 7)

【References】
1. Can. J. Chem., 53, 2975 (1975); 55, 562 (1977).
2. Helv. Chim. Acta, 69, 1273 (1986); Carbohydr. Res., 139, 161 (1985).
3. Chem. Ind. (London), 643 (1983).
4. Tetrahedron Lett., 99 (1979); 26, 1185 (1985).
5. Org. Prep. Proc. Int., 18, 345 (1986).
6. J. Org. Chem., 44, 4011 (1979); J. Am. Chem. Soc., 103, 1222 (1981).
7. J. Org. Chem., 51, 1625 (1986).

その他,J. Org. Chem. 等の合成の報告を探せば(片っ端から見れば),いくつか実際の使用例があると思います。実際の反応条件はそちらを見た方が良いかも知れません。

この回答への補足

お返事有難うございました。週末にかけて、いろいろ忙しく返答が遅れてしまい申し訳ございませんでした。紹介していただいた文献すべて、見ました。保護の部分は、4番の方法で行う予定です。(これに関しては、近いものですが、実験項がありました。)ただ、脱保護ですが、5番の方法を用いる予定ですが、文献を見た所、25℃で過剰のフッ化水素・ピリジン、THFを用いると書いていたのですが、その具体的な手順については、いろいろ調べたのですが、ありませんでした。出きれば、脱保護の手順などお解かりでしたら、アドバイスいただけると幸いです。何度も質問してしまいまして、申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

補足日時:2001/06/17 23:14
    • good
    • 0

rei00 です。



補足拝見しました。「あまり知識がなくて」との事ですが,こういった機会に少しづつ勉強して知識を増やしていくものです。

もしかすると実験化学講座等にも記載があるかも知れませんので,図書館ででも探して見て下さい。こういった本では,「1,2-diol の保護」といった項目が見付かるかと思いますので,保護基の知識が無くても充分調べられます。

ところで,保護基の選択ですが,これは保護基を付ける化合物に他にどんな官能基があるか,どんな保護・脱保護反応が使えるか,保護した後どんな反応を行なうか,・・・などを考慮して考えないといけません。したがって,単純に 1,2-diol だからコレと言った選択は出来ません。

一般論を言いますと,1,2-diol の末端(1級)OH だけを選択的に保護するには,1位と2位の立体的な違いを利用します。つまり,かさ高い保護基を使えば,より反応しやすい1級側(末端側)に選択性良く反応します。

で,アルコ-ルの保護基ですから一般的にはエ-テル型保護基かエステル型保護基です。後で求核置換反応を行なう事を考えると,エ-テル型保護基の方が良いと思います。

と言う事で,ごくスタンダ-ドな所では,シリルエ-テル系保護基になるかと思います。具体的には成書を御覧下さい。

この回答への補足

お返事有難うございました。実験化学講座早速調べましたが、残念ながら、保護基については、載っていませんでした。ただ、大学院講義有機化学をみていたところ、シリルエーテル系の保護基ということで、TBDPSは、嵩高い置換基のため、1級アルコールのみを選択的に保護すると書いてありました。ただ、この保護基を用いた保護、脱保護の実験例がなく探している状態です。何かいい文献等見たことあるということでございましたら、是非紹介してください。しつこく、聞いて大変申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

補足日時:2001/06/14 00:03
    • good
    • 0

化合物は何でしょうか。

それがわからないと何とも言えませんが。

なお,保護基に関しては,類似質問(QNo.82440 ベンゾイル基)の回答中で紹介されている成書やペ-ジが参考になると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=82440

この回答への補足

アルキル基を持つトランス型アリルアルコールのSHARPRESSの不斉エポキシ化を行い、その後、DIBAH還元により、エポキシを開環させ、1,2ジオールに誘導する予定です。その1位のみ選択的に保護させ、2位の水酸基をトシル化させようと思っています。保護基の本を見れば分かると思い
ますが
あまり知識がなくて・・・。何かいい方法あれば是非教えてください。よろしくお願い致します。

補足日時:2001/06/11 23:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコールアレルギーは空気からでも発症しますか?

アルコール含有の化粧品を使うと
赤くなったり、痒み、痛みが出たり、
ひどい時には皮がぼろぼろ剥がれたりします。
消毒液でも見事に真っ赤に貼れるタイプです。
(シャンプーでも完全に洗い流さないと痒くなったりするものもあります。)

お酒自体は何口か飲んだことがあるのですが
1口飲んだだけですぐに真っ赤になって、顔や首が痒くなり、
猛烈な眠気に襲われてしまいます。
また、カクテル1口でも飲んだ翌日は貧血気味になりフラフラしています。
アルコールを含むお菓子などでも
含有量の多いものは吐き気をもよおしてしまいます。

以上のようなことから、
アルコールの摂取は極力控えてきたのですが
お酒の席(居酒屋が多いです)で、
アルコールを一滴も摂取しないでも
背中にボツボツと赤いものが出来て、
痒くなってしまうことに気づきました。

いわゆる、お酒臭さというか、匂いのようなものに反応しているのでしょうか・・・?
アルコールは蒸発するらしいので(違ったらすみません)、それでしょうか・・・?
それとも、これはアルコールとは関係ないのでしょうか・・・

アルコールアレルギーの症状のようなものは
検索したらたくさん出てきたのですが、
直接付けたり、飲んだりするのではなく
空気から症状の出るものは発見できなかったので
質問させていただきました。

何かご存知の方がいらっしゃいましたら
回答いただけると幸いです。

アルコール含有の化粧品を使うと
赤くなったり、痒み、痛みが出たり、
ひどい時には皮がぼろぼろ剥がれたりします。
消毒液でも見事に真っ赤に貼れるタイプです。
(シャンプーでも完全に洗い流さないと痒くなったりするものもあります。)

お酒自体は何口か飲んだことがあるのですが
1口飲んだだけですぐに真っ赤になって、顔や首が痒くなり、
猛烈な眠気に襲われてしまいます。
また、カクテル1口でも飲んだ翌日は貧血気味になりフラフラしています。
アルコールを含むお菓子などでも
含有量の多...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通りアルコールは揮発します。
常温でも気体になるということは、その濃度に反応してしまっている可能性もあります。

背中の皮膚が直接反応しているのか、それとも気体のアルコールを摂取することでアレルギー反応がでているのかはわかりませんが、かなりアレルギーがきついようですので、気体のものもなるべく避けられた方が良いと思います。窓があれば開けて、その側に座るとか。
アルコールアレルギーは、単なる下戸(アルコール分解酵素不足)とは全く問題が違うので、大変かと思いますが、アルコールは微量でも極力避けられた方が良いと思います。

Qオルト位とパラ位に吸引基がついたハロゲンアリールの求核置換

題名の通りなのですが、ベンゼンにハロゲンがついた化合物はベンゼンよりもハロゲンの求引性誘起効果により不活性になるけど、オルトパラ配行ってことは分かります。でも、さらにオルトパラ位に求引基がついたものは求核剤の攻撃を受けやすくなるみたいなんです。吸引基がつくとハロゲンにつくCの電子が引っ張られてプラスに傾くので、ハロゲンとの極性が大きくなって、求核剤の攻撃を受けやすくなるのはなんとなく分かりますが、なぜオルトとパラに限ったことなのでしょうか?メタに不活性化基があると、だめなのでしょうか?

Aベストアンサー

一般論として、ベンゼン環上の置換基の効果は、そのオルト位とパラ位に強く現れます。
その理由は共鳴構造を書けば理解できるのですが、ここでそれを書くのは困難です。おそらく、多くの有機化学の教科書において、芳香族求電子置換反応における置換基の共鳴効果のところで説明されていると思います。

少し別の話になりますが、芳香族の求電子置換反応においてメタ配向性のものというのは、オルト位とパラ位が不活性化された結果、相対的にメタでの反応が速くなったものです。すなわち、メタ位が活性化されたわけではありません。この例と同様に置換ベンゼンの置換基効果はオルトとパラに及ぶというのが基本です。

Qイソプロパノールってアレルギー出ますか?消毒綿です。僕はアルコールアレルギーです

イソプロパノールってアレルギー出ますか?消毒綿です。僕はアルコールアレルギーです

Aベストアンサー

エタノールによるアルコールかぶれを起こす人のために、代替消毒薬としてイソプロパノールが使われています。
アレルギー反応が出るかはテストしてみないと分かりません。
詳しくは下のリンク先を読んで下さい。

http://health-to-you.jp/allergy/yakubutuarerugi-2885/

Q求核置換、求核脱離

いきなりですが
「Sn1,Sn2,E1,E2がどういう条件で起こりやすいのかがわかりません」
それぞれの置換・脱離の仕方などは分かるのですが
例えば、CH3CH2Iに求核剤をぶつけたとき
上のどの反応が起こる(反応速度が速い)か混乱する状態です。
どういう条件(溶媒・炭化水素の形etc)で
どの反応が起こりやすいのでしょうか?
一応、Sn1,Sn2の起こりやすい条件などは理解したつもりですが脱離が起こるか、置換が起こるか
E1かE2かというところがまだ理解できていない状況です。
1部でも参考URLでもいいので回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

ごちゃごちゃ説明する必要はありませんでした。下記URLをご覧下さいアニメーションで説明してあります。世の中には便利なサイトが沢山あります、googleを英語で引いて下さい。
nucleophilic elimionationで一発!^^)v
E1はCH3CH2Iからヨウ化物イオンが抜ける処が律速なので、一分子反応。
E2は塩基(または水)が隣の炭素上のH+を抜いて行くのが律速なので二分子反応です。

参考URL:http://www.dnalc.org/resources/BiologyAnimationLibrary.htm

Q昨日家でアルコールパッチテストをやったんですが、息苦しく、喉からヒューヒュー言いました。 アレルギー

昨日家でアルコールパッチテストをやったんですが、息苦しく、喉からヒューヒュー言いました。
アレルギーでしょうか?
アレルギーの場合、どんな時に言わなきゃいけないとか何かありますか?

Aベストアンサー

病院で、
注射・点滴等を受ける時に
必ず申し出てください。

アルコールアレルギーの人は食事の前にこれから食べる食品の原材料を調べ、アルコールが含まれていないかどうかを確認する必要があります。
アルコールはビールやワインなどのお酒だけではなく、チョコレートやケーキなどの洋酒を使うお菓子に含まれることもありますから注意が必要です

注射の前のアルコール消毒で使用される医療用アルコールや、香水などの市販の化粧水には
ほとんどアルコールが使用されていますので注意をする必要があります。
ウエットティッシュや制汗剤にも要注意です

Q求電子置換反応と求核置換反応について

求電子置換反応と求核置換反応の違いを教えてください。
参考書を見ると、どちらの反応もカチオンやδ+の炭素が攻撃されていて、同じに見えるのですが・・・。
名前が違うということはやっぱり反応機構が違うんですよね?
分かる方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 No.2です。

>参考書で見たのは
> Friedel-Crafts反応(芳香族求電子置換反応)とあり、初めにCH3-CH2-ClとAlCl3が反応してカルボカチオンができ、そのカチオンのところにベンゼン環の二重結合から矢印がかいてありました。
>これはカチオンが攻撃されているのではないのでしょうか?
>違う参考書も見てみます。ありがとうございました。

 何がおかしいかが分かりました。shiki-shikiさんの理解の仕方が逆になっています。別の参考書を見ても同じですよ。^^;
 芳香族求電子置換反応の場合、攻撃「する」のはカチオンの方で、ベンゼン環は、攻撃「される」方です。カルボカチオンがベンゼン環の電子雲を求めて(「求電子」)攻撃する、という意味です。なぜベンゼン環の方が攻撃される方なのか、と言えば、置換反応が起こっているのがベンゼン環の方だからです。反応の前後で変わったものを見て下さい。Friedel-Craftsアルキル化反応ならば、ベンゼン環の水素がアルキル基に置き換わっているでしょう。置換反応を受ける側がベンゼン環の方だ、という意味です。
 それでは、なぜ矢印がベンゼン環からカルボカチオンに向かって書かれているかと言えば、その矢印は電子の動きを表すものだからです。有機化学で反応機構を示す場合、このように電子の動きで説明されます。「有機電子論」と言われるもので、求核攻撃の場合なら電子の向きと攻撃の向きが一致しますが、求電子攻撃の場合は逆になってしまいます。これは、慣習的にそういう向きに決めたことに由来するものなので、それに慣れるしかありません。物理学で、電子が負極から正極に向かって流れるにもかかわらず、「電流は正極から負極に向かって流れる」と決めたのと同じようなことだと思って下さい。
 これから有機化学で反応機構を学んでいくと、こんな矢印がバンバン出てきます。余談ですが、私も学生時代にそういう講義を聞いていて、あまりにも見てきたように先生方が矢印を書いていかれるので、心の中で「誰か見たのか?」と思っていました。ともあれ、そんな疑問が浮かぶということは、まじめな方なのだと思います。お勉強頑張って下さい。

 No.2です。

>参考書で見たのは
> Friedel-Crafts反応(芳香族求電子置換反応)とあり、初めにCH3-CH2-ClとAlCl3が反応してカルボカチオンができ、そのカチオンのところにベンゼン環の二重結合から矢印がかいてありました。
>これはカチオンが攻撃されているのではないのでしょうか?
>違う参考書も見てみます。ありがとうございました。

 何がおかしいかが分かりました。shiki-shikiさんの理解の仕方が逆になっています。別の参考書を見ても同じですよ。^^;
 芳香族求電子置換反応の場合、攻撃...続きを読む

Qアルコールアレルギーの場合、気をつけなくてはならないことを教えてください

アルコールアレルギーの場合、気をつけなくてはならないことを教えてください

Aベストアンサー

アルコール飲料はもちろんの事、食品に使われていないか確認する。
栄養ドリンクに入っている場合もあります。
消臭・除菌スプレーを使わない。
ウェットティッシュはアルコール無しの物を使う。

他にも注意すべき点が載っているサイトを貼っておきます。
http://matome.naver.jp/odai/2140767192095576901?&page=1

Q求核置換反応と脱離反応

求核置換反応と脱離反応は
それぞれSN1、SN2反応とE1、E2反応があると勉強しました。、
SN1反応とSN2反応が起こりやすさ条件の違いは理解ができましたが、
E1反応とE2反応の中でどちらが優勢的に起こっているかの判断する
条件について教えてください。
また求核剤として働くのか、塩基として働くのかはどのように判断したら
いいですか。求核置換反応と脱離反応は同時に起こっているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

可溶媒分解条件(SN1と同様の条件)ではE1で、強塩基が存在すればE2です。

SN2とE2は基本的に同じような条件で起こりますが、ハロゲン化アルキルが第三級であればSN2は起こらないので、もっぱらE2が起こります。第二級の場合などのように、両方が起こる可能性がある場合には、求核剤(塩基)の種類によってどちらが優先するかが決まります。それに関しては、通常、「求核性」という言葉で議論します。求核性が大きいというのはSN2が起こりやすいことを意味します。E2の起こりやすさに関しては塩基性が重要です。すなわち、塩基性が大きいほどE2は起こりやすくなります。塩基性が小さく求核性が大きければSN2で、塩基性が大きく、求核性が小さければE2が優位になります。

求核性の大小を決める要因はいくつかあります。SやIなど、周期表の下の元素は求核性が大きいとか、同じ元素であれば塩基性度が大きいほど求核性も大きくなるとか、立体的な要因で求核性が抑制されるとか・・・こういったことは教科書にまとめてあるはずです。

Q昨日家でアルコールパッチテストをやったんですが、息苦しく、喉からヒューヒュー言いました。 アレルギー

昨日家でアルコールパッチテストをやったんですが、息苦しく、喉からヒューヒュー言いました。
アレルギーでしょうか?

Aベストアンサー

アルコールによって、喘息が引き起こされたのでしょうか。

http://allabout.co.jp/gm/gc/299716/

Q求核置換反応

LiCH2C≡CLiとPhCH2Clを反応させるとPhCH2CH2C≡CHができるのですが、わからないことがあります。求核置換反応が起こり、Clが脱離したのはわかります。でも、どうしていちばん右のリチウムが水素に置き換わったのかが理解できません。C-Liの強いイオン結合性が関係しているのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>どうしていちばん右のリチウムが水素に置き換わったのかが理解できません
反応の後処理の際に水や酸を入れているからです。末端アルキンの水素原子の酸性度は水よりもずっと小さいです。したがって、下記の酸塩基平衡は一方的に右に進みます。
RC≡C^- + H2O ←→ RC≡CH + OH^-


人気Q&Aランキング

おすすめ情報