個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

母が認知症で青年後見人をしていますが、今回裁判所から後見人監督官を頼むので毎年15万円かかると言われました。母の後見人になった時、詐欺に騙されない為にこの制度を申し込んだのですが、今有料老人ホームに居るのでその心配はなくなりました。
施設の費用で毎月5万円赤字になる上に母の家の固定資産税や電気、ガス、水道の基本料、母の外出した時の買い物代や美容院代、食事代等かかるのでどうしても赤字になってしまいます。
母の所はほぼ毎日私か私の子供か妹かで行って、なるべく母に寂しい思いをさせないよう、楽しく過ごせるように心がけています。
なぜ後見人監督官が必要なのかと聞いたら、高額所得者だからと言われましたが、自宅と預貯金を合わせてもそれほど多いとは思えないし、ただでさえ目減りしているのに毎年15万円はきついです。裁判所の一方的な命令で毎年支払わなければならない事に納得いきません。
こんな事なら後見人制度を利用しなければよかったと思っています。
裁判所の決定に異議を申し出ることはできないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

後見監督人についての知らせの文書等に異議申し立てなどの記載はありませんでしたか?


なければそのような制度はないのではありませんかね。

専門家のアドバイスを聞くことをおすすめします。

貢献報告の書類をもとに、後見監督人の報酬は捻出できないと伝えましょう。そして、後見人が負担すべきというのであれば、辞任を検討すると伝えましょう。後見人は被後見人の財産等を守る立場にあっても、費用負担する立場にはないはずですからね。矛盾しますよね。

やむを得なければ、あなた自身が成年後見人を辞任されてはいかがですか?
そして、関係者すべてが後任になることを拒否されたら、裁判所は職業専門家(弁護士など)を選任することになるでしょう。
その際に、預貯金等を含めた資産や年金収入などを踏まえて、後見人報酬を決めることになるでしょう。その費用をあなた方に頼ることは難しいと思いますので、後見人の報酬も出ないかもしれません。
後見監督人も同様に報酬が払えないことでしょう。

後見人の任が亡くなれば、あくまでも子供として同じように見舞いには行けることでしょう。お見舞いの際にあなた方がお金を使うことについて、裁判所がどうこう言える立場でもないでしょう。

裁判所も親族として後見人として頑張っている人に対して必要以上の負担を強いたために、後見人をやめる以上に負担をしないこととなることで被後見人の生活が悪化するということは、裁判所も簡単にはいかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。母は80近いのですが、まだ70代で身体的には元気なので、楽しく長生き出来るように願っています。一度専門家に相談してみますね。

お礼日時:2014/12/02 06:13

此処で質問して弁護士が答えてくれるなら良いが一銭にも成らないから難しいよな。



俺だったら弁護士事務所に行って弁護士に相談したらお金取られるから行かずに
市役所の無料法律相談に行って聞いてくる。
市役所では無料法律相談を市民税使って市民の為に当番制で弁護士を頼んでいる。
まずはこれを利用してみた方が良いのでは。
お金に余裕が有るのなら別だけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。市役所に聞いてみます。

お礼日時:2014/12/01 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後見人制度を拒否する方法ありますか

骨折で入院した80歳の女性(Aさん)の親族が、ある司法書士に後見人を依頼しました。

Aさんは不動産を沢山持っているので(ローンなし)家賃収入も十分あり(月に150万円以上)、入院していても困ることはないのですが、そのうちのいくつかを、後見人である司法書士とその仲間の不動産会社が、相場の6割ぐらいで売買しています。

家裁の許可もとっているので違法ではないのでしょうが、法の趣旨に反しているのではないでしょうか。
被後見人の財産を守るのが役目なのに、立場を利用して利益を得ているように思えます。

家裁のほうも、不動産の相場には疎いようで、チェックできないのだと思います。(家裁に告発することも無理だと思えます)

Aさんは、まだまだ元気で頭ほうもそんなに衰えていないのに、お小遣いをいちいち貰わなければならないことを嘆いています。

このようなことを見ていると、自分は絶対に後見制度は使いたくないと思います。

後見人制度というのは、一見善意なように見えますが、自分が一生懸命築いた財産を善意を装った人に悪用されるよりは、悪人にだまされたほうが幸せなように思います。

「遺言」は死んでから財産分けに有効な手段ですが、「後見制度」を使うことを強要されないように、元気なうちに文書などに残しておくことはできるのでしょうか。

よい方法がありましたら教えて下さい。

骨折で入院した80歳の女性(Aさん)の親族が、ある司法書士に後見人を依頼しました。

Aさんは不動産を沢山持っているので(ローンなし)家賃収入も十分あり(月に150万円以上)、入院していても困ることはないのですが、そのうちのいくつかを、後見人である司法書士とその仲間の不動産会社が、相場の6割ぐらいで売買しています。

家裁の許可もとっているので違法ではないのでしょうが、法の趣旨に反しているのではないでしょうか。
被後見人の財産を守るのが役目なのに、立場を利用して利益を得ているように思...続きを読む

Aベストアンサー

>貸しを作っておいてそのあとの仕事をやりやすくするのです。

 登記の仕事を紹介してもらえるという下心があったのかもしれませんね。成年後見に取り組んでいる、まじめな司法書士が聴いたら憤慨するでしょう。

>話がそれましたが、後見人制度は昔はなかったわけで、

 昔は禁治産産宣告という制度でした。禁治産者には後見人が選任されました。

>まだ実際は問題点が沢山あるように思います。

 色々問題があるとすれば、家庭裁判所に十分な人員と予算がないことだと思います。

>少し判断力が落ちた時に、無理に強要して(なかなか断れない状況にされ)後見人をつけられるのを見たので、恐ろしく感じています。

 少し判断能力が落ちた程度では、後見にはなりません。補助か保佐と言うことでしょうか。補助や保佐の場合、本人の同意がないと代理権は付与されません。

>昔のように、信頼のおける子供が、後見人制度などを使わずに面倒を見てくれるとよいのですが(財産は十分あるとして)。

 そういう子供がいるのであれば、その子供が成年後見の申立をして、その子供が成年後見人に就任するば良いわけです。今でこそ、弁護士や司法書士などのいわゆる第三者後見人も増えているわけですが、それでも親族が成年後見人になっているケースが多いです。申立人が、申立人自身を成年後見候補者として申立をすれば、他の親族の反対などがなければ、そのまま、成年後見人に選任されます。
 御相談者は、嫌な面を見てきたので、成年後見制度に不信感を抱かれたと思います。しかし、「成年後見制度は、すばらしい、バラ色の制度である。」という命題が正しくないのと同様に「成年後見制度は全く信頼できない、廃止されるべき制度である。」という命題も間違いだと思います。

>貸しを作っておいてそのあとの仕事をやりやすくするのです。

 登記の仕事を紹介してもらえるという下心があったのかもしれませんね。成年後見に取り組んでいる、まじめな司法書士が聴いたら憤慨するでしょう。

>話がそれましたが、後見人制度は昔はなかったわけで、

 昔は禁治産産宣告という制度でした。禁治産者には後見人が選任されました。

>まだ実際は問題点が沢山あるように思います。

 色々問題があるとすれば、家庭裁判所に十分な人員と予算がないことだと思います。

>少し判断力が落ちた時...続きを読む

Q障害年金で無職なのに国民健康保険を支払うこと。

私は現在、精神障害者2級で無職で自立支援で病院に2500円を基本として支払っています。

無職で年金額は年間79万円ぐらいです。

でも区役所の調査書類に、昨年、「家族に食べさせてもらっていた」と書類に書いたところ、
毎月、国民健康保険料が、2300円か2800円引かれています。
びっくりします。医療費は3割負担で、ほかの病院にも通院しているので、年金だけでは赤字で苦しいです。

ときどき、母親が70歳で年金を受給していますが、私の医療費が足りないので、私のために借金をして、それが膨らんでいっています。とても不安です。

なぜ収入がないのに、障害年金から、国民健康保険料が、月に2300円か2800円も引かれなければならないのですか。区役所に抗議したほうがいいですか。

こんなに夜遅くなっても、将来が不安で眠くなりません。

ご存知の方、教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってないということ)の人だったら、障害年金をもらえるようになったときから、障害年金を受けられることを役所に届けるだけで、免除されます。
質問者さんは、そうやって法定免除になってはいませんか?

一方、国民年金保険料というのは、質問者さんの所得だけじゃなくて、家族全体(世帯)の所得を見て決まります。
市区町村によって計算式は違うものの、ざっくり言って、(1)所得割(世帯の所得に応じて計算する)、(2)資産割(世帯の資産[持ち家とか土地とか]に応じて計算する)、(3)均等割(その国民健康保険に入っている人1人あたりいくら、として平等に負担する額)、(4)平等割(1世帯あたりいくら、として平等に負担する額)という4つの部分の合計で成ってます。
要は、質問者さんの障害年金は非課税所得だけれども、ほかの家族の課税所得とか資産があったりすれば国民健康保険料は生じるし、みんなで平等に負担するしくみだからやっぱり国民健康保険料はどうしても生じてしまう、っていうしくみになっています。

こういうしくみになってますけれど、でも、質問者さんが障害年金を受けてて無職なんだ、っていうことはちゃんと反映して、その結果で国民健康保険料を計算してますよ。
なので、正直、障害年金を受けてない人なんかとくらべたら、ずっと保険料は低くなってます。
均等割と平等割の部分を「減額」する、っていうしくみで、全国共通のしくみ。国民年金保険料でいう法定免除に相当するものです。
なお、それでも生活がしんどい、というときは、市区町村によって基準がばらばらなんですけれど、さらに減らしてもらえることもあります。こっちは「減免」といいます。
いろいろ心配なら、「減額」や「減免」のことを市区町村に確認したほうがいいでしょう。
ただ、どっちにしても、ちゃんとしくみを理解しないでぎゃあぎゃあ抗議しても、はっきり言ってお門違いになってくるので、そこは勘違いしないでくださいね。

そのほか、市区町村に重度障害者の医療費減免制度はないですか?
自立支援医療(精神通院)とはまた別で、障害者手帳(身体、精神、知的のどれか)を持ってれば、どの科・病院でも医療費自己負担分が軽減される、っていうしくみです。
もしこれが利用できれば、精神科以外の通院の医療費が軽くなると思います。
これまた市区町村によって基準はばらばらですけれど、精神の人も利用できることが多いので、ちゃんと問い合わせて説明をしてもらって、もし利用できるなら利用したほうがいいと思います。

少なくとも、障害基礎年金2級を受給していて無職なら、国民年金保険料は無条件(所得と関係なし)で全額納付免除(法定免除)ですよ。
法定免除っていうのは、回答1の申請免除とは違います。
回答1は、これをごっちゃにして説明してますけれど、違った説明になっちゃってます。
法定免除を受けられるときはそっちのほうが優先されるので、わざわざ申請免除(こっちは所得によって、受けられる・受けられないが決まる)をする必要はないんです。

障害基礎年金1級か2級を受けてて、無職(厚生年金に入ってない...続きを読む

Qなぜネットの世界では、司法書士は食えないってことになっているのでしょうか?

2ちゃんねるをはじめとして、ネットの世界では司法書士は食えない(司法書士に限らず、弁護士や税理士等など、他の士業も否定的な意見が多いですが・・・)ってことになっていますが、それは一体なぜでしょうか?

そのほとんどが暇な受験生が偉そうな書き込みをしているからでしょうか?

資格取得に失敗した方が、悔しさでつい書き込んでいるからでしょうか?

事実、様々な現実的な問題は多々あると思いますが、必要以上に否定的な意見が多いような気がします。

ちなみに、37歳で司法書士に合格し、40歳で開業した職場の先輩は
認定ではないので債務整理はしてませんが、登記業務で十分食えているそうです。

Aベストアンサー

どんなに難しい試験に合格しても、すぐに仕事が来るわけではありません。
先に司法書士になっている人と対等になるまでには、2~3年はかかります。
最初は、小さな仕事を大事にして信用を付けることでしょうね。
司法書士は、銀行からの仕事も多いのですが、どうやって仕事をもらうかも重要です。
もともと銀行と繋がりのある司法書士の中に入っていくのですから、大変ですよ。
あと、他の士業とのパイプも重要です。

食えないというのは、難しい試験を取得した割には、すぐ仕事が来るわけでもないし、経費もかかるからでしょう。
基本的に、登記のときにかかる税金等は立替が多いです。
場合によっては、報酬よりも税金が多い事もあります。
ですから、手持ちのお金が必要だし、仕事が少ない開業時は生活費も合せて必要です。

だいたい、食えないと言ってる人って、司法書士になってない人ですよね。
それに、司法書士に対して、食えますかと聞けば、食っていくのは大変ですよと言うのが普通です。
大変だと言っても、何年も同じ場所で事務所を開いてる。
本当に食えないなら、やめてるでしょう。

もし、司法書士事務所を開いて、食えないと言ってやめた人が居るなら、経営能力が無かったのかもしれません。
年齢が70~80歳ぐらいになって、自ら事務所を閉める人もいるし、亡くなる人もいるのですが、このような方々の数も含めて食えないと解釈している人も多いと思いますよ。
司法書士は無試験でなれる人もいて、そのような方々は60歳過ぎに司法書士になるのが一般的です。
公務員として定年まで勤め司法書士になってる人は、司法書士をしなくとも食べていけるので、体力的にきつくなったら自発的にやめますが、多分、この数も含めて、食えないからやめたと思われているのではないでしょうか?

どんな商売でも、景気のいい所、悪い所があります。
まあ、開業して3年以上続いてるなら、サラリーマンと同等以上の収入があると考えていいと思いますよ。
事務員を2人以上雇っていたら、仕事がある証拠ですよ。

どんなに難しい試験に合格しても、すぐに仕事が来るわけではありません。
先に司法書士になっている人と対等になるまでには、2~3年はかかります。
最初は、小さな仕事を大事にして信用を付けることでしょうね。
司法書士は、銀行からの仕事も多いのですが、どうやって仕事をもらうかも重要です。
もともと銀行と繋がりのある司法書士の中に入っていくのですから、大変ですよ。
あと、他の士業とのパイプも重要です。

食えないというのは、難しい試験を取得した割には、すぐ仕事が来るわけでもないし、...続きを読む

Q成年後見中の生前贈与について(裁判所から全額返金命令)

母が認知症で、私(次女)が成年後見制度の保佐人をしています
この度、私達夫婦がマンションを購入することになり、母から住宅購入資金として200万円の贈与を受けました。
これは、姉が住宅を購入した時と同等の金額であり、以前から私が購入する際に、母が贈与してくれると約束があったものです。

この贈与について、年に一度の定期報告で家裁に申告したところ、調査官様から呼び出しがありました。
(ここまでの経過は以前質問させて頂いております
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3493839.html)


今回の呼び出しで「この贈与は認められないので、贈与された金額を至急母親の口座に全額変換するように」と調査官から命令されました。
理由は「私が保佐人だから贈与を受ける権利はない」とのことで
例えば、私でなく姉が贈与を受ける分には今後も可能だと言われました。

前回こちらで質問して教えて頂いたので、この贈与に関してのみ「代理補佐人」を立てる方法も伺ってみましたが、それも却下されてしまいました。

今まで母の資産を守るために保佐人として色々は手続きを行って来ましたが
今回の事は「母と娘」の関係での贈与として私は捉えておりました。
嫁いでから1度も金銭の授受をしたことのない私達親子にとって
住宅購入の際の援助だけが、親から受ける特別なものでした。
これを一言のもとに却下されて、全額返還せよという命令に
釈然としない思いを抱いてしまっています。

補佐人にならなければ良かったのだろうか?
補佐をしたばかりに、こういう話をされてしまったのだろうか?
そういう思いでいっぱいです。
お金の問題よりも、母子の事に介入された気がして無念です。
こういう考え方がそもそも間違っているのでしょうか
この調査官様の言う通りに全額返還するしかないのでしょうか?

ちなみに、この返還申し立てが口頭でのもののみだったので
文書で出して頂くようお願いしてみたところ
『検討する』とのことで、それまで返還は待つようにとのご命令で
現在はその書面が届くのをお待ちしている状況です。

母が認知症で、私(次女)が成年後見制度の保佐人をしています
この度、私達夫婦がマンションを購入することになり、母から住宅購入資金として200万円の贈与を受けました。
これは、姉が住宅を購入した時と同等の金額であり、以前から私が購入する際に、母が贈与してくれると約束があったものです。

この贈与について、年に一度の定期報告で家裁に申告したところ、調査官様から呼び出しがありました。
(ここまでの経過は以前質問させて頂いております
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3493839.html)


...続きを読む

Aベストアンサー

本件は法に定められた手続きが守られていないために発生した事案です。
保佐は被保佐人(本件では母)に代わって広範な法律行為を行うことができるので、被保佐人の人権(今回は財産権)を守るため、相応の義務が課されています。
今回はそのうち、
第八百七十六条の二(保佐人及び臨時保佐人の選任等)  家庭裁判所は、保佐開始の審判をするときは、職権で、保佐人を選任する。
3  保佐人又はその代表する者と被保佐人との利益が相反する行為については、保佐人は、臨時保佐人の選任を家庭裁判所に請求しなければならない。ただし、保佐監督人がある場合は、この限りでない。
の規定が守られなかったことが問題になっています。

今回の贈与については、被保佐人も同意しているようですし、客観的にも公序良俗に反しているとは思えませんので、単に法律手続きを満たしていないことのみが問題になっています。よって裁判所(調査官)はこれを是正しようとしているだけと思われます。

そうでなく、もし質問者が保佐人として不適当と考えるのであれば、
(後見人の解任)
第八百四十六条  後見人に不正な行為、著しい不行跡その他後見の任務に適しない事由があるときは、家庭裁判所は、後見監督人、被後見人若しくはその親族若しくは検察官の請求により又は職権で、これを解任することができる。
により職権で解任することになるでしょう(第八百七十六条の二により後見人を保佐人と読み替える)。

よって、今回は全額返還したのち、臨時保佐人の申請を行い、改めて贈与を受けるべきです。
現時点で(本件に対して)臨時保佐人の申請を拒否されたのは、単に順番が違っていて、法令に事後承認の規定が無いためです。

仮に上記手続きを拒否した場合は、それこそ保佐人として不適当と判断され解任される可能性も考えられます。

>お金の問題よりも、母子の事に介入された気がして無念です。
と考えるよりは、保佐人として選任された質問者の学習不足の問題と考えるのが適当と思われます。保佐人に選任された後、一度でも民法第六章を読まれたことはありますか?、法律を知らなかったことは、何らの理由にもならないことに留意する必要があります(ちなみに、何らの理由にならないこと自体も法律で定められています刑法38条3項)

本件は法に定められた手続きが守られていないために発生した事案です。
保佐は被保佐人(本件では母)に代わって広範な法律行為を行うことができるので、被保佐人の人権(今回は財産権)を守るため、相応の義務が課されています。
今回はそのうち、
第八百七十六条の二(保佐人及び臨時保佐人の選任等)  家庭裁判所は、保佐開始の審判をするときは、職権で、保佐人を選任する。
3  保佐人又はその代表する者と被保佐人との利益が相反する行為については、保佐人は、臨時保佐人の選任を家庭裁判所に請求し...続きを読む

Q成年後見制度は兄弟の承諾なしでできますか?

 母は子沢山ですが、母の「成年後見制度」になる場合、母と長男のだけの同意できますか?
 兄弟の同意が無くてもできるのでしょうか?

Aベストアンサー

父に申し立てた経験者です。成年後見申立ての書類の中に、「親族関係図」というのがあり、被後見人(あなたの場合はお母様)の相続人をすべて記載し、あわせて、それら相続人から署名を取った「同意書」を提出する必要がありました。同意書の内容は、「私は、本人(お母様)の(親族関係、たとえば、長女とか次男とか)にあたります。
私は、後見(保佐・補助)の手続きについて、次のことに同意します。
(1)本人について、後見(保佐・補助)開始の審判をすること
(2)本人の成年後見人(保佐人・補助人)に(候補者名=この場合は長男の名前)が就職すること。」

これに同意の日付、住所氏名と電話番号を直筆で書いてもらって提出しました。幸い私の父の場合は、相続人が少数なので、説明してすぐ署名を取ることができました。あなたの場合は、他のご兄弟の方々が趣旨を理解してすんなり署名してくれそうでしょうか。「長男が母の財産を勝手に使ってしまう」と誤解して反対する兄弟もきっといると思いますので、あらかじめ申立ての趣旨を説明し、同意を得てから申立てに移ったほうが、あとでもめないと思います。
他の方々全員の同意書を取れなくても審判を得られるかは、地元の家庭裁判所の家事部 後見係に電話して聞いてみてください。

父に申し立てた経験者です。成年後見申立ての書類の中に、「親族関係図」というのがあり、被後見人(あなたの場合はお母様)の相続人をすべて記載し、あわせて、それら相続人から署名を取った「同意書」を提出する必要がありました。同意書の内容は、「私は、本人(お母様)の(親族関係、たとえば、長女とか次男とか)にあたります。
私は、後見(保佐・補助)の手続きについて、次のことに同意します。
(1)本人について、後見(保佐・補助)開始の審判をすること
(2)本人の成年後見人(保佐人・補助人)に(候...続きを読む

Q家裁が認めて成年後見人に指名された弁護士の非情さに家族はたちすくんでい

家裁が認めて成年後見人に指名された弁護士の非情さに家族はたちすくんでいます。
家族は、妻と、高3、中3の二人の息子です。

夫は永年精神病院入退院のくりかえし。障害者年金・共済年金、受給者です。
妻はパート勤務、一年位前に、退院中に、自分で賃貸住宅を借りて移り住み、2つの年金を独り占めして、
紙くずのように使い果たし、たちまち200万ほどの、返済する気のない借金をつくりました。
其の上、年金収入の入る銀行ニ行を自分以外は出せないように、凍結してしまいました。

徘徊のうえ、警官をなぐり、措置入院となりました。
これまで、一度も、借金もなく、夫の入退院の面倒をみてきた妻も、家のローンはとどこおり、貯えはいつのまにか、夫に引き出され、ようやく、主治医も、後見申し立てに、印を押してくれ、
家裁も、後見の判決がおり、後見制度が開始されたのです。ここまでが、事情です。

ようやくの思いで、たどりついたのですが、待てど暮らせど、弁護士さんから音沙汰がありません。
家裁では、「奥さんの手に負えるものではない、弁護士を後見人にしましょう」といってくれました。

賃貸住宅も、借金の会社のいくつかも、告訴しています、
銀行からも、家のローン会社からも、とにかく弁護士さんからの届けがほしいといわれるので、
借金のリストをつくり文書でおくりましたが、音沙汰なし、

電話をかけましたら、ご本人がでられ、話しをきてくださったあげく、「手紙もいただきましたが、迷惑です。後見制度は、あくまで、ご本人を守るものです。奥様のご事情で、おこまりなら、別に弁護士さんを
たのんで、ご相談なさったらいかがですか」といわれたのです。

それでは、判決の出た家裁に相談ればいいのですか、とたずねると、
「それはできません、では会議がありますので、これで」と切れました。

夫名義の給与も、どこの家庭でも家族のために、子どもの教育のために使われます。

金銭感覚ゼロ、気分障害の本人を守ることは、その借金をすこしづつでも、支払い、これ以上の被害を防ぎ、裁判所で、認められた、妻の声も、事情も聞いて善処なさることと、待ちかねた妻が、甘いのでしょうか、こちらが狂いそうです。子どものためにたえています。
弁護士さんから、申し出てくだされば、銀行の凍結はとれます。無利息好意の借金も底をついた、子どもを守る妻の悲鳴を、後見は本人をまもるため、家族は、有料の弁護士をたのめ。

其のかたに支払う約3万円も、家庭の収入からでるのにと、
どなたか、教えてください、こんな家族に進む道はあるのでしょうか、お願いいたします。





家裁が認めて成年後見人に指名された弁護士の非情さに家族はたちすくんでいます。
家族は、妻と、高3、中3の二人の息子です。

夫は永年精神病院入退院のくりかえし。障害者年金・共済年金、受給者です。
妻はパート勤務、一年位前に、退院中に、自分で賃貸住宅を借りて移り住み、2つの年金を独り占めして、
紙くずのように使い果たし、たちまち200万ほどの、返済する気のない借金をつくりました。
其の上、年金収入の入る銀行ニ行を自分以外は出せないように、凍結してしまいました。

徘徊のうえ、警官を...続きを読む

Aベストアンサー

返信いただきました。
その弁護士はまずあなたに成年後見とは何か、後見人である弁護士の仕事は何か、そして債権債務を解決するために後見人に選任されていない旨の説明がなされなくてはいけません。
会議がありますのでは、非常識です。
まず債権債務と後見人制度についてご理解ください。
後見人制度は本人を守る制度で問題を解決するものではありません。
しかし、後見人が代理人とにりますのでその弁護士が適任かという疑問が生じます。
そのことは何度も司法書士の無料相談を受けていく中でご判断ください。
後見制度への理解が出来ましたら、今後の人生設計です。
これは法律をこえた部分ですので、そうした相談を受けるだけり実力ある司法書士となると探すのは困難かと思いますが、法律を前提にしての一般常識で親身になってくれる司法書士を見つけてください。
いくつかの支部でやってますので、何度も足を運ぶことです。
司法書士会ではサラキンクレジット相談を無料でやってますが、ここに所属している司法書士は社会的使命感が強く、この相談自体が全くのポランティアにもかかわらず続けております。
こうした委員会に所属している司法書士の中には親身になる方が必ずいると思われます。
この種の問題は、資格でなくどれたけあなたの味方になってくれるかという問題で、そうした人を見つけるのが一番重要です。司法書士をやる人は小粒で正直者な人が多くいます。大きな案件が出来ない故良き相談者になる人は必ずいると思いますので、何度も足を運び、いろんなつてから紹介をもらい、あなたに適した人に巡り会うよう努力してください。
紹介されたからその人に依頼するでなく、この方なら信頼出来るという人を見つけることです。
その方が見つかったら、現在の弁護士との関係をどうするか相談してください。

返信いただきました。
その弁護士はまずあなたに成年後見とは何か、後見人である弁護士の仕事は何か、そして債権債務を解決するために後見人に選任されていない旨の説明がなされなくてはいけません。
会議がありますのでは、非常識です。
まず債権債務と後見人制度についてご理解ください。
後見人制度は本人を守る制度で問題を解決するものではありません。
しかし、後見人が代理人とにりますのでその弁護士が適任かという疑問が生じます。
そのことは何度も司法書士の無料相談を受けていく中でご判断ください。
...続きを読む

Q世帯分離した親を扶養に入れられる?

はじめまして。
文章が下手でわかりずらいと思いますが、よろしくお願いします。

質問内容は、世帯分離した親を扶養に入れられるかどうかです。

私は今、主人の両親と二世帯同居で暮らしています。
去年、同居していても世帯を分けることができることを知り、世帯分離届けを出しました。
この届けを出すには生計別なのが条件だと言われました。
元々生活費はすべて別、お互いにお金のことは一切知らない状態なので、問題ないと思い届け出をすませました。

しかし最近になり、義父(65才)が3月いっぱいで仕事を辞め、年金暮らしになるということで、義母だけでも主人の扶養に入れてくれと言ってきました。
義母が年金を貰えるのは二年先らしく、義父の年金だけでは2人分の国民保険を払えないとのこと。
でも、扶養に入るには生計が一緒であることが条件になっていますよね?

ということは、
せっかく分けた世帯を一つにしないといけないのでしょうか?
世帯分離をすると、高齢者医療なんとかが安くなるとも聞いたので、できれば一つに戻したくはないのですが・・・


無知でスミマセン。
本当に分からないので、詳しい方
回答お願いします。

はじめまして。
文章が下手でわかりずらいと思いますが、よろしくお願いします。

質問内容は、世帯分離した親を扶養に入れられるかどうかです。

私は今、主人の両親と二世帯同居で暮らしています。
去年、同居していても世帯を分けることができることを知り、世帯分離届けを出しました。
この届けを出すには生計別なのが条件だと言われました。
元々生活費はすべて別、お互いにお金のことは一切知らない状態なので、問題ないと思い届け出をすませました。

しかし最近になり、義父(65才)が3月いっぱ...続きを読む

Aベストアンサー

うちは同居ですが親と世帯は別々にしてい
ます。

親の家に入居するさいに、住民票の異動届かな?
世帯主欄の記入があったので、俺の名前書きました。

ですのでわが家は、親とうちら家族は同じ家に
住みながら別世帯です。

>義母だけでも主人の扶養に入れてくれと言って
 きました。

これは健康保険の扶養の事をいっているのですよね。
でしたら義母の年収が130万以下なら旦那
さんの健康保険の扶養に入れますよ(^^)

そもそも、義父だって会社を退職したので
あれば健康保険証はどうするのでしょうね?
義父は国保で義母だけ旦那の扶養にいれるの?
だったら義父も一緒に旦那の扶養にいれて
もらえばいいのになー。
旦那が社会保険なら扶養の人数で保険料が
UPしたりしませんし。

旦那の健康保険の扶養に入るのに住所が
同じなら世帯が一緒だろうだ別だろうが
関係ないですよ(^^)
おそらく健康保険の扶養にいれる歳の
届出書に世帯が一緒かどうかまでは書かされ
ませんから。
でも住所は書かされます。その住所が同じな
のですから問題はないですよ(^^)

とはいえ確実なのは
1)旦那の会社が加入している健康保険組合
 に電話する
2)旦那の会社の総務に確認する
のがいいでしょうね。

onza11さんも保険証もっていますよね?
そこに連絡先とか書いてありますから
onza11さんが直接聞いても問題ないですよ(^^)
ただし手続きは旦那の会社を通してになりますが。

うちは同居ですが親と世帯は別々にしてい
ます。

親の家に入居するさいに、住民票の異動届かな?
世帯主欄の記入があったので、俺の名前書きました。

ですのでわが家は、親とうちら家族は同じ家に
住みながら別世帯です。

>義母だけでも主人の扶養に入れてくれと言って
 きました。

これは健康保険の扶養の事をいっているのですよね。
でしたら義母の年収が130万以下なら旦那
さんの健康保険の扶養に入れますよ(^^)

そもそも、義父だって会社を退職したので
あれば健康保険証はどうするのでしょうね?
義...続きを読む

Q成年後見人による金銭管理

母が施設に入っております。

母の近くに住んでいる弟夫婦に平日の必要時、母の対応をしてもらっています。
母の通帳、その他、資産管理は私が行っています。
(私は遠隔地に居て、2週間に一度程度、施設に行っています。)

最近、母の認知が進み、金融機関の対応等で、いろいろと困難が生じております。

それで、私が成年後見人になることの申請を考えていますが、
要綱を読んで難しいと思ったのは領収書の管理です。

1.
母には、常に財布に数千円の手許金を入れています。
具体的な支払いとして、施設内の病院へは自分で行った場合の支払い、
また、近所のスーパーへお菓子を買いに行った場合の支払い、等々があります。
これらは自分で支払いをしています。
しかし、その領収書をきちんと保管しておくことは困難です。
どうしたらよいのでしょうか?

2.
それから、
毎月、報酬ということで、一定の金額をもらっていますが、
この領収証明はどうすべきかがわかりません。
母と弟夫婦で相対契約を交わすべきかとも思案しています。

3.
それ以外では、領収書が区分けしにくい、弟夫婦や私のガソリン代です。
施設に行く分だけ、ガソリン代を区分するのは困難です。
具体的にどうしたらよいか分かりません。

以上のようなことを直接、家庭裁判所に電話で尋ねましたら、直接来ないと説明できないといわれました。
近々に家族会議をする予定で、それまでに裁判所に出向けませんので可能な範囲で
情報を集めたいと思っています。

上記のことで何かご存知のことがありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

母が施設に入っております。

母の近くに住んでいる弟夫婦に平日の必要時、母の対応をしてもらっています。
母の通帳、その他、資産管理は私が行っています。
(私は遠隔地に居て、2週間に一度程度、施設に行っています。)

最近、母の認知が進み、金融機関の対応等で、いろいろと困難が生じております。

それで、私が成年後見人になることの申請を考えていますが、
要綱を読んで難しいと思ったのは領収書の管理です。

1.
母には、常に財布に数千円の手許金を入れています。
具体的な支払いとして、施設内の...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではありません。単なる経験者です。
ちなみに私は成年後見人手続きの申立人となり、成年被後見人を祖母、成年後見人の候補者を祖母の子である母とする申し立てを行い、その後成年後見人となった母のバックアップを行った経験があります。

1について
少額なものがどの程度になるかは家裁の指示だと思いますが、被後見人が紛失したものまで後見人の責任にはならないことでしょう。ですので、管理している財産から被後見人へ小遣いのような形で渡したことを帳簿に記載しておけばよいでしょう。

2について
後見人等が報酬を得るためには、家庭裁判所の承認が必要です。そもそも子供やその家族が親の面倒を見るのは当たり前ですし、そこでかかった費用は家庭の事情はあったとしても、報酬は行き過ぎのように思います。もちろん一般家庭以上に財産管理や介助が必要で大きな負担であればよいかもしれませんがね。
ちなみに後見制度となれば、被後見人に契約権限がなくなることとなりますので、被後見人の名に併記する形で後見人が契約するものとなります。ただ、親族間の財産のやり取りは厳しくチェックされるので、随時家裁の指示を仰ぎ、必要なら家裁の承認を得ましょう。

3について
一般的な範囲であれば、平均的な燃費に施設までの距離で計算し、弟さんに領収証を書いてもらえばよいでしょう。

成年後見制度は裁判所と法律により法的な代理人を定め、財産管理などの代理人となる重要な行為です。
ですので、裁判所とのやり取り、家族会議などは何度も行うぐらいの気持ちが必要です。

また認知症が進まれている様ですが、その程度を家庭裁判所が判断するため、後見が認められないこともあります。補佐や補助になれば、補佐人等の権利義務は後見人と範囲が異なることでしょう。
また、主治医などの診断書だけで判断せず、家裁の選定した医師の鑑定人による鑑定結果で判断するのが原則だったと思います。これが10万円程度の高額な鑑定だったと思います。私が申し立てた際には、祖父の相続手続き等が影響した後見手続きであり、病状の不安定な時だったということもあり、主治医や施設庁の進言もあり、鑑定の省略が認められたということもあります。ただ、ご自身で買い物が一応できる状態であれば、鑑定を受けることとなり、判断は難しいことでしょう。

成年後見人は、家族が定めるものではなく、家庭裁判所が選任するものです。あくまでも、成年後見制度の申立人が候補者を定めた際には、その候補者から検討をするというだけですので、注意が必要です。
私が申し立てた際には、推定相続人全員からの推薦状・同意書を申立時に提出しましたね。

私は祖父の相続手続きの中で協力した形ではありましたので、司法書士がある程度バックアップをしてくれていました。裁判所の判断ですので、書類の提示の仕方、申立書での説明の仕方で印象も変わってきますし、最低限の必要なものだけではなく、裁判所の判断がしやすいようにするための補助的資料も任意で出すなども考える必要があります。専門家からのアドバイスや協力があった方が希望通りに進みやすいかと思います。

私は専門家ではありません。単なる経験者です。
ちなみに私は成年後見人手続きの申立人となり、成年被後見人を祖母、成年後見人の候補者を祖母の子である母とする申し立てを行い、その後成年後見人となった母のバックアップを行った経験があります。

1について
少額なものがどの程度になるかは家裁の指示だと思いますが、被後見人が紛失したものまで後見人の責任にはならないことでしょう。ですので、管理している財産から被後見人へ小遣いのような形で渡したことを帳簿に記載しておけばよいでしょう。

2につ...続きを読む


人気Q&Aランキング