こんにちは。
たった興味本位の質問なのですが、肉や魚、大豆、卵などのタンパク質のみを摂取し続けたらどうなるんでしょうか?

炭水化物や揚げ物ばかり食べてると〜なんていうのはよく聞きますが、タンパク質がどうというのは滅多に聞かないので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

肉や魚、卵や大豆にはタンパク質だけでなく脂肪もかなり含まれています。


大豆を除けば炭水化物(糖質)があまり含まれていません。

糖質の少ない食事を摂り続けると、人間の身体は脂肪からケトン体という物質を作り始めます。
ケトン体は人間の身体でどんどんエネルギーになってくれますが、一部(アセトン)は人間の身体では利用できず、そのまま体外に排出されます。

アセトンにもカロリーがあるのに利用せずに捨ててしまうから痩せやすくなります。
同時にアセトンには匂いがあります。
なので体臭がきつくなります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2015/02/19 18:11

人にもよりますが蛋白質の過剰摂取は腎臓に負担を


かけますから腎臓病に成りやすいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2015/02/19 18:11

テレビでやってました、ずっと肉だけ食べ続けたらどうなるか?肉が大嫌いになって食べられなくなってしまいます。

そしてなぜか痩せます。身体から臭い匂いがでます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

痩せるってびっくりです…とてもしようとは思えませんが(笑)
臭くなるんですね、ありがとうございます!

お礼日時:2015/02/18 20:22

1週間、肉を食べ続けた実験では、体重が減って体臭がきつくなります。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2015/02/18 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高炭水化物(高油)・高タンパク質摂取の違い

毎日筋肥大を目的にトレーニングしております。
太り易く、痩せ難い体系で、現在180cm×80kg、体脂肪率20%の男です。
5日間普通の3食の他にポテチbigを毎日寝る前に食べたら、3kg太りました。
同じく3食の他に寝る前に豆腐、ゆで鶏胸肉(皮無し)大1、シーチキン(ライト系)を毎日食べ続けたら、0.5kg増えました。
どちらもカロリーとしては同等です。これはどういった現象なのでしょうか。
毎日同じ行動をしてますので、消費カロリーは同じだと思います。
単に炭水化物、油が蓄え易く、タンパク質は吸収し難い若しくはエネルギーになりやすいってことなのでしょうか?

Aベストアンサー

「炭水化物ローディング」により
水分を2~3kg多く溜め込んでいる状態だと思います。

Q炭水化物orタンパク質

いま、ダイエット中です。
夕食において、炭水化物を抜くのと肉とか魚系のカロリーの高いおかずを抜くのとでは、どちらが痩せますか?

Aベストアンサー

断然、炭水化物を抜いたほうが痩せます。
私も3食の内、昼以外は、炭水化物を抜いています。
朝はサラダで、夜は普通の家族との食事ですが、
ご飯類を食べません。
これだけでも、毎日約500gは、体重が減っていきます。
最近では炭水化物を抜くダイエットが流行っています。
雑誌の『ターザン』でも時々特集をしています。
ですが、食事だけでは、完全なダイエットには
ならないと思います。
やはり、運動をした方が方が良いと思います。
スポーツジムやウォーキングは、これから雨の日など
しんどいです。
家でエクササイズDVDを見ながらやるのはどうでしょうか?
昔流行った、ビリーなどは中古でも安いです。

Qタンパク質と脂質と炭水化物の比熱

例えば豆腐(タンパク質)と肉(脂質)を電子レンジで
温めようと思うのですが、比熱の違いにより温度差がでてくると
思うのですが、比熱がわからないのでkcalが求められません。
どなたか比熱がわかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

熱力学の課題で調べられているのでしょうか?
確かに温度によって比熱は異なります。
10℃の水を1℃上昇させるのと、30℃の水を1℃上昇させるのでは、必要な熱量は異なるという事です。
気圧によっても異なりますし、体積によっても異なります。
様々な分子構成からなる食品での計算はとてつもなく複雑そうですね。

一方、通常の栄養計算では、1calは4.2Jで計算します。
たいていの場合はそれで計算してある成分表というものを使いますが、それでは答えにならなかったでしょうか?

Q遅いタンパク質+炭水化物摂取(長文です)

こんばんは!
こちらで、何度かお世話になってます、32歳男性です。
168cm 55kg 体脂肪率15.5%です。
下半身に脂肪が集中してる為、その脂肪燃焼&筋肥大を目的に、毎日(3日で3部位に分けて)ウエイトトレーニング+有酸素運動(トレッドミルで時速6km/h~7km/hでゆっくり走る)をやってます。
朝食がだいたい7時半で、ジムに着いてウエイトトレーニング開始が10時頃。約40分やり、ちょっと小休止してから、10時50分頃から有酸素運動を約40分やってます。その後、シャワーを浴び、帰宅します。ジムから家まで離れてる為、帰宅するのはだいたい13時半頃です。
今までは、ホエイプロテイン+バナナをウエイトトレーニング+有酸素運動直後に補給してました。
でも、最近になり、「有酸素運動後、30分は食べない・水・お茶しか飲まない(トレーニングを終了しても燃焼は続く為)」と、あるHPで書いてあるのを見ました。
それで、この際、プロテイン+バナナは補給せず、帰宅した13時半頃、昼食(毎日タンパク質豊富な大盛りミートソーススパゲッティ)でタンパク質や炭水化物を摂取しようと思うのですが、それでもいいでしょうか?ウエイトトレーニング+有酸素運動終了してから、約2時間後の食事です。
つまり、筋肥大の効果は半減されるけど、有酸素運動による脂肪燃焼を重視しようと思ってるのです。
年内は脂肪燃焼に力を注ぎ、体脂肪率を13%位に減らす事を目標とし、来年になってから、ウエイトトレーングの日と有酸素運動の日を分けて、本格的にバルクアップを目指そうと思ってます。
今のトレーニング+食事で脂肪燃焼と多少の筋肥大は望めるでしょうか?
それとも、ウエイトトレーング+有酸素運動直後にプロテイン+バナナを補給した方がいいでしょうか?
長々と申し訳ございませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

こんばんは!
こちらで、何度かお世話になってます、32歳男性です。
168cm 55kg 体脂肪率15.5%です。
下半身に脂肪が集中してる為、その脂肪燃焼&筋肥大を目的に、毎日(3日で3部位に分けて)ウエイトトレーニング+有酸素運動(トレッドミルで時速6km/h~7km/hでゆっくり走る)をやってます。
朝食がだいたい7時半で、ジムに着いてウエイトトレーニング開始が10時頃。約40分やり、ちょっと小休止してから、10時50分頃から有酸素運動を約40分やってます。その後、シャワーを浴び...続きを読む

Aベストアンサー

GOL-GOLです。

「パスタのタンパク質」と「ササミや卵白のタンパク質」が同じ成分のタンパク質かというと、
この部分は専門知識がないのでハッキリとは言えないのですが、私は「タンパク質のひとくくり」で片付けています。
ただ感覚的には、タンパク質の摂取には、
パスタよりは「ササミ・卵白・豚肉・ノンオイルツナ・大豆関連の食品(豆腐や納豆)」が良いと思います。
あくまで感覚的なので、「私だったら……」という話です。

それよりも、パスタは炭水化物ですので、そこが気になります。さらに大盛りですし…。
女性向けのダイエットや、「トータルワークアウト」(ケビン山崎氏=巨人清原の肉体改造で有名)などでは、
炭水化物は摂取を控えるものと考えられています。トータルワークアウトに至っては、「摂取禁止」だったような記憶があります。
確かにパスタには、身体に必要な栄養素も含まれているのですが、
大量の摂取を毎日続けるのは、あまりオススメできません。(たまに、たくさん食べるのは良いと思いますが)

加えて、大盛りパスタのみでは、栄養のバランスが悪いのでは?
パスタの量を抑えて、必要な栄養素は、別の食材から補給するようにした方が良いと思います。
カロリーはまずまず低いようですが、いかんせん偏っているので、理想としては野菜が欲しいですね。

野菜も淡色野菜(なす、きゅうり、オクラ、レタス等)より、緑黄色野菜が良いでしょう。
コンビニのサラダだと、あまり期待できないのですが、食べないよりはマシかなぁ? と思います。
ドレッシングは厳禁です。ノンオイルタイプであればOKでしょう。
もちろん淡色野菜だって良い面もあるし、食べた方が良いのですが、比率として緑黄色野菜をたくさん摂った方が良いです。
ドレッシングも同様で、良い面もありますが、かけない方が良いでしょう。

ちなみに、私が最近、ほぼ毎日食べている夕食の一品「野菜炒め」は以下の通り。
 ・キャベツ3枚 ・ピーマン2個 ・にんじん1/3本 ・タマネギ1/2個
 (炒めるのに油は使いません。少量の水を加え、煮ている感じです。味付けは、コンソメ・塩・こしょう。)
これってかなりのボリュームがあって満腹感も出るし、結構気に入ってます。

相変わらず長くなってしまいましたが、
 ●大盛りパスタを毎日…は、あまりオススメできない。
 ●パスタの量(炭水化物)を減らして、その分を緑黄色野菜などに置き換える。
  気持ち的には半分くらいにしたいところですが、昼に摂るという事もあり、普通盛りを少なめにした程度の量でどうでしょう。
  当然量が少ないので、野菜やキノコをバカスカ食べる(外食ではキビシイかな)。
 ●空腹感が出ないのなら、プロテイン・バナナに戻すのもアリでしょう。
  但し、結果がなかなか出なくてストレスになるのなら、他のメニュー(パスタ含む)を再考しましょう。
 ●その他、栄養のバランスと1日の総摂取カロリーを踏まえつつ、
  メニューを足したり引いたりしてみてください。

それなりにトレーニングをし、カロリーにも注意していらっしゃるので、あとは栄養のバランスですね。
毎日同じメニューでも、カロリーと栄養のバランスに気を使って、1日3食 規則正しく摂ればOKです。
あまり、運動の直後とかにこだわり過ぎない方が良いでしょう。
たまたま、「自分の決めた規則正しい摂取時間帯」が「運動の直後」だったという
考えでいた方がお気楽に続けられますよ。

最後に参考までに、タンパク質を筋肉に変えるのには、ビタミンBが必要です。
ピーナッツや胚芽米、緑黄色野菜(にんじん、ほうれん草、パセリ、しゅんぎく、こまつな、にら、 かぼちゃ、ブロッコリー、
さやえんどう、しその葉、アスパラガス、ピーマン、トマト)に多く含まれています。

GOL-GOLです。

「パスタのタンパク質」と「ササミや卵白のタンパク質」が同じ成分のタンパク質かというと、
この部分は専門知識がないのでハッキリとは言えないのですが、私は「タンパク質のひとくくり」で片付けています。
ただ感覚的には、タンパク質の摂取には、
パスタよりは「ササミ・卵白・豚肉・ノンオイルツナ・大豆関連の食品(豆腐や納豆)」が良いと思います。
あくまで感覚的なので、「私だったら……」という話です。

それよりも、パスタは炭水化物ですので、そこが気になります。さらに大盛...続きを読む

Qタンパク質摂取量の上限について

最近ふと自分がタンパク質を普段どれくらい摂っているのか気になったので、計算サイトで一日の摂取量を割り出してみた所74g程でした。
日によって量が違うのは当たり前ですが、食事のバランスは大体同じなので多少前後するくらいだと思います。

タンパク質の摂取量は通常、女性で50g男性で60gが平均だそうです。
過剰のタンパク質は身体に悪いらしいのですが、毎日これでは多いでしょうか?
因みに20代女で体重は55kg前後です。

Aベストアンサー

明らかに多いです。女子プロレスラーとか毎日激しい運動をする職業でもない限り、そんなに摂取する必要はない。過剰分が無駄に捨てられるだけなら、まだしも腎臓などの内蔵に余分な負担をかけてしまう。また過剰分を捨てるついでにカルシウムも排出されてしまうので、不味いのです。カルシウムは摂取しにくい栄養素の代表で特に女性は欠乏しやすい。たんぱく質を多く含む食材が必ずしもカルシウムを多く含んでいるわけではない。

たんぱく質を多く含む食材は、コレステロールも多く含むことが多いです。例えば、魚類、魚介類、肉・卵類はどれもコレステロールを含みます。血液中のコレステロールが増えすぎると、高コレステロール血症、高脂血症、動脈硬化等を招き、さらには、脳卒中、狭心症、心筋梗塞に進む危険もあります。コレステロール過剰は生活習慣病を招くということです。卵はたった3個で1日の上限量をオーバーしてしまいます。コレステロールはマヨネーズやサウザンアイランドドレッシングなどの調味料やケーキやプリンんどの菓子類にも含まれていることが多いので、実際は卵2個でアウトの可能性が大きいです。コレステロールを含まない食材でたんぱく質を取るには穀類、豆類、木の実類を食べるしか有りません。日本人は伝統的には、それらの植物性の食材から主にたんぱく質を摂取していました。天武天皇の食肉禁止令から1000年以上も日本人は肉、卵、牛乳などを食べてこなかった。

また、たんぱく質を多く含む魚類、肉類、乳製品は脂質も多い。たんぱく質が過剰なら脂質過剰の疑いもある。脂質の過剰摂取は、肥満を招き、糖尿病、高脂血症、動脈硬化が起こりやすくなる。脂質は調味料、菓子類にも含まれて、外食や加工食品なども多いです。

たんぱく質の代謝にはビタミンB6が不可欠で、たんぱく質を多く取れば取るほどビタミンB6も多く取る必要があります。ところがたんぱく質を多く含む食材が必ずしもビタミンB6を多く含んでいるとも限りません。たんぱく質の過剰摂取は、無駄なビタミンB6消費を招き、ビタミンB6不足になりやすいということです。だから栄養のバランスを崩してしまうのは怖いのです。ビタミンB6欠乏症はアレルギー症状。目、鼻、口、耳の周囲に湿疹を起こす。神経系の異常。就寝時に足がつる。といった症状を引き起こします。

たんぱく質は、20種類のアミノ酸が複雑に結合した高分子化合物なので、それだけに過剰摂取は副作用や弊害が多い。消化するだけで膨大なエネルギーと多くの酵素を消費してしまいます。ペプシンやトリプシンなどの複数の消化酵素が分業でたんぱく質をアミノ酸に分解します。

たんぱく質を多く取っているからといって必要なアミノ酸がバランス良く取れているとも限りません。もし、必須アミノ酸が不足していたら、余計に酷いことになります。特定の必須アミノ酸が不足してしまうと、他のアミノ酸がいくら足りていても結局部品が揃わずに、酵素などを合成できなくなってしまうということです。その概念を評価する為の指標がアミノ酸スコアです。

過ぎたるは及ばざるがごとし。この機会に勉強してください。

簡単!栄養andカロリー計算
http://www.eiyoukeisan.com/

明らかに多いです。女子プロレスラーとか毎日激しい運動をする職業でもない限り、そんなに摂取する必要はない。過剰分が無駄に捨てられるだけなら、まだしも腎臓などの内蔵に余分な負担をかけてしまう。また過剰分を捨てるついでにカルシウムも排出されてしまうので、不味いのです。カルシウムは摂取しにくい栄養素の代表で特に女性は欠乏しやすい。たんぱく質を多く含む食材が必ずしもカルシウムを多く含んでいるわけではない。

たんぱく質を多く含む食材は、コレステロールも多く含むことが多いです。例えば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報