現在イギリスの大学院に在籍しています。

学部時代と大学院の専攻も違うため、なかなか良い成績がとれず今まで出したエッセイも1つがMerit、その他2つはPassでした。

日本人でも留学のブログをされている方は皆さん限りなくDistinctionに近い成績を取られているようで、Distinction寄りのMeritを取ることが普通なのかなと思うとものすごく落ち込みますし、自信がなくなります。

Passでも一応卒業はできますが、Passの成績をもらうのは珍しいことなのでしょうか。

テストはエッセイよりも不安で、毎日憂鬱で胃が痛い毎日です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

仰っているように、Passの成績でも、Masterの学位は取れるが、Phd課程に進学するのであれば、Master with Distinctionを取らないと、奨学金等の対象にならいだろうし、Master with Meritだと、Meritの中で上位にいないとPhd課程への進学は無理ではないか。

。。とイギリスの大学の先生は言っていました。

また、彼のカレッジでは、エッセイやテスト等の採点は、教科担当の先生と他の先生とで2重の審査を行っていて、良い点、悪い点等の評価については、コメントを付けているけれど、もっと成績を改善したいという事であれば、先生に申し出て、アドバイスを受ければ良いのではないかとも。。。
また、彼の所でも、アドバイスを求めて来る積極的な学生は何人もいるし、中には、採点が可笑しいと説教まがいに言って来る学生もいて、こういうのは困り者だがと言っていました。
で、Passの成績は、クラス全体で見ると平均以下と言える。。。とも。

また、彼曰く、留学生は、人より10倍努力して、3倍の成績を上げるように努力しないとネーティブ並みにはなれないと言っています。
そして、日本の大学の先生で、多くの留学生を見て来たけれど、トップ・クラスの成績を取って来る学生は殆どいないと言っているのを聞いた事もあります。
ですから。。。
もし、Taught Masterで、Phdへ進学しないのであれば、Passの成績を取れれば、「>毎日憂鬱で胃が痛い」となる程心配しなくても良いのではないですか。
卒業後、日本の企業等に就職する時でも、イギリスの大学のMasterかどうかが重要で、Master with Ditinctionか、with Meritか等は問題とはならないでしょう。

美味しいショート・ブレッドを食べながら、温かい紅茶でも飲んで、元気を出して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

暖かいお言葉ありがとうございます。
私はTaught Masterでその先のPhD等は全く考えていないので、少し落ち着いて何ができて何ができないのか再度考え直してみたいと思います。

お礼日時:2015/03/07 06:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米大院在籍中に他校へのアプライ

一般論でアドバイス頂ければ幸いです。

現在PhD過程在籍中です。財政難からTAやRAが得られず、次学期の学費が不足しそうです。最悪帰国も考えていますが、周囲の友人から他校同分野へのアプライを薦められました(他の教授とも話しましたが、資金が無いと断られました)。個人的には既に在籍者の私はトランスファーかなと思っていたのですが、新入生としてアプライする方が財政援助を得られ易いし、時期的にもギリギリ間に合うからと薦められました。

トランスファーであればまだしも、在籍中の私が他校へ新入生としてアプライ可能なのでしょうか?学校毎の違いはあると思いますので、一般論で構いません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 お答えで州立であること(32%前後上がったという噂を聞いています)、専攻が工学、院で一年、ということが分かりました。

 日本につてがあれば、景気が良くなるまで、工学の実地勉強ないし学費蓄積のための就職をし、再度挑戦という選択肢もありますね。これは院が一年しかないので休学にして籍が置ければ、一番いいと思います。

 院が長くて博士または修士の qualifying (資格試験)に近く、それに通れば、残りは論文だけ、という時点なら、もっと楽ですが、一年では無理でしょう。

 もう一つはお近くで専攻を生かした仕事があれば(例えば、コンピュータ工学でロサンジェルスやサンフランシスコの近くなら)それと院の掛け持ちでなんとか qualifying までやってみる。

 ご心配ですが、キャンパスの、Foreign Student Adviser や工学科の Graduate Adviser と緊密な連絡を取ってこの難しい時期を乗り越えてください。教授のところには求人の問い合わせがよく来るものですよ。

Q大学院留学の為の英文成績証明書について

こんにちは。
大学院留学を考え準備中のものです。
英文での成績証明書が必要なので大学に用意してもらったのですが・・・僕が見ても間違っている英語が多くネイティブの友人に確認してもらったのですが、かなりの英語の間違いを指摘されました。
こういう場合どうすればいいのでしょう?多分もう一度大学に書き直してくれと言っても時間はかかるし(最初の発行までにかなり時間がかかった)、また間違いがありかねません。
日本語の成績証明をどこかに英訳してもらったもの・・・ではいけないのでしょうか?
実は留学相談所のようなところでもっと詳しい授業内容を成績証明に含めた方がいいだろうとも言われていて、それを英語で書いてもらうとなるとまた間違いだらけ・・・になりかねません。
どなたかアドバイスをお願いします!

Aベストアンサー

お久しぶりです。
以前にもご質問にお答えした者です。

私は逆にアメリカの大学を卒業して、日本の大学で院に進学しました。
そのときは、アメリカの出身大学から英文の成績証明書を日本の大学に直送してもらい、自分で作った日本語訳を別に提出しました。
日本から外国へ留学と言う場合、いかに正本とは言え日本語の証明書というわけにはいかないですから、やはり英文で正本の証明書を出してもらうしかないと思います。

アメリカの大学の場合、成績証明書には評定平均値(GPA = grage point average あるいは QPR = quality point ratio)と呼ばれる数値が記載されます。各科目の成績をA = 4点、B = 3点、C = 2点、D = 1点、F = 0点というように数値に変換して、単位数を掛けたものを合計し、全単位数で割って加重平均したものです。アメリカの大学でははこのGPAが非常に重視されます。したがって、他国からの入学志願者の成績もこの方式で評価し直すのではないかと想像します。ですから、例えば A = 90点以上、B = 80点以上、 ・・・のような注釈を付けると先方が助かると思います。

英文の成績証明書はご出身の大学で決められた書式があるのでしょうか? もしそうでなかったら、ご自分で英文の証明書を書いてしまって、大学の事務方の責任者にサインだけしてもらう、ということはできないでしょうか。そのほうが速いと思いますが。

成績証明書は、基本的には履修科目、単位数、成績を表にしただけのものなので、英語の間違いと言っても、そんなに間違えるところがあるのでしょうか?

それから、アメリカの場合、推薦状と成績証明書は本人を経由せずに出願先に送るのが普通だと思います。本人に交付されたものはunofficialになってしまいます。したがって、officialなものとみなされるためには、推薦状は推薦者から直接、成績証明書は大学の事務方から直接郵送してもらうように、依頼するべきかと思います。(これはアメリカの大学でのことですが、カナダなどでも同様だと思います。)

医学部のご出身ということですが、医学教育のシステムが日本と欧米では根本的に違ってますよね。かなり補足説明を付けないと、先方に伝わりにくいかと思います。(釈迦に説法ですね。)例えば日本の医学部では一般教養以外は単位制をとっていませんよね。そんな点も説明が必要だと思います。(そもそも、日本のように高校から直接進学できるmedical schoolは、あちらにあるんでしょうか?)

日本の「医学士」は直訳すればBachelor of Medicineになりますが、MD (= Doctor of Medicine)が定訳になっていると思います。

授業内容については、ご出身の大学の英文の要覧などはないでしょうか。もし履修科目の一覧などが書いてあれば、その部分をコピーして送るのが最も簡単だと思います。私は大学院進学のときはそうしました。

私の場合とは事情がかなり違うので、見当違いなことを言ってしまったかもしれません。もしそうだったら、ごめんなさい。

お久しぶりです。
以前にもご質問にお答えした者です。

私は逆にアメリカの大学を卒業して、日本の大学で院に進学しました。
そのときは、アメリカの出身大学から英文の成績証明書を日本の大学に直送してもらい、自分で作った日本語訳を別に提出しました。
日本から外国へ留学と言う場合、いかに正本とは言え日本語の証明書というわけにはいかないですから、やはり英文で正本の証明書を出してもらうしかないと思います。

アメリカの大学の場合、成績証明書には評定平均値(GPA = grage point average ある...続きを読む

Qアメリカ大学院へ進学する際の、学部時の成績(GPA)について

アメリカの4年生大学に在籍する学部生です。

将来、アメリカの大学院への進学を検討しているのですが、
学部時代の成績がどのように評価されるのか分からない所があります。

1) コミュニティカレッジ(アメリカ)を2年間で卒業した後、4年生大学に編入し2年間で卒業した場合、
  大学院の出願時には、コミカレと4年生大学の両方の成績を提出する必要がありますでしょうか?

2) 選考の際は、コミカレと4年生大学の両方の成績(GPA)が評価の基準になるのでしょうか?
 もしくは、4年生大学時代の成績だけですか?

いくつかの大学院のサイトを調べてみましたが、詳しい情報が見つかりませんでした。
個人的には、コミカレ時代の成績も加味された方が、GPAを高く保ててありがたいのですが、
経験者などでご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

1.ほとんどの大学院でコミカレと4大の両方が必要だと思います。大体は出願必要書類をホームページで確認できると思いますが、もし載っていなくて心配なら直接問い合わせて確認するしかないですね。大学院出願で高校の成績はまず要求されないとは思うけど、要求する大学もあるのかもしれません。

2.基本的にコミカレと4大両方の成績が評価の基準になります。
ただし、成績の見方は各大学院の自由です。まずはコミカレと4大すべてあわせたGPAが大学院出願基準(大体3.0?)を超えているかチェックしますよね。
その後は審査は大学やプログラムによってばらばらでしょう。
基本的にはコミカレを中心とする教養のGPAより専門のGPAの方が重視されるだろうし、専門の中でもGPAより大学院の専門に直結する授業のグレードを1つずつチェックされることも多いと思います。
かといって、例えばコミカレのGPAが4.0で「おっ!けっこうがんばってるね」と目を引くこともあるだろうし、GPAが悪くてもすごい有力な推薦状があってそっちを優先するかも知れないし、GRE優先かもしれないし。。。

GPAがどういうふうに、どれだけ評価されるのかは、ケースバイケースで、きっと永遠に謎でしょう。受かってから(落ちてから)でもわからないんじゃないかな。

1.ほとんどの大学院でコミカレと4大の両方が必要だと思います。大体は出願必要書類をホームページで確認できると思いますが、もし載っていなくて心配なら直接問い合わせて確認するしかないですね。大学院出願で高校の成績はまず要求されないとは思うけど、要求する大学もあるのかもしれません。

2.基本的にコミカレと4大両方の成績が評価の基準になります。
ただし、成績の見方は各大学院の自由です。まずはコミカレと4大すべてあわせたGPAが大学院出願基準(大体3.0?)を超えているかチェックしますよ...続きを読む

Q(米国大学院)中間成績がよくない科目をWithdrawalするメリット・デメリットは?

Ph.Dで米国のA大学院留学中の者です。来学期にB大学への編入が既に決まりました。
A大学で良いGPAを残して去りたいので中間成績がよくない科目はWithdrawalしようかと思うのですがWithdrawalするメリット、デメリットとは何でしょうか?
就職の時に成績証明書を求められた場合にちょっと心配なのですが
A大学での成績証明書にはWithdrawalしたとかの記録は残るのでしょうか?

Aベストアンサー

大学院の留学生は「毎学期9単位以上を履修してCompleteすること」と移民法で決まっています。
履修が全て済んで数科目が残った最後の学期だけは9単位以下でも問題ないですが、編入前の学期はこれに該当しません。

Withdrawalすると9単位を切って、Out of Statusになってしまうのではないですか?
テロ以降の移民局は、留学生の単位取得と出席に非常に厳しいです。
Out of Statusになると、すぐさま国外退去命令が出ますよ。

先にアドバイザーに確認されることをお勧めします。

Q中3から留学は出来ますか? 出来たらどのような手続きを取れば良いのですか? 成績がこれくらい無いと行

中3から留学は出来ますか?
出来たらどのような手続きを取れば良いのですか?
成績がこれくらい無いと行けないとか、そういうものはありますか?わからないことがたくさんあるので教えていただけると有難いです。

Aベストアンサー

上記は年間の費用です。
日本の場合は公立15-30万、私立では60-80万ぐらいです。

やはり英米を考える人は多いですが費用や治安、大学のレベルを考えると
豪州やカナダもおすすめですね。
費用を考えると例えば寄宿生のマレーシアやフィリピンの高校へ行き、
大学を豪州やカナダなどから探す、のも手です。
特に豪州は国立大が強い地域ですから(トップ100に入る大学数は日本よりも多いです)北米よりも学費は安く済むはずです。
地理的な関係でニュージーランドやマレーシアの高校生が豪州の大学へ進むケースも多いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報