カメラ初心者です。FXレンズのVRなしを買いました、自分の確認不足でした。ニコン単焦点レンズにはVRなしが多いようです。しかし買ったからには、使おうと思います。どの様に理解して使えばよいでしょうか?。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

カメラ・レンズの型番を記してください。



単焦点レンズでは、手振れ補正機能なしが多いのは他社でも同じ。
手振れ補正ユニットを組み込むと、どうしてもレンズの嵩が増える為。
中には補正系レンズを組み込む事で描写性能が犠牲になると言う方もおられます。

単焦点レンズなら、浅い被写界深度を作画に生かす事も可能。また、焦点距離が可変出来ない分、パース描写を意識し撮影するのでスキルの向上も図れます。
己から動こうとはせず、案山子(かかし)の如くズームでフレーミングするでは、スキルの向上はあり得ません。

重ねて申しますが、手振れ補正は、手持ちでの低速シャッター限界を引き下げる効果はあっても被写体ブレには非力。
いずれにせよ、スローシャッターには三脚を使うは基本中の基本。

そう考えるとVRなしは、デメリットでも何でもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ニッコール28mm 1:1.8G
です。

お礼日時:2015/04/01 08:16

VR等の機能説明 撮る姿勢などすでに回答がなされておりますので自分が試した実践的な方法について提案させていただきます。



・ このレンズの場合でしたら S優先モードで1/60位から1/15位まで撮って練習する。
  この際1枚毎に裏面モニターで拡大してブレがあるかどうか確かめる。

・ よりブレの状態を厳しく検査したい場合は PC等大画面のもので拡大してみる。

・ カメラとレンズのバランスが悪いとシャッターを押した時のショックでよりぶれやすくなる事もあ  るので連写で撮ってみる。

・ 支えになるもの(例えば寄りかかることができる柱等)があれば寄りかかった場合はどうなるかも  合わせて確認。

蛇足ですがf1.8の明るいレンズですので晴天時使用ではSSがこれだけ遅いと ISO最小値で撮ってもカメラの絞りが追いつかないことが予想されますので 日陰等場所を選んでで練習されたら如何でしょうか。

ある程度ぶれないSSをつかみ実践する場合は
・最初は安全にS優先モード ISOオート
・慣れてきたら Mモード ISOオート ファインダー内インジケーターでf値を決定
・次はMモードで ISOもオートでなくする この段階では深度も自由にとれ撮影の幅が広がると思 います
・最終的には状況に応じてAF優先 S優先 Mモードを臨機応変に選択

このようなことを実践していくと 28mmの距離感 f1.8の明るさの活かし方 画質の許容範囲 ボケの出具合 などが身についていき意図した画ができるようになると思います。

かくゆう自分も当然道半ばで状況に合わせて イメージ通り撮れるSS ISO f値等 が頭に浮かぶよう精進しているしだいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。細やかなアドバイス感謝いたします。使いこなして覚えていくのですね。

お礼日時:2015/04/01 17:37

>ニッコール28mm 1:1.8Gです。



手振れ限界は、FXフォーマットなら1/30s、DXフォーマットなら1/50s以下になりそうな時、三脚等で手振れ対策を取ってください。
これは目安で、ラフな撮り方だと、もっと早いシャッタースピードでもブレる時はブレますし、脇を締め工作物で体を安定させる、シャッターはボディーの底とレリーズボタンを挟むように静かにシャッターを切れば、個人差もありますが、手持ち限界を2段程度引き下げる事も可能です。

そもそも、銀塩フルメカ機時代のレンズには、手振れ補正機能なんてありませんでした。
ですから、自然と手振れさせない方法を身に付けたものです。

いずれにしろ、VRは手振防止ではありません。あくまで手振れ限界を引き下げる補助手段です。
ですから、VRなしが致命的な欠陥とはなり得ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、VRにとらわれずきちんと構えて撮るスタイルを身につけます。

お礼日時:2015/04/01 12:26

手振れ補正があるか無いかですのでしっかりと構えて撮るか三脚を使えばいいだけの事です

    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。しっかり構えて撮るよう心掛けます。

お礼日時:2015/04/01 12:23

まずは下記資料に目を通して内容を把握して下さい。


http://www.antaresdigicame.org/photo_gallery/cam …

では資料の内容をご理解いただいたという前提で話を進めます。
まず手ブレというのは、手持ちで写真を撮影しようとすれば必ずつきまとってきます。
大元の原因が人間側にあることですから、何か対策しないことにはどうにもなりません。
この対策は昔から考えられてきました。
構え方・三脚・シャッタースピード等々…
そしてその一つがカメラ、あるいはレンズに手ブレを補正する仕組みを持たせること、Nikonで言えば「VR」です。

つまり「VR」は数ある手ブレ対策の一つでしかないので、「VR」が搭載されていないなら他の方法で手ブレに立ち向かえばいいのです。
大切なのは事前にシャッタースピードを確認するようにして「ん… ブレるかもしれない…」という危険察知能力を身につけることです。
ブレそうな状況を察知できないことには対策の打ちようがありません。

「あー… そういう対策とか考えるの面倒だなあ… やっぱり手ブレ補正だよなあ」と思われるかもしれませんが、手ブレ補正機能っていうのは限界のある機能なので、その限界を超えてしまえばそれまでなんです。
ですから任せ切りにもできないし、ブレを増長するような横着な撮影では効果も半減してしまいます。
要は「VR」が搭載されていたとしても、それだけでは手ブレとおさらばとはならないのです。
どこまでいっても多少の学習は必要なんですよ。

文章だと難しそうに思われるかもしれませんが、そんなに大したことではありません。
綺麗な写真を撮るためと割り切って、トライしてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました、基本に戻ってきちんとやればそんなにむつかしく考えることはないのですね。

お礼日時:2015/04/01 12:20

昔は、手ブレ補正なんてついてませんでした。

それでもある程度の腕を持ってる人は手ブレなんてなし。
カメラの構え方、シャッターの押し方など、基本を身に付けるチャンスでしょう。
駄目なら、三脚使用で。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。そうですね。昔はそれできちんとできてい居ましたね。

お礼日時:2015/04/01 11:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単焦点望遠レンズについて EOS70Dを使用中です。 単焦点望遠レンズを検討していますが、EF20

単焦点望遠レンズについて

EOS70Dを使用中です。
単焦点望遠レンズを検討していますが、EF200mm F2.8 II USMとEF300mm F4L IS USMで迷っています。
使用感の違いはどのようなモノでしょう?

ちなみに、手持ちのレンズは下記の初心者レンズです。
EF50mm F1.8 STM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S60mm F2.8マクロUSM
EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

Aベストアンサー

どちらも爆速AFですよ。
どちらを選択するかは、用途と将来35mm判も視野に入れるかででしょう。

まぁ、現在お持ちのレンズラインナップから、『EF70-200mmF2.8L IS USM』もアリだと思うけど・・・

余談
STMは、フルタイムMF可能と謳われていても、レリーズボタン半押しでは遣り辛い。
やっぱり、リングUSMだと思う。

Q単焦点とマクロ、どちらのレンズを先に買うべきか・・・。

シグマの
MACRO 50mmF2.8 EX DG

30mm F1.4 EX DC HSM
のどちらを先に買うか迷っています。。。

ちなみに自分が主に撮るのは自然風景や花などの写真(たまに人物や
静物)なのですが、やはり30mm F1.4のほうが明るいですし、
使ってて面白いのかなぁと考えてるのですが・・・。

カメラ熟練者の皆様、ご意見をお願い致します。

(経済的な問題もあって、先に安いマクロレンズのほうを
 買ってみようかな、という考えもあったりします)

Aベストアンサー

こんばんは

自分も、D70ユーザーです。
17-50mmをお持ちなんですよね。
なら30mmf1.4よりも50mmマクロの方が使い分けが出来ていいかな
と思います。
正直、APS-CのD70では30mmは自然風景、ポートレートにしても画角が中途半端で出番が少ない気がしますし開放はピントも甘いでしょうから多少絞って使いたくなるでしょうし。
それなら、画角がかぶっていても、寄れる50mmマクロの方が出番が多いと思います。

Q単焦点レンズとズームレンズ

キャノン40Dを使っているデジイチ歴5年位の初心者です。

レンズの買い替えを考えておりアドバイスいただけたら
とても参考になります。

主に室内で50mmF1.4USMで花・お菓子などを撮っていましたが
これからは屋外での風景など街中のスナップや飼っている
ゴールデンレトリバーの走りなんかにもチャレンジしたいと
思いレンズを買い替えることにしました。

50mmF1.4USMのボケ感明るさがとても気に入っていて
明るいレンズにこだわりたいところですがお値段も張ります。
長く使う事を考えたら買っても良いのかとも思ったりします。

単焦点レンズとズームレンズそれぞれの使い勝手は
どういった所でしょうか??

欲しいレンズは広角・標準・望遠です。
手ぶれ補正機能は望遠は要でしょうか??

様々なレンズを試してみたいのですが
そんなわけにもいかず・・・気に入ったレンズに出会いたいのですが。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>これからは屋外での風景など街中のスナップや飼っている
>ゴールデンレトリバーの走りなんかにもチャレンジしたいと思い

これなら、ズームのほうが機動力があがり撮影しやすいとおもいますよ。

フィルム一眼の時代から「短焦点は足で稼げ」といわれています。
ズームと違い短焦点では自分の思った構図にするのには
カメラ側(つまり、撮影者である自分)が動いて被写体の大きさや
配置を決めることになるからです。
今までの様な室内撮影では、動く範囲も限られえており、広さなどの
環境や被写体・自分の撮影スタイルがそのレンズにあっていれば
短焦点ほど、軽快で明るくて撮影しやすいものはないと思います。
ただ、それはご質問者様の撮影スタイルと、お使いのレンズの特性が
マッチしていただけの話です。

しかし今度は、室内でない屋外で、しかも、ズームで追っかけないと
いけないことが多いと予想されるワンちゃんや、構図を足で稼ぐには
限界がある風景などであれば、ズームのほうがいいと思います。
値段は高いですが、24-70f2.8くらいをもたれれば、レンズの明るさや
ボケ具合にに関しては十分に納得されると思います。
また、風景などであれば、最低でも16-35mmf2.8くらいは使われたほうが
風景としての広がりを表現しやすいでしょうね。
ただし、これらはプロも使用するほどの性能を持っていますので
価格が新品だと6桁超えます。
50mmF1.4USMが3~4本買えてしまうほどの価格がします。
中古やオークションで安く手に入れても5桁後半、もしくはぎりぎり
6桁に乗るくらいの価格はします。

明るさを妥協できるのなら、24-105mm F4L IS がお勧めです。
もともと、40Dや5Dはこれらを装備することを考えて作られているので
相性も抜群ですので大きい割には使いやすいかと思います。
ただし、F4ですので、暗いところでは50mmF1.4USMと同じようなつもりで
シャッターを切ることはできません。
暗い環境ではかなりシャッタースピードが遅くなると心しておいたほうがいいと思います。

どうしても、明るさにこだわるなら、自分の屋外での撮影スタイルに
合った短焦点を数本購入して、持ち歩き、撮影シーンに合わせて
レンズを換えるということになると思います。

価格の高い明るめズーム一本をもって外に出るか、
メチャ明るい短焦点数本を買い揃えバッグに入れて持ち歩くか、

ご質問者様ならどちらがよいですか?
最後の答えは、ご質問者様がご自分で納得・妥協することができる答えを
ご自分で出していただかなくてはいけないと思います。

PS:ちなみに、超広角から300mmの超望遠まで装備しているいるような
  便利なズームレンズでは、最小絞りが4.5以上のものがほとんどですし、
  最短撮影距離も1.2m以上もあるものばかりですので、短焦点のようには
  いきません。つまり、たすきに長し、帯に短し のような状態に
  はまりかねません。ご注意ください。

>これからは屋外での風景など街中のスナップや飼っている
>ゴールデンレトリバーの走りなんかにもチャレンジしたいと思い

これなら、ズームのほうが機動力があがり撮影しやすいとおもいますよ。

フィルム一眼の時代から「短焦点は足で稼げ」といわれています。
ズームと違い短焦点では自分の思った構図にするのには
カメラ側(つまり、撮影者である自分)が動いて被写体の大きさや
配置を決めることになるからです。
今までの様な室内撮影では、動く範囲も限られえており、広さなどの
環境や被写体・...続きを読む

Q単焦点レンズ

デジタル一眼レフに付属の一般レンズと
単焦点レンズの違いを教えてください。
面白い使い方もぜひご教示願います。

Aベストアンサー

No1.2さんの回答に付け加えるなら、

単焦点レンズは、歪曲収差が少なく、ピントを合わせた前後のボケ方が素直で綺麗です。

例えば、前に花を置いて人物を撮影したりすると、花を綺麗に暈したり、煩雑な背景を暈して主題を明確にするような撮影技法も可能です。
また、歪曲収差が少ないと言う事は、建築物など直線が歪むと目立つので、単焦点レンズが重宝されます。

また、F1.2とかF1.4と言うような明るいレンズは、開放では柔らかい描写になります。これは、本来レンズの欠点なのですが、逆手に取って、写真表現に生かす事も出来るのです。

要するに、ズームレンズと単焦点レンズのメリット・デメリットを心得て、適材適所でレンズの使い分けをされる事が肝要だと思います。

Q単焦点レンズ

今までpanasonicのDMC-LX3を使用していましたが、今回ペンタックスのK-rを購入しました。
現在生け花を習っていて、稽古や花展などで生けた花の作品を撮ることを主な目的とします。
LX3も明るいレンズでそれなりに写っていましたが、奥行き感というかどうしても平面的な写りになってしまいました。(Pモードでストロボはなし)
一眼レフの写りは違うことを期待していましたが、あまり変わらずどちらかというとLX3の方がいいのではという思いがします。
もちろん一眼レフを使うのは初めてで使いこなせていないのが原因とは思いますが。(オートで撮影)
室内で花の作品を撮影する(約2~3m離れて写す)時にどのようなことに気を付ければ奥行きのある、きれのいい写真が撮れるでしょうか。
また、単焦点のレンズがいいとも聞きます。
ペンタックスのDA35mmF2.4などはいかがでしょうか。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

生け花撮影となると 室内だと思います。

室内で2~3m離れ 望遠で撮影?
標準ズームレンズの望遠ですと 解放絞り値も F5.6など暗くなり 画質自体も 悪くなる傾向が
考えられます。
35mm 単焦点レンズにすると かなり前によっての撮影になります。
Pモードで無く 絞り優先などのモードで撮らないと 活かせない気がします。

立体感を出すには ライティングだと思います。
後付けストロボで 天井に バウンズ 天井に光を当てて 反射を 被写体の生け花に斜め上方向から当てるや 
レフ板で 斜め方向から 光を当て 影を作ることで 奥行きが表現できます これが立体的に見えると思いますが・・・

取りあえず 標準スームで 広角か 50mm位で画角を調整し 寄って撮影 絞り優先モードで
解放値から 0.5段か1段絞った位で 撮影やストロボを使用して見る
白い 大きな厚紙(段ボールに白い紙を貼って作ってもOK)でレフ板とし 誰かに 光を当ててもらう
レフの当て方は、 角度によって 被写体当たる光が いろいろ変わるので いろいろ試し 気に行った
当て方で 撮影です。
取りあえず現状の機材で 撮影方法をいろいろ試してみましょう。

生け花撮影となると 室内だと思います。

室内で2~3m離れ 望遠で撮影?
標準ズームレンズの望遠ですと 解放絞り値も F5.6など暗くなり 画質自体も 悪くなる傾向が
考えられます。
35mm 単焦点レンズにすると かなり前によっての撮影になります。
Pモードで無く 絞り優先などのモードで撮らないと 活かせない気がします。

立体感を出すには ライティングだと思います。
後付けストロボで 天井に バウンズ 天井に光を当てて 反射を 被写体の生け花に斜め上方向から当てるや 
レフ板...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報