人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

金銭消費貸借契約において強制執行認諾条項付きの公正証書がある場合「期限の利益喪失」と「遅延損害金」と「強制執行」の関係について教えてください。

それぞれの言葉の意味は理解できていますが、次のように それらの条項が契約内容にあわせて盛り込まれている場合は、どのように理解すればいいですか?

・ 分割払いの一回でも支払を怠ったら、期限の利益を喪失して、債権者は残りの債務を一括請求できる。
・ 期限の利益を喪失したときには、残りの債務に対して、期限の利益を喪失した日の翌日から支払済みまで、年○%の割合による損害金を附加して支払う(請求できる)。
・ 債務を履行しないときには、ただちに強制執行できる。

Q1. 強制執行はどの時点でできるのですか? 「債務を履行しないとき…」とは、期限の利益を喪失した時点、つまり「債権者が残りの債務を一括請求できる」時点ですか? 契約書にどのように書かれているかによって違ってくるのですか?

Q2. 一回でも支払を怠ったら強制執行、ということなら「遅延損害金」はどのような意味を持つのですか? 「…支払済みまで年○%の割合による(損害金を支払う)」というのは強制執行の場合どう理解すればいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q1、「どの時点か」は、契約書で変わってきます。

期限の利益を喪失しても猶予することもあるし、その前に、強制執行は公証人の執行文がないとできないので、公証人が公正証書の内容によって判断するので「強制執行はどの時点でできるのですか?」の正確な回答は「公証人が公正証書に執行文が付与された時点で強制執行はできます。」となります。
Q2. 「遅延損害金」は、通常、残金に対して遅延した日から発生し、全部返済まで続きます。
ですから、強制執行の申立には「残代金○○万円」と「残代金○○万円に対する年月日から支払い済みまで年○%の遅延損害金」と別々に記載するようになっています。
その強制執行での配当では、遅延損害金が優先するので、何時まで経っても残金が残ることもあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 17:44

> 強制執行はどの時点でできるのですか?


返済が無かった翌日。

> 「債権者が残りの債務を一括請求できる」時点ですか?
その通り。

> 契約書にどのように書かれているかによって違ってくるのですか?
大差は無い。
普通の人が読んで理解できる書き方なら、違ってくることは無い。
読む人が人によって違う理解をするような書き方なら、違ってくる可能性はある。

> 「遅延損害金」はどのような意味を持つのですか?
債権者が必ず強制執行で回収出来るなら、日本に破産を申し立てることが出来る人は存在しないということになる。
回収できない、それでも返済できない人が居るから、破産ということになる。
強制執行でも不足が出る場合に備えて。
また、返済日(返済が無かった日)の翌日に裁判所に申し立てたら、裁判所(国又は地方自治体)がそのまま全額を即時に全額を立て替えて支払ってくれる制度と思います?
差し押さえにそれなりの日にちがかかります。
家等を競売にするなら、何ヶ月単位の時間が必要でしょう。
競売申し立ての直後に公開されて、その翌日に入札で即時に全額支払いなどということにはなりませんから。
それなりの時間が掛かりますから、その間の利息をどうするかという問題ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 17:42

A1:債務不履行となった時点です。

この時点で公証人に債務名義を付与してもらえば強制執行できます。
債務不履行となった場合は期限の利益を失い、一括返済しなければなりません。遅延利息は強制執行申請時点までの期間で計算すればいいです。
契約書には債務不履行となった時点で強制執行できる旨の条文があるはず、それが強制執行認諾条項というやつです。

A2:強制執行は1回で全額回収できるとは限りません。
回収できるまでは何度でも強制執行することができますから、それまでの期間については遅延損害金はどんどん膨らんでいきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/04/13 17:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期限の利益の喪失日はいつになりますか

金銭消費貸借契約書の期限の利益の当然喪失事項に「破産の申し立てをした時」とある場合、喪失日は申立日で遅延損害金の起算日は破産申立日の翌日でしょうか、それとも喪失日は申立前日で遅延損害金の起算日は破産申立当日という解釈の方が正しいでしょうか?
また一方、○月○日までにお支払いなき場合喪失と書かれた「期限の利益の喪失通告および催告書」等で請求喪失させる場合、喪失日は○月○日で、遅延損害金の起算日はその翌日という解釈で正しいでしょうか?
さらに、○月○日の期限の返済がない為、この送達を以って喪失しますと書かれた「期限の利益の喪失通知書」等で請求喪失させる場合、喪失日は配達証明で確認出来る送達日で、遅延損害金の起算日はその翌日という解釈で正しいでしょうか?
法律に詳しい方、実務に詳しい方、お知恵を貸して下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民事再生の住宅特例でも使われるおつもりなのでしょうか?それなら受任弁護士等に聞かれて、金融機関サイドなら規定にてご確認を。

通常の金融機関実務では貸金・事故の種別類型により期限の利益喪失日はいろいろなバリエーションがあります。金融機関の基準次第のところも大きいでしょうが…;

1.当然喪失事項に「破産の申し立てをした時」
喪失日:申立日
起算日:申立日の翌日
2.喪失日を指定することによる請求喪失事項「○月○日までにお支払いなき場合(同日付を以って)喪失」
喪失日:○月○日
起算日:○月○日の翌日
3.喪失日を到着日によって喪失とする請求喪失事項
喪失日:配達証明による到着日
起算日:配達証明による到着日の翌日

基本的には喪失日は約款ベースで特定、起算日は初日不参入の原則(民法140条)によりその翌日とするためこんな形になり、大体お見込みどおりでよろしいかと。

尚、破産事案ですと、約款次第ですが、債権売却・償却のときや法的回収等のときには破産手続開始決定(旧法下での破産宣告)日まで期限の利益喪失日を遅らせて算出するときもあります。(そもそも約款にいう期限の利益喪失日は回収に入れる日をいかに早くする余地を残すかという観点から作られているに過ぎません。どちらともする余地があるなら、官報で完全に特定できるようにするためには破産手続開始決定日のほうが合理的でもあります。さらに、長期延滞の場合、ロスが出る額を少なくするには延利の起算日は後にずらしたほうが好都合でもあります。)

民事再生の住宅特例でも使われるおつもりなのでしょうか?それなら受任弁護士等に聞かれて、金融機関サイドなら規定にてご確認を。

通常の金融機関実務では貸金・事故の種別類型により期限の利益喪失日はいろいろなバリエーションがあります。金融機関の基準次第のところも大きいでしょうが…;

1.当然喪失事項に「破産の申し立てをした時」
喪失日:申立日
起算日:申立日の翌日
2.喪失日を指定することによる請求喪失事項「○月○日までにお支払いなき場合(同日付を以って)喪失」
喪失日:○月○日
起...続きを読む

Q年率○%の遅延損害金の出し方を教えて下さい

検索して似た質問があったのですが、
遅延損害金の計算方法が理解出来ませんでしたので
教えて下さい。宜しくお願いします。


例えば…

所定の期日までに支払わない場合は年率14%の
遅延損害金を取りますよ、という契約で

1,000万円の保証金をを2004年10月末日までに
支払うという約束になっているのに2005年2月末日になっても払わない。

2005年2月末日までの、遅延損害金を計算して請求したい。

どうすれば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 1,000万円の支払期日 2004.10.31

(2) 遅延損害金の計算始期は2004.11.01で遅延日数は

   2005.2.28迄の120日となります。


                     
(3) 計算式1,000万円×遅延日数×365分の0.14遅延損

   害金年率となります

(4) 1,000万円×遅延日数120日=12億円÷365日×0.14


=460,273円となります。               

Q金銭消費貸借契約における遅延損害金(違約金)の計算と相手との交渉の仕方

父親が貸している金銭の契約(相手との交渉)についてアドバイスよろしくお願いします。
私が父に代わって相手と金銭消費貸借契約を新たにしようと考えています。

父が知り合いに多額のお金を貸していることが、借用書らしきものが出てきたことによってわかりました。

父は年齢は90を超え、認知症とまではいえないと思われるものの、記憶力や判断能力がかなり衰えてきていて、当初の契約内容につき質問をしてもあやふやな答しか返ってこないので、私が父に代わって手続きや交渉を進めるつもりです。父もそれを望んでいます。

その「借用書」とは、正確には「むかし取りかわした約束事の再確認と、すでに返済が遅延していることを詫びる」ものです。

(現在は 平成27年3月1日)
その「借用書&詫び状」は、平成24年11月12日 作成のものです。

~~ 内容の要旨は次のとおりです(平成24年11月12日)~~

・ 平成24年4月末日 返済予定 12,900,000円
(うち返済されたのは一部にすぎず、未返済が 9,900,000円)

・ 平成24年10月末日 返済予定 3,700,000円
(全額未返済)

・ 9,900,000 + 3,700,000 = 13,600,000円 については誠心誠意返済する。

・ 延滞利息(遅延損害金?違約金?)は支払うことを確約する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

父が残しているメモ用紙と預金通帳からわかることは

1)どちらの件の貸金も返済期限(平成24年4月末日・10月末日)を過ぎているにもかかわらず、この「借用書&詫び状」が作成された 平成24年11月12日以降も 2~3ヶ月に十数万円程度の返済で
本日 平成27年3月1日現在 まだ 11,000,000円 が未返済です。

2)各返済のたびに、いくらかの割合で(わずかな?)違約金を取っていたようです。
どのような割合の取り決めだったのか、父本人もしっかり認知していません。
違約金額を加味し、結果的に現在の実質的な返済残高が 11,000,000円のようです。


以上のことをふまえて、どうかアドバイスいただけませんでしょうか?

私が父に代わり「金銭消費貸借契約書」を新しく取り交わそうと思います。
※ どのような “内容“ のものを相手に突きつければいいでしょうか?

返済期限からもう3年近くたっています。
上記のような返済額ではいつまでたっても らち があきません。
相手(借主)は中堅企業の管理職のようなので返済能力はある、と見たいと思います。
数百万円づつくらいで返済してもらい、今年度(平成27年度)中には終わらせたいと考えているのですが・・・

「借用書&詫び状」に書かれた、両件の当初の返済予定額に利息分が含まれているのかどうか、父もしっかり認識していないのですが
※ 期限が過ぎた今となっては、遅延損害金(違約金?)だけを考慮すればいいでしょうか?

※ 延滞利息(遅延損害金?違約金?)については、以後、毎回の返済のたびに(?)どのような割合の、どのような計算をすればいいのでしょうか?

父親が貸している金銭の契約(相手との交渉)についてアドバイスよろしくお願いします。
私が父に代わって相手と金銭消費貸借契約を新たにしようと考えています。

父が知り合いに多額のお金を貸していることが、借用書らしきものが出てきたことによってわかりました。

父は年齢は90を超え、認知症とまではいえないと思われるものの、記憶力や判断能力がかなり衰えてきていて、当初の契約内容につき質問をしてもあやふやな答しか返ってこないので、私が父に代わって手続きや交渉を進めるつもりです。父も...続きを読む

Aベストアンサー

あらためて金銭消費貸借契約を締結するならば、いままでの借用書を返せ、あるいはこの場で破棄せよと言われかねません。
通常は、債務確認書という文書で確認し合えば良いと思います。

ここでは、残債務が11,000,000円であること、今後の利息は年○○%(利息制限法では15%以下)、元金の分割返済方法、および期限に支払えなかった場合の遅延損害金として年○○%(利息制限法では15%の1.46倍以下)とすることで合意し直せば良いのです。

遅延損害金(遅延利息)は、あくまでも支払わねばならない金額についての期限日からの遅延日数に応じて計算します。


人気Q&Aランキング