優待獲得のために、現物買いと信用空売りを同時に注文する方法についてですが、例えば100万円の株に対して上記の方法で買う場合はいくら 資金が必要ですか?
現物買いの時点で資金が100万円減りますが、同時に空売りするためにもいくらか資金がプラスα必要ですか?
また、その時点で不要としても後日買い戻すので100万円プラス買い戻し時の金額が必要ですか?
それとも、買い戻しと同時に現物売りもするため、必要額は現物買い時の100万円だけでよいのでしょうか?
わかりにくい説明ですみませんが、どなたかご教示くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

寄付などの同値で、「現物買い+信用売り」(&後日の「現物売り+信用買い」)を行うことで、価格変動リスクを負うことなく、株主優待を得たいということですね。

その場合、以下の資金と費用を認識する必要があります。

(1)必要な資金(①+②)
  ① 現物購入に必要な資金
  ② 同現物の信用売りに必要な証拠金(+α)

(2)かかる費用(①+②+③+④)
  ① 「現物買い+信用売り」に伴う売買手数料
  ② 「現物売り+信用買い」に伴う売買手数料
  ③ 「現物買い(保有)によって受け取る権利の発生する配当金」-「信用売りによって支払い義務の生じる配当金相当額」
  ④ 逆日歩

  つまり、優待の価値が上記4費用の合計を上回れば、質問者さんの書かれた優待取りを行う意義があるということになります。


 ここで、最大のポイントとなるのが、(2)③の配当関連と(2)④の逆日歩です。

 (2)③については、支払うべき「配当金相当額」が税引前の金額であるのに対して、受け取れる配当金が税引き後の金額となるため、その分の差損が発生します。

 (2)④については、書く必要なないでしょうが、信用売りに伴うコストです。

 ということは、優待銘柄の中でも、ア)配当金がなく、イ)逆日歩も発生しない銘柄が、より検討対象になるということです。

 
 ア)配当のない銘柄
   最近は良く知りませんが、安楽亭などでしょうか? その他、中間決算がねらい目かもしれません。「中間配当は行わないけど、(中間時に)優待は行う」という企業もあります。
 
 イ)逆日歩
   これはやってみないとわかりません。翌日(翌営業日)にならないと、逆日歩は発表されないからです。「現物買い+信用売り」を行う直近の逆日歩や、過去の決算時(権利付最終売買日)における逆日歩を参考にするくらいしか、対応できない(コストの目途を知ることができない)と思います。


  こう考えると、「優待価値」が「費用総計」を大きく上回る銘柄は、そう多くないはずです。人気銘柄のオリエンタルランド(ディズニーランド)などは恐らく、(株価変動リスクなく)優待取りを行う価値はほとんどないと思われます。つまり、質問者さんを侮辱する意思はありませんが、企業側も馬鹿ではないということですね。

  ちなみに、期末越えの信用売りを行うと、その期の配当が支払われるまで(3月期決算であれば、6月末頃が目途)まで、信用口座を解約できません。証券会社にしてみれば、「配当相当額の取りっパグれ」を防ぐためです。

  
  >現物買いの時点で資金が100万円減りますが、同時に空売りするためにもいくらか資金がプラスα必要ですか?

   一般的に、信用取引を行うには、証拠金を事前に差し入れる必要があります。恐らく3割程度(この場合30万円程度)だと思いますが、証券会社や銘柄などにより異なりますから、証券会社にご確認ください。それと、いつ反対売買をするのかわかりませんが(通常は権利落ち日)、価格変動リスクや逆日歩などを考慮すれば、5割くらいは入金しておいた方が良いのではないでしょうか? この額は、証券会社や信用売りを行う銘柄、そして質問者さんの売買手法などによって異なりますので、はっきりしたことは書けません。

   
  良い銘柄に出会えると良いですね。
    • good
    • 2

空売りのに必要な資金は証明資金です。


基本的に証明資金の約5倍までの取引ができます。
相場が上がれば買い戻しに必要な資金も跳ね上がり、追い証が必要になります。

株取引によるリスクを相殺するための手法ですが、手数料がロスしますよ。
一般的に見て、株主優待のメリットが信用売りの手数料を超えるとは思えません。
簡単にいうと、信用売りは「保険」と見ましたが、この保険料が法外に高いのです。
このような手法を両建てといい、証券業者のカモです。
ここは保険に入らず、保険に入らずその株と心中することをお勧めします。

株とは社会全体の経済活動であり、長期的に見れば上がります。
また、株主優待のメリットがあろうと、安全な株を買ってください。
株主優待を考えると銀行の利率の10倍以上になる銘柄も多い物です。
株にどうやろうがリスクはつきものです。
両建てによってリスクヘッジされるように見えますが、ロス分が非常に
大きく、長期的にはそれがボディブローのように効いてきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現物買いと空売り

デイトレードで3点質問します。(信用取引はやったことがありませんが)
1、買った株の価格が下がってきた時には「損切り」が重要だとよく言われますが、「つなぎ売り」というのはあまり有効ではないのでしょうか。
2、同じ株を同じ価格で、「現物買い」と「空売り」をして、価格の推移を見てからどちらかを先に終了させるという方法はけっこう使えるものでしょうか。
3、空売りした人の買い戻しによる値上がりの場合を判断するにはどこを見ると分かりやすいのでしょうか。
「売り残」と「買い残」の比率でしょうか。

Aベストアンサー

1. つなぎ売りとは、安い値段で買った現物株が少し下がりそうだけど、現物を売りたくない(最大の理由は利確して税金を払いたくないこと)時に、少ないリスクで下がる分を取りにいく手法です。(予想に反して上昇したら現渡しすれば損をしない)
買った株が下がった場合、上記つなぎ売りのメリットがないので意味がありません。つなぎ売りは、現物株の利益を含み益のままおいといて、別に利益を取りにいく方法ですので、短期投資には向いていません。
2. その方法でどちらか片方だけの場合より利益を上げるためには、株価が買った値段より上昇して、下落する(または、下落して上昇する)必要があります。利益が取れたら大きいですが、なかなか難しいと思います。
3. 出来高と比べた買残・売残の変化だと思います。出来高=現物買い+信用買い+信用売りの返済=現物売り+信用買いの返済+信用売り ですから、信用売りの返済の割合が大きければ、買い戻しによる値上がりと判断できます。
実際は証券会社内部相殺(信用買いの返済を信用売りに回す等)がありますので、日証金の速報だけで判断するのは難しいですが、ネット証券では自社の取引情報を公開しているところもあります(私が使っているカブドットコム証券では公開しています)ので合わせて判断材料にすれば良いと思います。
「株価が値上がりした時にその要因は信用売りの返済によるもの」の判断は以上ですが、これからそれが起きるかどうかの判断は難しいです。比率というよりも、株価と出来高と信用買残、売残の変化を注意深く観察するしかないと思います。

1. つなぎ売りとは、安い値段で買った現物株が少し下がりそうだけど、現物を売りたくない(最大の理由は利確して税金を払いたくないこと)時に、少ないリスクで下がる分を取りにいく手法です。(予想に反して上昇したら現渡しすれば損をしない)
買った株が下がった場合、上記つなぎ売りのメリットがないので意味がありません。つなぎ売りは、現物株の利益を含み益のままおいといて、別に利益を取りにいく方法ですので、短期投資には向いていません。
2. その方法でどちらか片方だけの場合より利益を上げるためには...続きを読む

Q現物売り&信用売り

1日のうちに、保有株の現物売り、信用売り、返買い
ということはできるのでしょうか?
(同一銘柄でです。)

Aベストアンサー

どこの証券会社でも出来ます。
下記のようにすると大きい利益となります。
テクニックをお話しましょう。
【テクニック】
野村證券で例をあげます。
野村證券を1870円でまず現物で売ります。
その後、1870円付近でもみ合いますが、
上値に大きい売り物が待っています。
地合は下がるような雰囲気です。
ここで1868円で空売りを仕掛けます。
引け間際に1750円まで下げました。
ここで空売りの分を買い戻します。
ここでさらに、現物を買うといいのですが、
これを同一株の日計り商いといって
禁止している証券会社が多いようです。
しかし信用で買うことが出来ますので、
下げ止まったら買うといいでしょう。
【ツナギ売り】
野村證券が下がりそうだと思ったら、
現物は売らずに、信用で売っておくというのが
ツナギ売りです。
下がったら買い戻しをすればいいですし、
逆の場合は、現物を渡せば問題はありません。

Q空売り時の返済買い資金について

空売りに挑戦してみようかと思っている初心者です。
仮に100万円を委託保証金として証券会社に預けて、
A銘柄を100万円分、空売りしたとします。
80万円になったので買い戻そうとした場合、その資金は先に預けた委託保証金の100万円から出すことが可能なのでしょうか?
それとも別に80万円、つまり合計で180万円の資金が無かった場合にはこの取引を終了することは出来ない、ということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

100万円で売り建て、80万円で買い落ちの場合は

差引20万円が儲けとして支払われます。(手数料別)

20万円は引き出しても、委託保証金に積み増してもどちらでも。

Q通常の買いと空売りを同時にできますか?

デイトレ初心者ですが色々と勉強してあることに疑問がでました。
同じ銘柄を買いと空売りの同時にできるのでしょうか?
上昇しそうなタイミングで買って、あがったところで売る。下がりそうな株を空売りして、底値付近で買い戻す。(同時に買い・空売り)
また、上がると踏んでいたものが下がった場合、損切りをして同時に空売りをして底値付近で買い戻す。
こうすれば損切りで失った分も取り戻せるし、うま行けば両方で利益がでそうに思うのですが。いかがでしょうか?アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

できるかどうか、という意味で言えばできますよ。ただ、同じ銘柄を、同株数売り買い同時に建てるのは、証券会社に手数料を払うのを別にすれば、また信用取引の場合の日歩・逆日歩を無視すれば、何もしなかったのと同じですよ。

たとえば、どちらかに動きそうな時に、同株数売り買いの両方を行って、その後下がれば、底値だと思った時に、売った方を買い戻し、その後株価が上昇して、売り買い両方行った時よりも、株価があがった時に、買った株を売れば、売り・買いとも儲かるのは事実です。しかし、売り買いの両方を行うような事はせず、底値だと思った時は買い、天井だと思った時は売る、というやり方でも、売り買いの値段が同じである限りは、逆日歩・日歩の事を無視すれば、損益の額はまったく同じです。(実際に、株数、売りや買いの単価を、適当において、検証してみて下さい。手数料や日歩・逆日歩の問題以外は、完璧に損益は同じになります。)

なんとなく、気分として売り買い両建した方が、精神的に楽だ、という意味であれば、そういう取引も、その個人にとっては意味があるのでしょうが、そういう事をしなくても、合理的な判断ができると考えるのなら、買いと信用売りを同時にする意味はありません。

できるかどうか、という意味で言えばできますよ。ただ、同じ銘柄を、同株数売り買い同時に建てるのは、証券会社に手数料を払うのを別にすれば、また信用取引の場合の日歩・逆日歩を無視すれば、何もしなかったのと同じですよ。

たとえば、どちらかに動きそうな時に、同株数売り買いの両方を行って、その後下がれば、底値だと思った時に、売った方を買い戻し、その後株価が上昇して、売り買い両方行った時よりも、株価があがった時に、買った株を売れば、売り・買いとも儲かるのは事実です。しかし、売り買いの...続きを読む

Q買い注文と下がったら売り注文も同時に出せる証券は?

たとえば1株150000円で買い注文を入れて148000円まで下がったら売るという同時注文がネットでできる手数料の安い証券会社はどこがありますでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

カブドットコム証券のUターン注文がそれに該当します。
買または売りの発注時点で同時に、利益確定、もしくはストップロスの逆指値注文を入れることが出来ます。

参考URL:http://kabu.com/riskmanagement/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報