優待獲得のために、現物買いと信用空売りを同時に注文する方法についてですが、例えば100万円の株に対して上記の方法で買う場合はいくら 資金が必要ですか?
現物買いの時点で資金が100万円減りますが、同時に空売りするためにもいくらか資金がプラスα必要ですか?
また、その時点で不要としても後日買い戻すので100万円プラス買い戻し時の金額が必要ですか?
それとも、買い戻しと同時に現物売りもするため、必要額は現物買い時の100万円だけでよいのでしょうか?
わかりにくい説明ですみませんが、どなたかご教示くださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

寄付などの同値で、「現物買い+信用売り」(&後日の「現物売り+信用買い」)を行うことで、価格変動リスクを負うことなく、株主優待を得たいということですね。

その場合、以下の資金と費用を認識する必要があります。

(1)必要な資金(①+②)
  ① 現物購入に必要な資金
  ② 同現物の信用売りに必要な証拠金(+α)

(2)かかる費用(①+②+③+④)
  ① 「現物買い+信用売り」に伴う売買手数料
  ② 「現物売り+信用買い」に伴う売買手数料
  ③ 「現物買い(保有)によって受け取る権利の発生する配当金」-「信用売りによって支払い義務の生じる配当金相当額」
  ④ 逆日歩

  つまり、優待の価値が上記4費用の合計を上回れば、質問者さんの書かれた優待取りを行う意義があるということになります。


 ここで、最大のポイントとなるのが、(2)③の配当関連と(2)④の逆日歩です。

 (2)③については、支払うべき「配当金相当額」が税引前の金額であるのに対して、受け取れる配当金が税引き後の金額となるため、その分の差損が発生します。

 (2)④については、書く必要なないでしょうが、信用売りに伴うコストです。

 ということは、優待銘柄の中でも、ア)配当金がなく、イ)逆日歩も発生しない銘柄が、より検討対象になるということです。

 
 ア)配当のない銘柄
   最近は良く知りませんが、安楽亭などでしょうか? その他、中間決算がねらい目かもしれません。「中間配当は行わないけど、(中間時に)優待は行う」という企業もあります。
 
 イ)逆日歩
   これはやってみないとわかりません。翌日(翌営業日)にならないと、逆日歩は発表されないからです。「現物買い+信用売り」を行う直近の逆日歩や、過去の決算時(権利付最終売買日)における逆日歩を参考にするくらいしか、対応できない(コストの目途を知ることができない)と思います。


  こう考えると、「優待価値」が「費用総計」を大きく上回る銘柄は、そう多くないはずです。人気銘柄のオリエンタルランド(ディズニーランド)などは恐らく、(株価変動リスクなく)優待取りを行う価値はほとんどないと思われます。つまり、質問者さんを侮辱する意思はありませんが、企業側も馬鹿ではないということですね。

  ちなみに、期末越えの信用売りを行うと、その期の配当が支払われるまで(3月期決算であれば、6月末頃が目途)まで、信用口座を解約できません。証券会社にしてみれば、「配当相当額の取りっパグれ」を防ぐためです。

  
  >現物買いの時点で資金が100万円減りますが、同時に空売りするためにもいくらか資金がプラスα必要ですか?

   一般的に、信用取引を行うには、証拠金を事前に差し入れる必要があります。恐らく3割程度(この場合30万円程度)だと思いますが、証券会社や銘柄などにより異なりますから、証券会社にご確認ください。それと、いつ反対売買をするのかわかりませんが(通常は権利落ち日)、価格変動リスクや逆日歩などを考慮すれば、5割くらいは入金しておいた方が良いのではないでしょうか? この額は、証券会社や信用売りを行う銘柄、そして質問者さんの売買手法などによって異なりますので、はっきりしたことは書けません。

   
  良い銘柄に出会えると良いですね。
    • good
    • 2

空売りのに必要な資金は証明資金です。


基本的に証明資金の約5倍までの取引ができます。
相場が上がれば買い戻しに必要な資金も跳ね上がり、追い証が必要になります。

株取引によるリスクを相殺するための手法ですが、手数料がロスしますよ。
一般的に見て、株主優待のメリットが信用売りの手数料を超えるとは思えません。
簡単にいうと、信用売りは「保険」と見ましたが、この保険料が法外に高いのです。
このような手法を両建てといい、証券業者のカモです。
ここは保険に入らず、保険に入らずその株と心中することをお勧めします。

株とは社会全体の経済活動であり、長期的に見れば上がります。
また、株主優待のメリットがあろうと、安全な株を買ってください。
株主優待を考えると銀行の利率の10倍以上になる銘柄も多い物です。
株にどうやろうがリスクはつきものです。
両建てによってリスクヘッジされるように見えますが、ロス分が非常に
大きく、長期的にはそれがボディブローのように効いてきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寄り付きとは?

こんにちは
株の寄り付きで買う、というのはその日の成り行きで買うということなのでしょうか?
辞書などで調べたり、検索したのですが、今一よく分からないので、質問しました。
初歩的な質問で恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寄付きと言う言葉があるのは、市場が開くてから最初に付く値段と
言う意味ですが、値段が付いた後と売買の成立方法が違うからです。

寄付きは板寄せと言い高値の買いと安値の売りをマッチングさせて
行き中心相場で最初の値段を決めます。この時の成行き注文は
最優先でマッチングされますので、ほぼ確実に取引が成立します。

値段が付いたあとはオークション方式になるので指値の場合は
反対取引の相手が現れるまで成立しません。

成行注文の場合は相手側(買いの場合は売り)の注文があれば
相手側の値段で約定します。

纏めると成行きは注文方法のことで、寄付きとは相場が出来ることを
いいますので別物です。

QPTS株価って翌日の始値に影響があるの??

株初心者で分からないんですが、「PTS株価」って翌日9:00の始値に影響あるんですか?
現在PTS株価見たら、ある銘柄が値上がりしています。(東芝ですが・・・)

前日終値と始値が違うのはPTS株価が理由なんですか? それとも???

Aベストアンサー

PTSと日中売買は切り離されています。
PTSでも日中でも同じように売買できますが、PTS価格が日中価格に反映されるということはありません。
したがってPTS価格は参考程度にしかなりません。
まあ、動向を見る程度ですね。
前日価格と始値が違うのはPTSは何も関係ありません。
前日の何らかの材料やNYの動向を見て上がると思って買い注文が多いとギャップアップして始まるし、逆に下がると思って売り注文が多いとギャップダウンします。

Q楽天証券で信用取引審査に落とされた

楽天証券でトレードをして半年以上過ぎたので信用口座を申し込みました。
取引に関する質問などでちゃんと問題なく答えていきましたがそれでも駄目でした。
貯金額が100万無いのと、年収が300万だったからでしょうか?
アドバイスお願いします。なんとしても信用口座を開かないと駄目なんです。

Aベストアンサー

楽天証券の信用口座開設基準がクリアできていないようです。

1.信用取引経験、または、株式投資経験が6カ月以上あること。

2.楽天証券口座に、時価30万円以上の残高があること。楽天証券に預け入れの現金と有価証券合わせて100万円以上の金融資産があること。

サイトに上記の記載がありますから、再度読まれてから申し込みをされると良いと思います。

参考 楽天証券 信用取引開設基準

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/margin/account.html

Q株で儲かっている人ってどのくらいいるの?

最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう?

ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。


ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。


だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。

また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。

Aベストアンサー

デイトレを煽るような本がたくさん出ていますが、それは確かに証券会社の宣伝活動と結びついていると思います。デイトレで儲かるのはよほどの才能がある人だけかなーって思います。

でも、優良会社が何らかの理由で安くなっている時に買ってしばらく辛抱して持っていれば儲かります。スズキショックの時のスズキを拾って1年半くらい持ってましたが、中級の新車1台分くらい儲かりました。
反日デモの時、拾った銘柄もいい儲けになりました。

株投資歴3年目のど素人です。一応、ファンダメンタルとテクニカルは
見ています。

Q買収された会社の株価はどうなるのでしょうか?

経済のことをほとんど知らないで、初歩的な質問ですみません。
買収されたA社の株価が100円だとします。
このA社がB社に買収されたとします。
買収されたのでA社はなくなってしまうと思うのですが、買収されたA社の株価はどうなるのでしょうか?
また、A社の株を持っていた人の株は、どうなってしまうのでしょうか?
すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。

合併の場合や持株会社の傘下に入る場合は、元の企業や○○HDといった持株会社の株と交換となる場合が多いです。この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。
投資家に不利益が出ないようにはなっています。しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。

株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。上場していない企業には株価が存在しませんので。
買収した企業をどうするかによって違ってきます。子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。
上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。
もし完全子会社化...続きを読む

Q株超超初心者です。ストップ高の株の買い方?

買いたい株がストップ高の場合はあまり買わないほうがいいのでしょうか?
買うとすれば下がるのを待ったほうがいいですか?

希望の買値で買い注文をしていればその値に下がったとき買えるのですか?

やさしいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

ストップ高を買って、翌日売ろうという投資法があるそうです。勢いに乗るということでしょう。選択眼は必要です。

色々な面(これくらいで買いたい、予算など)希望価格があるなら、その価格で指値しておくことです。ただし、その指値は、前日終値からストップ高・ストップ安の範囲にしなければなりません。
下がってくれば、買える可能性はあります。指値注文の一般論としては、約定しないこともあります。

Q信用売りをすると、配当金を支払わなければならないのか。

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。

3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・ですけどね
 
 3)であれば、現物を持っていて、空売りでヘッジしたくても、配当金はあきらめないといけないということなのですか。

 空売りでヘッジすると・プラスマイナス0になります

4)配当金をあきらめずにヘッジする方法はないのでしょうか。

 あります

 他の方法でヘッジする

 例をだすと
 日経平均先物の売りでヘッジする

5)これは、制度信用売りの場合のみなのですか。証券会社が各自やっている一般信用で、無期限空売りをした場合でも、やはり、配当金支払いの義務は生じるのでしょうか。

 同じです
 




 
 

 

1) 信用売りをしたまま、配当権利最終日を持ち越したら、配当金を支払わなければならないのでしょうか。

  配当金相当額を払います

2)それって、何気なく信用売りをして、何ヶ月も持っていて、配当権利最終日を持ち越したら、大損するっていうことなのですか。


 理論的には損は無いです

 理論株価は
 配当落ち日には配当分だけ株価の値段が下がります


 したがって
 
 
 株価=前日の株価ー配当分
 に成りますので配当金相当額を払っても損しません
 理論的には・・です...続きを読む

Q権利確定日に株価があがることはないんですか?

前にもにたような質問しましたがやはり納得できずに改めて質問しました
権利確定であろうが高配当だそうが株式の売買がなければ株価は維持しますよね?
なぜ翌朝さがるんですか?
やはりザラ場終了時に成り行きで我先にと売り注文がだされて翌朝一番売りまみれで寄りにくいとかなんですか?

よく本などで配当や優待分は下がると買い手ますが私はそうは思いませんが???どうでしょうか???なぜでしょうか?

逆にですが権利確定日前にあきらかな配当目当てなんかで出来高が急増ストップ高なんかになったら私だったらそこで売りはらって権利よりも利確しますが・・・・そちらの策のほうが翌朝の悲劇とはでくわしないから・・・

具体的に答えられる方教えて下さい
まさか誰も売買してないのに優待分数百億円を発行済み株式で割り算して一株あたりいくら翌朝から安くします などといったルールなんてないですよね?  今はこれの理解にかなり苦しみます
権利確定と同時に増益増配過去最大の増益率で自社株買い決定プラス分割なんてニュース入っても下げるんでしょうかね???

Aベストアンサー

NO.1です。
「数学の公式」この表現使えますね。

権利付最終売買日の終値-1株配当(実績、中間配当ありなら中間配当分)=配当落ち日の理論株価

です。

Q信用取引と買付け余力について

ジョインベストで信用取引を初めてやってみたのですが買付け余力について分からないので教えて欲しいのですが・・

信用である銘柄を買い建てて、その日のうちに返済売りをしたのですが、それで信用建限度額がその買い付け額分減っているのは分かるのですが、
なぜか現物の買付け限度額(現引き可能額)も減っています。

しかもその減った分の現物余力が買い建てた銘柄分の金額と同じ金額ではなくて(必要精算額、必要委託保証金額)となっていて、減った余力の数字がどこから来るのか分かりません。

たとえば信用買いした金額は48万なのに減った現物余力(必要精算額、必要委託保証金額)は-30万になっているのです。この数字はどこから来るのでしょうか?

現物余力は現物取引をしないと減らないと思ったのですが、信用建てでも現物余力も減るのでしょうか?

Aベストアンサー

信用を建てると(利用すると)、保証金を拘束するようです。

最初に有価証券(証券会社により異なりますが、ジョインベストでは株価の80%)、有価証券のない投資家は買付余力より保証金を拘束する様にしているみたいですね。
建て玉を返済すると、保証金は買付余力に反映されます。

Q「権利落ち日=売り」で大丈夫ですか?

株の初心者です。
どの銘柄でも、概して、権利落ち日の後、数日の間(翌日だけの場合もあるかもですが)は必ず結構な値下がりをすると捉えて、権利落ち日に一旦売りに出すというパターンで行動して大丈夫でしょうか?
2月末権利確定の株(10万円未満)を保有しています。権利確定日が25日、権利落ち日が26日だと思います。中長期的には上がり続けている銘柄なので、売りに出すべきか検討しています。過去3年くらいのデータを見ると、やはり権利落ち日以降数日間下がっています。

Aベストアンサー

その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。
すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。
もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。
10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。
手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報