Cu(salen)の紫外可視吸収スペクトルを測定したところpeakが
571nm 361nm 280.5nm(これはガラスセルの吸収)
とでましたが、比べるための文献を持っていないので文献値をどなたか知っていらっしゃれば教えてください。
Ni(salen)も一緒に教えてくださるとさらにありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

値 文献」に関するQ&A: 文献値について

A 回答 (2件)

Cu(salen)が新規合成された際の論文を検索するのが良いかと思います。

基礎データとしてλmaxとεが記載されている可能性がありますので。

しかしそれよりも,ご自分で合成された錯体をさらに精製し,純度を調べた上で測定し直した方が早いという感じもしますが…。
    • good
    • 0

ずいぶんとマニアックな質問をなさいますね。


salen=salicylaldehydeとetylenediamineの縮合で
できる平面4配位の配位子ですよね。

比較のための文献値と言うことですが、さすがにすぐ手元には
ありません。そもそも、文献値というものはその出所を
明確にして、誰もが客観的に認められるようなものでないといけませんから、
やはりご自分でお調べになった方が良いと思います。

CAで検索なさってください。
レジストリナンバーは
Cu:14167-15-8
Ni: 14167-20-5
であっていると思います。

溶媒による違いが大きく現れる可能性がありますので、ご留意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に回答なさってくださってありがとうございました。御礼が遅くなってすいません。
CAというものがまだあまりよく分からないので、これから調べて見ようと思います。

お礼日時:2001/06/19 05:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペクトルのグラフ

FFTをしてスペクトルを求めてグラフにしたいと思います。
理論が良く分かっておらず、私が考えたことが正しいのかどうか自信がないので、教えてください。

(1) X軸を周波数とするグラフの座標の数は、スペクトルのライン数になる。
スペクトルのライン数 = FFTの件数 ÷ 2.56
これが正しいと、X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

Aベストアンサー

>X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

この質問は参考サイトの周波数レンジと、自分で造ったプログラムまたはエクセルなどによる解析結果の最大値が異なることに対する質問では似ないでしょうか?

FFTでは、ナイキストによりサンプリング周波数の半分までの周波数しか解析できません。おそらく最大値というのはその値になっていると思います。

参照サイトの例を用いると、サンプリング周波数は25.6kHzですので、FFTで解析すると、その半分の周波数の12.3kHzまで算出することができるのです。

しかし、小野測器などの専用FFTアナライザーでは、ちょっと取扱を変えています(他のメーカーでも私が使用したことがあるFFTアナライザーはみんなそうなっていました)。

本来1/2まで解析できるのですが、それを変えて1/2.56までしか表示しないようにして、それを周波数レンジとしています。
2048個のデータからは1024個の解析ライン数ができるのですが、800個のラインで打ち切っているようです。

なぜそうしているのか、その理由はよく知りませんが、801以上の解析ラインに対するデータの信頼性の問題ではないかと思っています。

この取扱の違いが、一般的なFFTプログラムを用いて出されるX軸の最大値と小野測器のいう周波数レンジの違いとなって現れます。

>X軸の最大値が周波数レンジになるはずですが…。

この質問は参考サイトの周波数レンジと、自分で造ったプログラムまたはエクセルなどによる解析結果の最大値が異なることに対する質問では似ないでしょうか?

FFTでは、ナイキストによりサンプリング周波数の半分までの周波数しか解析できません。おそらく最大値というのはその値になっていると思います。

参照サイトの例を用いると、サンプリング周波数は25.6kHzですので、FFTで解析すると、その半分の周波数の12.3kHzまで算出すること...続きを読む

Q紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルについて

「紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルが幅広になる理由を述べなさい」という問題について、ご教授願います。

講義の内容や、文献をあたった結果から以下のように自分なりに考えました。

「分子が紫外線や可視光を吸収すると基底状態にあった電子が励起され励起状態となる。このときのエネルギー差に相当するエネルギーを持った波長の光が吸収されスペクトルとなる。しかし、分子の持つエネルギーはほかに、振動エネルギーや回転エネルギーなどがあるため、実際に吸収するエネルギーの値は一定ではなく幅を持ったものとなる。このため、吸収される光の波長にも幅が生まれ結果としてスペクトルに幅が生まれる。」

この内容について、合っているか間違っているかを教えて頂きたいのが1点目の質問です。

そして、課題のヒントとして
「分子の基底状態は振動により核間距離に幅がある。フランクコンドンの原理にあるように吸収は核間距離を変化させずに起こる。基底状態から励起状態に遷移するためには励起状態に存在を許容する準位がなければならない。といったことを考えよ」
というものが与えられたのですが、これをどのように考えたらいいのかがわかりません。これが2点目の質問です。

以上の2点について、考え方の方向性やヒントを示していただけるだけでも構いませんので、ご解答をお願いします。

「紫外・可視領域の分子の吸収スペクトルが幅広になる理由を述べなさい」という問題について、ご教授願います。

講義の内容や、文献をあたった結果から以下のように自分なりに考えました。

「分子が紫外線や可視光を吸収すると基底状態にあった電子が励起され励起状態となる。このときのエネルギー差に相当するエネルギーを持った波長の光が吸収されスペクトルとなる。しかし、分子の持つエネルギーはほかに、振動エネルギーや回転エネルギーなどがあるため、実際に吸収するエネルギーの値は一定ではなく幅...続きを読む

Aベストアンサー

小難しい表現なんかしなくても,たとえば振動についてはこんな感じでしょうかね.
原子核は平衡位置を中心に振動してるわけで,それによって,核の位置が変化するわけだから,当然,電子のエネルギー極小値より高いなにがしかの位置にいる可能性が高いと.基底状態でも励起状態でも,電子エネルギーは核位置の関数だからね.
そこから励起がおこるが,フランク-コンドン原理があるので,電子遷移がおこる間は核配置は固定されているとしてよいと.一方,励起状態と基底状態では,電子エネルギーの極小を与える平衡核位置は一致していない.ってことは,基底状態と励起状態は,エネルギー軸について平行移動した関係にあるわけではない.だから,電子遷移に必要なエネルギーは,核がどの位置にある状態からおこった遷移かによって違いがある.

あとは,講義のキャラに合うように脚色が必要でしょうかね.このまま出すと,70点くらいかな.

Qスペクトルをグラフに表示したい

スペクトルデータをグラフに表示するプログラムを作ることになりました。
言語はVBです。
データは機械から電圧信号を取り込みます。
と言っても、実際は機械に付属しているソフトのAPIで取り込むのですが。
APIは、例えば1Vの電圧が機械に向かって流れたら、1Vが返ってくるような仕様になっています。

グラフはリアルタイムに表示する必要があります。
X軸が周波数、Y軸がスペクトルです。
スペクトルを求めるにはFFTをする必要があるので、取り込んだ電圧をそのままグラフに表示し続けるような単純な仕組みにはならないと思いますが、実際どう作ったらよいかわかりません。

私がイメージしている仕組みは以下のとおりなのですが、正しいでしょうか?

(1) 電圧信号をフレームサイズ(FFTする件数)分取り込む。
(2) (1)のデータをFFTする
(3) (2)の結果からスペクトルデータを求める
(4) (3)のデータをグラフに表示する。
グラフの点数(座標の数)は、フレームサイズの1/2。
X軸の座標は周波数分解能ごとにプロット。

(1)~(4)を繰り返す。

(1)~(4)の処理にも少なからず時間がかかるのですが、はたしてリアルタイム表示は可能なんでしょうか?
ちなみに、プログラムにはフレームサイズ(FFTする件数)と周波数レンジを設定できる機能も実装します。

スペクトルデータをグラフに表示するプログラムを作ることになりました。
言語はVBです。
データは機械から電圧信号を取り込みます。
と言っても、実際は機械に付属しているソフトのAPIで取り込むのですが。
APIは、例えば1Vの電圧が機械に向かって流れたら、1Vが返ってくるような仕様になっています。

グラフはリアルタイムに表示する必要があります。
X軸が周波数、Y軸がスペクトルです。
スペクトルを求めるにはFFTをする必要があるので、取り込んだ電圧をそのままグラフに表示し続けるような単純な仕...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)~(4)の処理にも少なからず時間がかかるのですが、はたしてリアルタイム表示は可能なんでしょうか?

自分は一応プログラムで使用している主な言語はVBです。自分が作ったわけではないですが会社で質問者さんがやりたいことと同じ処理をするプログラムがあります。そのプログラムの場合は質問者さんが書いているのと同じような流れで動作していますがさすがにリアルタイム表示は出来ていません。大体、数秒ごとの更新です。まあ、使用しているパソコンがそれほど高性能じゃないので条件が違うと思うので参考になるか分かりませんが参考までに。

Q紫外可視吸収スペクトルの解釈に関して

紫外可視吸収スペクトルに関して質問いたします。

エネルギーの大きさは

電子エネルギー>振動エネルギー>回転エネルギー

となっていると思います。電子エネルギーは紫外可視吸収スペクトルに反映、振動エネルギーは赤外に反映、回転エネルギーはマイクロ波に反映されると思います。

ここで質問なのですが、振動エネルギーや回転エネルギーが紫外可視吸収スペクトルに影響を及ぼすことはあるのでしょうか?またその場合紫外可視吸収スペクトルの形状が大きく変化することはあるのでしょうか?

現在測定しているサンプルの紫外可視吸収スペクトルの形状が非常にギザギザしていて解釈に困っています(一つのピークが何本ものギザギザしたピークに別れています)。また溶媒によってギザギザした感じが変化します。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純な分子だと振動構造が見えることがあります。
その様な分子では蛍光スペクトルにも振動構造が見えます。
ただ、ごく普通の有機分子では見る機会はないですね。
ベンゼンなどは見える例ですが、気体でないと無理です。

Q吸収スペクトルのグラフの見方

実験で、チアミン塩化物塩酸塩の吸収スペクトルを分光光度計で測定しました。
標準品の吸収スペクトルのグラフと、自分で作った試薬のグラフを比べた結果、山の高さが標準品より低くなっていました。
それはどういう事を表しているのでしょうか?
ちなみにピーク検出の値は、横軸値:236.0 ABS(←これも何を意味してるかわかりません^^;):0.317で、標準品は横軸値:236.0 ABS:0.372でした。
自分の中では、試薬を作る際に濃度が薄くなってしまったのではないかと考えています。
どなたかわかる方いましたら、回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

236.0は波長で236.0nmを示しています。

吸光度が低いと言うことは、お考えの通り、濃度が低いことを示しています。
0.317/0.372=0.852
で標準品の85.2%の濃度と言うことになります。

Qハロゲンの定量を紫外可視光吸収スペクトル光で分析したい!

いつもお世話になっております。

フッ素と塩素を定量についてです。
UV-visで定量分析したいと考えております。

ところで、フッ素と塩素は紫外・可視領域において吸収があるのかと言うことです。

勉強不足で大変恐縮なのですが
ハロゲンは紫外・可視領域において吸収があるかどうか教えていただきたいです。
また、UV-visについて分りやすい文献等ありましたら、教えてください。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

直接の値は書いてありませんでしたが、文献リストを見つけました。
非常に詳しいものです。

参考URL:http://www.science-softcon.de/spectra/halhal/halhal_1.htm

Q画像をFFTした際のスペクトル分布について

現在、森北出版から出版されている「画像処理とパターン認識入門 基礎からVC#/VC++.NETによるプロジェクト作成まで」という本の8章を参考にテクスチャーマッチングに用いるスペクトル分布を求めようとしています。
この本のソースコードをダウンロードし、スペクトル分布を計算してグラフ化すると本に掲載されている通りになります。
私は現在FFTを行うためにMIST(Media Integration Standard Toolkit)というライブラリを利用させていただいています。
このライブラリを用いてFFTを行い、パワースペクトルを画像化すると、本のソースを用いて作成したパワースペクトルの画像と見た目は一致します。

しかし、スペクトル分布はまったく違ったものになります。
本に書かれているしているスペクトル分布は2種類あり、本から引用すると「動径方向分布」と「角度方向分布」です。以降「」内は本からの引用です。
「動径方向分布」は、「中心からr=√k^2+l^2の距離に存在する環状領域内のパワースペクトルの和」のことです。
本ではこのグラフがでこぼこしているのに対して、私が作成したプログラムでは右肩上がりのグラフや右下下がりのグラフになってしまいます。

「角度方向分布」は、「水平軸から角度θの線形領域内のパワースペクトルの和」のことです。
本のグラフではピークが出ているの対して、私が作成したプログラムで出力した値を用いたグラフではピークがでません。

グラフ化にはエクセルを使用しています。
スペクトル分布の計算部分は基本的に本のソースを使用し、ライブラリによって違いが出る点を修正して使用しております。
FFTを行うアルゴリズムは異なると思うのですが、スペクトル分布がアルゴリズムによって異なることはあるのでしょうか?
また、これらの違いの原因にはどのようなことが考えられるでしょうか?
何か気づかれた点などありましたら、よろしくお願い致します。

現在、森北出版から出版されている「画像処理とパターン認識入門 基礎からVC#/VC++.NETによるプロジェクト作成まで」という本の8章を参考にテクスチャーマッチングに用いるスペクトル分布を求めようとしています。
この本のソースコードをダウンロードし、スペクトル分布を計算してグラフ化すると本に掲載されている通りになります。
私は現在FFTを行うためにMIST(Media Integration Standard Toolkit)というライブラリを利用させていただいています。
このライブラリを用いてFFTを行い、パワースペクトルを画...続きを読む

Aベストアンサー

FFT に際して,気をつけることは,
周波数 0 (DC 成分)の位置でしょうか?

普通に FFT とれば,
1次元の場合は,FFT の配列と周波数の関係は,

周波数 0 -> 最高周波数 隣に 負の最高周波数 -> 負の一番低周波数

と並びます.周波数軸をきちんと - から + に取りたいとすると,
FFT の配列の後半,前半 という並べ替えが必要です.

2次元の場合も,FFT の添え字と周波数の対応は,
x 方向と y 方向それぞれに同じです.
よって,FFT の添え字 で
x 小 y 小の部分を A
x 大 y 小の部分を B
x 小 y 大の部分を C
x 大 y 大の部分を D
C D
A B
とすると,これを
B A
D C
と並べ替えると,4角形の中心が周波数 0 になって,
ここを中心にして半径 一定の同心円状のパワーをたせば,
「動径方向分布」が求まります.

Qなぜ、278nmで紫外吸光度を調べるのか?

今、私が見ている論文の中で、4-CP(4-クロロフェノール)の紫外吸光度を調べているのですが、なぜ、波長は278nmでなければならないのですか?
何か理由があるのでしょうか?
分かる方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

吸光度で、その濃度を求める、という前提で。

 どの波長で測定しようが、研究者の自由です。が、教科書的には、極大吸収波長で測定します。
1) 感度が良い 
2) 波長を調整するときに(歯車を使っていると、必ずズレル)、ズレテも影響が少ない。
 極大波長で測定しない場合、「何故」という質問の答えを用意していないと、『何も知らん』と判断されてしまいます。

 通常でないのは、
1) 極大吸収波長が無い
2) 極大吸収波長では感度が不十分 → 220nmあたりで測定(HPLC)
3) 妨害物質が多い。278nmだと、タンパクの波長と重なる。
 これらの場合は、目的にあわせて、適切な波長を選びます。

Qスペクトルについて

アントラセンの吸収スペクトルと蛍光スペクトルの波長ー吸光度のグラフを作成したところ、鏡像関係になりました。どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

蛍光収率が良いと鏡像関係になることが多いです。特に振動成分が見える場合「嬉しくなっちゃう」。
基底状態から励起状態へのπ-π*の励起が起きるとき、「電子基底状態(π)の振動基底状態」から「電子励起状態(π*)の振動基底状態と振動励起状態」への遷移が起こるため、振動構造が見えます。
この場合π*の振動励起状態は振動基底状態より高エネルギーなので短波長側に何本かの振動構造が見えることになります。
蛍光スペクトル、つまり発光による緩和の場合、「電子励起状態(π*)の基底状態」から「電子基底状態(π)の振動基底状態と振動励起状態」への遷移が見えます。
この場合πの振動励起状態も振動励起状態よりエネルギーは高いですからπの振動基底状態への発光より小さなエネルギーが放出されることになり、長波長側に何本かの振動構造が見えることになります。
特にアントラセンのように対称性が高い分子だとπとπ*での振動励起状態の構造は似ているため一見すると「鏡像」のような関係になります。でも、一般的には鏡像関係になる「保証」はありません。

Q紫外吸収法の測定可能範囲について

紫外部吸収法(280nm)の測定可能範囲について調べたのですが
文献によってその範囲がまちまちで困惑しています。
文献A
0.02~3.0mg/ml
文献B
100μg/ml~
文献C
定量限界 0.1mg
文献D
100μg/ml~1000μg/ml
文献E
50μg/ml~1000μg/ml
とどれが正確な値なのか判断に困っています
それぞれの文献の筆者の判断や、その目的によっては前後するのでしょうけど・・・・・

この値だけを使うのなら下限と上限を用いて
20μg/ml~3mg/ml、もしくは20μg/ml~
とすればいいのでしょうけど
実際に実験を行った時に指示された濃度は(10μg/ml~2mg/ml)
それとは別の試料を量ったのですがそれは最大4mg/mlまでありましたが測定できました。

この事実を含めると、一体どの値が正しいのか・・・・
ほとほと困り果てています。

一応ですが自分なりには
実際に実験をした最低濃度の0.01mg/mlから3mg/mlを範囲として結論しましたが

ご意見いただけませんか?
レポートには自分なりの理由をつけて上記のように書いたのでレポートを書くということだけに専念するなら解決はしたといえなくも無いのですが。
あやふや過ぎて、すっきりせず、この疑問に悶々としています。

紫外部吸収法(280nm)の測定可能範囲について調べたのですが
文献によってその範囲がまちまちで困惑しています。
文献A
0.02~3.0mg/ml
文献B
100μg/ml~
文献C
定量限界 0.1mg
文献D
100μg/ml~1000μg/ml
文献E
50μg/ml~1000μg/ml
とどれが正確な値なのか判断に困っています
それぞれの文献の筆者の判断や、その目的によっては前後するのでしょうけど・・・・・

この値だけを使うのなら下限と上限を用いて
20μg/ml~3mg/ml、もしくは20μg/ml~
とすればいいのでしょうけど
実際に実験を行った...続きを読む

Aベストアンサー

測定装置の誤差に注目すればすべて解決します。

測定装置は実際には試料の透過率を求めています。この装置の測定精度として,透過率の誤差が ±0.05% 以内であったと仮定します。この時,ランベルトベールの式から考えると,

 試料の透過率が 10%(±0.05%) の時の吸光度は 1±0.002,
 試料の透過率が 1%(±0.05%) の時の吸光度は 2±0.02,
 試料の透過率が 0.1%(±0.05%) の時の吸光度は 3±0.2,

となりますね。透過率が低いときほど,吸光度の誤差が大きくなることが分かります。よって正確な定量を行いたければ,吸光度は低ければ低いほど良いということが分かります(※)。

> 実際に実験を行った時に指示された濃度

濃度が大事なのではなく,透過率が大事なのは上に述べたとおりです。透過率は試料の濃度だけではなく,試料のモル吸光係数やセルの長さにも依存しますよね。測定誤差を少なくするには,吸光係数の大きな試料では濃度をより低くする必要がありますし,それでも透過率が低すぎる場合は,10 mm セルではなく 1 mm セルを使う必要があるということになります。

※ 実際には,透過率の高い範囲では,セル表面やセルと溶液との界面による反射などの影響がでるため,単純に低ければ低いほど良いというものでもありません。私自身の感覚としては,吸光度 1 ~ 2 の範囲を信頼範囲と考えて測定しています。

測定装置の誤差に注目すればすべて解決します。

測定装置は実際には試料の透過率を求めています。この装置の測定精度として,透過率の誤差が ±0.05% 以内であったと仮定します。この時,ランベルトベールの式から考えると,

 試料の透過率が 10%(±0.05%) の時の吸光度は 1±0.002,
 試料の透過率が 1%(±0.05%) の時の吸光度は 2±0.02,
 試料の透過率が 0.1%(±0.05%) の時の吸光度は 3±0.2,

となりますね。透過率が低いときほど,吸光度の誤差が大きくなることが分かります。よって正確な定量を行...続きを読む


人気Q&Aランキング