在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

とある文章をネットで見つけて、疑問が生まれました。

The transducer 1 and, as the case may be, the second transducer may furthermore be placed in a pack containing the transmission and reception circuits at a place depending on the geometry of the circuit.
変換器1、および場合によっては第2の変換器はさらに、送信回路と受信回路を含むパック中の、回路の幾何形状に応じた場所に配置することもできる。


この文章で、「送信回路と受信回路を含むパック中の、回路の幾何形状に応じた場所に配置することもできる。」の部分。

私の感覚では、上記の日本語の表現を英語でしたいとき、

in a pack containing the transmission and reception circuits at a place depending on the geometry of the circuit ではなく、

at a place depending on the geometry of the circuit in a pack containing the transmission and reception circuits という表現しか思いつかず、

前者の英語を書かれては、解釈ができず、困っております。

「A(という範囲)の中のB(点)で」というときは、まさか・・・・・・・・・(※)

in A at B という表現方法にもなるというのでしょうか?

英文の訳例がどうしてこのようになるのか。また、(※)の点についてはどのような解釈が正しいのでしょうか?

解説いただけると非常に助かります。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは#1です。



ご疑問が払拭されていないようで、いろいろ私も考えてみました。場所を表す前置詞では、相対的理解で、大まかに"at"は「狭い場所」、"in"は「広い場所」と紋切り型に理解しています。

例えば、
別荘に=in a villa
箱根に=at Hakone
スペインに=in Spain

これを合わせると、
箱根の別荘に=in a villa at Hakone
スペインの別荘に=in a villa in Spain
という例もあります。

ここは前置詞よりも、名詞に注目すると
[小]=a villa [大]=Hakone
[小]=a villa [大]=Spain
という関係が成り立つことは分かります。

本題の副詞句の順は、上の例のようにはぴったりとは当てはまらないようですが、名詞の概念のカテゴリーレベルでは、[小]=具体的名称 [大]=一般的名称 と考えることが出来るのではないかと思います。

[小]=a pack containing the transmission and reception circuits
[大]=a place depending on the geometry of the circuit
つまり、
a pack=箱;容器(具体的名称)
a place=場所(一般的名称)

概念のレベルでは、言い換えれば集合的には、「具体性<一般性」となり、一般性の方が広い含みを持ちます。前置詞は具体的に3次元空間を示す"a pack"には前置詞"in"を、1次元から3次元まで広く表す"a place"には慣習上"at"がついただけではないでしょうか?

確かに、完全に同格と言えば、何かしっくりこないところがあります。前置詞を考えずに、「名詞の表す広さ」を考えれば、[A]は狭い場所(具体性)、[B]は広い場所(一般性)を表す名詞を含む副詞句であり、語順としてはこのままでいいのではないかと思います。前拙回答でここまで考えずに同格という説明だけでは不十分だったかも知れません。

(S) may furthermore be placed [A](in a pack containing the transmission and reception circuits) [B](at a place depending on the geometry of the circuit).

【追記】前拙回答の"Heare"は"Here"のミスでした。すみません。
    • good
    • 0

I am at Paris in France.


I am at the old oak tree in my yard.

貴兄が言うように場所を示す場合のinとatは下記が示すように前者が範囲で後者が点を示すの理解でよい。

ならば順を追って範囲を狭めると

I am in the United States.
I am in New York.
I am in the Chelsea neighborhood.
I am at the Empire State Building.
I am in my backyard.
I am in the bathroom.
A dwarf is in a cup.

すれば範囲の大きさの違いではないことも確かである。というのもatには、inと違い中でも外でもどちらでも良い場合で, I am at the Empire State Budling.ビルの中にいても外にいてもどちらでも使える。

I am in the bathroom at home.
Autopsy results were disclosed for the two men whose remains were found buried in the back yard at a Clemmons house.

http://www.journalnow.com/news/local/autopsies-s …

最初の2文と上記の2文の違いをなんと説明をしてよいのかわからぬが・・・質問文の表現は有り得るということです。
    • good
    • 0

その英語が権威ある専門家が書いたものとして読めば、「副詞句の同格」と考えるべきでしょうね。



The transducer 1 and, as the case may be, the second transducer may furthermore be placed [A](in a pack containing the transmission and reception circuits) [B](at a place depending on the geometry of the circuit).
「変換器1、および場合によっては第2の変換器はさらに、[A](送信回路と受信回路を含むパック中の)、[B](回路の幾何形状に応じた場所に配置することもできる)。」

@ 日本語訳は、副詞句[A]が副詞句[B]を修飾してる(狭めている)ように見えます。説明のために、副詞(句)を短いものにしてみます。

Heare at the theater in Tokyo, kabuki play is perfomed now.
これを訳す時、同格として「ここ東京の劇場では・・・」と同格的に訳すことも出来ますが、「この東京の劇場では」と、"here"があとの"at the theater in Tokyo"をあたかも修飾しているように訳すことも出来ます。これと同じだと思います。

@ 本文は、正に「[A]の[B]」という訳し方になっています。
@ これを、別の訳し方に変えることも出来ます。少し口語っぽい訳ですが。
「・・・は、[A](送信回路と受信回路を含むパックの中に)、配置することもできる。[B](回路の幾何形状に応じた場所に[です]。)

本題の英語も、結構固い文調ですので、与えられた訳でいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学英語の『前置詞』です!「時刻」と「場所」の順序

いきなりですみませんが、「私は午前9時に友人宅で英語を勉強をしました。」という日本文を英訳する場合なのですが、
「I studied English at nine o'clock in the morning in my friend's home.」となるのか、
「I studied English in my friend's home at nine o'clock in the morning.」と、どちらになるのかが分かりません。

要は、時刻を表す『at nine o'clock in the morning』と
場所を表す『in my friend's home』の位置はどちらが先かということなのですが、、、
分かる方がいましたら、解説付きでお願いします。

Aベストアンサー

 動詞を修飾する副詞(句)の順序は,動詞と関連の強いものから動詞に近いところに持ってきます。それと,語句の長さによることもあり,短い方が先にくることもあります。

 多くの場合,「場所」を表す語句が動詞との関連が強くなるため,場所―時間という並びが多くなるでしょう。日本では,「場所―時間」が原則と教わることも多いですが,時間が動詞と関連性が強ければ先にきます。

 今回の場合,studied と関連性が強いのは場所の方でしょう。日本語で,「午前9時に友人宅で」が自然なのも,「友人宅で」の方が「勉強する」と関連性が強いため,近づけているのです。

 さらに,at nine o'clock in the morning と長くなっているので,こちらを後に回す方がわかりやすくなります。

 ただ,時間を強調して,「午前9時に勉強したんだ」という感覚で,場所は追加的な要素であれば,時間が先にくると思います。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Qafter thatとand thenの違い

after thatは辞書でその後、それから
and thenは次に、それから
1、何か違いはあるのでしょうか?
2、after thatは文末にしか来ないのですか?
3、僕が見たのは(A),and then (B).なのですが文頭や文尾に来ますか?

Aベストアンサー

after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。事象というのは、基本的に、何らかの行動です。I went to school. とかです。

and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。

after that は、文末にも、文頭にもくることができます。
and then は、文末に来ることはまずありません。

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qそれぞれ2つずつください

「ハンバーガ屋さんなどでケチャップとマスタード要る?」って聞かれるんですけど、うまく答えられません。

「それぞれ2つ下さい」ってどう答えればよいのでしょうか?

是非教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

■次は標準的な表現です。

The two best submitted abstracts in each of the thirteen topic areas have been selected for oral presentation.

13分野からそれぞれ2つの優秀な提出抄録が口演に選定されます。

http://www.myeloma.gr.jp/~mmoffice/honyaku/id76.html

■質問のケースは次の事例がぴったりでしょう。"two of each of them"

One item costs £6 more than another. Two of each of them cost £22 in total. How much for each of the items ?

Answer: £8.50 and £2.50

1つの品がもうひとつの品より6ポンド高い。それぞれ2つの合計は22ポンド。それぞれいくらづつですか。

答え、 8.5ポンドと2.5ポンド

http://www.mathsyear2000.org/explorer/puzzle/?archive=y

■次は標準的な表現です。

The two best submitted abstracts in each of the thirteen topic areas have been selected for oral presentation.

13分野からそれぞれ2つの優秀な提出抄録が口演に選定されます。

http://www.myeloma.gr.jp/~mmoffice/honyaku/id76.html

■質問のケースは次の事例がぴったりでしょう。"two of each of them"

One item costs £6 more than another. Two of each of them cost £22 in total. How much for each of the items ?

Answer: £8.50 and £2.50

1つの...続きを読む

Q英文Eメールで「私は田中です」と名乗る場合。

いつもお世話になっております。
英文で、先日問い合わせた田中です。と書きたいのですが、This is Tanaka, I asked you the other day.
と、電話のようにThis is~でよいのでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。6/14のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

1.初対面の自己紹介ではないので、My name is~、I'm~といった表現にする必要はありません。

2.一度コンタクトをとった相手ですので、「こちら~です」といった、ご質問文にあるThis isで問題ありません。

3.「先日問い合わせた」という修飾部分は、関係代名詞を使うより、2文に分けた方が相手に伝わり易いでしょう。

4.また、私(主体)にポイントを置くより、相手(客体)にポイントを合わせた表現の方が、相手もピンときて思い出しやすくなります。

つまり、「私が問い合わせをした」ではなく、「あなたが問い合わせを受けた」と、主語を転換させるのです。

4.以上を踏まえて訳例は、

Hello, this is Tanaka.
I hope you received my e-mail a few days ago.
「こんにちは。田中と申します。
数日前私の問い合わせを受けられたと思いますが。」
となります。

以上ご参考までに。

こんにちは。6/14のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

1.初対面の自己紹介ではないので、My name is~、I'm~といった表現にする必要はありません。

2.一度コンタクトをとった相手ですので、「こちら~です」といった、ご質問文にあるThis isで問題ありません。

3.「先日問い合わせた」という修飾部分は、関係代名詞を使うより、2文に分けた方が相手に伝わり易いでしょう。

4.また、私(主体)にポイントを置くより、相手(客体)にポイントを合わせた表現の方が、相手もピン...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q地名、時間、日付、年月日の記入ルールについて

平素よりお世話になります。

私は、熊本で1971年の5月25日、10時30分に生まれた。

を書く場合、

I was born in
the KUMAMOTO at 10:30AM on the 25th of MAY in 1971.

この順番でいいのでしょうか。
基本的には、地名、時間、日付、月、年の順番で並べると
考えていいのでしょうか。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>I was born in the KUMAMOTO at 10:30AM on the 25th of MAY in 1971.
この順番でいいのでしょうか。

いいです。

>基本的には、地名、時間、日付、月、年の順番で並べると考えていいのでしょうか。

地名と日時とはどちらが先でなければならないという決まりはありません。次の(a)~(c)によって、適当に言います。
(a)1種類の概念に属するもののうちでは、小→大の順に並べる。
(a)れは、逆にすると、訳が分からなくなるからです。
(a)に従えば、仰せの「時間、日付、月、年」は「時間」という1種類の概念に属するものなので、仰せの「時間、日付、月、年」という順番で正しい言い方です。
(b)重要だと思うものから順に言う。
(c)短いものを先に言い、長いものを後で言う。
これは、長いものを先に言うと、それに気を取られて短いものを聞き落としそうになるからです。
(c)に従えば、「熊本」という短いものを先に言って、「1971年の5月25日、10時30分」という長いものを後で言うのが分かりやすい正しい言い方です。

(a)は絶対に守らなければならないルールです。
(b)、(c)は状況に応じては違反してもよいルールなので、(a)と(b)が矛盾する場合は、どちらか一方を無視して全体として分かりやすい感じのよい言い方になるようにします。

仰せの場合は、in the KUMAMOTO at 10:30AM on the 25th of MAY in 1971.で(a)~(c)の全てに合致しているので、これで正しい言い方です。

ただ、細かい点でいくつか修正が必要で、正しくは次の(1)のようになります。
(1)I was born in Kumamoto at 10:30 A.M. on the 25th of May of 1971.
修正点は次の(ア)~(エ)です。
(ア)the KUMAMOTOをKumamotoに。
(イ)10:30AMを10:30 A.M.(または、10:30 a.m.)に。
(ウ)MAYをMayに。
(エ)in 1971をof 1971に。

次の(2)のように言うことも可能です。
(2)I was born in Kumamoto at 10:30 A.M. on May 25, 1971.

(1)に比べて(2)は、あらたまった感じのする、しかし短くてすっきりした、言い方です。

>I was born in the KUMAMOTO at 10:30AM on the 25th of MAY in 1971.
この順番でいいのでしょうか。

いいです。

>基本的には、地名、時間、日付、月、年の順番で並べると考えていいのでしょうか。

地名と日時とはどちらが先でなければならないという決まりはありません。次の(a)~(c)によって、適当に言います。
(a)1種類の概念に属するもののうちでは、小→大の順に並べる。
(a)れは、逆にすると、訳が分からなくなるからです。
(a)に従えば、仰せの「時間、日付、月、年」は「時間」という1種類の...続きを読む

Q前置詞は連続して使ってもよいのでしょうか。

前置詞の後ろには、名詞がくることが文法の前提だったと思いますが、
前置詞ばかりが続く文章をみかけることがあります。
次の文は、Websterのonline dictionaryのページでみつけました。

to obtain sight or knowledge of for the first time

2つだけでなく、まれに3つ、4つと前置詞がつながる場合がありますが、どういう場合に起こりえるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。2/27のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問:
<どういう場合に起こりえるのでしょうか。>

以下のような場合です。

1.形容詞的用法の不定詞句内で、動詞句の一部と副詞句の並立:
例:
I have something to look for in the school.
(直訳)「学校に、探すべきものが、ある」
→(意訳)「学校に探し物がある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)look forは「~を探す」という動詞句で、forの後には本来something「物」が続きます。
例:look for something

(3)名詞somethingが前置しているために、動詞句look forが不定詞の後にそのまま後置されます。

(4)一方in the school「学校で」は、場所を表す前置詞句で、副詞句となって動詞haveを修飾しています。文脈によっては動詞look forを修飾している副詞句と考えることもできます。
例:
「学校に、探し物がある」
では、「学校に」はhave「ある」にかかっています。

「学校で探す物、がある」
では、「学校で」はlook for「探す」にかかっています。

(5)以上から、不定詞の後に後置されたlook forと、haveを修飾する副詞句in the schoolが「たまたま」並立した形になったのです。


2.形容詞的用法の不定詞句内で、副詞句の一部と別の副詞句の並立:
例:
I have something to write with in my pocket.
(直訳)「ポケットに、(それで)書くためのもの(ペンなど)がある」
→(意訳)「ポケットに書くものがある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)write withは「~で書く」という意味ですが動詞句の熟語ではなく、with+道具で手段を表す副詞句になります。

このwithは道具を表す名詞を伴い、「~で」というここでは書く手段を表す意味になります。
例:
write with a pen「ペンで書く」

ここでは、withの後には本来something「物」が続き、このsomethingは書くための道具となる「物」を指しています。
例:
write with something「何かで書く」

(3)名詞somethingだけが前置したために、with somethingという副詞句の一部であるwithが、動詞writeの後にそのまま残った形です。

(4)一方in my pocket「ポケットに」は、場所を表す前置詞句で、副詞句となって動詞haveを修飾しています。

(5)つまり、副詞句の一部となる名詞だけが不定詞の前に前置されたために、副詞句の一部である前置詞withが残り、それがhaveを修飾する副詞句in my pocketのinと「たまたま」並立した形になったのです。


3.受け身などで見られる、動詞句の一部と動作の主体を表す前置詞の並立:
例:
I was laughed at by my friends.
(直訳)「私は、友達に、笑われた」

(1)これは次の文の受動態です。
My friends laughed at me.
「友達が私(のこと)を笑った」

(2)このatは動詞句laugh at「~を笑う」の一部で、本来は笑う対象となる人・物が来ます。能動態の文では笑う対象はme「私」になっています。

(3)このmeを主語にして受動態の文を作ったのが例文です。この時、meだけが主語として主格になったので、動詞句be laughed atでは対象を表す前置詞atはそのまま残ります。

(4)一方受動態では、動作の主体となる名詞にbyをつけて「~によって・・・される」と表します。by my friends「友達によって」は動作の主体を表す前置詞句で、副詞句となって動詞was laughed atを修飾しています。

(5)つまり、受動態では目的語だけが主語になり、動詞句の一部が残ったために、それが動作の主体を表す副詞句by my friendsのbyと「たまたま」並立した形になったのです。

4.以上が、前置詞の並立するパターンとして代表的なものです。ご質問文は、上記の1のパターンで以下のように説明されます。

(1)to obtain sight or knowledge of for the first timeの前にsomethingなどの名詞があったものと推察されます。
例:
I had something to obtain sight or knowledge of for the first time.
(直訳)「はじめて、見つけ、知るべきことが、あった」
→(意訳)「初めてわかり、知ったことがある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)obtain sight or knowledge ofは、等位接続詞orを挟んで同じ語の反復を避け、 obtain sight of or obtain knowledge of を省略したものです。

(3)つまり、obtain sight of「~を見つける」、obtain knowledge of「~を知る」という2つの動詞句があり、ofの後には本来something「物」「事柄」が続きます。
例:
obtain sight of something「物を見つける」
obtain knowledge of something「物を知る」

(4)2つの動詞句に共通の名詞somethingが前置しているために、2つの動詞句obtain sight ofとobtain knowledge ofが不定詞の後にそのまま後置されます。Ofは2つの動詞句の共通の前置詞なので、1つだけ置かれた形です。

(5)一方for the first time 「初めて」は、頻度を表す前置詞句で、副詞句となって動詞句obtain sight of とobtain knowledge ofを修飾しています。

(6)以上から、不定詞の後に後置されたobtain sight or knowledge ofと、動詞を修飾する副詞句for the first timeが「たまたま」並立した形になったのです。


5.ちなみに、前置詞が3つ、4つと続くパターンは、動詞句が2つ以上の前置詞で構成される場合が、上記のようなパターンと結びつく場合にあり得ます。
例:
come up with「~に追いつく」

以上ご参考までに。

こんにちは。2/27のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問:
<どういう場合に起こりえるのでしょうか。>

以下のような場合です。

1.形容詞的用法の不定詞句内で、動詞句の一部と副詞句の並立:
例:
I have something to look for in the school.
(直訳)「学校に、探すべきものが、ある」
→(意訳)「学校に探し物がある」

(1)このto不定詞は名詞somethingにかかる形容詞的用法です。

(2)look forは「~を探す」という動詞句で、forの後には本来something「物」が続き...続きを読む


人気Q&Aランキング