人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お世話になります。

ビジネスをやっていてどうしても領収書が必要なんですが、
時々何が何でも領収書を断る人(企業)がいます。

大体のパターンとして振込明細が領収書になるので2重発行になるという
理由が多いですが、
それと領収書の発行義務は別次元のことで民法で定められた義務であるはずです。

私は振込明細は感熱紙で薄れていくものであり長期保存に不適当であると考えているため
その都度領収書をお願いしているんですが、
断じて断るという企業や人に対して勧告するような機関はあるんでしょうか。

2重計上はもちろん犯罪であって、そのために要求しているわけではないし、
税務上のことは相手が考えることではないはずです。

通報する機関があれば教えていただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

他のご回答者さんへのお礼を拝見し、少し勘違いなさっているかもしれないと思いましたので、補足させてください。



民法の定めは大きく分けて、それと異なる内容の契約があれば契約が優先されるものと、契約があっても民法の定めが優先され契約は無効になるものとの、2種類あります。どちらなのかは、民法に明記されておらず、判例や法解釈で決まります。

領収書発行義務の定めは、契約が優先されることになります。そのため「特約で排除しない限り」と回答いたしました。他のご回答者さんも同様の回答をなさっています。相手方の説明の内容に関わらず、領収書を発行しない旨の特約があれば、発行しない対応で合法となります。

なお、役所の対応については、その役所に確認なさってもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます

法解釈には意見がわかれるのはつきものですね。

ただ別にこれは私の勘違いでも考えでもなく弁護士の見解等を調べた結果で判断しているわけです。

これに関しては、領収書の発行義務と、金銭支払い時にそれを求める権利は
最低限のものであり、条文や特約で排除する既定は無効だと考えております。

私はこの件に関して議論するつもりはありません。

役所はイコール税務署ですが、その地域の税務署や職員によって対応、運用が異なるため
現実には予め確認しても意味ないわけです。

前回も申し上げたとおりこの件の解釈を求めているわけではありません。
現にあなたは断言されてますがそれが他の弁護士の書いてあることとは異なるわけです。
貴方様はご記載のことが唯一の法的な答えであると断言できますでしょうか。
それはできないはずです。だから見解は求めておりません。
食って掛かっているわけではないのです。

そのため、単に通報する機関はないか質問しているわけです。

お礼日時:2015/06/10 01:39

#4です。


>度々ご回答有難うございます
とのことですが、一度目ですけど…

まず
>事前に既定を書いたとしても民法の既定に反することは無効だと思いますけどね
無効ではありません
売買における領収書発行は「任意規定」なので、法律より特約が優先です。
(借金の返済関係なら絶対に必要)
民法が個別規定を何でもかんでも上回るわけではありませんよ。

また
>相手はお役所なんで実際の運用では融通の効かない場面も想定しなければなりません
ですが、まだ見ぬお役所の人を怖い方に想像しすぎていませんか?
想定の域を超えていますよ。
経理経験が少なかったり、頭が固いと領収書至上主義になりがちですが、領収書のもらえない支出であったり、紛失してしまったら即OUTとするほどお役人もバカではありません。
領収書があれば文句はありませんが、「いつ どこの誰に いくら 何の目的で」支出したかがわかればOKです。
そうなると振込明細も、通帳も、請求書も、帳簿類も、メモ書きでも、複数で支出の実態を証明できるのであれば、それ自体を問題にすることはありません。
領収書は「あればそれに越したことはない」ものでしかありません。

感熱紙は文字が薄れるといっても、余程過去に悪いことをしている確証がない限り、薄れるほども前のものは調査しませんよ。
だから下手な領収書より、レジのレシートの方が好むお役人も少なくないでしょう。

この辺はネットで調べればたっくさん情報が出てきますので、ご自分で調べて安心してください。
となれば僕の
>領収書が必要かどうか
は、質問者さまの心配は単なる杞憂であって領収書コレクターなどでない限り何の問題もなく、この質問自体もご心配に値しないということが分かってもらえると思います。
    • good
    • 3

通報する機関は”ない”だと思います。


個別に裁判することになるでしょう。

今回の場合は普通に考えると、相手に領収書発行義務はあります。
が、契約や特約において領収書相当の別の書類がある場合はそれを以て領収書を発行したものとすることが可能です。
またこれを盛り込んだ契約の文言は多くあります。

法律は人間が守るべき最低限のルールのみですから、お互いが合意したことであれば(殴らせろとかのレベルは無効ですが)そちらが優先されます。

商慣習においては、銀行振込の領収書は発行の手間と金を考えて、必ずしも必要な物でありませんから。
税務調査でも少しも困ることはないでしょう。
感熱紙が薄れたところで、金銭授受の証明などは通帳や残高帳などいくらでもできるわけですからね。

個別の契約を確認して、その取り決めがあるのなら発行は諦めましょう。
なければ粘り強くお願いするしかありませんよ。

そして今後は、質問者さまの方から確認をして取引することをお薦めします。
やはり義務はあるものの、実際には全く必要でないものを「法が…、法では…」といっていると、ビジネスに支障が出るでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ご回答有難うございます

事前に既定を書いたとしても民法の既定に反することは無効だと思いますけどね。

そもそもビジネスでは通常領収書が必要なんて当然のことなんで発行しないという
相手自体通常の取引相手では珍しいです。

領収書がなくて感熱紙が薄れても通帳があればOKというなら別にいいですが、
それならそもそも通帳だけでいいことになりますよね。
それじゃだめだから領収書なり領収書の要件を満たす振込明細の保存をするわけですよね。

相手はお役所なんで実際の運用では融通の効かない場面も想定しなければなりません。

そのためには領収書の発行を求めるなんてことは別にやかましいことではなく
商売では呼吸のように自然にやりとりするべきものであるはずなんですがね。

この質問の趣旨は通報する、あるいは指導する機関の有無なので
領収書が必要かどうかのお考えが聞きたいわけではないのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/06/09 11:44

念のため、勘違いしている方も少なくないのですが、銀行取引約款などの解釈から、銀行振込で銀行はお金を移動する役目を担っているにとどまります。



代金支払者と代金受領者との関係でいえば、銀行振込は、現金で直接に支払ったのと同等に扱われます。特約で排除しない限り、代金の振込を受けた者は、代金を振り込んだ者に対して、代金支払についての領収書発行義務を負う、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

まさにそのとおりなんですが、普通に断ってきますからね。

しかもある程度の規模の企業でも社員のレベルではそういう法的な認識が無いです。
そこまで何が何でも拒否するようなものじゃないはずですがね。

ビジネスやっている人間にはこの風潮非常に困ります。

お礼日時:2015/06/09 01:40

領収書発行義務の根拠が、民法に留まるのか、業法や行政通達などの個別規定に基づくのかで、異なってくると思います。

前者でしたら、裁判や仲裁などによるしかなく、勧告する機関はないと思います。後者でしたら、監督官庁が勧告等をおこなう機関になると思います。

なお、領収書発行義務を履行すればそれ以降は領収書を発行しなくてよく、仮に注釈なしに再度発行すれば二重発行になります。二重発行かどうかは領収書発行義務と別次元ではなく、むしろ密接に関連しています。

そのうえで、銀行の発行する振込明細書は、単に振込手続のために金銭を受領したことを表す領収書に留まります。代金を受領したことを表す領収書ではありません。銀行が代金受領を代行しているのではないためです。代金を受領したことについての領収書発行義務は、銀行振込を終え振込明細書が発行されただけでは、履行していないことになります。

また、法律で強制されていない限り、領収書発行義務は特約で排除できます。実際の取引では、領収書を発行しない旨を特約で定めているケースも多いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます

法律で強制されてますよ。
民法にそう定められています。

それを税法上、税務上などの理屈で断ってくるわけです。

お礼日時:2015/06/09 01:42

>それと領収書の発行義務は別次元のことで民法で定められた義務であるはずです。


振り込みであれば金員の授受が有りませんから領収書の発行義務は有りません。
あなたも金員を支払ったのは金融機関へであって相手企業ではないので領収書発行を求める権利もありません。

>断じて断るという企業や人に対して勧告するような機関はあるんでしょうか。
ありません。
>通報する機関があれば教えていただければと思います。
有りません。

いやなら取引をしないことです。
あるいは現金持参で支払いに行くかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

その解釈は間違ってますね。
調べてみたほうがいいです。

振込の場合領収書の発行は義務です。
振込は金銭の授受そのものです。

お礼日時:2015/06/09 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の偽造は税務署の方に追求されないのでしょうか?

会社で経費精算を担当しています。
社員で数人の者が以下のように領収書を偽造(?)しています。
(1)白紙の領収書に自分で金額を記入。
(2)お店でもらった領収書に金額を追加している。(例:3,500円の金額の前に2を書き足して、23,500円とする)

うまく作成してくれるのであれば、見てみぬふりをして処理もしやすいのですが、最近では(2)の方法で、誰がみても明らかに金額を足したなと分かるような書き方で領収書を回してきます。(字体も、ペンの色も違うので・・・)上司に相談しても、社内でも役員クラスの人が回して来ているので、追求したくもないのかだまって処理すればよいといいます。

私の気持ちの問題だけなのかもしれませんが、上記のような領収書でも会社としては特に問題ないのでしょうか。教えてください。上司も追求しようとしないということは、税務署の方とかが監査に来てもいちいち領収書などを調べたりはしないものなのでしょうか?
ちなみに上記領収書は雑費と交際費で処理しています。

Aベストアンサー

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気がつかなくて申し訳ありませんでしたとひたすら謝れば良いだけの
 ことです。謝り方が慇懃で丁重であればあるほど『怖い』と評価され
 大事にされます。経理にはそういう力が要求されます。
4 税務調査で指摘されたら僅かな金額でも増差差額が発生し、法人税、
 消費税、法人市県民税、事業税の上に延滞税等の罰科金が課せられ
 るとともに、税務署の税暦簿に汚点が記されて末永く睨まれ、3年ご
 との定期的調査をされる羽目になり、汚れた会社の常として常にお土
 産を用意しなければ調査がしのげなくなり、税理士からも当然その程
 度の会社と見くびられ、調査立会い料も多分心もち以上要求され、御
 社の社会的評価も下がる…、良いことが何もないことをこの機会にお
 おいに吹聴されれば良いだけのことです。
5 今回、それでも効果がなかったら、1~2ヶ月中にまた同じことを
 繰り返せばよいのです。経理として、会社を守るのは当然の行為です
 という姿勢だけを前面に出して下さい。
6 経理とは、たかだか、この程度のことをあたりまえにこなしてゆく
 仕事です。それ以上の仕事ではありません。上司たちからは感謝をさ
 れても睨まれることはあり得ません。彼らも、そんな経理マンが欲
 しいのです。
7 営業マンが外でする苦労に比べたら、そんなに大層なことではない
 でしょう。ここで泣き言を吐いていたら、開発や営業や…の人々に
 に顔が立ちません。経理の面汚しです。
8 merry_1980様のご年齢やキャリアを無視すれば以上のようなこと
 が言えると思いますが、社会的にも、社内的にもこれから成長され
 る緒についたばかりの方でいらっしゃったら、いま少し機会をお待
 ちになられたほうが良いでしょう。ただし、時間がmerry_1980様を
 汚ないことを祈念します。

1 社長以下の役員も、上司の従業員も、実は、本当のところ怖いのは、
 経理の職員です。
2 明らかに偽造とわかる領収証で金額の張る同一の役員のものにつき、
 『税務調査が通らないので再発行して貰ってきて下さるよう』丁重に
 お願いされることをお勧めします。間違っても『この領収証はおかし
 い。』と言ってはいけません。最初は一人のターげットからはじめれ
 ばよいのです。不必要に戦線を広げないで下さい。
3 以前の領収証を経理が見逃していたことを指摘されたら、その件は
 気が...続きを読む

Q領収書を出せないと言われましたが腑に落ちません。

クリーニング屋に行き、先日、会員の更新料とクリーニング代を払いました。そして後日、領収書をもらうのを忘れていたので、要求しました。

すると、クリーニング代の分は領収書に書けるけど、会員の更新料分は領収書は出せないと言われました。なぜかと聞いたら、「品物ではないから。」と言われました。

??と思いましたが、店員さんはイライラしていて、それ以上聞くと切れられそうな雰囲気だったので、わかりましたと言ってお店を出ました。

私は何でもお金を払った分は領収書がもらえるものだと思っていたのですが、そうではないこともあるのでしょうか?

Aベストアンサー

領収証の発行義務に関しては、民法に以下の規定があります。
  (受取証書の交付請求)
 第四百八十六条 弁済をした者は、弁済を受領した者に
     対して受取証書の交付を請求することができる。
従って、お金を受領した人は、領収書を求められれば発行する
義務があります。領収書を発行すると、その金額はお店または
会社の収入に計上され税務申告することになります。
会員の更新料の性格がよくわかりませんが、相手が領収書を発
行したがらないのは、そのお金がお店の収入とされていない可
能性があります。そのへんの事情をうまく聞き出して、納得が
出来なければ領収証を要求するべきです。

Q領収書は発行いたしません。

近頃、代金決済として銀行振込やクレジットを使用すると「領収書」は発行しません。
という企業が増えています。

税務相談所等に訪ねると「領収書」は経理上必要との回答です。

また、「銀行振込の領収書(振込金受取書)を領収書に代えさせていただきます」
との企業もありますが、税務相談所の回答では原則ではないとのことです。

理由は振込の記入ミス等で相手に入金されなくても、振込の受付時点で
振込金受取書が銀行から発行されるためです。

領収書はその代金の真の受取人が発行しなければ意味がないのでしょう。

銀行の経理の方からも次の話を聞きました。
「銀行振込の領収書(振込金受取書)を領収書に代えさせていただきます」
と言われても、自分自身で発行し受け取ることになると・・・

経理のみなさんはどのようにご対応されているのですか?
以上

Aベストアンサー

振込金受取書で大丈夫ですよ。
税務署も問題なく通っています。

ただしここで一つ重要なことがあります。
それは、振込先を明示した書類が必要だということです。
つまり、「自分に振り込む」みたいな、
支払いとは関係のない振込を防ぐために、
振込先を明示した請求書と、その振込先(口座番号でも)が
記載されている振込金受領書の両方があれば大丈夫です。

領収書を省略する会社でも、請求書は省略していないのは
こういう事情からです。
(たとえば、直販だけでパソコンソフトを売っている(株)メッツ)

こうすると、もうひとつメリットが出ます。
それは、振込費用も同時に処理できると言うことです。

che-ez-babeさんは銀行の経理の方(これは珍しい)とお話
出来る立場の方のようですから、
もう一度、その方に訊いてみたら如何でしょう。

Q銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

先日 脱毛サロンで契約をしお金を振り込んだのですが お店に「領収書を頂けますか?」と電話をすると

「領収書の発行はお金を直接お持ち頂いた場合のみになります。」と言われたので

「ちゃんとお金をお支払いしたという証明は残りますか?」と聞くと

「金額の記載された契約書が領収書代わりになりますし、振込みされた時に銀行の「ご利用明細」が出てきたと思いますので それが証明になります。」と言われました。

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?

無知で申し訳ありません。

ご回答宜しくお願い致します。

この質問に補足する

Aベストアンサー

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?
→はい、証明になります。

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?
→はい、振込みの場合は領収書を発行しない事が多いです。

それでも、領収書が欲しい場合は発行してもらえますよ。民法486条


人気Q&Aランキング