ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

右の脇の下あたりに昔からボコンとした塊がありました。
うずらの卵程度のの大きさです
ずっと痛くも痒くもなかったのですが、この前体調を崩したと同時に
痛みを伴うようになって、少し赤く腫れてきて、下にしては眠れないくらいでした。
はじめはうっすら赤くなっていた程度だったのが、全体的に赤く膿んできている感じで
一部から強い匂いを放つ白い液体が出ます。針の穴から出るような感じでぽつんとでます。
これは粉瘤でしょうか?
粉瘤だとよく、白いラードのようなものが出ると書いてあるのですが・・・。

粉瘤だとして、皮膚科に行ったとした際の
治療回数と診療代がどの程度になるか知りたいです
行ったその日に、ちゃっちゃと袋を取り出して終わりとは行かないのでしょうか?
何度も無意味に通うのは仕事もあるので大変です
腫れが収まるまでステロイドで様子を見たほうが通う回数は少なくて済むでしょうか?
また粉瘤だとして、取り出す治療までをするとしたら、いくら位を見ておけばよいでしょうか?
歯医者もかかっているので少しきついです
匂いが凄いので、治したいには治したいです。今はテープなどで完全に囲っているので
漏れてはいないと思うのですが・・・
画像は腫れ上がる前のもので、今は盛り上がりが全体的に赤黒いです
言葉で言うほど酷い感じではありません

「粉瘤?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>行ったその日に、ちゃっちゃと袋を取り出して終わりとは行かないのでしょうか?


これはちょっと無理だと思います。
膿が出ているという事は炎症が広がっているという事ですので、粉瘤の袋をきちんと
判別するのが難しく、再発する可能性が高いらしいのです。
まずは表面に切り込みを入れて大部分の膿を排出し、抗生物質を塗って患部の炎症が
治まるまで待ち(その間もしばらく膿は出る)、症状が落ち着いたところでようやく
摘出という流れになります。
私が治療を受けた際、担当した医師から説明された内容ですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、その日にというのは無理なのですね
自分もネットでの体験談を読んだのですが、その流れでした。
でも膿はとりあえず出さないといけないので、一度行かなければ始まらないのですね
諦めていくことにします。

お礼日時:2015/11/06 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q右脇下が赤く腫れて痛みが。

右脇下部が直径2~3cm、高さ1cmほどに膨らんで、赤く腫れております。触ったり、服に擦れたりすると痛みを感じます。

どのような、病気が考えられるでしょうか?

患部が若干、熱くなっています。冷やした方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私もなったことがあります。化膿性リンパ腺炎でした。それは特に病気ではありません。ただのデキモノです。ただ場所が悪いので外科で切ってもらったほうが良いです。3回位通院でOKでしょう。

Q化膿した粉瘤切開後の対応について

先日、皮膚科で化膿した粉瘤の膿を出してもらい、
抗生物質3日分とゲンタシンと言う塗り薬がでました。

医師には自分で消毒するようにと言われただけで、
今度いつ来るようにとも何とも言われませんでした。

最終的には、傷が治ってから(1~2か月後)粉瘤の袋を摘出する
事になると言われただけです。

他の方の書き込みを見ると、毎日のように消毒の為に
通院したとの書き込みも見受けられますが、なぜ通院
するように指示がなかったのか今になって気になりだしました。

個人で消毒を続けるだけで、医師に傷の状態をずっと見せずに問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

傷や縫合部に関してはいろいろな理論や考え方がありこれが正解であるとは言えないのですが、やってはいけないということでいえば乾かすことです。これは傷の治りを遅らせ、あとが残る可能性があるからです。皮膚とは強固なバリア機能があり、これにより菌やウィルスからから守っています。例えば最近流行の兆しがあるノロウィルスでも健康な皮膚から感染する恐れはまったくありません。肌が荒れたり、傷がついたり、たとえ目に見えないような傷からでも感染するリスクがあります。傷がついている部分はもちろん、血液に乗って関節部など遠い場所に感染することもあります。たとえ傷の治りが遅くなっても感染のリスクを0に近づけることは個人的には非常に重要なことだと思います。

通常は消毒し、軟膏を付け、覆います。感染リスクを下げる為、滅菌操作で清潔なものに変え、患部が渇かないような処置を行います。ラップを使うところもありますので、傷の処置や考え方は医療機関によって違います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング