プロが教えるわが家の防犯対策術!

ある飲食店に行きラーメン529円(税込み)を注文。
支払時金券3枚(販売促進用)300円分を出し現金229円(税込み)を支払う。
領収書には529円-300円合計229円(うち税金8%16円と明記)です。
 529円は内税で本体480円消費税49円と思います。
 金券使用後は229円は内税で本体213円消費税16円場合
 本体価格の割引は480円-213円は267円です。
金券支払に本体ではなく消費税まで対象となるのでしょうか。
金券にも現金同様消費税の対象となるのでしょうか。
この計算はおかしいのでしょうか

ある薬局に行き風邪薬1490円(税込み)お菓子105円(税込み)です。
風邪薬のみ割引券(15%)引きで買えました。
支払額は2点で1371円です。
  1490*0.85+105で1371円でした。
  領収書には105円+1490円ー224円(販売促進割引と明記)合計1371円です。
計算的には合っていますが224円には当然支払わない消費税が計上されており不自然と思います。
1490/1.08=1380円  1380*0.15=207円
本当の薬局の販売促進割り引きは207円であたかも消費税まで割り引いたような領収書表記は
おかしいと思います。

消費税は支払の後に税を計算するものでないでしょうか。
まあ割り引いてもらえるので文句は言いませんが皆さんどう思いますか。

質問者からの補足コメント

  • 本文4行目訂正
    529円は内税で本体490円消費税39円と思います。
    本文6行目訂正
    本体価格の割引は490円-213円は277円です。

      補足日時:2015/12/04 14:54

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あなたが何にこだわっているかが図りかねるのですが、


消費税の表記がないと困るのはお金を払って買う人です。
かつ、お金を払って買う人がその消費税のうち、
商品提供者の誰がどれだけ納税するかの明細が必要である
かも説明する義務はありません。

さらにあなた自身も言われているように、
得して買える人には特に影響はないのです。

ただで提供してしまったら売主は仕入れ値540円を
マルマル損するわけです。
そうすると40円の消費税さえ、仕入れ業者に
払っている状況です。
その説明が買った人に必要という話はありません。
特に必要がないからです。

消費税は末端の消費者が払うわけで、確かに
本当に私の払った消費税は納税されているのか?
と疑いたくなる気持ちは分かります。

実際に業者によっては、消費税を表記して販売
しながら、消費税を納税しなくてもよい業者も
いるんですよ!
それは消費税が始まった時からそうなんですが、
納税の平等性、税収のアップを考える上では
所得税よりも透明性が高いという判断なんだと
思います。

まああまり詳しくないので、このぐらいに
しておきます。A^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、こんなことを友達などに話したらお前は馬鹿かといわれそうです。
いまさら始まったことでもないに。
毎回こんな愚かな質問に付き合っていただきありがとうございました。

お礼日時:2015/12/05 09:51

>このとき業者は80円の消費税を納税するのですか?


いいえ違います。

金券はなんらかの形で現金化されます。
手数料などありますが、そのあたりは無視し、
1080円の換金ができたとしましょう。

1080円の売値に対して、商品の仕入れや
経費がありますよね。
例えば消費税込で432円で仕入れて、
1080円で売ったとしたら、
648円の利益となります。

その業者の納税額は48円となります。

432円で仕入れて、540円で叩き売り
したら、儲けは108円で8円の納税
となります。

将来、消費税増税で10%となった時に
軽減税率で仕入れの材料は消費税8%
のものや、10%ものがあって、それを
加工して売るときに10%の消費税が
かかるとした場合、利益にどのように
課税されるのか?
今、ゴチャゴチャやってるようです。

こりゃ大変ですね~。A^^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ここでの質問の金券は商品提供業者が自ら発行する値引き券です。(商品券ではありません。商品券は消費税非課税ですね)
消費税は消費者から預かって代わりに納税する性質があります。
私が考えるに540円(税込み)で仕入れて1080円(税込み)で売った場合粗利益から40円消費税を払う必要があると思います。
しかしこの業者は自ら発行した金券(値引き券)で1080円で売ってしまいました。利益はまったくありません。
この業者は自ら消費者となってのと同じではないのでしょうか。
金券(値引き券)で540円で売ろうが1080円で売ろうが業者には1円も入金がありません。
このとき業者は1080円の金券で売ったとき80円の消費税を納税しますと宣言していませんか(もちろん仕入れ時40円支払っていますので残りの40円分)

お礼日時:2015/12/04 16:30

金券と割引券は違うと思います。


金券は特に曖昧ですよね。

ご質問の話は割引です。

もっと単純な例にしましょう。

1080円(税込)のラーメンを
500円の金券を使った場合
①1080(税込)-500(金券)=580円(税込)
とられたが、
②1000(税抜)-500(金券)=500(税抜)
500×108%=540円
じゃなきゃおかしいよね。
ってことですよね。

金券はお金の代わりなんです。
②の税抜計算は
500円の金券から消費税を抜く
必要があります。
500÷108%≒463円
②1000(税抜)-463(金券)=537(税抜)
537×108%=579.96円≒580円(税込)
誤差は出ましたが、ご質問の金券
300円はお金と同じ役割です。

次に割引の場合です。
1000円(税抜)の薬15%割引なら
850円
1080円(税込)の薬15%割引なら
918円(税込)
918円÷108%=850円(税抜)
何かおかしいですか?

つまり割引率なら消費税が
込みでも抜きでも同じってことです。
税抜150円引いたか、
税込162円引いたか
ここは表記の問題だけですが、
問題はありません。

割引は当然利益も減るので、
お店が納税する消費税も減ります。

それに対して金券は誰かがそのお金
を立て替えています。
消費税は減りません。

怪しげな金券もあるでしょうが、
分かりやすい例でいけば、
クレジットカード会社のギフト券や
流通業の商品券はお金の代わりで、
税込1080円のものを買うには、
1080円分の金券が必要になります。

529円のラーメンに300円の金券を
使ったら、229円は現金払い。
現金部分の消費税は16円という
表記というだけです。
>金券支払に本体ではなく消費税
>まで対象
ということですね。
そこに内訳が明示されていない
ということです。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>税込1080円のものを買うには、
>1080円分の金券が必要になります。
このとき業者は80円の消費税を納税するのですか?

お礼日時:2015/12/04 15:20

>529円は内税で本体480円消費税49円と思います…



ん?
いつから消費税が 10% 以上になったの?

税込 529円は、本体490円、消費税 39円です。

>領収書には529円-300円合計229円(うち税金8%16円と明記…

店側から見れば、300円は値引きしたのであり、税込 229円で売ったことになります。
税込 229円は、本体212円03銭、消費税 16円96銭です。
銭単位は切り捨て、切り上げ、四捨五入いずれでもよいことになっていますので、その店は 229円と 16円としたのでしょう。

>金券にも現金同様消費税の対象となるのでしょうか…

ちょっと意味が分かりかねますけど、あなたは 300円負けてもらって税込 229円の買い物をしたと考えてください。

>風邪薬のみ割引券(15%)引きで…

その 15% 割引というのが、本体価格の 15% なのか、税込価格の 15% かは、その店がどう定義しているかによります。

>224円には当然支払わない消費税が計上されており不自然…

もう一度よく考えてみましょう。

> 領収書には105円+1490円ー224円…

105円+1490円に含まれる消費税は 118円15銭。
割引の 224円に含まれる消費税は 16円 59銭。
差し引きして支払った消費税は 101円 56銭。

>支払額は2点で1371円です…

1371円に含まれる消費税は 101円 55銭。

合いますね。
どちらの店もおかしくないですよ。
    • good
    • 0

割引券は店が発券していれば、割り引き額を自由に設定できます。



税抜きにするか、税込みにするかは店側の自由です。

法律上も問題ありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割引券と消費税について

 日常使用している、理髪店がポイントを、1回につきいくらと発行しています。この度3000円分として、利用できる割引券をもらい
利用して理髪を、してきました。
通常の料金3800円*1.05=3990円
割引券を利用した時3800-3000*1.05=840円だと思っていたら990円と、いわれて990円支払ってきました。
消費税上の考え方は、どちらが正しいのか、
又どちらでもいいのかよろしくお願いします。     

Aベストアンサー

>消費税上の考え方は、どちらが正しいのか、

消費税も総額表示になりました

税込みでの考え方が一般的

単に3000円割引なら税込みでしょう

普通は券面に書かれているはずです、書かれていなければ税込みでも仕方ないでしょうね

割引券も「商品代割引」なら1050円購入で100円券などが主流です
その場合は代金から引かれるでしょう

Q「200円割引券」の割引は、消費税5%を付ける前?後?

ものすごく細かい、そして、せこい話です。
しかし、ちょっと気になっています。

「200円割引券」というのをもらいました。
使用可能な店名と有効期限のほかには何も説明が書かれていません。

さて、この「200円割引」とは、まず200円引いてから残りの値段に消費税加算なのでしょうか?
それとも、消費税加算後の値段から200円引きなのでしょうか?
それによって、10円の差が出てきます。

例えば、次回、1200円の買い物をしたとき、この割引券をつかうとしましょう。
・(1200-200)×1.05 ならば1050円
・1200×1.05-200 ならば1060円


そこで私の質問は、
法律ないしは行政の指針から言って、どちらが正しいのでしょうか。
もしかしたら、最近義務付けられ始めた「総額表示」とも関連してきますか。

念のためにあらためて申し上げますが、割引券には、上記のいずれであるかの説明が全く書かれていないケースです。
(もしかしたら、そういう説明を書いていないこと自体が、本来は好ましくないことだったりしますか。)

ものすごく細かい、そして、せこい話です。
しかし、ちょっと気になっています。

「200円割引券」というのをもらいました。
使用可能な店名と有効期限のほかには何も説明が書かれていません。

さて、この「200円割引」とは、まず200円引いてから残りの値段に消費税加算なのでしょうか?
それとも、消費税加算後の値段から200円引きなのでしょうか?
それによって、10円の差が出てきます。

例えば、次回、1200円の買い物をしたとき、この割引券をつかうとしましょう。
・(120...続きを読む

Aベストアンサー

>経験は、(1)、(2)とも、お客さんの立場でなく、お店の方の立場からのご経験ですよね?
はいその通り商売する側の立場です。

とある会社でお客様相談室の責任者をしていました。
ある時は消費者センターと、又ある時は弁護士とやりあった経緯があります。

Qこの消費税変じゃないですか?

あるコンビニでクリスマスケーキを注文しました。早期割引の設定してあるもので、昨日注文してまだお金は払っていません。引換証兼伝票を貰って帰ってきて家で何となく見てたんですが。。。

小計   3,200円
消費税   160円
合計   3,360円
早期割引 △300円
お支払額 3,060円

となってるのです。消費税って売上額に関してかかるものだから、実際に申告したときにかかる金額は、そもそもの商品価格から割り引いた後にでる「2,900円」に対してではないんでしょうか?私が仕事で見積するときって、出精値引後の金額に対して、消費税を出すからおかしいなぁと思うのですが、経理上おかしくないんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、mondayと申します

よくあるコンビニのクーポン券には「課税後○円割引」って小さい字で書いてます。ですからいいのでは?

それより、私は、「ガソリン税」が入った「ガソリン代」にさらに「消費税」がかかる(2重取り)事のほうが気になります。(軽油はそうではないんですが・・・)

Q消費税や割引き計算方法について

スーパーに勤めている者です。
割引きの計算がちょっと良くわからなくなったので教えて下さい。

うちのスーパーは少し変で(汗)バーコードがあるのにたまに入らない
商品が結構あります。その場合は手打ちで入力する事になります。

そこで今までは内税だった為に税抜き商品がある時は税込み価格にする為に
計算機で[商品価格×1.05]と計算して入力していました。

これで消費税の5%が加算された価格になります。

割引き品の場合は30%OFFなら
計算機で[商品価格×0.7]と計算していました。

これで3割引きの価格になります。


そしてこの度、4月の増税に向けて商品値札が内税から外税に変わりました。
ですので今度は税込み商品がある場合は税抜きで入れないとレジの端末が
勝手に消費税をプラスして計算してしまう為、内税の商品に更に5%の外税
が加算されてしまうみたいなおかしな事になってしまいます。

そこでこの度、税込み価格を税抜き価格にする方法として
計算機で[商品価格÷1.05]とやると上司に教わりました。

これで消費税の5%マイナスされた価格になります。

つまりまとめると

税込み価格にする場合は×1.05
税抜き価格にする場合は÷1.05

という事になります。
この上の理屈で言うと

パーセンテージをプラスしたい場合は掛ける
パーセンテージをマイナスしたい場合は割る

という事になります。

これは分かりやすいと思いました。
そしてこれは税率だけじゃなく割引率にも使えると思いました。

そこでこの度、30%OFFの商品を[商品価格÷1.30]で
計算しました。
しかし、、、計算が合いませんでした。

例えば1000円の30%OFFは700円です。
しかし割る方式で計算すると1000円÷1.30=769.23076・・・・
なぜでしょうか?
計算機が壊れてると思い他の計算機でやっても同じでした。

試しに1000円に30%プラスしたと過程して
1000円×1.30で計算したらちゃんと3割増しの1300円と
なります。

掛ける方式だとちゃんと計算あうのに、割る方式になると
途端に合わなくなります。

もしかしたらこの割る方法というのは5%までしか使えない方法なのでしょうか?
それとも私の計算方法が間違っているのでしょうか?

どなたかわかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

スーパーに勤めている者です。
割引きの計算がちょっと良くわからなくなったので教えて下さい。

うちのスーパーは少し変で(汗)バーコードがあるのにたまに入らない
商品が結構あります。その場合は手打ちで入力する事になります。

そこで今までは内税だった為に税抜き商品がある時は税込み価格にする為に
計算機で[商品価格×1.05]と計算して入力していました。

これで消費税の5%が加算された価格になります。

割引き品の場合は30%OFFなら
計算機で[商品価格×0.7]と計算していました。

これで3割引き...続きを読む

Aベストアンサー

消費税の場合、

元の価格(税抜き価格)がAとすると、5%の消費税込みなら A×1.05になります。
この価格から消費税だけを除く(税引き価格)と、 A×1.05÷1.05=Aに戻ります。

つまりあなたが言う通り、裸価格に税金を加えるなら×1.05、税込価格を裸価格に戻すには÷1.05です。


しかし値引き計算の場合、(余談ですが「割引計算」というと将来価値を現在価値に割り戻す計算と混同しますから「値引き」と呼びますが)

価格Aのものを3割引にするには A×0.7です。
Aの3割アップの価格は A×1.03です。
定価を3割アップした価格がAとすれば、それを元の価格に戻す時は A÷1.03です。

つまり、Aを1.03で割るということは「元の値に3割アップした価格を、元の値上げ前の状態に戻す時」に使う算式になります。


人気Q&Aランキング