プロが教えるわが家の防犯対策術!

妻の行っている美容院(女性一人でやっている)ですが、領収書の発行無し、レジそのものがなく、電卓での手計算です。これで、オプション等を含め計算し当然消費税を取ります・・税務署には適当に申告し、消費税はタダ取り・・こういった美容院は税金を納める気などないのでしょうか・・

A 回答 (6件)

それは美容院だけでなく、個人事業主で豆腐屋も八百屋、スナック、居酒屋でもレジなんて無いところがほとんどで、金額の合計を紙に書いて渡すだけとか・・。


仕入に消費税を支払っているものもあるので、消費税のただ取りではないも、1千万円以下の売り上げだと申告要件は満たしていないので、その分還元することはできますよね・・。
なんなら、領収額を多くしてお客に渡すのも個人の得意技です。
税務署に密告すれば調査はされるでしょうが・・。
個人の調査は通報も多いので・・。
まあ、でも儲かっとらんと思いますがね!
    • good
    • 0

消費税は年売上1千万円超えてる者でないと申告納税義務はありません。


ですから、単純に「消費税はただ取り」と決めつけるのはいけません。

売上金を受け取って領収書を発行しないのは、おっしゃるとおり売上除外に繋がりやすいですが、これは美容院だけの話ではないです。

事業主でレジなど置いてない者も多数いますので、これが直接脱税に繋がる話ではありません。

美容院が脱税の温床というより、特に個人事業主で、売上金を受け取ったときに領収書発行をしない業種は脱税がしやすいと言えるレベルです。

https://www.nta.go.jp/suggestion/johoteikyo/inpu …

個人的に「脱税してそうな奴を見つけたぜ」って話なら、このリンクから国税庁に情報提供できますよ。
    • good
    • 0

>妻の行っている美容院…



妻のオコナッテいる美容院
すなわち妻が経営している美容院とも読めますけど。
    • good
    • 0

八つ当たりのような質問ですが、#3さんも書いていらっしゃいます。


資材の使用量は、納入元からの調査でわかります。
使用量に対して客数が大体判断できます。
 
事業規模に対しての売上げなど他の店と比較すれば、簡単に推測できます。
ましてそれが専門の税務署です。
他と大きく乖離していれば税務調査が入ります。
    • good
    • 0

おひとりでされてるとこなら、レジなし領収書なしってあると思います


レジスターも安くはないですから
領収書なしの美容院は多いです
でもそれで税金チョロまかせるほど甘くないです
そもそもシャンプーもパーマ液もカラー薬剤も材料問屋から仕入れてますから、在庫と売り上げ額の辻褄が合わなければ即バレます
税務署がそんなの見逃すバカじゃないのはおわかりですよね
    • good
    • 2

>領収書の発行無し、レジそのものがなく、電卓での手計算…



それらが悪いわけでは決してありません。
1日終わったら帳簿をきちんと付け、現金に過不足がないことを確認しておけば良いだけで、なんでもかんでも機械に頼らなければいけないなどという法はありません。

>当然消費税を取ります…

事業者の行う課税取引なのですから当然のことです。

>妻の行っている美容院…
>税務署には適当に申告し、消費税はタダ取り…

何を赤の他人のようなことを言っているのですか。
夫婦なのなら正しい確定申告をするよう、戒めるべきでしょう。

それとも“髪結いの亭主”で頭が上がらない?
奥さんに何も言えないからネットで憂さ晴らしですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勘違いしないでください、私の妻が美容院を経営しているのではありません、妻は単なる客で妻から聞いた話です‥

お礼日時:2020/11/28 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています