ボーラス投与は通常何分くらいで行われるものなのでしょうか?
静脈内ボーラス投与で1時間というのはあり得ることですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

普通はシリンジから一気に投与することをいいます。


長くてせいぜい、2,3分間でしょうね。

持続的に24時間連続して投与する薬剤などもありますが、必要に応じて1時間のうちに投与するときは考え方としてはボーラスなのかもしれませんが、普通はボーラスとは言わないでしょうね。

http://kango.919.co.jp/word/%E6%B2%BB%E7%99%82%E …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高額薬の適正投与について

本日(2016年7月21日)の日経一面にて取り上げられていた内容に対する質問です。新聞を一読しても理解していないの程度なので小学生に教えるつもりでご教授いただけましたら幸甚です。

【質問】
高額薬(ここでは小野製薬工業が開発したオプジーボ)に対して
1.専門医を置く
2.緊急対応ができることなどを要件とする使用ガイドライン(指針)を作る
とあります。

それによってどのようなメリット・デメリットが患者側にあるのでしょうか?
それによって製薬会社にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
それによってどのようなメリット・デメリットが政府にあるのでしょうか?

【質問をした理由】
何故この様な対策を政府が行うのか。。
必ずこのような時は誰かが恩恵を受け、そして誰かがその損害を受けるはずだと思っております。
本当のところを知りたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オプジーボの一番の問題は、価格が高い、ということです。
オプジーボ治療を、一年間行なうと3000~4000万円かかります。

現在は、悪性黒色腫及び切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんでしか使用が認められていませんが、理論的には大部分のガンに効く可能性があります。

ガンによる日本の年間死亡者数は、約37万人ですから、仮に半分の方がオプジーボを使うことになると、年間約7兆円が使われる計算になります。
オプジーボの延命効果があるとすると、一年で使用は終わらないでしょうから、もっと額は膨らみます。

また、理論的には大部分のガンに効果を持つ薬ですから、現在国が使用を認めていないガンにも使おうとする人はきっと出てくるでしょう。

日本の国民医療費は昨年2.2%増えて、40兆円を超えたということで問題となっています。
オプジーボだけで7兆円使うとなると、その財源をどこから手に入れるかが大きな問題です。

というより、そんな財源はありません。
どうしても財源確保をしようとすれば、増税か、他の医療費をけずるか、どっちにせよ不可能です。

ということで、国はオプジーボの使用は厳密な管理が必要と考えたわけです。

患者のメリット・デメリットですが、悪性黒色腫及び切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの方とそうで無い方で違ってきます。
悪性黒色腫及び切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの方は安定して使えますので、メリットがあります。
悪性黒色腫及び切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん以外のガンの方は、さしあたっては使えませんので、デメリットです。
他の病気の方は、オプジーボがあることで、医療費がオプジーボに使われるデメリットがありますが、使用を厳密に限定されれば、オプジーボに使われる医療費が最低限ですみますのでメリットです。

製薬会社はどっちにせよ大もうけですが、今回の政策で社会からの非難が少しでもかわせるかもしれません。

いずれにせよ、近い将来財源不足が生じることは確実ですので、政府はどのような政策をとっても非難されるでしょうから、頭を悩ましているところでしょう。

オプジーボの一番の問題は、価格が高い、ということです。
オプジーボ治療を、一年間行なうと3000~4000万円かかります。

現在は、悪性黒色腫及び切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんでしか使用が認められていませんが、理論的には大部分のガンに効く可能性があります。

ガンによる日本の年間死亡者数は、約37万人ですから、仮に半分の方がオプジーボを使うことになると、年間約7兆円が使われる計算になります。
オプジーボの延命効果があるとすると、一年で使用は終わらないでしょうから、もっと額は膨らみま...続きを読む

Q静脈麻酔を使った胃カメラについて

したことある人限定で。

胃カメラの静脈麻酔を使った検査をしたことある人に聞きます。
検査を受けるとき、喉にゼリー状?の麻酔を5分間するのですか?
嗚咽、吐き気、気持ち悪さ恐怖症でこれまで耳鼻咽喉科や内視鏡検査を受けたことがありません。
どういう状況でしたか教えてください。

Aベストアンサー

胃カメラは口から、または鼻から入れます。
私は口からの胃カメラは何回も受けていますが、鼻からは受けていません。
耳鼻咽喉科で内視鏡検査を受けた際に、今まで受けたことのない激痛に襲われたからです。
医師が言うには「鼻が屈折しているので・・・」と言われましたが納得行かないです。
ただ、どちらを選択しますかと聞かれて、鼻からとは言えなかった自分がいます。

>検査を受けるとき、喉にゼリー状?の麻酔を5分間するのですか?

喉の麻酔でうがいするだけです。ただ、喉の奥まで入れて、決して飲まないでくださいと言われます。

>嗚咽、吐き気、気持ち悪さ恐怖症でこれまで耳鼻咽喉科や内視鏡検査を受けたことがありません。
どういう状況でしたか教えてください。

心配要りません。検査を受ける前から緊張していては胃が驚きますよ。
スタッフは経験豊富だと信じることです。

私が受診している病院では、検査前に肩に注射をします。痛み止めなのでしょうかね。
正直言っての感想は、楽では無かったです・・・

Q知人が軽い下肢静脈瘤になってます。治療法、専門医を教えて頂けませんか

知人が軽い下肢静脈瘤になってます。治療法、専門医を教えて頂けませんか

Aベストアンサー

治療法は、手術しかなかったと思います。
軽度なら、圧迫ソックスやタイツで症状を和らげる程度のようですね。

Q救急車などの衛生管理ってどのように行われていますか?

搬送される急患の状況次第では、救急車も救急隊員の体も運び込まれた病院も雑菌などで汚染されるケースがいくらでも考えられますが、これらの衛生管理はどのように行われているでしょうか?
その都度消毒液をブシューって吹きかけたり念入りに掃除するのでしょうか?

極端な話、肥溜めに落っこちて大怪我した人を救助、なんてことになったら…。



救急車で運ばれるホームレスの主人を必死で追いかける犬、やっと気が付いてもらい救急車でともに病院へ(ブラジル)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52181186.html
 ブラジル、タグアチンカで、ホームレス男性が突然てんかんで倒れた。通報を受けた救急隊員が男性を救急車に乗せ病院へと搬送していたところ、後ろから1匹の犬が必死に追いかけてくる。

 この犬は男性が倒れた時もずっとそばにいた犬だ。犬は救急車を全力で追いかけ、速度を落としたときは、自分の姿がわかるように前に来たり、横に来たりと、とにかく救急車のそばを離れない。
 運転手はバックミラーに写る犬の姿に気が付いた
 速度を落とすと車両の横に回って車に乗りたそうにしている
 この犬は男性が倒れたときにそばにいたあの犬だ。
 追いかけてきていることに気付いた救急隊員らは犬を中に入れてあげることに
 ストレッチャーに乗せられた男性を心配そうに見守る犬
 犬は病院でも意識を失っている男性のそばを離れなかったという
 これは今年3月に撮影されたものだそうだが、飼い主を気遣う犬の姿が感動を呼びフェイスブックなどでシェアされた。また、救急車がこの犬を受け入れたことに関しても英断であるとして一部称賛を浴びたそうだ。


この記事で犬を載せたことでの衛生面についてのコメントがあったので気になった次第です。

搬送される急患の状況次第では、救急車も救急隊員の体も運び込まれた病院も雑菌などで汚染されるケースがいくらでも考えられますが、これらの衛生管理はどのように行われているでしょうか?
その都度消毒液をブシューって吹きかけたり念入りに掃除するのでしょうか?

極端な話、肥溜めに落っこちて大怪我した人を救助、なんてことになったら…。



救急車で運ばれるホームレスの主人を必死で追いかける犬、やっと気が付いてもらい救急車でともに病院へ(ブラジル)
http://karapaia.livedoor.biz/archive...続きを読む

Aベストアンサー

海外は知りません

日本の救急車は、戻ってきたら毎回消毒、清掃して、備品を補充して次の出動に備えています

Q気管内吸引は看護助手が行っても良いのですか?

気管内吸引について教えてください。
祖父が入院している病院では、看護師に加え、看護助手が吸引を行っています。ある日、祖父の痰の性状について、口腔内吸引を行った看護助手に聞いてみると、「気管の方まで吸引すると、結構引けてきます」との返答がありました。しかも、1回の吸引を1分くらいにわたって行い、それを3回くらい連続で行っていました。さすがに、酸素が不足するのでは・・・と、私でも見ていて感じました。祖父はとても苦しそうでした。
また別の日、祖父の隣のベッドの気管切開の患者さんにも、看護助手が気管内吸引を行っていました。同様に、1回の吸引時間が長く、数回繰り返し行っていました。

吸引は医療行為ですよね・・・。看護助手が実施してはいけない業務ですよね。法律上、どのように定められているのか、ご存知の方がいらしたら、教えてください。

Aベストアンサー

支援学校教員です。

「口腔吸引・気管内吸引」は「医療行為」です。ただし「在宅での家族」は「行ってもいい」となっています。また、「医師の指導の下、その患者に対して研修を受けた者」は行えます。つまり、介護施設・支援学校でも「特定の患者」に対して「研修を受けた者」ならば行っても、法律違反にはなりません。

http://www.tokyo.med.or.jp/kaiin/handbook/linkdata/338-348.pdf

>しかも、1回の吸引を1分くらいにわたって行い、それを3回くらい連続で行っていました。さすがに、酸素が不足するのでは・・・と、私でも見ていて感じました。祖父はとても苦しそうでした。

http://square.umin.ac.jp/jrcm/contents/guide/page04.html

上記のガイドライン( Ⅲ)実施 4)挿入時間 )からすれば「長すぎ」ます。出来れば「証拠」となる「動画」などで「確認」して、病院へ「苦情」を申し入れてはいかがでしょう? また、看護助手への「研修期間」も聞かれては?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報